アニメ映画

映画『ハウルの動く城』高画質動画を無料フル視聴!あらすじや声優キャストまとめ

このページでは、映画『ハウルの動く城』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハウルの動く城』と言えば、2004年に公開されたジブリ映画!

原作にはない戦争描写はあるものの、原作者ダイアナ・ウィン・ジョーンズからも「とても素晴らしかった」と感想をもらえる内容です!映画『ハウルの動く城』をもう一度見たいと言う方も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『ハウルの動く城』動画を無料でフル視聴する方法

\TSUTAYAの無料お試しで/
『ハウルの動く城』
\DVD無料レンタル可能/

今すぐ無料お試し※DVD&CDの最新作レンタルは無料期間後から

/無料お試し30日間\
/解約手続きもカンタン!\

映画『ハウルの動く城』動画のVOD配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル × なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:932円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × × なし 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × なし 500円〜 30日間

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

TSUTAYA DISCASで見れる映画『ジブリ・シリーズ』

TSUTAYA DISCASでは、スタジオジブリアニメ映画シリーズ作品がレンタル可能なので、全作無料で一気見が可能です!

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為TSUTAYA DISCASのホームページでもご確認くださいね。

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハウルの動く城』の映画情報

映画『ハウルの動く城』あらすじ

帽子屋ハッターで帽子を作るソフィー。戦争間近なため、兵士達と街の市民はお祭り騒ぎでした。

妹であるレティの店に向かう途中で兵隊に声をかけられて困っていたソフィーは、美しい魔法使いの青年に助けられます。彼は、「荒れ地の魔女」の手下に追われていたのでした。

店に帰ると、施錠したはずの店に大きな体をしたマダムが入ってきます。帽子も自身も安っぽいと言われたソフィー。

しかし、「荒れ地の魔女」だったマダムはソフィーを90歳の老婆にした後、ハウルによろしくね、と行って去ってしまいます。

翌日、少しの食べ物を持って家を出るソフィー。途中、荒れ地でカブ頭のカカシ「カブ」を助けます。助けられたカブは、ソフィーに杖をあげます。

そして、泊まる所を探していると言ったソフィーになんと「ハウルの動く城」を連れて来てしまいました。何とか城の中に入れたソフィーに話しかけたのは、暖炉に住む日の悪魔カルシファーです。

ソフィーにかけられた呪いを指摘するカルシファー、自身の呪いと交換でソフィーの呪いも解くと取引。そのまま暖炉の前で寝てしまったソフィー。

翌朝、2階から降りてきたマルクルはソフィーを見て驚きます。

起きたソフィーは、窓の外が荒れ地でなく港町になっている事に驚きます。玄関が魔法のドアである事を楽しむソフィー。

ソフィーは、ハウルの言う事しか聞かないカルシファーを取引で脅して言う事を聞かせます。ベーコンを焼いている間に帰ってきたのは、ハウル。

ハウルは、街でソフィーを助けたあの美しい魔法使いの青年でした。

自身を掃除婦だと言うソフィー。ハウルは、少しの質問と相槌を打つだけです。

マルクルも入れてみんなで朝食を摂っていると、ハウルはソフィーのポケットの中のものを指摘。覚えのないその紙には、古い呪いとメッセージが込められていました。

「荒れ地の魔女」の手下だとマルクルに言われたソフィーでしたが、呪いを話そうとしても話せません。怒ったソフィーは、ハウルが風呂に引っ込んでいる間に城中を大掃除し、そのまま城に住むことになりました。

隣国との戦争が激化。魔法使いであるハウルの偽名の人物も国王に召喚されていました。

後日、ソフィーが掃除の際に風呂場の棚をいじったことでハウルの髪が本来の黒に戻ってしまいました。嘆いたハウルは、闇の精霊を呼び出してパニックに。

寝込んだハウルを介抱するソフィーは、戦争の話を聞きます。ハウルの代わりに王都キングズベリーへ行き、ハウルの母と偽ってマダム・サリマンと謁見したソフィー。

サリマンは、ハウルが悪魔と契約し心を奪われていずれ魔王になる、と話します。そして、王国のために協力しなければ、「荒れ地の魔女」のように力を奪い取ると言いました。

ハウルを信じる、と話すソフィー。そこへ国王に変身したハウルが助けに来ます。

「荒れ地の魔女」とサリマンの使い犬、ヒンと一緒に脱出したソフィーは、城に無事帰還。翌日、ハウルの魔法で新しい家に引っ越しました。

引っ越した先は、ソフィーが住んでいた家です。戸惑うソフィーにハウルは、魔法の力を借りて育てた花畑を見せました。

嬉しそうに笑うソフィーにハウルは、子供の時に魔法使いの叔父がハウルに残してくれた家を見せてくれました。

後日、ソフィーの母が家を訪ねてきました。ソフィーに別れを告げて去っていった母は、サリマンに指示された通りに「虫」を行ってしまいました。

「虫」を食べたカルシファーは、弱りハウル達の家を上手く隠せません。戦争が激化する中、サリマンの手下がとうとうハウルの家を見つけ、家目掛けて、爆弾も落ちきました。

助けたハウル。ソフィーを守るために再び戦場に行ってしまったハウルのため、ソフィーは荒れ地の城に戻ります。

カルシファーに長かった髪を上げて力を与え、再びハウルを助けに向かうソフィー達でしたが、「荒れ地の魔女」がカルシファーの中にハウルの心臓があると気付いてしまいます。カルシファーごと、心臓を握りしめて燃える彼女を助けるために水をかけてしまったソフィー。

谷底へおちてしまったソフィーは、号泣。しかし、ハウルにもらった指輪に導かれドアを通じてハウルの子ども時代へと行きます。

流れ星だったカルシファーを飲み込んで心臓をあげたハウル。ソファーは、未来で待ってて、と叫びヒンとともに元の世界に帰りました。

帰ると、待っていたのはボロボロの姿をしたハウル。ハウルがずっと待っていてくれた事に気付いたソフィーは、生気の無い顔をしたハウルにキスをします。

そして、カルシファーの元へ戻ったソフィーは倒れたハウルにカルシファーを押し当てて心臓を返します。

再び流れ星になったカルシファーは、死なずに嬉しそうに叫んでどこかへ飛んでいってしまいました。カルシファーの魔法が解けたことで、みんなは谷底へ。

しかし、カブが身を挺して助けてくれました。ソフィーがお礼にキスをした瞬間、カブは魔法が解けて隣の国の王子に戻りました。

目が覚めたハウルは、星の色に染まったソフィの髪を見て声を上げます。ソフィは、元の年齢の姿に戻っていました。

戦争を止めると言った王子とみんなをヒンを通して見たサリマン。サリマンは、馬鹿げた戦争を終わらせるために総理大臣達を呼び出します。

カルシファーは、みんなと一緒にいたいからと再び戻ってきました。

今度は空を飛ぶ城を作ったハウル。

青空の中を飛んでいく城の上で、ハウルはソフィーにキスをするのでした。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハウルの動く城』キャスト・出演者

  • ハウル:木村拓哉
  • ソフィー:倍賞千恵子
  • 荒れ地の魔女:美輪明宏
  • マルクル:神木隆之介
  • カルシファー:我修院達也
  • レティー:香月弥生
  • ハニー:八十川真由野
  • カブ:大泉洋
  • サリマン:加藤治子
  • ヒン:原田大二郎

映画『ハウルの動く城』のハウルの声を演じたのは、大人気俳優である木村拓哉さん。

ハウルの心臓を持つカルシファーの炎の揺らめきは、どうしても表現できなかったスタッフに変わって宮崎駿自身が全て書きました!

因みになぜ城が動いているのかと言うと、原作ではハウルが手を出した女の子たちから逃げるためですが、映画ではサリマンから逃げるためと解釈出来るんです。

原作は、2011年に亡くなった子供向けの魔法ファンタジー小説の著者で有名なダイアナ・ウィン・ジョーンズ。

映画と違った展開で小説も面白く、読んだら映画が一層面白くなると思うので、興味があったら是非お手に取ってみてください!

映画『ハウルの動く城』スタッフ

監督

宮崎駿

音楽

久石譲

脚本

宮崎駿

製作

鈴木敏夫

原作

ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
「魔法使いハウルと火の悪魔」

映画『ハウルの動く城』をはじめとする、スタジオジブリの動画は動画配信サービスでは、取り扱いがありません。

そのため、スタジオジブリ作品を無料で視聴しようと思ったら、DVDで視聴するしか手段がないのが現状です。

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

Netflixで『ハウルの動く城』などジブリ映画は配信されていないの?

2020年の1月に、ジブリ作品のNetflixでの配信がスタートするというニュースが流れました。

しかし、それは海外のみで日本では配信されないという内容でした。

米ネットフリックスは2月から4月にかけて順次、「となりのトトロ」などスタジオジブリ(東京都小金井市)の21作品を日本と米国、カナダを除く世界約190カ国で配信する。ネットフリックスは国内のアニメ会社と包括提携を結ぶなど日本アニメの獲得に力を入れてきた。世界的に高い人気を誇るジブリ作品をテコに海外市場の開拓を加速させる狙いだ。

このほどフランスの配給会社、ワイルドバンチ・インターナショナルからジブリ作品の日本と米国、カナダを除く世界での配信権を獲得した。2月1日には「となりのトトロ」や「魔女の宅急便」など7作品、3月1日には「もののけ姫」など7作品、4月1日には「ハウルの動く城」など7作品を配信する。

これまでジブリはネット配信に対して消極的だったが、動画配信サービスの拡大に伴い、世界に配信ネットワークを持つネットフリックスと組むことがジブリ作品の認知度向上にもつながると判断したもようだ。

ジブリ作品を巡っては米国ではAT&T傘下のワーナーメディアが7月に始める動画配信サービスの目玉の一つとして「千と千尋の神隠し」など21作品を配信するが、日本では現在、動画配信はしていない。

ネットフリックスは「スタジオジブリの長編アニメーションは、これまで35年間にわたり世界中のファンに愛され続けている」と強調。「日本発のすばらしい映画をアジアやヨーロッパ、南米などの多くの国の言語でみてもらいたい」とコメントした。

引用:日本経済新聞サイトより

なぜ日本では配信しないんですかね。。。

日本で配信できないのは、テレビ局などとの関係性もあるのかもしれません。そう考えると、日本の動画配信サイトでジブリ作品を視聴できる日が来るのは、まだ現実的ではなさそうです。

そのため無料で『ハウルの動く城』を見ようと思った場合には、DVDを購入するか、TSUTAYA DISCASで無料お試し期間を利用しての視聴が最もおすすめです。

映画『ハウルの動く城』のDVDやBlu-rayを購入する


映画『ハウルの動く城』ファンの感想

女性
女性
私は宮崎駿監督作品の中でも、女性に絶大な人気がある作品は映画『ハウルの動く城』だと思っています。映画『ハウルの動く城』は、女性の心をがっちり掴む夢と魔法が溢れたストーリー構成、カルシファーやマルクルといったユニークで可愛いキャラクター達、そして主人公ソフィーの様に自信に満ち溢れた女性は強く美しいという作品を通して感じる事ができるメッセージ。映画『ハウルの動く城』を鑑賞した後は明日もまた頑張ろう。そんな気持ちになれます。映画『ハウルの動く城』の物語は小さな町で父の跡を継いで帽子屋を経営するソフィー・ハッターが荒れ地の魔女に呪いをかけられて90歳の老婆に変えられてしまう事から始まります。その後、動くカカシに出会ったりしながらも荒れ地で遭遇したのは悪名高き魔法使いが住むハウルの動く城。町では若い娘はハウルに心臓を食べられてしまうと有名でしたが、ソフィーは勇気を出して城の中へ、そこに住んでいたのは見習い魔法使いマルクルと火の悪魔カルシファー、そして城の主である魔法使いハウル。ソフィーは城の掃除婦として働く事になります。そしてここから観ている人を夢と魔法の世界へ連れて行くストーリーが始まるのです。私が映画『ハウルの動く城』の中で特に好きなシーンは作品の後半にソフィーがハウルの命を救う為、ハウルの記憶を旅をするシーンです。ソフィーがハウルを思う気持ちの強さは恋を経験している女性達なら涙なしでは見る事が出来ないです。そして一番はなんと言っても映画『ハウルの動く城』の見どこりナンバーワンと言っても過言ではない、魔法使いハウルがカッコイイ!臆病で自分を守ってばかりだったハウルが呪いをかけられてもひたむきに毎日を生きるソフィーに少しずつ心を開いて恋をして、今まで逃げてきた全てからソフィーを守る為に立ち上がるシーンは胸がジーンとしてしまいます。映画『ハウルの動く城』公開当初から何回も観直している映画『ハウルの動く城』ですが、これからも変わらず観続けていきたい作品の一つです。
女性
女性
映画『ハウルの動く城』といえば、ジブリ男子屈指のイケメン、ハウルがとにかく人気ですよね。平凡な女の子ソフィーを、魔法使いである彼が導いていく姿には確かに乙女心が刺激されます。…序盤までは。
なんとソフィーは荒れ地の魔女の呪いによって老婆にされてしまうのです。イケメンと老婆、ちょっとときめいている場合ではありません。加えてハウルが思ったよりも子供っぽい性格であることも判明。中盤は驚きの連続でこの映画、どう着地するんだろうとソワソワしてしまいました。しかし、ソフィーの悩み、ハウルが抱える恐怖、その他城の住人の苦しみ…そういったものを見ているとどんどんこの作品に惹き込まれていくのが分かります。内容はネタバレになるので詳しくは触れませんが、映画『ハウルの動く城』は、少し難しい内容になっております。しかし、それを払しょくするほどのキャラクターの魅力、美しい風景、加えて名曲『人生のメリーゴーランド』。もちろん映画『ハウルの動く城』も作曲は久石譲さんです。ぼーっと見ているだけでもあなたもこの世界にあこがれること間違いなしです。映画『ハウルの動く城』の見どころの一つはハウルの髪色や髪形がコロコロ変わるところですかね。彼、非常にこだわりがあるようで、ソフィーが風呂場を掃除したときにシャンプーの魔法をいじってしまうという事件が起こります。すると、ハウルの髪色が変わってしまったことで、ハウルが視聴者がドン引くほど激怒するシーンがあります。しかし、映画『ハウルの動く城』を最後までご覧いただければそんなところも含めて彼の魅力に変わっていることでしょう。
女性
女性
この映画『ハウルの動く城』はまず、声優さんたちの演技が本当に素晴らしいと思います。メインキャラクターンのハウルの木村拓哉さん、ソフィ役の倍賞千恵子さん、カルシファーの我衆院達也さん、マルクルの神木隆之介さん、そして荒れ地の魔女役の美輪明宏さん…なんでこんなにぴったりなんだろうと思ってしまうほどハマり役でした。この映画はさすがジブリ、音楽も絵も本当に美しく最初から最後まで見とれてしまう作品です。街の様子や動く城の外側、内装や置いてあるものなど、正直1度見るだけでは目からの情報が多すぎて追いつきません。色んな面白い発見を見逃してしまう人も多いと思うため、私は何度か見ることをおすすめします。繰り返し見ても新しい発見があり何度でも楽しめる作品で、私の友人は数回目の視聴でおまじないグッズがたくさん置いてあるハウルの部屋にどんぐりを見つけたと言っていました(笑)ハウルのかっこいいだけではなく、ころころ変わる表情、ソフィの気持ちがどんどん強く変わっていくところ、城に住む登場人物たちが本当の家族のようになっていく様子…見どころが本当にたくさんあります。そして拍手をしたくなるほど素敵なラストシーン。映画『ハウルの動く城』をまた何度でも見返したいなと思います。
男性
男性
映画『ハウルの動く城』は、宮崎駿が監督を務めたジブリ映画です。この作品の見どころは、なんといっても緻密で美しい映像だと思います。映画『ハウルの動く城』に登場するキャラクターのデザインは、ジブリ作品らしく派手さはありませんが、キャラクター一人一人の動きは自然かつ細かく再現されていて、さすがだと思いました。劇中の小物もファンタジー感にあふれていて、何度見ても魅了されてしまいます。また、映画『ハウルの動く城』での声優さんの演技も個人的にはお気に入りです。劇中で主人公である女の子のソフィは、イケメン魔法使いのハウルに惚れていきます。このハウルというキャラクターは、プロの声優が起用されず、タレントの木村拓哉さんが声を当てています。アニメファンの方はそこに嫌悪感を抱かれるかもしれませんが、個人的に木村拓哉さんはハマリ役で、演技も素晴らしいと思いました
女性
女性
映画『ハウルの動く城』では、ハウルの王子様っぽい振る舞いにキュンキュンさせられるシーンがたくさんあります。ソフィが本当はおばあさんではなくて少女だということにいち早く気づき、ソフィが眠るベッドでそっと寝顔を見つめるシーンがとても素敵です。ハウルの城の中では魔法によっていろんなことが起こりますが、玄関扉のところにあるルーレットみたいなものでいろんな場所に出られるという設定が面白いと思いました。静かな湖のほとりで、ソフィとマルクルとカブが洗濯物を干したり、湖を見ながら温かい飲み物を飲んでいるシーンがとても美しく、ここでいろいろソフィが考え事をしているシーンが印象的です。ソフィはまっすぐで時におっちょこちょいですが、とても強くて優しい女性なので、同性としてすごく尊敬できるキャラクターでした。
女性
女性
映画『ハウルの動く城』は、18歳の少女・ソフィーが魔女によっておばあさんにさせられてしまい、偶然であった魔法使い・ハウルとその仲間たちとともに暮らし始めるファンタジー作品です。とにかくハウルがイケメンですね!!しかも声を演じている木村拓哉さんの声の雰囲気や表情とぴったりすぎて、本当に素敵です。魔法でおばあさんになってしまったソフィーも、姿はシワシワでもチャーミングで芯の通ったかっこいい女性の姿が垣間みえて、とても憧れます。4本足で歩く城をはじめとする、街並みや世界観もとっても素敵でした。特に魔法を使うシーンは、独特な空気感を見事にあらわしていて、観ていてワクワクします。ラストのカカシも好きです!映画『ハウルの動く城』は、可愛らしさとちょっと切なさが詰まっている、素敵な一本です。
女性
女性
映画『ハウルの動く城』は、個人的に宮崎駿作品の集大成ではないかと思っている作品です。魔法使いで美形のハウルが、兵隊に絡まれていた帽子屋の18歳の少女ソフィーを助けるところから物語が展開します。18歳のソフィーが魔女の呪いで、90歳の老婆の姿に変えられてしまうのですが、彼女の心の動きに合わせ、時折初々しい18歳の少女の姿を取り戻すところが微笑ましいです。女性には年齢を重ねても、自分の心根のところでは、少女のような気持ちを持ち続けたいという願望があるものなので、宮崎監督はそれを表現しているのではと思いました。隣国との戦争に巻き込まれ、徐々に戦闘モードの気配をまとい出したハウルを、ソフィーが「そうなってはダメ!」押しとどめるシーンが印象的です。18歳から90歳まですべての年代の女性の思いを代弁していると思います。
女性
女性
映画『ハウルの動く城』のオススメシーンは、火の悪魔カルシファーがソフィーの髪を食べて、ソフィーたちを助けるシーンです。もちろん、主人公のハウルやソフィーが活躍するシーンも好きですが、僕は『ハウルの動く城』に登場する可愛いキャラクターたちに目が向きます。その中でも、カルシファーは悪魔であること、またハウルと心臓を介した契約をしていることなど、可愛い見た目とは裏腹な設定をしています。カルシファーが本領を発揮する魅力的なギャップが一番印象に残っています。
女性
女性
映画『ハウルの動く城』で印象的だったのは、イケメンで完璧なハウルが、ソフィーが掃除をしたせいでお風呂の魔法をめちゃくちゃにしたため、イケメン度合いが下がってしまった時、ショックを受けてドロドロに溶け出してしまったところ。今まで取り付くしまもないようなイケメンだったのに、急に人間くさい1面が垣間見えて、微笑ましく感じました。しかもその後、ソフィに心許すようになっていく展開が良いです。
女性
女性
映画『ハウルの動く城』は、小説をもとに宮崎駿監督の世界観を加えた作品です。映画『ハウルの動く城』では、原作に比べてハッピーエンドになっており、子供も一緒に楽しめます。特に、ハウルとソフィが空中を歩く優雅なシーンは、大人まで心躍る素敵な名場面です。敢えて暗喩のみで語られていない設定も多いので、観たあとに考えされられるのも魅力です。映画『ハウルの動く城』の原作を知っている人はそのまま飛び出してきたような壮大な街並みに驚かされ、初見の人も何度も見たくなるおすすめの作品です。
女性
女性
映画『ハウルの動く城』は、ある少女がいきなり老婆になってしまうのですがそこでハウルと出会い生活をして行きます!動くお城の中で生活をしていくのですが、ハウルが悪者と戦った後に座って羽を休ませぐったりするシーンがかなり萌えます。普段は強いハウルですが弱々しい姿は何ともたまらないです。最後は老婆も若返りハウルとハッピーエンドで終わるスッキリとする映画です!
女性
女性
映画『ハウルの動く城』では、魔法が存在する世界の物語ですので、魔法使いがたくさんでてきます。いい魔法も悪い魔法もあります。ときには街を焼くことも戦争に利用されることもあります。愛と魔法のファンタジーでありながら、いろいろ考えさせられる内容です。映画『ハウルの動く城』は、そんな物語ですが、キャラクターたちはみんな魅力的で、金髪の美青年ハウルは格好よくて可愛らしくて明るくて、見ているだけで楽しくなります。炎の悪魔カルシファーも悪魔なのにかわいいし、かかしのカブの優しさにも癒されます。映画『ハウルの動く城』の中でははっきりと描かれていませんが、呪いでお婆さんの姿にされてしまったソフィーは強い魔法を使えます。そのことを念頭に置いて見ると、さりげないセリフに魔法が込められてるのが分かって面白いです。
男性
男性
映画『ハウルの動く城』は、2004年に公開されたスタジオジブリのアニメ映画です。映画『ハウルの動く城』のあらすじは、主人公ソフィーは18歳で、亡き父の遺した帽子屋を切り盛りしていました。妹のレティーは八方美人で人当たりがよく、カフェのチェザーリの看板娘でした。ソフィーは自分のことを美しくないと思っていて服装も地味でした。ある日、ソフィーはレティーが働くお店に行こうとします。しかし、ソフィーはナンパな軍人たちに絡まれてしまいます。彼と一緒に空調散歩を楽しみ、ソフィーはハウルに恋心を抱き始めます。ソフィーはその夜魔女に90歳のおばあちゃんに姿を変えられてしまいます。帽子屋にいられないと思ったソフィーは店を出てハウルの動く白が徘徊している荒地を目指します。ソフィーが草むらに埋もれているカカシを助けると、カカシは恩返しにハウルの動く城を連れてきます。動く白にはハウルの他に、カルシファーなどが住んでいまいした。カルシファーはソフィーにかけられた呪いを見破りますが、呪いは解いてくれませんでした。カルシファーはハウルと契約を結び、動く白の暖炉に縛りつけられます。カルシファーは、ソフィーに系やウクの秘密を見破ってくれれば元の姿に戻すと取引を持ちかけられ、ソフィーの新しい生活が始まるという話です。この映画『ハウルの動く城』では、ハウルの声を木村拓哉さんが演じてくれていてその演技は素晴らしかったです。また、挿入された音楽もとてもスタディサプリらしく、映画『ハウルの動く城』を盛り上げてくれていると思いました。
女性
女性
映画『ハウルの動く城』は、木村拓哉さんが魔法使い・ハウルの声を演じていることでも話題になりましたよね。私も木村拓哉さんが声優を務めるということで、気になって見てみました。映画『ハウルの動く城』の内容的には、ジブリとしては少しシリアスだったかなと思います。特に衝撃的だったのはハウルがひどく傷ついて醜くなり、変わり果てた姿で倒れていたところです。少し怖かったですが、最後まで見ていると意味が分かってきますし、ハッピーエンドに終わって後味もいいです。この映画の面白さは、ソフィーは少女なのに老婆に変えられてしまうところです。心は少女なのに見た目は90歳のおばあさんでかなり違和感がありますが、そこがまたこの映画の面白いところです。今までジブリの作品でも、おばあさんがヒロインというのはあまりなかったので新鮮でした。ソフィーは最終的には少女に戻れて戦争も終わります。新しくなった城でハウルとソフィーがキスするところはとてもロマンチックでした。ソフィーは少女に戻ったから、ハウルとソフィーはお似合いでした。ハウルは魔法使いでミステリアスな存在ですが、木村拓哉さんも少しミステリアスで暗めに演じていたので、声がぴったりでした。深みのあるいい声なので、ハウルの声を聞いているだけでも楽しめました。
女性
女性
映画『ハウルの動く城』では、まず、金髪のハウルが王子様すぎました。ハウルを見ているだけで楽しかったです。ソフィーは、魔法で90歳の老婆にされてしまいますが、時々若返っていたり、不思議でした。髪はグレーなのに顔は若いという時もあれば、顔もおばあさんの時もあったり。理由はいちいち追及するものではないのでしょうが、恋をすると女性は若返るし、きれいになるのは本当なのでその辺りも表現していたのかもしれません。ハウルもまた、途中で髪の色が変わったり、弱ってカラスのような鳥になったりとジブリワールド満載でしたが、案山子が隣の国の王子だとは!また、一番はハウルの家(城)に足があり移動するということです。家なのに生き物みたいです。ジブリには、あまりロマンチックな展開の話はないのですが、ハウルのビジュアルを王子様にしたことと、声を担当したのが木村拓哉さんだということで、恋愛要素強めの意図はわかりますね。ハウルが美しいので、目の保養になるし、見た後考え込むという映画でもないので、純粋に楽しめます。

【TSUTAYA DISCASなら】
30日の無料視聴期間
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

\30日間の無料レンタル/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス