アニメ映画

映画『雲のむこう、約束の場所』動画を無料フル視聴方法!あらすじや新海誠監督シリーズ作品を調査

このページでは、映画『雲のむこう、約束の場所』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

監督・新海誠作品で有名になった『君の名は。』。今作品はそれより以前に作られた初期の長編アニメーションです。

『君の名は。』は世に知られていますが、他にも新海誠監督作品は素晴らしいものがあります。今回はそのなかの1つである『雲の向こう、約束の場所』をご紹介していきたいと思います!

ディズニーデラックス

映画『雲のむこう、約束の場所』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『雲のむこう、約束の場所』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『雲のむこう、約束の場所』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 500円 933円 31日間
dTV なし 500円 31日間
TELASA × 500円/2日 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× 400円 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円〜 31日間

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる新海誠監督の作品

U-NEXTでは、新海誠監督作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『雲のむこう、約束の場所』の映画情報

映画『雲のむこう、約束の場所』あらすじ

舞台は1996年日本。日本は2つに分断されていました。共産国家群「ユニオン」は「エゾ」を支配下として、そびえる高い純白の塔を建設していました。

青森県に住む中学生の藤沢浩紀と白川拓也はアルバイトをしながら憧れである塔へ国境を超える為に飛行機を作りそれに乗って行くことを計画していました。

北端の廃駅近くで製作が進んでいる飛行機のヴェラシータは、着実に飛び立つ準備が進んでいましたが国境を超えるという犯罪を犯すことは2人だけの秘密。

ですが、浩紀がうっかり口を滑らせたせいで浩紀が思いを寄せている沢渡佐由理にばれてしまうことになります。

佐由理は科学者の孫ということもあり、拓也は彼女を2人の傑作であるヴェラシータの元へ連れて行き2人だけの秘密計画を告白しました。

話しているうちに一緒に行こうということになり、共に秘密を分かち合う3人。ヴェラシータが完成に近づいたある日、佐由理がバイオリンを弾いてくれる時がありました。

そして、彼女は最近よく夢を見てあの塔が爆発してしまう旨を2人に打ち明けます。白昼夢を度々見るようになっていた彼女が突如消えたのは、中学3年生の夏でした。

中学3年の夏以来、姿を消してしまった彼女。その後3年間消息不明の状態になってしまった佐由理。

時が経って、拓也は塔へ行くことを諦めてはいませんでした。青森の軍の施設で宇宙との接続をするべく実験を繰り返していました。

蝦夷にそびえる塔は宇宙空間と接続する道具になっていることに気付きます。半径2キロにも及ぶ巨大な宇宙空間があることを実験を繰り返すことで突き止めていました。

塔により並行宇宙の浸食が停止しているのは何かが塔に干渉しているからではないかと考えた富澤室長。

塔の設計者エクスン・ツキノエに孫娘がいることを知り、その孫娘の沢渡佐由理が謎の奇病で3年間眠り続けていることを突き止めることになります。

一方の浩紀は消息不明となった佐由理が忘れられず東京の大学へ進学し、飛行機を飛ばすことを諦めてしまいました。

ヴァイオリンで彼女の弾いてくれた曲を弾いたり、駅で誰と会うでもなく出かけて行ったり・・・ひたすらどこへ行くでもなく佐由理を探し続ける日々を送っていました。

対して拓也は密航船で蝦夷へと侵入した拓也は巡視船に見つかって撃たれてしまいます。

眠り続ける佐由理は夢で飛行機が塔へ行くことを夢見ています。そして、浩紀は自分が夢に見る佐由理が現実味を帯びてきていることに気付くのでした。

ある日、拓也と浩紀が昔アルバイトをしていた工場長の岡部から手紙を受け取ります。その手紙と共に佐由理から拓也と浩紀に向けてのメッセージが書かれていました。

それは、自分の眠りが長くなってきた不安を綴ったもので入院先から書いたものでした。その入院先へ浩紀は行くものの既に転院して不在でした。

しかし、彼女のいた病室で夢の残像と触れ合うと一緒に塔まで飛ぶ約束をしたことを思い出した浩紀。

一方で転院先の青森の病室で静かに涙を流しながら眠る佐由理。

塔の並行宇宙は佐由理の夢によって制御されていて、もし彼女が目覚めれば並行宇宙に一瞬で飲み込まれてしまうであろうことに確信を持った室長。

佐由理はいわば兵器のようなもので、眠っていなければいけない状態になっていました。

銃撃で一命をとりとめた拓也は、テロによって塔が破壊される事実を岡部から聞きます。東京から青森へと戻った浩紀は、佐由理を塔へ連れて行くことで目覚めるのではないかと思い拓也に打ち明けます。

塔と佐由理と眠りの関係を知っている拓也は佐由理と世界のどちらを救うのかと問い詰めます。そして、1度は協力しないつもりでしたが佐由理を病院から連れ出しました。

こうして、アメリカがユニオンに戦争を仕掛けます。戦争の混乱に乗じてヴェラシータで佐由理と共に塔へ近づく浩紀。

そして、佐由理も目覚めの予兆が表れ始めます。

目が覚めたら、並行宇宙の浸食が急激に拡大して世界が狂いだす恐れと不安、そして何よりも浩紀を好きな気持ちが消えてしまうことへの強い不安。

これらの不安が起きないようにと必死に祈る彼女の願いは・・・・

これからのラストに向けての展開が楽しみですね。願いは届くのか。

ヴァイオリンの音色が「思い出」と「これから」を象徴しているように全ては1つに繋がっていることを思い出させます。

例え佐由理がそばにいなくてもその思いは浩紀のなかで永遠に生きていることを感じさせる切ない作品となっています。

また、恋愛要素も新海誠監督作品らしくただのハッピーエンド的終わり方ではなく、どこか観る者に対して胸が締め付けられるような切なさ・寂しさを含む素晴らしい作品となっています。

あと、注目してほしいのは映像美です。近未来感あふれる飛行機の部品の部分まで繊細に描かれています。きっとあなたも夢中になってみることは必至です!

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『雲のむこう、約束の場所』キャスト・出演者

  • ヒロキ:吉岡秀隆
  • タクヤ:萩原聖人
  • サユリ:南里侑香
  • 岡部:石塚運昇
  • 富澤:井上和彦
  • マキ:水野理紗

今作品ではSF物ですが、新海誠監督の子どもの頃からの「SF好き」が色濃く反映された作品と言えます。

当時では珍しかったパソコンをいじって遊ぶ、宇宙の本を読むなどの幼少時代を送っていたそうです。そんなSF好きな新海誠監督作品となっています!今作品には期待大ですね。

映画『雲のむこう、約束の場所』スタッフ

監督

新海誠

音楽

天門

脚本

新海誠

製作

コミックス・ウェーブ

興行収入

5,000万円

受賞歴

  • 東京国際アニメフェア2003 表現技術賞(パイロット版)
  • カナダファンタジア映画祭 アニメーション映画部門銀賞
  • 第36回 星雲賞 アート部門
  • 第59回 毎日映画コンクールアニメーション映画賞
  • 韓国SICAF2005 長編映画部門優秀賞

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

 

映画『雲のむこう、約束の場所』視聴者の感想

女性
女性
私は、この映画を観て、「登場人物たちの繊細な心の動き」と「かつて交わした約束の行方」が特に印象に残りました。
まず、登場人物たちの繊細な心の動きについてです。この映画では、日本が南と北に分断された世界を舞台に、国境を越えようとする若者たちの姿が描かれます。国境を超えることを夢見て二人の少年は飛行機を作り、二人の飛行機作りを応援する一人の少女とともに国境を越えようとします。しかし、少女は突然姿を消してしまい国境を越えるという挑戦は中断されてしまいます。それぞれが抱える悩みや国境を越えるという夢に抱く気持ちなど、それぞれの登場人物の心情が美しく表現されていて、登場人物たちに感情移入しながら観ていました。
次に、かつて交わした約束の行方についてです。少女がいなくなってから時が経っても、二人の少年は夢を諦めることなく、少女の行方を捜しながら国境を越えようとします。しかし、現実の厳しさや自分たちの置かれた状況の変化によって、夢への道のりはどんどん険しくなっていきます。夢への情熱によって試練を乗り越えられるのか、過去に交わした約束がどのような結末を迎えるのか、ハラハラドキドキしながら夢中になって観ていました。
女性
女性
映画『雲のむこう、約束の場所』は、新海誠監督の初の長編アニメーションです。映画『雲のむこう、約束の場所』では、最初のシーンからの続きが初め観た時に理解できていなかったのですが、最後まで観終わって最初のシーンに戻るとやっと理解できて、つまり、、、という思いになります。日本が南北に分断された藤沢浩紀と白川拓也の友情が、沢渡佐由理が加わることで揺れ動き、そして、また沢渡佐由理により結びつくという友情ものだけに終わらず、佐由理が担っている役目が拓也の仕事と深くかかわってくるところも興味深いです。しいては、世界を破滅させるか救うかの選択にまで広げられます。佐由理が眠っている間に繰り広げられる世界が浩紀が見る夢とシンクロしていて、交わらない世界が一瞬繋がるこの一瞬が感動に繋がります。この映画『雲のむこう、約束の場所』の世界観が後の「君の名は。」の夢の中で入れ替わっていたり、眠りから覚めたら記憶がなくなってしまうなどと重なっていたり、それを成就するかのような「天気の子」の世界の結末など、原点になっているようにも感じられました。
男性
男性
この映画『雲のむこう、約束の場所』の物語では日本が2つに分断されてしまっています。このフレーズだけで僕はかなりのことを想像してしまいました。日本が2つに分裂ということは食べ物の流通が止まってしまうのではないだろうか?2つに別れたと言うことは争いで2つに別れてしまったのだろうか。遠距離恋愛の方はもう2度と会う事ができなくなってしまうのだろうか。など考え出したらキリがありませんでした。現在の日本では2つに分断なんてそんなバカらしい話だなんて思うかもしれませんが、もしかしたらあり得る話かもしれないんです。例えば日本特有の大地震。日本は比較的活発な火山のがある土地とプレートの上に日本があるので大地震が起こった時の被害は凄まじいものになります。もしも大切な人と別れてしまった敵同士になってしまったらあなたならどうするでしょうか?ロミオとジュリエットのように純愛で終わらせれるようなことは決してありません。結ばれてはいけない相手同士だとしても好きな相手を自分の手で殺めてしまうなんて決してあってはならないことなんです。好きな相手と戦うことほど愚かな事はありません。どうして人は争うのでしょうか?日本が2つに分断してしまったら協力して助け合うべきなのではないでしょうか?この映画『雲のむこう、約束の場所』の物語ではその辺も考えさせられる部分があるので考察しながら見てみるといいと思います。
女性
女性
この映画『雲のむこう、約束の場所』の魅力は、壮大な世界観と、誰にでも経験のある素朴な青春時代の恋心が違和感なく両立しているところです。大きな世界観を見せてくれているからこそ、主人公たちのせつなさやかなしさが強調される。でも、その中で描かれている本質的なテーマは、どこにでもある青春時代の淡い思い出だったりするので、自分を投影しやすい作りになっている。下手にやると、世界観とテーマがミスマッチになって、ちぐはぐな印象を受けるはずなのに、この映画『雲のむこう、約束の場所』では、そこがなんの引っかかりもなくスーッと心に染み込んでいきます。
女性
女性
映画『雲のむこう、約束の場所』は、記念すべき初長編作品で、良くも悪くも新海誠という映画監督の作家性が、存分に発揮された一作と言える。分割統治された北海道、そこにそびえたつユニオンの塔、量子力学をベースにした並行世界といったSFガジェットをちりばめつつ、少年少女のみずみずしい心の動きを美しい映像でつづっていく。特に、故郷を遠く離れ東京で暮らす浩紀が、かつて佐由理が入院していた病室を訪ねた時、並行世界が交差するように彼女の幻を見るシーンは観客の胸を打つ名場面と言えよう。映画『雲のむこう、約束の場所』の全体を通じ、説明不足の部分もなしとはしないが、新しい才能の出現に興奮できる作品である。
女性
女性
映画『雲のむこう、約束の場所』は、いずれ『天気の子』へと繋がる、「主人公とヒロイン、そして世界」からなる通称「セカイ系」のお話です。しかし『天気の子』と決定的に違うのは、とにかくラストに救いがないという点です……。全て観賞したあとにOPを見返すと、「ヒロキとサユリはくっつかなかったんだなぁ」と感傷的な気分になります。制作年は2004年。よくわからない相手との戦争、バベルの塔、難しいSF的な概念は90年代アニメに流行ったモチーフです。映画『雲のむこう、約束の場所』は、当時の退廃的な空気感を味わえる作品といえるでしょう。
女性
女性
映画『雲のむこう、約束の場所』は、声優もいいし映像も美しいし、ストーリーもシンプルで素晴らしいです。空間が広くてアニメならではの優しいタッチの画面に癒されます。青森の自然描写にも癒されます。のどかだな、こんなところいきたいなぁと、レトロなところにも懐かしを感じました。個人的には青春映画だと思います。深海監督の作品には相性があると思いますが、私は相性が合うと思います!深海監督の作品は何作も見ていますが、全部イイです。雲のむこう約束の場所も情景の描き方が綺麗だし、青森に行ってみたくなるし、人間ドラマもきちんとあるんですよね。内容が薄いと捉える人もいるかもしれないけれど、それだけシンプルで分かりやすいと表現することもあります。メッセージ性があり、あ~こういう世界観や青春っていいなぁと、私も学生時代を思い返して感傷に浸ってしまいました。浩紀と佐由理が二人とも優しくて、お互いに思いやっていてすごく健気だなと感じました。たかが中学生の恋愛って受け取る人もいるでしょうが、私はとてもピュアだし、政治的背景や科学的な情報があふれる中、この二人だけはブレずにどこまでも純粋だったなーと思います。愛のエネルギーがすごいです。子供心に返れる素晴らしい作品だと思います。
女性
女性
映画『雲のむこう、約束の場所』ha,
2004年に公開された日本のアニメ映画です。日本が南北に分断されているイフの世界が描かれています。あらすじは、青森の少年の藤沢ヒロキと白川タクヤは、同級生である沢渡サユリに憧れていました。そして、津軽海峡のむこうのユニオン占領下の北海道にそびえる謎の巨大な塔にも憧れていました。自分たちの力で塔まで飛ぼうと小型飛行機のヴェラシーラを組み立てます。サユリも塔も手が届かないものの、いつかは触れることができると信じて頑張る話です。この映画は、現在人気になっている新海誠監督の世界観がしっかりと確立していると思いました。夢と現実の中で生きている若者の心理描写も上手だと思いました。映画『雲のむこう、約束の場所』を、今にして思うと、「君の名は。」と「天気の子」を合わせた感じのストーリーだと思います。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス