アニメ映画

映画『言の葉の庭』高画質動画を無料フル視聴!あらすじや新海誠監督シリーズ作品を調査

このページでは、映画『言の葉の庭』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTで無料視聴/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『言の葉の庭』と言えば、『君の名は。』で知られている新海誠監督シリーズの1つですよね。いつもは少年少女の話が多い新海誠作品。

しかし、今作品の相手は少女でなく大人の女性です。

それゆえの温度差や距離感を描き出します。少年が抱く恋心がどのように縮まって行くのかその過程にも注目してほしい作品です!

ディズニーデラックス

映画『言の葉の庭』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『言の葉の庭』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試しに申込む無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『言の葉の庭』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 600円 933円 31日間
dTV なし 500円 31日間
TELASA × 600円/7日 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× 400円 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円〜 31日間

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる新海誠監督の作品

U-NEXTでは、新海誠監督作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『言の葉の庭』の映画情報

映画『言の葉の庭』あらすじ

季節は梅雨の6月のこと、授業の一限目をさぼり新宿御苑に行くのがタカオの日課となっていました。いつもの休憩所である女性と出会います。

その女性は昼間からビールを片手に飲んだくれていて、チョコレートをつまみにしていました。女性の名はユキノと言います。

将来、靴職人を目指していたタカオは靴のデッサンをしながらその取り合わせの凄さに驚いていました。

そのまま、デッサンを続けていたタカオでしたが、消しゴムを落としてしまい拾ってもらうことになります。

拾ってもらった瞬間どこかであった気がするタカオはユキノにどこかであったことは無いかと尋ねますが、ユキノは会ったことが無いと言います。

しかし、タカオが着ていた高校の校章を見て会ったことがあるかもしれないと思い出すように呟きます。

そして、「鳴る神の 少し響(とよ)みて さし曇り 雨も降らぬか きみを留めむ」と短歌を言い残してその場を後にすることになります。

その夜、タカオは夕食をいつものように作っていました。タカオと兄、母の3人家族です。しかし、母親と家族関係は上手くいっていないようでした。

母は、兄が恋人と暮らすことで家を出ていくのが気に食わず家を出て行ってしまいます。

自身もかなり若い恋人と付き合っており、そのことでタカオが苦労している「苦労人」であると兄からは思われています。

その兄にどこかであったことは無いものかと短歌を見せますが短歌と俳句の区別もつかない兄は、他をあたって欲しいと言います。

翌日、天気は晴れ。晴れたときは授業に真面目に出ているタカオの姿が。いつもの「雨の日」ならさぼるというのはもう辞めなければと本人も思っているのでした。

別の日、雨が降っています。タカオはいつものように休憩所へ来ていました。すると、ユキノもいて今日は学校はどうしたのかと聞かれます。

逆に会社はどうしたのかと問うタカオ。ユキノはさぼったことを認め、「人間皆どこかちょっとずつおかしい」のだからと言い返しました。

その言葉がタカオの胸に奇妙に響きました。そして、2人の「雨の日だけ会う」奇妙な交流が始まりました。

時は流れて7月。タカオはお弁当を持っていくようになっていました。そして、ユキノはその礼に書籍をプレゼントします。タカオはユキノに足の採寸をさせて欲しいと頼みます。

ユキノが上手く歩けない事を知り、少しでも長く歩けるようにせめてもの礼だったのでしょう。

8月になり、雨が降ることは滅多になくなり2人は互いに会える口実を探している状態でした。そして、会えなくなって初めてタカオはユキノに恋をしていることに気付くのでした。

9月になり意外な形で再会の時は訪れます。タカオの高校の廊下をユキノが歩いていたのです。退職の手続きの為に来ていたところを見つけます。

ユキノはタカオとは別のクラスの古典の担任をしていました。ある時、男子生徒が一方的にユキノに恋をしました。

しかし、この男子生徒は別の女生徒と付き合っておりトラブルに発展したようでした。ことの経緯を知ったタカオはユキノを罵る女生徒の頬を殴り、それが元で騒動を起こしてしまいます。

晴れの日に珍しく新宿御苑へ赴くタカオ。ユキノも池の側にいました。そして、「鳴る神の 少し響(とよ)みて さし曇り 雨も降らぬか きみを留めむ」と短歌を返しました。

この短歌は万葉集の歌でした。ユキノは最初から自分がタカオの通っている高校の古典教師であることをヒントとして与えていたのです。

しかし、そんなユキノの思惑とは別に自分に対して屈託のない態度で接してくるタカオにいつしか救われていたのでした。

晴れていた空が急に曇りだし、雷雨になってしまいました。いつまでも止む気配が無いのでユキノの家で服を乾かすことになった2人。

ユキノが服にアイロンをかけている間にタカオはオムライスをつくります。そして、出来上がったオムライスを2人で食べながら、互いに幸せをかみしめます。

そして、ユキノが靴が無くても歩く練習をしていたことを明かします。タカオはそれを聞き自分の気持ちを裏切られたようでショックだったのです。

出ていくタカオ。また、タカオに惹かれていることを感じながらも、生徒と教師と言う狭間で揺れ動くユキノ。

この2人がどうなっていくのかは見てからのお楽しみですね。ですが、タカオに対して抱くユキノの気持ちも本物です。

また、一方で純粋にユキノを慕い続けるタカオの甘酸っぱい気持ちを天気が象徴しているように感じました。

雨の日だけにしか会わない2人が距離を縮めていくほどに晴れの天気に変わっていくところなどは新海誠監督作品の特徴とも言えます。

ラストでは、2人が幸せになれるのか?なれなかったとして、どのような展開になるのかが楽しみな作品となっています。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『言の葉の庭』キャスト・出演者

  • 秋月孝雄:入野自由
  • 雪野由香里:花澤香菜
  • タカオの母:平野文
  • タカオの兄:前田剛
  • タカオの兄の彼女:寺崎裕香
  • 松本:井上優
  • 佐藤:潘めぐみ
  • 相沢:小松未可子
  • 森山:早志勇紀

今作品では靴職人を目指すタカオと昼間からビールを飲んでいるユキノが主人公で、新宿御苑が舞台となっています。そんな2人の甘酸っぱい恋を描いた作品。

独特の距離感や切なさの表現を得意とする新海誠監督が手掛けるファン屈指の作品です!

映画『言の葉の庭』スタッフ

監督

新海誠

音楽

柏大輔

脚本

新海誠

製作

アンサー・スタジオ
コミックス・ウェーブ・フィル

興行収入

1億5000万円

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『言の葉の庭』視聴者の感想

女性
女性
私は、この映画を観て、「風景の美しさ」と「淡い恋の行方」が特に魅力的だと思いました。
まず、風景の美しさについてです。この映画では、男子高校生の秋月孝雄が、雨の日の庭園で雪野由香里という謎の女性と出会うことから物語が始まります。映画の中では、物語の主な舞台である庭園や孝雄が利用する駅など様々な場所が登場します。庭園のような自然の風景はもちろん、高層ビルなどの人工物まで一つ一つの風景の美しさに思わず見とれてしまいました。また、雨の降る様子までも幻想的に描かれていて、感動を覚えながら観ていました。
次に、淡い恋の行方についてです。孝雄は、庭園で出会った雪野の存在を最初は迷惑だと感じていましたが、次第にその美しさに心惹かれるようになっていきます。また、雪野も孝雄の存在に支えられていることを実感し、徐々に気になる存在になっていきます。しかし、二人はお互いのことについてそれほど深く話すことはなく、名前さえも知らない状態で会い続けています。二人とも相手に対する恋心はあるものの、あと一歩踏み出せない姿にやきもきしつつ、心ときめかせながら観ていました。また、高校生と年上の女性という、従来出会うはずのない二人の紡いだ恋がどのような結末を迎えるのか、ドキドキしながら観ていました。
男性
男性
2013年に公開された、日本のアニメ映画です。あらすじは、靴職人を夢見る高校1年生のタカオは、雨の日には1限の授業をさぼって新宿御苑の日本庭園で靴のデザインをしていました。ある日、そこで朝からビールを飲む女性のユキノを見かけます。そして、何度も会ううちにお互いに惹かれ合います。ユキノはタカオの学校の古典教師で、揉めと後で学校へ行けなくなっていました。ユキノは、故郷で教師を続ける決断をします。タカオは、もう少し大人になったら迎えに行こうと決心する話です。この映画は、アニメがとても高精細で、時に実写に見えてしまうところが驚きでした。しかし、実写ではできないシーンなどが散りばめられていてよかったです。特に、電車の線路からのアングルなどは、アニメならではだなと思いました。クライマックスで流れる秦基博の主題歌もとてもよかったです。
女性
女性
新海誠監督が原作、脚本、監督を手掛けたこの作品は、観終わった後に、切なくも温かく優しい気持ちになりました。雨が降ると必ず学校をサボる男子高校生が公園で出会ったのは、少し変わった女性でした。少し歯車が噛み合わなくなるだけで、全てが歪んでずれてきてしまうことは誰にでもあると思います。その、噛み合わなくなった歯車を必死に組み立て直そうと生きるその女性にとって、この男子高校生の存在はとても大きな心の拠り所だったのです。とても繊細で淡くセンチメンタルな二人の恋を描いており、ストーリーはもちろんですが、作中の映像美には感動が止まりませんでした。観たこと、行ったことのある場所の映像は、観ていて何だかとても懐かしくエモーショナルな気持ちになりました。そして、次雨が降ったら公園に行きたくなりました。誰しもが、明日仕事に行きたくない、学校に行きたくない、とサボってしまった経験はあると思います。いかなる理由があれど、休憩することはとても重要で、誰かに寄り掛かることはとても大切なことなのだと、この作品を通して実感しました。「明日からまた頑張ろうね」と最後には笑顔で言い合うことのできる作品なので、大切な誰かと一緒に観てほしいと思います。
女性
女性
「君の名は」で大ヒットをした新海誠監督の2013年公開作品。私にとっては短くてもとても大事な、思い入れのある映画の一つです。梅雨のじめじめした時期は、べたつくし、髪はまとまらないし、洗濯物は乾かないし、と嫌なことが盛り沢山なのですが、この映画はその部分をうまく使い、男女の恋模様や人生の迷いや葛藤を描き出しています。舞台は新宿御苑。一度は行ったことがある方も多いと思います。全体的にぐるっと歩くと、タカオがいつも通り道にする高層ビルを背景にした橋や、二人の出会う四阿(あずまや)、またタカオがユキノに短歌を返す藤棚を見ることができます。訪れた方ならご存知と思いますが、作中で描かれている植物の枝の垂れ具合や水面に広がる模様は、実際に見たものとそっくり。確かに雨の日は一般的にどんよりな雲が広がっているので、映画ほどきれいな緑色には映えませんが、見るといつも懐かしくなってきます。また雨の音を模してなのか、バックに流れるピアノの音も街の音や雨の音をきれいに表現してくれていて、とても耳に馴染むものです。この映画で対比されるのが靴を作りたいと夢を追う学生タカオと夢を叶えて教師になったものの生徒からのいじめから学校に行けなくなったユキノ。ユキノは毎日のようにビールとチョコレートを食事のようにしていますが、それもこれもストレスからくる味覚障害のため。とはいえ、元カレ(教師仲間)との電話でそのことが判明しますが、お弁当をユキノに作るようになったタカオにはそのことを言っていません。また、土砂降りでびっしょり濡れた二人はユキノの家で服を乾かすことになるのですが、そこでもタカオはおいしそうなオムライスを作っていますね。それをユキノも完食しています。そのことから、タカオの前限定で味覚障害の症状が軽くなっていたのではないかと思うと、追い詰められているユキノの気持ちがタカオに傾いているのが見てとれます。タカオはユキノが自分の学校の古典の教師だったこと、受け持つクラス全員からいじめを受けていたことなどを作中後半で気付き、いじめをしていた先輩達に殴り込みに行くのですが、その後会うユキノにそのことを伝えず「ビールを飲んで山手線から落ちました」なんて嘘をつくのです。この二人、本心を直接言わないところはお互い様なのではないでしょうか。とはいえ、ユキノがタカオの告白に「先生」という立場から応えられないと婉曲気味に伝えた後、ユキノはふとこれまでのタカオの行動が全て自分を思ってのことと気付き、出て行ったタカオの後を追いかけます。ここで二人はやっと本心をぶつけ合うのですが、不器用か!と突っ込みたくなってしまいます。ただ、傍から見るとなんとでも言えますが、自分が当事者だったなら、きっと私も彼らと同じようだったでしょう。この映画の良いところが、ハッピーエンドで終わらせないということです。タカオは15歳、ユキノは27歳。確かにもし二人が結ばれるとなるといろいろ社会的問題が起きそうなところ。そこで、二人の繋がりは切れないとしても結ばれるかもしれない未来を、新海誠監督は観衆に委ねました。タカオが高校を卒業するまであと2~3年ありますが…。いつかまた二人が再会できることを願いたくなりますね。この映画からは、どんな立場でもどんな職業でも、私達は一人の人間であり、同じように感じ、傷つき、悩むことを伝えています。同様に、躓いてもまた踏み出すことができる、と背中を押してもくれるそんな映画になっているので、将来に悩む高校、大学生、また社会の荒波に揉まれている大人たち。そんな方に見てほしいですね。
女性
女性
新海監督のアニメは、どれもすばらしいけれどこの映画は、特に風景描写が美しいです。雨の公園で年上の先生と出会い、ほのかな恋心をもつ高校生の物語ですが、靴職人への思いと万葉集の短歌も織り交ぜ、少年からぐんと成長していく姿が描かれています。特に、古文教師として安定した職を得たユキノが、昼間からビールを飲み、学校に通えなくなっていた苦悩を雨が降る度に、タカオと会うことでだんだんほぐれていき、味覚障害も治っていく姿を応援しないわけにはいかず、理不尽な世界でも、真実を求める姿の美しさを感じます。絵が美しいのはもちろんのこと、ストーリーがほろ苦いところが素敵です。見た人は、自分の初恋の体験と重ね合わせてその時の感情を思い出すと思います。
女性
女性
初めて鑑賞した新海誠作品です。「雨」が素敵すぎて、切なくて泣けてくる。こんなに「雨」を愛しく想ったことはないと思います。この映画を観て、雨の日の新宿御苑に行った人多いだろうなぁ。(もちろん私もその一人です。)新海監督の作品は、男性が観ると、たぶんかなり感情移入しちゃうんだろうなと思うことが多いです。でも、この作品は、ある程度の年齢を重ねた女性が観るとグッとくるものがあるような気がします。切ない恋愛モードの時や、人生に悩んでたりする時に観ると、ちょっとセンチメンタルにどっぷり浸かれるかもしれません。主人公の彼が、靴職人ってところが、何だか浮世離れしてる設定というか逆に素敵な世界観だなぁと思いました。そして、最大のポイントは…秦くんの「Rain」!ホントに映画のための楽曲ですね。もちろん本来の大江千里さんバージョンも素晴らしすぎて大好きでしたけど、新海監督、よくぞ、秦くんを指名してくれました!と思います。私、新海監督が映画で音楽をメインに置いているところが大好きなんです。音楽があってこその映画になっているというか…。エンディングに流れた「Rain」で、自然と涙が流れます。雨の日にどこかのラジオ局で、必ずかかる「Rain」聴くと、この映画を必ず想い出すんですよね。
女性
女性
新海誠監督が有名になった後に興味を持ち始めて鑑賞しました。あまりそこまで口数は多くないもの静かな印象のタカオとユキノでしたが、物語が進むに連れてお互いに少しずつ心を通わせていき、想いを表に出していく2人にグッと引き込まれました。ラストシーンのマンションの階段での雨の場面は見ていてなんだか胸が痛みましたが、最後にようやく2人がしっかりと正直に心を通わせることが出来たシーンでもあったので、心が温かくなりました。
男性
男性
とにかく絵の描写がとても綺麗で特に雨の降ってる描写は感動ものです。雨を表すのはとても難しいと個人的に思っていて線と水滴によって綺麗に雨が降っているように演出している点がとてもおすすめポイントです。また主題歌もハツラツとした元気が出るような感じの曲ではなくて、しっとりとした、梅雨にぴったりと言わざるを得ないほどハマっていたと思います。またある一定の条件にしか会う事ができないなどまるで七夕の織姫と彦星のようなロマンティックな恋愛アニメは他に見た事がないのでかなりおすすめです。
女性
女性
私が「言の葉の庭」をオススメする理由は、短い上映時間で多くの素晴らしい点があるからです。まずはアニメの”絵”です、始めてこの作品を見たときに感じたのは新海誠さんの作品らしいアニメだけどリアルのような絵と緑のシーンがかなり綺麗に描かれていると感じました。オススメのシーンは、緑の使われているシーンで、今まで見たアニメ映画でここまでリアルで綺麗に思える緑の使い方は他にはないと感じました。ストーリーで最も良いと感じたのは”終わり”です。バッドエンドのように恋していた2人が離れ離れになってしまいますが、角が立たずリアルな終わり方だと感じている中で、秦基博さんのRainが流れ始めた時、体中に感動が巡りわたります。
男性
男性
とくに働く独身女性に見てほしい作品です。きっと共感できてときめきを覚え、癒やされてドキドキし、そして号泣できるところがオススメです。主人公の女性は教師ですが、どんな職場だっていじめがあるし仕事が行くのが嫌になってしまうことって、きっと多くの女性が経験していると思います。だからこそ主人公に自分を重ね合わせて見ることができるはずです。声優の花澤香菜さんと入野自由さんの声がどちらも澄んでいて癒やされるし、主題歌のRainがストーリーにマッチして泣けます。
女性
女性
作品全体に「雨」の雰囲気が漂っていて、しっとりと心に染み入るような大人な作品です。深海監督の得意な風景描写もぞんぶんに楽しめて、雨に濡れた公園シーンなどはぐっとくる美しさですよ。でもこの作品で特にオススメなのは、主題歌の「Rain」。軽やかなメロディー、切ない歌詞、秦基博の歌声、すべてが作品にぴったり合っています。中でも最後に曲が流れてくるタイミングは秀逸。見終わった後も余韻にどっぷりつかれる作品だと思います。
女性
女性
オススメなシーンは雨に濡れたタカオがゆきのと初めて部屋でオムライスを食べるシーンです。オムライスやコーヒーの香りが画面から漂ってきます。そしてタカオが告白します。でも、二人は教師と生徒。冷静にしていたゆきのが、タカオを追いかけ押さえていた気持ちがぶわっと溢れ出します。しかし、思春期のタカオの方が自分の気持ちをぶちまけてきます。それにかぶせてゆきのも素直に自分の気持ちを打ち明けるシーンとともに流れる主題歌「RAIN」この歌が映画とものすごくリンクしていて心地よいのです。この一連のシーンがオススメです。
女性
女性
おすすめポイントとして、梅雨の時期の降る新宿御苑の描写の美しさがまず上げられます。その描写の美しさは実際に目で見る以上に美しいです。今までのアニメで背景がおまけの様に描かれていたのと違い、主人公たちがなぜ恋に落ちていったかを納得させるものであり、恋した時の人の見えるであろう世界をそのまま描いています。そして、主人公が男子学生でヒロインの素性も知らず御苑のベンチでお互いに好きになっていく過程が素敵でした。最後にヒロインが主人公の高校の先生であることに気が付きショックをお互いに受けます。ですが、お互いに今までのことを思い出して生徒と先生は恋愛できないと言われて主人公は外へ飛び出しました。それをヒロインが飛びついてキスをして秦基博のエンディング曲がとても素敵でした。
女性
女性
何と言っても、公園の緑と雨の描写がすごくきれいで、雨の切ないイメージとタカオとユキノのどうにもならない人生の切なさが重なり合って、とても感動的でした。高校生のタカオの母親との確執とか、高校教師のユキノの生徒とうまく交流できないでいるのは、世間にとって誰にでもあり得そうな境遇がまた切なさを助長させていました。そんな二人が雨の公園で出会い、淡い恋心を抱くようになって、タカオがユキノに現実から逃げていると言われたことで、本当は誰かに頼りたかった気持ちをタカオに打ち明けるところは、年上の、しかも教師という立場としてなかなかさらけ出せなかったことを吐き出すことが出来てよかったなと思い、涙が出ました。エンディングの秦基博さんの「Rain」が、とてもこの映画にマッチしていました。この「Rain」は元々大江千里さんの曲で、昔から聞いて知っていたため、当時の学生だった時の思いとリンクして、懐かしくなりました。
女性
女性
映像がきれいです!雨が降っている場面が多いんですが、その音と映像がとても美しく、声優さんの声もすごく心地よいです。耳が喜んでいる感じがします。靴職人になるという夢があるタカオが、いつもの”待ち合わせ場所”でユキノ先生の靴のサイズを測っているときの内心はすごくドキドキだったのではないかと思います。また、大雨の日にユキノ先生の家で作ったタカオのオムライスがすごくリアルでおいしそうなので注目してほしいです。その時に「今が一番幸せかもしれない」とお互いが心の中で呟くシーンは、とてもおだやかで、かつ儚さもあって感情が揺さぶられます。短い作品なので、新海監督作品初心者の方はぜひ、気軽に見てもらいたいです。
女性
女性
2013年に公開された新海誠監督の短編アニメーションです。靴職人を目指す高校生の少年と生徒の嫌がらせによって仕事に行けなくなり休職中の教師。雨の日の新宿御苑の東屋で偶然出会った二人の心の交流と繊細な心情描写がとても素敵な作品になっています。『君の名は。』や『天気の子』へと繋がる引き込まれるような映像美がとても印象的で、二人が会うのは雨の日限定ということもあり、雨の日の東京の美しさに気付かされます。様々な雨模様が淡々と静かな二人のやり取りからにじむ心情や心の揺れを表現していて、それぞれの想いを映像から感じることができる映画です。クライマックスのそれぞれが押さえ込んでいた気持ちを打ち明けるシーンがとても印象的で、引き込まれます。そして、新海作品によくあるように、一旦離れてそれぞれの日常に帰っていく様子が切なく心に残ります。また、エンドロール後のナレーションによって見ている人がその後の二人の様子を自由に想像できるようになっています。
男性
男性
とにかく映像がきれいです!雨のシーンが多いのですが、現実の雨はそこまで好きじゃないけれど、このアニメの雨のシーンはとても美しく感じます。映像と音楽、声優さんたちの声、生活音もすべて耳、目が喜ぶくらい心地よいのでリラックスしたい時、心を落ち着けたい時に見るのもおすすめです。大人びた主人公・たかおと、心に深い傷を抱えるゆきの先生の出会いが雨の日の新宿の庭園です。ゆきの先生がビールを飲んでいること以外は、とても素敵な出会いだと思います。お互いのこともよくわからないまま、関係性が深まっていきます。年齢は10個ほど離れていますが、いつしか互いに支えられているような存在になっていくのです。ある大雨が降った日に、たかおがゆきの先生の家に行くんですが、そこでたかおが先生のために作ったオムライスがとてもリアルで本当に美味しそうでした。あのシーンは特に五感で楽しめているなあと自分でも感じたほどです。映画を見た後は、温かく、ほっこりした気持ちになります。またゆきの先生は「君の名は」にも出てくるので、まだ君の名はを見ていない方は言の葉の庭を先にみてほしいです!
女性
女性
新海誠監督の作品で一番好きな物語です。46分という映画としてはかなり短い作品ですが、その短い時間の中に二人の揺れ動く心情や惹かれあっていく過程が静かに描かれていて、それを今作のキーとなる「雨」の風景が美しく彩っています。微妙な天気の移り変わりで様々な様相を見せる新宿御苑の、リアリティがある一方でどこか非現実的な描写は、流石の美しさでした。雨が降っていることで、公園という広大な敷地の中に居る筈の二人が密室で逢瀬を重ねているように見えて、そこには静かさや心地良い閉塞感を感じました。二人は一応教師と生徒で、あの雨の公園で偶然時を同じくしただけの関係です。年上であり教師であるユキノからすれば12歳もの年の差がある少年を相手にこの先を望むことは難しいと分かっているはずなのに、立ち止まってしまった自分が再び歩き出すための靴を作るという真っ直ぐな少年の想いは、彼女にとって眩しくて尊いものに見えたのではないかなと思います。終盤、それまで淡々と言葉を交わしていた二人が踊り場で激しく言葉をぶつけ合うシーンでは声優さん方の演技が本当に良くて、見ているこちらも胸が張り裂けそうな気持になりました。鑑賞後、「歩く練習をしていた」二人がどこまでも歩いて行けるようになればいいなと、そう思いました。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス