洋画

映画『ジュラシックワールド』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャスト

このページでは、映画『ジュラシックワールド』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジュラシックワールド』と言えば、2015年に公開されたアメリカ合衆国製作のSF映画!スティーヴン・スピルバーグが監督を務めた映画『ジュラシック・パーク』は今見ても素晴らしい作品ですよね!

本作は、「ジュラシック・シリーズ」の第4作品目のあたる映画!今回も恐竜たちから目が離せません!

この記事では、映画『ジュラシックワールド』の動画がどの動画配信サービスで取り扱いがあるのか?映画『ジュラシックワールド』の動画には、日本語字幕と吹替とどちらがあるのか?

また、映画『ジュラシックワールド』の高画質動画を無料で視聴する方法はあるのか?について書いています。参考にされてください!

ディズニーデラックス

映画『ジュラシックワールド』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『ジュラシックワールド』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ジュラシックワールド』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu なし 1,026円
(税込)
2週間
TSUTAYA TV
× 400円 933円 31日間
dTV なし 500円 31日間
TELASA なし 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円〜 31日間

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『ジュラシックワールド』シリーズ

U-NEXTでは、映画『ジュラシックワールド』シリーズ作品も配信中です!

U-NEXTで見れる『クリス・プラット』関連作品

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジュラシックワールド』の映画情報

映画『ジュラシックワールド』あらすじ

22年前、イスラ・ヌブラル島でジョン・ハモンドが作った「ジュラシック・パーク」が大問題を起こしてから時が経ちました。

インジェン社の社長、サイモン・マスラニが島を買い取り、新しくオープンさせた「ジュラシックワールド」は、生きた恐竜を見ようと世界中から人が集まる大人気テーマパークに変わりました。

「ジュラシックワールド」の運営責任者を務める叔母であるクレアを訪ねた甥のザックとグレイ。本物の恐竜を見られるとグレイは大はしゃぎです。

クレアは、甥の年齢も把握しておらず、案内も自身の秘書に丸投げして仕事に戻りましたが、行列に並ぶ必要のないパスを2人に与えました。

そして、クレアは訪れたスポンサーに新しく開発された新種の恐竜「インドミナス・レックス」を紹介します。より凶暴でより恐ろしく開発されたその恐竜は、白い体をしていました。

その頃、凶暴なラプトルの4姉妹にブルー、エコー、チャーリー、デルタと名前をつけて調教をしていたのはオーウェンです。リーダーは、長女であるブルー。

しかし、スタッフが檻の中に落ちてしまい、オーウェンは助けに入ります。食われそうになりますが、無事に二人とも檻の外に出られました。

警備部部長のホスキンスは、ラプトルを兵器化を期待していました。

その後、スポンサーに紹介したインドミナス・レックスが壁を登って逃走した、という報告が入ります。

しかし、確認のためにオーウェン達が檻の中を見に行った途端、体温調節をして熱感知センサーに反応しなかったインドミナス・レックスが襲ってきました。

本当に脱走したインドミナス・レックスを捕まえるために、すぐに銃を持った部隊が出動しますが全滅。コースを外れて探検をしていザックとグレイもインドミナス・レックスに襲われましたが、命からがら逃げ延びました。

しかし、ヘリコプターで上空から攻撃した時に誤って、インドミナス・レックスがプテラノドンの檻を破壊。プテラノドンも逃げ出し人を襲い始めます。

大パニックになる客。その中には、ザックとグレイもいました。二人を世話を頼まれ、やっと見つけたクレアの秘書・ザラでしたがプテラノドンに襲われ、最終的にモササウルスの餌になってしまいます。

ザックとグレイは、クレアとともに行動をしていたオーウェンも合流。上層部は、オーウェンが調教していたラプトルの4姉妹を駆り出すことを決断します。

オーウェンの指揮のもと、インドミナス・レックスに攻撃させようとしますが、インドミナス・レックスにはラプトルの遺伝子も使われていたため、何とラプトルと交流が出来てしまいます。隊員の一人が誤って発砲してしまい、ラプトルも敵になってしまいます。

隊員を襲うラプトル達でしたが、飛んできたロケットランチャーでデルタは死亡。ブルーはオーウェンを襲い、デルタとエコーはクレア、ザック、グレイの乗ったトラックを襲います。

一方、ジュラシックワールドの技術を全て持ち出して逃げようとした科学者のウー博士とホスキンス。しかし、ウー博士は無事に逃げられましたが、ホスキンスは逃げる途中でラプトルに襲われて死亡。

その後、ブルー、デルタ、エコーに襲われた4人でしたが、オーウェンが語りかけたことで3頭はオーウェンとの絆を思い出します。

人間を襲わないラプトル達をインドミナス・レックスは攻撃。しかし、インドミナス・レックスはラプトル達だけでもどうする事も出来ず、クレアはT-レックスを檻から出します。

発煙筒を追いかけてきた、T-レックスはインドミナス・レックスと戦います。ブルーもオーウェン達を守るように加勢。

最終的にインドミナス・レックスは、巨大な水槽の近くで倒れた際に、水槽に住んでいたモササウルスによって水に引きずり込まれてしまいました。

1匹になってしまったブルーは、オーウェンの元を去ります。

ジュラシックワールドは壊滅状態になり、被害者も数多く出ました。避難先であるコスタリカの避難場所で、クレアとオーウェンは良い雰囲気になり、ジャックとグレイは無事に両親と再会出来たのでした。

逃げ出したT-レックスは、無人となった「ジュラシックワールド」を見下ろす形で咆哮を上げるのでした。

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジュラシックワールド』キャスト・出演者

  • オーウェン・グレイディ:クリス・プラット
  • クレア・ディアリング:ブライス・ダラス・ハワード
  • グレイ・ミッチェル:タイ・シンプキンス
  • ザック・ミッチェル:ニック・ロビンソン
  • サイモン・マスラニ:イルファーン・カーン
  • ザラ・ヤング:ケイティ・マクグラス
  • ロウリー・クルーザース:ジェイク・ジョンソン<>/li
  • ヴィヴィアン(ヴィヴィ)・オキアミ:ローレン・ラプカス
  • バリー・センベーヌ:オマール・シー
  • ヴィック・ホスキンス:ヴィンセント・ドノフリオ
  • ヘンリー・ウー:B・D・ウォン
  • カレン・ミッチェル:ジュディ・グリア
  • スコット・ミッチェル:アンディ・バックリー

映画『ジュラシックワールド』にシリーズ4作品を通して唯一出演しているのが、科学者であるヘンリー・ウー博士を演じているB・D・ウォン。

本作でも引き続き科学者を演じ、インドミナス・レックスを創りあげたキャラクターです。

始まりである映画『ジュラシック・パーク』でジュラシック・パークの創始者ジョン・ハモンドは、作中でも創始者として尊敬されています。

ジョン・ハモンドを演じるリチャード・アッテンボローは、2013年にこの世を去りました。映画『ジュラシックワールド』の公開は、2014年。本作に関心を示していたようですが、世界に公開されるのは見届けられずに亡くなったそうです。

映画『ジュラシックワールド』スタッフ

監督

コリン・トレヴォロウ

音楽

マイケル・ジアッチーノ

脚本

リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
デレク・コノリー
コリン・トレヴォロウ

原案

リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー

製作

フランク・マーシャル
パトリック・クロウリー

製作総指揮

スティーヴン・スピルバーグ
トーマス・タル

原作

マイケル・クラントン

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジュラシックワールド』感想や口コミ評価

男性
男性
映画『ジュラシックワールド』では、巨大な体を揺らしてモササウルスが飛び跳ねるシーンは迫力満点です。ホホジロザメがエサとして与えられている描写がありましたが、サメの中でも大型のホホジロザメが小さく見えるぐらいの巨体です。陸上で殺戮の限りをつくすインドミナス・レックスももちろんかっこいいのですが、海中のモササウルスもとてもかっこいいです。また、インドミナス・レックスには数多くの生き物のDNAが組み込まれていて、実在した恐竜にはないカモフラージュ能力などを備えていてそれを用いて人間を返り討ちにするのがおそろしくもあり、すごいと感じます。それから恐竜の中では有名な部類であるプテラノドンも劇中で活躍していて、彼らがどんなふうに狩りをしていたかを想像させるシーンがあって印象的でした。ラプトルという恐竜も主役級の活躍をみせるのですが、たいへん頭がよく小回りがきき、さらには殺傷能力も高いということがよくわかる演出で何度もドキドキさせられました。映画ではティラノサウルス・レックスももちろん登場します。映画『ジュラシックワールド』の中で出てくる、ティラノサウルス・レックスとインドミナス・レックスの大型恐竜同士の戦いは思わず身がすくむほどのリアリティーがあって、最後の最後まで息をつかせぬ展開が待っていました。映画『ジュラシックワールド』は、老若男女だれでも楽しめる映画です。
男性
男性
映画『ジュラシックワールド』で、ジュラシックパークにておなじみになった、スティーブンスピルバーグが作った恐竜パニック映画です。その舞台は、第1作目から数えると22年後です。この映画で設定されている時代では、ジュラシックパークの安全性をさらに高めて、ジュラシックワールドがオープンしました。そこで描かれている、まるでディズニーランドのような晴れやかな舞台出るのが、ワクワクしました。この映画の中では、遺伝子組み換え操作により、新種の「インドミナス・レックス」を誕生させました。ストーリー的には、お約束通り、新種のインドミナス・レックスが、檻から脱走しジュラシックワールドの観客たちを襲い始めるというものです。また、コンピューターグラフィックスを駆使してのイスラ・ヌブラル島の火山の様子も見応えがありました。
男性
男性
映画『ジュラシックワールド』は、歴代のジュラシックパークの映画を見ている人からでも大人子供でも全然楽しめる作品だと思います。映画『ジュラシックワールド』の見どころは色々な恐竜や動物の遺伝子が組み込まれたハイブリット種であるインドミナスレックスと長い間人間に調教され人間との絆の関係が出来たラプトルとジュラシックワールドで見せ物であるT-レックスとの戦闘シーンです。恐竜のテーマパークであるジュラシックワールドが舞台で色々な種類の恐竜が出てくるため恐竜好きには満足できる作品だと思います。映画『ジュラシックワールド』は、ストーリーの内容としても大人でも十分楽しめる内容で家族で見れるオススメの映画です。何より映像が今回の映画『ジュラシックワールド』では、かなり作りこまれていてかなり綺麗で鮮明に恐竜の動きが再現され、自分も子供に戻ったみたいで楽しめる作品でした。
男性
男性
映画『ジュラシックワールド』で、私の大好きな『ジュラシックパーク』が帰ってくるということでとても期待していました。私が幼いころに恐竜に興味を持ち、父親に恐竜博に連れて行ってもらったのも『ジュラシックパーク』の影響です。ありがとうスピルバーグ。基本的にこのシリーズの展開は同じです。人間のエゴによって生き返らせられた恐竜が逃げ出し、人間を襲う映画です。今作でもそのプロットは外れません。それでも最も現実的に描かれていたのではないでしょうか。今後恐竜に対する研究が進み、生き返らせることが出来るとなればこのようなアトラクションパークが生まれることは確実でしょう。(もうすでに技術としてはできるのかもしれません…)しかし私たち人間が神様となってもいいのか、越えてはいけない一線を越えてしまったときにどうなってしまうのか、忠実に描いています。恐竜ファンとしてこのようなアトラクションが出来る世界というものを創造し、熱望したこともあります。ただやはりこの映画を通して自分を戒めることとします。生物環境観として話してきましたが、恐竜が好きな方はぜひ映画『ジュラシックワールド』を鑑賞してみてください。この映画『ジュラシックワールド』を始めとして三作公開されるようなので、人間が神になった世界の行く末を最後まで見届けようと思います。映画『ジュラシックワールド』興奮すること間違いなしです。
女性
女性
スティーヴン・スピルバーグが作ったあの衝撃的な恐竜映画から、随分と時がたちました。映画『ジュラシックワールド』では、ずっと人間を襲っていたラプトルが人間と協力して、新たな敵と戦うのがとてもハラハラドキドキしてとても良かったです。特にラプトル四姉妹の長女であるブルーがとても可愛かった!ラプトルが可愛い反面、人間のエゴで創られたインドミナス・レックスが可哀想でした。見世物として生み出され、好きなように暴れて死んでしまいましたが、人間はいつになったら、手を出していけないものに手を出すということがどういう結果になるのか、を学ぶのだろうかと思いました。自分達なら大丈夫だという根拠のない自信は、過去から何も学んでいないことなのだと感じてしまいました。
男性
男性
映画『ジュラシックワールド』の舞台は、ジュラシックパークの悲劇から22年が経ち、新たに「ジュラシック・ワールド」というテーマパークが設立され、そこで生まれた高い知能のインドミナス・レックスがワールド内に新たな惨劇を引き起こす壮大かつ恐竜好きにはたまらない映画となっています。おすすめのシーンはジュラシック・パークにも登場したお馴染みのティラノサウルス、ベロキラプトルと主人公達が欲に溺れた人間達がDNA配合によって作り上げた凶悪な恐竜に立ち向かう臨場感溢れる戦闘シーンが見所です。様々なDNAの配合によって生み出されたこのインドミナス・レックスは次回のワールド2にも大きく関わってくるため、注目です!またジュラシック・パークの時よりもCGレベルががり、映画『ジュラシックワールド』の映像がよりリアルで本当に恐竜が実在するのではないかと疑ってしまうほどびっくりしました。
女性
女性
映画『ジュラシックワールド』は、ロボットではない本物の恐竜たちが生息するジュラシックワールドの世界で夢のようだと思いました。あんな島が本当にあったら行ってみたいと思うし、子供たちの夢だと思います。施設には様々な工夫がされていますが、モササウルスの捕食シーンは圧巻でした。興味のなかったおにいちゃんもそれで興味を持ち始めるところがリアルだと思います。あんな目の前で大きな肉をかぶりつく恐竜が目の前に出てくると、興奮するだろうし本当に怖いだろうなと思いました。そしてサファリパークのような、でも車ではなくて最新で子供でも運転できるような乗り物で恐竜が自然に生きる姿を目の前で観られるなんて、どんなに楽しいだろうと思いました。でも、そんな中で鳴る警告の音に緊張が走りました。肉食の恐竜のすさまじい捕食シーンを見た後に、自分がそんな恐竜が生きる場所に取り残されたと考えたら絶望すると思います。だけどオーウェンがすごくかっこよくて、頼もしかったのでドキドキしながらも助けても会えると思って安心して観られました。なつくはずのない恐竜がオーウェンの言うことを聞こうとする姿がすごく可愛かったです。人間のエゴで遺伝子組み換えされて知能も高く強い恐竜を作って、だけどその恐竜が暴れだしたら殺そうとするなんてすごい人間って身勝手だなと思いました。そして最後の恐竜対決は迫力がすごくてかっこよかったです。怖いけれどやっぱり、本当にこういう施設があればいきたいと思いました。

 

映画『ジュラシックワールド』の
動画を無料視聴する

*2020年7月時点の情報なので、ホームページでも詳細をご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス