洋画

映画『アイアンマン3』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替MCUシリーズ順番

このページでは、映画『アイアンマン3』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『アイアンマン3』は2013年公開、マーベル・コミックス「アイアンマン」の実写映画3作目。MCUシリーズでは7作目。

映画『アイアンマン3』
動画を無料で見る

全世界で11億8000万ドルの興行収入を記録。10億ドルを超える興行収入は全映画の中で16作目。日本では25億円を超えました。

ディズニーデラックス

映画『アイアンマン3』動画を無料でフル視聴する方法

映画『アイアンマン3』動画
ディズニープラスなら
シリーズ作品も見放題

映画『アイアンマン3』の
動画を無料視聴

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料作品でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 会員限定配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『アイアンマン3』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 220円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × 200円~/2日 550円 31日間
TELASA × 200円/3日 572円 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Netflix × × なし 800円〜 30日間
Amazonプライム × 199円~/2日 500円〜 30日間

 

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のシリーズ作品順番

フェーズ1

  1. アイアンマン 2008年
  2. インクレディブル・ハルク 2008年
  3. アイアンマン2 2010年
  4. マイティ・ソー 2011年
  5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 2011年
  6. アベンジャーズ 2012年

フェーズ2

  1. アイアンマン3 2013年
  2. マイティ・ソー/ダーク・ワールド 2013年
  3. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 2014年
  4. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 2014年
  5. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 2015年
  6. アントマン 2015年

フェーズ3

  1. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 2016年
  2. ドクター・ストレンジ 2016年
  3. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 2017年
  4. スパイダーマン:ホームカミング 2017年
  5. マイティ・ソー バトルロイヤル 2017年
  6. ブラックパンサー 2018年
  7. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 2018年
  8. アントマン&ワスプ 2018年
  9. キャプテン・マーベル 2019年
  10. アベンジャーズ/エンドゲーム 2019年
  11. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 2019年

フェーズ4

  1. ブラック・ウィドウ 2020年5月
  2. ジ・エターナルズ 2020年11月
  3. Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings 2021年2月
  4. Doctor Strange in the Multiverse of Madness 2021年5月
  5. Spider-Man 3 2021年7月
  6. Thor: Love and Thunder 2021年11月

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

映画『アイアンマン3』の映画情報

映画『アイアンマン3』あらすじ

スターク・インダストリーの社長、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)は1999年の大晦日にスイスで開かれた学会のパーティに参加していました。

そこで科学者のマヤ・ハンセン(レベッカ・ホール)という女性に興味を持ったトニーは彼女の部屋で話を聞こうとします。

エレベーターに乗ろうとしたところでAIM(アドバンスト・アイディア・メカニクス)の創始者で研究者のアルドリッチ・キリアン(ガイ・ピアース)に呼び止められます。

キリアンに自身の研究を紹介したいと言われ、5分後に屋上で会う約束をしますが、会いには行かずマヤと一夜を過ごします。

トニーとの約束を反故にされるという屈辱を受けたキリアンは自殺を考えるほど落ち込みますが、AIMの発展のために手段を選ばず行動するようになります。

2012年、アベンジャーズとロキ、チタウリ軍とのニューヨークでの戦いの後、トニーはスターク社を恋人のペッパー(グウィネス・パルトロー)に任せ、異常とも言えるほどにアイアンマンスーツの開発にのめり込んでいました。

その頃アメリカでは「マンダリン」を首謀者とするテン・リングスのテロが問題になっていました。その影響でトニーが軍に提供したスーツは塗装を変えて「アイアン・パトリオット」として登場することになります。

パイロットで友人のジェームズ・ローズ大佐とトニーがマンダリンの件について話をしていると二人の子供がトニーにサインを求めてきます。そこで彼はニューヨークでの戦いがフラッシュバックしてパニックに陥ります。

急いでスーツを装着してAIのJ.A.R.V.I.Sにチェックさせると重度のパニック発作でした。トニーは異世界からの敵に対して無力であることに悩み、精神的に参ってしまっていたのでした。

そんなある日、キリアンがスターク社に訪れます。目的はAIMが研究している、脳の未使用領域を活用するというエクストリミスの共同研究でした。しかし、軍事利用の可能性を感じたペッパーはその申し出を断ります。

キリアンと同行してきたサヴィン(ジェームズ・バッジ・デール)を不信に思った警備責任者のハッピー(ジョン・ファブロー)はトニーに連絡して彼らを尾行します。

チャイニーズ・シアターでサヴィンが謎のスーツケースを渡すところを発見した彼は中に入っていたものを入手しますが、直後に起こった爆発で重傷を負ってしまいます。

マンダリンがこの爆発も組織が行ったものであると犯行声明をだすと、怒ったトニーは自分の住所を明かして宣戦布告してしまいます。

爆破テロの検証をしたトニーはテネシー州ローズヒルでの爆弾自殺に手がかりがあるのではないかと目をつけます。

そんな時、13年前に会ったマヤが自宅に訪れ、なにかを伝えようとするのですがテン・リングスのヘリコプターが現れ、ミサイルが家を直撃します。

どうにかペッパーとマヤを救い、応戦していたトニーでしたが崩れる家とともに海に落ちて、気絶してしまいす。

気がつくとテネシー州まで長距離を移動していて、スーツのバッテリーが切れ、J.A.R.V.I.Sと連絡が取れなくなります。

孤立無援となったトニーはどうするのか?

映画『アイアンマン3』キャスト・出演者

  • アイアンマン/トニー・スターク:ロバート・ダウニー・Jr
  • ペッパー/ヴァージニア・ポッツ:グウィネス・パルトロー
  • ローディ/ジェームズ・ローズ:ドン・チードル
  • ハッピー/ハロルド・ホーガン:ジョン・ファブロー
  • アルドリッチ・キリアン:ガイ・ピアース
  • マヤ・ハンセン:レベッカ・ホール
  • ハーレー・キーナー:タイ・シンプキンス

今作で触れてみたいキャストはハッピー/ハロルド・ホーガン役のジョン・ファブローです。

劇中ではトニーの運転手からスターク社の警備責任者となった彼ですが、『アイアンマン』、『アイアンマン2』の監督でもあり、今作では製作総指揮の一人として名を連ねていて、後に続くアベンジャーズシリーズにも製作総指揮として参加してします。

元々スタンダップコメディアンを目指していたファブローですが、自ら脚本、製作、出演した作品で初めての成功を収めました。俳優としても活躍していますが、監督、プロデューサーとしての才能が光る人物です。

映画『アイアンマン3』スタッフ

監督

シェーン・ブラック

脚本

ドリュー・ピアース
シェーン・ブラック

音楽

ブライアン・タイラー

撮影

ジョン・トール

編集

ジェフリー・フォード
ピーター・S・エリオット

製作

ケヴィン・ファイギ

映画『アイアンマン3』感想や口コミ評価

男性
男性
アイアンマンシリーズの中で、一番気に入っている作品です。
内容としては、映画アベンジャーズ一作目の後の話になりますが、アベンジャーズを見なくても普通に見れる内容だと思いました。
見どころとしては、映画終盤に出てくる今まで製作したアイアンスーツが、全員集合するところです。各アイアンスーツがオートで、大勢の敵を倒しまくりますが、各スーツの特徴がそれぞれ違うため、力強いスーツ、火力が高いスーツなどが登場し、その特徴をいかした戦いがかっこよく、また複数のスーツが連携して敵の集団と戦うシーンなど様々なアクションが同時に見れてとても興奮しました。壊されそうになったら敵もろとも自爆するのは、アイアンスーツだからできる戦いなので、敵が気の毒に見えました。何十体も出てきたのに、スーツを奪われたローディが装備できるアイアンスーツがないと断るシーンは、ちょっと笑えました。
また、主人公スタークが映画中盤でスーツがないまま敵に向かっていく盤面がありますが、生身でも意外に強く、ホームセンターで売っているものを駆使して敵を倒していくところも見応えがありました。
映画終盤で敵を倒した直後、スタークが今までの悩みを乗り越えたかのように思わせる花火の演出は、とても感動的で良い終わり方でした。
男性
男性
トニースタークの葛藤と自立。
アイアンマン単独の作品としての収まりがとても良かった。
文句をいうとするならば、マンダリンを名前だけ出しておいて肩透かしを喰らわせるところ。ラストを決めるのがペッパーポッツであること。などでしょうか。
それ以外はトニーと少年の年齢差コミュニケーションものとしての可愛さ、原点回帰のようなメカニックへの愛。全てがアイアンマンという作品を理解した上でしっかりとまとめられていました。

1番好きなシーンはやはりホームパーティープロトコルのシーンです。総勢30機弱のアイアンスーツの集合シーンは圧巻でたし、そこから高速で乗り捨てられていく早着替えもアクションシーンでありながら紛うことなきアイアンマン映画でした。

次点はラストのトニーからの贈り物を受け取る少年。トニーの家が爆撃されシーン。などなどシーンごとに上げていくとキリがありません。

女性
女性
アメリカにて大ヒットシリーズとなっている、アイアンマンシリーズの第3段です。この映画はアイアンマンシリーズの中でも、集大成とと言えるのではないでしょうか。簡単なストーリーは、アベンジャーでの決戦を終えたのち、地球外からの敵に脅威を感じたアイアンマンのトニーは、眠れないほどナーバスになり、自宅に引きこもってひたすらスーツをパワーアップしています。そんな時に、彼の自宅が攻撃を受けてしまうのです。そして、スーツは破損してしまいます。トニーは精神的にも肉体的にもダメージを受けてしまいますが、愛する人を守るためにアイアンマンは立ち上がります。ラストシーンでは、アイアンスーツがたくさん出てきてとてもワクワクします。アクション要素が高く、ストーリーもしっかりとしていて見応えのある映画に仕上がっています。
女性
女性
子供でも大人でも楽しめる映画だと思います。単純に、正義と悪の戦いですが、単にヒーローものだけでは片づけられません。内容は確かに単純ですが、メカニカルなところとか超近代的で、スーパーマンやバットマン、スパイダーマンの次元とは違いますね。近代的なヒーローものといった感じです。コミックを見事に実写化していると思います。アイアンマンのストーリーには正直さほど興味なかったのですが、主役のロバートダウニージュニアが渋くて好きだったので見ました。やはりかっこいい!ワイルドで重厚感があるのが
いいですね。ロバートダウニージュニアしかこの役はいません。王道な筋書きで最後は正義が勝つって分かっているものの、主役や仲間のヒーローっぷりに引き込まれてしまいます。シンプルなストーリーだからこそ、キャラクターの個性が生きるのではとも思いました。そこまで複雑ではないし子供だましでもないので、幅広い年代の方が気軽にみれる映画だと思います。それにしてもロバートダウニージュニアが本当にハマり役です。大企業の社長で頭もキレて、女にもお金にも困っていないあたりもぴったりです。ロバートのリアルなのではと思います。
女性
女性
大ヒット映画「アベンジャーズ」後の世界を舞台にした「アイアンマン」シリーズの最終章です。
私は「アイアンマン」シリーズの中で3が一番好きです。

見どころはなんと言ってもトニースタークが開発したアイアンスーツが勢揃いで登場するシーン。
CMで何度も流れたので、知っている人も多いかと思いますが、実際に劇場で見ると物凄い迫力でした。
少しやりすぎだろと思う部分もありましたが、いいんです。これぞアメリカ。

しかし1番の見どころはトニースタークがスーツを着ずに生身で闘う所です。
ここで最初の「知識」「技術」「メカニックの意地」が再び見られることになります。(感動しました。)
トニースタークは天才であり、大金持ちであり、プレイボーイですが、なんと言っても「メカニック」であるということを再認識し、立ち上がる所にこの物語の本当の感動があります。

「アベンジャーズ」で死闘を繰り広げたら普通の人間ならこうなるよな、という精神状態に陥ったトニーに、見た人は同じ人間としてめちゃくちゃ共感を覚えます。
トニースタークが他のヒーローと違うところは、何の特殊な訓練を受けたわけでもない「ただの人間」であるところです。

「ただの人間」である彼だからこそ、他のヒーローとは違う考え方をしていて、時にはぶつかることもありますが、「誰も考えつかないけど、自分にしかできないこと」をやり遂げる最高のヒーローになるのです。

1や2と違って、3では物語の最終章として、なぜ彼が「アイアンマン」なのかが分かるストーリーになっています。「アイアンマン」シリーズの見どころである派手な戦闘シーンはもちろんのこと、もう一つの見どころである「メカニックのトニースターク」も存分に味わうことができます。

また、私が特筆したいのは、映画史上最高のエンディングクレジットです。これまでもこれからも、このエンディングクレジットを超えられないと思います。

とにかくかっこいい!!!音楽と映像がこれでもかというくらい合っていて、トニースタークの葛藤や悲しみ、魅力的な部分が凝縮されていて、何度見てもかっこいいと思うと共に涙が溢れてきます。なぜこんなにもかっこいいエンディングを作ることができるのでしょうか・・。

物語の最後に、トニースタークは海に沈んだ家の瓦礫の中から、唯一引きあげにいくものがあります。

それは学生の頃に最初に開発したお手伝いロボットの「ダミー」と「ユー」。彼が天才メカニックとして最初に作り上げた、いわば彼を形成している核の一つと言えるでしょう。

この後にある一言を放って、エンディングクレジットに入る瞬間をもう何度ブルーレイで見たことか。鳥肌ものです。うわー!!!となります。こんなにも最高はエンディングとエンディングクレジットはもう今後ないと思っています。ぜひぜひ、見て頂きたい最高の作品です。

映画『アイアンマン3』の
動画がディズニープラス見放題

【ディズニープラスなら】
31日の無料視聴期間
ディズニー・ピクサー・マーベル映画が見放題!

映画『アイアンマン3』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス