映画

映画『ハドソン川の奇跡』動画の無料フル視聴方法!字幕&吹替や感動の実話あらすじ

このページでは。映画『ハドソン川の奇跡』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『ハドソン川の奇跡』
動画を無料で見る

映画『ハドソン川の奇跡』は2016年公開。2009年に実際に起こったUSエアウィズ1549便不時着水事故を題材にした映画。監督はクリント・イーストウッド。

ディズニーデラックス

映画『ハドソン川の奇跡』動画を無料でフル視聴する方法

\『ハドソン川の奇跡』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しでも600P貰える!
  • ポイント利用で映画館で最新映画や、最新作品も視聴可能!
  • 『アナ雪2』も無料で視聴可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題作品(14万本)を視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 最大4アカウントで利用可能!
  • 日本最大級のエンタメサイト!
  • 大人の動画も見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ハドソン川の奇跡』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT × 440円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円/2日 932円 31日間
dTV なし 550円 31日間
TELASA × 200円/2日 572円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円/2日 500円〜 31日間
  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

映画『ハドソン川の奇跡』の映画情報

映画『ハドソン川の奇跡』あらすじ

離陸直後の旅客機がエンジン停止。そのままニューヨークのビル街に墜落する。

チェスリー・”サリー”・サレンバーガーはそんな悪夢を見て飛び起きます。

彼は数日前に、ニューヨークのラガーディア空港発のUSエアウェイズ1549便の機長として、エアバスA320-214に搭乗し離陸直後にエンジンが停止。

ハドソン川に不時着水させたのでした。

不時着水は非常に難しく、乗員乗客全員が無事であったことから、当時のニューヨーク州知事デビッド・パターソンは「ハドソン川の奇跡」と呼びました。

サリーは事件後ニュース番組などに出演し、アメリカの英雄として扱われることになります。

しかし、NTSB(国家運輸安全委員会)からは、近くの空港に着陸できたのではないかと指摘されます。

NTSBとは、アメリカの輸送に関する事故を調査し、原因究明、対策研究を行い、将来の事故を防止する独立国家機関です。

PTSDに悩まされるなか、サリーは事故の対応が本当に正しいものだったのか自問します。

2009年1月15日午後3時26分、USエアウェイズ1549便はニューヨーク、ラガーディア空港を離陸。直後にカナダガンの群れに遭遇し、バードストライクにより左右両方のエンジンが停止。

APU(補助動力装置)を起動し、操縦を副操縦士のジェフ・スカイルズから機長のサレンバーガーに交代。

サリーは管制に報告「メーデー、メーデー、メーデー、カクタス1549、バードストライクにより両エンジンの推進力を失った。ラガーディア空港に戻りたい。」(カクタス1549はコールサイン)

初めは出発地であるラガーディア空港か、進行方向にあるテターボロ空港への着陸を検討しますが高度と速度が足りず、これを断念。

ニューヨーク市街地への墜落を回避するため、旋回しハドソン川への着水を決定。

スカイルズはQRH(クイック・リファレンス・ハンドブック)によるエンジンの再始動を行います。

サリーは機内放送で「衝撃に備えてください」と伝えます。

事故発生から3分後にハドソン川へ時速270kmで着水。傾くことなく通常着陸に近いスムーズな着水でわずかな機体損傷で停止。

何とか着水には成功しましたが、損傷個所からの浸水で機体は沈没しかけます。

ニューヨークの外気はその日-6度、水温は2度。サリーはコックピッドから出て乗客に防寒をして避難するように指示を出します。

乗客を翼の上などに避難させた彼は、機内に人が残っていないか確認。

沿岸警備隊、観覧船、水上バスなどが駆けつけ乗客を救出。サリーは最後に救助されました。

懸命に自分の使命を果たしたサリーでしたが、NTSBの審問で左エンジンがわずかに生きていたのではないかとの指摘がされ、さらにコンピューターでのシュミレーションで空港への着陸が可能であったとの結果が報告されます。

サリーは155人を救った英雄から、人々を危険に晒した容疑者の疑いをかけられることになります。

公聴会が開かれ、その場でフライトシュミレーションが行われることになります。

そしてラガーディア空港へ戻るプラン、テターボロ空港へ向かうプランの両方で着陸が可能であるとの結果が示されます。

しかし、ここでサリーはあることに気づきます。

そこで、ある重要な条件を組み込んだうえで、再度のシュミレーションを行うように主張するのでした。

果たしてサリーへの疑惑は晴れるのか。

映画『ハドソン川の奇跡』キャスト・出演者

  • チェスリー・”サリー”・サレンバーガー:トム・ハンクス
  • ジェフ・スカイルズ:アーロン・エッカート
  • ローリー・サレンバーガー:ローラ・リニー
  • チャールズ・ポーター:マイク・オマリー
  • ベン・エドワーズ: ジェイミー・シェリダン
  • エリザベス・デイヴィス: アンナ・ガン
  • マイク・クリアリー: ホルト・マッキャラニー
  • ケイティ・クーリック:本人

映画『ハドソン川の奇跡』スタッフ

監督

クリント・イーストウッド

脚本

トッド・コマーニキ

音楽

クリスチャン・ジェイコブ
ザ・ティアニー・サットン・バンド

撮影

トム・スターン

編集

ブル・マーリー

映画『ハドソン川の奇跡』感想や口コミ評価

男性
男性
ハドソン川の奇跡の奇跡は実話に基づいた話のため興味深く視聴できました。監督がクリンとイーストウッドで、主演がトムハンクスであったところも良いです。映画の中では、ハドソン川に不時着する旅客機の様子がリアルに再現されていて面白かったです。また、旅客機が不時着する時の気ないの様子がどんなものなのかがよくわかり面白かったです。この映画では、「155人を救ったこの男の判断は本当に正しかったのか」等疑惑により、機長が英雄から容疑者へとかわてしまうのですが、その法廷シーンがとても良かったです。そのシーンでは。緊迫した回想シーンがあり、パイロットの判断が間違っていたら事態はもっと悲惨なものになっていたということが描かれています。この映画を見終わると、この事件に関わったいろいろな人たちが協力し合うことで、ハドソン川の奇跡が起こったことを感じさせてくれました。
男性
男性
飛行機のウイングに多くの人が乗っているニュース映像は皆さんの記憶にもまだ新しいのではないでしょうか。この映画は2009年に実際に起こった、奇跡的な事件の裏側を描いたストーリー。不時着を成功させた機長が責められ、不安を抱え、追いつめられるシーンは印象的でどうして?が止まらなかったです。危ない状況でありながら冷静で、機内に残った乗客がいないかの確認、155人という数字への固執、人の命を預かっている職業であるという機長の責任感の強さがよく伝わってきます。エンディングに登場する実際のサリー機長がとてもかっこよく、最後まで注目です。またサリー機長を演じたトム・ハンクスはやはり偉大です。多くの人に観てもらい、この事実を知ってほしいと願います。
男性
男性
クリント・イーストウッド監督の実録もの。この監督は実録ものが多いですがすべて映画の出来が秀逸で特殊な能力の持ち主です。今回の「ハドソン川の奇跡」もその1本。当初のニュースでは機長の英断が称賛されヒーローとして報道されていました。日本の報道では機長の素晴らしい事ばかりが報道されていました。奇跡の操縦、奇跡の生還として、日本の報道はなぜか最後まで報道することはほとんどありません。日本の報道の欠陥です。映画を見るまではこの事件の真実がわかりませんでした。なんと彼は告発されていた、酒を飲んで操縦し判断を過ち乗客を危険にさらしたと。信じられないような展開に、疑惑の人から無実になるまでを映画は描いている。まさに事実は小説より奇なり。トム・ハンクスは今ハリウッド最高の俳優といってもいいのではないか。まさしく奇跡の映画。

 

映画『ハドソン川の奇跡』の
動画がU-NEXTシリーズ3作品見放題

【U-NEXTなら】
31日の無料視聴期間
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『ハドソン川の奇跡』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス