アニメ映画

映画『インサイドヘッド』高画質動画を無料フル視聴!あらすじと字幕&吹替配信ディズニーピクサーアニメ

このページでは、映画『インサイドヘッド』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『インサイドヘッド』はピクサー・アニメーション・スタジオ制作の3DCGアニメーション長編映画。2015年公開。原題は『Inside Out』(裏返し)。

ピクサーの長編3DCGアニメーションは『トイ・ストーリー』が第一作目で今作は20周年にあたります。

ディズニーデラックス

映画『インサイドヘッド』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『インサイドヘッド』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『インサイドヘッド』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 932円 30日間
dTV × 200円/2日 550円 31日間
TELASA ×/○ 300円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム 199円/2日 500円〜 30日間

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『インサイドヘッド』の映画情報

映画『インサイドヘッド』あらすじ

今作『インサイドヘッド』は毎日の様々な感情は成長の証であることの再発見、ネガティブな感情も時として重要であることに気づくことができる作品です。

夫ビル・アンダーセンと妻ジル・アンダーセンの間に主人公の女の子、ライリー・アンダーセンが生まれます。

生まれたばかりの彼女の頭の中の指令室には「ヨロコビ」という感情が生まれます。両親にあやされて感じた喜びの感情は指令室で黄色の球となり記憶に残ります。

その後すぐに「カナシミ」が登場します。彼女が指令室でコンソールを操作するとライリーは泣き始めます。

そして成長をするライリーの頭の中の指令室には自分を危険から守る「ビビリ」、嫌なことを拒否する「ムカムカ」、不公平なことに腹を立てる「イカリ」などの主要な感情が登場してきます。

5つの感情たちは協力してライリーが幸せな生活ができるように毎日忙しく働きます。しかし「ヨロコビ」はライリーを悲しませて常にネガティブな「カナシミ」の存在理由が分かりませんでした。

「ヨロコビ」は黄色、「カナシミ」は青色、「ビビリ」は紫色、「イカリ」は赤色、「ムカムカ」は緑色と、ライリーの感情は色分けされて「思い出の球」になって夜に眠ると頭の中の「長期記憶の貯蔵場所」に移動していきます。

ライリーの人生にとって重要な、黄色の球の「ヨロコビ」の5つの「特別な思い出」は長期記憶ではなく、指令室の特別な保管場所に残ります。

それらは「ホッケーの島」、「おふざけの島」、「友達の島」、「正直の島」、「家族の島」というライリーの性格を形作る島を誕生させ、ライリーはホッケーが好きで、友達を大事にする正直で家族を愛する性格となります。

11歳のライリーは毎日が喜びに満ちていて何の問題も無いようにみえました。

ところがミネソタ州の田舎に住んでいた一家は父ビルの仕事の関係で大都会サンフランシスコへ引っ越しをすることになります。

引っ越した家はライリーの予想を裏切り廃れた感じのする家でした。彼女はがっかりします。

さらに引っ越し業者の手違いで荷物が届かないなどアクシデントが続きます。

そんな状況で「カナシミ」が「ヨロコビ」の球を触り、楽しかった思い出が悲しさに変化してしまうなどトラブルが発生。

「カナシミ」に余計なことをさせないため、「ヨロコビ」は頭脳のマニュアルを読ませて、ライリーの気持ちを立ち直らせようとします。

夜になり、寝るのは荷物が届いていないため寝袋です。暗い気持ちになるライリーですが、母ジルは「大変なときにもあなたは明るくいてくれる。ありがとう。そのままでいて欲しい」と言い、ライリーは「前向きでいる」ことを約束します。

寝袋で寝た翌日は新しい学校の初の登校日。クラスの担任はライリーに自己紹介をするように言います。

喜びの思い出を振り返って話を始めますが、「カナシミ」が思い出の球を触り、黄色だった思い出の球は青いカナシミに変わってしまい、もうミネソタにいた頃のように過ごせないと感じたライリーは泣き出してしまいます。

その体験は青色、悲しみの「特別な思い出」となってしまい、ライリーの新しい性格を作ろうとします。

悲しみの思い出を特別なものとして残したくない「ヨロコビ」はそれを防ごうとしますが、「カナシミ」が止めようとして二人が揉めていると、ライリーの性格を形作っていた「特別な思い出」の球が司令室の保管場所から飛び出してしまい、「長期記憶の貯蔵場所」につながる管に吸い込まれてしまいます。

さらに「特別な思い出」を守ろうとした「ヨロコビ」と、揉み合っていた「カナシミ」はその管に吸い込まれてしまい、「長期記憶の貯蔵場所」へ運ばれてしまいます。

司令室から遠く離れた所に運ばれてしまった「ヨロコビ」と「カナシミ」は性格の島から司令室に戻ろうとします。

司令室に残された「ビビリ」、「ムカムカ」、「イカリ」の三人にライリーの感情は任されることになります。

しかし、「ヨロコビ」が居ないため、彼らだけではライリーを上手く導くことができず彼女から笑顔が消えてしまいます。

「特別な思い出」を失ったため、性格の島は停止。

親に反抗するようになってしまったライリーは父に怒られて、家族の関係がギクシャクしてしまい、大切な性格の島の一つ、「おふざけの島」が崩れてしまい、彼女は冗談を口にしなくなります。

「ヨロコビ」と「カナシミ」は何とか司令室に戻るため「友情の島」を経由しようとしますが、親友のメグに新しい友達がいることを知り、「友情の島」も崩れてしまいます。

司令室への帰還を目指す二人は途中でライリーが幼かった頃の空想上の友達、ビンボンに出会います。

幼いライリーが空想していたのはビンボンとロケットで月に行くこと。

しかし、次々と崩れて行くライリーの思い出の中、ビンボンと乗ることにしていたロケットまでもが記憶のゴミとして捨て去られてしまいます。

悲しみにくれるビンボン。そこで「カナシミ」は彼の気持ちに寄り添います。

ひとしきり泣くとビンボンは少し元気を取り戻します。

しかし、司令室まではまだまだ長い道のりがまっていました。

「ヨロコビ」と「カナシミ」の二人は無事に帰還することができるのか?

今作は人の性格を作り出す感情と行動についてなかなか深堀りした内容になっています。単純な感情だけではなく、記憶や認知についても描かれています。

見た目の可愛らしさに隠れていますが、大人にとっても考えさせられる内容になっています。

とても表現の仕方が上手く、抽象的記憶などについての描き方は「なるほど」と思うところでした。

「ヨロコビ」が「カナシミ」の意味を知るという設定は共感する方が多いのではないかと思います。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『インサイドヘッド』キャスト・出演者

  • ヨロコビ:エイミー・ポーラー(竹内結子)
  • カナシミ:フィリス・スミス(大竹しのぶ)
  • ビンボン:リチャード・カインド(佐藤二朗)
  • ビビリ:ビル・ヘイダー(落合弘治)
  • イカリ:ルイス・ブラック(浦山迅)
  • ムカムカ:ミンディ・カリング(小松由佳)
  • 列車の作業員:(石田明(NON STYLE)、ガリガリガリクソン、岩橋良昌(プラスマイナス))

映画『インサイドヘッド』スタッフ

監督

ピート・ドクター
ロニー・デル・カルメン

脚本

ピート・ドクター
メグ・レフォーブ
ジョシュ・クーリー

音楽

マイケル・ジアッキーノ

製作

ジョネス・リビラー

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『インサイドヘッド』感想や口コミ評価

男性
男性
人間の感情ってとても複雑で、自分でもよくわからず泣いてしまうことあるな~と、この映画『インサイドヘッド』を観ていて感じました。映画『インサイドヘッド』の主人公のライリーは親と共にミネソタからサンフランシスコへと引っ越しをします。たぶん最初はワクワクとした気持ちが勝っていたのかもしれませんね。本人でも気づかない内に、気持ちの整理がついていないまま、新しい環境へと身を置くのですから、感情は混乱してしまいますよね。頭の中でパニックになっている様子はちょっと面白さもあります。絶対カナシミは主導権を握らせてもらえないから、そりゃ大爆発してしまいますよね。日本では喜怒哀楽の4種類ですが、この物語では、カナシミ、ヨロコビ、ムカムカ、イカリ、ビビリの5人が住んでいます。全部大切な役割を持つ感情だから、ひとりでも主導権が握られない日々が続くとダメなんだなと感じました。
面白いなと感じたのは、前半部分にあるライリーのお父さんとお母さんの頭の中の感情たちが騒いでいる様子です。同じような感情が座っているのに、女性や男性という性別によって感情の動きは違うということも分かります。
男性
男性
映画『インサイドヘッド』は、ひとりの女の子ライリーの成長とともにでてくる感情を、頭の中の葛藤や働きを通して、心の成長を描いた作品。なかなか自分の感情を表現できないものですが、この感情の表現を、5つの感情「ヨロコビ」、「カナシミ」、「イカリ」、「ムカムカ」、「ビビリ」が、ライリーの頭の中の司令塔として彼女の感情を作り上げていきます。幼い頃は、「ヨロコビ」が主に感情の中心にいるのですが、引っ越しを期に、環境の変化や新しい友達と出会いによって、感情のコントロールがしづらい状況となっていきます。状況に合わせて、5つの感情たちは奮闘するのですが、状況は悪化していき、、心の動き、コントロールについて大人も子供と一緒に視覚的に楽しむことができます。映画『インサイドヘッド』の見どころは、なんといってもライリーの頭の中。ライリーがその日に感じた感情を、それぞれの感情を表した色のボールになって彼女の頭の中に蓄積されていきます。「ヨロコビ」は黄色、「カナシミ」は青色、「ムカムカ」は緑色、「イカリ」は赤色、「ビビリ」は紫色とそれぞれ特徴的な色をしています。たくさんの色のボールが蓄積されていくカプセルがあふれる頭の中。思わず、ライリーの心の動きを自分と重ねて見てしまいます。ライリーの心が爆発寸前のところまで乱されていくのですが、どうやってこの心を平静に取り戻していくのか。ひとつの感情だけでは成り立たない、複雑な感情を知る機会となるでしょう
男性
男性
映画『インサイドヘッド』で、僕は基本的にネガティブな人なので、たぶん「カナシミ」がリーダーなのでしょう。と、見た人の誰もが自分の脳内の司令塔はどうなっているんだろう。と思わせてくれる映画です。「ヨロコビ」「カナシミ」「イカリ」「ムカムカ」「ビビリ」と5種類揃っていたら、大抵の感情はこの5つで表現できてしまう気がして、子供向けアニメというジャンルに閉じ込めておくのがもったいないくらい深い物語です。主人公のライリーがヨロコビとカナシミを失ったときの、憂鬱な日々を過ごすシーンが、お気に入りのシーンです。ライリーの微妙かつ多感な時期をこういう形で表現できるのか、と感心してしまったからです。誰でもどこかで自分の感情を抑え込んで日常や社会を乗り越えているのですが、子どもは素直にリアクションしてしまう。それは、自分の感情たちに正直だからなのか。と納得できてしまうのがこの映画の素晴らしいところだと思います。いい大人は感情に任せて生きてはいけないので、この映画『インサイドヘッド』を見て感情たちを掘り起こしてみるのもいいと思います。そして、映画『インサイドヘッド』を見て、たまには感情に任せて遊ぶことも大切な経験と感情なんだと気付いたので、自分の時間を自分のために使って、ゲームに没頭したりやりたいことをやって、ヨロコビをさがそうと思います。
女性
女性
この映画『インサイドヘッド』は、面白い切り口で描かれています。人は生まれた赤ちゃんのときから感情があります。そんな人の脳内での物語です。ヨロコビ・カナシミ・ムカムカ・イカリ・ビビリ。代表的な感情がキャラクターになって、主人公ライリーの頭の中を毎日忙しく駆け巡ります。私もですが、そんな感情の中でもカナシミやムカムカなどは取り除きたくなるもの。人として当たり前のことなんですよね。そして、頭の中は、カナシミを消してしまうことに…。
そこから物語が急変、脳内のバランスが崩れ始めちゃうんです。これには、大人の私も気づかされました。ラストになると、カナシミなど負の感情だと思われるものも、大切な思い出になるもの。なくなって良い思い出や感情なんてないんですよね。
大切なものを考えさせられる物語でした。ちなみに、劇中では、愛せるキャラクターのビンボンがキーに。ライリーが作り出した空想のキャラクターなんですが、めっちゃ良い味を出しています。声優は佐藤二郎さん。ぴったりでした。そして、このビンボンが歌う歌が私も子どもも大好き!陽気なリズムで「楽しい友だちビンボンビンボン♪」と聞こえてくると、思わずワクワクしちゃいます。ぜひ、ビンボンにも注目してご覧ください。
男性
男性
「これは、あなたの物語」というキャッチコピーからもわかるように、これは特別な人間のお話ではなく、主人公を視聴者たち=自分に置き換えて見ることができる作品です。ピクサーのアニメーション作品ということで、単純明快な物語で子供向け映画のように見えますが、大人が見ても十分楽しめる、むしろ大人が見た方が良さが深まるのでは?と思える作品です。
主人公となる女の子の頭の中に住む5つの感情が擬人化されたキャラクターが登場し、物語は展開します。物語の中心となるのは「喜び」と「悲しみ」で、最終的には「ポジティブとネガティブ、どちらも持っているから『思い出』(記憶)が生まれ、人間の感情を作る」というメッセージにつながります。一見単純なお話のように見えますが、子供向けにわかりやすくキャラクター化し描いているだけで、実はかなり人間の本質的な部分を描いているため、おそらく人間科学や心理学的な考察をすると、かなり複雑で、深みのある作品なのではないかと思います。これをきっかけに、少し「人間の情緒とは?」「人間の記憶とは?」など、興味を持って少し調べてしまいました。自分の頭の中で起こっていることを知りたくなり、感情のメカニズムを知ることで、自分の持っている記憶や色々な思い出について考えるきっかけになり、まさに「あなたの物語」となってしまったわけです。制作側の思う壺ですね(笑)。
男性
男性
映画『インサイドヘッド』は、主人公ライリーの頭の中のお話。自分の頭のなかにも【ヨロコビ】【カナシミ】【イカリ】【ムカムカ】【ビビリ】のキャラクターがいるのかな?操縦されているのかな?と思ってしまう作品です。映画『インサイドヘッド』の設定が面白いのが好きな理由です。ライリーが転校先で馴染めず心を閉ざしてしまった時。頭の中の5人のキャラクターは大慌て、それぞれの感情をいかしライリーをどうにか元にもどそうと奮闘します。結果一人も要らない感情はないと5人で認め合う所がこの作品のいい所。自分に置き換えてもウジウジしてしまう所やすぐムカムカしてしまう所、ふだんはうんざりしてしまう所でさえ、なんだかクスっと笑ってしまいます。今私の頭の中ではムカムカが操縦席に座っているのかなーなんて。映画『インサイドヘッド』は、共感できる所が多いので見終わってとてもホッコリする作品です。
女性
女性
映画『インサイドヘッド』は、2015年のアメリカ映画です。人間が持つ感情を描いたピクサー・アニメーションによるフルコンピュータグラフィックスの長編アニメ映画です。喜びや悲しみ、怒り、ムカムカ、ビビリの5つの感情と、平凡な家庭に生まれた女の子であるライリーが繰り広げる脳内感情ストーリーです。この映画を見ると、人間の感情には全て意味があることを思い知らされました。喜びのような感情は必要であることはわかりますが、それと同様に悲しみ・怒り・ムカムカ・ビビリも大切なことであることに気づかされました。また、喜びに見える思い出も、視点を変えると悲しみになることがあるというのは新たな発見でした。この映画『インサイドヘッド』の考え方を自分に当てはめて考察してみたくなるような作品でした。
女性
女性
映画『インサイドヘッド』は、少女の頭の中の5つの感情を擬人化した、ピクサーアニメーション作品です。ディズニーだから子供向けなのかと思ったら大間違いで、この映画に込められたメッセージはほとんどの大人に響くと思います。というのも、この映画のテーマは、「悲しみってなんで必要なんだろう?」。誰もが楽しい気持ちだけで生きていきたいと思いますが、でも人間は悲しみや苦しみなどネガティブな感情も持っています。ネガティブな感情があるからこそ、危険な状況を回避できたり、楽しいことがより楽しく感じられるからです。この映画はそんな重要なメッセージを、かわいいキャラクターとカラフルな映像で伝えてくれます。また、心理学では後に「インサイドヘッド法」と呼ばれるこの映画をもとにしたメンタル向上の方法まで生まれました。映画『インサイドヘッド』は、アニメ映画だからと侮れない作品です。
女性
女性
映画『インサイドヘッド』は、2015年に公開されたアメリカ映画です。人間が持っている感情を軸として描いた、ピクサーアニメーションのフルコンピュータグラフィックスの長編アニメ映画で見応えがありました。この映画では、ヨロコビ・カナシミ・イカリ・ムカムカ・ビビリの5つの感情と、平凡な家庭に生まれた女の子のライリー画繰り広げる、脳内感情を描いた話です。この映画で主人公は、ヨロコビ・カナシミと悪戦苦闘しながら司令塔を目指しますた、その道中でいろいろなキャラクターが出てきてそれら全てが愛おしく感じました。また、ある視点から見るとヨロコビと思える出来事でも、見方を変えるとカナシミになるということを教えてくれた映画です。
女性
女性
映画『インサイドヘッド』は、もの凄く感動的な映画でした。なんといっても、設定の凄さや、頭の中を描くというアイデアに脱帽です。頭の中にある、雲の街やお菓子の街、トランプの建物など夢とロマンで溢れた世界観をつくるピクサーの方は凄いですね。どのシーンを見ても、ワクワクしてしまいました。カナシミのネガティブすぎる言動に、私も最初はイライラを感じてしまいましたが、カナシミに寄り添うことも人間にとって大切な感情という、とても大事なテーマが見えた気がします。ちょうどこの映画を見た時期が、いろいろな感情がごちゃ混ぜになってしまっていた時だったのもあり、とても共感していました。また、性格は経験や記憶から作られるというところも良かったように思います。今までの人生における、良かったことも悪かったこともすべての経験が自分を構成しているんだと思えました。見終わった後に、自分を好きになれたり、そうでなくとも自分を大切に思えたりするのではないかなと思います。そして、つい忘れがちですが他人にも色んな思考や感情があるんだということに改めて気づかされました。映画『インサイドヘッド』は、ライリー以外のひとの頭の中もみれることで、笑える要素もたくさんありある意味でピクサーらしい映画だったと思います。
女性
女性
映画『インサイドヘッド』は、ディズニーピクサーだから圧倒的な映像美も楽しめました。主人公は11歳の女の子で、喜怒哀楽それぞれの感情がキャラクターとなって登場する一風変わった設定です。少女は田舎から大都会に引っ越してきて、環境が大きく変わるんですよね。環境によって少女の感情や思考も大きく波打ち、頭の中でキャラクターたちが混在してきます。時には脳内でキャラクターたちが衝突することもあります。映画で表現しているのは、少女の「成長」だと思います。幼い頃に周りの環境が大きく変わったら、そりゃ脳内もパニックを起こします。でもそれを乗り越えて順応できるのが人間です。少女も田舎から大都会に移って最初は不安でいっぱいで、ネガティブな思考もたくさんしたと思います。嬉し事もあれば怒りや悲しみもあり、頭の中にいろんな感情のキャラクターが出てきて互いにぶつかり合うんですよね。パニック状態で少女としては大変だけれど、それをユーモアたっぷりに描いているから明るくコミカルです。それぞれのキャラクターのビジュアルもとてつもなく可愛くて、色使いも鮮やかだから見入ってしまいます。イラストだけでも楽しめると思います。

映画『インサイドヘッド』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス