邦画

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』高画質動画を無料視聴!あらすじやキャスト

このページでは。映画『カイジ 人生逆転ゲーム』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』と言えば、大人気漫画、カイジが初の映画実写化するということで、大きな話題を呼びました。

様々なギャンブルをする原作の中で、どの様なギャンブルが映画化されるのか期待した人も多かったはずです!

ディズニーデラックス

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『カイジ 人生逆転ゲーム』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 932円 31日間
dTV なし 550円 31日間
TELASA なし 572円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円 500円〜 31日間

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『カイジシリーズ』

U-NEXTでは、映画『カイジ』シリーズ2作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』の映画情報

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』あらすじ

主人公の伊藤カイジ(藤原竜也)は、きちんと就職をせずにコンビニでアルバイトをして生計を立てていました。いわゆるフリーターです。

そんなカイジは通りすがりのカップルにまで馬鹿にされるしまつです。

そんなある日、カイジの元に遠藤凛子(天海祐希)が借金の取り立てにやって来ます。身に覚えのないカイジは当初支払いを拒みますが、実はカイジは知人の連帯保証人となっていたのです。

その知人が行方をくらませたため、連帯保証人であるカイジに支払いの義務が発生していたのです。その額はなんと200万円を超えており、フリーターのカイジには到底支払える金額ではありませんでした。

そこで遠藤はカイジに、とあるゲーム大会への出場を薦めます。

その大会で勝利することが出来れば大金を手にすることができ、借金を全額返済できるというのです。

場所はギャンブルクルーズ船『エルポワール号』で行われ、そのクルーズに集まった者は皆、カイジと同じ様な境遇の者ばかりでした。

ゲームの内容はいたってシンプルでした。

じゃんけんの絵柄が書かれたカードが各人に配られ、星型のバッジが3つ配布されます。

星1つが100万円の価値があり、手持ちのカードでじゃんけんを行いその勝敗で星のやり取りをするというものでした。

制限時間30分以内に星を3個以上集め、手持ちのカードを全て無くすことが勝利の条件でした。

敗者は強制労働施設へと送られることになるというルールだったのです。

カイジは、石田(光石研)という男性と手を組んで、船井(山本太郎)という男に見事勝利をしますが、ちょっとしたミスで石田が強制施設行きが確定してしまいます。

石田を心配したカイジは自分も共に強制施設行きを決めるのでした。

地下の労働施設では労働の対価として、独自通貨である『ペリカ』が給与として支払われます。

地下での暮らしは過酷ながらも、様々な仲間との出会いによって、居心地がなんとなくいい場所になってきます。

しかし、過酷な場所のため倒れていく人が出てきます。そんな人達には、高層ビルとビルの間に橋を架けてそこを渡らせる『ブレイブメンロード』と呼ばれる場所に送られるのでした。

見事橋を渡り切れば1000万円を手にすることができますが、失敗すれば即死です。

カイジは、佐原(松山ケンイチ)と石田と共に、ブレイブメンロードに参加することを決めるのでした。

ブレイブメンロードの挑戦者たちは、1000万円の金券を手に持って細い橋を渡ります。

途中で何人もの人が脱落していきます。

また、鉄骨でできた橋には電流が流されているため、橋に手を着くだけでも死ぬ可能性があります。

必至に橋を渡るカイジでしたが、石田や佐原も落下してしまい、気が付けば橋を渡り切ったのはカイジだけでした。ともあれ見事橋を渡り切ったカイジは、1000万円を換金するように要求します。

しかし、カイジには借金がありその差し引きは70万円ちょっとしか残らなかったのでした。

命をかけてこれだけしか残らないことに絶句するカイジでしたが、利根川(香川照之)がカイジに更なるゲームを提案するのでした。

そのゲームに見事勝利することができれば、カイジは大金を手にすることが出来、自由の身になれると言うのです。

カイジは利根川が提案する『Eゲーム』と呼ばれるカードゲームに挑戦します。

しかし、利根川が連勝を重ねる不信感を抱き、イカサマが発覚します。そこでカイジは遠藤から5000万円を借りて利根川に再挑戦をします。

カイジは利根川のイカサマを逆手にとって見事勝利を収めるのでした。

カイジは5億円もの大金を手に入れて、遠藤を祝杯を挙げます。カイジは自由の身となったのです。

遠藤に5000万円を返し、一緒にお酒を飲んでいる内にだんだんと気が遠くなります。

気が付くと、5億円と遠藤は目の前から消えていました。

カイジは、とうとう命をはって大金を手に入れることができなかったのでした。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』キャスト・出演者

  • 伊藤開司:藤原竜也
  • 遠藤凛子:天海祐希
  • 利根川幸雄:香川照之
  • 兵藤和尊:佐藤慶
  • 船井譲次:山本太郎
  • 石田光司:光石研
  • 佐原誠:松山ケンイチ

主演の藤原竜也さんは、クズ役をやらせたら右に出る者はいないと言われている程の俳優です。

松山ケンイチさんとは、『デスノート』での共演がきっかけとなり、友情出演という形をとっています。

2020年1月にカイジ最終章である『ファイナルゲーム』が公開されました。

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』スタッフ

監督

佐藤東弥

音楽

菅野祐悟

脚本

大森美香

製作

「カイジ」製作委員会

主題歌

YUI「It’s all too much」

興行収入

22.5億円

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『カイジ 人生逆転ゲーム』感想や口コミ評価

男性
男性
現実に全くそぐわない原作漫画を忠実に守ったストーリー、ギャンブルゲームを表現していて、終始見ていて飽きないとても面白い作品でした。大人なら映画の世界と割り切って入り込めるのでいいですが、中学生でぎりぎり、小学生の純粋な夢を抱いている子達には決して見てほしくない作品です。人としてクズな性格を持っているキャラクターが多すぎるし、ストーリーも社会の底辺を表現しているかのようなので、人生に絶望してしまうかもしれません。しかも人の人生を簡単にギャンブルゲームに賭けさせたり、それに失敗したら地下帝国行き、そこでも労働できなくなったらまたギャンブルゲームで死ぬか生き延びてもまた地下帝国行き、地獄の無限ループは中々のクズっぷりです。しかし、地獄の表現より何よりも本作の見所は、藤原竜也さんなくして本作なしと言っても過言ではないくらい、主人公のカイジを演じている演技力が脱帽物な所でした。漫画は多少なりとも読んだことがあったので、カイジと言えば切れ長の細い目、ツンツンの髪形、メチャクチャ顔が面長、体のフォルムなんてひょひょろでアンガールズさんみたいだし、性格のクズっぷりも酷くて主人公として光る物が全くないです。自分としては、その主人公を藤原竜也さんが演じると聞いた時に、これは見てみる価値はあるなと思い見ました。しかし、見る前までの疑問を吹き飛ばしてくれたまさにカイジというクズっぷりとギャンブルゲームをしている時の演技は、もう漫画のビジュアルなんて忘れてしまうくらいでした。そして原作通りに死と隣り合わせの極限状態で冴えわたるカイジの生きる事への執念っぷり凄かったです。カイジってだらしない性格さえなければ、まともな生活していけると思います。終盤の利根川とのEゲームではカイジがかっこよく見えました。これは見て損はないです、シリーズ化しているので次も見ものです。次作は原作にないゲームも登場するみたいで期待が膨らみます。
男性
男性
藤原竜也さんが主役のカイジを演じる、人気コミックの実写映画化作品です。原作では特殊な環境やクセのあるキャラクターが多数登場するため、実写映画化にあたって、漫画では違和感がないシーンでも実写では過剰な演出で冷めてしまい、面白くなくなるのでは? と懸念していました。しかしこの劇場版ではそういった部分はなく、安心して楽しめました。
主人公カイジは自分の不遇な環境を脱するために、いくつかのゲームで戦います。最初のゲームは、高度な心理戦が行われます。原作未読の方は特に、知的好奇心がくすぐられ、気がつけばストーリーを夢中で追いかけていると思います。サブタイトルに逆転とついている通り、まさに逆転劇が気持ちよくもあります。また違うゲームでは、特殊な環境に置かれた時の人の闇と光が描かれます。ゲームで人が酷い目に合う様子を楽しむ人達が登場し、人間の悪意など醜悪な部分がリアルに描かれています。しかしそんな中でも、自分の命が危うい状況で他人を思いやれる人など、人の光の部分にも脚光が当たることが救いとなっています。そして、最後のゲーム。カイジの高度な読みと渾身の演技での逆転劇は本当に気持ち良く見られました。
原作コミックは今更触れるまでもなく(エピソードにもよりますが)傑作と言える作品なのですが、絵のクセの強さやコミック既刊数の多さなどで敬遠していた方もいるかと思います。漫画作品で有名俳優を使った安易な実写映画と抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、そういった人や原作未読の方にもオススメの作品です。
女性
女性
この映画は一言で言えば狂っている。とっても狂っています。普通の感覚ではないお金持ちの人間が、人の命で賭け事をします。しかも物凄い金額で…。怖いですね。
カイジ自身はギャンブル耐性が強いのか、最終局面に強いのか、負けていてもいざとなったら最後に大逆転をしていきます。ひらめき力がすごいです。見習いたい…。
そして、私が印象に残っているシーンはふたつ。まずは、高いビルとビルの間に渡された鉄筋を渡っていくシーンです。実際にこんな危険なところで撮影はできないはずなので、CGだとは分かっていても観ているこちらも足がすくむようなシーンになっています。そして次々落ちていく人を見て楽しむお金持ちたちに苛立ちも感じました。石田がカイジに金券を託して娘を頼む姿に、借金を重ねるどうしようもない親だとしても子どもはかわいいんだよなぁ。と妙に同情…。ただ、最後まで生き残って欲しかったです。
もうひとつは、最後に脱出したあとのカイジの姿です。今まで地下にいたカイジが凛子と食事をし、石田の娘に会いに行く。たったこれだけなんですが、劇中の今までが非現実の奴隷生活だったので、新鮮に感じました。日常ってすごく素晴らしいんだよなぁ。と…。
とにかく、クズばっかりが集まった作品です。スカっとシーンもたくさんあるので、ぜひみてみてください。
男性
男性
カイジ 人生逆転ゲームは、2009年に公開された日本の映画です。福本伸行の人気コミックを実写映画化したものです。主人公の伊藤カイジを実力派人気俳優藤原竜也さんが演じたことでも話題となりました。あらすじは、定食につかずフリーターとして暮らすカイジは、友人の借金の保証人になったことで、多額の負債を背負います。借金を返すために参加したゲームで一度負けるものの、一発逆転を目指して命がけのゲームで勝ち抜きます。しかし、ゲームに仕掛けられた罠に気づき、無事に勝利を勝ちれるのか最後までハラハラする映画です。この映画では、ブレイブ面ロードのシーンがとても印象深かったです。細い鉄骨の上を渡れず、何人も悲鳴を上げながら落ちるシーンは背筋が凍りました。石田が悲鳴を上げることなく、落ちていった瞬間も見どころでした。
男性
男性
やはりトネガワとのゲームのシーンですね!トネガワにむかってヘビが!って言ったとこが1番すきですね!勝負に勝った瞬間ですね。カイジはどうしようもない人生をおくっており、借金もあり、ゲームで勝ったら大金がもらえると言う話をもらい勝負しに行き人生逆転する話ですが、藤原さんの演技が本当に良いですよね!見たらわかりますが、カイジと言ったら、ざわざわですよね。カイジは本当に優しく、勝ちとった大金をまんまとだまされもっていかれるとこが本当にヴーてなります。せっかく命を賭けて勝ちとった大金がなくなり、また同じ人生を歩む事になり、また続くのですがそこがうずうずしてたまりません笑カイジらしいっていえばカイジらしいです。
男性
男性
人気コミックの映画化で有名な作品。通常、コミックやアニメの実写は低い評価を受けがちだが、今作品は主演の藤原竜也による迫真の演技により、非常に楽しめる作品となっている。物語としては定職につかずダラダラとした生活を過ごしている主人公カイジがある日突然、友人の借金の保証人になったことで多額の借金を負うことになってしまう。そこで取り立てに来た金融会社社長の遠藤から、救済措置として「一夜で大金を稼ぐチャンス」と言われ、豪華大型客船に乗り込み、様々なゲームに参加していくというものである。その中にはカイジと同じような世間一般的には「クズ」と呼ばれているような、ダラダラと生活し借金を背負っている人間がたくさんいた。その人間の中で「信頼できる者」「裏切り者」など様々な人間がおり、カイジはその中で困難を乗り越えていく。映画の内容全体としては非現実的な設定に見えるが、主人公がフリーターという点や、ある日突然多額の借金を背負うという物に関しては現実的な設定のため、共感できる部分もあり、非常に楽しめる。また、悪役も理不尽だが発言が異本的に「正論」であり、反論できないという点も非常に評価が高い。
男性
男性
大好きな作品で何度も観ても面白いです。
借金まみれの落ちこぼれ達が人生を逆転させるためのゲームに挑みます。
負けたら終わりの命を懸けた戦いにハラハラドキドキ、常に手に汗握る展開は観ている者を飽きさせません。

カイジの名セリフと言えば「ざわざわ…」「キンキンに冷えてやがる」「悪魔的だ」などがよく挙げられますが、個人的に最もお気に入りなのは、利根川の過激で緊迫感溢れるスピーチでの「勝つことが全てだ、勝たなきゃゴミだ。」と言うセリフです。観ている者まで奮い立たせてくれるような強烈なメッセージ性を感じました。

キャストも豪華で圧巻の演技力に目が離せなくなります。
主役の藤原竜也さんももちろんですが、個人的には利根川役の香川照之さんもこれ以上ないハマり役で最高でした。

女性
女性
この物語はタイトルからもある程度予測できるかと思いますが、ギャンブルを描いた物語です。
しかしこの物語の面白さはただギャンブルを描いているだけでないことです。
ギャンブルによって人が狂う様子、お金に執着する様子が実際のギャンブルゲームをしているシーンの中で忠実に描かれているとともに、
この話の中ではそのギャンブルゲームに負けると地下の労働施設に送られ、一生過酷な肉体労働をしなければならないという物語になっているのですが
このフィクションの中に、人間はギャンブルにはまるとこんなにもみじめな姿になってしまうんだというメッセージが鮮明に感じられ、そういった観点から反面教師で
勉強になる面も多いにあり面白い作品だと思います。
物語自体は、あるきっかけで借金を作ってしまった主人公がそれをチャラにするためにギャンブルに参加するところから始まるのですが、
果たして主人公は地下の労働施設に送られてしまうのか、最終的にどうなっていくのか最後までとても面白い物語になっています!
女性
女性
お金がなくなって失うものがもう何もなくなっても、カイジの世界には行きたくないなと思わされます。
借金を一気に返すことができるという甘い文句に、着いていってしまうのもわかるし、あんなにひどい目に遭わされると思うのもわかるけれど、やっぱりうまい話には裏があるんだなと思いました。
最初のじゃんけんで何も考えずにじゃんけんをするのではなく、戦略を考えるのは賢いと思ったが、あんなギャンブルの場所で情けをかけたら終わりなんだと実感しました。
連帯責任で地下帝国での強制労働、洗濯をしたり甘いものを食べたりするのはその労働で得た賃金の大多数を持っていかれる、そんな世界で洗脳されずに反撃をねらうカイジはかっこよかったです。
そこから這い上がるためのステージもすごく絶望的なものでした。人間が高い一本橋の上を命綱無しで渡る、それに誰が最後まで辿り着くか賭けをするなんてなんて趣味が悪いんだろうと思いました。そこに命がけで挑むカイジたちの絆と、見ている人たちが両極端ですごい世界だと思いました。
1人ずつ抜けていくのも悲しかったし、一緒に辿り着いたのに風で飛ばされてしまった人もいて、最後まで油断してはいけないとすごく絶望を感じました。
そしてそこから始まるEカードがすごくおもしろかったです。絶対的に王様側が有利なはずなのにそこに勝つカイジがすごくかっこよかったし、ひとつひとつの所作を見逃さず、すべてを読んでいく姿は本当にすごいと思いました。

男性
男性
原作とギャンブルを知らなくても十分楽しめる作品でした。
作品は名前を知っている程度で、一度も読んだことはなく、ギャンブルの漫画という知識だけで見ましたが、内容が分かりやすく、またゲームもオリジナルなため、初見でも途中から熱くなってしまうくらい見入ってしまいました。
物語冒頭からずっと人間のダメな部分が描かれており、ダメな人間が甘い言葉に惑わされ、じわじわと地に落ちていくところは、もし自分が同じ状況になったら同じ道を歩みそうだなと気を付けなければいけないなと思わされました。特に地下帝国に入ってからの生活は、自分で自分の首を絞めるような生活を送っている人間だらけで、みんなそれに気づいていないというダメっぷりが印象的でした。主人公が地下帝国でビールを手にしたとき、キンキンに冷えてるというシーンがありますが、そのシーンを真似しているモノマネ芸人のせいで、ちょっと笑ってしまいました。
終盤の主役の藤原竜也と敵役の香川照之の演技は、本当に命がけで戦ってると思わせるほど、白熱したゲーム展開となり、最大の見どころではないかと思いました。お互いに背負っているものが大きく、人とのつながりを糧とするカイジと立場とプライドで戦う利根川は、どちらも同じくらい勝ちへの思いがあり、心理戦がとても面白かったです。

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス