アニメ映画

映画『魔女の宅急便』高画質動画を無料フル視聴!あらすじ&見どころを紹介

このページでは、映画『魔女の宅急便』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『魔女の宅急便』と言えば、1989年にスタジオジブリにより製作された映画ですよね!可愛らしい魔女キキとおしゃべりな黒猫ジジの物語です!

空を飛ぶことしか出来ない魔女キキが、知らない街で頑張る姿をもう一度見たい!と言う方も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『魔女の宅急便』動画を無料でフル視聴する方法

映画『魔女の宅急便』の
DVDがTSUTAYA DISCASなら
無料で見れる!

『魔女の宅急便』を
無料視聴する

  • ネットで動画配信とDVDレンタルを併用して利用可能!
  • CDもレンタルできる!
  • 動画配信されていない作品もDVDで無料視聴!
  • 初回の30日間は無料で見放題作品CDとDVDを視聴可能!
  • R18のアダルトDVDや新作CDも定額でレンタル可能!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル × なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:932円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × × なし 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × なし 500円〜 30日間

映画『魔女の宅急便』をはじめとする、スタジオジブリの動画は動画配信サービスでは、取り扱いがありません。

そのため、スタジオジブリ作品を無料で視聴しようと思ったら、DVDで視聴するしか手段がないのが現状です。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

TSUTAYA DISCASで見れる映画『ジブリ・シリーズ』

TSUTAYA DISCASでは、スタジオジブリアニメ映画シリーズ作品がレンタル可能なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為TSUTAYA DISCASのホームページでもご確認くださいね。

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考URL:日本民間放送連盟

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『魔女の宅急便』の映画情報

映画『魔女の宅急便』あらすじ

田舎町に住む13歳の少女キキ。

彼女は、魔女の娘で自身も魔女として生きる事を決めていました。そして、見習の魔女には、満月の夜に「魔女のいない街」に行き、1年間一人で修行をしなければならないという掟がありました。

キキは、自身の父のラジオで天気予報を聞いていました。

次の満月は晴れる、と聞いたキキはすぐに母へ次の満月の夜に出発すると報告し、キャンプの道具を借りてきた父にも報告をし、慌ただしく準備を始めました。

出発の夜、相棒の黒猫ジジとともに無事に出発したキキ。

途中で、修行が明けて帰ってきた先輩魔女に出会います。占いが得意だと言う彼女にキキは、自身の特技を考えてみます。

しかし、よく晴れていた空は一変、酷い土砂降りに。止まっていた貨物列車に逃げ込んだキキとジジはそこで、夜を明かすことにしました。

翌日、貨物列車の牛に足を舐められて起きたキキ。外に出ると、海に面した素敵な街が見えました。

時計台の管理をしているおじいさんに話を聞くと、魔女は住んでいないと言います。

この街にすることを決めたキキ。

しかし、街中に降りて箒で飛んでいる時に、大騒ぎを起こしてしまいます。飛んできた警官に住所と名前を聞かれたキキ。

答える前に泥棒!、と叫ぶ男の子の声が聞こえました。駆けつける警官にその場にいるよう言われたキキ。

その場を立ち去ったキキに話しかけたのは、叫んだ男の子、トンボでした。魔女であるキキに興味津々のトンボでしたが、キキはトンボの失礼な態度に怒ります。

その日の宿を探すキキとジジでしたが、未成年者のためどこも身分証明書を求められます。

夕方になり、パン屋の前に差し掛かるとパン屋からおしゃぶりを持った女性が飛び出してきました。お客さんが忘れていった赤ちゃんのおしゃぶりを届けようとするその女性は、妊娠していました。

代わりに届ける、と申し出たキキは、箒にまたがり空を飛んで届けます。

パン屋に戻ったキキは、パン屋の女主人オソノから使ってない部屋の使用許可をもらいました。

翌日、朝が早いパン屋を手伝うキキは、昨日の事あって、空を飛べるという特技を生かし空飛ぶ宅急便をする事にしました。たまに店番をする代わりに店の電話も使って良いと言ってくれたオソノ。

キキは、地図と生活用品をさっそく買いに行きました。街中には、可愛い服を着た女の子達。

キキは、魔女の服である真っ黒な自身の姿にしょんぼりしました。

帰ってくると、店のお得意である女性がキキに届け物を頼みたいと言ってくれました。甥の誕生日プレゼントを届けに行ったキキは、途中でアクシデントに見舞われます。

プレゼントである黒猫のぬいぐるみを失くしたキキは、ジジを身代わりに探しに行った森で絵描きのウルスラと出会います。

日々、宅急便の仕事をこなすキキ。そんなある日、店番をするキキの元に飛行クラブのパーティーの招待状を持ったトンボが来ました。

しかし、その日には宅急便の予約が入っていたキキ。

訪れた家の奥様は、オーブンの調子が悪く、孫のパーティーに届けてもらう予定の料理が出来ていないと言います。横にあった、薪のオーブンを使うことを提案したキキ。母に仕込まれたおかげで、手際良く作業をこなしていきます。

しかし、時計が遅れているせいでパーティーに向かう予定の時間を過ぎて料理を届けに行くことに。無事料理は届けられたものの、突然の豪雨でびしょ濡れになってしまいます。

長い時間待っていたトンボでしたが、キキは結局パーティーには行きませんでした。

翌日、ひどい風邪をひいたキキ。

完治すると、オソノの依頼でトンボに届け物をします。そこで、見せられたものはプロペラがついた自転車。

空を飛ぶ事を夢見るトンボ。キキとトンボは、自転車に乗って出かけます。途中、自転車が壊れましたが、キキのトンボへの印象が良い意味で変わりました。

しばらくして、キキはジジの言葉がわからなくなりました。魔法の力が弱まって、箒で飛べなくなったキキ。

キキは、遊びに来たウルスラと共にウルスラの家に泊まりに行きました。そこには、キキをモデルに描いたという美しい絵がありました。

その夜、魔女は「血」で飛ぶのだと言うキキ。

飛べなくなったキキは、足で以前料理を届けた奥様の元へ向かいます。そこには、キキの名前が書かれたケーキ。誕生日を知りたい、と言われたキキは嬉しくて泣いてしまいます。

そこへテレビで飛行船を生放送していた現場でトラブルが。風が強く飛ばされた飛行船に巻き込まれたトンボが、そのまま空高くに飛ばされてしまいました。

助けようと走るキキ。

途中で、清掃中の男性からデッキブラシを借りました。無事浮き上がりましたが、言うことを聞かないデッキブラシでトンボを助けに行くキキ。

落ちたトンボを間一髪で助けたキキは、また空を自由に飛べるようになりました。

ジジの言葉は、わからないままのキキですがそれでも嬉しそうにジジに頬を寄せます。テレビを見ていた奥様は嬉しそうにバーサと歓声をあげ、オソノの赤ちゃんは産まれそうになりました。

色々なことがあって、たまに落ち込むこともあるけれど、キキは今日も届け物を届けるために空を飛びます。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『魔女の宅急便』キャスト・出演者

  • キキ:高山みなみ
  • ウルスラ:高山みなみ
  • ジジ:佐久間レイ
  • おソノ:戸田恵子
  • トンボ/コポリ:山口勝平
  • コキリ:信沢三恵子
  • 老婦人:加藤治子
  • バーサ:関弘子

映画『魔女の宅急便』で使われている『宅急便』と言う文字。

実は、『宅急便』という文字がヤマト宅急便に表彰登録をされていたため、真っ先にスポンサーになってくれと依頼しました。

ヤマト宅急便は難色を示しましたが偶然にも、物語に自社のトレードマークでもある黒猫が出ていることで前向きに検討、最終的に了承したそうです!

原作は、福音館書店から角野栄子先生原作の「魔女の宅急便」シリーズの第一作目!映画は脚色されており、街の風景はスウェーデンの街などが使われたそうです。

原作も大変面白いので、興味のある方はぜひ読んでみてくださいね!

映画『魔女の宅急便』スタッフ

監督

宮崎駿

音楽

久石譲

脚本

宮崎駿

製作

尾形英夫
漆戸靖治
原徹
宮崎駿

製作総指揮

徳間康快
都築幹彦
高木盛久

原作

角野栄子
『魔女の宅急便』(福音館書店刊)

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

Netflixで『魔女の宅急便』などジブリ映画は配信されていないの?

2020年の1月に、ジブリ作品のNetflixでの配信がスタートするというニュースが流れました。

しかし、それは海外のみで日本では配信されないという内容でした。

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ジブリ作品を巡っては米国ではAT&T傘下のワーナーメディアが7月に始める動画配信サービスの目玉の一つとして「千と千尋の神隠し」など21作品を配信するが、日本では現在、動画配信はしていない。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

引用:日本経済新聞サイトより

なぜ日本では配信しないんですかね。。。

日本で配信できないのは、テレビ局などとの関係性もあるのかもしれません。そう考えると、日本の動画配信サイトでジブリ作品を視聴できる日が来るのは、まだ現実的ではなさそうです。

そのため無料で『魔女の宅急便』を見ようと思った場合には、DVDを購入するか、TSUTAYA DISCASで無料お試し期間を利用しての視聴が最もおすすめです。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『魔女の宅急便』のDVDやBlu-rayを購入する


映画『魔女の宅急便』ファンの感想

女性
女性
私がこのアニメを見たのは小さい頃でした。まず、黒猫のジジがとてもかわいい。声優界でも名高い人達が演じています。当然といわれるかもしれませんが、うまいんですよね。違和感の欠片もない。魔女の一族は、13歳になったら魔女修行に出なければならない。急に出発するといわれたお母さんたちは、残念そうにしながらも送り出してくれる。母親は、キキに魔女の正装を準備してくれたり、父親は友人たちを呼んでお見送り会を開いてくれてとてもやさしい人達。キキが街に着いたとき、地元の人たちは態度がとても冷たく関心がない様子。キキが、落ち込んでいるとおソノさんというパン屋さんの女性に出会う。おソノさんはその時にとても困っていました。なぜなら、お客さんの忘れ物に気づいたとき、すでにお客さんはいなくなっていました。困ったおソノさんを見てキキが、ほうきで飛びお客さんのもとに届けました。キキに感謝したおソノさんは、部屋を貸してくれました。下宿することに。おソノさんの懐の広さがわかるシーンでした。冷たい町の人々の中にも優しさはあるのだと信じたくなります。また、優しい老婦人との出会いも。温かいパイ料理を届けてほしいという依頼でした。色々、ありましてパイ料理を孫のもとに届けられました。しかし、孫は喜ばず。キキも可哀そうでしたが、老婦人も気の毒です。苦労した結果が・・・基本的に逆境の話です。しかし、最後は、やさしさに包まれる。良いお話でした。大人が見てもはまりますよ。
女性
女性
ほうきにのって空を飛ぶことができるキキ。その姿にやはり憧れる。私も小さい時にほうきにのると空を飛べるんじゃないかと思ってしまったぐらいです。黒猫のジジもすごくかわいい。魔法使いの掟で独り立ちをするキキだが、最初は町の人からあまりよく思われていなかった。徐々に打ち解けていく姿は感動する。主人公のキキは最初、ほうきに上手くのれていなかったが、練習を重ねるうちにうまくのれるようになる姿は、あきらめずに練習するとうまくのれるようになるんだと大事なことを教えてくれている気がした。
この映画で好きなところはユーミンが歌う「ルージュの伝言」。映画の中でもキキが気持ちよさそうにパンを運ぶシーンで流れるこのタイミング。歌と場面が合わさって本当にさわやかな風が吹いているように感じてしまう。このシーンは何度みてもいいなと印象の強い場面です。宮崎監督の作品はいつも見る前から気になって、実際に見ると大事なことや感動すること、そして日常で忘れていたことを思い出させてくれる。魔女の宅急便も人の温かさやあきらめない気持ち、そしてキキが魔法使いとして成長する姿からは目が離せない。私にとってもあこがれがぎゅっと詰まった映画。何度みても味わい深い作品です。
女性
女性
私のオススメのシーンは、魔女の力が急に消えてしまい、猫のジジと話が出来なくなったり、ホウキに乗っても飛べなくなってしまう魔女のキキが、大切な友達トンボが飛行船から落ちそうになっているのをテレビで見て、おじいさんからかりたデッキブラシに乗って、無事に助け出す事が出来た所です。オススメのセリフは、絵描きの友達ウルスラが言った「魔女の血、絵描きの血、パン職人の血・・・神様か誰かがくれた力なんだよね」というセリフです。もともと自分に備わっている素敵な力が戻る事を信じてって事なんだろうなと思いました。13歳の小さな女の子が、両親から離れて新しい町へ行き、一人前の魔女になる為に奮闘します。キキの場合は、1度魔女の力がなくなってしまったから、どうしてなくなったのか、どうしたら魔女の力が戻ってくるのかと悩み、毎日を生きていく中でその答えを見つけ出していくところが見所だと思います
女性
女性
魔女の宅急便は幼い頃から幾度となく見てきました。毎度黒猫のジジに癒され、傷つくキキに心を痛め、魔法が使えなくなったキキを励まし、独り立ちするキキをまるで親になったかのような気持ちで応援しています。クライマックスの空を飛べなくなったキキが気球船から落ちそうなトンボを助ける為に空を飛ぶシーン、トンボが気球船から手を離してしまう瞬間思わず息を飲んでしまうのですが、この一瞬音が一切なくなるところにぜひ注目していただきたいです。可愛い魔女のキキの波乱万丈な成長ストーリーは何度見ても飽きません。
女性
女性
絵描きの女の子が「魔女の血、絵描きの血、パン職人の血。神様か誰かがくれた力なんだよね。おかげで苦労もするけどさ」という部分がかなり、残ってます。今定められてる運命を受け入れやっていくしかないんだ。という意味にもとれますが、逆に。その血は特別な才能として捉え特別なんだという事にも思えます。だからこそ、今のその目の前の道を頑張るしかないんだ。諦めるな!という前向きな意味に思えます
女性
女性
魔女の宅急便は小さい時に初めて見てからずっと大好きな作品です!街並みがとっても素敵で映画を観ながら自分もその世界に入り込んでいる感覚になります!
オススメのシーンはキキとトンボが人力飛行機に乗って町を駆け抜けていくシーン。最終的に飛ばずに丘から落っこちるところも面白いし、ハラハラワクワクさせられます!
空に憧れるトンボと飛べなくなったキキの別々の飛ぶことに対する葛藤も描かれているなと思いました。
男性
男性
キキが色んな人に助けられ、助けて人として成長していく過程が好きです。オソノさん夫婦や森で出会った絵を描く女性など、優しく素敵な人達とのエピソードが心温まります。それとは逆におばあさんが孫のために一生懸命作ったパイを、私は嫌いと言う正直でもあり意地悪そうな女の子も出てきます。いい人ばかりでなく実際にいてそうな嫌な人物も出てきて、そういう現実を見ながらキキが魔女として女性として素敵になっていくところが好きです。
男性
男性
魔女の宅急便は、小さいころから何度も観ている作品で、全体的に可愛らしさが詰まっているので選びました。キキの賢明で素直なところ、ジジのお茶目なところ、トンボの熱いところがジブリ作品は絶妙だなと感じます。好きなシーンは、キキが自分で住む町を探しに出たときにラジオから流れる主題歌が流れるところです。この主題歌を聴くと、キキが空を飛んでいるような気がして外を眺めてしまいます。作品後どうなったのかを考えるのもドキドキしてしまうぐらい、甘酸っぱい作品でもあると思います。
女性
女性
まず一歩踏み出す勇気をもらえる映画だと思っています。

初めての一人で不安な気持ちを抱えながら、新しい生活への期待とワクワク感を抱きつつ、生活をしていく姿はとても健気なのと、大人になってから見ると何か懐かしさを感じました。

そして、なんといっても相棒の黒猫のジジ可愛さ。ちょっと憎らしい口もききつつ、おちゃめな部分や心配性な部分もあり、猫だけど人間らしいとても愛らしいキャラクターで個人的には一番すきなキャラクターです。

オソノさんやトンボなどの脇を固めるキャラクターも個性的だけどとても根が優しいひとが多くそこも好感がもてる作品です。

女性
女性
主人公キキが、様々な困難を乗り越えながら、魔女として少しずつ成長していく姿に、元気をもらえる作品だからです。後半で、魔力が弱まってしまったキキが、トンボを助けるために行動を起こす場面は、見ていて胸が熱くなりますし、応援したくなります。日々の生活で悩んでいる時に、「明日からも頑張ろう」という前向きな気持ちにさせてくれる作品としておすすめできます。一番の見どころは、キキを取り巻く個性豊かな登場人物たちです。とりわけ、表情豊かにキキとの漫才のようなやり取りを見せてくれるジジが一番のお気に入りでした。素っ気ない発言をしつつもキキの一番の理解者だったり、犬に見つかって冷や冷やしたりする様子に、思わず癒されてしまいます。実は、映画の終盤になるにつれ、ジジが言葉を話さなくなるのですが、その変化に込められた意味を考えてみると、けっこう感動しました。
女性
女性
ひとりの女の子の、恋や仕事を通して自立していく過程が丁寧に描かれ、とても大好きな作品です。小さい頃は、魔女に憧れてキキのような黒いワンピースと赤いリボンの格好をしたくなりました。箒に乗ってどこまでも行ってみたいと思ったものでした。大人になってからも、魔女への憧れはもちろんあります。一方で、社会人として、キキの働く姿に共感するようになりました。宅急便を始めてから様々な依頼主と出会い、時に失敗したり落ち込んだりする様子は、自分の経験と重ね合わせることができます。また、トンボとの友人関係の微妙な変化も、こういうことあるよね、と思わず言いたくなります。憧れの魔女っ子から、等身大の女の子へとイメージチェンジしたぶん、ますますキキのことが好きになりました。そして、物語ラストで、飛べなくなった自身からついに決別するキキに、何度も励まされました。本当の意味で自立するとはどういうことなのか、教えてくれていると思います。自分に自信が持てなくなったり、負けそうになった時は、この映画を見ることで優しい気持ちに包まれ、また頑張ることができています。
男性
男性
箒に乗って空を飛ぶシーンは単純に自分も飛んでみたいと思いました。キキがたどり着いた街並みも素敵で、オソノさんや出会った人達が個性的で良い人が多く見ていて楽しかったです。ジジとの掛け合いも楽しかったので、途中でジジと話せなくなった時は寂しく思いました。おばあちゃんの作ったパイを嫌いと言った孫の言葉にキキが傷ついたシーンは、人のことで傷つくことができるのは素敵なことだと思いました。自分の町にも魔女の修行に来ている子がいると楽しいと思った作品です。
女性
女性
『魔女の宅急便』は本当に記憶に残っている名作です。主人公キキに自分を重ね合わせてしまうし魔法が使えなくたって、元気に前向きに、でもときどき迷って立ち上がる、そういう強さが私たちにとっての魔法になるのだと改めて思わされます。ジジの声が聞こえなくなってしまうシーンは毎度胸がキュッとなります。大人になっていくというのはもしかしたらそういうことなのかもしれません。
女性
女性
全ての女の子におすすめしたい、少女の成長を描く感動アニメーション映画。13歳の思春期の不安定の時期に親元を離れて修行をする魔女のキキが、魔女としてできることは少ないながらも彼女なりに努力や工夫をして成長していくところや、躓いて落ち込んでしまうところがとても共感できます。私も幼い頃、キキにあこがれて黒いワンピースを買ってもらったことがありました。この映画を見て共感した女性は多いと思います。感動して、キキのように頑張ろうと元気をもらえる映画です。私が一番好きなのはラストのキキの両親がキキからの手紙を読むシーンが大好きです。【落ち込むこともあるけれど 私、この町が好きです。】というキキの手紙は彼女が少女から一人の女性として自立して成長した証だと思いました。いくつになっても少女の時の気持ちを思い出させてくれる、私のバイブルのような映画です。
女性
女性
田舎から、自立する為に魔法のホウキをのり、パン屋さんで宅配をする!パン屋さんのお母さんが妊婦さんだから手伝ってあげる優しいキキ!!

そして、トンボと出会い自転車に乗り大会を見にいく!20年前はホウキに跨る少女の真似をしようとみんな必死でした!笑笑

20年後のいま見たら、又違う観点からジブリ映画を見ることができ不思議な感じです。

男性
男性
いつ見ても元気をもらえますし、何か新しいことに挑戦する時にも勇気をもらえるので、この作品を選びました。

キキが独り立ちして、新しい街でいろんな人と出会い、成長していくところが見どころです。出会う人それぞれの優しさが見られて、人との出会いって良いなと感じることができます。

海に浮かぶ街が舞台なので、風景や音楽なども素晴らしくて、見ていて癒されるところも魅力です。

おすすめのシーンはたくさんありますが、やっぱりエンドロールでキキが街の人たちと仲良くなっていて、すっかり馴染んでいるところが、見ていてとても嬉しくなりジーンときます。何年経っても色褪せない大好きな作品です。

男性
男性
キキが宅急便の仕事として、ジャガイモが入っていると思われる箱を運び、そのあとおばあさんのお客さんの家まで飛んでいくシーンがおすすめです。セリフがなく、BGMがメインの非常に短いワンシーンではありますが、快活なメロディーの音楽で、仕事が順調に進み始めたときのワクワク感が観ている側に伝わってきて楽しくなります。
女性
女性
「魔女の血を引く子は、13歳の満月の夜に修行へと旅立つ」という非現実的な設定の中で、登場するキャラクター達の現実味を帯びた何気ない一言がスーッと心地よく入ってくる作品です。

どの台詞も好きですが、特に私が好きなのは、キキがパーティーに着ていく服がないと相談した時に、おそのさんがキキに言う言葉です。「あら、そんなこと気にしてるの?それとってもいいよ。黒は女を美しく見せるんだから」。キキが毎日着ている魔女の黒いワンピースをいいと褒める言葉。この台詞を聞くと、今持っている自分の全てが素敵であり、ありのままの自分でいいということを教えてくれているように聞こえて、とても自信が湧いてきます。

その時の気分や感情で響く台詞が変わり、何度も繰り返し観たくなります。主人公キキの成長と共に、沢山の温かい言葉を聞いて、観終えた時には前向きになれる作品です。

女性
女性
この作品はビデオテープが擦り切れるまで見ました。キキの魔法の力が突如消え、意気消沈する姿は本当に心が痛くなりました。

まだ力が戻り切っていない状態で、必死にトンボを助けるシーンを見ていると思わず手に汗握ってしまいます。

人との出会いがどれだけ大切でどれだけ人生に影響するのかという事を学ぶ事ができる作品だと思います。

女性
女性
魔女の修行として、様々な人々と出会いながら、宅配便業に勤しんでいくひたむきな主人公キキが、微笑ましく、純粋な気持ちを思い出させてくれるような爽やかな作品です。特に、キキが突然魔力を失ってしまい、悩む中で、以前森の中で出会った画家の少女に再会し、励まされていくシーンがおすすめです。その画家の少女が魔力を取り戻そうと奮闘するキキにした、「描くのをやめる。散歩したり景色を見たり、昼寝したり何もしない。そのうちに急に描きたくなるんだよ」というアドバイスが、とても素敵だと思います。このアドバイスに驚いたキキですが、アドバイス通り宅配便も休業し、画家の少女と供にゆっくりと過ごす中で、徐々に落ち込んだ気持ちを癒やしていきます。
女性
女性
この映画は私にとって初めて友達と行った映画です。子供だけで行ったというドキドキとわくわくで忘れられません。まず、楽曲が荒井由美さん、何とも心地よく、ついつい口ずさみたくなります。主人公のキキが相棒のジジと親元を離れ、自分の街を探す為、不安と希望を胸に大空をほうきで飛ぶシーン、少ない荷物の中にラジオ。そのラジオから流れるルージュ伝言の心地よさは何とも言えません。楽しい内容になるかと思いきやなかなか思うようにいかず、魔法まで使えなくなり、心のよりどころだったジジの言葉さえ分からなくなってしまう中盤…。あんなに元気だったキキが塞ぎ込んでいる姿に胸が締め付けられたのを忘れません。塞ぎ込んでいるキキに元気とパワーを与えてくれる街の人々との触れ合いに心が温かくなります。こころ残りは最期までジジの言葉がわからないまま終わる事です。けれどジジも新しい街でパートナーのリリーちゃんと出会い,
エンディングでは子沢山のパパに。そして名曲『やさしさにつつまれたなら』が流れ、キャッチコピーでもある『おちこんだりもしたけれど、わたしはげんきです。』
観た人を強い気持ちにしてくれる映画だと思います。
女性
女性
魔女として一人前になるために、家を出て生活を始めることになったキキの成長物語です。キキは、飛ぶことができるという自身の能力を活かして、宅急便を始めます。様々な問題に直面しながらも、キキは仕事をこなしながら成長していきます。ところが、キキはあるとき、急に飛べなくなってしまいます。この後の、飛べなくなってしまったキキが、様々な人々と交流するシーンがおすすめです。特に、ウルスラのアドバイスである「描いて、描いて、描きまくる。それでもダメなら、描くのをやめる。」は、落ち込んだときに励みになります。このシーンがあるからこそ、それまでに見えてこなかったキキの良さがわかり、最大の見どころである飛行船に吊り上げられてしまったトンボを助けるシーンが際立つのだと思います。
女性
女性
魔女の少女が独り立ちをするために、知らない街で暮らす物語。
子供の頃から大好きでしたが、自分が一人暮らしを始めてからは観るたびに涙がこぼれてしまう作品です。コリコの街に暮らし始めたキキが、色々な人たちと出会いながら成長していく姿がこの作品の見どころです。意気揚々と家を出たものの、うまくいかなくて落ち込んで、嬉しかったり悩んだり。真っ直ぐに頑張れる日もあれば、やさぐれてしまう日もある。キキの様々な心情が丁寧に描かれていて、一人ぼっちで泣きたい夜のあった人なら、子供の頃とは違う気持ちで引き込まれてしまうのではないでしょうか。
周りの人たちの優しさにも心が温まります。印象的なセリフがたくさんある作品ですが、私が好きなのは、オソノさんの「黒は女を美しく見せるんだから」。キキが黒い服しか持っていないことを気にした時にかけた言葉です。相手が気にしていることをさり気なくポジティブにして、今のままで十分魅力的なんだよ!って気付かせてあげられる、オソノさんって素敵な女性だなと思います。
エンドロールではキキのその後の暮らしが描かれていて、本編に負けず好きなシーンです。パン屋の店番や宅急便の仕事をしながら、友達もできて楽しそうなキキの姿に、この街の暮らしに馴染めたことが分かります。良い日もそうでない日もあるけれど、日々一生懸命生きていく。観ると自分も頑張ろう!と思える作品です。
女性
女性
魔女の宅急便は、私がジブリの中で一番好きな作品です。主人公のキキは、魔女として修行を積むためにコリコの町へ行きますが、その町の人たちとの出会いを通じて成長していきます。私はこのコリコという町の雰囲気も大好きで、癒されていました。フランスの街並みをイメージしているのかと思っていましたが、後で調べたらスウェーデンがモデルだったのですね。コリコのような町があったら、実際に行ってみたいとまで思いました。都会過ぎず田舎過ぎず、適度に自然があってのどかな街だと思います。街の人たちも自然体で、いい人たちが多い気がしました。特に、キキが働くことになるグーチョキパンのおそのさんや店主の旦那さんは人が良く、ほんわかしました。おもしろかったのは、キキが箒に乗って届けようとしている時、カラスに襲われて落ちてしまうところです。キキは間に合うのか?とハラハラドキドキしました。でもカラスに襲われたからこそ、絵を描いている女性と出会い、家に泊めてもらえて友達にもなれました。最大の見せ場は、男の子の友達トンボが飛行船から落ちそうになり、キキが群集が見守る中で助けるところです。キキは英雄のように皆から称えられ、トンボと仲良くテレビに映っていて何もかも一件落着になります。気持ちの良いハッピーエンドでした。
女性
女性
ジブリ映画の中では、わりとライトで楽しく見れる映画ですよね。見習い魔女のキキは海辺のきれいな町で1年間修業をすることに決めたのですが、そこでのいろいろな出来事を通して魔女として成長していくキキの物語です。今まで家族で暮らしていたのが、知らない町でひとり暮らしをすることに。でもキキを取り巻く町の人たちが温かく、ふれあいがほのぼのとしていて、子どもたちといっしょに楽しく見れる映画です。黒猫のジジはしゃべる猫で、キキのいい相棒だったのですが、好きなメス猫が出来て自分の世界を持つようになり、キキも成長して一人前になってくると、ジジの言葉がわからなくなってしまうというのも、トトロが子どもにしか見えないのと似ていると思いました。魔女というと怖いイメージの話もありますが、ほうきに乗って空を飛んで、荷物を届けるアルバイトをしている魔女の見習いはかわいくて、親しみを感じるワクワクするファンタジーですね。ユーミンの歌う主題歌もポップで、映画の雰囲気にピッタリだと思います。

映画『魔女の宅急便』の
DVDがTSUTAYA DISCAS無料!

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料お試し

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス