洋画

映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替とシリーズ順番

このページでは、映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTで31日間無料視聴/映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハリーポッター』シリーズ5作品目です。舞台はハリーがホグワーツ魔法学校5年生の話。この作品では、シリウスの死やヴォルデモート卿率いる一派とハリー達・不死鳥の騎士団の凄まじい戦闘が見ものとなっています!

また、学校に新しく入ってきてハリー達の先生に就任するアンブリッジ先生が学校全体・ハリー達を変えていってしまいますが・・・ハリー達はどのようにしてその状況に立ち向かっていくのか!?

ディズニーデラックス

映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど
他の動画も見放題!

『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT 440円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
○/× × 300円 932円 30日間
dTV 300円 550円 31日間
TELASA ×/○ × 200円/2日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム ×/○ × 199円 500円〜 30日間

\U-NEXTで31日間無料視聴/映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『ハリーポッター・シリーズ』

U-NEXTでは、映画『ハリーポッター』シリーズ作品も配信中です!

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』のみ、U-NEXTでは配信されていないのでTSUTAYAで無料お試しを利用してDVDでの視聴がおすすめです!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTで31日間無料視聴/映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』の映画情報

映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』あらすじ

第5作目となるシリーズ『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』。ホグワーツ魔法魔術学校の5年生になる前の夏休みにハリーは従弟で兄のダドリーとともにディメンターの襲撃を受けてしまいます。

その際、ハリーは魔法で窮地を脱しますが、『未成年の魔法使いは、自営以外の魔法の使用を禁ずる』という魔法界のルールに反したことで魔法省からホグワーツ魔法魔術学校から退学させようとします。

しかし、そんな理不尽な要求にホグワーツ魔法魔術学校の校長のダンブルドアは抗議し、魔法省とホグワーツ魔法魔術学校の校長の話し合いにより魔法省で行われる懲戒尋問が行われることになります。

その騒動の後、ハリーはダーズリー家に軟禁状態。軟禁状態のハリーの元へマッドアイ先生ら不死鳥の騎士団に迎えられ、ダーズリー家を後にします。

不死鳥の騎士団メンバーと共に着いたのはシリウス・ブラック家でした。不死鳥の騎士団の集まりの場となっており、そこにはロンやハーマイオニー、スネイプ先生他のメンバーもいました。

そして、不死鳥の騎士団からヴォルデモート卿の陰謀を聞かされることとなります・・・。それは、「極秘にしか手に入らない物」を仲間と必死に探しているということ。

そして8月12日、ハリーはついに裁判が行われる魔法省へと向かうことになります。裁判の尋問官として、魔法大臣であるコーネリアス・ファッジと魔法法執行部部長アメリア・ボーンズ、上級次官ドローレス・アンブリッジが、ハリーを弁護するためダンブルドアとディメンターが現れたのを目撃したアラベラ・フィックスが立ちます。

結果はハリーの勝訴です。ディメンターが現れた時の証言から勝つことが出来ました。ハリーの退学処分も取り消され、無罪放免となり一安心です。

魔法魔術学校の5年生になる新学期にハリーは夢を見ます。ヴォルデモート卿の復活と共に徐々に夢を見る回数も増えて来ていました。

「周囲の人には見えないものが自分にも見える」と同時に「死を見た人にだけ見られるのではないか」と言いました。彼女の名はルーナ。彼女もハリーと同じく母親を9歳で亡くしていました。一方、ホグワーツでも動きがありました。

闇の魔術の先生が新たに魔法省から派遣されてきた女性のローレス・アンブリッジが就きます。

今年度は普通レベル魔法試験が開催されるとアンブリッジが生徒に伝え、防衛術の理論のみを学ぶことと実技は行わないスタイルで授業をすることに。

実技などを行わなくても襲われる心配はないとするアンブリッジ先生、一方でヴォルデモート卿の復活に備えての実技は必要であると主張するハリー。

2つの意見がぶつかり合い後で呼び出されたハリーはキツイお仕置きを受けることになります。

これに激怒したロンとハーマイオニーはダンブルドアに言いつけようと提案しますがこれをハリーは断ります。

なぜかダンブルドアがハリーを避けている事に気づいており、出来るだけ無用な接触を避ける目的がありました。

闇の防衛術の先生がアンブリッジになってから、防衛術の理論ばかりで役に立たないと思っていたハーマイオニーは、防衛術の実技を学ぶために「ダンブルドア軍団」を創設します。

アンブリッジ先生は校内で幅を利かせるようになり、「学徒による組織は禁止」というルールが出来ていたため公には練習できず秘密の部屋を練習場にしていましたが、管理人のフィルチ他が目を光らせています。

クリスマス休暇前、誘拐した人を拷問している夢を見たハリーはなぜかヴォルデモート卿と関連がある夢を頻繁に見てしまうことをスネイプ先生とダンブルドア校長に告げます。

そして、スネイプ先生が、前回の戦いで呪文の杖が繋がった際、ヴォルデモートとハリーの間に絆が出来てしまったこと、またハリーに考えを読まれないために「閉心術」を教えてくれます。

練習を重ねていたダンブルドア集団ですが、ついに見つかってしまいます。アンブリッジは制裁を加えようとしますが、ダンブルドアが自分の指示での行動だと罪をかぶり逃亡します。

時期校長の座を狙うアンブリッジ先生。アンブリッジ制度の窮屈な学校に嫌気がさした双子のフレッドとジョージは派手な花火で大暴れしますが、ハリーはこの時昏倒してしまいます・・・その時の夢でシリウス拷問の危険を知ったハリー。

そして、シリウスが捕まっていた魔法省の神秘部へ急いで向かうが・・・そこである預言を知ることになります。

ヴォルデモート卿が探している「極秘にしか手に入らないもの」とはこの預言のようです。

ハリー・ロン・ハーマイオニー・ルーナ他不死鳥の騎士団も駆けつけ預言の球を巡ってヴォルデモート卿一派と争う両者・・・

そこにダンブルドア校長も現れ状況はどうなるのでしょうか・・・!?

\U-NEXTで31日間無料視聴/映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』キャスト・出演者

  • ハリー・ポッタ:ダニエル・ラドクリフ
  • ロン・ウィーズリー:ルパート・グリント
  • ハーマイオニー・グレンジャー:エマ・ワトソン
  • アルバス・ダンブルドア:マイケル・ガンボン
  • シリウス・ブラック:ゲイリー・オールドマン
  • ドローレス・アンブリッジ:イメルダ・スタウントン
  • コーネリウス・ファッジ:ロバート・ハーディ
  • ルーナ・ラブグッド:イヴァナ・リンチ
  • ルビウス・ハグリッド:ロビー・コルトレーン
  • セブルス・スネイプ:アラン・リックマン
  • ヴォルデモート:レイフ・ファインズ

この作品で活躍しているドローレス・アンブリッジ役のイメルダ・スタウントンさんは嫌味なおばさん役で登場します。全身ピンクで強烈な印象の彼女。

しかし、イメルダさん王立演劇学校で学んだその演技力は幅広く、嫌味なおばさんから大切にオーロラ姫を守り育てる妖精に至るまで様々な表情を見せてくれます!

スネイプ先生役のアラン・リックマンや、ピーター・ペティグリュー役のティモシー・スポールが同じ学び舎で育ったのです!

映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』スタッフ

監督

デヴィッド・イェーツ

音楽

ニコラス・フーパー

脚本

マイケル・ゴールデンバーグ

製作

デヴィッド・ハイマン
デヴィッド・バロン

興行収入

94億円

受賞歴

ピープルズ・チョイス・アワード ドラマ映画賞
ヨーロッパ映画賞観客賞
ティーン・チョイス・アワード サマー部門 アクション/アドベンチャー映画賞

\U-NEXTで31日間無料視聴/映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』感想や口コミ評価

男性
男性
ヴォルデモート率いる闇の勢力が本格的に世界を我が物とする為に活動をしていき、魔法界自体が大変な事になっている本作です。ストーリーが中々の複雑さで何回か見返してのを覚えています。これは原作を読んでいたほうが楽しめると考えます。とても端的に言えば、ハリー率いる不死鳥の騎士団VSヴォルデモート率いる闇の勢力の世界を巻き込んだ全面的な戦いの火ぶたが切って落とされるというものです。主人公トリオのハリー、ロン、ハーマイオニーの成長が見ていてほほえましかったです。特にハリーがメチャクチャかっこよくなっていたのと、ハーマイオニーが美しくなっていたのに驚きました。しかし本作は、魔法省がなかなかヴォルデモートの復活を認めないとこがいらいらさせられました。しかも、ホグワーツに魔法省から人を派遣して学校自体でヴォルデモートに対抗する事をできなくするなんて卑劣だと感じました。まあその分、アンブリッジ達をホグワーツから追放するシーンは、痛快で本作で唯一明るかったので良かったです。後は終盤での全面対決でシリウスが亡くなってしまうのは、名シーンでした。それに激高するハリーの演技はダニエル・ラドクリフの演技力の高さが伺えました。ますます激化していくヴォルデモートとの戦い、果たしてハリーはヴォルデモートを倒せるのかこれからもわくわくです。
男性
男性
ハリーポッター第5作目となる「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」はこれから起こる戦争の序章となる作品です。
まず前作で登場しハリーの中で大きな存在になった名付け親でもある「シリウス・ブラック」とハリーのやりとりにとても心が安らぎます。そして対ヴォルデモートの組織「不死鳥の騎士団」の存在が明らかになります。もちろんすぐに入団したいと望むハリーですが、周囲の反応は賛否両論。ハリーの今後に関わる決断です。
そしてホグワーツでも大きな変化があります。ヴォルデモートが復活したと話したことによって「嘘つき」と非難を浴びることになったハリーとダンブルドアを排除すべく魔法省が動きます。そこで魔法省がホグワーツへ送ってきたのが「アンブリッジ」です。アンブリッジは最初からとても嫌な意味で目立ちます。なんとなく鼻につく態度…そしてまさに虎の威を借る狐という言葉がぴったりの人です。ダンブルドアに変わり、校長となったアンブリッジはやりたい放題。粛清のつもりかもしれませんが、自分がすべて正しいと思い込みいろいろなことをやりすぎてしまい多くの人に嫌われることになります。しかしそこで彼女の味方に付くのがスリザリンの生徒でした。マルフォイが率先してアンブリッジに従う様子は期待を裏切らないなと感心するほどです。アンブリッジは生徒に魔法を使わせず座学ばかりをさせていました。魔法学校なのにこれでは意味がありません。またハリーポッターの世界観を壊すような行為自体に思わず怒りを覚えます。魔法があってこそのハリーポッターシリーズですからね。そしてアンブリッジのやり方に不満をためて爆発するのがロンの双子の兄「フレッド」と「ジョージ」です。この2人がアンブリッジへの抵抗を見せるシーンはまさに気分爽快!いつも陽気なキャラでみんなを楽しませている双子らしい方法でした。そしてここのときの名言「俺たちの世界は学び舎の外にあり」はわすれることができません。この2人の魅力がもっとも発揮されたシーンだと思います。自由な発想で常識にとらわれない2人の生き方にはあこがれすら抱いてしまいます。
そして今作もう一つの見どころはハリーたちと不死鳥の騎士団がデスイーターたちと戦うシーンです。このシーンは涙なしには見れません!
シリウスがハリーとともにデスイーターと戦っている最中に思わず「いいぞ、ジェームズ」とハリーの父親の名前を呼びます。ハリーに父親の影が見えるのだなとこの一言に感動しました。しかしこの後ハリーとシリウスを襲うまさかの展開に驚きが隠せません。
また次回作が楽しみなる結末です!
女性
女性
『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』はハリーポッターシリーズの第五作目。いよいよ物語が盛り上がってきて、一作目から観ている方たちものめりこむことを辞められなくなってきている頃ではないでしょうか。
今作では、前作触れられていたヴォルデモートの配下「死喰い人」が大勢脱獄してしまいます。そこで、タイトルにもなっている「不死鳥の騎士団」、ダンブルドアが結成した対ヴォルデモート組織が動き出す…あらすじだけでもワクワクしてきますよね。
私の一押しキャラクターは「死喰い人」の一員であるベラトリックス・レストレンジです。彼女は非常に残酷で猟奇的、サディスティックな一面を持ち、ハリーにも「良心を持たない魔女」と評されています。彼女のヴォルデモートへの信仰はとても厚く、ヴォルデモートからも強く信頼されている、個性的なキャラクターです。少々おっちょこちょいな部分もあるので、可愛らしさもあり、私は大好きです。演者はヘレナ・ボナム=カーターさん。狂気的な彼女の性格を見事に演じ切っておられます。
そして前回登場したリータの如く、嫌なやつが登場します。魔法省からの尋問官アンブリッジです。彼女は権力を使ってホグワーツで大暴れ、そこをスカッとやってくれるのがあの双子。見どころシーンの一つなのでぜひご覧ください!
男性
男性
この映画は2007年に公開されたイギリスとアメリカの合作映画です。世界的に大人気となったハリーポッターシリーズの5作品目です。あらすじは、闇の帝王であるヴォルデモート復活に対し、有志の大人たちは不死鳥の騎士団を結成してハリーを守ることにします。ハリーも学校でダンブルドリア軍団を作り、魔法の実技の練習をします。ボグワーツに魔法省が介入し、アンブリッジが派遣されます。学園は規則だらけで窮屈になりますが、ヴォルデモートが大臣たちに目撃されてハリーの容疑が腫れるという話です。この映画は登場人物が多すぎて話についてくのが大変でした。また、原作本に対して割愛シーンが多すぎて物足りない感じがしたのが残念です。
女性
女性
ハリーポッターシリーズの中で「不死鳥の騎士団」ではハリーとチョウ・チャンの恋愛模様が描かれるといった、これまでのシリーズではなかった恋愛要素が含まれていて、ハリーが大人になって来ていることを感じさせられました。この映画で初めて出て来たアンブリッジは、今まで出て来た悪役キャラとはどこか違い、権力はあるけど嫌なおばちゃんという感じに見えました。そんな彼女をロンの双子の兄であるフレッドとジョージがいたずらによってこらしめるシーンは痛快でした。前作でハリーの家族のような存在になったシリウスが早くも亡くなってしまうという衝撃のラストには驚きました。目の前でシリウスを殺され、その犯人であるベラトリックスをハリーがどんなに殺してしまいたかっただろうと思うと、胸がいっぱいになりました。そんな悲しみを抱えながら、これからやってくる闇の魔法使いとの戦いという運命を受け止め、その使命を心に刻んだラストのシーンのハリーはとても強く、格好良いと思いました。
男性
男性
ハリポタシリーズ第5弾!
この一番の見どころはなんといっても、ハリーの名付け親でもあるシリウスが死んでしまうシーンです。
第3作目でようやく自分の家族が見つかるのに、一緒に過ごしだ時間はわずか数年でした。
しかも殺したのはシリウスの従妹にあたる、ベラトリックスです。ハリーを襲う数々の試練に胸が痛くなります。
また、魔法省での死食い人と対戦するところも見どころです。
なんといっても、ヴォルデモートとダンブルドア先生が戦うシーンは、最強の魔法使い同士ということで迫力満点です。
炎を操るヴォルデモートに対し、水で対抗するダンブルドア先生。
最終的にはヴォルデモートが逃げてしまいますが、逃げる前にハリーに乗り移り、ハリーをのっとろうとします。
そこでハリーが、「おまえは弱いやつだ。愛や友情をなにも知らない。かわいそうなやつだ」と、愛を知らないヴォルデモートに語り掛けるシーンがなんとも言えません。
今後ヴォルデモートを倒すキーワードは愛かもしれないと思いました。
男性
男性
一斉を風靡した、長編SFシリーズ「ハリーポッター」の第5弾。この作品では、ハリーとダーズーリーガ吸魂鬼に襲われるシーンから始まります。しかし、未成年の魔法使いが郊外で魔法を使うのは厳禁。裁判にかけられてしまいます。ダンブルドアの助けなどにより、自体は収束したように思われましたが、魔法省に目を付けられ、ホグワーツでは息苦しい生活を送ることとなります。今回は、今まで以上に個性的なキャラクターがたくさん登場し、シリーズ最終章まで、活躍する重要な人物たちなので、見逃せません。中でも、シリーズ史上最も憎たらしい、ドローレス・アンブリッジの登場。彼女に対する苛立ちは、きっと視聴した全ての人が共感できるはずです。アンブリッジをはじめ、魔法省大臣のコーネリウス・ファッジの言動にも注目です。意地でもヴォルデモートの存在を認識したくないところは、なんだか人間社会を反映しているのかなとも思ったりしました。そしてハリーは、魔法省の監視下の中、闇の魔術に対抗するために、ダンブルドア軍団を結成。様々な、魔法を仲間たちに教えている姿からは、ハリーの成長が伺えます。終盤では、不死鳥の騎士団たちと死喰い人たちの戦闘シーン、ダンブルドア先生の参戦など、見どころが盛りだくさんです!

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス