アニメ映画

映画『もののけ姫』高画質動画を無料フル視聴とあらすじ!キスアニメプラスやパンドラで視聴できる?

このページでは、映画『もののけ姫』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\30日間無料でDVDレンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『もののけ姫』と言えば、宮崎駿監督のスタジオジブリを代表する大人気作品ですよね。映画『もののけ姫』は歴代のジブリ作品の中では飛びぬけて暗いイメージの作品ですが、現代の厳しい課題がそのテーマとなっています!

今回は、ジブリのアニメ映画『もののけ姫』動画の動画配信サイトでの配信状況。そして、映画『もののけ姫』の高画質な動画を無料でお得に視聴する方法を調査してみました。参考にしてみてくださいね!

ディズニーデラックス

映画『もののけ姫』動画を無料でフル視聴する方法

ジブリ映画『もののけ姫』の
DVDがTSUTAYA DISCASなら
無料で見れる!

ジブリ映画『もののけ姫』を
無料視聴する

  • ネットで動画配信とDVDレンタルを併用して利用可能!
  • CDもレンタルできる!
  • 動画配信されていない作品もDVDで無料視聴!
  • 初回の30日間は無料で見放題動画作品CDとDVDを視聴可能!
  • R18のアダルトDVDや新作CDも定額でレンタル可能!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル × なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:932円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × × なし 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × なし 500円〜 30日間

映画『もののけ姫』をはじめとする、スタジオジブリの動画は動画配信サービスでは、取り扱いがありません。

そのため、映画『もののけ姫』を含めたスタジオジブリ作品の動画を無料で視聴しようと思ったら、DVDで視聴するしか手段がないのが現状です。

 

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

\DMMでもDVDレンタルの/
\無料お試しが利用可能/
DMMの無料お試し

 

TSUTAYA DISCASで借りられる映画『ジブリ・シリーズ』

TSUTAYA DISCASでは、スタジオジブリアニメ映画シリーズ作品の動画が、全作品レンタル可能なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為TSUTAYA DISCASのホームページでもご確認くださいね。

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考URL:日本民間放送連盟

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『もののけ姫』の映画情報

映画『もののけ姫』あらすじ

東北の山奥に隠れ住む蝦夷の一族の末裔であるアシタカ。

しかし、平和だった村におぞましい姿をした「タタリガミ」が現れてしまいます。

タタリガミが村を襲うつもりだと気付いたアシタカは、ヤックルに乗りタタリガミを鎮めようとします。

しかし、声は届かず逃げ遅れたカヤを助けるためアシタカは、呪いを受ける事を承知でタタリガミになった巨大な猪神を弓矢で射殺しました。

やがて死に至るその呪いを受けたアシタカは、掟により村を出ていくことに。

彼は、猪神に食い込んでいたつぶてを手がかりに西へ旅立ちます。

相棒の大カモシカであるヤックルに乗ってひたすら西へ向かったアシタカは、戦を目にします。

女性を殺そうとする侍に矢を向けた瞬間、呪いを受けた右腕が膨れ上がりました。

射られた侍は、一撃で両腕や首を跳ね飛ばされました。

「鬼だ」と言わしめるほど、その威力は通常の人間のものではありえないもの。

しかし、その後、右腕を水で冷やしたアシタカは痣が以前よりも濃くなっていることに気付きます。

アシタカは、立ち寄った市場でジコ坊という僧侶に出会います。

大勢の人間の目の前で大粒の砂金を出したアシタカは命を狙われ、ジコ坊と一緒に逃げることに。

夜になり、野宿をする二人。

アシタカは、ジコ坊に巨大な猪神に瀕死の重症を与えたつぶてを見せます。ジコ坊は、それを見てはここよりも遥か西にある「シシ神の森」の話をしました。

そこは、森が深く獣たちは皆太古の姿をしているという森です。

アシタカは、呪いを解くためにシシ神の森へ向かうことに。

アシタカが森につく前。焼き払われた森の中で、牛飼い達が米を運んでいました。指揮をしているのは、石火矢集を率いるエボシ御前という女。

そこを襲撃してきたのは山犬の一族でした。エボシ御前を狙った巨大な山犬であり300年を生きる犬神のモロは、首に石火矢を受けて崖から落ちてしまいました。

翌日、水嵩が増した川から二人の男達を助けたアシタカ。

アシタカは、そこで首から血を流したモロとその子どもたち。そして、人間でありながらモロに育てられた、山犬の姫サンを目にします。

無事に森を抜けたアシタカは、二人を連れてエボシ御前の「たたら場」へ向かいます。

迎え入れられたアシタカが、そこで猪神、ナゴの守につぶてを放ったのはエボシ御前であることを知ります。エボシ御前が仕切る「たたら場」は木を斬ったり山を荒らすことで、山の神たちが怒っていました。

怨念により勝手に動く右手は、エボシ御前を殺そうとします。

しかし、エボシ御前はたたら場の多くの人から慕われていました。そこへ、エボシ御前を殺しに襲撃しにきたサン。

アシタカは、重症を負いながらもサンを連れて、たたら場から出ていきます。石火矢で撃たれたアシタカを助ける事に決めたサンは、シシ神の池へ連れていきます。

生かすか殺すか、シシ神が決めるのです。アシタカは、シシ神に生かされサンに介抱してもらいます。

そんな中、やってきた鎮西(今の九州)の乙事主。一族である猪達を連れた彼は、人間と戦争するために来ました。

一方、エボシ御前は田舎侍と戦をしたあとジコ坊からシシ神の首を取ってくるように言われます。

歩けるまでに回復したアシタカ。

しかし、サンたちは猪達と共に戦いに行ってしまいました。アシタカは、止めるべくたたら場へ向かいます。

それを止めるのは侍達。たたら場につくと、そこにエボシ御前や男達はいなく、皆シシ神の首を取りにいっていると言います。

急いで後を追うアシタカ。

途中、猪達との戦いで囮にされ犠牲になったたくさんの人間の死体を目にします。そこに巻き込まれて、猪の死体に押しつぶされそうになっていたモロの子。

みんなの協力の甲斐もあって助け出せたアシタカは、山犬に乗って森を駆け抜けます。

乙事主は、サン達と共にシシ神の池を目指していましたが、猪達の生皮を被ったジバシリ達のせいもあってタタリガミになってしまい、サンを巻き込んで池へ向かいます。

エボシ御前達も池へ。

一足先に着いたアシタカ。そして、池の水に浸かるモロがいました。

そこへタタリガミになった乙事主が現れ、アシタカは、サンが中にいる事に気付きます。ふっ飛ばされたアシタカの代わりにモロはサンを助けます。

そこへ現れたシシ神によって命を吸い取られた乙事主とモロ。エボシ御前が隙を見て石火矢を発砲。

二回目でシシ神の首を撃ち落としてしまいます。

しかし、シシ神の夜の姿であるデイダラボッチが無数の液状の塊になって、命あるすべての生き物を殺していきます。シシ神の首をジコ坊に投げ渡した瞬間、首だけになったモロに腕を食い千切られるエボシ御前。

首を持って逃げるジコ坊達を追う、首なしのシシ神。アシタカとサンは、森を救うために首を取り戻そうとします。

デイダラボッチは、たたら場まで来てしまいました。追いついたジコ坊に桶を開けさせ、首を返したアシタカとサン。

しかし、間に合わず、朝日を浴びた瞬間シシ神は暴風とともに消えていなくなりました。強い風が通り過ぎた後、破壊されたたたら場や山全体に生い茂る緑たち。

サンは、森が蘇ってもシシ神は死んだ、と嘆きます。それを否定するアシタカの呪いもシシ神によって消されていました。

森で生きるサンとたたら場で生活をする事にしたアシタカ。

「共に生きよう。」、ヤックルに乗って会いに行くと行ったアシタカにサンは、穏やかな顔で頷きます。

アシタカに助けられたエボシ御前は、礼を言おう、とアシタカを呼びに人を向かわせます。

新しくなった森の中では、小さな木の芽の元で、コダマが首を鳴らすのでした。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『もののけ姫』キャスト・出演者

  • アシタカ:松田洋二
  • サン:石田ゆり子
  • エボシ御前:田中裕子
  • ジコ坊:小林薫
  • モロの君:美輪明宏
  • 乙事主:森繁久彌
  • カヤ:石田ゆり子
  • 甲六:西村雅彦
  • ゴンザ:上條恒彦
  • トキ:島本須美

映画『もののけ姫』は、宮崎駿が構想に16年、製作に3年を費やして製作された作品です。

主題歌『もののけ姫』を歌ったカウンターテナーである米良美一さんの女性のような美しい歌声はとても話題になり、この作品でカウンターテナーが広く認知されることになりました。

映画『もののけ姫』に出て来たキャラクターの声優は、これまでのジブリ映画に出演した方が多く起用されています。

さらにモロと乙事主は100年前は恋人同士だった、エボシ御前は海外に売られており物語の途中で死ぬ予定だった、など裏話がたくさんある映画『もののけ姫』。

ぜひ、個人的に調べてからもう一度見直しても面白いかもしれません!

映画『もののけ姫』スタッフ

監督

宮崎駿

音楽

久石譲

脚本

宮崎駿

製作

鈴木敏夫

製作総指揮

徳間康快

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

Netflixで『もののけ姫』などジブリ映画は配信されていないの?

2020年の1月に、ジブリ作品のNetflixでの配信がスタートするというニュースが流れました。

しかし、それは海外のみで日本では配信されないという内容でした。

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ジブリ作品を巡っては米国ではAT&T傘下のワーナーメディアが7月に始める動画配信サービスの目玉の一つとして「千と千尋の神隠し」など21作品を配信するが、日本では現在、動画配信はしていない。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

引用:日本経済新聞サイトより

なぜ日本では配信しないんですかね。。。

日本で配信できないのは、テレビ局などとの関係性もあるのかもしれません。そう考えると、日本の動画配信サイトでジブリ作品を視聴できる日が来るのは、まだ現実的ではなさそうです。

そのため無料で『もののけ姫』を見ようと思った場合には、DVDを購入するか、TSUTAYA DISCAS無料お試し期間を利用しての視聴が最もおすすめです。

映画『もののけ姫』のDVDやBlu-rayを購入する


\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『もののけ姫』ファンの感想

女性
女性
映画『もののけ姫』は、ジブリ作品の中でもずっしりとした重厚感のあるストーリーが特徴です。映画『もののけ姫』の主人公のアシタカがタタリ神に打ち勝ってから、英雄として讃えられるのではなく、呪いを受けて村から出ていく羽目になるというなんだか悲しい始まりとなっています。一方、映画『もののけ姫』のヒロインであるサンは赤子のときに山に捨てられており、山犬たちによって育てられてきました。それ故、山犬よりの感覚を持っており、人間でありながら山への敬意を忘れた人間たちへの強い憎悪を持っています。二人が人間のありようについて対立しているのを見ると、なんだか観ている私たちも他人事ではないような気がして、非常にハラハラしてしまいました。映画『もののけ姫』は独特な世界観を持っており、シシ神、コダマなどの不思議な生き物や、タタリ神という固有の概念を持っています。それらの不可思議で強大な様子は、人間というものがいかに小さく、山には勝てないのだと思い知らされるような心地になります。映画『もののけ姫』の劇中曲である『アシタカせっ記』はまさに上述の『もののけ姫』における世界観を見事に表現しており、音楽だけでも聞いていただきたい一曲になっております。やはりジブリ作品と久石譲さんは切り離せないなと改めて感じました。
女性
女性
映画『もののけ姫』は、ジブリの中で一番好きな作品です。オオカミに育てられたサンと呪いの元凶を探り旅をしているアシタカ。映画『もののけ姫』の登場人物たちが馬やオオカミに乗ったり、屋根を駆け下りたり・・・彼らの動きはとても速いのですが、さすがジブリ。すべて細かく美しく描かれています。もちろん映画『もののけ姫』の音楽も素晴らしく、見入るだけではなく聞き入ってしまう映画でした。映画『もののけ姫』の舞台は、屋久島の森がモデルになっているということで、背景の森も本当に美しかったです。もちろん登場人物もとても魅力的。映画『もののけ姫』のメインキャラクターだと、サンは強い中にもたまに女の子らしい表情が見えるところが美しく、また、オオカミに育てられただけあって、動きが人間離れしているんですよね。個人的にはタタラ場の中を駆け回って戦いに行くところや、屋根から落ちてそのまま着地するところなどがかっこよすぎて何度も繰り返し見てしまいました。アシタカはそんなに表情が豊かなわけではなくクールな印象なのですが、村の人々やサン守るために戦うところや自分を犠牲にしてでも行動するところなど本当に熱くかっこいいと思いました。また、ラストシーンも素晴らしく、これからの登場人物たちを応援していきたくなるような最後になっています。映画『もののけ姫』をまだ見たことない人には、ぜひ見ていただきたい作品です。
男性
男性
映画『もののけ姫』はジブリ映画のなかで私が一番好きな映画です。映画『もののけ姫』は、私が子供の頃に公開され、当時は怖くて泣きながら観た覚えがありますが、その後家にはVHSがありましたし金曜ロードショーで放送されるたびに映画『もののけ姫』を観ており正直、何度観たかわかりません。映画『もののけ姫』は、小学生くらいまではただ壮大な物語に引き付けられていましたが、大人になるにつれ時代背景や設定を深く理解することができるようになり、映画『もののけ姫』の奥深さに気づかされるわけです。映画『もののけ姫』の見どころは簡単には語れませんが、生きることの大切さ・自然と人間の共存・人間の欲が大きなメッセージとして感じられます。生きることの大切さというのは、映画『もののけ姫』の「生きろ」というキャッチコピーからもわかることですが、死に至る呪いを受けたアシタカはただ死を待つのではなく呪いを解く術はなかろうかと旅をします。そこで出会う山犬に育てられたサンはたたらばの人間を強く憎み、「人間を追い払うためなら命などいらぬ」と言いますが、アシタカは生きろと強く呼びかけます。人間から生贄として差し出され、自分のホームである森を侵され、どんなに悲しく、つらく、憎しみのつのる人生かは計り知れませんが、それでも「生きてりゃ何とかなる」(劇中のおトキの台詞ですが)と思わせてくれるのです。これはきっと生きづらさを感じる現代の人々にどこかで響いていることでしょう。自然と人間の共存は特に現代の人類が抱える大きなテーマですが、映画『もののけ姫』でも強く風刺されています。人間が豊かに暮らすためにはどうしても木を切り森を傷つけます。アシタカは生きろというメッセージとともに、人間と森が争わずにすむ道はないのかと模索し続けます。豊かな時代に育った私たちは、人間の都合を優先することが当然であり仕方ないと思ってしまう世代ではないかと思いますが、映画『もののけ姫』ではそんな考えに疑問を持たせてくれます。人間の欲というのは先の共存のところで触れた人間の都合という部分に重なりますが、映画『もののけ姫』では色々な形で人間の欲が垣間見えます。エボシは製鉄所の発展させ人間が豊かに暮らすために木を切り、森の生き物を殺すために石火矢を駆使しますよね。ジコ坊はシシ神の首に宿るとされる不老不死の力のためにしし神を殺そうとします。侍がたたらばに攻めてくることからもわかるように人間同士ですら利益のために争いますよね。そんな人間の欲と愚かさが映画『もののけ姫』を通して表れています。このような人間の欲や愚かさを描くと、人間は悪で森側の神々やサンは善だという二項対立になりそうですが、映画『もののけ姫』ではそのような二項対立としては絶対に描かれません。森を切り拓くエボシも、売られた女らを買い取り仕事を与え、差別を受ける立場の病人にも優しく接します。善に見える森側のイノシシ達も最後には真向から人間と戦うこと、要は力で解決しようとしますから善ではないですよね。このように、人や物事には多面性があり、生きるということは善悪という二つに簡単に切り分けらるものではないのです。このような複雑さを秘めた壮大な物語なのです。この部分がもしかすると映画『もののけ姫』の一番の見どころと言えるかもしれません。
男性
男性
映画『もののけ姫』は、宮崎駿が監督を務めたスタジオジブリのアニメ作品です。この映画『もののけ姫』の見どころは、まず、疾走感のあるアクションシーンです。キャラクターの動きは自然かつ細かく描かれていて、アシタカの戦闘シーンは本当に魅力的です。次に、壮大な自然を描き出された美しい映像だとが見どころとして挙げられると思います。この作品の舞台となっているのは、室町時代の日本ですから、当時の日本はきっと壮大な山々や美しい田園地帯が見られたのでしょう。それが見事に描かれていると思います。また、映画『もののけ姫』のキャラクターのデザインは、ジブリ作品らしくあまり派手さはありませんが、室町時代の日本人が描かれていることを考えるととてもしっくりきます。最近のアニメ作品でよくみられる、目のとても大きい、可愛らしいキャラクターよりもマッチしていると思います。
女性
女性
映画『もののけ姫』は、自分の1番大切な映画です。自然破壊をテーマにしたこの映画ですが、様々な要素が含まれています。「例えばお前にサンが救えるか!」というセリフには、サンと山犬の切れない絆がはっきりと分かります。また、サンとアシタカの関係性も、分かり合えないモノにも時間ときっかけが有ればいずれ分かり合えるとも読み取れます。見たからこそ気づける、素晴らしい映画です。
女性
女性
名作だらけのジブリの中でとても迷いましたが映画『もののけ姫』が1番好きです。この映画『もののけ姫』は公開した1997年から何十回と観ましたが未だに新しい発見があります。特に昔はエボシを悪者として観ていましたが、大人になってから改めて観てみると彼女の行動は現代の人間にとって当たり前の営みであり、彼女もまた自身の正義を貫いているのだと気づきました。最後の彼女の『みんなはじめからやり直しだ。ここをいい村にしよう』というセリフには響くものがあります。
女性
女性
映画『もののけ姫』は、数あるジブリ映画の中でも大作だと思いますし、「生きろ」が映画のキャッチコピーでしたが、そのキャッチコピー通り見終わった後にズシッと何か心に残る作品で大好きなので選びました。私が好きなシーンは、映画のラストでサンがアシタカに向けて「アシタカは好きだ。でも人間をゆるすことはできない。」というシーンです。生い立ちやそれまでのエボシなど一部の人間からのひどい仕打ちのせいで人間は悪だとひとくくりにしてとらえていたサンが、悪い人間がいても良い人間もいるということを分かって、簡単にそれまでの心の傷は癒えないけれどアシタカという一人の人間には心を許したのが明確に分かるシーンで、感動的で映画『もののけ姫』の中でも見どころのシーンです。
男性
男性
映画『もののけ姫』は、どのシーンも自然満載で豪快で、印象に残るものばかりですが、私のおすすめはラスト、おっことぬしの首を返した後の森の様子です。以前とは異なる形ではありますが、急に春が来たように草花が咲き誇っていくさまは圧巻です。現在住んでいる長野は春(7月くらい)になると一斉に山々の緑が鮮やかになり、そのたびにもののけ姫のラストシーンを思い出します。
男性
男性
小学生の頃に、金曜ロードショウで親とコタツに入りながら映画『もののけ姫』を見ていたので、記憶に残っています。映画『もののけ姫』の中でも、印象的なシーンは、サンとモロの君の登場シーンです。人を寄せ付け様としない緊迫感と臨場感漂う立ち姿が印象的です。サンとモロの君のお互いを信じあっている感じなどが好きです。もののけ姫は、緊張感のある映画です。1997年の時代に制作された映画と思えない程のクオリティーの高さに引き込まれてしまう作品です。
女性
女性
映画『もののけ姫』のオススメシーンとセリフ:アシタカがサンに向かって言った「そなた美しい」という言葉に対し、サンが驚くシーン。もののけ姫は人間と動物の戦いが中心で、サンは物心つく前から山犬に育てられ、人間に憎しみを持っていました。動物と人間の対立は自然破壊により動物の住処が失われているという現代と照らし合わせて見ると非常に考えさせられます。
30代男性
30代男性
映画『もののけ姫』は、自然の風景等の美しい描写と同時に、人間の醜さや愚かさを描き、いろいろなことを考えさせてくれる作品。特に印象的なのがシシガミが歩いた足元で急激に育ち、枯れていく草の描かれ方。一枚一枚セル画によって描かれているとは思えない程ナチュラルな動きに目を奪われます。また、主人公のアシタカは、ジブリ史上一番のかっこよさだと私は思います。特に好きなシーンはゴンザの刀を折り曲げ、「どいてくれ」と言うところ。男の俺でも「ぐわぁ!!何だこのイケメンは!」と思ったくらい格好いいです。
女性
女性
映画『もののけ姫』は見れば見るほど、また歴史やその時代の価値観などを考えれば考えるほど一人ひとりの台詞に込められた思いが見えてくる気がするので何百回見ても見飽きる気がしません。個人的に映画『もののけ姫』の中で重要だと思うのは、アシタカが祟り神の呪いを受け村を出ていく前のシーン。「大和との戦に敗れこの地にひそんでから500有余年。今や、大和の王の力は萎え、将軍どもの牙も折れたと聞く。だが、我が一族の血もまた衰えた。このときに、一族の長となるべき若者が西へ旅立つのはさだめかもしれぬ。」ここには実は村人のアシタカにかける思いが詰まっていると感じられるからです。つまり、遠い西では権力者を脅かすほどの何かが起こっている。自分たち一族に力があれば500年前祖先が暮らした地に押し返すような動きを取ることができたかもしれないがそんな勢力もない。それどころか放っておけばゆくゆくは西から迫る脅威にのまれるのみ。そんな時期に将来長になれるほどの知性や体力をもつアシタカが、呪いを受け追放という形ではあるが単身西の地へ行き、いつくかそこで力をつけたり、あるいは偉くなれた際にはきっと故郷の一族にとって多少なりとも良い方向に働きかけてくれる日が来るかもしれない。そんな淡い期待も込められているような台詞に感じられるのです。それはもののけ姫のストーリーの30年も40年も先の話なのでしょうが、深い台詞だなと毎回感じます。
女性
女性
映画『もののけ姫』のオススメのシーンは山犬に育てられた主人公、サンの育ての親である山犬のモロとアシタカが洞窟で話すシーンです。モロの「黙れ小僧!お前にあの娘の不幸が癒せるのか?森を侵した人間が、我が牙を逃れるために投げてよこした赤子がサンだ!人間にもなれず、山犬にもなりきれぬ、哀れで醜い、かわいい我が娘だ!お前にサンを救えるか!?」という印象的なセリフからモロは山犬でありながら人間のサンを実の娘のように想っており、彼女の幸せを心から望んでいることが伝わってきます。また、この言葉はもののけ姫のテーマを私達視聴者に訴えかけているといっても過言ではありません。もののけ姫は森と人間との共存だけではなく、ハンセン病への差別なども描かれており、見ている人に新たな視点を与え、社会で起きている問題について考えさせる内容になっています。またもののけ姫に使われている壮大な音楽もオススメです!「アシタカせっ記」は聴いているだけで森の澄んだ空気を感じられるような音楽であり、臨場感を与えます。
女性
女性
映画『もののけ姫』の中でも、自然を破壊しながら生きる人間と、人間を憎むもののけ達との間で悩むアシタカが、山犬に育てられたサンを庇うために、重症を負う場面がおすすめです。最初は、アシタカを殺そうとする人間嫌いのサンでしたが、敵意のないアシタカを殺すことができずに、その判断をシシ神さまに託します。シシ神さまは、アシタカの傷を癒やすのですが、そのシーンが神秘的で、とても美しいです。森の中の映像の神秘さが印象的な当作品ですが、このシーンがそれを印象付けていると言えます。その後、アシタカの看病をする中で、サンはアシタカに心を開いていきます。あまりセリフのない場面ではありますが、だからこそ、映画『もののけ姫』の中でアシタカとサンの距離が縮まっていくのをひしひしと感じることができます。
女性
女性
宮崎駿監督が16年もの年月を重ねて構想を重ねたストーリーとだけあって、映画『もののけ姫』は本当に深い物語でした。森林伐採を扱ったストーリーでしたが、森が壊れていく様子、獣たちが人間を恨み戦う様子が本当に迫力があり、見入ってしまいます。森を守りたいサンと、人の暮らしを守りたいエボシとの対決のシーンは、一見、森林を破壊してくエボシに非がある様に見えたのですが、なんども繰り返して見ていくうちに、タタラ場の長であるエボシなりの「守り方」なのだと気づきました。長い期間をかけて構想を練ったストーリーとだけあって、何度も何度も見ることで毎回気づかされることがあります。映画『もののけ姫』は、大人が楽しめるアニメーション映画だと思いました。サン・アシタカ・エボシのその後の暮らしが気になります。
女性
女性
映画『もののけ姫』の一番の見どころは,サンがアシタカに小刀を突き刺すシーンです。シシ神をエボシ御前に殺され,憎しみに駆られたサンは,アシタカから贈られた玉の小刀を引きちぎり,彼の胸に突き刺します。凄惨な絵面になってしまいそうなのに,なぜか哀しく静かな雰囲気に包まれる,不思議なシーンです。これはサンの単なる憎しみだけでなく,愛からくる絶望がそうさせているのではないかと思います。人間の身勝手さ,汚さを憎みながら,自分も人間であるが故に獣たちからも受け入れてもらえない。そんな孤独の中で生きてきて,やっと心許せると思ったアシタカが,宿敵エボシを救おうとする。顔を歪めアシタカを罵る彼女は,泣いているようにも見えます。そんなサンの孤独と悲しみに思いを寄せるほど,黙って抱きしめるアシタカの愛に涙が溢れます。「もう終わりだ…何もかも。森は死んだ…」「まだ終わらない。私たちが生きているのだから。力を貸しておくれ」この優しく力強い言葉は,実生活で何度か絶望しかけるたび,私を励ましてくれました。皆さんも「もう終わりだ…」と思ったとき,自分の心の中のアシタカに奮い立たせてもらってください。汚れても傷ついても,生きてさえいれば何とかなります。映画『もののけ姫』は、生命そのものの強さと明るさを思い出させてくれる映画です。
女性
女性
映画『もののけ姫』は、自然と人間、うまく共存していこうというテーマに感じました。人間も動物たちも争いをやめ、それぞれが穏やかに過ごせるように配慮しなければならないし、過度に干渉してもいけないものだと思いました。完全に分かり合うことはできないけれど、うまく共存し、平和に暮らしていくことが大切だと、私たちの世界にもいえる部分もあるのではないかと思います。アシタカもサンもかっこいいキャラクターです。アシタカは平和主義で勇気があり、物静かだけれど思慮深くて何気に強いです。サンは見た目は女の子だけれど心は人間への憎しみでいっぱいで、山犬に育てられた人間でも山犬でもない複雑な背景があります。サンはエボシに対して攻撃的だし、動きも動物的で野生の本能を感じるため、最初は獣のようで怖かったです。でもアシタカと出会って人間のように喋れる普通の女の子だと分かり、山犬と心が通じるのもかっこいいなと思いました。獅子神様の存在は最後になるまでよく分かりませんでした。首を切ったことでドロドロした液体が流れ始め、その液体に触れると人々は死んだようになるので、悪い神なのか?と思ったら、そうではありませんでした。首を元に戻したら傷も死んだ人も生き返り、自然も豊かになりました。ジコ坊がつぶやいた通り、獅子神様は花さかじんさんみたいな存在だったんです。それからは人間も山犬たちも争いをやめ、それぞれの暮らしに戻っていきます。謎が解けた感じでスッキリしました。
女性
女性
映画『もののけ姫』は、は、残酷なシーンをCMで見て衝撃を受けた最初のアニメです。今までアニメに描かれるのは夢の世界か?悪者が登場しても正義の味方が倒してくれる世界で、残酷な場面が描かれることがなかったのに、もののけ姫では、腕が飛んでいったり、どろどろとしたものが祟り神の体内から出てきたりしてびっくりしました。しかし、実際見てみると、その世界観に心を掴まれました。この世界観を作り出した宮崎駿監督やスタジオジブリはほんとすごいと思います。善と悪を単純化して描くアニメとは違い、動物と人間の命をかけた死闘。人間が動物のエリアを犯していることへの警告も含まれています。山犬に育てられたもののけ姫は、人間と動物の中間に存在している感じですね。山犬の母の声を美輪明宏さんがやったのは、聡明さと威厳が出てすごくよかったです。そしてイノシシのボス乙事主を森繁久彌さんがやったということもすごいことですよね。ベテランの参戦でさらに深みが増したと思いました。シシ神が人面鹿のような顔をしていて、夜になると姿が変わるのもおもしろかったです。そして、シシ神が命を救うだけではなく、奪うこともある、生と死両方持っているというのも深いと思います。自然の大きな力に比べたら人間の力などとても及ばないことや、自然に畏怖の念を抱き、大切にする気持ちを思い出させてくれる作品です。
女性
女性
映画『もののけ姫』は、スタジオジブリの中で私が一番好きな作品です。映画『もののけ姫』のテーマが「生きろ。」ということで、生きるとはどういうことなのかがとても繊細に描かれています。この映画『もののけ姫』の物語で起こる争いには明確な悪者が居ません。映画『もののけ姫』の登場人物のそれぞれが自分の信念に付き従って生き、その思いが複雑に絡まりあうことで対立し争いが生まれています。その過程は自然な事であり、葛藤を抱えながらも自分の道を信じて進もうとする姿には、寧ろ美しさすらあり、最終的にアシタカの「皆が共に歩む道がある筈だ」というどこまでも真っ直ぐな思いが争いを鎮めましたが、これが絶対的な正解ではないという想いを感じました。彼は最後にサンと言葉を交わすシーンで、サンに対し「共に生きよう」と言葉を送ります。物語中盤ではサンが人間として共に生きる道をモロに強く訴えていましたが、この時には人間と生きる道を選ばなかったサンを受け入れていています。「共に生きる」というのがどういうことか。シシ神の死をきっかけに、アシタカもサンもたたら場の人々も皆が考え直して、これから新しい道をそれぞれの生きる場所で「共に」作り直していく。映画『もののけ姫』は、生きる上で決して切り離せない「自分以外の存在との関わりの在り方」を美しく時に残酷に描いた、いつ見ても色褪せない作品です。
女性
女性
この映画『もののけ姫』のキャッチコピー「生きろ。」とても心に刺さる深い言葉です。そのキャッチコピーが強く表れているシーンが私は大好きです。その映画『もののけ姫』のシーンとは、主人公アシタカとシシ神の森を守っている犬神モロの君が交わす、モロの君が育てた人間の娘サンについての会話です。アシタカがモロの君に投げつけた「あの子を解き放て。あの子は人間だぞ。」という言葉の後にモロの君が怒りに満ちた声で返す「黙れ小僧!お前にサンを救えるのか?」という山犬ながらもサンの母親としての愛情の深さが詰まった言葉です。そして、アシタカは「共に生きることはできる。」と言い放ちます。モロの君もアシタカも、2人ともサンの命を守ろうとしている、生きることを強く願っている表れです。この映画『もののけ姫』には、戦いのシーンが多く出てきます。アニメーションでありながら、人間と動物それぞれの熱い感情が詰まったセリフと映像に大きな衝撃を受けるでしょう。山を守るシシ神は、本当に私達の世界にも存在するのかもしれません。人間が自然、森、海を破壊し続け、その自然の世界で暮らすものたちの居場所と命を奪い続け、最終的に人間の世界を人間自体が破壊しているのだと考えさせられる感慨深い作品です。
男性
男性
『もののけ姫』はジブリ作品の中で一番好きな映画です。金曜ロードショーで放映されるたびにテレビで視聴していましたが、今でも飽きることはありません。また、公開年が私の生まれ年と同じということで、密かに親近感を抱いています。
この映画で描かれているのは、欲望のままに自然を破壊してきた人間の業と、それに対する自然の怒り、そして罪を重ねてきた中でも「生きろ」と呼びかける強い訴え、と言えるでしょう。『もののけ姫』はいわゆる和風ファンタジーの物語として観れますが、その重厚なテーマ性は現代社会に通じるものがあります。
『もののけ姫』に登場する人達や自然の神々らのセリフにはどれも強い力を感じます。その最たるモノが山犬のモロです。美輪明宏の好演も相まって、モロの言葉には血が通っています。特に「黙れ小僧!お前にあの娘の不幸が癒せるのか」というセリフには、サンのことを誰よりも想う母の心を感じ取れます。
この映画を通して伝わってくるのは、共に手を取り合って生きることの必要性でしょう。それは人間と自然の関係だけでなく、人間同士においても当てはまることです。作中においてアシタカとサンが共に生きることを誓い合った姿を見て、これからの時間を生きていくための勇気をもらえたような心地がします。

映画『もののけ姫』の高画質な動画を無料でフル視聴するには、キャンペーン中で無料お試し利用期間も長いTSUTAYA DISCASがオススメです!

見たい映画の動画やDVDを見て、気に入らなければ解約すれば一切費用はかかりません。

さらに、下記ボタンからTSUTAYA TV/DISCASの無料お試しに申し込んでいただければ、DVDの無料お試しレンタル(TSUTAYA DISCAS)と、オンラインの動画配信(TSUTAYA TV)のどちらのサービスも30日間利用可能です!

DVDが届くまでの間は、オンラインの動画配信で好きな作品を視聴できるのは、他のサービスにはないお得なサービスですよね!

【TSUTAYA DISCASなら】
30日のお試し視聴期間でDVD無料レンタル!
TSUTAYA DISCASの
無料お試し

\DMMでもDVDレンタルの/
\無料お試しが利用可能/
DMMの無料お試し

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス