アニメ映画

映画『コクリコ坂から』高画質動画を無料フル視聴!配信状況やあらすじ&声優キャスト情報・宮崎吾朗監督ジブリ作品

このページでは、映画『コクリコ坂から』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『コクリコ坂から』と言えば、2011年に製作されたスタジオジブリを代表するアニメ映画!監督は、映画『ゲド戦記』で注目を集めた監督、宮崎吾朗さん!

海を見下ろすことの出来るコクリコ荘での青春が描かれています。宮崎吾朗が描く、思春期の少年少女達が織りなす物語が気になる方も多いのでは?

今回は、映画『コクリコ坂から』の動画の配信状況、高画質な動画を無料でお得に視聴する方法までまとめてみました。参考にしてみてくださいね!

ディズニーデラックス

映画『コクリコ坂から』動画を無料でフル視聴する方法

ジブリ映画『コクリコ坂から』の
DVDがTSUTAYA DISCASなら
無料で見れる!

無料お試しに申込む

  • ネットで動画配信とDVDレンタルを併用して利用可能!
  • CDもレンタルできる!
  • 動画配信されていない作品もDVDで無料視聴!
  • 初回の30日間は無料見放題動画作品CDとDVDを視聴可能!
  • R18のアダルトDVDや新作CDも定額でレンタル可能!

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

映画『コクリコ坂から』を視聴する方法

映画『コクリコ坂から』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル × なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:932円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × × なし 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × なし 500円〜 30日間

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『コクリコ坂から』をはじめとする、スタジオジブリの動画は動画配信サービスでは、取り扱いがありません。

そのため、スタジオジブリ作品を無料で視聴しようと思ったら、DVDで視聴するしか手段がないのが現状です。

TSUTAYA DISCASで見れる映画ジブリ作品

TSUTAYA DISCASでは、スタジオジブリアニメ映画シリーズ作品がレンタル可能なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為TSUTAYA DISCASのホームページでもご確認くださいね。

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考URL:日本民間放送連盟

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『コクリコ坂から』の映画情報

映画『コクリコ坂から』あらすじ

東京オリンピックを翌年に控えた1963年の横浜。

海を見渡せるコクリコ荘の朝は早いです。コクリコ荘の主人である松崎花の孫、海は、朝早くからその日の下宿している人全員の朝食を作ります。

米を炊き、味噌汁を作り、立派な朝ご飯を準備します。そして、コクリコ荘の外に毎朝航海の無事を祈る旗を掲げるのです。

家族も含めて、7人分の朝食を作った海はその後食器洗いから洗濯物までこなして、港南学園高等学校に向かいます。。登校すると、海の事を「メル」と呼ぶクラスメイトが構内新聞である「週刊カルチェラタン」を片手に海に話しかけました。

クラスメイトが指し示したのは、記事の一説です。それは、海のことでした。

その日、海がお昼ご飯を食べていると「カルチェラタン」と呼ばれている旧校舎の取り壊しを反対する生徒達が騒いでいました。一人の男子生徒が、防火水槽に飛び込んだのを見た海は、助けに行きます。

手を差し伸べた所を写真部が激写しました。

男子生徒が飛び降りた時の写真は、販売され海の妹の空が購入。サインが欲しい、という妹に海はついて行ってあげるのでした。

カルチェラタンは、部活棟ではありますが、男子生徒が非常に多く、女子一人では行きづらい場所でした。飛び込んだ男子生徒、「週刊カルチェラタン」の編集長である風間俊は、自身の万年筆を取り出してサインをします。

しかし、手に怪我をしてしまった彼は、海に編集の作業を手伝いを頼みます。

後日、カルチェラタンの取り壊しに反対する抗議集会が開かれました。俊に誘われた海は行くのを断りますが、どうしても気になり様子を見に行くことに。

俊は、壇上に上がって取り壊しに賛成する生徒達に抗議をしていました。
賛成する生徒の比率は、実に80%です。

取り壊しに賛成する生徒の意見を聞くと、汚いから、という声が聞こえてきました。不衛生なら、掃除をするばよいのでは、と提案する海。

そんな中、下宿している住人の医大生が、就職先が決まりコクリコ荘はお祝いムードに。

誘われた俊も顔を出しますが、船乗りですでに亡くなっている海の父親を含む3人が写っている写真を見て様子がおかしくなります。

自宅に帰った俊は、棚からアルバムを取り出しました。開いたページには、海が飾っていた写真と全く同じものがありました。

後日、カルチェラタンの大掃除が行われました。不要な物は廃棄され、掃除が行き届いたカルチェラタンは見違えるほどにきれいに生まれ変わりました。

その後、俊はと言うと自分の父親に理由を聞いてみたところ、何と海と俊は異母兄弟だったことがわかりました。俊の両親が自分達の子どもを亡くしたばかりの頃、海の父親である澤村雄一郎から引き取ったのが俊だと言うのです。

惹かれ始め、付き合いだした海と俊ですが俊はそっけない態度を取ります。不審に思い始めた海は、俊から自分達が兄妹だと言うことを聞かされます。

落ち込む海でしたが、父に抱きしめられる夢を見て次の日も普段通りに過ごすことに決めました。

一方、きれいになったカルチェラタンでしたが、理事会で取り壊しが決定。今度は、東京にいる理事長に代表者が直談判をしに行きました。

訴えのおかげもあって、カルチェラタンを見に来た理事長は、クラブハウスを作ってくれる事を約束してくれます。

海はと言うと、帰国したアメリカ留学していた母から自分は父の親友である立花と言う人の娘だったことがわかりました。孤児院行きだったところを父が自分の娘として、役所に申請していたのです。

全ての事情を知っていた小野寺、という船乗りから事情を聞くことが出来た俊と海。最後に立花と澤村の子どもたちに会えて嬉しい、と握手をしました。

俊と海は小野寺の船を見送り、タグボートからコクリコ荘を見つめるのでした。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『コクリコ坂から』キャスト・出演者

  • 松崎海:長澤まさみ
  • 風間俊:岡田准一
  • 松崎花:竹下景子
  • 松崎空:白石晴香
  • 松崎陸:小林翼
  • 風間明雄:大森南朋
  • 北斗美樹:石田ゆり子
  • 徳丸理事長:香川照之

映画『コクリコ坂から』は、映画『ゲド戦記』で注目を集めた宮崎駿の息子である宮崎吾朗さんが監督した作品です。製作映画としては、2番目になりますね!

原作は、少女漫画雑誌『なかよし』で1980年に発表された同名の漫画です。

『コクリコ』とは、フランス語でひなげしの事で作中にもひなげしの花が登場します。主人公、海のあだ名『メル』もフランス語で海の事なのです。

南港学園で騒動になっていた『カルチェラタン』とは、フランスの地名『カルチェ・ラタン』から取られたものだそうです。

ぜひ、注目して見てみてくださいね!

映画『コクリコ坂から』スタッフ

監督

宮崎吾朗

音楽

武部聡志

脚本

宮崎駿
丹羽圭子

製作

宮崎駿
鈴木敏夫

原作

佐山哲郎
高橋千鶴
『コクリコ坂から』

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

Netflixで『コクリコ坂から』などジブリ映画は配信されていないの?

2020年の1月に、ジブリ作品のNetflixでの配信がスタートするというニュースが流れました。

しかし、それは海外のみで日本では配信されないという内容でした。

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ジブリ作品を巡っては米国ではAT&T傘下のワーナーメディアが5月に始める動画配信サービスの目玉の一つとして「千と千尋の神隠し」など21作品を配信するが、日本では現在、動画配信はしていない。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

引用:日本経済新聞サイトより

なぜ日本では配信しないんですかね。。。

日本で配信できないのは、テレビ局などとの関係性もあるのかもしれません。そう考えると、日本の動画配信サイトでジブリ作品を視聴できる日が来るのは、まだ現実的ではなさそうです。

そのため無料で『コクリコ坂から』を見ようと思った場合には、DVDを購入するか、TSUTAYA DISCAS無料お試し期間を利用しての視聴が最もおすすめです。

映画『コクリコ坂から』のDVDやBlu-rayを購入する


映画『コクリコ坂から』視聴者の感想や見どころ

男性
男性
映画『コクリコ坂から』では、海が見えるコクリコ荘で下宿で働く少女・海が、さまざまな試練を葛藤にもがきながら乗り越えていくところが見どころである。大前提として映画『コクリコ坂から』はジブリ作品であるため、自然の描写がすべて美しい。1963年の横浜の港を舞台としているため、綺麗な海のシーンが幾度も出てくる。綺麗だと言っても、誇張しているわけではなく潮風によって少し錆びた部分や苔なども視覚や聴覚で再現している。まるで自分も海の潮風を浴びて港に立っているいるような錯覚に陥る。そうすることでよりリアルで私たちを映画の世界に引き込んでくれるのだろう。また、話の戦争や戦後という混乱期の時代背景がまた話を一層味わい深いものにしている。バックボーンとして戦争という大きな歴史の物語を、あくまで日常の中で一人の少女・海の苦悩や不安や恐れを映画に表しているのが感じられた。そんな中で生きる海に思わず感情移入してしまう。海が喜ぶと自分も楽しくなり、海が泣くと自分も悲しくなってしまう。そんな海のキャラクターも素晴らしい。最後に映画『コクリコ坂から』を見終わったときに言葉に表すのに難しい感情が溢れる。これが映画『コクリコ坂から』が愛される作品になった一つの理由だろう。
男性
男性
私がこの映画『コクリコ坂から』を選んだ理由は、学生たちの自分たちが大切だと思うものを守りたいという強い想いや、そこから生まれる深い絆、また学生らしい無邪気さの中に見える大人顔負けの行動力など多くの点において日常生活における普段忘れてしまっている大切なことを再確認できる映画だと思うからです。私が特に映画『コクリコ坂から』でオススメしたいシーンは二つあり、一つ目は壊されそうになるカルチェラタンを蘇らせようと学生たちが大掃除をするシーンです。このシーンでは、学年、性別、部活動などを問わず多くの学生たちが手を取り合って一致団結し協力して、掃除に励んでいます。私の中では学校での掃除の時間というものはあまり好まれる時間ではなく、むしろいかに早く業務を終わらせることができるか、手を抜く方法はないかなどを考えてしまうような面倒な時間というイメージがあります。しかし、自分たちの好きなもの大切なものを守るために、自らの意思でボランティアとして大勢の生徒が集まり掃除をするこのシーンを見て、自分が大切だと思うものへの気持ちや執着は計り知れないものだからで、また好きなもののために努力する大切さを再確認できるシーンだと思います。二つ目のシーンは、生徒会長と主人公たちが直訴しに行くシーンです。このシーンでは、カルチェラタンの撤去を阻止するために、教師が協力してくれないので学校に休みの届けを出し、たくさん乗り物を乗り継いでまでして直訴しに行く様子が描かれています。また、目的地についても、子供だからと適当にあしらわれてしまうのですが、諦めず長時間待って直訴するという様子も描かれています。このシーンからは、学生の目的達成のための行動力の強さを感じることができます。このように、普段の生活では忘れがちな大切なことを再確認できる映画なので私はこの映画『コクリコ坂から』をオススメしたいです。
女性
女性
この映画『コクリコ坂から』を観て、「好きなものを守るために戦う若者たちの姿」と「淡い恋の行方」が特に魅力的だと思いました。まず、映画『コクリコ坂から』の中の、好きなもののために戦う若者たちの姿についてです。この映画では、16歳の少女・海と17歳の少年・俊がある建物に関する紛争をきっかけに出会うことから物語が始まります。オリンピックを翌年に控え、新しいものが良いとされていた時代に歴史ある建物を守ることはそう簡単にはできません。しかし、そんな状況でも二人は、建物の魅力を地元の人々に向けて必死に訴え続け、自分たちの思い入れのある建物を守ろうとします。時代背景に流されることなく、自分たちが良いと思うものを信じて行動する二人の姿に、勇気づけられました。次に、淡い恋の行方についてです。伝統ある建物を守るという同じ目標に向かって行動を共にするうちに、二人はお互いのことを深く知りだんだんと魅かれあっていきます。二人の距離は縮まっていくのですが、二人の間にはある秘密がありその秘密をきっかけに二人はすれ違ってしまいます。恋を叶えるためには大きな障害が立ちはだかっており、互いの気持ちをどうすればいいのか分からず葛藤する二人の姿が痛々しく、胸が張り裂けそうな気持ちになって映画『コクリコ坂から』を観ていました。
女性
女性
この映画『コクリコ坂から』は2011年に公開された、スタジオジブリにより製作された日本の映画です。宮崎駿さんの息子である、宮崎吾郎さんが監督をつとめた2作品目です。この映画は少女漫画を原作にした作品です。男子文化部の部屋棟の「カルチェラタン」の取り壊しをめぐり、全校生徒を巻き込んで騒動となります。生徒たちは、カルチェラタンを守ることができるのか、はたまた主人公の恋の行方はどうなるのかが見どころの作品です。この映画は、これまでのファンタジー要素の強いスタジオジブリ作品とは少々趣が変わり現実味を帯びたストーリーで、ファンタジーが苦手な人も気持ちよく試聴できる作品だと思います。この映画『コクリコ坂から』の中で描かれている街並みは、昭和初期の雰囲気がして、昔を懐かしみながら観ることができる作品でした。
女性
女性
もしも自分の父親が、大好きな母を裏切っていたら?
そして、もしも好きになってしまった人が自分の兄弟かもしれないと知ったら?揺れ動く思春期の少年少女の心が描かれていて、映画『コクリコ坂から』はとても好きな作品です。映画『コクリコ坂から』の主人公は祖母と兄弟と、その家に下宿している女性たちと一緒に住む学生です。母親は遠方で仕事をしているようで、普段はいません。なので、母親の代わりに料理なども行っています。朝食を作る時の歌は、すごく耳に残るので、つい料理をするときに口ずさんでしまいます。そんな女の子が、ある日であった男の子は、自分の父親の写真を持っていました。最初は男の子の方が彼女に対して疑問を持ちます。直接的に言葉にはしないけれど、お互いに惹かれている様子もあって、もどかしさを感じます。映画『コクリコ坂から』は、この恋はどうなるのか…?モヤモヤとドキドキと兼ね備えた映画だと思います。
女性
女性
特に映画『コクリコ坂から』のオープニングの映像と歌が大好きです。朝の支度が整えられていくところみるとこちらもさっぱりした気分になっていきます。舞台が昭和なのですが、町並みとか凄く忠実で、学校生活とか当時の生徒たちのわきあい感がいいです。活気があって、自分たちでやりたい事を使命感持ってやるのは、とてもカッコいいなと思って見ました。
ジブリの特徴である食べ物のシーンは本当に美味しそうで、自分も食べたくなります。私は平成の生まれですが、故郷に帰るような不思議な感覚がします。
時代は朝鮮戦争の少し後になるのですが、主人公のお父さんはそれに関わって亡くなります。日本では対岸の火事のような出来事だったと思うんですが、戦後の名残というか、そうやって日本からもひっそり犠牲が出ていた事を教えてくれるシリアスな事も伝えてくれる映画です。もちろん主人公カップルのやりとりも素敵ですよ!
女性
女性
この映画『コクリコ坂から』は昭和38年の横浜が舞台のジブリ映画です。もののけ姫や千と千尋の神隠しのように、「ザ・ハッピーエンド!」という感じの終わり方ではなく、しっくり心に染みわたっていくような終わり方をします。それもあってかこの映画の好き嫌いは分かれるのかもしれません。私がこの映画『コクリコ坂から』の虜になったのにはいくつか理由がありますが、その一つとして船が好きというものがあります。この映画に出てくるのは軍艦よりも漁船が多めではありますが、波をわけて進んでいく船の後ろ姿はとても気持ちがよく、見ていて格好良さも覚えます。また映画を通してこの「船」という存在、また船とセットになって「旗」という存在がとても重要なテーマになっています。船以外に、私が個人的に好きなのは〚コクリコ坂から〛の時代背景と街並みです。今では都会に高層ビルが並び、電子レンジなどの家電やパソコンが普及する中、昭和や平成初期の街並みは探さないと見つからないような、そんな存在になってしまったように思います。例えば、学校帰りに食べる商店街のコロッケ、おじさんやおばさんが「一個、おまけしておくよ!」なんて、とても懐かしくはないでしょうか。また、出店で飛び交う店主とお客さんの会話、夕方になるとオレンジ色に光る灯り、三種の神器でもある白黒テレビから流れる「上を向いて歩こう」、脂がのった魚の焦げの匂いとお釜のご飯の匂い。確かに現在の生活は以前より便利に、また効率よくなったかもしれませんが、この映画で映される今となっては「昔ながら」の光景がとても懐かしく、温かく思うのです。ふと、あの頃仕事帰りのお母さんと買い物に行って、焼き鳥を買ってもらって…懐かしい光景が思い起こされるのです。また、映画『コクリコ坂から』本編前半に出てきますが、学生が一団となって自分達の思いをぶつける姿勢、またそのために議会を作り、先生や学校と話し合い、大切なものを守ろうとする姿勢は、学生の頃ならではのものと感じます。本編に出てくるカルチェラタンですが、なんとも男子生徒の趣味の巣窟、そこに清掃と称して入っていく女子の軍団は圧巻ですね。掘ったらいろいろ出てきそうです。暴動や誰かが傷つくことになるような選択はあってはなりませんが、カルチェラタンで青春時代を過ごす若者達のように、自身が好きなものを追求する場所というのはいつの時代も必要なのだと思います。最後に、序盤に海が料理をする際に流れる手嶌葵さんの「朝ごはんの歌」はとても可愛いので注目です!!
女性
女性
映画『コクリコ坂から』は、 漫画が原作であるというのは知っていましたがジブリならではのファンタジー感はない、おもひでポロポロ、みみをすませば系統の大人向けのジブリ映画です。となりのトトロや魔女の宅急便で育ってきた大人たちがゆっくりと一息ついて見るのにはいい作品、いやそのために公開されたのではないかと。子供にはちょっと難しくて退屈してしまいそうだけど中学生くらいにはわかってくれるかな。絵は綺麗だけど遠くの人間の表情が少し手を抜いていたような、わざとなのかな?それも気にしつつも。途中までは順調に見られてたけど単調だったかな?マーニーのような大きな展開を感じ取ることができなかった。まだその当時のわたし、20代の自分には響くものがなかったのかな。ゆったりまったりと余裕のある時にはいい作品かもしれないが大きな展開やファンタジックな世界を期待しすぎてはいけないのでそこは覚悟していただきたい。わたしの知ってるジブリは宮崎駿さんであるが全く別のものになってしまったなーと。公開時期は確か東北の震災の年。その時に失ったモノたちを知っているだけあってか自粛ムードの日本には優しい映画だったのかなと。映画『コクリコ坂から』、この年だからこその雰囲気の映画だったかと思います。
女性
女性
私が紹介する映画はジブリ作品の映画『コクリコ坂から』です。この物語は高度経済成長昭和の横浜を舞台した青春物語です。登場人物の松崎海と風間俊の2人がこの物語のキーマンになります。映画『コクリコ坂から』の見どころは映画の冒頭シーンで、松崎海が毎日朝早くに船乗りに安全祈願を祈る意味として、信号旗を掲げるシーンはとても時代を感じるシーンです。その信号旗を毎日見ている風間俊の姿が2人の結びつけるものになりました。和気あいあいのカルチェラタン、カルチェラタンは海と俊が通う高校の部活荘です。カルチェラタンには様々な部活があり、映画の中でも笑っちゃうような部活が沢山あり見どころです。カルチェラタンを生徒皆で掃除して建物をリフォームするシーンがあり、みんなとても楽しそうにやっている姿が見ている人達も楽しめるシーンです。映画『コクリコ坂から』からの音楽。コクリコ坂からは昭和の時代なので、とても懐かしい曲が映画でも聴けます。特におすすめ音楽シーンが海が下の町に買い物に行く時自転車で下ってきた俊が下まで送るから乗れと言うシーンで、普通に見ていても羨ましいなと思う場面ですが、その自転車で2人乗りしている時に流れる。名曲「上を向いて歩こう」が流れます。このシーン上を向いて歩こうと映像がマッチしていてダントツオススメシーンです。
女性
女性
映画『コクリコ坂から』は、ジブリ作品によくあるファンタジー設定はありませんが、高校生の爽やかさが繰り返し見たくなる映画です。高校生の海ちゃんと風間君を軸に物語は展開されますが、何といっても風間君の友達の水沼君から目が離せません。頭脳明晰でときどき気障なこともありますが、それすらも様になっています。彼の登場シーンはそれほど多くありませんが、印象に残るセリフも多いサブキャラなので、映画『コクリコ坂から』はぜひ彼にも注目して観たい映画です。
女性
女性
映画『コクリコ坂から』で、ジブリ飯が一番美味しそうに見えて料理がしたくなる作品です。おすすめのシーンは海がご飯を作っているシーンです。少し前の時代では、学校に行く前にご飯の準備をしたり帰りに買い物をしたりするのが普通だったのかなと想像するのが楽しいです。懐かしい昭和感を味わいたいと思った時、美味しいご飯を食べながら見て欲しい作品です。

映画『コクリコ坂から』の
DVDがTSUTAYA DISCAS無料!

無料お試しに申込む

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス