洋画

映画『レ・ミゼラブル』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャスト

このページでは、映画『レ・ミゼラブル』(2012年)の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『レ・ミゼラブル』と言えば、文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を原作とし、世界各国でロングラン上演されてきた大人気ミュージカル作品を映画化した作品です。

過去にも映画化されたこともある本作品ですが、2012年の作品は、ヒュー・ジャックマンが主演をつとめ大ヒットとなりました。

ディズニーデラックス

映画『レ・ミゼラブル』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『レ・ミゼラブル』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『レ・ミゼラブル』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT ○/× なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
○/× なし 933円 31日間
dTV ○/× なし 500円 31日間
ビデオパス ○/× なし 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム ○/× × 199円 500円〜 31日間

\31日間無料お試し/映画『レ・ミゼラブル』
動画を無料で見る

U-NEXTで見れる映画『レ・ミゼラブル』関連作品

  • 映画『レ・ミゼラブル(1998年)』見放題動画作品
  • 映画『レ・ミゼラブル 少女コゼット』見放題動画作品

『ヒュー・ジャックマン』出演作品

  • 映画『グレイテスト・ショーマン』
  • 映画『X-MEN』シリーズ
  • 映画『ソード・フィッシュ』
  • 映画『プレステージ』

『アン・ハサウェイ』出演作品

『トム・フーパー』監督関連作品

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

 

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『レ・ミゼラブル』の映画情報

映画『レ・ミゼラブル』(2012年)あらすじ

あらすじはこちらをタップ
1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、飢える妹の子供たちのためにたった一本のパンを盗んだ罪で19年も刑務所にいましたが、ようやく条件つきで仮釈放が認められました。

行くあてのないバルジャンでしたが、教会の司教は食事と寝床を彼に与えてくれたのでした。

しかし、自分の身をかくまってくれていたにもかかわらず、バルジャンは教会の銀食器を盗んでしまいました。盗難の容疑で警官から捕まえられそうになるバルジャンでしたが、そんななかでも司教は「私が銀食器を彼に与えた」とかばってくれたのでした。

心が飢え、誰も信じることができなくなっていたバルジャンは、司教の慈悲に触れることで、改心することを決意し、同時に仮釈放書を破り捨て、名前を変えて新たな人生をスタートさせました。

月日は流れ、数年後、工場主として成功を収めたバルジャンは、その人徳から多くの人々から信頼を勝ち得、ついには推薦により市長を担うこととなりました。

バルジャンが経営する紡績工場では、フォンテーヌ(アン・ハサウェイ)が、娘を養うため極貧生活を送りながらも必死に働いていました。しかし、彼女に嫉妬する同僚の策略により経営者であるバルジャンが知らないうちに、工場をクビにされてしまいます。

唯一の仕事を失った彼女は、娘の預け先にお金を届けるため、髪の毛や前歯などを売りにでかけます。しかし、売れるところがなくなってしまったフォンテーヌは、ついには売春婦として体を売るようになってしまいました。

そこで男に襲われそうになっているフォンテーヌを救ったのがバルジャンでした。

自分の工場でフォンテーヌが職を失ったことを知らなかったバルジャンは、心身ともに疲弊してしまったフォンテーヌを見て強い責任を感じ、幼い娘のコゼットの面倒を見ると約束しました。

しかし、コゼットを引きとる算段をしていたある日、「ジャン・バルジャン」と間違えられて誤認逮捕されてしまった男の知らせを耳にします。

身を隠して生活していたバルジャンですが、自分の代わりに他人が罪を追う事実に耐えきれなかったバルジャンは、ついに法廷に乗り込み、正体を明かします。

法廷から抜け出し、フォンテーヌとの約束を果たすために、彼女の娘、コゼットのもとへ向かいましたが、彼を待ち受けていたのは、警官ジャベールでした。

ジャベールに事情を話し、コゼットを迎えに行かせてくれと頼むバルジャンでしたが、聞く耳をもたないジャベールを前に、バルジャンは命を賭けて逃亡を図りました。

コゼットは安宿でタダ働きをさせられて、周りの女中からもひどい扱いを受け、肩身の狭い思いで暮らしていました。そこに現れたバルジャンは、相当のお金とともにコゼットを引き取り、追っ手を振り払いながらパリへと逃亡しました。

しかし、パリではバルジャンを探し続けるジャベールが、再び、彼らを待ち受けていたのです。

身を隠す2人でしたが、修道院の協力もあり、なんとか生活を続けることができました。2人の間は、実の父親と娘のような信頼感と愛情が育まれていました。

一方、パリの街では、王政に反対する若者たちが集まり、着々と革命を起こそうと画策をしていました。青年マリウスは、反政府組織ABCの主要メンバーとして日々活動していました。

しかし、ある日、青年マリウスを街で見かけたコゼットは彼に一目惚れ。そして、マリウスもコゼットの美しさに一目惚れし、2人はあっという間に恋に落ちます。

再びジャベールの目が光るなか、コゼットを引き連れて逃げようとするバルジャン、愛する父親と、恋に落ちてしまった青年との間で揺らぐコゼット、そして着々と進む革命の準備。

自分の中の信念や、愛する人たちを前にして、交わることのできない人間たちは、一体どうのような結末を迎えるのでしょうか…?

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『レ・ミゼラブル』キャスト・出演者

  • ジャン・バルジャン:ヒュー・ジャックマン
  • 司教:コルム・ウィルキンソン
  • ジャベール:ラッセル・クロウ
  • ファンティーヌ:アン・ハサウェイ
  • コゼット:アマンダ・サイフリッド(幼少期:イザベル・アレン)
  • マリウス・ポンメルシー:エディ・レッドメイン

世界中で大ヒットした本作品ですが、日本でも累計興収は55億円を突破し、日本で公開されたミュージカル映画としては歴代1位の記録となりました。

ヒットの理由は、やはり全編にわたる音楽の豊かさでしょう。

通常、ミュージカル映画では事前に録音した曲に合わせて、撮影現場では役者が口パクで演じる方法が多いとされていますが、本作では歌唱はすべてその場で撮影しながら録音がされています。

そのため、繊細な息遣いまでもが歌の一部となり、心に響く素晴らしいシーンとなっています。

特に、主演のヒュー・ジャックマンを始めとした俳優陣の歌声は圧巻です。

また、アン・ハサウェイはデビュー当時から保ち続けてきたロングヘアーを本作品の役作りのためにばっさり切っています。

そんな役者たちの本気の歌声、演技に心が震えます!

映画『レ・ミゼラブル』スタッフ

監督

トム・フーパー

音楽

クロード=ミシェル・シェーンベルク

脚本

ウィリアム・ニコルソン
アラン・ブーブリル
クロード=ミシェル・シェーンベルク
ハーバート・クレッツマー

製作

ティム・ビーヴァン
エリック・フェルナー
デブラ・ヘイワード
キャメロン・マッキントッシュ

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『レ・ミゼラブル』感想や口コミ評価

男性
男性
洋画に全く興味がなく見る機会がなかったのですが高校の世界史の授業の一環として見ることになり、初めての洋画鑑賞になったのですが、ジャン・バルジャンを軸として描かれる切ないながらも愛を感じられるストーリーに号泣しました。そしてフランス革命頃の時代背景についてもしっかり学べます。パンを盗んだ罪で服役中のジャン・バルジャンはジャヴェールから厳しい指導を受け、脱獄してからも追われ続けていたのにも関わらず状況が一転してジャン・バルジャンがジャヴェールを殺せる状況になったのに殺さず、逃してあげる場面ではなんて心の広い人間なんだと感動しました。他にも学生が集まって軍と戦う場面で、まだ12歳のガヴローシュが最前に立ち、自分たちの想いを主張してから銃撃を受けて死んでしまうシーンや年老いたジャン・バルジャンが愛する娘コゼットとその夫マリユスに見守られ、ファンティーヌに導かれるように亡くなるシーンは涙が止まりませんでした。そして一番最後、エンドロールで学生たちが歌う民衆の歌(Do you hear the people sing)は圧巻で戦い続けた学生たちの姿に感銘を受けました。神司に救われてから正義を貫き通したジャン・バルジャンと引き裂かれそうになっても愛し合ったコゼットとマリユスの真実の愛に心が清まりました。ミュージカルを映画化した不朽の名作!各々の正義を信じて精一杯生きて奮闘する姿には勇気をもらえます!
女性
女性
洋画はあまり見ないので俳優さんのことはわからないのですが豪華俳優陣勢揃いだなと。衣装も舞台もとても凝っています。字幕版で見るべきですね。日本語版では雰囲気が落ちます。日本版でのミュージカルは見たことがあるので大体はストーリーは分かっていたのですが、舞台は全体を見渡して見ていたが、映画では一部しか見れないが表情がはっきり見られるという利点あります。ミュージカルもすごかったので映画版を見てさらに好きになりました。またミュージカルも見たい。日本ではなかなかないミュージカル映画。なぜないのだろう。重苦しい内容でも音楽の力でそこまで重くならないのに。個人的にはこの映画で知ったアンハサウェイさんの丸坊主にするシーン、本当にそうしたそうですが女優魂!と思い悲しくも強さを感じました。そして減量したことも聞いてそこまで一つの役に注ぎ込めるのか!と。そこまでの努力であの歌唱シーンができたのかと思うと。しかもそれを映画見た後に知り、さらに感動しました。苦しいシーンですが何回か見返すことがあります。絶望だが希望のあるシーン、舞台のミュージカルでは見られるのとのできないシーン。素晴らしい。家族でも見てもいいかもしれないが夫婦やカップルで見るには最適かと。
男性
男性
元々ミュージカルが好きで、この作品は舞台も見に行くくらい好きな作品でした。
映像化にあたりまず驚いた事が役者さんの歌の上手さ。上手いのはミュージカル映画に出るから当たり前じゃんと思うかもしれませんが、主な俳優はこれまで歌うイメージが個人的には全く無かったヒュー・ジャックマンやアン・ハサウェイ、ラッセル・クロウ。
ミュージカル俳優なの!?というくらい上手くて驚きました。
また、一般的にミュージカル映画は歌唱は後撮りらしいんですが、こちらは演技中に本当に歌ったものを使用したそうです。
確かに息づかいやちょっとした仕草で感情がよく分かりこちらも感情移入しやすかったです。
大好きなシーンは若者達が歌うABCカフェのシーン。コゼットに恋い焦がれるマリウスが恋か仲間との戦いか。揺れる気持ちがよく分かり何より音楽が最高にそのシーンを盛り上げてくれて大好きです。
女性
女性
主人公のジャン・バルジャンを演じたヒュー・ジャックマンを始め、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・サイフリッド、エディ・レッドメインといった主役級の豪華キャストが勢揃いしていることが魅力だと思います。特に、ヒュー・ジャックマンの演技が最高で、囚人として生きていた時代・市長として新しい人生を歩んだ時代・コレットを引き取り父として生きた時代を見事に演じ分けており、本当に素晴らしかったです。誰かを愛し、懸命に生きた人々を描いたこの映画は、何度も泣けるシーンがありました。特に、病に倒れたファンティーヌが死の間際に娘のコレットの幻覚を見て、その娘に向かって手を伸ばしながら微笑み息を引き取るシーンは、娘を思う母の愛を感じて心を打たれました。登場人物それぞれの生き様が丁寧に描かれていて、とても見ごたえのある映画でした。
女性
女性
この作品は日本ではあまり見る事ができない物語の全てがミュージカルな作品です。
セリフ全部が歌。ミュージカルの舞台などを見たことがある人、常に見る機会がある人でもちょっとびっくりするかも知れません。(現に私がそうでした。オペラ見てる人は耐性がありそうです。)
しかし、物語はもすごく面白いです。小説でも有名なレ・ミゼラブルですが、文章として読んで想像するよりもわかりやすく理解しやすく映像の重要性を実感しました。
また、この作品の見所は何と言っても風景と人と歴史と歌のマッチ感。どれか一つでも欠けたらこの感動はなかったのだろうと思うほどの完成度の高さです。パリの風景によりファンタジー世界にいると言うよりも、過去に戻るかのようなタイムスリップ感が味わえ、役者の演技力も素晴らしく歌はうまく土地にあった種族の方が使われることによりチープさが掻き消されますし、歴史に忠実な脚本と映像とカメラワークは本当に素晴らしく、クロード=ミシェル・シェーンベルクの作った歌は今なお聴いたものの心を動かすのだなと思うと、過去の音楽家の偉大さは計り知れません。コレを機に過去の有名ミュージカルを映画に再生していただきたいです。まさに現代のルネッサンス。

ぜひ一生に一度は見るべき作品だと思います。

男性
男性
ミュージカルが原作となっている映画は他にもありますが、この映画はほとんど普通のセリフがありません。登場人物は歌にのせて話します。でも、鑑賞中はそんなことが気にならないくらい、引き込まれる映画です。鑑賞中は一時も目が離せませんでした。演技力はもちろんですが、ハリウッド俳優たちの歌唱力の高さに驚きました。アン・ハサウェイ演じるフォンテーヌが「夢破れて」を歌うシーンも好きですが、一番好きなのはエポニーヌが「オン・マイ・オウン」を歌うシーンです。あのシーンは本当に泣けるので、それを見るためだけに見てほしいくらいです。個人的にはどこが見どころとかではなく、映画全体が見どころと言ってもいいぐらい、それぐらい感動的な作品でした。間違いなく自分の人生の中でベスト3には入る映画です。
女性
女性
レ・ミゼラブルは、日本のミュージカルの舞台でもよく見に行っていたので馴染みがありました。舞台でしか見たことがなかったので、映画で実写化されるとどんなふうだろう?と興味があったのですが、ヒュー・ジャックマンをはじめ、アン・ハサウェイやラッセル・クロウ、アマンダ・サイフリッドなど私が大好きな俳優もたくさん出ていたし、そのほかのキャストも有名人ばかりで豪華な配役も見どころの一つです。とても泣ける映画です。特に最後、ジャンバルジャンがコゼットに、自分は本当の父親ではないと真実を明かした手紙を送るところと、亡くなったファンテーヌと一緒に天国に行くシーンです。ジャンバルジャンはコゼットとマリウスのためにかなり尽くし、老いて疲れてきっています。本当に今までたくさんあって壮絶な人生だったなと思うと、涙がボロボロ出てきました。ミュージカル映画なので歌も素晴らしいです。レ・ミゼラブルのすごいところは、主題歌だけでなく、ソロで歌う曲も合唱の曲も、どれ一つ退屈な曲がないことです。一つひとつの曲が素晴らしく、聴く程好きになっていきます。もともと歌手出身の俳優も中にはいましたが、レ・ミゼラブルのために猛特訓した俳優も多かったはずです。でもみんなすごい歌唱力で圧倒されます。
女性
女性
まず、ヒュー・ジャックマンの歌のうまさに驚きました。歌手出身でもなく、大学在学中に履修した演劇クラスで演劇のおもしろさにハマって俳優を志したということですが、こんなに歌唱力がすばらしいと思っていませんでした。バルジャンは一切れのパンを盗んだ罪で19年刑務所に入っていて、出所しても世話をしてくれた教会の司教から銀食器を盗んでしまいました。人間不信になっていたのです。でも司教は銀食器をあげたのだとバルジャンをかばってくれました。まず、そこでバルジャンが本気で反省する場面のジャックマンの歌に泣かされました。
そして、生まれ変わって人々に尽くし、市長になるところまでいったのに、また追われる立場に。バルジャンが経営する工場でフォンテーヌがクビになり幼いコゼットの面倒を見ることを約束してその約束を守るためにも、逃亡することになってしまいます。それにしても、ジャベール警部が本当にしつこいです。ルパン三世の銭形警部のモデルだったのではと思いました。ストーリー的には、逃げ続けるバルジャンですが、歌を交えてストーリーが進んでいくので、物語に深みが生まれ、バルジャンやフォンテーヌ、コゼットなどの気持ちも自然に伝わってきて泣けてしまいました。ミュージカル仕立てになっているために、不幸の連続の辛い逃亡劇なのに、エンターテイメントに昇華され、ミュージカルの傑作として感動を与えてくれる映画です。
女性
女性
ひとりの男の一生に、こんなにも深く考えさせられる物語は、他にないのではないでしょうか。罪を赦すこと、償うこととはいったいどういうものなのか、この作品を通して自分の生き方を問い直す気持ちになりました。ジャン・バルジャンは、とある司教の暖かい気遣いを受け、犯した罪を償って生きていくことを誓います。彼の生まれ変わらんとする強い意志に、ヒュー・ジャックマンの迫真の演技が加わり、応援せずにはいられなくなります。だからこそ、ジャベールの執拗な追跡にはハラハラさせられました。コゼットと一緒に暮らすようになってからも、どうしても周囲を気にしなければならず、いつになったら許されるのだろうか、と悲しくなってしまいました。それでもバルジャンはコゼットを立派に育てあげるのですから、たとえ血は繋がっていなくても、本当の親子のようになれるのだと感動しました。愛されて育ったコゼットは、しっかり自分で愛する人を見つけることができます。ファンテーヌの、娘への愛が引き継がれた何よりの証だと思います。そして、バルジャンが償いを成し遂げたことも意味しています。激動の時代の中で、相手を想う気持ちを忘れずにいることがどれほど大切か、ひしひしと感じる物語です。また、見所の一つとして、数々の名曲が挙げられます。俳優陣はみなプロの歌手かと思うほど、素晴らしい歌声を披露してくれています。なかでも、私はアン・ハサウェイの「夢破れて」が大好きです。ファンテーヌの哀しみや無念が痛いくらい伝わってきて、いつまでも耳に残る名シーンだと思います。何度でも見返したくなる、お気に入りの作品です。

映画『レ・ミゼラブル』の
動画を無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス