アニメ映画

映画『ライオンキング2019』高画質動画を無料フル視聴!実写版字幕&吹替とあらすじ

このページでは、映画『ライオンキング(2019)』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニーアニメの名作「ライオンキング」を「ジャングルブック」「アイアンマン」シリーズのジョン・ファブロー監督が手掛けた、広大な大地を描いて原作をリメイクした作品。

映像美が華やかでCG技術を駆使した世界感が特徴で、ディズニー独特のミュージカルも入っています。

初代のとは違った世界感を持つ今作。どんな「ライオンキング」を見せてくれるのか見たい人も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『ライオンキング(2019)』動画を無料でフル視聴する方法

\『ライオンキング(2019)』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『ライオンキング(2019)』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 700円 31日間
U-NEXT × 440円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 932円 31日間
dTV × 400円 550円 31日間
TELASA × 500円 572円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム ○/× × 399円 500円〜 31日間

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『ライオンキング(2019)』の映画情報

映画『ライオンキング(2019)』あらすじ

アフリカの雄大な土地に動物達の王国であるプライド・ランドがありました。そして、その王国を治める雄ライオン・ムファサにシンバという息子が誕生して動物達は大いに喜びました。

時が経ち、やんちゃに成長したシンバは父親のムファサからの教えを理解しているのかいないのか、幼馴染のナラと遊んでばかりいました。

王弟のスカーは前々からムファサの統治に不満があり、息子であるシンバにも疎ましく思っていました。

ある時、シンバがナラと一緒に叔父のスカーの寝床へと遊びに行った際、スカーはムファサが出入りを禁止している「象の墓場」へとシンバを唆して向かわせ、自分の部下であるハイエナ達に襲わせます。

ハイエナ3匹達は打合せ通り、シンバに襲い掛かりますが危機一髪のところでムファサが助けに入り難を逃れます。

このことを聞いたスカーは大激怒します。ムファサ・シンバ共々亡き者にするためハイエナたちを使い罠を仕掛け、翌日にシンバに標的を絞り、シンバを餌にムファサを引きずり出す作戦に出ます。

スカーは面白いものが見れると言い、シンバをなだめながらシンバを連れ出します。するとそこには、暴走したヌーの群れが現れます。

この暴走したヌーの群れはシンバを亡き者にするためスカーが手下のハイエナ達に襲わせた計略でした。

スカーはムファサに危険を知らせます。大人のライオンでも暴走したヌーの群れは危険で、シンバのような子供はひとたまりもないのです。

シンバを何とか高いところに避難させることに成功したムファサですが、代わりに自分が暴走するヌーの群れに巻き込まれてしまいます。

今にも落ちそうな崖に捕まり、スカーに助けを求めるムファサ。ですが、王位につきたいがために事を起こした張本人であるスカーはムファサを崖から落としてしまいます。

ヌーが去り、シンバが駆け付けた時にはもうムファサは死んでいました。そこへスカーが現れ、「ムファサを殺したのはお前だ」と罵り動物の王国であるプライド・ランドから追放してしまいます。

そして、国の王が変わりプライド・ランドから追い出されたシンバは1人孤独な旅にでます。そこで出会う仲間達がミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァでした。

そして、3人は自由気ままに生活して、時が経ち立派な雄ライオンへとなっていったシンバ。

ある日、プンバァが雌ライオンに襲われ助けに入った際にその雌ライオンが幼馴染のナラであることに気が付きます。2人は再会を喜びます。

そして、プライド・ランドの現状をナラから聞きます。スカーとハイエナたちのせいで王国中の動物が逃げ出してしまい、大地が荒れ果てて餌がなくなり、皆が飢えに苦しんでいる現状を知ります。

戻ってきてほしいと頼まれるシンバですが、ムファサを殺してしまった罪悪感から戻ることができません。その晩、シンバは父の幻影を見ます。そして、過去と向き合う決心を付けます。

ナラとティモンとブンバを連れて王国へと帰ったシンバ。王国に帰って目にしたのは餌が無い怒りをシンバの母に当てるスカーの姿でした。

これを見たシンバは割って入ります。そして、他のライオンたちに父親を殺したこと事実をスカーから言われても、認め素直に受け入れたのでした。

他のライオンたちもその姿を見て、シンバの罪を認め同時に国を守るために帰ってきた彼を認めました。

ここからがプライド・ランドの戦争の開始です。雌ライオン達はティモンと共に戦い、
スカーとシンバは一騎打ちとなります。

戦いは全くの互角。嵐が起こり、落雷が起きる中でシンバとスカーは戦います。

しかし、スカーが戦いの最中、ムファサを崖から突き落とした事実を知ったことでシンバは怒りが頂点に達します・・・!!

さて、怒りが頂点のシンバは果たしてスカーに勝てるのか!?

アニメ版と違って獣感がリアルに再現されている今作品。一見すると単純なストーリーに見えますが、実は奥深くキャラクターの心情を細かく、繊細に描いていたりします。

ディズニー独特の躍動感に溢れたミュージカル調のシーンも有ります!とにかく映像が凄いです。

本当にCGと本物の見分けがつかないくらい、綺麗で広大なアフリカの大地を表現した作品。

CG技術により動物たちもよりリアルな姿で描かれていて、幼少期のシンバがとても可愛らしいかったです。

虫を始めて食べるシーンなんかすごく愛らしく描写されていて個人的にはとても良かったです!

1994年の原作からのリメイク版となっている今作品。色褪せず、ストーリーも知っているはずなのにムファサを亡くすシーンでは涙が落ちてしまいました・・・。

ディズニー映画の原作を知っている方も、知らない方も、ストーリーは単純だけど見始めたら止まらなくなるワクワク感を是非、体験してみて下さい!

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『ライオンキング(2019)』キャスト・出演者

  • シンバ:ドナルド・グローヴァー
  • プンバァ:セス・ローゲン
  • スカー:キウェテル・イジョフォー
  • サラビ:アルフレ・ウッダード
  • ティモン:ビリー・アイクナー
  • ラフィキ:ジョン・カニ
  • ザズー:ジョン・オリヴァー
  • シェンジ:フローレンス・カサンバ
  • アジジ:エリック・アンドレ
  • カマリ:キーガン=マイケル・キー

実は今作品は「超実写」版と言われています。実写映像ではなくて、CGで完全に映像を作りこんでいるという点からも映像にかける監督の意気込みが伝わってくるようです。

実際に見てみると、本物が目の前に出てくるかの驚きがあります!映像に注目の作品です。今作品だけでなく、ライオンキングはシリーズ2,3とあるので今後も期待が持てそうです!

映画『ライオンキング(2019)』スタッフ

監督

ジョン・ファヴロー

音楽

ハンス・ジマー

脚本

ジェフ・ナサンソン

製作

ジョン・ファヴロー
ジェフリー・シルヴァー
カレン・ギルクリスト

興行収入

9.685億アメリカ合衆国ドル

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『ライオンキング(2019)』感想や口コミ

女性
女性
映画『ライオンキング』は、小学生の子供も大好きな映画です。映画『ライオンキング』は、さすがディズニー!の音楽と可愛いキャラクタ-達がノリノリで動く映像を家族で楽しみました。小学生の子供はシンバの心境なのか、シンバのピンチに一喜一憂でした。大人はというと、シンバはもちろん親の心境でハラハラドキドキです。一番切なかったのが、シンバを助けようとヌーの群れに飛び込んでゆく、お父さんライオンムファサの鬼気迫る姿です。親なら誰もがそうするであろう救出劇ではありましたが、ムファサはシンバを救出してから息を引き取ってしまいます。アニメだとわかっていながら何度みても泣けてしまう切ないストーリーです。その後、たくさんの冒険をして仲間の大切さや本当に大切なことに気が付き成長し立派なキングとなる姿は人間の世界とも重なることが多く、映画『ライオンキング』はとても見応えがあります。
女性
女性
アニメ『ライオンキング』は私が子供の頃に観たディズニー映画で、大人になった今も鮮明に覚えています。それが実写映画『ライオンキング』になるとなってすごく期待していました。映画『ライオンキング』の物語はサバンナの王のライオン親子の話です。そして、きっとアニメでみんなが知っているシーンと言えば、マントヒヒのラフィキが生まれたばかりのシンバを高く掲げている場面でしょう。実写版映画『ライオンキング』になってももちろん、そのシーンがありました。そして、リアルに描かれた動物たちがとっても力強かったです。毛並みや肌の質感までしっかり再現されていたので、本当にドキュメントを見ているような気持ちで見られました。出だしがそのシーンだったため、一気に世界観に引き込まれました。そして、私が印象に残っているシーンは、最後の戦闘シーンです。大人になったシンバは、もう子供の頃のようなかわいさではなく、すごくたくましくなっていました。幼い頃スカーに父を殺され、スカーがサバンナの王となりサバンナは枯れ果てたところを見たときは、私もシンバと同じように苛立ちました。そんな憎しみを抱えたライオンの表情まですごく細やかに描かれていたので、入り込むことができたのです。そして、映画『ライオンキング』は最後の最後まで目が離せない展開になっているので、しっかり注目して見てください。
男性
男性
映画『ライオンキング』はとても思い出深い作品です。よく兄弟3人で見ていたのですが、当時はまだビデオしかなくテープが擦り切れるまで何度も見ました。子供のころは映画『ライオンキング』を見て「王様っていいな!」や「ライオンってかっこいい!」というような感じで見ていたのですが、大人になってから見ると全く違う考えが出てきました。これは人間の世界を動物に置き換えているのでは?!と思い、作品の奥深さに驚かされました。偉大な王「ムファサ」や無邪気で未熟な「シンバ」、野心あふれる「スカー」など登場するキャラクター一人一人がとても大切な役割を果たしています。動物たちの世界なのに感情移入しやすかったのは人間の世界に近いものを感じたからかもしれません。特にスカーがムファサを殺し、シンバが横たわるムファサの腕の中に入っていくシーンは涙が止まりませんでした。自分の欲望のためにこんなにも人を苦しませることができるのか!とスカーに怒りを覚えたほどです。同じことをされたら立ち直れないかも…と感じるほどに父を失った息子の悲しさが表現されていました。しかしここからがこの作品のすごいところです!そんな空気を一変してくれる「ティモン」と「プンバ」の登場です。今にも死んでしまいそうなシンバを見つけた2人はシンバを助けることになるのですが、すべてを失ったシンバに対し底なしの明るさで彼の心まで救うのです。人は傷ついているときに同情されると場合によってはさらに深く悲しみを感じてしまいます。そこで彼らが教えてくれる「ハクナマタタ」という言葉は魔法のような言葉だと思いました。沈んだ気持ちを前向きにしてくれる素敵な言葉です。「ハクナマタタ」は実際にある言葉でスワヒリ語で「どうにかなるさ・くよくよするな」という意味があるそうです。過去は大切にしなければいけませんが、いつまでもそこにとらわれてはいけないよと言われている気分でした。ティモンとプンバはおちゃめで陽気なキャラですが、この2人の存在はとても大きいのだなと思いました。シンバがもう一度立ち上がるためにはポジティブにしてくれるような仲間が必要だったんですね。現実世界にもこんな人がそばにいてくれたら怖いものなんてなくなるのかもしれません。そうして強く大きくなったシンバは過去から逃げることなく、立ち向かうことを選びます。この逃げない姿勢を教えてくれた映画『ライオンキング』は子供たちにも伝えていきたい作品です。
女性
女性
映画『ライオンキング』で現在の映像技術に本当に驚いてしまいました。野生動物たちがあんなに喋ったり現実離れした動きをしているというのに一切違和感を感じませんでした。私はもともとアニメのライオンキングのファンだったので、「実写にしたら一体どうなってしまうんだろう?リアルな動物たちが歌ったりするなんて信じられない…」とおもっていました。しかし、映画『ライオンキング』では、動物たちの動きを忠実に再現しながら、ストーリーも本当に同じでこんなに素晴らしい映画を作ることができるなんて さすがディズニーだなと思いました。私は英語版の映画『ライオンキング』で見たのですが、大人のシンバの声、とくに歌声に本当に感動してしまいました。ハクナマタタをティモン、プンバと歌うシーンで、子供のシンバが途中から大人になって もちろん声も変わります。そこで声が変わった瞬間鳥肌がたってしまいました。さすがディズニー、すばらしいキャスティングをしたなと思いました。声優さんについては全くの無知なのですが、声優さんについて驚いたことがもうひとつ。ティモンとプンバの声が、アニメとそっくりなのです。映画『ライオンキング』を初めて聞いた時には驚きました。細かいところまで全て本物のようなので、最後まで見てもCGなことが信じられない映画でした。また見たいと思います。
男性
男性
映画『ライオンキング』では、動物たちの動きを実写でどのように表現できるのかとても楽しみにしていました。実際に映画『ライオンキング』を見てみると動物たちが生き生きと動いていて、可愛らしく、逞しくサバンナの世界に入り込める作品になっておりました。アニメで『ライオンキング』は、何度も見たことのあるストーリーでしたが、実写映画『ライオンキング』になることでより繊細に毛並みや表情が描かれていて、大人でも楽しめる作品になっていると思います。ただ、当たり前ではありますがメスライオンの顔が同じなので今のは誰?と途中なってしまうところがありました。日本語吹き替え版映画『ライオンキング』で見た際は、賀来賢人さんの歌が素敵なので吹き替え版も必見です。映画『ライオンキング』は要所要所で流れてくる音楽も有名なものばかりでそれが一層映像を引き立てていると思います。
女性
女性
映画『ライオンキング』は、1994年に公開されたアメリカ映画で、ディズニーアニメです。動物たちの王国のプライド・ランドを舞台に、百獣の王と子としてうまれたシンバの冒険を描いているワクワクするような映画です。あらすじは、ムファサ王の息子のシンバはライオンの子どもです。プライド・ランドの後継としてシンバ派生まれましたが、叔父のスカーの陰謀で国を追われてしまいます。気の良いティモンとプンバァなどの仲間に恵まれ、シンバは大人のライオンに成長します。ムファサを殺したスカーがおおになったプライド・ランドはあれてしまいます。王の自覚を持った新馬が戦いを挑み、スカーを倒します。王となったシンバのもとに動物たちが帰ってくるというストーリーです。この映画で登場するセリフの「過去は変えられないからこそ、それと向き合い、乗り越えねばならない」は、ナルホドと思いました。また、ライオンの親子が理想の父親像が描かれていて面白かったです。子どもシンバもとても可愛らしく描かれていました。アニメーションの完成度も高く、動物の毛並みなどが見事に描かれていました。
男性
男性
以前ミュージカルで『ライオンキング』を鑑賞したことがあったので、映画『ライオンキング』の方も見てみようかな、と思い映画『ライオンキング』を鑑賞しました。正直、動物作品の実写映画だったのであまり期待はしていなかったのですが、映画『ライオンキング』は、想像を大きく上回るクオリティで違和感もなく、大満足でした。脚本は勿論、映像の美しさや迫力、サウンドのハマり感も素晴らしかったです。王の子として生まれたシンバの成長についつい親のような気持ちになりました。傲慢な王子が、最愛の父と別れ、育ての親と出逢い、気づけば立派な王の素質を持つライオンとして成長している、そんな姿に胸を打たれました。生まれながら権力が約束されたシンバを支える者もいれば妬む者もいて、その妬みから他人を騙し傷つけ蹴落とすこと…自然界だけでなく人間関係でも共通して起こりうることで、規模の違いはあれど誰でもやりかねないことであることだと思うと自分の汚い部分を見ているようで少し怖くなりました。自然界での命の循環、豊かな自然、いま私たちが生きてる地球のどこかで同じように循環しているからこそ自然に恵まれて生きていけるのだと感じます。映画『ライオンキング』は、1匹のライオンの成長を通して自然の尊さを改めて実感しました。
女性
女性
映画『ライオンキング』は、何度も見ている映画。サバンナの王様の子供として生まれたシンバが、大人になり新たな王になるまでの過程を描いたストーリー。ムファサの王様、父としての逞しさ、息子を守る懐の広さにとても感動する。映し出されるサバンナの景色も自然豊かで鮮やかで、様々な動物たちの様子や鳴き声、自然の音や声などが描かれていて、見ていて飽きないところも良い。愛を感じて、ハクナマタタ等名曲も多い。プンバたちに出会い虫を食べるシーンは子供ながらにいい意味で衝撃的で記憶に強く残っている。映画『ライオンキング』は、本当に素晴らしいストーリーなので是非子供たちに見てほしい映画だと思う。ムファサが王の座を狙う弟に裏切られて亡くなってしまうシーンは何度見ても泣いてしまう。
女性
女性
映画『ライオンキング』では、なんといっても映像美がおすすめポイントです。この映画『ライオンキング』の映像をCGで作れるなんて現代の技術は素晴らしいと感じました。実写映画版と聞き、はじめはどうやって?どういうこと?と思い映画館に向かったのですが映画『ライオンキング』を見て感激しました。ライオンやほかの動物たちの毛並みの雰囲気とサバンナの風景と動物たちのリアルな動きが見事でした。子供のころにアニメのライオンキングを見ていましたが、大人になってから見るとまた感じ方も違って新鮮でした。当時はヌーの暴走シーンが怖いなと思っていたのですが、今回のその映画『ライオンキング』のシーンも迫力満点でした。また改めて感じたことですが、映画『ライオンキング』は音楽が全部最高です。気分が上がる音楽が多く初めてサントラCDを買ったほどです。総じて子供も大人も楽しめ、かつ見終わった後に動物園に行きたくなるので、映画『ライオンキング』はファミリーにもおすすめです。
女性
女性
アニメのライオンキングは子供時代にハマって、何十回も観ていました。アフリカサバンナの雰囲気が大好きで、内容も深みがあってスケールが大きくて歌も素晴らしい!と、アニメがパーフェクトなだけに、実写化はハードルが高いのでは?と心配してたんですよね。
でもそんな心配いりませんでした!映画『ライオンキング』は、アニメのようにアフリカの世界観を忠実に表現していたし、冒頭のサークル・オブ・ライフのところなんて、アニメとほぼ同じくらいゾクゾクして感動しました。映画『ライオンキング』は音楽もいいし、実写化なので大自然が美しく映し出されています。まるで本当にアフリカの地へ行ったみたいな気持ちになります。最後、シンバが王になってガオーっと叫ぶシーンも、アニメ同様すごく感動しました。少し違和感あったのは、スカーです。アニメでは毛が黒いのですが、実写化では普通のライオンと同じでスカーっぽさがありませんでした。字幕は外人さんの声が楽しめるのも見どころです。どの声もしっくりきて、特にムファサの重々しい声はアニメの時と同じでピッタリでした。動物もリアルでした。リアルな分動物たちの表情は無表情なのですが、声優さんたちの声の演技が素晴らしいのであまり気になりません。
女性
女性
映画『ライオンキング』は、アフリカの雰囲気がすごくよく出ています。私もサバンナに行きたくなりました。はじめのオープニング曲や、最後大人になったシンバがみんなの前でガオーっと叫ぶところなどは、とても勇ましくてかっこいいです。アフリカの大自然の映像や動物たちは、アニメだからリアリティには多少欠けるものの、とても綺麗で美しかったです。挿入歌も全部いいですね。プンバァやティモシーと出会って大人になっていくところも好きです。サラと再会して二人でじゃれるシーンもロマンチックです。サラが何気に積極的でした。二人で歌う「愛を感じて」もとても素敵な曲です。また、私はマントヒヒがシンバが生きていることを知って木ので大喜びするシーンや、やる気を失ったシンバにカツを入れるところも好きです。シンバはマントヒヒの言葉やムファサの投影に昔のような気力とガッツがわいてくるんですよね。だから叔父のスカーと戦うためプライドランドに戻ります。シンバが休まずに砂漠を走り続けるシーンもとても好きです。この映画『ライオンキング』には友情や愛情、親子愛や勇気がたくさん詰まっています。
女性
女性
映画『ライオンキング』は、ほぼ全編CGで表現された自然の雄大さと美しさ、ディズニーの技術力の高さにただただ驚かされました。映画『ライオンキング』は、動物たちの描写に圧倒的なリアリティが付与されて、毛並みや牙の質感、細やかな表情の変化や、しなやかな体の動きなどが見事に描写されていて、彼らがそこに「生きている」という事をより強く感じられました。アニメ版『ライオンキング』では、少しデフォルメされたまん丸いフォルムがコミカルでどこかマスコットっぽかったプンバアですが、内面のコミカルさはそのままにリアルなタッチになったことで、そういえばプンバアってイノシシだったのだなと改めて思ったのが面白かったです。ティモンと共にハイエナの囮になったプンバアが「ひとりぼっちの晩餐会」を歌っていた、実写版オリジナルのシーンが作中1,2を争うほどに映画『ライオンキング』の中では、お気に入りのシーンです。『ライオンキング』といえば挿入歌「ハクナ・マタタ」の印象が強くて、映画『ライオンキング』では楽曲の良さに映像美が加わって華やかさが増したように感じました。私は字幕版映画『ライオンキング』で見ましたが、幼少期のシンバの歌声がとても可愛らしく、のびやかで気持ちいい歌声でした。吹き替え版映画『ライオンキング』の少年期のシンバの歌声もとても良かったと聞いたので、次は吹き替え版映画『ライオンキング』でもう一度楽しみたいと思います。
女性
女性
アニメ版からライオンキングはとても大好きな映画の一つでした。アニメでは表情の豊かさや感情を表しやすいですが、映画『ライオンキング』の実写となるとどうなるのだろうと思いましたが、良い意味ですごくリアルでキャラたちの感情も伝わり、人間が登場しない中で動物たた違う繰り広げる物語は涙あり笑いありの感動そのものになります。プライド・ランドの王であるライオンのムファサとその子供のシンバが、ムファサの弟であるスカーの策にはまり、ムファサは死に、シンバはプライド・ランドを追い出されることになってしまいます。ムファサはシンバをとても愛しており、死ぬ前の二人で話すシーンは愛に満ち溢れ、やんちゃすぎるシンバを思っての厳しい対応だとしてもシンバをそれを受け入れ、これからどうなるのだろうと思った矢先の悲しい出来事でした。まだ子供だったシンバも一人で生き抜くには過酷な環境の中で、ミーアキャットのティモンとイノシンのプンヴァに育てられ友情を深めていき、大きく立派なライオンへと成長していくシンバもまた見所になります。 一方スカーが王となったプライド・ランドは荒廃していく様子は弱肉強食のバランスを崩してしまっては何も住めない土地になってしまうだなと思えるほどにひどい有り様になってしまいます。序盤のキレイさはどこにもありません。シンバはプライド・ランドを取り戻すためにスカーと戦いプライド・ランドの王になった時は様々な動物たちも戻り、平和が戻りました。吹き替え版の映画『ライオンキング』と英語版の映画『ライオンキング』では歌の雰囲気も違うように私には感じられたので、是非両方の映画『ライオンキング』を見て欲しいと思える作品です!

【ディズニープラスなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
ディズニー・ピクサー・マーベルの高画質動画が見放題!

今すぐ無料お試し

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス