洋画

映画『LUCY ルーシー』高画質動画を無料フル視聴!あらすじや字幕&吹替の配信状況

このページでは、映画『LUCY ルーシー』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『LUCY ルーシー』は2014年、フランスで制作されたSFアクション映画です。監督は『レオン』や『トランスポーター』などで有名なリュック・ベッソン。本作は大成功を収め、制作費の11倍となる4億6300万ドルを記録しました。

ディズニーデラックス

映画『LUCY ルーシー』動画を無料でフル視聴する方法

\『ルーシー』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しでも600P貰える!
  • ポイント利用で映画館で最新映画や、最新作品も視聴可能!
  • 『アナ雪2』も無料で視聴可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題作品(14万本)を視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 最大4アカウントで利用可能!
  • 日本最大級のエンタメサイト!
  • 大人の動画も見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『LUCY ルーシー』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA なし 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
Amazonプライム なし 500円〜 30日間

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる『スカーレット・ヨハンソン』関連作品

U-NEXTで見れる『リュック・ベッソン』監督関連作品

  • 映画『レオン 完全版』見放題作品
  • 映画『トランスポーター』見放題作品
  • 映画『96時間』見放題作品
  • 映画『96時間/リベンジ』見放題作品
  • 映画『96時間/レクイエム』ポイント利用作品

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『LUCY ルーシー』の映画情報

映画『LUCY ルーシー』あらすじ

主人公、ルーシー(スカーレット・ヨハンソン)は台湾に留学中の25歳のアメリカ人、出会って一週間のボーイフレンドのリチャード(ピルー・アスベック)に騙されてホテルにいる韓国マフィアの所へアタッシュケースを運ばなければいけなくなります。

彼は「書類か何かだ」というのですが、中身はとても価値の高いCPH4という合成薬のパック4つでした。

リチャードがマフィアに撃ち殺された後、ルーシーはチャン(チェ・ミンスク)というマフィアのボスの所へ連れていかれ、殴られて気絶している間にCPH4のパック1つを体内に縫い付けられ、強制的に運び屋にされてしまいます。

その後監禁されていた場所でルーシーの態度が気に入らないマフィアの手下に腹部を蹴られたせいでパックが破れて体内にCPH4が漏れ出すとルーシーはその衝撃に苦しみ、重力を無視しているかのように壁や天井、さらには空中でのたうち回ります。

目覚めた彼女はCPH4の影響で脳の使用率が高まり、テレパシー、テレキネシス、精神的なタイムトラベル、痛みを感じない能力など、精神的、身体的な能力を獲得し超人となっていました。それでもまだ脳の使用率は30%未満です。

マフィアの手下を倒し、逃亡して、病院にいくと強引に手術をさせて体内のCPH4のパックを取り出します。その際、医師からCPH4について説明を聞きます。

妊娠6週間の妊婦の体内で作られ、わずかな量でも胎児にとっては原子爆弾と同じくらいのとてつもない影響を与え、全身の骨を形成するエネルギー源になる物質であることを知るのでした。

また、体内に吸収されたCPH4の量を考えると生きているのが不思議だと言われますが、ルーシーは「先は長くない」と答えます。彼女は自分の死期が近いことも知っていたのでした。

一方、フランスでは脳科学の権威であるサミュエル・ノーマン博士(モーガン・フリーマン)が講演をしていました。

人間は脳の10%しか使用していない、もし使用率が上がると、まずステージ1として20%で自分の身体を完全に掌握し、意のままに操れるようになり、ステージ2では40%で他人を操作できるようになり、それを上回ると物体を操作できるようになるが、SFの世界であり想像を超えていると語ります。

ルーシーは残り3つのCPH4を探すためチャンの所へ戻り、3人の運び屋の行き先の情報を彼の脳から直接引き出します。行き場所はベルリン、パリ、ローマでした。また、彼女は自分の能力について理解を深めるため専門家を探し、ノーマン博士に連絡を取ります。

ノーマン博士に今後どうすれば良いか相談すると、博士はルーシーが驚異的な速さで手に入れた、人類がまだ知らない膨大な知識を後の人間に伝えてはどうかと提案します。ルーシーはそれに同意するのでした・・・

劇中に『攻殻機動隊』を思い起こさせるシーンがあり、これについて監督のリュック・ベッソンは無意識に影響を受けたかもしれないと語っています。日本のアニメが影響を与えたとしたら、少し嬉しい気分になりました。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『LUCY ルーシー』キャスト・出演者

  • ルーシー・ミラー:スカーレット・ヨハンソン
  • サミュエル・ノーマン博士:モーガン・フリーマン
  • ピエール・デル・リオ:アムール・ワケド
  • チャン:チェ・ミンスク
  • リチャード:ピルー・アスベック
  • キャロライン:アナリー・ティンプトン

主人公、ルーシーを演じるスカーレット・ヨハンソンは1984年ニューヨークで双子の姉として生まれ、幼い時から演劇教室に通い、8歳で舞台デビューしています。

彼女を有名にしたのはやはり『アイアンマン2』のブラック・ウィドウ役でしょう。その後もMCU作品に出演を続けています。ブラック・ウィドウが主役の作品はありませんでしたが、2020年7月に『ブラック・ウィドウ』が公開される予定です。

また、2016年の映画情報サイトの発表では「最も興行収益を上げた俳優ランキング」で女性一位になりました。

映画『LUCY ルーシー』スタッフ

監督

リュック・ベッソン

脚本

リュック・ベッソン

音楽

エリック・セラ

撮影

ティエリー・アルボガスト

編集

ジュリアン・レイ

製作

ヴィルジニー・ベッソン=シラ

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『LUCY ルーシー』感想や口コミ評価

男性
男性
「人間の脳は10%しか使っていない」予告でこのナレーションを聞いたとき、それまで脳の活用率など考えたこともなかった私は、この一文にとても興味を持ちました。現実にはあり得ないような、でもあり得そうな設定がとても印象に残っています。主人公の女性は違法の新薬を不本意に摂取してしまったことにより、脳機能の上限が解放され特別な力に目覚めていきます。それは電波や物を自在に操れたり、自分の容姿を自由にコントロールできたりと、どれも現実にはあり得ないようなことばかりです。最初は自分の変化に戸惑っていた主人公でしたが、徐々に感情がなくなり、まるで機械のようになっていってしまうのです。その表情や言動の変化にリアリティがあり、どんどん映画に引き込まれていきました。
男性
男性
この映画は2014年に公開された、フランスのアクションSF映画です。あらすじは、ごく普通の生活を送っていた主人公ルーシーは、マフィアの闇取引に巻き込まれてしまいます。マフィアは密輸のため彼女にある物質の入った袋を体内に埋め込まれますが、その物質が体内で漏れ出してしまいます。そのせいで、彼女の脳は突然覚醒し始めます。ルーシーは驚異的なスピードで言語をマスターしたり、目に見えない電波をコントロールし始めます。脳科学者であるノーマン博士が見守る中、彼女自身もコントロールできない状態となり暴走してしまうのです。覚醒の勢いは誰にも止めることができず、徐々にルーシーの脳は100%覚醒に近づいていくという話です。この映画は脳が覚醒したらどうなるのかを、医学的根拠に基づいて説明してくれています。また、バトルアクションがあるのも見応えがありました。スピード感があって、気持ちよく見られる映画でした。
男性
男性
この映画は悲劇の物語といっても過言ではないかもしれません。人に騙されて中身が不明のケースを運ぶことになるのですが、それが大変危険な物でルーシーは体に縫い付けられ強制的に運び屋として働かされてしまいます。体に縫い付けられたことで体内に少しずつ毒が注入され最終的には死んでしまうのです。ですが、この毒によって本来人間が到達することができない脳の活性を促進させて人間の知識を超えます。自分で望んだことじゃないのに、超常能力を手に入れても何も嬉しいことなんてありませんよね。スーパーマンのよに強いからだを手に入れて悪を制するなんかじゃありませんもんね。自分の寿命を縮めるんです。本当に悲劇のヒロインになっています。どの映画でもそうなのですが、悪の組織ってどうすればなくなるんでしょうか?悪の組織がなければ映画として成り立たないのも分かりますし面白さに欠けるのも十分に分かってはいるのですが、その反面ルーシーのように悲劇のヒロインを生んで欲しくはないという思いが同時に込み上げてしまいます。悪がいるから正義はいるのです。悪がなくなれば正義は必要なくなり平和な日常が現れるんではないでしょうか。映画監督は発想が豊かなので僕達視聴者の気持ちをよく理解しています。僕も監督の策略通りにこの映画に知らず知らずの内に魅了されている1人です。悲しい物語ですが名作だと思うので見てみてください。
男性
男性
本作品はアクション要素もありますが、「人間の脳が真に覚醒したらどうなるのか」というテーマを如実に表している作品です。
この映画のオススメポイントは、脳が覚醒していく段階ごとに信じられないような能力を発揮していく様子がリアルに描かれていたところです。
始めは身体能力が向上し、その後は相手に触れただけで病気や見たものがわかってしまうなど…このまま覚醒していくと「どうなるのだろう?」と話が進むにつれ引き付けられます。
話全体がシリアスで常にハラハラはしていますが…またそのハラハラした感じがたまりません!
スピード感もあり、テンポよく話が展開されていきますので、途中でだれてしまったり退屈になるという事はないと思います。
主人公と行動を共にする警察官や脳科学者も個性的で魅力のある人物で、話を魅力的にしています。
ハッピーエンドかどうかは人によって考え方が分かれると思いますが、とても素晴らしい作品です。
女性
女性
主役のスカーレット・ヨハンソンが好きだったし、彼女の映画はほぼ面白いから期待できました。タイトルがルーシーで、ルーシー自体はいい役なのか悪い役なのか全然想像がつきませんでしたが、結論をいってしまえば本来はいい人。でも巻き込まれて悪になってしまいますl。もともとは普通の女性だったのが、暴走してしまうんですね…。薬を飲んだことで脳機能がマヒしてしまい、超越的な力を持ってしまうんですよね。この筋書きはシンプルというかよくありそうだと思いました。モーガン・フリーマンがどのようにルーシーを止めるのか、解決するかが見どころです。とにかくルーシーの暴走ぶりが激しいですい!でも薬を飲んでいるから本人としては悪気ないし、本人としては犯罪に巻き込まれたようなものなんですが…。そしてスカーレットがかなり色っぽくてセクシーです。同じ女性が見ても美しいな、セクシーだなと思わずにいられません。薬の力で脳が暴走して自分を止められなくなっていく様子を、見ごとに演じていますね。緊迫感、焦燥感、一つの体に二人の女が存在する感覚など、繊細な表現がとても上手でした。
男性
男性
【見どころ・おすすめシーン・セリフ】お気楽な女子留学生が、ちょっとした出来心からヤクの運び屋になる。自分の体内に入れられて運ばされるという、かなりぶっ飛んだシチュエーションなのだが、抵抗したことにより体内で薬物が流れ出す。ほんの数時間前までは留学生だった女性が、人知を超えた存在となっていく。スピーディーな展開に加えて、主人公のスカーレットヨハンソンの美しさと演技力が抜群。人間は生涯で脳の10%しか使っていない。イルカは20%使っていて、他のイルカとの交信にテレパシーを使っているという。人間は残りの90%を使えればどのような事が可能になるのかはファンタジーの世界だという。世界で最も権威のある脳科学者を演じるモーガンフリーマンの安定した演技も見事。覚醒率が60%になると見えない壁を作りだすことができるようになり、人間の体を意のままに操れるようになる。病院の廊下で敵と対峙した時の映像は圧巻。重力とは無縁の世界にはまり込む。そしてついに100%覚醒を迎えたとき人間たる原型は不必要となりコンピューターの内部へと消えていく。「わたしはどこにでもいる…」どこへ逃げても、何をしていても「見られている」という感覚にさせられる最後のセリフは、今後の人類が進んでいく方向性が正しいのか間違っているのかを考えさせられる。
女性
女性
スカーレット・ヨハンソンの圧倒的「美」が見飽きない最大のポイントです。顔も体も美しいですね!主人公ルーシーは普通の女性で、マフィアの新種の麻薬の闇取引に巻き込まれてしまいます。ちょっと遊んだ相手が闇組織とつながっていた…目の前で死体を見せられ、自分が殺されるかもしれない恐怖の中、ルーシーは麻薬の入った袋を体に埋め込まれます。普通の女性でも闇とギリギリのラインに接している可能性がある、麻薬の袋を体内に仕込んで運ぶ方法も実際に行われているらしい方法だし、運び途中で袋が破れて体に不調があり命を落とす、運搬が完了せずに殺害される、などなど不幸な話もあってなんだか現実味を帯びています。しかし!普通の女性設定にしてはルーシーが美しすぎて、、その苦しさや重々しさは良くも悪くも感じすぎない印象です。さらに!今回はまさかの麻薬が体内に取り込まれたことによって、脳の潜在能力が極限まで発揮できる変化が起こり始めるのです。通常10%しか働いていない脳が極限まで使えるようになる。何それ!です。その力を使った超絶的な話はぜひ見て驚いてほしいです。

【U-NEXTなら】
31日の無料視聴期間
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス