アニメ映画

映画『風立ちぬ』高画質動画無料フル視聴方法!あらすじや声優・宮崎駿最後の監督作品!?

このページでは、映画『風立ちぬ』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『風立ちぬ』と言えば、2013年に製作されたスタジオジブリを代表するアニメ映画!実在する零戦の設計者である堀越二郎を、堀辰雄の小説から着想を得て製作された作品です。

当時、すでに引退していたスタッフも集めて作られた集大成である映画『風立ちぬ』。宮崎駿監督は、この映画の後監督を引退すると発表しています。

過去にも引退発言をした宮崎駿監督ですが、今回こそ最後の作品になるかもしれません!飛行機が大好きな宮崎駿監督が作った映画、気になる方も多いはずです!

ディズニーデラックス

映画『風立ちぬ』動画を無料でフル視聴する方法

\TSUTAYAの無料お試しで/
『風立ちぬ』の
\DVD無料レンタル可能/

今すぐ無料お試し※DVD&CDの最新作レンタルは無料期間後から

/無料お試し30日間\
/解約手続きもカンタン!\

映画『風立ちぬ』動画のVOD配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル × なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:932円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × × なし 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × なし 500円〜 30日間

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

TSUTAYA DISCASで見れる映画『ジブリ・シリーズ』

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考URL:日本民間放送連盟

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『風立ちぬ』の映画情報

映画『風立ちぬ』あらすじ

自身が飛行機に乗ることを夢に見る程飛行機が好きな少年、堀越二郎。

飛行機が大好きな彼でしたが、自分が飛行機乗りに向いていないことをわかっていました。彼は、飛行機乗りに必要な視力が良くなかったのです。

ある日、彼はイタリアで有名な飛行機の設計家であるカプローニ伯爵と話す夢を見ます。翻訳しながら彼に関する本を読んだことはあっても、会ったこともない人物でした。

しかし、偉大な飛行機の設計家であるカプロー伯爵に夢の中で励まされた二郎。彼は、飛行機の設計士を目指すことに決めました。

東京帝国大学で設計学を学んだ堀越二郎は、その後汽車に乗っている最中に阪神・淡路大震災に巻き込まれます。大パニックの中、幸いにも大きな怪我をしなかった二郎は、そこで里見菜穂子と出会います。

足を骨折して動けなくなった菜穂子の女中である絹を背負って家まで送り届けた二郎。

阪神・淡路大震災後の日本は、世界恐慌真っ只中。二郎は、大学を卒業後、飛行機の設計が出来る会社「三菱」に就職しました。

仕事の早さに独創的なアイデアで、新人ながらも会社から目をかけられた二郎は、その後更なる設計を学ぶためにドイツに留学。

最初は日本人に好意的に接していなかったドイツ人とコミュニケーションを取りながら、二郎は日本にはないドイツの飛行機の技術を学んでいきます。

数年後、帰国した二郎は、日本の戦闘機、後に零戦と呼ばれる飛行機の設計を任されます。

しかし、設計から試作品を作っても中々上手くいかずに難航。自身が作った飛行機が空中分解してしまうところを見た二郎は、息抜きを兼ねて避暑地のホテルに赴きました。

そこで、再会したのは阪神・淡路大震災で出会った菜穂子。手製の飛行機を作って飛ばす二郎に、菜穂子は喜びます。

急速に仲を深める二人。

しかし、レストランで出会ったカストルプは、日本は戦争をすると言いました。ピアノで、ドイツ語の歌を軽快に歌うカストルプ。日本語でのタイトルは、「唯一度だけ」と言う歌です。

避暑地のホテルで、二郎は遂に菜穂子にプロポーズをします。しかし、菜穂子は自身が結核を患っていることを明かします。必ず治して、結婚すると約束した菜穂子に了承した二郎。

そのまま別れた二人。

避暑地での休暇が明けたある日、二郎が仕事に追われている中で電報が届きます。菜穂子の結核が重症化し、喀血したと言う内容でした。

翌日に重要なプレゼンを控えていた二郎と療養所から逃げ出した菜穂子は、再会。菜穂子は、自身の残り時間が短い事をわかっていました。短くても一緒の時間を過ごそうと決めた二郎と菜穂子。

二郎の上司である黒川の家の一室を借りて、厳かな結婚式を挙げ、二人は新婚生活をスタートさせました。

仕事に向かう二郎を菜穂子は、出来うるだけ妻として動きます。医療の心得がある二郎の妹、加代が訪ねてきて、菜穂子の病状を二郎に話しますが二郎は、今の時間を大切にしたいと考えていました。

二郎は、遂に零戦の原型となる戦闘機の開発に成功。しかし、テスト飛行を成功させたその日の朝、二郎をいつも通りに見送った菜穂子は、誰にも告げずにサナトリウムへ戻ってしまいました。

バスに乗っていた加代は、入れ違いになりました。出て行った菜穂子の意図を察した黒川夫人は、追いかけて連れ戻そうとした加代を止めます。

菜穂子は、好きな人に自分が1番きれいだった姿だけを見せたかったのです。

その後、零戦は戦争に飛び立ち、一機も戻って来ませんでした。飛行機を生きがいとして、人生をかけて設計した零戦と掛け替えのない女性と、どちらも失った二郎。

夢に出てきたカプローニ伯爵は、零戦を美しい、と表現し、飛行機とは、呪われた夢であると言いました。待ち人がいる、と言ったカプローニ伯爵に促されて目を向けるとそこには、菜穂子がいました。

ただ、「生きて」とだけ告げて消えた菜穂子。二郎は、何度も礼を言いました。

ワインを飲もう、との誘いに二郎はカプローニ伯爵と夢の中の草原を歩き出すのでした。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『風立ちぬ』キャスト・出演者

  • 堀越二郎:庵野秀明
  • 里見菜穂子:瀧本美織
  • 本庄:西島秀俊
  • カストプル:スティーブン・アルバート
  • 黒川:西村正彦
  • 堀越加代:志田未来
  • 黒川夫人:大竹しのぶ
  • カプローニ伯爵:野村萬斎

映画『風立ちぬ』を始めとするジブリ作品は、多くのスタッフに支えられています。

もう一人の天才監督である高畑勲、敏腕プロデューサー鈴木敏夫、美しい音楽を作曲する久石譲。そして、ジブリの世界に『色』という形で命を吹き込む色彩設計士である保田道世。

宮崎駿が、「保田道世がいないとアニメは作れない」、と言ったほどの天才です。

当時引退していた彼女は、本作である『風立ちぬ』の製作のために再び仕事場へ。

二朗と菜穂子の結婚式の時、部屋に入って来た菜穂子の着物の色が外を歩いていた時よりも鮮やかに見えるのは、光だけではなく二朗にとって菜穂子が鮮やかに見えたから、を表現したそうです。

彼女は、優しい色使いでジブリ作品のほとんどの色彩設計を担当。2016年に77歳で亡くなりました。

ぜひ、映画の中の『色』にも注目して見てくださいね!

さらに、映画『風立ちぬ』の主役の声を演じているのは、人気アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明監督なのです。

元々、宮崎駿監督の元で仕事をされており、日本のアニメ界を代表するお二人のコラボ作品としても話題となりました。

映画『風立ちぬ』スタッフ

監督

宮崎駿

音楽

久石譲

脚本

宮崎駿

製作

鈴木敏夫

原作

宮崎駿
堀辰雄

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

Netflixで『風の谷のナウシカ』などジブリ映画は配信されていないの?

2020年の1月に、ジブリ作品のNetflixでの配信がスタートするというニュースが流れました。

しかし、それは海外のみで日本では配信されないという内容でした。

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ジブリ作品を巡っては米国ではAT&T傘下のワーナーメディアが5月に始める動画配信サービスの目玉の一つとして「千と千尋の神隠し」など21作品を配信するが、日本では現在、動画配信はしていない。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

引用:日本経済新聞サイトより

なぜ日本では配信しないんですかね。。。

日本で配信できないのは、テレビ局などとの関係性もあるのかもしれません。そう考えると、日本の動画配信サイトでジブリ作品を視聴できる日が来るのは、まだ現実的ではなさそうです。

そのため無料で『風の谷のナウシカ』を見ようと思った場合には、DVDを購入するか、TSUTAYA DISCASで無料お試し期間を利用しての視聴が最もおすすめです。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『風立ちぬ』のDVDやBlu-rayを購入する


映画『風立ちぬ』ファンの感想や見どころ

女性
女性
飛行艇/飛行機好きには堪らないこの作品は、ユーミンの「ひこうき雲」ともとてもマッチした作品。これを機に宮崎駿監督は引退を宣言するということで、当時はニュースに引っ張りだこでしたね。
この作品は最初から最後まで壮大なテーマで描かれ、本編全てを通して観客へ「生きること」「夢を持ち続けること」というメッセージを届けている映画です。言葉なくても伝わる思いというのはこういうものなのでしょうか。観た後には切なさと、そして自分も空を見上げたくなる、そんな思いにさせてくれる映画となっています。

まず私の好きなシーンは、映画序盤、二郎がカプローニに会い、飛行機の設計士になることを決意するところ。ここのカプローニはなんだか「耳をすませば」のしずくの小説に出てくるバロン伯爵(「猫の恩返し」の方ではないですよ(笑))のようで、勇ましく、どっしりと構えていて、それでいて好奇心に満ち溢れている様子がなんとも忘れられません。その前後に出てくる飛行艇も何とも美しい流線型と配色で、空をバックに飛行していく姿は心を奪われるかのようです。
合わせて、私は二郎が航空学を学んでいる学校生活というのも好きで、仲間と昼食を食べるシーンの気持ちの良い食べっぷりや、定番のさばの味噌煮、またそこでのごった返している様子、住んでいる小川荘の内装や船に乗っていく様子など、当時関東大震災後の日本の混沌とした様子や人々を映し出し、懐かしさまで感じさせてくれます。

私は二郎の飛行機設計に打ち込む様や、がむしゃらに、そして熱心に仕事にのめり込む姿が大好きです。もちろんどの時代も仕事というのは大変で、仕事によっては死に物狂いで頑張っても給金はそれほど…というものも少なくありません。ですが、その中でも楽しさを、面白さを見つけ、ひたむきに手を動かし、頭を動かし生きていく二郎の様子が私にはとても格好良く見えるのです。私は数学が苦手ですから、二郎と同じようなことをするのは難しいかもしれません。それでも、ああして格好良く人生を過ごしてみたいと、目を輝かせて最期の時に「この生涯に悔いなし」と笑顔で言い切ってみたいと、この作品を観て思いました。皆さんも是非一度、観てみてはいかがでしょうか?

女性
女性
わたしが子供の頃はジブリと言えば魔女の宅急便、となりのトトロなど今でも愛される、グッズやぬいぐるみになり、子供たちに愛されるキャラが多かったのですがここ最近の宮崎駿監督作品は子供よりも大人たちに呼びかけている作品が多い気がする。この時は旦那と見に行きましたが小さい子供、トトロを見ていた頃のわたしの年代の子供には理解できない世界観かもしれない。わたしも一回では理解できませんでした。言ってみたら大人のためのジブリ、トトロを見ていた子供たちのための作品なのだろうか。途中からわたしは諦めて愛も変わらず美しいジブリならではの映像美に見惚れることにしました。動きや色使いは好きです。そこが救いだったかなと。ただ見過ごしては行けないのは戦争のシーンである。日本にとっては戦争の歴史は無視はできない。もう起こしては行けない、忘れては行けない、それを伝えるのには良い作品なのだろうがやはりまだ子供にとっては早い内容ではないだろうか。声優さんが本当の声優さんでなく演者さんや主人公に至ってはエヴァンゲリオンなどの映画監督庵野秀明さんだったりもする。そろそろそういう風潮はやめて欲しい。そうすれば話にものめり込みやすかったかもしれない。主題歌はよかった。しんみりときた。
女性
女性
私は、この映画を観て、「ゆっくりと進む恋」と「戦争の中で懸命に生きる人々の姿」が特に印象に残りました。
まず、ゆっくりと進む恋についてです。この映画では、実在の人物である堀越二郎の生き様が描かれます。日々を懸命に生きる中で、二郎はある少女と出会い次第に魅かれあっていきます。しかし、お互いに恋心を抱いているもののなかなか素直になれず、また互いの家族などの背景や戦時中ということも影響し恋は思うようには進展しません。それでも、ささやかな日々をともに過ごす中で、ゆっくりと関係性が進展していく様子が見ていて微笑ましく、癒しをもらいながら観ていました。
次に、戦争の中で懸命に生きる人々の姿についてです。戦時中という状況の中でも、主人公をはじめとした若者たちは、それぞれの夢を叶えるため日々努力し続けます。しかし、戦争の影響は徐々に大きくなり、普段通りの生活を送ることもままならなくなっていきます。さらに、二郎も戦争へと身を投じていくことになります。戦争が生活を圧迫し生きることすら困難な状況の中でも、希望が溢れる未来が来ると信じて必死に生きる人々の姿が健気で、戦争の厳しさが分かる描写も相まって、何度も泣きそうになりながら観ていました。
男性
男性
堀越二郎の話を宮崎駿がアニメにするらしい、と聞いたとき、「宮崎駿が?」と思ったことを覚えています。風立ちぬというタイトルで、ゼロ戦を開発した堀越二郎の半生を描く。あの宮崎駿が。普通の人間の普通の恋愛モノを、ファンタジーの大御所・宮崎駿が書けるのか? 僕はそこに興味があって、映画館へ行き、風立ちぬを見ました。結論から言うと「普通に描けてる」と思いました。スタジオジブリの作品で恋愛モノといえば「耳をすませば」が有名ですが、それに匹敵するくらい描けてると思いました。むしろ風立ちぬの堀越二郎は充分大人ですから、そういう部分も描けていて、いいなと思いました。偶然かもしれませんが、客席を見回しても、普段のジブリ作品のファミリー層ではなく、大人がたくさん見に来ている、というところが今作の特徴と思われました。個人的な見どころは何と言っても声優初挑戦にして主人公堀越二郎の声を担当することになってしまった、庵野秀明さんでしょう。庵野秀明さんが監督を務める新世紀エヴァンゲリオンでは、声優さんに事細かに指示をすることで有名なのですが、自分が声優をするとどうなるか。賛否両論ありますが、個人的な結論としては、朴訥とした堀越二郎にピッタリだったのでアリだと思いました。宮崎駿の映画監督としての最後の作品(引退会見も行ったはず)の風立ちぬ。好きな人とふたりで見ることをおすすめします。
男性
男性
現在のジブリの礎を築いた宮崎駿監督は名声の極みに立っています。氏と同世代のわたしは、宮崎監督を直接知る方から伺った、監督が若かりし日に「血気に逸る生意気な男」と評されていたという話と、本作品の内容が大きく重なる印象を受けました。
宮崎駿氏は東映動画の労働組合の委員長を務めたこともある雄弁の士であったそうです。自己主張が強くて個性が鮮明な宮崎駿氏は世界に名を轟かせる動画監督に成長します。宮崎駿監督のその強さとは生きることへの執着として『風立ちぬ』では現れているように感じました。
この作品の主人公は、日中戦争から太平洋戦争末期まで大日本帝国海軍の主力戦闘機として戦い抜いた「零戦」こと零式艦上戦闘機の主任設計者である堀越二郎。実在の人物がモチーフとなっています。堀越は自分が精魂込めて設計した戦闘機の敗戦間際の悲惨な末路を、生きながらにして眼の当たりにしました。また、本物語中では架空の少女である菜穂子に先立たれるという悲劇にも遭遇します。それらの身を引き裂かれるような葛藤の地獄を経て、それでも堀越二郎は戦後へと歩みを運びます。
『風立ちぬ』では、不屈の主人公・堀越に監督である宮崎駿の衰えぬ制作への情熱・執着が投影されているように思われてなりません。今からおよそ100年前、1920年代の日本は生きにくい時代だったとするナレーションで本作は始まります。その100年後の今日もたいへん生きにくい時代相となりましたが、そういう時だからこそ映画『風立ちぬ』を見て強く生き抜く決意を新たにしたいものです。
男性
男性
効果音に注目して観ていただくと良いかと思います。
人の声から発せられる音で構成されているので、妙に迫るものがあると思うからです。
関東大震災のシーンが私の中では強く印象に残っています。
運命的な出会いをするシーンでもあるのですが、地面が揺れる音、物が壊れる音などが真に迫っているように感じました。
また、この主人公とヒロインとの運命的な出会いの後も見どころの一つです。
何年か経ち、避暑地で偶然出会った二人。
戦争という時の中で穏やかな生活を過ごせたのは、この時期だけだったのかもしれません。
その後待ち受けている二人の運命を目の当たりにした時、思わず涙を流してしまいました。
でも、それもすべて淡々と過ぎていくので、不思議な感覚があります。
主人公の人生が淡々と流れていく物語です。
男性
男性
ジブリの新作映画が出る度に映画館に足を運んでいるのですが、
この映画は公開前に長編のCMが流れたり宣伝を大々的にしていたのでとても楽しみにしていました。
映画を見た感想は、ひとことで言うと「男のロマンが詰まった映画だなあ」です。
飛行機に魅せられた主人公が、志を同じくした仕事仲間たちと戦闘機の設計にのめり込む姿は、泥臭いのですがとてもまぶしいです。
そして第二次世界大戦という様々な作品でスポットを浴びるこの時代も、
戦闘機の設計者である主人公目線だと他の作品とは全く違う切り口になり、
戦争の新しい側面を感じました。
また、凛としたヒロインは映画全体の男っぽさの中では、その可憐さ美しさが際立っていました。
あまり他では見た事ない雰囲気の作品で、宮崎駿監督の凄さを感じました。
女性
女性
2013年に公開された日本のアニメ映画です。スタジオジブリの作品です。日本の伝説の飛行機の「零戦」を設計した実在の人物の「堀越二郎」の半生と、主人公の私がと結核を患うその妻の療養生活を描いた堀辰雄が書いた「風立ちぬ」という小説が原作の映画です。あらすじは、不景気で貧乏、病気、大震災都戦争の時代が舞台となります。そんな時代を生きた堀越二郎が、イタリアの航空技術者のジャンニ・カプローニとの時空を超えた友情が描かれています。そして、神話とまで言われた戦闘機の零戦が誕生します。美しい飛行機を作りたいという純粋で呪われた夢を抱いて、力を尽くしてきた青年を描いている物語です。この映画は、船越二郎という青年の飛行機に対する思い入れが激しくて、その意思の強さには心奪われました。しかし、彼の妻との結婚や病気の時の様子は、彼の妻に対する愛情も垣間見れて心温まりました。仕事と家族のどちらを取るのかという究極の選択について問題提起してくれているような気がしました。
女性
女性
ジブリ映画はどの作品も好きですが、おススメのシーンと言われてすぐに思い出すのは「風立ちぬ」の一場面です。夫婦となった二郎さんと菜穂子さんでしたが、二郎さんは自分よりもずっと若く、病弱な彼女の体をいたわり続けるだけで…。そんな二郎さんに痺れを切らした菜穂子さんが、「来て!」と二郎さんを自分の布団へ誘うシーンに、ときめきました。ジブリでは珍しい恋愛の胸キュンシーンですね。
女性
女性
私が選んだ映画で「風立ちぬ」を紹介したいと思います。この映画スタジオジブリ作品です。風立ちぬの物語は零戦の設計者堀越二郎と堀越二郎を支える菜穂子との恋愛映画です。時は大正時代から戦前にかけての堀越二郎が駆け回った10年の話しがメインです。風立ちぬは二郎とイタリアのカプロニー男爵が夢の中で出会い二郎は飛行機の設計者になりたい夢を抱きます。二郎は激動の時代で生きて行かなければならないなか、関東大震災で幼少期の未来の妻となる菜穂子と出会いました。また数十年後二郎は大人になり三菱の飛行機メーカーの設計者となり、飛行機の設計に携わります。二郎は軍から最新の戦闘機を設計してほしいと難問を言われ、二郎は軽井沢に行きました。そこでまた運命的な人それは菜穂子と再会しました。菜穂子との出会いはこの映画の見どころであり、感動いっぱい起こす人です。菜穂子は白血病を患い死ぬのが分かっているけど大好きな人それは二郎です。二郎と菜穂子の夫婦生活が作品のなかでも描かれています。本当に感動するシーンが沢山あります。この映画は日本人だったら死ぬまでには絶対見てほしい映画です。
女性
女性
宮崎駿監督作品で、珍しく動物や子どもたちが登場しない作品です。飛行機の設計士としての才能を認められた堀越二郎が、戦前、戦中、戦後を通じて、自分が憧れ続けた飛行機が戦争に使われる無情さを感じながらも、飛行機への熱い思いを断ち切れない心情が描かれます。作品完成後、宮崎監督は戦争を肯定しているのではないかという批判があったようですが、私はそう思いません。主人公の堀越二郎は当時の多くの日本人技術者と同じく、お国のために働くことが務めと信じ、最上の飛行機を作ることだけに没頭していた、しかし自分が作った飛行機は1機も戻ってこなかったことに虚しさを感じ、戦争の非常さ、遺された者の無念さをしっかり描いており、反戦の思いが通底にあると感じました。
女性
女性
実在の人物・零戦を設計した堀越二郎の物語で、ジブリ映画にしてはめずらしい大人向けの作品でした。この映画で一番に印象に残っているのは主題歌です。ジブリはこれまでもユーミンの曲を使ってきましたが、正に「ひこうき雲」はぴったりの曲でした。「空に憧れて、空を駆けて行く~」「あの子の命はひこうき雲」この映画のために書き下ろされた曲のようにさえ感じますが、荒井由美時代の古い曲ですね。堀越二郎は、空にあこがれて、ひこうきを作るためにドイツにも学びに行ったし、研究と勉強を重ねて、美しいひこうき零を作ったけれど、それを戦争に利用するしかない辛い時代でした。一台も帰ってこないということは、愛情を込めて作ったひこうきと、それを操縦する人をも失う悲しい現実ですよね。また、軽井沢で運命的な再会を果たした菜穂子と紙ひこうきを飛ばすシーンが好きです。恋に落ちたふたりは、菜穂子の結核に侵されていることを承知でふたりでいる時間を求めていっしょに暮らし始めますが、当時は結核は特効薬がなく、悪化を遅らせることはできても治すことはできない病気だったのですね。菜穂子が二郎に会いたくて病院を抜け出してしまうところも恋するふたりの気持ちの深さがわかって好きです。普通は、高原など空気がきれいな場所の病院に隔離されるのに、町中で、しかも二郎はスモーカーで、悪化しないわけはないですね。この菜穂子が結核を患っているにもかかわらず、そばでたばこを吸う二郎が論議になりましたが、当時はたばこが害を及ぼすことも広く認知されていなかったので、配慮がなさすぎるとの意見も的外れなのかもしれません。そして、病気の悪化を悟った菜穂子は、きれいな姿だけを二郎に覚えておいて欲しいと病院に戻るところも切なかったです。その二郎が情熱を込めて作ったひこう機が日本の技術を高めたと思いますし、戦争に使われるなど悲しい過程はありましたが、ぜひ知って欲しい話です。

映画『風立ちぬ』の
DVDがTSUTAYA DISCAS無料!

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年3月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス