アニメ映画

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』高画質動画を無料フル視聴!あらすじ&見どころを紹介

このページでは、映画『平成狸合戦ぽんぽこ』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』と言えば、1994年に公開された高畑勲監督のジブリ映画!住処である森を破壊する人間VS.狸達の戦いの物語です。

狸達の見事な「化学」をもう一度見たいと言う方も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』動画を無料でフル視聴する方法

ジブリ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』の
DVDがTSUTAYA DISCASなら
無料で見れる!

TSUTAYA DISCASの
無料お試しに申込む

  • ネットで動画配信とDVDレンタルを併用して利用可能!
  • CDもレンタルできる!
  • 動画配信されていない作品もDVDで無料視聴!
  • 初回の30日間は無料で見放題動画作品CDとDVDを視聴可能!
  • R18のアダルトDVDや新作CDも定額でレンタル可能!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル × なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:932円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × × なし 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × なし 500円〜 30日間

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』をはじめとする、スタジオジブリの動画は動画配信サービスでは、取り扱いがありません。

そのため、スタジオジブリ作品を無料で視聴しようと思ったら、DVDで視聴するしか手段がないのが現状です。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

TSUTAYA DISCASで見れる映画『ジブリ・シリーズ』

TSUTAYA DISCASでは、スタジオジブリアニメ映画シリーズ作品がレンタル可能なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為TSUTAYA DISCASのホームページでもご確認くださいね。

  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考URL:日本民間放送連盟

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』の映画情報

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』あらすじ

昭和40年代まで、森に狸たちがたくさん住んでいました。平和で思い思いに過ごしていた狸達の邪魔をするものは何一つありませんでした。

しかし、人間による開発が進み多摩ニュータウン開発計画が始まると森は壊され、住処を次々に奪われる狸たち。

自分たちの住処を奪われる事を良しとしなかった多摩の狸たちは、力を合わせて開発を止めようとします。

会議を開き、代々受け継がれてきた狸らしい「化学」によって人間を追い出そうとする狸達。その内の若い2匹の狸は、四国と佐渡に住む名のある狸達に助けてもらおうと旅に出ました。

「化け学」を駆使して何とか工事を止めようとする狸。乱暴で人間を憎み、殺す権太と慎重で、人間を脅かして追い出すだけに留める正吉は度々対立します。

狸達の活躍は、ニュースで「ニュータウンの怪」として報道されることに。

しかし、いくら殺しても脅かして追い出しても数日すれば違うメンバーがやってきてまた工事は、再開。

まるでイタチごっこの狸と人間の戦いの中で、工事は着々と進んでいきます。山は切り開かれ、工事で出た土砂は山に捨てられていきます。

そこへ、四国へ向かった玉三郎が古狸達を連れて帰ってきました。

四国遥々やって来た太三朗禿狸、隠神刑部、六代目金長。

最年長である太三朗禿狸は、999歳にもなる狸で、平家物語にもある屋島の戦いで那須与一を見物していた古狸です。

隠神刑部に至っては、四国の八百八狸を統率する狸。六代目金長は、狸でありながら金明大明神の神主です。

狸達は、心強い協力を得て長老達の指導の元「化け学」による「妖怪大戦争」を決行します。夜の多摩ニュータウンの街と空を覆い尽くす無数の妖怪達。

悲鳴をあげる人間もいれば、逃げ出す人間もいます。

しかし、作戦の最中に力を使いすぎた隠神刑部が死亡。https://youtu.be/_7cowIHjCD4

多摩ニュータウンの人間達には、ただの余興だと思われてしまいます。しかも、それを新しく出来たレジャー施設の宣伝だったと悪用する人間まで出て来て、狸達は意気消沈してしまいます。

そんな中、六代目金長に接触して来たのは人間に化けた狐、竜太郎。

狸達と同じく住処を奪われた竜太郎は、化ける事のできる狸に人間のように生活をしろ、とアドバイスします。

そう言われても、化ける事の出来ない普通の狸を見捨てられない六代目金長は、娘婿になった玉三郎とともにレジャー施設の社長から一億円を回収。

鶴亀和尚は、テレビ局に手紙を送りましたが森に入ってきたワイドショーのコメンテーター。それでも、テレビのマイクやカメラに向かって、鶴亀和尚は必死に森に住む狸達や動物の事を訴えかけます。

太三郎禿狸はというと、念仏を唱えながら宝船に化けてそのまま多摩川を下っていってしまいました。

最後の抵抗をした権太とその仲間は警視庁の機動隊と激突。人間側は何人か死傷しましたが、最終的には、権太も含む全員が殺されました。

全てが終わった頃、佐渡に行っていた文太が帰還。

しかし、佐渡の古狸、団三朗狸は45年前に死亡しており、故郷の森は人間達によって破壊されていました。人間が自分達狸を化かしていると嘆き、森を返せ、と泣き叫ぶ文太。

残った狸達は、力を合わせて森があった頃の美しい多摩丘陵を人間に見せます。

人間達は、緑も残すべきだと言って、僅かな緑を残しました。しかし、狸や他の動物にとってそれは、遅すぎる対応でした。

月日が経ち、化ける事の出来る狸は人間として生活を始めました。

正吉は、妻となったおキヨと子狸達のためにサラリーマンをしています。おキヨも夜のスナックで働いています。

ある夜、ゴルフ場で宴会を開いて騒いでいるかつての狸仲間達を見た正吉。狸の姿に戻った正吉も嬉しそうにその中に入って騒ぎます。

そして、迎え入れたポン吉はふとこちらを見て、人間に向けてメッセージを投げかけるのでした。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』キャスト・出演者

  • 語り:古今亭志ん朝
  • 正吉:野々村真
  • おキヨ:石田ゆり子
  • 鶴亀和尚:柳家小さん
  • おろく婆:清川虹子
  • 権太:泉谷しげる
  • ぽん吉:林家こぶ平
  • 玉三郎:神谷明
  • 文太:村田雄浩
  • 六代目金長:桂米朝(3代目)
  • 太三朗禿狸:桂文枝(5代目)
  • 隠神刑部:芦屋雁之助

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』は、スタジオジブリの中で初めて、CGが使われた作品です!

物語の中での「妖怪大作戦」では、妖怪に混じって、トトロやキキ、ポルコの乗る飛行艇サボイアS.21が紛れています。

さらに狸達が追い出された多摩ニュータウンは、後に映画『耳をすませば』の主人公、月島雫が住んでいます。

現在の多摩ニュータウンは、建物が老朽化し人がいなくなってきたことで、狸を始めとする野生動物たちが戻ってきているそうです!

人間が追い出した狸達が人間が出て行った後、また戻ってくると言うのは何とも言えない皮肉な話です。

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』スタッフ

監督

高畑勲

音楽

紅龍
上々颱風など

脚本

高畑勲

製作

鈴木敏夫

制作会社

スタジオジブリ

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

Netflixで『平成狸合戦ぽんぽこ』などジブリ映画は配信されていないの?

2020年の1月に、ジブリ作品のNetflixでの配信がスタートするというニュースが流れました。

しかし、それは海外のみで日本では配信されないという内容でした。

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ジブリ作品を巡っては米国ではAT&T傘下のワーナーメディアが7月に始める動画配信サービスの目玉の一つとして「千と千尋の神隠し」など21作品を配信するが、日本では現在、動画配信はしていない。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

引用:日本経済新聞サイトより

なぜ日本では配信しないんですかね。。。

日本で配信できないのは、テレビ局などとの関係性もあるのかもしれません。そう考えると、日本の動画配信サイトでジブリ作品を視聴できる日が来るのは、まだ現実的ではなさそうです。

そのため無料で『平成狸合戦ぽんぽこ』を見ようと思った場合には、DVDを購入するか、TSUTAYA DISCASで無料お試し期間を利用しての視聴が最もおすすめです。

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』のDVDやBlu-rayを購入する


\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』ファンの感想や見どころ

女性
女性
この映画は、間違いなく今観たほうが良い!観るべき作品です。公開されたのは、1994年というだいぶ昔、そんな時代に今の状況を描いているように感じる描写があります。
舞台は、「多摩ニュータウン」と呼ばれる都市開発を行われている地域です。そこの裏山に住む狸たちが、自分の住処がなくなるため計画を中止させようと人間たちに詰め寄ります。人間もちらっとは出てきますが、メインは狸です。
人間の自分勝手な都市開発や森林伐採によって、住処や餌を奪われているのは、なにも狸だけじゃないはず。そう思いました。また、劇中には、そんな狸たちを取材しようと人間が裏山に訪れるシーンもあります。しかも、結構忠実な感じがしました。ワイドショーなどは、いつも人間側の都合しか報道されません。しかし、狸は狸の都合がありますよね。深い…。
私が一番印象に残ったのは「妖怪大戦争」のシーンです。狸たちが化けて妖怪になりすまし、人間を驚かせるというもの。これが、スケールが大きく一度観ただけでは隅々まで把握できません!あちこちにいる妖怪の中には、知っているものもいましたが、知らないものがほとんどなので、それも調べてみたい気持ちになりました。
ラストの終わり方は、私的にすっきりしませんでしたが、学ぶことが多い作品で、子どもにも観せたいです。
男性
男性
この映画は”開発が進む多摩ニュータウン(多摩市)を舞台に、その一帯の狸が化学(ばけがく)を駆使して人間に対し抵抗を試みる様子を描く作品。
子供のころに見たときはあまり面白くない印象を受けた。
ジブリの中でも、可愛いタイトルだが、トトロのようにホンワカしてキャラクター自体がかわいい訳ではない。
作品を見終わった後に何か胸に突っかえて後味が悪く子供向けの映画ではないなと感じた。
しかし現在は平成も終わり令和になったが、大人になって見ると奥深い。
人間がいかに住みやすくするために自然を壊しているのかや、動物たちの生活を傷つけているかを思い知らされる。
特に都心は緑も少なくなっているので尚更そのように感じる。
最後のシーンではタヌキが人間に化けて生活しているが、本当は現実にも存在するのではないかと時々思う。
女性
女性
1994年に公開された、スタジオジブリが制作した日本のアニメーション映画です。あらすじは、昭和40年代の多摩ニュータウン建設計画が推進されます。それで、多摩丘陵に住むタヌキたちは開発を阻止するために、対抗措置を講じます。人間を撃退するために、あれこれと知恵を絞りますが、開発は止められません。「妖怪大作戦」を発動しても手柄を横取りされ、正吉たちは人間に変化して生きる決意を、ポン吉たちの変化できないものはそれなりに暮らすというストーリーです。自分は、初期の多摩センターに住んでいたことがあり、その当時を知っているため、この映画で描かれている風景などがとても懐かしく感じました。この作品の中では、ラストシーン近くで人間に化けたタヌキが、路地裏の原っぱで月夜に踊る狸たちを見つけて、懐かしく思い自分もその原っぱに飛び込んでいくところがよかったです。また、人間と野生の生き物との共存についても考えされられました。人間にとって必要な住宅街を作るには、多くの野生動物たちの犠牲があることを実感させられました。
男性
男性
小さい頃から、家で何度もなんどもビデオで見返したアニメがこの「ぽんぽこ」。ジブリ作品には名作が大変多いですが、自分の中で一番好きなジブリ作品です。
子供の頃は、大まかなストーリーを楽しむよりも、細かな描写に目を奪われることが多くありました。例えば秋にたぬきが木の実を食べるシーン。動物の毛並みや、草の葉の細かな描き方がたぬきの愛らしさを増長させます。また、例えば、化けたたぬきたちがハンバーガーを食べるシーン。年を食った化けタヌキたちが口元をソースで汚しながら口いっぱいにハンバーガーを頬張って、おいしそうに食べるところは、思わずハンバーガーが食べたくなってしまいます。ジブリ作品は食べ物が美味しそうに描かれるシーンに定評がありますが、この「ぽんぽこ」にもそういった印象的なシーンが多くあります。
化けタヌキたちが人間の前に姿を現す百鬼夜行のシーンでも、小さい頃には画面の賑やかさや楽しさに目を奪われていて、ただ子供心に楽しんでいました。繊細かつ非現実的な、「アニメらしい」動き、よくできた画集を眺めているような感覚で楽しむところが大きかったような気がします。
しかし大人になってから見返してみると、ストーリーに心を打たれてしまいました。生きる場所を奪われる悲しさ、変わっていくことで生きていく切なさ。そういうものが理解できて、本当の意味でこの作品を楽しめるようになり、最後に主題歌が流れるラストシーンでは号泣してしまいました。
観る年齢によって見方が変わるのも、この作品の魅力の一つです。
男性
男性
人間による環境破壊で住処を失っていく狸たちが一矢報いようとする、人間としては見ていて反省ばかりの映画です。
人間に化けて人間らしく生活するもののキツネのように上手く立ち回ることができず、仲間を集めてなんとか森を守ろうとする姿は思わず応援したくなります。
オススメしたいシーンは狸たちが妖怪に化けて百鬼夜行をするシーンです。
がしゃどくろなど不気味ではありますが、ジブリらしくどこかテーマパークらしいお祭りのようなワクワク感があります。
現実このように狸が人を化かすということは難しいのでしょけど、住処を奪われているのは事実でしょうし、環境破壊に対してもっと真剣に向き合わなければならないと反省しました。
ラストはハッピーエンドなのかバッドエンドなのかは受け取り手しだいだと思いますが、狸が人間のふりをして無理して生きていかなくてもいいように環境を壊してはならないと思いました。
男性
男性
これは狸がしゃべるので一見子供のための映画のようにも見えますが、非常に考えさせられる深い映画で、大人でも、というより大人が観てほしい映画です。自然の豊かなところで動物たちが平和に暮らしているのに、人間の利己的なニュータウン開発計画などによりその美しい自然と動物たちの平和な世界が壊されてしまう。それで狸たちは一致団結して人間たちがその計画を進めていけないように戦うのです。人間との戦いに勝って豊かな平和をとり戻しめでたしめでたし、というのが普通のアニメや子供向けの映画かもしれませんが、この映画は違います。人間と動物ではやはり人間のほうがどうしても知恵があり、結局人間は自分たちがしたいようにできるのです。これが悲しいかな現実です。生き残った狸たちはそこから引っ越すか、変化して人間社会で生きていきます。その闘いの最後で狸たちが言います。山がなくなると暮らしていけないんだよお。山はおらたちの住み処、勝手になくさんでもらいたい。これは生き物すべてのねがいじゃ!と。とても心に響く言葉です。一部の人間の利己心によってどれほどの損害が出ているか、ぜひ考えたくなる映画です。まじめな映画ですがユーモアもたっぷりあって全く飽きない映画です。これを見てより一層自然と動物が好きになりました。
その他の感想はこちらをタップ
男性
男性
ジブリ映画で初期に放映された代表作に、「風の谷のナウシカ」、「天空の城ラピュタ」、「魔女の宅急便」という様に、映画で訴えたいものがあるが、何処となく、童話の世界を思わせる映画が多かったです。確かにその途中に、「となりのトトロ」、「火垂るの墓」といった映画もありました。この平成狸ぽんぽこは1994年(平成6年)に作られた映画で土地開発が進む多摩ニュータウンを舞台に、人間によって、自分たちの住むかを脅かされたタヌキが人間に対抗する処が見どころです。また、これまでの絵のタッチとは異なり、力強く描かれたタヌキたちも面白いです。また、タヌキが人間に化けて人に対抗するので、どんな人に化けるのかもおもしろいところです。タイトルに平成とある様に、現代で、動物の住み家を人の開発で、徐々に奪っていることは確かでしょう。そういった事を映画で伝えたかったのかも知れませんが、面白く描き、映画に仕上げているところがお勧めです。
男性
男性
伊予から呼ばれた高名な変化狸の和尚が、狸に残された宿命を悟り、踊り念仏をとなえながら、化けることのできない並みの狸たちを乗せて船出してゆくところがいちばん悲しい。この船出が、かの補陀落渡海であることは間違いなく、船に乗った狸たちの晴れやかな笑顔やはしゃぎかた、それを見送る狸たちの表情が胸に迫ります。
女性
女性
この作品のストーリーが結構考えさせられるものになっており、町の土地開発が進んでいく裏側で、タヌキなどの住処が無くなっていくなか人間との対立・共存の道などタヌキたちの葛藤が描かれていて、発展の裏側ではこういった犠牲もあるというのも改めて認識するいい作品だと思い選出しました。

オススメのシーンはラストのシーンで主人公のタヌキの正吉が人間たちに向けて「開発が進んでキツネやタヌキが姿を消したって、あれ、やめてもらいません?そりゃ、たしかにキツネやタヌキで化けて姿を消せるのもいますけど、でもウサギやイタチはどうなんですか? 自分で姿を消せます?」と語りかけてくる所です。

この作品を最後まで見て、タヌキなどの動物が可哀想だとか、もっと自然を大事にしろ等ほとんどの方が思う所でしょうが、このシーンのセリフの意味を今一度考えてみてほしいと思います。

見どころとして過去作品のジブリキャラクターがとあるシーンで登場しているところです、どんなキャラクターがいるのかはよく目を凝らして探して見てほしいと思います。

男性
男性
『平成狸合戦ぽんぽこ』の一番のおすすめは狸たちが妖怪に化けて人間界を闊歩するシーンです。特に独特の音楽と相まって、不可思議で不気味で、でもどこかポップな狸たちの最高の見せ場になっていると思うからです。

それに、自然を大事にする心や人間の森林伐採をはじめとした開拓に対して警報を鳴らすような構成になっているところが、社会派な部分もしっかり伝わってくるので、ただ単に笑えるだけではない面白さがあり大好きです。

女性
女性
この作品に出てくるタヌキは、見た目も中身も愛嬌があって憎めません。本物のタヌキはそんなに可愛いといえる動物ではないのですが…。たくさんタヌキが出てきてにぎやかで、最後は皆で協力してハッピーエンド!というスカッとした終わり方です。タヌキたちがどうやって餌を確保しているかというと、夜に店の残飯などを漁る…というあたりが何だかリアルでした。タヌキも生き延びるのに必死なんだな、人間にもいろいろい文句があるんだなぁと、映画の中の世界なのですが、動物愛護の精神が出てきてしまいました。人間は確かにタヌキから見たら自分勝手で自己中に見えるだろうなと思いますが、弱肉強食の世界なので仕方ない部分もありますが。結局はバランスというか、どこかで折り合いをつけるしかないのかなと。私は特に動物好きというわけでもタヌキが特別好きなわけでもないですが、この作品は最初から何だか引き込まれてしまい、最後まであっという間に感じます。もっと退屈するかなと思ったら、全然退屈するところがありませんでした。展開が何気にリズムよく進んだからだと思います。イラストも可愛いし、タヌキそれぞれに個性があって、ユーモアたっぷりに描かれていました。笑えるところもありますし、最後はほろりと少し泣けます。親子でみても面白いと思います。
女性
女性
家に録画したビデオがあってよく見ていた作品です。【たぬきさんたぬきさん遊ぼじゃないか~♪】から始まる歌がワクワクして大好きです。好きなシーンは若いたぬき達がばけ学を身に付けて人間社会で人間の姿で紛れ込む試験です。権太がいい匂いにつられてたぬきの姿に戻ってしまった所が可愛くて好きでした。大人になって見ると、本当に動物達は今どこで暮らしているのか心配になります。
女性
女性
この映画は映画館で見ました。夏休みのお盆時で混んでいて、普段なら見ない前から2列目くらいで見た覚えがあります。多摩ニュータウンの開発が進むに連れて、住む場所を追われていく狸たち。そんな狸たちが化け学を使って、人間を脅して退けようと頑張りますが、なかなかうまくはいきません。一番印象に残ったシーンが、夜空に繰り広げられた『妖怪大戦争』です。いろんな見たことのない妖怪が登場して、この映画の一番の見どころなのではないでしょうか?このシーンはとても楽しかったです。途中で力を使い過ぎて死んでしまう狸もいたのに、それを見た人間たちは、最初は怖がっている者も多かったけれど、むしろ楽しいイベントのように受け取られ大失敗でした。やがて、人間に化けた狐の竜太郎は人間のように生活したらいいと提案しますが、化けられない狸もいたのですね。持つ者と持たざる者のように、化ける術を持たない者は生きる術がありません。ここに格差が!
あともう一つ印象に残った場面は、狸たちが最後に力を振り絞り、かつてあった里山を再現する場面。今は失われてしまった風景があまりに美しく懐かしく、涙が出そうでした。
人間は、土地を自分たちのものだと思い込んで売り買いして、好きなように作り変えているけれど、そこには、他にたくさんの生き物たちが住んでいて、人間に意見する術がないけれど、嘆いているような気がしました。
基本的には、かわいい狸がいろんな人間に化けたりして、楽しいかわいい映画ですが、そこに自然破壊に対するメッセージがしっかり入っていて、美しい里山が再現された時は、人間って愚かだなと思えてしまいますね。
男性
男性
宮崎駿監督作品の8作目。ジブリ作品としては珍しく作中にナレーションが使用されており、監督のメッセージ性が色濃く出た作品となっています。
内容は狸側の視点から多摩市の都市開発について迫るもの。また視聴者に向けてたぬきが語り掛けるシーンもあり、物語としてのアニメーションというよりは作品を通じて都市開発とは何か、自然破壊とはなにかについて視聴者にも考えてほしいというメッセージが感じられます。
また作品中に実写映像を採用するなど、のちの作品にも影響を与えたと言われています。(新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君にー庵野秀など、こちらもおすすめです。)
名シーンは作中最後のたぬきが語るシーン。
「たぬきはいなくなったと言われるけど、自分たちで自発的にいなくなったのではない」という趣旨のセリフ。人間の土地開発によって森を追われる形となった動物たちについて、人間の視聴者たちは理解しているのか。勝手にいなくなったという表現に隠された、暴力性や身近なところで繰り広げられる自然破壊に考えさせられる作品となっています。

映画『平成狸合戦ぽんぽこ』の
DVDがTSUTAYA DISCAS無料!

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス