邦画

映画『感染列島』高画質動画を無料フル視聴!あらすじやキャスト情報

このページでは、映画『感染列島』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『感染列島』は2009年公開。日本でウイルスの大量感染が起こるというテーマで製作された映画。主演は妻夫木聡さんと、壇れいさんです。

ディズニーデラックス

映画『感染列島』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『感染列島』は/
\U-NEXTで配信中/今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら

費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『感染列島』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円/2日 932円 30日間
dTV × 300円/2日 300円~ 31日間
TELASA × 400円/7日 572円 30日間
Netflix なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円〜 30日間
U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『感染列島』の映画情報

映画『感染列島』あらすじ

物語はフィリピンの山岳地で新型のインフルエンザが発生するところから始まります。

そこには日本人の医療スタッフ、小林栄子がいました。

感染した少年の母親が「連れて行かないで」と懇願しますが、彼女は「心配ない」と伝えてヘリに乗せます。

3ヶ月後、日本の東京都いずみ野市立病院に勤務する松岡剛のもとへ一人の患者がやって来ます。

少し熱がある軽い症状の男性患者、真鍋秀俊に念の為インフルエンザの検査をし、2、3日安静でいれば大丈夫と伝えます。

その頃、いずみ野市の神倉養鶏場で鳥インフルエンザが発生、大量のニワトリが死ぬ事件が起こります。

次の日、インフルエンザの検査をした真鍋が急患として運ばれてきます。妻の麻美も感染していました。

真鍋は高熱を出し、肺炎を発症、激しく吐血、鼻血、目からも出血、多臓器不全を起こします。

それは新型インフルエンザの症状でした。病院では院内感染を防ぐため建物の消毒が行われ、職員は全員インフルエンザの薬、タミフルを服用します。

真鍋はICUに運ばれますが、心肺停止、必死の措置の甲斐なく死んでしまいます。死亡日時は2011年1月5日、AM3:28。

松岡は前日のインフルエンザ検査で陰性だった真鍋の死にショックを受けます。

同日、東京の武蔵秋山駅の駅員、宮城県仙台市のバスの中で男性の体調が悪化。

さらにいずみ野市立病院では院内感染者が現れ、真鍋の措置をした医師、安藤も倒れます。

1月5日、感染者6人、死亡者1人。

翌日、政府ではいずみ野市の封鎖について議論が行われます。

ワクチンで対応できないかという厚生労働大臣に対してウイルスに合致したワクチンの開発には半年かかると報告されます。

厚生労働省の感染症情報管理室には次々に感染の情報が入り、対応に追われます。正月休みが終われば一気に感染の拡大が予想されます。

その頃、鳥インフルエンザが発見された神倉養鶏場の神倉の家では窓ガラスが割られたり、嫌がらせの電話がかかってきます。マスコミも神倉のもとへ押しかけてきます。

病院には人が殺到して混乱し始めます。

1月8日、WHOメディカルオフィサーの小林栄子がいずみ野市立病院にやってきます。

小林は病院職員を前にいずみ野市立病院を隔離すると告げ、強引とも言える患者への対応で反感を持たれます。

彼女はウイルス対策について病院職員に対して指導をします。

・「それは何か」 ウイルスの正体

・「それは何をするのか」 感染症が引き起こす症状

・「それはどこから来たのか」 感染経路の究明

・「それをどう殺すのか」 治療法

これらを発見することが重要であると伝えます。

そんな時、真鍋の措置をした医師、安藤の様態が急変して死亡します。

松岡は最初に真鍋が受診したときにもっとしっかり診察をしていれば安藤が死ぬことはなかったのではないかと自分を責めます。

1月14日、感染者2310人、死亡者856人。

松岡、小林、そして畜産大学獣医学部教授の仁志は神倉養鶏所で感染が拡大している病気が鳥インフルエンザから発生したものなのか話し合います。

仁志の見解は養鶏所で一番多く鶏と接していた神倉が発症していないことから鶏インフルエンザが起因していることに対して否定的でした。

松岡も真鍋を最初に診察した時には感染せず、2度目の診察をした際に安藤が感染したことを踏まえ、今回の感染症が新型インフルエンザではないのではないかと考えます。

通常のインフルエンザは発症前からウイルスを排出するからでした。

今回の感染症対策の4つのポイントの1つ。

「それは何をするのか」 感染症が引き起こす症状については患者の状態から把握ができました。

残るポイントは3つ。

1月16日、1日の救命要請が50万件を突破します。

いずみ野市立病院は大量の患者の対応でキャパオーバーになりかけていました。

小林は責任者の高山良三に専従スタッフの増員を訴えますが対応が遅く、彼女は自分たちの方で人選することにします。

松岡は病院職員も命を助けたいと思っていることを改めて小林に伝え、信用して欲しいと言います。

翌日、病院で感染症専従スタッフの人選を行う小林は職員に対して有志を募ると告げます。

「スタッフの人選は自薦とする」という小林の言葉を聞いた病院職員はほぼ全員が手を上げます。

1月19日、最初の感染者死亡から2週間、感染は日本全体に広がり、世界の国は日本からの退避を発令します。

1月21日、感染者4127人、死亡者1989人。

そんな中、鶏インフルエンザが発生した神倉養鶏所の神倉章介が娘を残し、自殺してしまいます。

政府は蔓延する感染症が新型インフルエンザではないとの発表をします。神倉章介に責任はありませんでした。

「未知のウイルス」が感染症の原因・・・

ここへ来て対策が全く分からなくなってしまい、ウイルスは神の責苦を意味する「ブレイム」と名付けられます。

果たして日本は爆発的に感染する死のウイルス、「ブレイム」に対抗することができるのか。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『感染列島』キャスト・出演者

  • 松岡剛:妻夫木聡
  • 小林栄子:檀れい
  • 仁志稔:藤竜也
  • 三田多佳子:国仲涼子
  • 安藤一馬: 佐藤浩市
  • 鈴木浩介: カンニング竹山

映画『感染列島』スタッフ

監督

瀬々敬久

脚本

瀬々敬久

音楽

安川午朗

撮影

斉藤幸一

編集

川瀬功

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『感染列島』感想や口コミ

女性
女性
見た頃はまさかこんなことは日本で起きるはずない、いや映画、物語だけだと思っていたんですけどね。身近に迫ってくるとこの映画のことを思い出しました。恐ろしい。他人事ではない。病院がメインですが病院の医療従事者だけでなくてその家族のことも描かれていて、今まさしく起きていることと通じるのではと思います。一般の私たちでは病院で起きているようなパニックもわからない。どんな過酷な状況か分からないのでこうなっているのか、とわかるかもしれない。医療監修はされていると思いますがどこまで本当の現場なのかもっと過酷であるかもしれないし…当時はとにかく医療パニック物と思ってましたがそうではなくなってしまいましたね。妻夫木くんかっこいい、檀れいさん綺麗ーとか呑気で見ていた私に喝したいところですね。今一度この時代に見直してもいい映画だと思います。個人的に爆笑問題の田中さん出てきたのはびっくりしました。当時結構人気ありましたし、そのまんまの田中さんだったので、悲しい役ですけど彼の登場で少しほっこりしたかなと思っています。確かに役者さんたくさん出ていますので安定はしてるキャスティング。この映画のように早く全世界的に落ち着けばいいなと思います。
女性
女性
この映画の見どころは、「世界の平和を取り戻すべく奮闘する主人公の姿」と「感染爆発により変わってしまう世界の様子」です。
まず、世界の平和を取り戻すべく奮闘する主人公の姿です。この映画では、謎のウイルスが世界中に蔓延し、混乱に陥った世界の様子が描かれます。主人公である医師は、感染源も治療法も分からず、感染のリスクが最も高い病院で働かなければならないという厳しい状況にいます。未知の状況に戸惑い、時に感情をあらわにしつつも目の前の患者に向き合う姿から、主人公の真っすぐな人柄が感じられてどうか報われて欲しいと思いながら観ていました。また、医師という立場であるがゆえに、患者から厳しい言葉を投げかけられた時の表情から主人公の辛さがひしひしと伝わってきて、医療現場で戦う人々の大変さを思いながら観ていました。
次に、感染爆発により変わってしまう世界の様子についてです。謎のウイルスは急激に社会を圧迫し、交通機関が止まるなど日常生活を送ることさえままならなくなっていきます。その一変した世界の様子に、新型コロナウイルスによる危機にさらされている現在の状況を重ね合わせ、映画の世界も他人事ではないという恐ろしさを覚えながら観ていました。
男性
男性
僕が初めてこの映画を観たとき衝撃のあまり身体が震えました。鳥インフルエンザ?未知のウイルス?治らないの?頭の中はぐちゃぐちゃになってしまいました。僕らは病気になれば病院に行き薬を処方してもらいそれを服用します。もし薬をもらっても治らなければ病院に入院することになり点滴やより専門的な治療をしてもらいます。恐らく日本ではそれが普通で一般的なことだと思います。この映画はその普通を一瞬にして壊してしまいました。未知のウイルスに感染した1人の患者から連鎖的に感染が広まりいつ誰が感染してもおかしくない状況になってしまいます。症状が出ている人だけが病院に行くわけではありません。自分も感染しているかもしれない。診断してくださいと皆んなが不安になり病院に駆け込んでしまうのです。そうすると感染していなかった人が病院で感染してしまう恐ろしい事態になってしまいます。それに伴い感染者数が急増していき医療崩壊を招いてしまいます。患者を受け入れたくても受け入れられず救える命を優先しなくてはいけない、もしくは救えるかもしれない命を選別する決断がお医者様には必要になってきます。残酷な現場です。そうするとお医者様たちの精神状態にも影響が出てきて辞めたい。そう思ってしまうのです。第一線で戦ってくれているお医者様並びに看護婦様の偉大さを痛感致しました。この映画では鳥インフルエンザではないかというニュースが流れてしまいその近隣で鳥を扱っている業者様が自殺という選択をしなければいけないほど追い込まれてしまいました。恐怖が溜まれば人は誰かを傷つけてしまう生き物なのです。もしあなたの身の回りでこのような事が起こったらどうしますか、、?
男性
男性
この映画は、2008年に公開された異本の映画です。あらすじは、フィリピンで発生した新型インフルエンザによって、日本の養豚場で鳥インフルエンザが発生します。やがて、人への感染が発症し死者が出ます。感染は一気に広がり政府は非常事態宣言を出します。一人目の感染者を見抜けなかった医者の松岡は、WHOの医者で大学時代の教師助手だった栄子とともに感染を止めるために病院で処置に追われる日々が続きますが、栄子の強引なやり方に病院内で反発を生む結果となるというストーリーです。この映画は、近年コロナウイルスが蔓延している中、とても興味深い作品でした。この世の中だからこそ、この映画がリアルに見えました。また、医師や看護師が感染して亡くなってしまう様子は恐ろしくも感じました。ウイルス拡散の恐ろしさを十分に感じさせてくれた作品でした。
女性
女性
現在のコロナウイルスの状況と重なっていたため、視聴しました。アマゾンのプライムビデオで無料で見ることが出来る対象になっていたので、時間がある方は見てみるといいかなと思います。感染列島はエボラ出血熱のような感染症で、コロナウイルスとは少し違っていましたが、現在の状況と照らし合わせてみると現実感がありました。コロナウイルスの事が起こる前だと非現実的な話だと思ったと思いますが、非常にいまの世界の状況と似ていました。平和な日本にウイルスが運ばれてきて、ワクチンが出来るまでの間の医療関係者や住民の人々の戦いを描いた映画です。血が多く出るので、グロいのが苦手な方は気を付けた方が良いと思いました。お話はとても勉強になりました。
男性
男性
正体不明のウイルスにより日本全体が爆発的感染してしまうストーリー。このあらすじだけでも、通常時ではない今だからこそ一番臨場感と見応えをもって見ることができる作品です。ここまで「映画の中に身を置く」体験ができることはなかなかないと思います。切迫する医療現場とその家族の心情や感染者への差別のシーンも生々しく、決して大袈裟なことではないと改めて認識させられます。細かな感染経路の描写も映画ならではのインパクトある映像でした。また、本編とは関係のない部分ではありますが檀れいがとても美しく、強く芯のある女性を演じられていて緊迫する状況の中でも華やかでした。設定の甘さを指摘する声も多くありますが、感染の恐怖、コロナ禍にある現状とのリンクが痛く伝わる貴重な作品としておすすめいたします。
男性
男性
以前も一度見たことあるのですが、今回新型コロナウィルスが広がったためもう一度見返してみました。正直とても怖くなり、これからこんな世界になってしまうんではないかと怯えました。でも見る前よりももっと感染症の怖さや今とても重大なことが世界で起きているのだと実感できるのでまだ見てない人には絶対見てほしい作品です。そして医療従事者の方達が本当に死に物狂いで戦ってくれていることを更に痛感します。未知のウィルスと戦うのはとても怖いことです。映画でも院内感染によりどんどん医者や看護師が亡くなっていきます。待っている家族の気持ちになると涙が止まりませんでした。檀れいさんが演じる医師は最後の最後まで諦めずに、自分の命と引き換えに戦っているのを見て医師としてもプライドや人を助けたいという気持ちの強さを感じます。映画だけれど今の現状と似ているため、ドキュメンタリーを見ているかのような気持ちにもなりました。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス