邦画

映画『ヘルタースケルター』高画質動画を無料フル視聴方法!ネタバレあらすじ・エロチシズムな衝撃作!

このページでは。映画『ヘルタースケルター』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ヘルタースケルター』と言えば、蜷川実花さんが監督の注目を集めた色鮮やかな世界・人間の世界でも、これ程色鮮やかに人間の心理を彩って見せてくれる映画は無いのではないのでしょうか。

主演の沢尻エリカさん演じるりりかのエロチシズムな部分や精神的に狂ってくる心理描写は必見です。

ディズニーデラックス

映画『ヘルタースケルター』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『ヘルタースケルター』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ヘルタースケルター』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
なし 932円 31日間
dTV なし 550円 31日間
TELASA なし 572円 31日間
Netflix なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円〜 31日間

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる『沢尻エリカ』関連作品

U-NEXTで見れる『蜷川実花』監督関連作品

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ヘルタースケルター』の映画情報

映画『ヘルタースケルター』あらすじ

おしゃれに敏感な女子高校生たちがなりたい顔NO.1は、芸能人の「りりこ」。ネイルやマスカラ、プリクラといったものが巷では流行りだし、オシャレになりたい!と思う女子高校生たち。

りりこは今、脂が乗りに乗っている芸能人です。その勢いは凄まじく、若い子向けのファッション誌からCM・ドラマ出演など・・・多くの人が注目する存在でした。

美しさとスタイルのよさを売りにしている彼女ですが、本人には「カチコチ、カチコチ、音がする。早くしろよと音がする」といわば美しさの終焉・皆から見放されるカウントダウンの音が聞こえていました。

実はりりこは目(眼球)、耳、爪、性器以外はすべて「つくりもの」なのです。全身成形によって手に入れた物であり、手術を幾度となく繰り返した結果のものなのです。

しかし、そのことに誰も気付いていません。

一方で検事の麻田は、脱税、政治家への贈収賄、堕胎した胎児の死体臓器売買および薬事法違反容疑で『麻布プラチナクリニック』を調査しているのですが、顧客の殆どが御曹司や令嬢といった具合でもみ消されてしまい困っていました。

麻田はある出来事からりりこを目撃します。そして、顔の骨格に乗っている筋肉の動きが、表情とまるで合っていないことでりりこの整形に気付きます。

そして麻田はどこかの時点で接触をし、りりこに例のクリニックの証言台に立ってもらおうと考えました。りりこという切り札として使うため時期を待ちます。

りりこにはマネージャー的存在がいます。35歳の付き人・羽田美知子です。彼女はりりこの言うなりです。

美しくて絶対的な存在が自分を頼りにしてくれている…そう思うと羽田は何があっても、何をされても突き放すことができない関係でした。いわゆる、依存関係です。

しかし、人気絶頂のりりこですがその人気に陰りが見えてきます。ある日髪を掻き上げるとおでこに整形の後遺症である黒い痣が出来ていることに気付きます。

そこで、りりこのメイク担当をするオカマの男性・沢鍋錦二に口止め料として8カラットのルビーを渡した後、全てを打ち明けフォローするよう命じます。

その後、麻布プラチナクリニックで再手術の予定を入れました。美しさを維持するための作業は大切であるため売れっ子のりりこは手術を受ける事にします。

女医の和智久子は「綺麗にしてあげたら、定期的なメンテは必要になるのは当たり前。」と吐き捨て、自業自得だと主張します。

このクリニックでは違法なプラセンタを行っているため、半永久的に高額な費用を払わなくてはなりませんでした。

りりこは一時的に美さを取り戻しますが、その頃から「美しさはいつかは壊れる」と自覚が有りました。いくら整形をしても出てくる後遺症と手術の痛みに耐えながら生活する毎日・・・・。

虚しさ、孤独感を感じずにはいられなかったのだと思います。

いくら綺麗になってもすぐに芸能界から忘れ去られてしまう恐怖も知っているからこそ必死に毎日を生きていたのではないかと感じました。

トップとして君臨するべく我慢するりりこの様子を見た麻田はヘルタースケルター(しっちゃかめちゃか)だと言います。

そんな中、同じ事務所の18歳の女性アイドル・吉川こずえが人気急上昇しりりこと共に仕事をすることになりますが元々が美しく、整形せずモデルをしている吉川に対して敵意・憎悪を抱きます。

精神的に追い詰められたりりこは違法薬物に手を染めます。そこへ追い打ちをかけるように恋人・南部が政治家の令嬢と電撃婚約したと、りりこは週刊誌で知ります。

その頃からりりこは羽田をいたぶることで、憂さを晴らすようになり、酷い仕打ちや非道な仕打ちをしていきます。

最終的な憎悪の対象は吉川に移ります。吉川は芸能界の入れ替わりの速さをよく理解していました。

「みんなすぐ忘れる。私たちはどうせただの欲望処理装置。可愛い、すごい、ああなりたい。無責任な欲望だけが、名前と顔だけが、ただすりかわっていくだけの存在」ー

番組収録中に幻覚が見えて白目を向きながら卒倒してしまうりりこ。社長からは休養するように勧められますが・・・

麻布プラチナクリニックの患者の自殺が相次ぎ麻田は今こそ会見でりりこを使う時が来たと確信します。

りりこはもう精神も病み、ボロボロになりながら生きているといった状態です。

後に、自滅していくりりこを哀れに思う多田がと社長が会見の機会をつくります。その際、りりこは「見たいものを見せてあげる」と言い出して会見場で驚くべき行動をとりますが―

これを見て驚かない人はいない程の圧倒的な行動・また蜷川監督が手掛けるダークな心理描写がなされている本作。

嫉妬や孤独・虚しさに焦点を当てたエロティシズムな素晴らしい作品です!

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ヘルタースケルター』キャスト・出演者

  • りりこ:沢尻エリカ
  • 麻田誠:大森南朋
  • 羽田美知子:寺島しのぶ
  • 奥村伸一:綾野剛
  • 吉川こずえ:水原希子

主演の沢尻エリカさんは今回りりこ役をヌードで大胆に演じています。

しかし、りりこの孤独感とどうしようもない見捨てられ感への恐怖を上手く演じ切りました。

自身の孤独感から女王の座から退く怖さや忘れられることへの恐怖感、これらのダークな一面を表は女王・裏は必死に縋り付く女として上手に演じました。美への執着の凄まじさを描いた作品でもあります。

映画『ヘルタースケルター』スタッフ

監督

蜷川実花

音楽

上野 耕路

脚本

金子ありさ

製作

和崎信哉
豊島雅郎

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ヘルタースケルター』感想や口コミ評価

女性
女性
R指定は15歳以上ですが18歳以上でも良いのでは?原作も一部読みましたがすごいエキセントリックな作品だと思います。監督もさくらんの蜷川実花さんなので映像が本当に派手でたまに視覚的に痛い!と感じますが世界観に浸れるので良いかと。沢尻エリカさんがここまでやるのか!と清純な役をやられていた頃を思い出すと意外ですがどんどん壊れていく様は本当に見ていて怖い!と思いますが彼女ならではの演技でした。彼女以外に主人公を演じることはできないでしょう。まだ駆け出しであった綾野剛くんとの絡みを見れるのはとても貴重。セクシーさにドキドキしてしまいます。この頃から綾野剛さんは独特な雰囲気を醸し出してる俳優さんでしたね。桃井かおりさんに寺島しのぶさんなど豪華共演陣がさらに花を添えます。沢尻エリカさん、憑依体質でいい女優さんだと思うのですが復帰は難しいでしょうか。彼女しか演じられないキャラもたくさんあるでしょう。ストーリー的にはとても苦しい、女性として、モデルとして輝くのにはかなりの努力が必要……世の女性が苦しんでいることを背をっている感じがしますね。とても暗い話だけど蜷川実花さんの色彩でそれも中和されている。情緒不安定な人は精神的に安定した時に見た方が引き込まれずに済むかな、と思います。
男性
男性
この映画を見た率直な感想は「オンナって怖えぇ!」でした。げんなりしながら映画館を後にしたことをよく覚えています。映画自体はとても美しく、残酷な物語でした。主人公のりりこが全身整形で完璧な美を手に入れたと思いきや、世間は自分の思い通りになびいてくれない。りりこの精神が崩壊していくさまは、見ていて胸が締め付けられるほどです。より美しく、より過激に自己主張がエスカレートしていくりりこが行きつく果ては、天国だったのか、地獄だったのか、それとも、もっと罪深い現実なのか。
個人的に心を鷲掴みにされたのは、記者会見でりりこがとんでもないことをしてしまうシーンです。りりこによる社会への復習と、それすら記事にしようと写真を撮り、カメラを回してゆく様は、まさに狂気によって展開されてゆく「ヘルタースケルター=混乱」でした。また、そこへ至るりりこの絶頂期から転落してゆくさまが痛々しく、生々しく、妖しく、醜い。作られた美への執着が織りなすナチュラルな美への復讐劇。果たして、りりこは幸せだったのでしょうか。ラストシーンのりりこを見ていると、美すら超越した存在へと達し悟りきったような微笑でした。オンナって怖えぇ。そう思わせてくれる映画です。
女性
女性
2012年に公開された日本の映画です。岡崎京子原作の本が原作で、沢尻エリカさんが主演を務めた作品です。芸能界のトップに君臨するりりこが主人公です。彼女は全身整形をした、整形美人でした。美しさを保つために常に生計を続けていました。そんな中、りりこは徐々に精神的に追い詰められていきます。ある日、りりこの全身整形がマスコミにすっぱ抜かれ、りりこはマスコミの前で自ら右目を刺して姿を消します。後日、外国のうらぶれた店で働くリリコは、女王だった東夷話です。この映画は、沢尻エリカさんの女優魂が発揮されていた作品です。彼女は惜しげもなく裸体をヒルしてくれていました。映画に使用されているいろいろなものが、ファッションセンスが高かったのも印象的でした。
女性
女性
主人公りりこを演じた沢尻エリカさんがとてもはまり役で、この役は彼女じゃないと演じられない役だったと思います。全身整形をして華やかな芸能界でトップに君臨するりりこの転落劇という衝撃のストーリー展開はとても刺激的でした。華やかな世界と、そこに渦巻く欲望が、蜷川実花監督の独特な極彩色の世界観で表現されていたことも印象的です。沢尻さんの大胆なヌードシーンはもちろん、りりこのマネージャーである羽田がだんだん壊れていく姿を演じた寺島しのぶの演技もすごくよかったです。主人公が夢に向かって上り詰めていくというストーリーはよくありますが、ヘルタースケルターはその逆で、上り詰めた先から転落していくストーリーが他にはないと思いました。
女性
女性
この作品は超人気モデルりりこの盛衰が様々な人間の目を通し描かれています。りりこ主観での醜くなっていくことへの恐怖、人気がなくなっていくことへの恐怖は、一般人である自分にはどこか御伽話のように、しかし確かな恐怖として感じられました。きらびやかな芸能人のきらびやかな生活と、相反した泥臭い戦い、血を吐くような努力、老いや流行りに勝てぬ苦悩が、一貫して派手なセットの中で進んでいくため、よりセンセーショナルに感じられるのでしょう。一番お気に入りのシーンは一番最後の最後、表舞台から姿を消したりりこの姿が映し出されるところです。彼女は美醜を凌駕し、どうしても人を惹きつける芸術品のような人間になっていました。最後に勝ち誇った顔のりりこを見て、こんなりりこが見たかったんだよ、と妙に満足した場面でもあります。
男性
男性
何かとスキャンダルの多い沢尻エリカさんですが、私はこの映画で、彼女はすごい女優なんだな…と思ってしまいました。すさまじい演技力と存在感で、圧倒されたシーンが数多くあります。蜷川実花の独特な色彩と毒々しさがところどころに見られ、画面が華やかで美しく、それだけで「目が楽しい」場面がたくさんあるところも、見どころの一つ。とくにりりこがモデルとして写真撮影をするシーンで、花に埋もれたり、たくさんの衣装で着飾る姿は、女なら誰もが憧れを抱いてしまうのではないかと思います。映画「マリー・アントワネット」の贅沢な日常生活のシーンさながら、「いいなあ、羨ましいなあ、素敵だなあ」と、未知の世界に想いを馳せてしまいます。映画を見て、自分が生きる世界とは全く違う世界を疑似体験できるというのは、大きな楽しみの一つなのではないかと思います。大雨の中、りりこが傘もささず、泣き崩れてさまようシーンは圧巻の一言。長く尺が取られ見応えがあります。沢尻エリカの演技力を見せつけられ、感嘆してしまいました。漫画原作ということもあり、マンガのような展開と美術など、現実的とは言い難いお話で、おそらく好みが分かれる作品だと思います。ですが、「刺さる人には刺さる」…というだけにはもったいない、演者たちの底力、邦画の良い部分がたくさん楽しめる、名作ではないかと思います。一見の価値ありです。
女性
女性
蜷川実花さんと沢尻エリカさんが組むと、ここまあで艶やかで美しい世界が作られるのか…と感激した作品です。いつどの瞬間でも主人公・リリコがとても美しくて、それだけで観る価値があると思います。「美」にとらわれすぎて、どんどん心を壊していってしまうリリコの姿は、観ていて恐ろしいけれど、女性として共感できる部分もありました。もちろん狂気に満ちている姿も美しかったです(笑)共感という点では、寺島しのぶさん演じるマネージャーにも共感するところが多かったです。憧れや嫉妬、尊敬がぐるぐる頭の中を巡っちゃうところは、どの年代の女性でもわかってしまうところなのではないでしょうか。これがもう8年ほど前の作品とは思えないほど、斬新でスピード感のあるビビッドな作品です。
女性
女性
色々お騒がせな沢尻エリカ主演のこの作品。一風変わった感じで悪くなかったですよ。作品自体の雰囲気が何とも言えないというか。沢尻エリカはとても美しく描かれています、外見の話。ただその外見は整形で作り上げたもの。今でこそ「整形依存」なんて言葉もあるくらい整形は世間に浸透してきていますが、この当時はそこまでではなかったと思います。人気絶頂のりりこ(沢尻エリカ)とそのマネージャー羽田の奇妙な関係。りりこにとんでもない要求をされても、やぼったい羽田は言いなりになっています。中にはエロティックな要求もあり、羽田の彼氏と羽田に愛してあっているところを見せろと言ったり、羽田の前で彼氏と関係を持ったり。とにかく頭おかしい人たちがなんかやってるって感じなんですが、でもそれが不思議な雰囲気に出来上がっててそれほど不快には感じません。魅せ方がうまい?そんな感じです。
りりこの事務所の社長役の桃井もいい味を出してます。りりこの前ではとても彼女を大事に思ってる風を装いますが、所詮金儲けの道具にしか過ぎない発言がちょこちょこと。最終的には会見でとんでもないことをしでかし裏の世界で生きていくのですが、その会見でのりりこのセリフが謎。今だに謎。でも作品自体が摩訶不思議な雰囲気なので、引っかからずスルー。それより裏の世界で生きているりりこが美しいままで驚きました。というか、裏のりりこのが今までよりもキレイに見えた。本当に不思議な作品です。
女性
女性
何だか壊そうだけれど、沢尻エリカさんが大好きだったので見てみました。映画の中で、沢尻エリカさん演じるリリコは、誰もがうらやむ美貌を手に入れるために全身整形をしてトップモデルになります。整形後の姿は本当に美しくて妖艶でした。どんな男も魅了されてしまうような容姿で、沢尻エリカさんが本当に美しかったです!つい見とれてしまいました。ただ、整形で綺麗になった容姿を保つには、整形を繰り返さなければならなくなっていったんですよね…。再手術を繰り返していくうちに、美貌はいつかは失われていくとはっきり悟ります。しかしリリコは薬物依存のように整形が辞められなくなってしまうんです。メイクをとるとアザがだんだん広がってきていてリリコは思わず笑ってしまいます…。どんなに美しくて人気になっても、芸能界ではいずれ廃れていきます。そんな儚い芸能生活に寂しさや空虚、孤独を感じ、リリコは限界に達してしまうんです…。美容クリニックも悪いですが、リリコの頭もだんだん狂ってきて違法薬物に手を出したり、みんなの前で右目にナイフを刺すシーンは怖かったですね…。最初と最後とで、リリコの運命は天と地ほどの差が出てしまいます。キレイになって華やかな時期を過ごしても、美貌だけで幸せでいられる日々はそう長くは続かない、と思い知らされます。

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス