洋画

映画『ジュラシックパーク』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじシリーズまとめ

このページでは、映画『ジュラシックパーク』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジュラシックパーク』はマイケル・クライトンの同名小説を原作として制作された実写映画。1993年公開でスティーブン・スピルバーグが監督を務め、大ヒットとなり、続編も制作されました。

ディズニーデラックス

映画『ジュラシックパーク』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『ジュラシックパーク』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ジュラシックパーク』VODでの動画配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円/2日 932円 30日間
dTV なし 550円 31日間
TELASA なし 572円 30日間
Netflix なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円〜 30日間

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『ジュラシックパーク・シリーズ』

U-NEXTでは、映画『ジュラシックパーク』シリーズ作品も配信中です!

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジュラシックパーク』の映画情報

映画『ジュラシックパーク』あらすじ

厳重警備の設備に、堅牢なコンテナが運ばれてきます。コンテナの扉を開けた時、生物が暴れだし、上にいた警備員は転落、僅かな隙間から引きずり込まれ食いつかれます。

周りで警備を担当する者が救助を試み、射殺しようとし射撃するも、助けることは出来ませんでした。

ドミニカ共和国の琥珀の採掘場では、インジェン社、財団の会長、ジョン・ハモンドが立ち会っています。

ハモンドを訪ね弁護士のドナルドが来て、「訴訟を起された、再度、審査が必要だ」と言います。

一方、アメリカ北西部、モンタナ州・バッドランドでは古生物学者のアラン・グラント博士と古代植物学者のエリー・サトラー博士が恐竜の化石を発掘していました。

そこにハモンドが訪れます。彼は長年博士たちの研究費用の出資者でしたが、会う機会がなかったので、二人は彼のことを知りません。

ハモンドは簡単な自己紹介をし、グラント博士が握手をすると、ある依頼をします。

それはハモンドがオープンを予定している娯楽施設のために「権威のある人物の承認が欲しい。視察に来てくれないか」というものです。

グラント博士は断りかけますが、ハモンドが3年間分の研究費の出資を申し出て、二人は施設へ向かうことにします。

その頃コスタリカ・サンホセで、産業スパイがエンジニアのデニス・ネドリーに、研究所にある生物の胚を盗み出すことを頼みます。彼はOKして、大金をつかんで大喜びです。

週末、ハモンドが用意したヘリコプターにグラント博士、エリー博士、ハモンド会長と彼が依頼した数学者のイアン・マルコム博士、弁護士のドナルドが乗り、飛び立ちます。

マルコム博士は一風変わった人物でした。

イスラ・ヌブラル島の施設に降り立つと、そこにはボディーに「ジュラシック・パーク」というロゴが書かれた車両がありました。

施設は1万ボルトの電流が流れる柵が80km周囲に設置されており、さらに堀と追跡センサー・システムが完備されているということでした。

車で中に入っていくと、そこでは本物の恐竜が群れを作って生活していました。博士達はとても驚きます。

そこは本物の恐竜を蘇らせた娯楽施設、「ジュラシック・パーク」。

グラント博士は6500万年前に絶滅した恐竜を、どのような方法で蘇らせたのか疑問に思います。

ハモンドは、島の中央にある建物に着くと解説を始めます。

「恐竜の血を吸った蚊が木に止まり、その蚊が樹液に包まれて琥珀の中に閉じ込められ、その吸った血を抽出し、DNAを解析してクローンを作る」というもので、DNAの欠損部分はカエルのDNAで補っていました。

グラント博士はこの施設は危険だと思います。草食恐竜だけではなく、肉食恐竜も生息していたのです。

イスラ・ヌブラル島は孤島ですが、自然に近い形で放し飼いにしていると、「人間の力では制御できない部分が出てくる」と指摘したグラント博士に、研究員は「恐竜は野外では100%誕生しない」と伝えます。

DNAを操作して、メスしか放されていなかったのでした。

しかし数学者のマルコム博士は独自の理論から「完全に100%を維持することは出来ないだろう」と語ります。

2人の学者の反対に対し、ハモンドはとにかく施設内を見学してもらおうと考えます。

初めに見に行ったのは、グラント博士が長年に亘って研究対象としているヴェロキラプトル(ラプトル)の檻。

5頭のラプトルがいる檻の中にエサとして牛が降ろされます。

檻は厳重で、植物で覆われており、ラプトルの姿は見ることが出来ませんでしたが、牛は瞬く間にラプトルの餌食となります。

午後からは基本的なツアー・コースを実際に体験してもらう言われます。

富裕層に勧めようと考える弁護士のドナルドに対して「世界中の人たちに開放するつもりだ」とハモンドは言います。

その後ハモンドの孫で、姉のコンピューターに詳しいレックスとグラント博士の著書のファンの弟ティムの2人がパークにやってきます。

昼食後、グラント博士、エリー博士、マルコム博士、ドナルド弁護士、レックスとティムの姉弟が2台の電動車に分乗してツアーに出発します。

まず最初に行ったのはディロフォサウルスという恐竜の所です。しかし恐竜は姿を現しません。

続いてティラノサウルスの所へ向かいますが、ここでも恐竜は出てきません。

おびき出すためにエサとして生きたヤギを置きますが、ティラノサウルスは現れませんでした。

ハモンドは癇癪を起こしますが、博士達は「恐竜は人間の思い通り行動しない」と言います。

その頃、観測データから西で嵐が発生したことが判明、島に近づいて来ていました。チーフ・エンジニアのレイ・アーノルドが問題視します。

しかしまだ時間的に余裕だと考え、ハモンドはツアーを続ける判断をします。

博士達が車の外に出ると、病気で倒れているトリケラトプスがいました。

エリー博士はトリケラトプスの舌に小さな水泡ができており、ライラックなどの有毒な植物を食べたのではないかと考えます。

その頃、本土への最後の船が出航する直前で、ネドリーは胚を盗むためにサイダーを買いに行くと言って出て行きます。

彼はコンピューターを使って施設のセキュリティーシステムを切る操作を実行していました。

研究所に忍び込み、恐竜15種の胚を取り出して保管の仕掛けが付いた缶に入れて取引場所へ急ぎます。

しかし嵐で土砂が流れ出していて、車は倒木に引っ掛かり動けなくなります。車をけん引するためにケーブルを木に掛けようとしていると、小柄な恐竜、ディロフォサウルスが現れます。

ディロフォサウルスを前にしてネドリーは油断してしまいます。彼が車に戻った時にディロフォサウルスは豹変、毒液をネドリーにかけます。

顔に毒液がかかって目に入り、倒れて苦しむ彼は襲われて恐竜の餌食になります。

一方、電動車に戻った博士達ですが、電力がストップして車が止まってしまいます。柵の高圧電流も切れてしまい、無線も通じなくなり連絡が取れません。

中央施設でも解決しようと試みますが、ネドリーがコンピューターにロックをかけていたため操作が受け付けられませんでした。

その時ティムは振動を感じます。コップの水が揺れ、車で寝ていたドナルドも起き上がります。

ティムがヤギがいなくなっていることに気が付くと、直後に車の上に食いちぎられたヤギの脚が落ちてきます。見上げるとティラノサウルスが出現し叫び声を出します。

動転したドナルドは車外へ逃げ出しトイレに身を隠します。

後ろの車のグラント博士とマルコム博士も恐竜が現れたことに気づきます。

レックスが強力なライトのスイッチを入れます。恐竜の気を引いてしまうため、グラント博士はライトを消すように指示しますが、レックスには聞こえていません。

ティラノサウルスはレックスとティムの乗った車を攻撃し始めます。

グラント博士は発煙筒でティラノサウルスの気を引きますが、マルコム博士も発煙筒を持って走りだし、ティラノサウルスはそれを追いかけます。

マルコム博士が走った先にはドナルドがいる野外のトイレがあり、ティラノサウルスはそれを壊し、ドナルドは食べられてしまいます。

グラント博士は子どもたちの乗る車に行き、まずレックスを助けます。戻って来るティラノサウルスを見てレックスが叫びそうになりますが、グラント博士は動かず音を出さなければ見つからないとしてレックスの口を手でふさぎます。

ジュラシック・パークに入った彼らは無事に逃げられるのか。

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジュラシックパーク』キャスト・出演者

  • アラン・グラント博士:サム・ニール
  • エリー・サトラー博士:ローラ・ダーン
  • イアン・マルコム博士:ジェフ・ゴールドブラム
  • アレクシス・マーフィ:アリアナ・リチャーズ
  • ティモシー・マーフィ:ジョゼフ・マゼロ
  • レイ・アーノルド: サミュエル・L・ジャクソン

映画『ジュラシックパーク』スタッフ

監督

スティーヴン・スピルバーグ

脚本

マイケル・クライトン
デヴィッド・コープ

音楽

ジョン・ウィリアムズ

撮影

ディーン・カンディ

編集

マイケル・カーン

製作

キャスリーン・ケネディ
ジェラルド・R・モーレン

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジュラシックパーク』感想や口コミ

男性
男性
『ジュラシック・パーク』(Jurassic Park)は、SF作家マイケル・クライトンの作品で映画化されて大ヒットを飛ばした作品です。わたしがマイケル・クライトンの名前を知ったのは異星の病原菌が地方都市を死滅させるSF映画の掌編『アンドロメダ…』の原作者としてです。
マイケル・クライトンは、恐竜の化石に付着した微量の遺伝子から恐竜を復元させ、その恐竜たちが人間を相手に暴れまわるという、奇想天外なSF小説を着想しました。クライトンはハーヴァード・メディカル・スクール(医学部系)を卒業しているので科学的・医学的なプロットを現実味を持たせて展開できるのです。原作発表が1990年。これをSF映画界の鬼才スティーヴン・スピルバーグが見逃すはずがありません。スピルバーグによる映画化は、実にその3年後の1993年。映像の魔術師とも賞賛されるスピルバーグはこの作品を「コンピュータ生成(Computer-Generated=CG)映画の金字塔」と見なされる作品に仕上げました。劇中で登場するティラノサウルスほかの恐竜類は、人間の役者を「食ってしまい」(食肉恐竜に実際に喰われる場面もありますが、人間よりも演技力・表現力のある恐竜が多数登場します)、登場人物たちの人間造形は今ひとつだったという酷評も一部ではなされたほどでした。SF色の強いエンターテイメント作品ですが、原作・映画全体を通して背景には「生命倫理や生命の進化・歴史」「テクノロジーの進歩と過信」に対する哲学的テーマが伏在しています。
男性
男性
スティーブン・スピルバーグ監督の最高傑作と言われる映画です。CGや恐竜のロボットは20年以上前の作品とは思えないくらいリアルで、まるで本当に存在しているかのように見えます。今続編のジュラシックワールドシリーズが話題になっていますが、1作目にはやはり及ばないと思います。ハイブリッド種など登場させず、かつての恐竜のありのままの恐ろしさが描かれており、ストーリーもテンポよく進むので飽きずに見ることが出来ました。グラント博士がティラノサウルスに襲われたティムとレックスを助けに行くシーンと、ティム達が厨房の中をヴェロキラプトルから見つからないように必死に逃げるシーンはとてもドキドキします。グラント博士達招かれた専門家たちがジュラシックパークのオープンに否定的だったところも、自然と生命に対する畏怖を感じられて印象に残っています。
男性
男性
【ジュラシックパーク】は、恐竜映画の金字塔といわれる作品です。10種類以上の恐竜が登場しますが、どの恐竜もリアルなCGで再現されていて、背景の美しさと相まって、作品の世界観にのめりこんでしまいます。また、BGMの壮大さもポイントで、スケールの大きい大自然の演出として必見です。ストーリー上の見どころは、恐竜に襲われるというショッキングな体験を通じて、夫婦愛や姉弟愛をはじめとした、家族の絆が描かれていることだと思います。ストーリー序盤では、反抗期を迎えたあまり仲の良くない姉弟が描かれていますが、ストーリー終盤では、お互いを信頼して力を合わせ、協力して恐竜に立ち向かうという姉弟の精神的成長と絆が描かれていて感動します。
男性
男性
何度見てもハラハラドキドキする大ヒット恐竜パニックサスペンス。ヒットを出し続けるジュラシックシリーズの原点、スティーヴン・スピルバーグ監督の映画で史上最大のヒット作です。現代に恐竜が蘇ったらきっとこんな感じなんだろうと想像力を掻き立てられる映画です。私の一番好きなシーンは主人公のグラント博士たちがハモンド氏に連れられて草原にやってきて、初めて生きた恐竜を目の前にしたシーンです。広い青々とした草原の上を多数の恐竜たちが闊歩するシーンは感動を覚えます。他にも見どころシーンは、雨の中停電で立ち往生することになった車の前にティラノサウルスが現れるシーンです。防御する手立てもなく、主人公たちは大ピンチ。恐竜の恐ろしさを感じるシーンの一つです。90年代の最新技術が使われていて恐竜がリアルに描かれています。ちょっと残酷なシーンもありますが、パニック映画がお好きな方、SFがお好きな方にはおすすめの映画です。
女性
女性
恐竜を吸血した蚊の血液から取り出した恐竜のDNAから恐竜自体を現代によみがえらせ、さらに恐竜テーマパークとして事業化するというストーリーには、現代社会ならではのリアリティが感じられます。観客がそのリアリティに納得できることと、アカデミー視覚効果賞を受賞したほどの恐竜の映像の高い完成度、この両者が相俟って、登場人物が初めてジュラシックパークの中に立ち入り、巨大な恐竜を目の当たりにするシーンでは、思わず観客自身もパークの中で実在の恐竜と対面しているかのような不思議な臨場感が味わえます。現代社会に恐竜が存在するという設定を観客が違和感なく受け入れられることが、この作品の最大の魅力になっているのではないか、と思います。
女性
女性
ジュラシックパークは、恐竜の動物園を作るというとっぴな発想の映画でした。しかし、恐竜の作り方は、採取したDNAサンプルを用いて、クローン技術も採用することで作るという説明は、科学的に納得ができて興味深かったです。基本的なストーリーはジュラシックパークの恐竜たちを管理しkれなくなり、恐竜たちが暴走するのです他、その時に、博士とその子どもたちが取り残されてしまいます。博士は恐竜についての専門知識を生かして、脱出を試みるのですが、その際には、親子愛も見せてくれます。この映画では、恐竜の映像のためにコンピュータ技術が駆使されていて、本物の恐竜のように見えるところが素晴らしかったです。最後に出てくる、テラノザウルスには迫力も覚えました。
男性
男性
この映画は友達と何人かで観に行きました。何十万年前氷河の土壌の中から恐竜の卵や化石をとりだして恐竜の命を復活させるという画期的な想像の映画でした。予告を見ただけでは想像つかない映画でしたのですごく興味津々で見に行きました。恐竜の卵の DNA を取り出したところまでは理解できるのですがそれからはやはり映画の世界で本当に恐竜を生み出すというのは今の科学の力でも難しいなと思っています。 人類がいない世界で大型恐竜が広い草原を走り回る世界は大きなスクリーンで見ると大迫力で面白かったです。ジュラシックパークの中でいる恐竜は体が大きくなるにつれて治らないような迫力でした。
2回目3回目の映画はその続編で私は予告だけ見て見ていませんが一番最初の映画は人気あったようです。友達も一番先の映画が良かったと話していました。
女性
女性
恐竜パニックが楽しめます。前置きは長めなので、本格的に恐竜が出てくるまでは時間がかかりますが、中盤からティラノサウルスがバンバン襲ってきます。とにかく巨大なので、車がおもちゃみたいに見えます。小さな小屋に逃げ込んだ男の人が、上からティラノサウルスに小屋を壊されて食べられてしまうシーンは怖かったです。また、従業員が雨の中逃げ出して道に迷ったところで、トカゲみたいな恐竜が後ろからついてくるところも怖かったです。体長はそこまで大きくないですが、車に乗ったらその車の中にまで乗り込んできて結局食べられてしまいます…。特にハラハラしたのは、女の子と男の子だけが乗った車が襲われることです。大人がついていないので二人だけで何とかしなければなりません…。女の子がキャー!と大声で叫ぶのでこちらまで緊迫して焦ってきちゃうんですよね。主人公のアランは何とか子供たちを救うのですが、子供たち二人の演技がものすごく上手で、また子供たち二人の時にティラノサウルスに狙われるシーンがあるのですよね。車の時よりもさらにハラハラしました。というのも、ティラノサウルスは一匹ではなく5匹くらいで襲いにくるからです。しかもそこは厨房みたいのところで、決して広い空間とは言えないのですぐ見つかりやすいですし、出口も限られています。お姉さんが弟を守るために勇気ある行動に出るところもスゴかったです。
女性
女性
小さい頃に見た時は、恐竜たちがあまりに怖く、トラウマになるほどでした。実にリアルな映像だったのだと、大人になって見直してから改めて感じました。製作当時の最先端の技術で作られた恐竜たちの姿は、本当に目の前に存在しているかのようです。もし自分がジュラシックパークに招待されたとして、おとなしい草食恐竜ならいいのですが、凶暴なティラノサウルスなどには絶対遭遇したくないと思いました。暴れる恐竜に襲われ、子供たちが車の中で必死に耐えるシーンは、こちらまで体が固まってしまうくらい怖かったです。人間の何倍も大きく、鋭い爪や牙を持った恐竜が絶滅していなかったらどうなっていたんだろうと思うと、恐ろしくなりました。それだけに、主人公と子供たちが何とか逃げきった後、心を通わせながら交流していく展開には、思わずほっこりさせられました。人間のエゴで蘇らせた恐竜が、結局とてつもない脅威として襲ってくるところが、なんとも言えない皮肉だと感じました。現代の技術をさらに高めていけば、ジュラシックパークの再現ももはや夢ではないと思います。とはいえ、自然や生物は人間の手に負えるものではないことも事実です。管理できるなんて甘く考えていたら、映画と同じような事態になるかもしれません。やっぱり、ジュラシックパークは夢のままであってほしいと、怖がりの私は願ってしまうのでした。

映画『ジュラシックパーク』の動画をフル視聴するには、U-NEXTが最もオススメです!

 

映画『ジュラシックパーク』の
動画を無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス