洋画

映画『ゼログラビティ』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替配信はある?

このページでは、映画『ゼログラビティ』の動画を、無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ゼログラビティ』は、2013年公開。監督はアルフォンソ・キュアロン。第70回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品。リアルな宇宙空間の表現で話題になった映画です。

ディズニーデラックス

映画『ゼログラビティ』動画を無料でフル視聴する方法

\TSUTAYAの無料お試しで/
『ゼログラビティ』
\DVD無料レンタル可能/今すぐ無料お試し※DVD&CDの最新作レンタルは無料期間後から

/無料お試し30日間\
/解約手続きもカンタン!\

映画『ゼログラビティ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
TSUTAYA DISCAS DVDレンタル なし 動画&CD・DVD:2,417円
動画のみ:933円
CD・DVD:1,865円
30日間
U-NEXT × × なし 1,990円 30日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円/2日 933円 30日間
dTV ×○ × 300円~ 500円 30日間
TELASA ×/○ × 200円/2日 562円 30日間
Netflix なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 100円/2日 500円〜 30日間

『ゼログラビティ』を配信している動画配信サービスは、Netflixしかありませんでした。

しかし、2020年5月時点でNetflixには無料お試しの視聴期間がありません

そのため無料で『ゼログラビティ』を見ようと思った場合には、TSUTAYA DISCAS無料お試し期間を利用しての視聴が最もおすすめです。

\無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

  • 映画『ゼログラビティ』はVODでNetflixでしか動画配信されていない
  • Netflixには、無料お試し視聴期間がない
  • TSUTAYA DISCASなら無料お試しで映画『ゼログラビティ』のDVDが視聴可能!
  • DVDのレンタルオンラインでの動画も視聴が可能!

VODで取り扱いがなくDVDでしか視聴できない作品

  • スタジオジブリの作品
  • 映画『海猿』シリーズ
  • ドラマ『海猿』シリーズ
  • ドラマ『半沢直樹』シーズン1

などなど

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ゼログラビティ』の映画情報

映画『ゼログラビティ』あらすじ

主人公、ライアン・ストーン博士はスペースシャトル「エクスプローラー号」で初めてのミッションに参加する女性医療技師です。

スタッフのシャリフとともにハッブル宇宙望遠鏡の修理作業をしていました。

その傍らでは指揮官のマット・コワルスキーが試作型ジェットパックで船外遊泳をしていました。

そこへヒューストンの管制室から連絡が入ります。

ロシアが自国の人工衛星をミサイルで破壊したことで宇宙にその破片が散らばり、時速3万2000キロで軌道を周回しているとのことでした。

ライアン達の活動軌道上ではなかったので作業は続行されます。

素晴らしい景色の中、しばらく作業をしていたところで今度はヒューストンから「緊急避難せよ」との連絡が入ります。

ロシアの衛星の破片が別の衛星に衝突し、その連鎖で宇宙空間に多くの破片が飛び散り、ライアン達の活動軌道にも猛烈な速さで近づいていたのでした。

急いでハッブル宇宙望遠鏡を切り離しエクスプローラーへ戻ろうとしますが、連鎖反応は急速に拡大し、衛星が次々に破壊されていきます。

通信衛星も被害を受け、じきにヒューストンとの交信も途絶えるとのことでした。

避難を急ぎますが、破片群が大量に飛来し、シェリフは頭部に破片が貫通して即死。

ライアンは自分を固定していたエクスプローラーのアームごと宇宙空間に投げ出されます。

ベルトを外してアームとの固定を解きますが、位置がわからなくなり、混乱で過呼吸を起こし、宇宙服内の酸素量が10%になります。

少し冷静になったライアンはシャトルとISS(国際宇宙ステーション)の方向から自分の位置を伝えますが応答は無く、宇宙空間を漂います。

しばらくしてジェットパックを装備したマットから連絡を受け、なんとか救助されます。

シェリフの遺体を回収してシャトルに戻りますが、衛星の破片でシャトルは大破していて、他の乗組員は全員死亡していました。

そこで2人は宇宙船ソユーズがあるISSへ向かうことにします。

ISSに着くまでの間、マットはライアンに話しかけます。

「誰か空を見て君のことを想う人はいるか?」

ライアンは娘を4歳で亡くしたことを打ち明けます。

ISSに到着した2人でしたが、マットのジェットパックの燃料は残り少なく、ブレーキをかけることが出来ず衝突、なんとか損傷したソユーズのパラシュートのワイヤーがライアンの脚に絡み、停止します。

ライアンは何とかマットのロープを掴みますが、今にも脚のワイヤーが外れそうでした。

2人を支えることはできそうにありません。

マットはライアンを助けるため、自らロープのフックを外して宇宙空間に身を委ね、ライアンがISSの内部に入るまで語りかけます。

損傷したソユーズでは大気圏への突入は不可能だったため、マットはライアンに中国の宇宙ステーション「天宮」へ行き、宇宙船「神船」で帰還するように指示をします。

酸素が無くなったライアンは意識が朦朧となりますが、マットの励ましを受けながらなんとかISSに入ることに成功します。

ライアンは宇宙空間を漂うマットと交信しようとしますが時すでに遅く、ヒューストンへ一方通信で生存者が自分ひとりになったことを報告します。

ヒューストンへの連絡をした直後、警告音が鳴り響きます。それは船内の火災を告げるものでした。

ライアンは消火しようとしますが、火の勢いは激しく彼女は隔壁を閉じ、ソユーズに避難します。

急いでISSからソユーズを切り離し離脱しようとしますが、ソユーズのパラシュートのワイヤーがISSに絡みついていて反動で衝突しそうになります。

なんとか体制をたてなおし、衝突を免れますが、絡まったワイヤーをどうにかしなくてはいけません。

ライアンは船外に出てワイヤーを外しますが、そこへ再び衛星の破片が飛来します。

バラバラに大破するISS。ライアンはソユーズにつかまってなんとかやり過ごします。

船内に戻り「天宮」を目指そうとしますが、姿勢制御で燃料を使い果たしてしまい、エンジンの起動ができなくなっていました。

なんとか救助を頼むためAM無線で連絡を試みるライアンでしたが、ヒューストンには繋がらず、地球のアニンガという人物に繋がります。

そこで赤ん坊の声を聞いたライアンは亡くなった自分の娘を想い、死を覚悟して船内の酸素供給を止めます。

静かに死を受け入れようとしていたところでソユーズのハッチがノックされます。なんとそれは宇宙空間を漂流していたマットでした。

彼はライアンを地球へ還るように励まし、着陸時の逆噴射の推進力を使うことを助言します。

しかしライアンが目を開けるとそこにマットはいません。それは幻でした。

ライアンは気を取り直し、酸素の供給を再開させ、着陸用の逆噴射の推進力を得るためソユーズの着陸船を分離させ、「天宮」に向けて動かします。

果たしてライアンは地球へ帰還することができるのか。

\無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ゼログラビティ』キャスト・出演者

  • ライアン・ストーン:サンドラ・ブロック
  • マット・コワルスキー:ジョージ・クルーニー
  • ミッション・コントロール:エド・ハリス
  • アニンガ:オルト・イグナチウッセン

映画『ゼログラビティ』スタッフ

監督

アルフォンソ・キュアロン

脚本

アルフォンソ・キュアロン
ホナス・キュアロン

音楽

スティーヴン・プライス

撮影

エマニュエル・ルベツキ

編集

マーク・サンガー
アルフォンソ・キュアロン

製作

アルフォンソ・キュアロン
デヴィッド・ハイマン

\無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ゼログラビティ』感想や口コミ

男性
男性
この作品はあまりにもリアリティがありすぎて恐ろしいほどです。いわゆる宇宙ゴミの問題をあつかっています。地球の周りには何万という宇宙ゴミが捨てられています。このままだと人類は宇宙にすら出ていけなくなりそうです。早くごみを何とかしないと取り返しのつかないことになるのかもしれません。映画はスリリングでとても面白くできています。映像も見事な出来です。特撮も驚異的な出来栄え。サンドラ・ブロツク、ジョージ・クルーニーも適役、監督は無名ですが才能がありそうです。これから期待できそうですね。宇宙で事故にあい、二人で船外に出て船の修理をしますが一人は宇宙に跳ね飛ばされて一人だけに。宇宙では孤独にはなりたくありません。ラスト近く、彼が船に戻って来るのは、彼女の幻覚か、それともゴーストでしようか。彼女が助かるラストはいかにもアメリカ映画で、ハッピーエンド好きな国民性を表しています。私なら・・・。
男性
男性
ゼロ・グラビティは、2013年に公開されたアメリカの映画です。リアルな宇宙空間がテーマで期待感を持って見られました。あらすじは、医療技師のライアンが宇宙ミッションの最中に、衛星の破片の飛来に遭遇します。ほとんどのスタッフが死んでしまい、ベテランのミッションコマンダーのマットと一緒に生き残ったライアンは、国際宇宙ステーションを目指します。国際宇宙ステーションに行くため、マットは自らを犠牲にしてライアンを助けます。しかし、期待していた脱出ポットは使えませんでした。そこで、中国ステーションのソユーズを脱出ポットとして使用し、地球への帰還に成功します。この映画は、宇宙空間にいるのが宇宙飛行士の二人だけで、しかも、音のない宇宙ですので、ついつい絶望感を感じてしまう話です。しかし、脱出ポットとして中国の古い宇宙船を利用するなど機転をきかせて最後まで諦めなければ生き残れるということを教えてくれた気がします。
男性
男性
まず、おすすめは初っ端から船外で活動中にたくさんの宇宙ゴミ、破片がシャトルに衝突し、それによりに作業員が死んでしまい、マットというベテラン飛行士と女性博士のストーンが宇宙空間に弾き飛ばされ、ストーンがパニックなりながらもなんとかマットのおかげで宇宙船に戻るというシーンがあるのですが最初から緊迫感があり、おすすめです。

衝突の影響で宇宙船は壊れてしまい、国際宇宙ステーションに向かったのですが、そこも破損しており、残っていた宇宙船で中国の宇宙ステーションに向かうのですが、途中燃料切れを起こし減速出来ず、そのまま中国の宇宙ステーションに衝突してしまいます。なんとかストーンはパラシュートに引っ掛かり助かったのですが、マットがそのロープに繋がれたまま宇宙に放り出されてしまったのです。このままだと二人とも助からないのでマットは自分の命を犠牲にしてストーンを助けるシーンがあるのですが、自分だったらと考えてしまいます。その後ストーンは一人になってしまいあきらめそうになるのですが、マットが宇宙の外から宇宙船を動かすアドバイスをくれるのですが、僕はこのシーンを見ながらなんとかマットも助かったのかと思ったらストーンの夢だった時は何とも言えない気持ちでした。ストーンは無事に帰ることが出来てよかったですが、マットも生きていて欲しかったです。この映画は人の思いやりや緊迫感が詰まったものでした。

女性
女性
先日Business Insiderが、批評集計サイトに基づいて、古今東西、全ての映画の中から史上最高の映画をランキングしました。
その45位に入った作品です。
ちなみにそのリストには、「ゴッドファーザー」「市民ケーン」などの古典的名作と、最近のオスカー受賞作「パラサイト」「ムーンライト」などの現代の傑作が含まれています。

舞台はほぼ現代の宇宙。地球の衛星軌道上。この描写がまた、リアルに、美しく、そして恐ろしく迫ってきます。
物語は宇宙船の事故と、脱出、地球への帰還を目指すというサスペンスフルなもの。サンドラ・ブロック演じる主人公が生存の可能性を求めて戦い抜きます。
出演は他にジョージ・クルーニー。他の役者は声だけ。たったふたりの演技だけで91分手に汗握らせ、そして泣かせる映画です。

男性
男性
宇宙空間で独り。孤独と戦いながら帰還を試みる女性宇宙飛行士の映画です。主人公のライアン・ストーンは医療技師で宇宙ミッションに参加しますが、ロシアが人工衛星を破壊したことにより宇宙ゴミが大量に宇宙に飛散してしまいます。その宇宙ゴミが様々な宇宙船を襲い、ライアンの宇宙船もその犠牲になってしまいます。かろうじて助かったライアンと男性宇宙飛行士のマットは、他の宇宙船を目指します。見どころはマットがライアンだけでも助けようとロープを切るシーンです。パニックになるライアンを通信で話しかけ続けて励まします。漂流=死というところでマットは通信が途絶えるまでライアンに話かける場面は涙がにじみます。別のシーンでマットの幻を見るライアンですが、そのおかげで彼女は意識を取り戻し、地球帰還を目指します。宇宙空間の描き方も美しく、自分が宇宙にいるような息苦しさまで感じる映画です。
女性
女性
これまでに見たことがない映画。決して派手ではないけど、宇宙という未知の領域での恐怖を描いていながらも、人間の内面についてよく描かれた作品だと思います。サンドラブロックの演技も素晴らしいですね。ただ、突っ込みどころもいくつかありましたがwジョージ・クルーニーはいつも通りのジョージ・クルーニーでしたw
0代女性
0代女性
邦題「ゼログラビティ」とは無重力のことで、英語の原題は「Gravity」で逆に重力というのがおもしろいですね。舞台は宇宙なので無重力空間ですが、その不確かさが逆に地上の重力のありがたさを強調することにもなっているのだと思います。いわば、ゼログラビティからグラビティへの帰還の物語です。サンドラ・ブロック演じる女性宇宙飛行士ライアン・ストーンは宇宙船の事故により宇宙に投げ出されます。真っ暗で、重力がない不安定な空間で生きるために戦うのです。もう、すぐに完全に映画の世界に入り込んで、宇宙空間で必死に戦うライアンと同じ気持ちになってきます。ライアンの宇宙スーツの酸素が少なくなってくれば息苦しい気がしてきたり、真っ暗な宇宙の底知れない怖さもしっかり体感できてしまいます。ほんと危機の続く危機の連続なのですが、それが嫌な感じはなく、最後まで諦めずに地球の海に落ちた時には達成感さえ感じました。やっとGravityのあるHomeに帰ってきたんだと。宇宙人もエイリアンも出てきませんが、宇宙を体感できる映画です。
女性
女性
重力も酸素もない世界、宇宙。もしそこにひとりぼっちで放り出されてしまったら、と考えると、背筋がゾッとします。そんな絶対遭遇したくない状況に陥った時、人は生還できるのか、考えさせられる作品です。ストーン博士は宇宙での屋外活動中に事故に遭い、辛くも生き残りますが、絶望的な立場に置かれます。同じく助かったマットともに、何とか地球への帰還を目指す中で、上手くいかないもどかしさに、思わず見入ってしまいます。ストーンとマットの2人のみをメインに展開する物語には、暗い宇宙空間と相まって、静かな緊張感があります。マットまで失い、脱出作戦も失敗したことで、ストーンの心は折れてしまいます。幼くして亡くなった娘のところにいけるなら、と彼女の気持ちは一気に死へと傾きますが、それを引き止めたのはマットの声でした。ストーンは再び、自分を奮い立たせます。この流れに、マットが本当に生きていてくれたら、と辛く悲しくなってしまいました。彼女が地球へと無事に戻り、不時着した海から引き上げる姿は、産まれたばかりの赤ん坊を思い起こさせました。宇宙の無重力空間は、さながら子宮内の羊水のようだと感じました。一度宇宙で死んだ彼女は、生まれ変わり、地に足をつけて進んでいきます。宇宙からの帰還を通して、ひとりの女性の再生を描いた、良作だと思います。

\無料お試し30日間/今すぐ無料で動画視聴

[TSUTAYA DISCASのサービス詳細・口コミはこちら]

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はTSUTAYA DISCASホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス