アニメ映画

映画『カーズ 』高画質動画の無料フル視聴!日本語吹替&字幕配信とあらすじ・YouTubeで見れる?

このページでは、映画『カーズ』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『カーズ』と言えば、2006年6月9日に公開された長編アニメーション映画作品で、子供に大人気ですよね。

また、『第64回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞』を受賞し、アメリカ本国および日本では、ピクサー長編アニメーションとしては、最後の『VHS版発売作品』となっています。。

ディズニーデラックス

映画『カーズ』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『カーズ』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『カーズ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 220円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 2500円 933円 31日間
dTV × 200円 500円 31日間
TELASA × 300円/3日 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円 500円〜 31日間

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、映画『カーズ』シリーズ作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『カーズ』の映画情報

映画『カーズ』あらすじ

この物語の主人公である『マックィーン』は、初の新人チャンピオンを狙っている人気天才レーサーライトニングと呼ばれていました。

そんな彼にとってのライバルはまもなく引退してしまう「伝説のレーサーキング」と呼ばれている『ストリップ』と、いつも大会で2位を取っている「ベテランレーサー」こと『ヒックス』の2人です。

大会でマックィーンは2人に負けないほどの走りをしていましたが、タイヤの交換をしないで走り続けていたため、最終のレーンで後輪がパンクしてしまうのです。

それでもゴールする際に舌を出してギリギリで他の2人と同着することができました。

そして、1位を決めるために約1週間後に「カリフォルニア」で改めて戦うことになりました。

そのこともあり、マックィーンは『ラスティーズ』のイメージキャラクターとしてポスターまで貼られていました。

しかし、そんなラスティーズのスポンサーに対して恩義があるにもかかわらず、マックィーンは「錆びた車が嫌い!」というわがままな理由で会社には飽き飽きしていました。

そして、1週間後に行われる大会で優勝した後は「ダイナコ石油」への移籍を考えていました。

そのため、大会に向かう前に『チック』から聞いた、「一番に会場に着いた車がダイナコ石油との契約に有利になるよ」というデマをマックィーンは真に受けてしまいました。

そして、一番に会場に到着するために『マック』に「夜通しかけて走ってでも一番はじめに着くように」と無理難題をつきつけました。

しかし、結果的にマックは居眠り運転をしてしまいます。

更に、暴走族から仕掛けられたイタズラが原因で2人は離れ離れになってしまいます。

そして、マックィーンはマックを探しているうちにルート66沿いの田舎町である『ラジエーター・スプリングス』に迷い込んでしまいます。

焦ったマックィーンは夜の町中を暴走したあげく、街のものをボロボロに壊しまったがために保安官である『シェリフ』に逮捕されてしまいました。

すると翌日、交通裁判により、『道路の舗装』を命じられてしまいます。

しかし、そんなことをしてしまっては大会に出られなくなってしまうためマックィーンは村人たちに「自分はレーサーで、これから大会に出場しないと行けないから、誰よりも早く会場に着きたいんだ」と説明しました。

しかし、みんな彼の言葉を信じることはなく、無視されてしまいました。

仕方がないので早く終わらせて町を出ようと急いだマックィーンでしたが、道路は以前よりひどくなってしまったため、町のリーダーである『ドック』から「やり直し!」と怒られてしまいます。

本当に時間がなくなってきたマックィーンはもう一度みんなに「自分はレーサーだ」伝えました。

何度も必死に伝えてくるマックィーンに対してドックはそれを証明するために、町への退去と道路の舗装を賭けたレースを申し込みました。

早速レースは始まりました。マックィーンは「楽勝だ!」と思いながら順調にスピードを上げていましたが、今までのレースとは違っていたため、急カーブを曲がり切ることが出来ずに、マックィーンは崖下に落ちてしまいました。

その結果、負けてしまったマックィーンは、悔しがりながら「約束は約束だ!」と踏ん切りを着けて道路の再舗装に取り掛かりました。

更に、それと同時にダートでの自主トレーニングに励むようにもなりました。

また、錆びだらけのレッカー車メーターとも仲良くなっていきました。

その翌日、マックィーンはドックが実は「伝説のレーサー」で有名な『ファビュラス・ハドソン・ホーネット』であることを知りました。

そして、このことを村人たちに伝えましたがそんなことは信用されず、終いには笑われてしまいました。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『カーズ』キャスト・出演者

  • ライトニング・マックィーン:オーウェン・ウィルソン/土田大
  • ドック・ハドソン:ポール・ニューマン/浦山迅
  • ルイジ:トニー・シャルーブ/パンツェッタ・ジローラモ
  • チック・ヒックス:マイケル・キートン/内田直哉
  • キング:リチャード・ペティ/岩崎ひろし
  • ボブ・カトラス:ボブ・コスタス/赤坂泰彦
  • メーター:ラリー・ザ・ケイブル・ガイ/山口智充
  • サリー:ボニー・ハント/戸田恵子
  • ダレル・カートリップ:ダレル・ウォルトリップ/福澤朗

この映画は、2001年より制作開始されており、元々は『Route 66』というタイトルで制作されていました。

しかし、1960年代に同名のテレビドラマ『ルート66』(Route 66)があったことから、作品名を『カーズ』に変えたのです。

映画『カーズ』スタッフ

監督

ジョン・ラセター
ジョー・ランフト

音楽

ランディ・ニューマン

脚本

ボブ・ピーターソン

製作

ダーラ・K・アンダーソン

興行収入

$461,983,149〔世界〕
$244,082,982〔アメリカ〕
22.3億円〔日本〕

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『カーズ』感想や口コミ評価

男性
男性
「カーズ」は最初見たときは車好きな男の子のための作品のような印象でした。レースカーである「ライトニング・マックイーン」の高飛車な態度は鼻につくところがあります。しかしある日事故で彼はさびれた街に迷い込んでしまいます。それまでスターだった彼の扱いは急変。そこではただのマックイーンマックイーンでした。そして高飛車な態度だった彼は少しずつ変わっていきます。
さびれた街ではありますが、ここで登場する車たちは個性豊かで心が温かい印象を受けます。その中でも特に印象に残ったのが「メーター」です。すごく間の抜けたキャラの彼ですが、同時に純真さも伝わってきます。またヒロイン役?となる「サリー」ですが声優さんが「戸田恵子さん」なんです!聞きなれた声ですが、とても魅力的です。そしてマックイーンを大きく変えることのなる「ドック・ハドソン」。堅物のイメージを持たせるキャラですが、伝説のレーサーということに驚きです。そして今ならマックイーンは全盛期のレーサーなのですが、さすが伝説と呼ばれるだけあり、テクニックの違いを一瞬で見せつけます。実際には彼は走っていないので見せつけるというよりは、すべてを見抜いてマックイーンに自爆させた感じで笑ってしまうシーンです。
そうして迷い込んだ街で自分に足りないものを学んだマックイーンはレースに復帰します。彼が戻ったときには姿を消していたことから多くの憶測が飛び交っていました。まさか迷子になっていたなんて誰も想像できませんが、スターならではのことですね。レースに復帰したマックイーンは一味も二味も違います!「蝶のように舞い、蜂のように刺す!」という言葉を大切にしていたマックイーンはレースだけでなくその後の人生においてもそれを成し遂げたかのように見えます。そして迷い込んだ街「ラジエータースプリングス」への恩返しもきちんとするのがこの作品の魅力の一つです。地位や名声を得た後にしっかりと後ろを振り返る姿勢は大切なものを感じます。
また最後のレースに登場し見事悪役のような走りを見せ優勝したライバルは、その姿勢や態度に見合った扱いを受けていることが明確にわかります。子供向けな作品だけあってわかりやすい表現が多いので、ぜひ家族で見てほしいです!
女性
女性
車ばかりが主役の物語。マックイーン、かっこよすぎです!!最初はレースの場面から始まる。たくさんの車が走る中をすり抜けて行く所は、リアリティーがある。本当に車に乗っているように感じてしまうほどです。
次のレースに向けて励むも、たくさんの問題に巻き込まれる。頂点に近いところにいたはずがいつの間にかどん底におとされるような展開。良いことばかりじゃないんだなと思い知らされる場面でした。でも、マックイーンが心を入れ替えて頑張っていく姿はやっぱり感動。底からはい上がっていく強さを感じました。まるで私たち人間と同じように感じました。迷い混んだ町の車達と仲良くなり、友達ができる。そして最後は応援してくれる車達。それまでの過程を観てるだけに感動は計り知れない。ここはおすすめシーンです。
最後にあるレースでは1番ではなかったけれど、その理由を映画で観た時に感動すると場面です。映画の最初にみていたマックイーンがまるで別人。いろんなことを経験し、たくさんの車達に出会って変わった本当にかっこいいマックイーンをぜひみてほしいです!!
私も何度もみた映画の1つではありますが、何度見ても感動するし、おもしろい。とてもいい映画に出会えました。
女性
女性
主人公のライトニング・マックイーン。赤いスポーツカーのキャラクターを見たことがある人も多いのではないでしょうか?このマックイーンですが、とっても走りが速く新人なのにチャンピオン目前。とっても有望なレーサーです。しかし、その天才さゆえに傲慢で自意識過剰。友だちや仲間は一人もいません。そんなマックイーンがひょんなことから訪れた町、ラジエーター・スプリングスでメーターやサリーと出会い変わっていきます。
私が印象に残っているのシーンはふたつ。ひとつめは、最初のレースシーンです。冒頭でいきなりカッコいいサウンドと共に激走する車たちが走ります。こちらは日本語吹き替え版で再生しても、英語が流れて字幕で楽しみます。英語の方がカッコよさが伝わるからなのでしょうか?本当にカッコいいです。BGMの音楽なのに音量も大きめでノリノリになれます。序盤から楽しさしか感じさせませんよ。
そして、もうひとつは、ラストのシーン。ラジエーター・スプリングスは最初地図にも載らないような過疎化地域。本当にさびれている。という言葉が似合うような町でした。もちろん、マックイーンも心を開いておらず見下していたのですが、最後には夢の企業ダイナゴとの契約を断って、ラジエーター・スプリングスの仲間たちとやっていくことに。嬉しかったです。
女性
女性
主人公である若きレーサーのライトニング・マックィーンは、ちょっと傲慢で自己中な態度に最初はプチイラッの連続でした。レースで3台同時ゴールとなり、それも負けそうだったのを自分の舌を伸ばすという姑息な手を使うというなんとも情けない始まりでした。そうして後日決勝レースをする事になりますが、その会場に向かう移動車の中から手違いで落ちてしまい、ある寂れた町に迷う込む事から彼の人生観が変わっていくのですが、その過程をそこに住む車たちとのやりとり等を丁寧に描き出している所がよかったです。印象的だったのは、その町の牧場シーン、友達となるメーターといたずらで忍び込むのですが、やっぱり牛たちもトラクターになっているのは可笑しく楽しいシーンでした。一番素敵だなぁと思ったのが、町で知り合った女弁護士のサリーと仲良くなり、巨大な切り立った岩山が続く雄大な景色の中を二台でドライブするシーンです。とてもロマンチックでうっとりとしてしまいます。そして山頂?で、町を見下ろしながら、昔の高速道路ができる前のゆったりとドライブを楽しめ、みんなの憩いの場となっていたこの町が好きという所も共感できました。最後に、マックィーンは勝ち負けにしか興味がなかったのがウソのように、相手も尊重するという態度に変わっていて、映画から沢山の良いメッセージを頂いたと思います。
男性
男性
カーズは車が動いて、車がしゃべってというディズニーならではの、映画になっています。カーズは大人から子供まで楽しめる作品だと感じます。なぜなら、喜怒哀楽が多くあり、大人でも感動できるからです。子供むけの映画で大人も楽しめる映画が少ない中、カーズは家族でみて、楽しい映画だと思います。やはり、車なので走るシーンが多くあります。レースの白熱したシーンは心を熱くさせるものがあります。ライトニング・マックィーンとメーターの関係は、素晴らしいものがあると思います。メーターはお調子者で失敗をよくしてしまうが、ライトニング・マックィーンが、メーターの失敗も上手くフォローしてあげているところは、微笑ましいです。ぜひ、みんなも見て欲しいです。
女性
女性
車好き、F1好きにはどの世代でも堪らない!PIXARが送る車アニメーション。確かに車に興味がない人は、DVDショップや動画配信サービスで一番初めに選ぶ取る作品ではないかもしれません。ですが、このカーズ、結構奥が深いんです!本編序盤レースに優勝したマックイーンですが、レース中必要なタイヤ交換をせず、無茶して走り、挙句タイヤが擦り切れ走れない代わりに舌を出して一位、二位と同着になったほど、何というか「若い!」カーレーサー。自身の能力を過信し、売られた喧嘩は買っちゃうようなそんな彼。ですが、ひょんなことから辿り着いたのは、人改め車もあまり通らないラジエーター・スプリングスという田舎町。因みに知っている人も多いアメリカ合衆国「ルート66」沿いです!
この町で過ごし、町の車たちと交流することでマックイーンの気持ちにも変化が出てくるのですが…

私のおすすめは何と言っても、このラジエーター・スプリングスに住むドック・ハドソン。彼、本当に格好良いんです!もともとマックイーンも参加するピストンカップで優勝経験も多々ある走者だったのですが、怪我を理由に参加を諦めてしまいました。もう自分の居場所はないと諦めるドックですが、ある日マックイーンは一人でレーサー並みに走るドックを目にします。口では何を言っていても、やはり走ることが好き。もしかしたらマックイーンに感化されたのかもしれませんが、颯爽とネイビーのボディを煌めかせて走り抜けるドックは本当に格好良いです!

またマックイーンがラジエーター・スプリングスの皆へ、町の復興のために壊れて廃れたネオンを直した後の様子は車たちも嬉しそうに、ノリノリでお尻を振りながら走行しています。やっぱり昔の姿が戻るのは誰でもとても嬉しいですよね、特に車は壊れたり、錆びたり、乗れなくなればスクラップにされてしまいます。ラジエーター・スプリングスはそんな彼らの心の様子を表しているようで、マックイーンの出現はそんな彼らには刺激的だったと思います。

本編後半、最後のレース中に別れもきちんと言えず去ってしまったラジエーター・スプリングスの皆がコースを外れたマックイーンの視線の先にいるのですが、ここはもう感動以外のなにものでもありません!大人気ルイジとグイドの可愛らしいやり取りも含め、是非一度観てみてくださいね!

女性
女性
この映画は2006年に公開されたアメリカの映画です。ピクサーが贈る人気アニメーションシリーズのカーズの1作品目です車や乗り物が擬人化された世界が描かれていて興味深く視聴できました。レースに情熱をかける若いスポーツカーの友情や恋、成長などが描かれています。簡単なあらすじは、ピストンカップで初の新人チャンピオンを狙うライトニング・マックイーンは、最終レース地に向かう途中ひょうなことから田舎町に迷い込みます。反発しながらも人々の優しさに触れ、他にが大切なのかに気づいていくという心温まるストーリーでした。この映画の見所は、マックイーンの心の成長と、ドライビングテクニックの成長でした。特に、マックイーンがレースに出て見事にドリフトを決めるシーンは最高でした。
男性
男性
登場人物が車って、子供向けだからな~と甘く見ていました。感情移入できないと思いきや、全然そんなことありません。

むしろ観ていると、出てくるキャラクターたちの魅力にはまり、最後には全員好きになってしまいます。主人公のライトニング・マックイーンは、レーサーとして活躍している人気者なので、最初はめっちゃ鼻につく性格でした。

しかし、なぜか彼はある日寂れた町の「ラジエーター・スプリング」に滞在することになってしまいます。昔は賑わっていた町も、今や静かで人通りも少なくなっていました。この町に滞在している内にライトニングマックイーンも性格が変わっていきます。

特にメーターは彼の性格に大きな影響を与えたようにも思います。環境を変えることで、今までの価値観が変わるってことはよくあると思いますが、ライトニングマックイーンはとてもいい影響を与えてくれるようです。

映画『カーズ』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス