洋画

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』動画の無料フル視聴方法!字幕&吹替とシリーズ順番

このページでは。映画『ハリーポッターと秘密の部屋』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\31日お試しで動画無料/ 映画『ハリーポッターと
秘密の部屋』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』と言えば、日本でも大ヒットした超人気の映画シリーズ映画『ハリーポッターと賢者の石』の続編ですよね!

ハリーの両親の仇である「名前を言ってはいけないあの人」との戦いを経て、ハリーもホグワーツ魔法魔術学校の二年生になります。

そんな世界中で大人気シリーズの第2弾の物語が、気になる人も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『ハリーポッターと秘密の部屋』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT × 440円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
○/× × 300円 932円 30日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA ×/○ × 200円/2日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円 500円〜 30日間

\31日お試しで動画無料/ 映画『ハリーポッターと
秘密の部屋』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『ハリーポッター・シリーズ』

U-NEXTでは、映画『ハリーポッター』シリーズ作品も配信中です!

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のみ、U-NEXTでは配信されていないのでTSUTAYAで無料お試しを利用してDVDでの視聴がおすすめです!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日お試しで動画無料/ 映画『ハリーポッターと
秘密の部屋』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』の映画情報

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』あらすじ

ホグワーツが夏休み中、ハリーはダーズリー家に帰省していた。

従兄のダズリーの部屋を1つ分けてもらってはいたが、相変わらず厄介者扱いで肩身の狭い思いをしていた。

そんなある日、メイソン夫妻という大切な客が家を訪ねてくるという。

物音を立てずにいないふりをしろ、との言いつけ通りに部屋に戻ったハリーが見たものは、ベッドの上でジャンプをする屋敷しもべのドビーであった。

彼は、これからホグワーツで恐ろしいことが起こるから学校に戻るな、と警告をする。

ホグワーツは僕の家だと主張するハリーの前でドビーは魔法を行使、浮いたケーキを止めようとするハリーはさも自分が魔法を使っているかのように皆に見えるように演出されてしまった。

激怒したバーノンおじさんは、ハリーの扉に外側から何重にも鍵をつけ、窓には鉄格子まで取り付けた。

そんなある夜、空飛ぶ車のエンジン音で目を覚ましたハリー。

乗っていたのはロンとロンの双子の兄であるフレッドとジョージ。

ハリーを助けた3人は、そのままウィーズリー家に連れていくのだった。

新しい教科書を買うためにウィーズリー家の暖炉からダイアゴン横丁へ向かった一行だったが、ハリーだけ言い間違えて怪しいノクターン横丁に飛ばされてしまう。

偶然いたハグリッドに助けられたハリーは、入った書店でサイン会を開催していたギルデロイ・ロックハートに会う。

日刊預言者新聞に2人での写真を撮られ、ハリーには教科書を含むロックハートの自書をすべて贈られる。

それを見ていたマルフォイに絡まれたのを止めたのは、マルフォイの父であるルシウス・マルフォイ。

ルシウスは、ロンの父であるアーサーをひとしきり馬鹿にした後、息子と共にその場を去っていったのだった。

新学期が始まるホグワーツに向かう汽車に乗る一行だったが、なぜかハリーとロンだけが9と3/4番線に通じる壁を通り抜けられずに乗り遅れてしまう。

2人は空飛ぶ車でホグワーツを目指し、無事に城にたどり着くも車の不具合で暴れ柳に突っ込んでしまう。

大変凶暴な暴れ柳は、ハリー達を攻撃。

何とか助かったものの今度は、空飛ぶ車を複数のマグル達に見られたこと、ハリー達が生まれる前からある貴重な暴れ柳を傷つけたことをスネイプに責められる。

退学を言い渡すスネイプを止めたのはダンブルドア校長とグリフィンドール寮の担当であるマクゴナガル先生だった。

退学の代わりに家族に手紙を書かれること、罰則を与えることを条件に2人はホグワーツに戻ったのであった。

ちなみにこの時点でロンの杖は、暴れ柳に突っ込んだせいで完全に折れた4。

ハロウィンの日、フィルチの飼い猫であるミセス・ノリスが石になってしまう事件が起きた。

ホグワーツを創設した偉大な4人の魔法使いの内、唯一対立したサラザール・スリザリンが作った「秘密の部屋」の継承者が現れたのではないかという噂が城中に広がる。

マルフォイに真相を確かめるべく、3人はポリジュース薬を作り始めることに。

そんな中、授業の一環で決闘クラブが開催される。

マルフォイと決闘することになったハリーは、自身も気づかない間に蛇後を話していた。

サラザール・スリザリンが蛇後を話せたことから、「継承者」はハリーなのではないかと言われ始める。

ポリジュース薬が完成し、クリスマス休暇を利用してマルフォイに探りを入れるも結局マルフォイは「継承者」ではなかった。

クリスマス休暇が明けたある日、ハリーは女子トイレで古い日記を発見。

不思議なその日記の元の持ち主であるトム・リドルは、ハリーに日記の中で50年前に起こった秘密の部屋の概要を見せる。

しかし、後日日記は盗まれ、過去の事件でハグリッドは魔法省に連行。

50年前ハグリッドが飼っていた大蜘蛛アラゴグは、ハグリッドは「継承者」ではないと否定した。

石にされていく犠牲者の中にハーマイオニーも加わることに。

しかし、石にされたハーマイオニーは何故か鏡を持っており、手にはバジリスクについて書かれた本のページと城を移動するバジリスクの手段である「パイプ」の文字。

いつも女子トイレにいる「嘆きのマートル」こそ、50年前にバジリスクに殺された女子生徒だと気づいたハリーは、女子トイレこそ秘密の部屋の入口だと確信。

蛇語で入口を開けることに成功する。

今までの自身の偉業は全て、忘却術で忘れさせていた他人の偉業だったとバレたロックハートは、ハリーとロンによって強制的に秘密の部屋に連れていかれる。

隙をついてロンの杖を奪うも忘却術が逆噴射、今度は自分が全てを忘れてしまう。

ロンとロックハートを残し、秘密の部屋にたどり着いたハリーは、力なく倒れているロンの妹ジニーを発見。

傍にいたトム・リドルは50年前の姿のまま、自身が未来のヴァルデモート卿であり、ジニーが死ぬことで復活すると話し、蛇語でバジリスクを呼ぶ。

ハリーを襲うバジリスクの目を潰したのは、助けに来たダンブルドアの不死鳥であるフォークス。

ハリーは組み分け帽子から出てきたゴドリック・グリフィンドールの剣を駆使し、バジリスクを殺すことに成功。

そして、猛毒を持つバジリスクの牙で日記を貫き、トム・リドルを消し去った。

ルシウスは、ダイアゴン横町で、ジニーのバケツの中に日記を混じれこませたことをハリーに指摘され、自身の屋敷しもべであったドビーもハリーの策略にとって奪われてしまった。

最後は、ハリーに攻撃しようとしたところを逆にドビーに返り討ちにされ去っていった。

マンドレイクの薬のおかげで石にされた者達は全員元に戻り、連行されていったハグリッドも戻ってきた。

ホグワーツに再び平和な日々が戻ってきたのだった。

\31日お試しで動画無料/ 映画『ハリーポッターと
秘密の部屋』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』キャスト・出演者

  • ハリーポッター:ダニエル・ラドクリフ/li>
  • ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
  • ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
  • アルバス・ダンブルドア:リチャード・ハリス
  • ミネルバ・マクゴナガル:マギー・スミス
  • ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン
  • ルビウス・ハグリッド(学生時代):マーティン・ベイフィールド
  • セブルス・スネイプ:アラン・リックマン
  • ギルデロイ・ロックハート:ケネス・ブラナー
  • ドビーの声:トビー・ジョーンズ
  • ドラコ・マルフォイ:トム・フェルトン/li>

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』に出てきたトム・リドル。

実は、同じハリーポッターシリーズである映画『ファンタスティック・ビースト』の主人公ニュートを演じるエディ・レッドメインもトム・リドルのオーディションに参加していたんです!

残念ながら、当時は上手くできずに2行のセリフを言っただけで落とされたらしいです。

さらに映画の中では関係が最悪だったハーマイオニー役のエマ・ワトソンはマルフォイ役のトム・フェルトンにあからさまな好意を寄せていたとか。

マルフォイに酷いことを言われて泣いてしまうハーマイオニーやマルフォイに注目して見てみると面白いかもしれません!

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』スタッフ

監督

クリス・コロンバス

音楽

ジョンウィリアムズ

脚本

スティーヴ・クローヴス

製作

デヴィッド・ハイマン

製作総指揮

クリス・コロンバス
マーク・ラドクリフ
マイケル・バーナサン
デヴィッド・バロン

原作

J.K.ローリング
『ハリーポッターと秘密の部屋』

\31日お試しで動画無料/ 映画『ハリーポッターと
秘密の部屋』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハリーポッターと秘密の部屋』感想や口コミ評価

男性
男性
ハリポタ2作目です。本作の公開当初はめちゃくちゃハリポタ好きな友人に長話されて勧められ、本まで貸された忌まわしき記憶が思い出されます。その時は厚い本を見た時に映画を見るのさえ躊躇っていました。しかし、大人になって見てとても後悔しました。あの時、見ていたら自分の友人関係は広くなっていたと思います。本シリーズはファンタジー好きな子供から十分な大人まで老若男女が楽しめる素晴らしい作品だと思います。原作がしっかりしている事もあるのでしょうが、映画化することによってとても見やすくなっており、CGの力で魔法の表現が美しくさえ思えました。また、主人公トリオのハリー、ロン、ハーマイオニーを演じているダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンのリアルな成長もうかがいながら見るのも魅力の一つです。そして1作品ずつ題名の通り、話がしっかりと完結する点も見ていて分かりやすかったです。今回は、秘密の部屋にたどり着くまでと事件を起こしていた犯人を突き止める所が主になっています。大分ストーリーが入り組んでいると思いましたが、逐一ハリー達ががセリフで説明しているのは見ていて分かりやすくてうまいと思いました。徐々に明らかになってくるハリーの宿敵となるヴォルデモート、まだその部下たちが暗躍していますが、これからが楽しみだと思える面白い作品でした。
女性
女性
『ハリーポッターと秘密の部屋』はハリーポッターシリーズ第二作目となります。ハリーポッターは新作の度に非常に癖のあるキャラクターがどんどん登場するので 見逃せません。もちろん、今作もその通りです。
物語は一年が過ぎ、ハリーは二年生になっております。いやな親戚の家に帰省しているハリーのもとに一匹の妖精がやってきます。あの超有名キャラクター、しもべ妖精のドビーです。決して万人受けがするような容姿ではないのにめちゃくちゃ人気がありますよね。やはりあまりにもまっすぐで、しかしおどおどした独特なキャラが癖になる方が多いんじゃないでしょうか。彼はこの回だけではなく、長く活躍するキャラです。さて、ドビーが言うには「ホグワーツに決して戻るな」、しかし、そんなわけにもいかずハリーは拒絶します。それ故に、ハリーは連鎖して様々な事件に巻き込まれていくことになります。
私がみなさんに推したいキャラクターは今回初登場のギルデロイ・ロックハートです。闇の力に対する防衛術連盟名誉会員で勲章を受賞しており、ハンサムで雑誌のチャーミングスマイル賞を何度も受賞しています。完璧なキャラクターですよね。しかし、ホグワーツに教授として招かれた彼を見ていると、どうもそんなに完璧に見えなくて…?彼は一体何者なのか、その真実もお楽しみに。
女性
女性
大ブームを起こした第一作目から一年ほどで登場した第二作目。まだ賢者の石の余韻が残る中の第二作目公開は興奮しきったファンを休ませてはくれませんでした。第一作目が「ホグワーツの一年目、冒険の始まり」のようなテーマだっただけに、第二作目は序盤からいろいろやらかしてくれます。

まず、空飛ぶ車!
ロンのお父さん所有のフォード・アングリア。ターコイズカラーのおんぼろ車ですが、この車本編後半でも登場するので覚えておいてほしい。ただ、おんぼろ、とかダサい、とか悪態をつくと乗せてもらえないところを見ると、結構愛嬌もあるのです。ロンとハリーのドタバタに巻き込まれてどんどんボロボロになっていく姿は見ていて、泣けてきますが…。

その次、ウィーズリー家!
シリーズの後半で度々登場するウィーズリー家なのですが、この第二作が家の全体像と中の様子を一番はっきり見せてくれます。見るからに平和な田舎にポツンとある、いろいろくっつけたような家は原作でも特に想像力を掻き立ててくれます。映画が公開される際に、ウィーズリーの家と秘密の部屋の内部構造が一番気になっていましたから。家の中に入って真っ先に無人で動くたわしとフライパン、三人が帰ってきたことを知らせる時計。この時計があったら悪さなんでできないですが、やはり家族とホームの温かさを感じるシーン。とても大好きです!

その3、ロックハート先生!
毎年変わる闇の魔術に対する防衛術の先生ですが、前作でクィレル先生がヴォルデモートに憑りつかれて退任した後にやってきたのが、このギルデロイ・ロックハート。作中ではなんともだらしがない、名声ばかりを鼻につけている先生ということで好き嫌いが分かれるのでしょうが、この役を演じているのはイギリスの名優ケネス・ブラナー。シェイクスピア映画といえば彼ともいえる俳優がハリーポッターでの出番は一部。しかもちょっと頼りない。と寂しくもなりますが、ロックハート先生自身のキャラクターは二面性を持つ役、また有名人が先生になるということで葛藤の多い役、そう考えると決して簡単な役ではなく、ハムレットや探偵エルキュール・ポワロ役を務めるほどの彼だからこそ演じきれた役なのではと、私個人としては思っています。

蛇嫌いの人にはちょっと怖い部分も多い秘密の部屋なのですが、ハーマイオニーの薬品まみれな姿や、ロンのナメクジ事件の様子もあり、中高生にはとても共感のできる内容となっているので、是非ご家族で観てみてください!

男性
男性
後に重要な登場人物となるドビーやルシウスが初めて登場した回で、これからのストーリーとつながる回としてとても重要な2作目となったと思います。ハリーが蛇語を話せることに自分自身も初めて気がつき、スリザリンの継承者と噂をされて思い悩む中、どんどんトラブルに巻き込まれていくという目まぐるしい展開で、引き込まれました。ロンの妹のジニーがさらわれ、助けに行った秘密の部屋で青年に姿を変えたヴォルデモートと対面し、彼が操るバジリスクと戦うシーンは迫力があり圧巻でした。スリザリンの継承者かもしれないと悩んでいたハリーが、グリフィンドールの剣を手にし、バジリスクに勝つシーンはとても格好よかったです。前作よりハリーがすごく成長したように見えました。
女性
女性
シリーズ待望の2作目はヴォルデモートの学生時代にフォーカスして物語が進みます。
私の思う映画の見どころは3つあります。

1、ダーズリー一家から空飛ぶ車で脱出!
屋敷しもべ妖精のせいで部屋に閉じ込められてしまったハリーですが、親友のロンと兄弟が空飛ぶ車で救出してくれます。
ハリーを行かせてなるものか!とダーズリーおじさんが引き止めますが、その抵抗も虚しく2階から落ちてしまいます。
「いつもいじめているからだ!」とつい声をかけたくなるシーンです。

2、ハリーだけに分かる「声」
秘密の部屋に棲むバジリスクという蛇が登場しますが、なんとハリーにも「蛇語」が喋れることが分かります。
その蛇語を使って秘密の部屋に入っていくところも必見です!

3、ロックハートの無能さが分かる1コマ(クィディッチ編)
クィディッチで腕を骨折してしまったハリーに、自分が治せるとロックハートは言いますが、呪文をかけた瞬間、骨が全て無くなってしまいます。
数々の武勇伝を語っていた彼ですが、ここで無能だということが証明されました。
ロックハートが嫌いな人にはスッキリするシーンです。

秘密の部屋でバジリスクを倒した際に見つかる、「ゴドリックグリフィンドールの剣」が物語の最後まで活躍してくれるので、これからも注目していてください!

男性
男性
2002年に公開されたイギリスとアメリカの合作のファンタジー映画です。大人気となった張ーポッターシリーズの2作目です。あらすじは、ハリーが2年生になりますが、学校で不気味な事件が発覚します。管理人のフィルチの猫を皮切りに、マグル出身の人が連続して石にされてしまうのです。どうやら「秘密の部屋」が復活したようでした。ハーマイオニーも石にされ、ハリーとロンは改名に乗り出します。すると、50年前の生徒のトム・リドルがヴォルモードで、ロンの妹のジニーを操っていることがわかります。ハリーはリドルを撃退します。この作品では不気味な世界が上手に描かれていました。ヘビやクモが出現するところはとても不気味でした。徐々にヴォルデモートの秘密を暴いていくプロセスは謎解き要素が強く面白かったです。
女性
女性
ハリーが1つ学年があがって、自分の能力などを知っていくところが面白いです。ヘビと話せることは魔法界では普通なのではと思うが、例のあの人もヘビと話せたことで孤立していくハリーが悲しかったし、その中でもハリーは無実だと信じて真実を探すハーマイオニーがかっこよかったです。そして、見つけた真実にハーマイオニー無しで挑んで、立ち向かっていくシーンからどんどん面白くなっていきます。大きなヘビと直接対決するときにわかる、トム・リドルの正体に驚き、ハリーとリンクしてしまったのはやはり何か通ずるものがあるのかなとますます今後の展開がどうなっていくのかわくわくしました。そして最後には勝利して、生徒たちもみんな元に戻ってハリーの疑いも晴れてよかったです。
男性
男性
一斉を風靡した、長編SFシリーズ、「ハリーポッター」の第二作目。今作品では、屋敷しもべのドビーが登場。ハリーの住む、ダーズリー家に現れ、ホグワーツに戻るのは危険だとハリーに訴えます。しかし、ホグワーツに何としても戻りたいハリーは、邪魔をするドビーをすり抜け、ロンに救出されます。空飛ぶ車でなんとかホグワーツにたどり着き、ことなきを得ます。それにしても、ロンの発想力は面白いけれど、なんだか相変わらず危なっかしい。それがロンのいいところでもあるんですけどね。そして、ハリー、ハーマイオニー、ロンの3人はホグワーツに眠る「秘密の部屋」について知る。「名前を言ってはいけないあの人」の過去も明らかになり、スリルと迫力が満載となっています。「秘密の部屋」はどこにあるのか。また、ホグワーツに住む「ゴースト」の存在、ダンブルドア校長との関わりなど、困難を乗り越えるための道筋は胸おどる展開でした。また、シリーズを通じて、ハリーたちにちょっかいを出してくる、ドラコ・マルフォイが、本格的に始動し始め、二人の「クディッチ」での戦いや授業での魔法対決も見逃せません。大人になってからも、何度も楽しめる作品で、僕が本格的にハリポタファンになったきっかけになりました!
女性
女性
本でも読んでいたのであらすじは知っていました。映画は分厚い本のストーリーを、短時間で見事に再現していたと思います。前作同様、親友のロンとハーマイオニーと一緒になって、秘密の部屋の謎を解こうとするところが面白かったです。スリザリンの継承者は誰か?という噂でみんなが持ち切りになるところも面白かったです。3人はマルフォイではないか?と推測するのですが、ハリーが蛇語を話せたことから継承者はもしやハリー!?となるところも衝撃的でした。秘密の部屋は何だか薄気味悪くて謎がいっぱい詰まっていそうで妙でしたが、だんだん事実が明らかになっていきます。倒れたジニーのそばには16歳のリドルがいたのですが、彼は50年前のリドルでした。リドルはロンの妹・ジニーの魂を利用して復活しようとしていて危険な人物なのですが、それはリドルの正体が学生時代のヴォルデモートだからでもあります。ハリーは超危険な相手の過去の姿とご対面していたのです!この事実に衝撃を受けました。リドルの本名を並べ替えると「私はヴォルデモート卿だ」となるカラクリもなるほどーと感心しました。みんなは敵に石にされて固まってしまうのですが、最後は解放されて一件落着で終わります。

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス