アニメ映画

映画『風の谷のナウシカ』高画質動画を無料フル視聴!配信状況や原作あらすじ調査

このページでは、映画『風の谷のナウシカ』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\30日間の無料DVDレンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『風の谷のナウシカ』と言えば、宮崎駿監督により1984年に製作された映画です。

原作は、『アニメージュ』で連載された宮崎駿原作の同名の漫画『風の谷のナウシカ』です。2019年12月には、新作歌舞伎としても『風の谷のナウシカ』の初日の幕が開いたことが話題になりました。

ディズニーデラックス

映画『風の谷のナウシカ』動画をフル視聴する方法

映画『風の谷のナウシカ』動画を無料でフル視聴する方法

映画『風の谷のナウシカ』の
DVDがTSUTAYA DISCASなら
無料で見れる!

『風の谷のナウシカ』を
無料視聴する

  • ネットで動画配信とDVDレンタルを併用して利用可能!
  • CDもレンタルできる!
  • 動画配信されていない作品もDVDで無料視聴!
  • 初回の30日間は無料で見放題動画作品CDとDVDを視聴可能!
  • R18のアダルトDVDや新作CDも定額でレンタル可能!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

映画『風の谷のナウシカ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル × なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:932円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × × なし 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × なし 500円〜 30日間

映画『風の谷のナウシカ』をはじめとする、スタジオジブリの動画は動画配信サービスでは、取り扱いがありません

そのため、スタジオジブリ作品を無料で視聴しようと思ったら、DVDで視聴するしか手段がないのが現状です。

TSUTAYA DISCASなら現在キャンペーンで30日間の無料お試し期間があります。この期間中なら無料で映画『風の谷のナウシカ』のDVDがレンタル可能です!

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

\DMMでもDVDレンタルの/
\無料お試しが利用可能/
DMMの無料お試し

TSUTAYA DISCASで見れる『スタジオジブリ』の映画作品

TSUTAYA DISCASでは、スタジオジブリアニメ映画シリーズ作品がレンタル可能なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為TSUTAYA DISCASのホームページでもご確認くださいね。

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考URL:日本民間放送連盟

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『風の谷のナウシカ』の映画情報

映画『風の谷のナウシカ』あらすじ

人間が作り出した文明を七日間で焼き払った「火の七日間」。

その後、セラミックと錆で固められた菌類達の森「腐海」とそこに住む巨大な蟲達によって人間は、追いやられていました。

腐海が出す瘴気は、蟲達以外には猛毒。それは、数分吸い込み続けただけで肺が腐るほどのものでした。「風の谷」は、酸の海から吹く風によって、人々が平和に暮らしている辺境の地だったのです。

瘴気と蟲に怯える人々の中で、風の谷の姫であるナウシカは、今日も腐海に足を運びます。

腐海の奥深くで見つけたのは、巨大な王蟲の抜け殻。複数ある目の1つを持ち帰ろうとしたナウシカでしたが、銃声が聞こえて外に飛び出します。

見ると、人が王蟲に襲われていました。普段青い王蟲の目は、怒りで真っ赤になって我を忘れています。

メーヴェに乗って、助けに行くナウシカ。立派な王蟲を閃光と蟲笛を使って鎮め、無事に腐海に返しました。助けた人は、ナウシカの父の友人のユパでした。人の子と間違えたキツネリスを助けるために発砲し、蟲に襲われたそうです。

最初、怯えていたキツネリスも最終的にナウシカに懐きました。風の谷の様子を聞いたユパ。ナウシカの父ジルは、流れ込んでくる微量の瘴気によって動けなくなっていました。

ある日、大国トルメキアの輸送船が虫に襲われ風の谷に墜落。鎖で拘束されたペジテの王女は、事切れる前に積荷を燃やして欲しい、と懇願します。しかし、輸送船が炎上していたにも関わらず積荷は無事でした。積荷の正体は、ペジテの地下から掘り起こされた「巨神兵」。「火の七日間」で世界を焼き尽くした兵器です。

搭乗者の埋葬が粗方済んだ頃、今度は複数のトルメキアの戦艦が風の谷を襲いに来ました。銃を持った兵士が城に向かい、ナウシカの父を殺してしまいます。駆けつけるも間に合わなかったナウシカは、激昂。その場にいた兵士を一人残らず殺します。

仲裁に入ったユパ。司令官であるトルメキアの皇女クシャナは、巨神兵によって腐海や虫を焼き払うと宣言。しかし、巨神兵は重すぎるため、風の谷で完成させることにしました。

捕虜になったナウシカ。その前夜、ユパは、ナウシカが胞子を集めて育てた猛毒のはずの植物達を目にします。

しかし、そこにあったのは、すべて無毒の植物たち。汚れているのは土なのだと、訴えるナウシカ。父やみんなの病気を治すために危険を承知で育てていました。

翌日、ナウシカを乗せた輸送船が一人の少年の乗った戦闘機によって襲撃を受けました。次々に撃墜されていく輸送船。護衛艦が戦闘機を撃墜し、腐海に落ちていきました。

ミトと共にガンシップに乗り込んで脱出したナウシカ。助けてもらったクシャナは、銃を突きつけて脅しますが腐海の虫達は、怒り狂っています。

少年を助けに行ったナウシカは、そこで流砂に巻き込まれてしまいます。腐海の地下深くで土や水が浄化されている事を知ったナウシカ。少年は、ペジテの王子アスベルでした。巨神兵を見つけた事を知ったトルメキアが、無理矢理ペジテに攻め入って来たのです。

ペジテに戻ったナウシカとアスベルが見たものは、街を破壊する王蟲達。

ペジテの人間がトルメキアを軍を全滅させるために王蟲達に襲わせたのです。

そして、今度は風の谷に蟲達を向かわせていました。止めようとするナウシカは、ペジテの船に乗せられて監禁。

助けたのは、アスベルの母親でした。

入り込んできたトルメキアの軍人から、メーヴェに乗って脱出したナウシカ。船は、助けにきたユパによって制圧され、ナウシカはミトの乗ったガンシップに助けられました。

その頃、反旗を翻した風の谷の人々は、ナウシカを待っていました。膠着状態のままで、みんなが見たものは怒り狂ってこちらに向かってくる王蟲の群れ。

クシャナは、未完成の巨神兵で攻撃させますが、途中で巨神兵は力尽きました。

一方、ナウシカは王蟲の群れを誘導させる王蟲の幼生を助けようとしていました。生きたまま串刺し状態で吊るされた王蟲。陸に下ろすことに成功しますが、王蟲は酸の海に入ろうとします。それを止めようとしたナウシカ。

足に傷を負った状態で、海の中に入ってしまいます。ナウシカを気遣う様子を見せる王蟲。ナウシカは、進行方向を変えてしまった王蟲たちの前に、吊して運んでいた船で自身と王蟲を群れの前に運べ、と命令します。

王蟲の前に運ばれたナウシカは、王蟲達に跳ね飛ばされ死亡したかに思えました。しかし、王蟲の触手で包まれたナウシカは、再び目を覚まします。着ていたペジテの服が王蟲の血によって青く染まったナウシカは、まるで金色の野を歩いているようでした。

その光景は、古い伝承の救世主の姿のようでした。

落ち着いた王蟲達は腐海に帰って行き、クシャナを始めとするトルメキア軍も一斉に風の谷を去っていきました。

風の谷に、再び平和な日が戻ってきました。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『風の谷のナウシカ』キャスト・出演者

  • ナウシカ:島本須美
  • アスベル:松田洋治
  • クシャナ:榊原良子
  • ユパ:納谷悟朗
  • 大ババ:京田尚子
  • クロトワ:家弓家正
  • ジル:辻村真人
  • ミト:永井一郎
  • ラステル:富永みーな

映画『風の谷のナウシカ』は、宮崎駿が「アニメージュ」編集の依頼で連載を開始した漫画です。

漫画は、全7巻。映画はその内の2巻程の話となっています。興味のある方は、ぜひ読んでみてください!

巨神兵の原画を担当したのは、今では『新世紀エヴァンゲリオン』で名を馳せた庵野秀明さんでした!

当時のトップクラス(後のジブリ)にやって来た彼を採用し、この最も重要だけど非常に面倒くさいシーンを任せたそうです。

ぜひ、巨神兵にも注目して見てみてくださいね!

映画『風の谷のナウシカ』スタッフ

監督

宮崎駿

音楽

久石譲

脚本

宮崎駿

製作

高畑勲

製作総指揮

徳間康快
近藤道夫

原作

宮崎駿

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

Netflixで『風の谷のナウシカ』などジブリ映画は配信されていないの?

2020年の1月に、ジブリ作品のNetflixでの配信がスタートするというニュースが流れました。

しかし、それは海外のみで日本では配信されないという内容でした。

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ジブリ作品を巡っては米国ではAT&T傘下のワーナーメディアが7月に始める動画配信サービスの目玉の一つとして「千と千尋の神隠し」など21作品を配信するが、日本では現在、動画配信はしていない。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

引用:日本経済新聞サイトより

なぜ日本ではジブリの動画を配信しないんですかね。。。

日本で動画配信できないのは、テレビ局などとの関係性もあるのかもしれません。そう考えると、日本の動画配信サイトでジブリ作品の動画を視聴できる日が来るのは、まだ現実的ではなさそうです。

そのため無料で『風の谷のナウシカ』の動画を見ようと思った場合には、DVDを購入して動画を視聴するか、TSUTAYA DISCASの無料お試し期間を利用してDVDを無料レンタルして動画を視聴するのが最もおすすめです。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『風の谷のナウシカ』のDVDやBlu-rayを購入する


原作漫画『風の谷のナウシカ』を読む


映画『風の谷のナウシカ』ファンの感想

男性
男性
映画『風の谷のナウシカ』は、大戦争の1000年後、風の谷として知られる海辺の王国は人が住んでいる唯一の地域でした。勇気ある王女ナウシカに率いられた谷の人々は大地を王蟲と呼ばれる強力な昆虫と常に戦っていました。王蟲は大地を覆う密林を守護する謎の巨大虫です。ナウシカとその勇気ある仲間は、谷と人々と一緒に人間と地球の間の絆を復元すべく努めるのです。これが劇場映画版『風の谷のナウシカ』の大筋なのですが、「大戦争」は地球規模の核戦争を暗示するという印象を持ちました。大戦争をもたらしたのは巨神兵(きょしんへい)です。巨神兵は「火の七日間」という災厄をもたらして1000年前に産業文明を崩壊させたものとして設定されています。原作マンガ版を参照すると、「その正体は旧世界の人類が多数創造した人口の神。あらゆる紛争に対処すべく「調停と裁定の神」としての役目を担った」とあります。国際政治の文脈で局地戦争を抑止した戦略核兵器の果たした役割を言い当てているように思えてなりません。巨神兵=核兵器が炎による破滅をもたらして、人類を滅亡寸前にまで追い込み、生き残った人類たちがナウシカのもとで再生の物語を紡ぐのです。映画『風の谷のナウシカ』を単なる未来世界のお話ではなくて文明論的な壮大な寓話/神話として解釈できるとわたしは考えます。
女性
女性
映画『風の谷のナウシカ』の魅力は何といっても多種多様な蟲たちです。異形でありながらナウシカたち谷の仲間と共生する不思議な生き物、それらは日ごろ私たちが見ているような昆虫のようではありますが、作中で見られる感情を持っているかのような仕草の数々には愛着すら湧きます。私自身虫は大の苦手ですが、森の王者「王蟲」をはじめとした作中の蟲たちは大好きです。特に王蟲は、通常時は青い目、怒っているときは赤い目になるのですが、そういった感情を分かりやすく表出し、他者に伝達する手段を持っているあたり、親しみが感じられますよね。映画『風の谷のナウシカ』には、ちょっと可哀想な状態ではありますが子どもの王蟲も登場します、非常に可愛らしいですよ。主人公のナウシカがその蟲たちを愛し、蟲が住む森を愛し、守ろうと奮闘する様子は現代における自然問題にも繋がるように感じられます。映画『風の谷のナウシカ』はジブリシリーズの中でも歴史が古く、かつなかなか難しい内容であるため取っ掛かりにくい印象があるかと思います。しかし、緑々とした風の谷の風景、数多のジブリ音楽を手掛けた久石譲さんによる悠々とした音楽などを感覚的に捉えるだけでも楽しく、映画『風の谷のナウシカ』を流し見だけでもしてほしい作品です。ぜひ、妖しくも美しい蟲と森の世界をご覧になってください。
女性
女性
映画『風の谷のナウシカ』で、ナウシカは風の谷の王国の姫で、病気の父(領主)の代わりに風の谷の民を守っているプリンセスです。自然豊かな風の谷を、小型飛行機(ガンシップ)を上手く操り、飛んでいるところが映画『風の谷のナウシカ』のお勧めシーンの一つです。可愛い姫ながら、男顔負けの行動力溢れるナウシカ自身に注目してみるのも面白いです。行動力は男性並みなれど、やさしさは自然を愛し、民に愛されている面もおすすめです。その風の谷に、トルメキア軍が領土拡大を狙い、攻めてきます。最大の見せ場であるのが、玉蟲(オーム)の子供をおとりに大人のオームを怒らせ、オームは気が狂った様に、捕まえられた子供のオームを取り返す為、大軍になって、風の谷の方にやってきます。オームとは人よりも大きな蟲で、大軍となって押し寄せてくるオームをどの様にナウシカが食い止めるのかが映画『風の谷のナウシカ』の一番見どころな場面です。一匹のオームを殺すことなく、捉えられた子供の玉蟲を救い出すことで、怒り狂った玉蟲を鎮めるシーンは感動できるシーンです。
女性
女性
映画『風の谷のナウシカ』は、子どもの頃見て、今も大好きな映画です。1000年後の地球に起こった火の七日間。そこから人々が文明を再生させてさらに1000年後、大地は正常化を図るため、腐海という菌糸に閉ざされ、人間が犯すことのできない森林を作った。ただ、汚れているのは土であり、土がきれいならば植物も有毒な胞子を出さない。人間が文明を追い求めるために自然をないがしろにすると、自然の自浄作用によって報復を受けるのだというのは、今の時代にも通用する気がします。火(巨神兵)を使って世界を制することはできないということを教えてくれます。映画『風の谷のナウシカ』の中では忌むべき存在として描かれていますが、腐海の蟲たち、とくに王蟲のカッコよさにもあこがれました。映画『風の谷のナウシカ』のラストシーンの腐海の底から芽を出しているチコの実が、未来を感じさせる作品です。
女性
女性
この映画『風の谷のナウシカ』が公開されたのはもう30年以上前になりますが、今でも多くの人に愛されている作品です。映画『風の谷のナウシカ』を初めて見たときは衝撃でした。ナウシカが住む世界は最終戦争によって世界が死滅し、生き残った人々も奇妙な菌類の森「腐海」の毒によって、死を恐れて暮らす世界。しかも大型の虫が空を飛んで地上を這いまわっている、あのほのぼのとした作画を書く宮崎アニメだからこそ大きなショックを受けずに見られますが、描き方によってはさぞかしおどろおどろしい作品になったよう思われます。いつ死ぬかわからない恐怖の中にいながらも人々は戦争をやめられない、それを止めようとするナウシカ。実は、当時のナウシカ映画のポスターですごく印象に残る言葉が刻んでありました。たしか「たった一人で世界を救おうとした少女がいた」でした。現実ではそんなことできるわけがない、そう思いますが、映画『風の谷のナウシカ』の中の彼女は見事それをやり遂げる、それに感動した作品です
女性
女性
映画『風の谷のナウシカ』は古代文明が滅び、環境汚染で版図が縮小し絶滅しつつある人類が生きる世界の物語です。ジブリというより宮崎監督が不遇時に思いを込めた原作の最初の部分を忠実にアニメ化している作品です。映画『風の谷のナウシカ』の主役はジブリらしく真っ直ぐに生きようとする少女ナウシカです。瘴気を発する腐界という環境破壊を運命として受け入れる人々の中で育ち族長となる運命でしたが、自分の考えで瘴気の本質を探ろうとします。その全てが周りの人に受け入れられるのでは無いのですが、純粋な思いと人柄で協力者を得ます。映画『風の谷のナウシカ』の物語は滅びの原因となた科学文明を復活させ、人々を切り従え瘴気を科学で打ち払おうとする対照的なクシャナという王族が谷に遭難してくることで始まります。映画『風の谷のナウシカ』の見どころは、腐界という存在がナウシカから見ると世界の一部でその成り立ちを解き明かすべきものなのに、クシャナから見ると人類を滅ぼす悪に見えることです。映画『風の谷のナウシカ』の腐界の描写が、おどろおどろしい美しさで描かれることで、どちらの見方も納得できます。ナウシカとクシャナは相いれませんが、最後は腐界の脅威の前に人間同士で争う愚かしさを拒むことで協力し、争いに巻き込まれたナウシカの故郷である風の谷を救うところで映画は終わります。原作漫画『風の谷のナウシカ』では腐界の秘密まで解き明かされますが、ジブリの作品らしく問題を考えさせるところで終わり、答えまでは描かれません。その分、自分で考えるので印象に残るのでしょうか。なお、映画『風の谷のナウシカ』の作画は手でち密に描いた温かみがあります。
男性
男性
この映画『風の谷のナウシカ』は、宮崎駿作品の魅力が詰まった映画です。美しさと恐ろしさを内包した豊かな自然、すさまじいまでの熱量をもって描かれた戦闘機、そして強く美しいヒロイン。映画『風の谷のナウシカ』のストーリーは残酷で、世界観は絶望的で、しかし不思議と暗い気持ちにならないのは、ヒロインが常に前を向いているからでしょうか。とにかく力強く、そして考えさせられる作品です。宮崎駿作品全般にもいえることですが、この映画『風の谷のナウシカ』の大きな魅力のひとつが、観るときによって感じ方や泣けるポイントが全然変わるという点です。たとえば、何年か前には特に何とも思わなかったシーンが、何年後かに映画『風の谷のナウシカ』を見ると激しく胸を打ち、涙を誘ったりします。なので、映画『風の谷のナウシカ』は何年かおきに見直したい作品のひとつです。
女性
女性
映画『風の谷のナウシカ』は、ジブリの中でも初期の長辺アニメ映画なので、宮崎駿監督のこだわりが感じられます。映画『風の谷のナウシカ』の主人公のナウシカは監督の好みの女性を表現したそうですが、心豊かで万人受けする美しさが魅力です。映画『風の谷のナウシカ』の終盤にナウシカが王蟲に誘われて金色の草原を歩く壮大な感動シーンはもちろん、飛行シーンも素敵です。メーヴェやガンシップで空を飛ぶシーンは昔の画にも関わらず引き込まれる躍動感があります。
女性
女性
映画『風の谷のナウシカ』で一番好きなーシーンは、ナウシカが毒が蔓延している環境で働いている女性たちの荒れ果てた手をそっと握り、「仕事をしている綺麗な手だね」と元気づけているシーンが好きです。どんなに辛い現場仕事でもこのナウシカの一言で女性たちは皆、勇気づけられ、ほっこりした気持ちになれたでしょう。映画『風の谷のナウシカ』に出てくる子供から大人世代まで公平に笑顔で接するナウシカは、素敵な女性です。
男性
男性
この映画「風の谷のナウシカ」を選んだ理由は、ヒロインの、谷と谷に住む人々をいろいろな脅威から救おうという自己犠牲と、怒りを鎮めた生物がヒロインを癒す話に心打たれるからですが、それだけではないのです。人間が自然を破壊したり、人や生物を攻撃したりとエゴや欲、誤解や偏見、過信して起こす悲劇は、現実の私たちに多くの事を提起しています。一方で谷に暮らす人々や、ヒロインにかかわる生物や他国の人が心を通わせ合うシーンは、人間のすばらしさを教えてくれます。又、有毒ガスを放出する植物で覆われた森でその森の木々により浄化されるという神秘的な現象は人間を寄せ付けない自然の力を感じさせてくれます。そんな、人が人や自然、生物に対し奢ることなく共存することの大切さを教えてくれるところにこの作品の魅力があると思います。映画『風の谷のナウシカ』の見どころはやはり生物の怒りを鎮めようと体を張って死んでしまったヒロインをその生物がその神秘の力で傷をいやし生き返らせるところです。他のところもそうですがこのシーンの音楽(と歌)はぴったりで音楽の力を感じさせてくれる作品としても一押しとなります。ただ腐海に落ちたヒロインが見る幼い頃の夢は、ヒロインが王蟲と心通わせられる理由が示す大事なシーンでそこもお勧めのシーンとなります。

ヒロインの聡明さが光る映画『風の谷のナウシカ』の中のセリフを2つ紹介します。

「腐海の木々は人間が汚したこの世界をきれいにするために生まれてきたの 大地の毒を体に取り込んできれいな結晶にしてから死んで砂になって行くんだわ この地下の空洞は そうしてできたの 蟲たちは その森を守っている」
「あなたたちだって井戸の水を飲むでしょ その水をだれがきれいにしていると思うの? 湖も川も人間が毒水にしてしまったのを海の木々がきれいにしてくれてるのよ その森を焼こうというの?」

女性
女性
私の好きな映画は風の谷のナウシカです。映画『風の谷のナウシカ』は子供の頃は少しグロい感じであまり好きではありませんでしたが、何度か見ていくうちにジブリで一番好きな映画になりました。なんといっても壮大な感じと鬼気迫る感じの音楽がとても大好きです。音楽でその世界に入り込んでしまいました。映画『風の谷のナウシカ』で一番好きなシーンは最後、王蟲の触手の上を歩くナウシカを目の見えないばばさまが「そのもの蒼き衣をまといて・・・」とセリフを言う所がとても感動的で好きです。
女性
女性
映画『風の谷のナウシカ』を一番好きな映画としてお勧めします!ジブリキャラでナウシカが一番好きだからです。虫と心を通わせることが出来るなんてすごいです。それにみんなから好かれていて優しい。それでいて度々メーヴェに乗って腐海の森に探索に出かけたりと活発でおてんばな一面があるのもいいです。そして自分が守ろうとする者のためには、自分自身の命をかけたり人質に厭わない優しさが好きです。
女性
女性
家に録画のビデオがあり、映画『風の谷のナウシカ』はずっと見ていた一つです。映画『風の谷のナウシカ』の中で、メーヴェを自由自在に乗り回し、野生のテトをすぐに手懐けるナウシカにとても憧れました。特に好きなシーンはクシュナに連れられて風の谷を離れていく最中に飛行機が追撃され、ナウシカとクシュナが乗ったガンシップが風の谷の仲間の船を見つけ、積み荷を降ろすように伝えるためにガンシップのエンジンを切り、腐海の中でマスクを外して伝えた所が好きです。自分よりも人を思う心に子供ながら凄いと思い、その後の「少し肺に入った」のセリスもカッコイイです!
女性
女性
映画『風の谷のナウシカ』は、何も考えず、ただ眺めてるだけで楽しい作品。ワクワクする音楽。最初の試験管が爆発するところや列車で牧草に落ちるところ、所々で自分も経験しているような気持ちになります。映画『風の谷のナウシカ』のなんてことないシーンも覚えており小さい時はお母さんと真似っこし合っていました。
女性
女性
風の谷のナウシカには独特な世界観があり、何度見ても素晴らしい映画だなと思います。ナウシカが本当にヒーロー過ぎて、いい人過ぎてかっこいいです。優しさもあり、強さもあり、生き物たちも大切にします。風の谷のナウシカの舞台になっているところは日本の国にもないし、モデルになった国はどこだろう?と気になって調べてみたら、トルコやパキスタンなど中東説と、オーストラリア説などがありました。いずれにしても、ココ!とはっきりした国は分かりません。個人的にも中東あたりが有力なのではと思います。あんな大きなオウムが生息している地域はないと思うので、ジブリならではのオリジナルの世界観です。異国情緒があって行ってみたいなと感じるほど、ナウシカの世界に憧れます。映画『風の谷のナウシカ』を最初から最後まで真剣にみると、子供向けというより大人向けでは?と思うくらい深い内容だと分かります。火でできた巨神兵はでかくて気味の悪い怪物でしたが、その恐ろしさがまたスリルがあって面白かったです。見どころは、ナウシカがオウムをなだめようとして必死になり命を落としてしまうものの、オウムがナウシカの温かい心を感じ取り、回復させるところです。この映画『風の谷のナウシカ』が言いたいことは、人間界は生き物や自然を破壊して都合のいいようにするのではなく、生き物たちの命も大切にし、共存していこうよ!ということだと思いました。
女性
女性
風の谷のナウシカでは、ナウシカがとても包容力があって、強くやさしいヒーロー(ヒロインですが)のように思えました。自分のことよりも、周りのことやオウムや虫たちにさえ愛情を持っているナウシカを尊敬せずにいられません。ナウシカは、大きなビジョンで世界を見ていて、フカイのできた理由まで見抜いていました。そんな大きな愛情はオウムにも通じて、オウムの暴走を止め、ナウシカは村を守ることができたのです。ナウシカは大けがを負い、もしかしたら命も亡くしてしまったのかもしれませんが、オウムはそんなナウシカの傷を癒しナウシカは蘇ります。もう神様の域ですね。本気で心から願えば、どんな人やまた人でない生き物にも通じるのではないかと思えれば、世界をもっとやさしく見れるような気がしますね。そしてナウシカが見抜いたフカイの生まれた理由はフカイの森の木々は倒れて朽ち果てると、毒まみれの土をきれいにしていて、虫はそのフカイを守っているのだということです。一見、絶望的な状況に見えるフカイに飲み込まれた森ですが、その中では再生に向かう営みが始まっていたとは、深過ぎます。しかしすべてがフカイに飲み込まれてしまったら、人間は滅びるしかありません。すべてを人間のテリトリーにしようとせずに、一部を貸してもらっているつもりで、動物の居場所や大自然には踏み込んではいけないという謙虚な気持ちが大切なのだと感じています。
女性
女性
映画『風の谷のナウシカ』の人間の手によって環境が破壊され、普通に呼吸することすら難しくなってしまった世界観は、起こり得る未来として、真に迫ってくるものがあります。そんな世界で、人間と自然の可能性を信じ続けるナウシカは、とても強い女の子だと思います。彼女の真っすぐさ、聡明さが、周りから慕われる理由なのだな、と感じます。誰にでも分け隔てなく接するように、ナウシカは蟲相手でも臆したり驕ったりすることはありません。むしろ、理解しようと歩み寄る姿に、ただただ感心してしまいます。王蟲の怒りを鎮めることも、ナウシカでなければ無理だったでしょう。相手のことがわからないと、人はどうしても恐れてしまい、攻撃的になります。そんな心理が、結局争いしか生まないのだということを、突き付けられます。たとえ自分が傷ついても、他者を思いやり、知ろうとするナウシカの姿勢を、見習わなければならないと思いました。また、ナウシカに感化され、変わっていくクシャナは、この映画『風の谷のナウシカ』の物語のもう一人の主人公であるとも思います。相反する立場にあった二人が、今後も同じ世界で生きていくところに、希望を見いだせるのではないかと感じました。そして、パンドラの箱の底のように、腐海の奥深くで芽吹く植物のワンカットが、いつまでも印象に残るラストだと思います。

さらに、ジブリ映画の動画作品は動画配信サービスでは取り扱いがありません。

映画『風の谷のナウシカ』動画をフル視聴するには、キャンペーン中で無料レンタル期間も長くDVDレンタルと動画配信の2つのサービスが無料で試せちゃうTSUTAYA DISCASがオススメです!

映画『風の谷のナウシカ』の
DVDがTSUTAYA DISCAS無料!

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

\DMMでもDVDレンタルの/
\無料お試しが利用可能/
DMMの無料お試し

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス