洋画

映画『ゲットアウト』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじとキャスト

このページでは、映画『ゲット・アウト』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料でお試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ゲット・アウト』と言えば、アメリカ社会に潜む「黒人差別問題」をテーマに描かれた、異色のホラー作品です。

低予算での作製にも関わらず、アメリカでは公開初登場で興行収入ランキング1位を記録し、さらには第90回アカデミー賞では主要4部門でノミネート、そして脚本賞を受賞した大ヒット映画です!

ディズニーデラックス

映画『ゲット・アウト』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『ゲット・アウト』は/
\U-NEXTで配信中/今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ゲット・アウト』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
ビデオパス × 350円 562円 31日間
Netflix なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 400円 500円〜 31日間

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『ジェイソン・ブラム』製作のホラー作品

  • 映画『パージ』見放題作品
  • 映画『ハッピー・デス・デイ』ポイント利用
  • 映画『ハッピー・デス・デイ 2U』ポイント利用
  • 映画『ミスター・ガラス』ポイント利用
  • 映画『ブラック・クランズマン』ポイント利用

U-NEXTでは、映画『ジェイソン・ブラム製作のホラー作品』関連作品、1作品が見放題、4作品がポイント利用で楽しめます!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ゲット・アウト』の映画情報

映画『ゲット・アウト』あらすじ

写真家のクリス・ワシントン(ダニエル・カルーヤ)にはローズ・アーミテージ(アリソン・ウィリアムズ)という恋人がいました。

約4ヶ月の交際期間を経て、いよいよ週末にローズの実家へ挨拶をしに行くことになりました。

出発前にクリスはローズに「自分が黒人であることをあらかじめ両親に伝えているか?」と質問しましたが、ローズは「人種を伝える必要はない」ときっぱりと言い切りました。

ローズの実家は、湖の近くにある大きなお屋敷でした。

ローズの運転する赤い車で道を走っていると、突然大きな鹿が目の前を横切り、車のフロントにぶつかってしまいました。

クリスはローズが引き止めるのを制して、まだ少しだけ呼吸があり苦しそうに鳴いている鹿を見つめてぼんやりとなにかを思い出していました。

現場にやってきた警察は、ローズには運転免許証を提示させ、同乗者のクリスには身分証明書の提示を要求しました。しかし、ローズは「彼は運転していないので身分証明書を出す必要はない」と強く否定し、身分証を出そうとするクリスをかばいました。

事故の検証もひと段落し、再び実家へ向かった車の中で、クリスはローズに「かっこよかったよ」とお礼を述べました。

ローズの実家、アーミテージ家に到着すると、さっそく両親のディーンとミッシーが玄関で温かく歓迎してくれました。ディーンは、娘が連れてきた恋人に、嬉々として家の中を紹介してまわりました。

アーミテージ家の家族写真を見ながら、自分は脳神経外科医、そして妻のミッシーは心理療法家、弟のジェレミーは父親と同じ医者を目指す医学生だということを教えてくれました。

さらに、今は亡きローズの祖父母の写真も見せてくれ、一通りの家族紹介を終えた後は、使用人のジョージナ(家政婦)とウォルター(庭師)も紹介しました。

ディーンは、「使用人の2人ともが黒人系であることに違和感を覚えるか?」とクリスに単刀直入に聞きました。クリスは、「めずらしいことではない」と答えてその話は終わりました。

その晩、家に帰ってきた弟のジェレミーも一緒に家族団欒の夕食の時間を過ごしました。ローズの昔話などで盛り上がったものの、酔っ払ったジェレミーがクリスにしつこく絡み始めました。

内容は、人種による体型を示唆するものでした。ミッシーがたしなめたことでその場は収まりましたが、自室に戻ったローズはクリスに対して家族の無礼を謝りました。

クリスは慣れているような、少しあきらめたような顔で、「問題ない」と優しく返事をしました。

その夜のことです。深夜に目覚めてしまったクリスは、ローズやローズの母親から促されて禁煙をしていましたが、我慢ができずに一服だけしようと外にでました。

すると突然、庭師のウォルターがすごい勢いでこちらに走ってきます。

目の前を通り、森の中へ消えて行く庭師を呆然と眺めていると、今度は家の中で自分の姿をうっとりと眺める使用人のジョージナの姿を発見しました。

2人のただならぬ雰囲気に恐怖を感じたクリスは、すぐさま家のなかに入りましたが、母親ミッシーに見つかってしまい、部屋のなかに入って話をしないかと誘われてしまいます。

喫煙がバレたことが後ろめたく、仕方なく椅子に座ったクリスに、ミッシーは淡々と質問を投げかけてきました。

しかし、話題は、「クリスの母親の死」にまで広がっていきます。

触れられたくない話題に、クリスは嫌悪感を抱き、席を立とうとしますが体が思うように動きません。実は、クリスは知らない間にミッシーの催眠術にかかってしまていたのです。

体が「床に沈む」ような感覚に陥って恐怖でパニックになったクリスが、次の瞬間、目を開けると、そこはローズと一緒に眠ったベッドのなかでした。

すべてが悪い夢だったのかと思い安心したクリスでしたが、タバコを見ても吸いたいという気持ちがすっかりなくなっている自分に気がつきました。

その日、アーミテージ家では、友人たちを招待して開催される大規模なパーティーがありました。

もちろんクリスも参加しますが、ほとんどの招待客が白人だらけです。

彼らは次々にクリスを質問ぜめにします。アフリカ系として生きていてどう?スポーツはなにをしている?体つきを見せてくれる?など、奇妙な質問ばかりです。

そんななか、唯一、黒人のパーティー参加者を目にして、喜びから思わず声をかけてしまいました。しかし、彼はまるで白人のようなふるまいと言葉遣いで会話がかみ合いません。

どこか見覚えのある顔を奇妙に思ったクリスは、その黒人男性を隠し撮りして友人に確認してもらおうとスマートフォンを起動しました。写真を取る瞬間、フラッシュが光ります。

すると突然、光を浴びた黒人男性が鼻から血を流しながら、猛烈にクリスに迫ってきたのです。彼は「Get out! Get out!(出ていくんだ!出ていくんだ!)」と叫びはじめクリスを押し出そうとしました。

ここからクリスのうっすらと感じていた違和感が、形になって襲ってきます。

クリスはこのままローズと屋敷にいることができるのでしょうか?

そして、アーミテージ家やパーティー参加者の真の目的とは、一体なんなのでしょうか?

続きは、ぜひ本編でお楽しみください!

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ゲット・アウト』キャスト・出演者

  • クリス・ワシントン:ダニエル・カルーヤ
  • ローズ・アーミテージ:アリソン・ウィリアムズ
  • ミッシー・アーミテージ:キャサリン・キーナー
  • ディーン・アーミテージ:ブラッドリー・ウィットフォード
  • ジェレミー・アーミテージ:ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  • ロッド・ウィリアムス:リル・レル・ハウリー
  • アンドリュー・ローガン・キング:キース・スタンフィールド
  • ジョージナ:ベティ・ガブリエル
  • ウォルター:マーカス・ヘンダーソン
  • ジム・ハドソン:スティーヴン・ルート

本作を監督したのはジョーダン・ピールという、コメディアンとして活躍している人物で、本作はデビュー作となっています。

彼は、アフリカ系アメリカ人の父と白人の母の間に生まれ、自身の体験から人々が心の奥に抱えている、人種問題を浮き彫りにする作品を生み出しました。

冒頭からラストまで様々な「示唆」に飛んだ作品は、何度見ても新しい発見があること間違いなしです!

映画『ゲット・アウト』スタッフ

監督

ジョーダン・ピール

脚本

ジョーダン・ピール

製作

ジェイソン・ブラム
ショーン・マッキトリック
エドワード・H・ハム・Jr.
ジョーダン・ピール

製作

マイケル・エイブルズ

\U-NEXTなら31日間無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ゲット・アウト』感想や口コミ評価

男性
男性
逆人種差別映画と聞いていたが観れば納得。冒頭、主人公が彼女の家に向かう途中に警察に尋問されるのも見事な伏線になっている。彼女の家に到着後は歓待を受けるのだが、人当たりよい家族の不気味な笑顔の圧がじわじわ外堀を埋めてくる。表面上はいい人たちなのに日常的な振る舞いに違和感を感じる、この演技が秀逸で主人公の不安に共感を余儀なくされる。スプラッタなシーンは殆どなく、どちらかというとサイコホラーに比重を割いており、目的の為なら手段を問わない人間の怖さや愚かさがひしひし身に迫る。中盤、無音で行われるオークションのシーンはぞくぞくした。ショッキングな演出に頼らず、心理的な恐怖の水位を上げていくのは好ましい。終盤大活躍する主人公の犬と親友もいい味を出していて、個人的に助演男優賞をあげたい。
女性
女性
なにかがおかしい、違和感がある。しかし考える暇もなく物語に引き込まれていってしまう。そしていつのまにかホラー映画に変わっている。そんな映画でした。
エンタメでの映画として、とても面白かったです。そして、それと同じくらい社会的な映画であったと思います。現代のアメリカに根づく、表面的でない黒人差別についての映画でした。伏線を張ることがうまく細かな描写がちりばめられていたからこそのリアルさと気持ち悪さ・気味の悪さがありました。
劇中白人家族がやたら黒人を擁護する発言をしていたことが記憶に残っています。まるで、自分たちに言い聞かせているかのようで、ぞっとしました。表面だけ人種差別に反対するそぶりを見せ、実際は黒人を人間と思っていない、自分たちの都合のいいただの入れ物のようにしか感じていない、そしてその行為を黒人に対して友好的であると思い込んでいる入り組んだ構造が非常に気持ちの悪いものでした。そして、実際私たちも人種差別に対してしっかり当事者の気持ちを考えられているのかという疑問も生まれました。
よくある黒人差別映画とは一味も二味も違った今作を見て、おそらくこの違和感について、私たちはうまく説明をすることができないんだろうなと感じました。
男性
男性
「ゲット・アウト」は、2017年に公開されたアメリカ映画です。簡単なあらすじは、若い黒人男性のクリスは恋人である白人女性のローズに誘われて、ローズの両親に会いに行きます。クリスは黒人であることを気にしますが、家族は歓迎ムードでした。微妙に居心地の悪さを感じたクリスは帰ろうとしますが阻止されます。ローズらアーミテージ家は秘密結社で、老齢の体から若い黒人の体へ「脳を移植する」ことを企んでいたのですが、クリスの友人のロッドが気付いて助けに駆けつける等はなしです。この映画は、最初はヒューマン系やサスペンス系と思いましたが、見ているうちにいつの間にかホラーとなっているというストーリー展開は面白かったです。また、主人公クリスの心理描写が上手に描かれていて、見応えがありました。
女性
女性
これは2度3度繰り返しみて楽しめる映画です!ストーリーは主人公クリスが問題に巻き込まれるホラーサスペンス。映画のスタートは暗闇を歩いている男の人、そしてそれをじわじわ追いかける車。ぞわぞわさせてきたと思ったら、主人公のハッピーな生活の場面に切り替わります。洗練された部屋に住み好青年な主人公、黒人のクリスが白人の彼女ローズの家に行く週末、彼は自分が黒人であることを彼女が両親に話していないことから、少々不安な気持ちも持ったまま向かいます。その不安と不審な出来事が重なって、ずーっと漂う不穏感。1回目はストーリー展開を楽しみながら、2回目は気になる詳細を確認しながら見て、3回目にじっくり理解して見ることができる、のように繰り返してかなり満喫できる技ありあり映画です。私は映画館でみて衝撃を受け、そのあと2回家で見直しました。そうきたかー!と声に出したいところがたくさんありすぎて、ぞわぞわしたい人にはたまらない展開です。楽しんだ後味には、人間の欲深さや心理的な複雑さ、人種関連の現実など、真面目に世の中を考えるきっかけにもなる映画だと思います。
男性
男性
予告編をみた時からすごく衝撃を受けた作品です。観た後も、これがコメディアンとして有名なジョーダン・ピールの、しかも初監督作品なのか!とただただ驚くばかりでした。主人公が恋人の実家で感じる不穏で不気味な感じが、観ている方も本当に怖かったです。特に、予告編でも出ている黒人の使用人の女性が笑顔で涙をこぼしながら「NO」と言い続けるシーンは、背筋が凍る感じがしました。ラストのどんでん返しも、手に汗握るハラハラの展開で全く予想ができませんでした。女性の変わり身具合ってすごいですね…。作品中には、いたるところに黒人と白人の関係を表したメタファーが隠されており、それを知った上で観るとさらに面白さがぐっと高まります。
女性
女性
終始、得体の分からない気味の悪さを感じながら物語が進んでいきます。よくわからない、でも何かおかしくて怖いと思いながらもその正体を知りたくてどんどん世界に引き込まれていくのがこの映画の魅力だと思います。そして最後まで観ると全ての気味の悪さの原因がわかり、すっきりすると同時に伏線が張り巡らされていたことに気付き、物語の展開のうまさに驚きます。ネタバレはせずに前情報なしで鑑賞することをおすすめします。
物語が進んでいくにつれて自分なりに推理をしましたが、私の場合、見事に外れました。予想以上の物語の奥の深さや背景に裏切られました。作品中にはグロテスクなシーンも出てくるので苦手な方は注意してください。それ以外はとてもおすすめです。
男性
男性
また一人お気に入りの監督が増えました。今作の監督を務めたジョーダン・ピール監督はお笑いコンビとしてアメリカで名を馳せている方です。そんな方がホラー映画を撮るということで、どんな映画になるのだろうかと期待していましたが、期待を大いに上回る完成度の高い作品に仕上げてくれました。人種差別問題を華麗にホラーに落とし込み、また現代の差別問題に対する考え方への警鐘を皮肉を込めて描いています。全編を通して不気味な登場人物ですが、ストーリーが展開されていくうちに彼らの本当の姿が暴かれていきます。
この映画は細部にもわたって、作りこみがされています。一度観ただけでは気が付かないような細かい描写に圧倒されます。私自身3回観ましたがまだまだ気が付いていないことがありそうです。
よくホラーとコメディは紙一重だと言われますが、この監督はその意味をよく分かっていらっしゃいます。コメディの世界で培ってきた才能というものを存分にホラーの世界でも発揮しています。今後も大注目の監督の一人となりそうです。
ホラー映画が苦手という方でも楽しめる一本だと思います。でもホラーの裏側に隠された監督の伝えたい意図というものを見逃さないようにしてください。
男性
男性
スリラー映画が好きで、こちらの作品も批評家からの評価が高かったので観てみました。コメディアンの方が監督をされているということで、批評家の方々の意見では「コメディの要素がある」とのことでしたが、私は一切それを感じませんでした…。
終始異様な雰囲気でストーリーが進み、終盤では幽霊こそ出てこないもののホラー映画のような展開になっていきます。序盤から使用人の2人の様子がおかしいことは明らかで、「脅迫されているのか?それとも洗脳?」などと色々と想像しながら観ていましたが、ラストは予想をまんまと上回ってきました。
結末を知ってからシーンを見返すと、使用人のジョージナが自分の姿にうっとりしたり、ウォルターが身体能力を体感するために全速力で走ったりと、罪悪感も無く生活を楽しむ姿は本当に気味が悪く感じます。
クリスが催眠術をかけられるシーンでは、催眠術をかけられる立場の目線で、真っ暗な部屋の中に落ちていき、出たくても出られない…。観ていて息苦しくなるほどリアルな演出でした。
衝撃的なラストのスリラー映画が好きな方はもちろん、霊的な怖さのあるホラー映画が苦手で、でも少し刺激的な映画が観たい、という方にもおすすめです。

映画『ゲット・アウト』の
動画を無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス