洋画

映画『ジャックリーチャー NEVER GO BACK』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャスト

このページでは、映画『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで動画無料試聴/
今すぐ無料で動画視聴

映画『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』は2016年公開のアクション映画。リー・チャイルドのアメリカでベストセラーとなっているジャック・リーチャーシリーズを映画化した『アウトロー』の続編です。

ディズニーデラックス

映画『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × 385円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 500円/2日 933円 31日間
dTV × 300円~ 500円 31日間
TELASA ○/× × 200円/2日 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円 31日間

 

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『ジャック・リーチャー』シリーズ

U-NEXTでは、映画『ジャック・リーチャー』シリーズ作品も配信中です!

U-NEXTで見れる『トム・クルーズ』関連作品

U-NEXTで見れる『エドワード・ズウィック』監督関連作品

  • 映画『戦火の勇気』の動画見放題
  • 映画『マーシャル・ロー』の動画見放題
  • 映画『ラスト サムライ』の動画見放題
  • 映画『完全なるチェックメイト』の動画見放題

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTは無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』の映画情報

映画『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』あらすじ

元アメリカ陸軍憲兵隊捜査官だったジャック・リーチャーはあるダイナーで暴力事件を起こします。保安官に手錠をかけられたリーチャーは90秒で2つのことが起きると言います。

一つは店の電話が鳴ること、もう一つは保安官のウッドが捕まること。

保安官が笑っていると店の電話が鳴ります。電話の主は憲兵(MP:ミリタリー・ポリス)犯罪捜査部のターナー少佐でした。

保安官と店の外にいる4人は軍の敷地内で犯罪行為をしていました。不法入国者の拉致と人身売買です。

ウッドが電話に出るのと同時にMPのパトカーが到着します。リーチャーの言った通りウッドは捕らえられ、パトカーに乗せられます。

ヒッチハイクをしてモーテルに戻ったリーチャーは憲兵隊のターナー少佐に連絡します。ターナーはリーチャーのことを英雄だと言い、なぜ軍を去ったのか聞きます。

リーチャーは、ある朝起きたら軍服が体に合わなくなっていたと答えます。気ままに放浪するリーチャーはその後も何度かターナーと連絡を取り、食事に誘います。

期待しないで待っているというターナーと話すリーチャーの手元にはワシントン行きのチケットがありました。

ワシントンに着いたリーチャーはターナーを訪ねます。

部屋に向かうと、そこにはターナーではなくモーガン大佐という人物がいました。彼によるとターナーは解任され軍法会議待ちでした。容疑はスパイ行為。

リーチャーはターナーへの電話を取り次いでくれていたリーチ軍曹から弁護官を聞き出します。ターナーの弁護を担当するのは軍の重警備刑務所があるダイヤー基地のモアクロフト大佐でした。

リーチャーはモアクロフト大佐のもとへ行きますが、ターナーから面会許可を与えないように要望が出されていました。

モアクロフトによるとリーチャーはその履歴により面会できないことになっていました。

「反権威」、「反社会的」、そして「父親失格」。

リーチャーに子供はいませんでしたが、養育費の不払いで訴えを出されていました。

訴えを出したのはキャンデス・ダトンという女性で、15歳になるサマンサという娘の養育費の支払いを軍に求めていました。

母親のキャンデスには売春と薬物所持の逮捕歴があり、サマンサは里親の間をたらい回しにされていました。リーチャーは気にしつつもターナーの容疑の証拠について尋ねます。

証拠は自宅から没収したハードドライブで極秘情報が収められていました。ターナーにはその情報を売っていた容疑がかけられていました。

モアクロフトに容疑に対し抗議するべきだと言いますが、彼にそのつもりはありませんでした。

リーチャーはかつて敏腕で鳴らした弁護官も年を取り、年金待ちのただの年寄りで軍服が泣いていると言います。

基地を後にしたリーチャーはレストランで食事をしていましたが、それを監視する者たちがいました。リーチャーは車で見張っていた二人組を制圧して身分証を確認します。

そこにはパラソース社と記されていました。

リーチャーは自身に尾行がついていたことで警戒しつつ自分の娘だとされるサマンサの後をつけますが、尾行がバレてしまいます。

キャンデスの娘かどうか尋ねるとサマンサはリーチャーのことを母親の客だと勘違いして追い払います。

翌日、モアクロフトと会ったリーチャーはターナーの資料をみせられます。

そこには彼女が部下2人を調査目的でアフガンに派遣し、その2人が基地で射殺されたことが記載されていました。

リーチャーはモアクロフトにパラソースについて尋ねます。それは大手の軍事請負会社でした。リーチャーはそこの手先に尾行されていると打ち明けます。

アフガンの2人もパラソースが絡んでいてターナーも罠にかけられたと言います。モアクロフトは全ての事件が繋がっていることが信じられませんでした。

リーチャーはターナーの釈放を要求しますが、モアクロフトは彼女の方から関わりたくないと言っていると主張します。

夜になりリーチャーと別れたモアクロフトは何者かにターナーがどんな情報を得て、それをリーチャーに話したかどうか聞き出すため自宅で拷問にかけられます。

翌朝リーチャーのもとに憲兵隊のエスピンが現れ、モーガン大佐のもとへ連れていかれます。

モーガンはリーチャーに昨晩、モアクロフトが殺されたことを伝えます。

リーチャーは容疑者になっていました。

民間人になっていたリーチャーですが、彼のレベルの元軍人は非常事態に軍に招集される規則があり、復帰扱いとなったリーチャーは軍に逮捕されます。

リーチャーはターナーもいるダイヤー重警備刑務所に収監されます。

リーチャーの弁護を担当するサリバン中尉は訴追側に証拠の提出を要求すると言いますがリーチャーは証拠などなく全てパラソースの仕業だと言います。

自分の房に連れてこられたリーチャーはエスピンを倒し、制服を奪ってターナーのもとへ向かいます。

そこにはパラソースの関係者がターナーの移動を命じに来ていました。

リーチャーとターナーは彼らを倒し、刑務所から脱出します。

憲兵隊のパトカーを奪って逃走したリーチャーとターナーは車が探知されることを予想していてタクシーに乗り換え、ネットカフェに向かいます。

自分がアフガンに行っていれば部下2人を失わずに済んだというターナーにリーチャーは命令をくだすのが上官だと言います。

リーチャーはターナーにアフガンに派遣した2人は何を追っていたのか尋ねます。

彼女によるとアフガン撤退時の武器の大量紛失についての調査でした。

2人の殺害の翌日に逮捕されたターナーは時差の関係で彼らからの最後の報告に目を通していないのかもしれないと考え、ネットカフェから軍の情報にアクセスします。

軍はターナー達の居場所を探知し、モーガンは謎の男にその情報を伝え仕事にかかるように指示します。

モーガン大佐が敵側の人間だとすると一連の事件は軍の上層部が関係している可能性が出てきます。

ネットカフェからのアクセスは拒否され、アフガンの2人が何を掴んだのかは分かりません。

探知を警戒して店を出ると警察ではない人間に尾行されていることに気づきます。2人はレストランの厨房に逃げ込み相手を迎え討つことにします。

そこへ尾行していた人物が現れ格闘になりますが、地元警察が到着し銃を向けます。

その隙に、リーチャーとターナーはその場から逃げます。謎の人物はとある軍人と連絡をとります。それはおそらく今回の事件の黒幕と思われる人物でした。

翌朝、リーチャーはモーガンに電話をします。

「金に釣られたのだろうが必ず真相を暴く。」

「ターナーのメールは見たか?」

モーガンがメールをチェックしたところでリーチャーとターナーがモーガンの部屋に入りパスワードを聞き出してアフガンからの報告書を手に入れます。

やはりターナーが見ていない最後の報告がありました。

そこには請負会社パラソースのD・プルドムという人物の名前があり、彼は武器輸送の管理役でしたが姿を消し行方不明になっていました。

リーチャーはリーチ軍曹に極秘で請負会社パラソースとアフガンの米軍基地との関連、雇われていたプルドムの所在を調べてほしいと頼みます。

モーガンから手に入れた情報を印刷していたターナーはそこにサマンサの写真があることに気づきます。

彼女に危険が迫っていることを知った2人はサマンサのもとへ急ぎます。

2人はサマンサを無事保護することができるのか、そして事件の真相を暴き、容疑を晴らすことができるのか。

映画『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』キャスト・出演者

  • ジャック・リーチャー:トム・クルーズ
  • スーザン・ターナー少佐:コビー・スマルダーズ
  • アンソニー・エスピン大尉:オルディス・ホッジ
  • サマンサ・ダットン:ダニカ・ヤロシュ
  • ハンター:パトリック・ヒューシンガー
  • サム・モーガン大佐:ホルト・マッキャラニー
  • ジェームズ・ハークネス将軍: ロバート・ネッパー

 

\U-NEXTは無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』スタッフ

監督

エドワード・ズウィック

音楽

ヘンリー・ジャックマン

脚本

リチャード・ウェンク
エドワード・ズウィック
マーシャル・ハースコビッツ

製作

トム・クルーズ
ドン・グレンジャー
クリストファー・マッカリー

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』感想や口コミ

女性
女性
映画「ジャックリーチャー/NEVER GO BACK」は、トムクルーズの映画なので、アクション満載かなと思って観ました。映画アウトローの続編ですが、トムクルーズは随分老けてしまったというのが正直な感想です。映画「ジャックリーチャー/NEVER GO BACK」の出だしは、いきなり事件があり、トムクルーズ演じるジャック・リーチャーが捕まりそうになります。保安官が彼を捕まえそうになったとき、ジャックは電話が鳴ることを予言し、そのとおり電話が鳴って保安官が逆に捕まえられてしまいます。元同僚のターナー少佐という女性と会う約束をするけれど、いざ会いにいくと、彼女はスパイ容疑で逮捕されていた。それはおかしいと気がついたジャック・リーチャーは彼女を救い出し、一緒に悪の組織と戦います。途中で娘かも知れないティーンが出てきて、その子との心の交流が良かったです。
男性
男性
映画「ジャックリーチャー/NEVER GO BACK」原作の方は知りませんでしたが、前作がとても面白く、トム・クルーズの役もとても良かったので、「ジャックリーチャー/NEVER GO BACK」を見ました。前作「アウトロー」で、頭脳明晰で高い戦闘能力があり、アウトローというタイトル通り、常識が通用せず敵を追い詰めておりましたが、今作で娘がいることが発覚したことにより弱味が出てきてしまうというところが、敵との攻防戦をより面白くさせる要素になり、「ジャックリーチャー/NEVERGOBACK」の見どころでもあります。情報を操り大佐を嵌めるほどの能力を持つ敵グループと娘との微妙な関係、また娘の存在に気づき狙ってくる敵など、複数のことが同時進行していくため、食い入るように見てしまいました。それでも、展開がはっきりしていたため、それぞれの出来事が複雑に絡み合うことはなかったので、見やすかったです。また、散々揉めた娘との関係についても意外な形でしたが、良い内容で決着がついたので、それも前作映画「アウトロー」にはない要素だったので良かったです。トム・クルーズの役も映画「アウトロー」に続き良かったですが、新しく出てきたコビー・スマルダーズのターナー大佐役も美人過ぎだなとちょっと思いましたが、強い志のある軍人という感じが伝わってきて、違和感なく見られました。原作にあるかないか関わらず、映画「ジャック・リーチャー NEVER GO BACK」の続編をまたやって欲しいと思えました。

 

 

\31日間のお試し期間/映画『ジャックリーチャー/NEVER GO BACK』の
動画を無料視聴する
*2020年7月時点の情報なので、ホームページでも詳細をご確認ください。

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス