洋画

映画『マレフィセント』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替あらすじキャスト

映画『マレフィセント』と言えば、2014年に公開されたアンジェリーナ・ジョリーさん主演の大人気作品ですよね。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

そしてこの物語は、1959年に公開されたディズニーのアニメーション映画『眠れる森の美女』のリメイク版となっており、敵役(ヴィラン)であるマレフィセントの視点から描かれた作品です。

ディズニーデラックス

映画『マレフィセント』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『マレフィセント』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『マレフィセント』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 932円 31日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × 200円/2日 572円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 400円 500円〜 31日間

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、ディズニーアニメシリーズ作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『マレフィセント』の映画情報

映画『マレフィセント』あらすじ

この物語の主人公である若くて美しい妖精「マレフィセント」はある日、「ステファン」のことを好きになってしまいました。

しかし、彼は妖精ではなく、人間だったのです。

しかし、そんなことは2人には関係ありませんでした。そして、16歳になったマレフィセントにステファンは「2人の永遠の愛を誓う」ためにキスをプレゼントしました。

これで、永遠と続くと思われた2人の愛は、人間の王は妖精たちを自分たちの支配下に置こうと攻めてきた事によって狂い始めて行くのでした。

そのせいで、2人は悲しい運命により、敵同士になってしまうのでした。

そして、その戦いで大怪我を追ってしまったヘンリーはマレフィセントのことを恐ろしく思うようになりました。

そのため、ヘンリー国王は「マレフィセントを倒した者に「国王の座と王女」をやる」と皆の前で宣言しました。

すると、国王の座に目がくらんでしまったステファンはマレフィセントのことを裏切ってしまいます。

しかし、ステファンはマレフィセントのことを殺すことは出来ませんでした。そこで、力の象徴である翼を切り取りました。

そして、ステファンはそれを戦利品として城に持ち帰りました。

目が覚め、自分の自慢の羽が無くなっており、裏切られたことに気づいた、マレフィセントは酷く傷つき、心を塞いでしまったのです。

そして、自分を裏切ったステファンに対して絶対復讐することを誓いました。

その後、マレフィセントは殺されそうになっているカラスを自分の医療魔法で助けました。

そして、助けたカラスは忠実なしもべとしてマレフィセントと行動を共にするようになりました。

時は流れ、マレフィセントは「国王がステファンになったこと」、そしてステファンの娘が生まれたことを知ります。

そしてオーロラの洗礼式をするとされている日に、マレフィセントは招かれてもいないのにステファンの城を訪れました。

到着するやいなやマレフィセントはオーロラに「16歳の誕生日の日に糸車で指を刺し、永遠の眠りにつく」という恐ろしい呪いをかけました。

このシーンのアンジェリーナ・ジョリーさんは本当に迫力があり、本当にマレフィセントそのものでした。

娘を思い必死で許しを乞うステファンの姿を見たマレフィセントは、昔のことを思い出し、「その呪いは真実のキスで解ける」という救いを付け加えました。

しかし、マレフィセントの中では「真実のキス」は存在しないものとされていたため、その呪いが解けることはないとされていました。

その後、ステファンはマレフィセントが掛けた呪いからどうにかオーロラを避けようとして、国中の糸車を処分させました。

そして、ステファンは娘を妖精たちに任せ、身を隠しながら生活させるよう言いつけました。

しかし、3人の妖精は子供を育てる習慣がないため、オーロラをちゃんを育て上げることは難しいと思われていました。

そんな3人に呆れたマレフィセントは、魔法で誰にも気づかれずオーロラが立派な娘に成長するようにと手助けをしました。

その甲斐もあってか、オーロラは元気よく、成長していきました。

オーロラは、いつも自分を見守ってくれているマレフィセントの存在に気づいていました。

最初はただの好奇心で、マレフィセントに対しても笑顔で接していましたが、物心が着いたオーロラは、マレフィセントのことを尊敬していくようになります。

そして、マレフィセントもいつしか面倒を見ていたオーロラを自分の子供のように大切に思いようになっています。

そして、自分で掛けた呪いのことを後悔するようになっていくのです。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『マレフィセント』キャスト・出演者

  • マレフィセント:アンジェリーナ・ジョリー
  • ステファン:シャールト・コプリー
  • オーロラ姫:エル・ファニング
  • ディアヴァル:サム・ライリー
  • ノットグラス:イメルダ・スタウントン
  • シスルウィット:ジュノー・テンプル
  • フリットル:レスリー・マンヴィル

主演であるアンジェリーナ・ジョリーさんは、1995年に公開された『サイバーネット』で映画初主演を務めました。

その後も多数の作品でキャリアを重ね、次第に賞レースにもその名が挙げられるようになり、徐々に有名になっていきました。

映画『マレフィセント』スタッフ

監督

ロバート・ストロンバーグ

音楽

ジェームズ・ニュートン・ハワード

脚本

ポール・ディニ(英語版)
リンダ・ウールヴァートン

製作

ドン・ハーン
ジョー・ロス

主題歌

ラナ・デル・レイ
「ONCE UPON A DREAM」
〔日本語吹替版〕大竹しのぶ「ONCE UPON A DREAM〜いつか夢で〜」

興行収入

〔世界〕$758,539,785[5] 〔アメリカ〕$226,019,000[6] 〔日本〕65.4億円

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『マレフィセント』感想や口コミ評価

男性
男性
眠れる森の美女のヴィランズであるマレフィセントが、なぜ人を貶めたりする魔女のような存在になってしまったのかが描かれている物語です。なんとなく怖いという印象のマレフィセントですが、この映画を観ると、もっと人間味のある存在に感じられるかと思います。確かに彼女ははじめただの妖精の女性でした。きっかけは失恋。真実の愛のキスを捧げてくれた相手が、その後気持ちが変わってしまったことが影響します。しかも、その相手は自分が暮らす国を襲い、部下を寄越して、彼女の翼を切り落としてしまいます。そりゃ、怒り狂うわけですよね。自分だけだと思っていた相手に裏切られ、その上、時がたって自分の暮らしている国を侵略、体の一部を切断するなんてことあったら、誰だって許せないはずです。むしろひっどい男だなと思い、相手の男に対して苛立ちを感じてしまいます。どうしたら、この怒りを納められるのか…最後まで観なければ分かりません。
女性
女性
『マレフィセント』はディズニープリンセスシリーズのうちの一つ、『眠れる森の美女』に登場するヴィラン、マレフィセントという妖精に焦点を当てて実写化したものです。内容的には『眠れる森の美女』とは全く別物といっていいでしょう。前作ではマレフィセントは王女の誕生パーティに招かれなかったことに怒り、王女に呪いをかけるという見事なヴィランっぷりですが、今作ではそこに至るまでの背景が描かれています。なんと王女の父、つまり国王とマレフィセントが友達であったのです。しかし国王は彼女を裏切った上に、最悪なことに妖精の命であり、彼女の自慢であった翼を刈り取ってしまいます。そりゃマレフィセントも娘に呪いかけますよ。
そのあとは前作通りの展開、国内の糸車はすべて燃やされ、王女オーロラは三人の妖精に預けられて森でひっそりと育てられます。マレフィセントはそれを冷たく見守りますが、子守妖精たちの育児ポンコツっぷりに腹が立ったんでしょうね。マレフィセントがぶつくさ言いながら育児を陰ながら手伝う姿は本当にかわいらしいです。マレフィセントにかわいいという感情を抱くことになるとは映画を見る前は思いもしませんでした。
そんな穏やかな時間も残酷に過ぎ、呪いの期限が迫ります。オーロラは真実の愛を受けることができるのか、マレフィセントは長年の確執にどう決着をつけるのか、目が離せません。ぜひご覧になってみてください。
女性
女性
2014年に公開されたアメリカ映画です。ウォルトディズニーの名作アニメの「眠れぬ森の美女」を邪悪な妖精のマレフィセントの視点から描いたアニメ映画です。あらすじは、ある王国で念願のプリンセスのオーロラ姫の誕生を祝うパーティーが開かれていました。招待客たちが次々に祝福に訪れ、お城は幸福感で満ちています。そこに、招かざる客である邪悪な妖精のマレフィセントが現れ、オーロラ姫に永遠の眠りの呪いをかけます。あれフィセントは何者なのか、何故、そんな呪いをかけたのか、オーロラ姫はどうなってしまうのかを描いた作品です。この映画でのアンジェリーナ・ジョリーはとても美しく、演技も魅力的でした。ラストシーンで、マレフィセントのキスでオーロラ姫が目覚めるというところはびっくりしました。また、マレフィセントが翼をもがれるシーンは号泣しました。
女性
女性
マレフィセント役を演じるアンジーの娘がオーロラの幼少期を演じているのが一つの見所です。あまりのアンジーのマレフィセントように子役たちが怖がり泣いてしまって撮影ができなかったとか。本来、ヴィランズ(悪役)であるマレフィセントが主人公という点でも面白い映画でもあります。元々は純粋で悪とはかけ離れた彼女がいかにして”悪”に染まったのか、ディスニーの映画らしいプリンセスと王子のハッピーエンドの真逆のような悲劇から生み出された彼女の”悪”に、我々も真っ向面から否定できないのがポイントです。彼女が初めは普通の女の子であったからこそ彼女の恋心に女性はとくに共感できるところがあるのではないかと思います。誰が悪い!と100%言えない悲劇であり、だからこそ心苦しくもあり、それに対するマレフィセントの”悪”という応え方は、選択が2つある両極端な答えの片方のようであります。もし、”悪”ではない方の受け止めかたができていれば!、彼女は悪に染まらずにすんだのではないか、それとも”悪”を選ぶべくして選んだのか同じ女性としては本心が気になるところではあります。どうしようにも受け止めきれない感情の矛先がオーロラに向き、しかしながら彼女のなかにある”普通の女性”としての優しさもオーロラに与えられ、その果てに自分がまいた種で自身が苦しまされるというのが矛盾がこの映画に深みを残しているように感じます。
女性
女性
ディズニーだし眠れる森の美女も大好きだったので、きっと私の好みに合っているなと思い見てみました。邪悪な妖精側の視点で書かれているのは面白いですね。オーロラ姫も登場してくるし、エル・ファニングが演じていてとてもぴったりでした。マレフィセントという悪が主役なので、普通のディズニー映画よりメルヘン要素がなくなり暗めの映画に仕上がっています。マレフィセントは悪ですが、アンジェリーナ・ジョリーが演じているからかとても美しいです。でも少し痩せたような気もしましたが…。私としてはもっとふっくらしたアンジェリーナの方が好きでした。悪役のアンジェリーナが美しいからか、ディズニーだからなのか分かりませんが、そこまでマレフィセントの恐怖はありません。全体的には暗いのですが、マレフィセント自体の怖さはもっとあってもいい気がしました。子供でもギリギリ怖がらずに見られると思います。マレフィセント独特の世界観もあるので、眠れる森の美女とは違った感じで楽しめます。でも、観る前に眠れる森の美女を見ておいた方がより楽しめると思います。マレフィセントが悪だからか、美女のオーロラ姫が素晴らしい子に見えてギャップも面白いです。
女性
女性
ディズニーアニメ映画『眠れぬ森の美女』のヴィランズであるマレフィセントをフォーカスした作品です。童話でもよく知られるこの物語は大まかな流れとしては(とある王とお妃の間に姫誕生)→(パーティーが開かれ妖精が祝福)→(マレフィセントがバーティーに呼ばれず怒る)→(姫に呪いをかける)→(姫が大きくなる)→(呪いにより16歳の時に糸車の針に指をさし眠る)→(王子登場)→(マレフィセントを王子が倒す)→(姫にキス)→(真実の愛のキスにより姫が起きる)→(ハッピーエンド)ですが、この映画はマレフィセント主体な為(とある王とお妃の間に姫誕生)よりも『前』の出来事に重きが置かれています。この部分で、『かの世界の妖精の国と人間の国の事情』や『王の話』、『マレフィセントが何故姫に呪いをかけたのか』が描かれています。この話をみた上で物語の序盤を見るとマレフィセントの怒りがものすごく理解できます。この話の最も注目するポイントは『マレフィセントと真実の愛』と『視点』です。愛って言うとすぐに頭の中に浮かぶのは『恋愛』ですが、『親愛』『友愛』『主従愛』と愛にはいろんな愛があることに気づかされます。この物語において『真実の愛』とは何か。また『視点』と言うのは見方を変えればどれだけ見える世界が変わるかと言う事。目の前にある世界をどれだけ自分主体に見ているかを考えさせられます。主人公がヴィランズになっただけでこうも物語の解釈は変わるのかと思うと改めて広い視野を持つことの重要性を感じました。この物語を見た後、他のディズニー作品をヴィランズ側から見てみるとまた違った楽しみ方ができるかもしれないと感じました。大変考え方が変わる素敵な話なので是非見ていただけたらと思います。
女性
女性
このマレフィセントは、眠れる森の美女のお話の中で、オーロラ姫が生まれた時に現れて「16歳の時に糸車に刺されて永遠の眠りにつく」という呪いをかけた魔女が主人公の物語です。幼い頃に読んだその物語は、お祝いに招かれなかった魔女が妬んでやったこととされていた記憶があります。しかし、悪とされて流されていた魔女・マレフィセントから見た物語を見ると、そんな単純なものではなく、悲しい愛の物語があったのだという方が納得がいきました。そして、激情に駆られてオーロラに呪いをかけてしまったことを、影からオーロラを見ては後悔しているマレフィセントは、人間らしくて(妖精ですが)好感さえ持てるほどです。また、子どもの頃見た映画を、大人になって見ると感じ方が変わったということはよくありますが、この映画は子どもの頃知っていたお話を、新しい視点で見せてもらって、とても新鮮だったし、悪役のマエフィセントに共感したりできて、童話の世界がより身近にリアルに感じられました。子どもの頃に、お姫様に憧れた大人に見てもらいたいですね。
男性
男性
この作品は、数あるディズニーの実写化映画の中でも好きな映画の一つだからです。「マレフィセント」という、「眠りの森の美女」に登場する悪役を今までとは全く違った視点で描いた今作は演じる役者さんから映像のクオリティの高さまで、何もかもクオリティの高い作品でした。しかし最も重要なのはそのストーリーで、この描き方だからこそ出来た表現や、引き出せたマレフィセントというキャラクターの魅力が大きかったと感じます。マレフィセントには悲しい過去があり、それ故に愛というものを遠ざけていたようですが、その凍てついた心をもう一人の主人公であるオーロラ姫が溶かしていく過程がとても丁寧に描かれていて、「これは愛の物語だ」と感じることが出来ました。マレフィセント自身がかけてしまった呪いを、アニメーションとはまた違う真実の愛が解いていく展開に心が暖かくなります。
女性
女性
この映画『マレフィセント』は、『眠れる森の美女』に登場する悪役「マレフィセント」にスポットを当てた物語になっています。元の『眠れる森の美女』とは異なる切ないストーリに感動しました。また、個人的には羽を切られてしまったマレフィセントがとても可哀想に思えました。そして、なんと言ってもマレフィセント役を演じているアンジェリーナ・ジョリーさんのとても美しく、それと同時に迫力もあり、本当に素敵でした。
これを見た後に、個人的には「他の作品でも同じように悪役にスポットを当てたストーリが出ても良いな」と思いました。また、『マレフィセント2』も出ている様なのですが、そちらはまだ見ていませんが、見るのがとっても楽しみで、早く見たいです。
こちらの作品は、本当に素晴らしい作品になっているので、是非皆さんも1度見てみてはいかがでしょうか?見ても絶対に後悔はしないと思います。新しい目線でのストーリに感動しない人はいないはずです。

映画『マレフィセント』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス