アニメ映画

映画『ファインディングニモ』高画質動画を無料フル視聴!あらすじと字幕&日本語吹替

このページでは、映画『ファインディング・ニモ』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『ファインディング・ニモ』と言えば、カクレクマノミの子・ニモを探す為、父のマーリンが大冒険の旅に出る人気作品ですよね。第76回アカデミー賞では、長編アニメーション賞を獲得しました。

\31日間の無料お試しで動画視聴/今すぐ無料お試し

吹き替え版では主役のマーリンを木梨憲武さんが、ドリーを室井滋さんが演じています。続編も作られた映画『ファインディング・ニモ』を改めて見たいという人も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『ファインディング・ニモ』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『ファインディング・ニモ』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『ファインディング・ニモ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × × 933円 2週間
TSUTAYA TV
× × 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA ×/○ × 330円 562円 31日間
Netflix × × × 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × × 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円 500円〜 31日間

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、映画『ファインディングニモ』シリーズ作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...

\31日間の無料お試しで動画視聴/今すぐ無料お試し

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日間の無料お試しで動画視聴/今すぐ無料お試し

映画『ファインディング・ニモ』の映画情報

映画『ファインディング・ニモ』あらすじ

オーストラリア・グレートバリアリーフの海。カクレクマノミのマーリンは、妻のコーラルと共に子供達の誕生を心待ちにしていました。

しかし、突然オニカマスのバラクーダが現れ、二人の大切な卵を襲われてしまいます。

気を失っていたマーリンが目を覚ますと、妻とたくさんあったはずの卵の姿はなく、一つだけ残された卵がありました。

マーリンは妻が子供につけようとしていた「ニモ」という名前をつけ、大切に育てます。

ニモは、片方のヒレが小さくうまく泳ぐ事ができず、心配性のマーリンは少し過保護気味になっていました。

ニモの初登校の日、マーリンは一緒に学校へ出かけます。

生徒達の海遊に心配してついて来たマーリンは、ニモに小言を言い、うんざりしたニモは、みんなから離れて船のそばへ泳いで行ってしまいます。

すると、船に乗っていた人間のダイバーに捕まってしまうニモ。

マーリンは慌てて追いかけますが、どんどん離れて行く船。

必死でニモを探すマーリンは、「ニモを乗せた船を見た」というナンヨウハギのドリーに出会います。しかし、ドリーは、すぐに物事を忘れてしまう癖がありました。

ニモの元へ急ぐマーリン達ですが、サメのブルースに出くわし、渋々、彼らの集会に参加する事に。

ブルース達は、「魚を食べない」と言うスピーチをし、マーリンもスピーチをしていると、ニモを連れ去ったダイバーのゴーグルを発見。

ゴーグルには人間の言葉が書いてあり、読もうとしますがドリーと取り合いをするうちに彼女は怪我をして、血を流します。

その血に反応したブルースは、禁止していた魚を食べる事の制御が外れ、追いかけられるマーリンとドリー。

必死で逃げ回るマーリン達は、海中に仕掛けられた爆薬のおかげでなんとか助かりました。

一方、ニモは、歯科診療所の水槽の中にいました。そこで暮らす7匹の熱帯魚達・タンクギャングも一緒です。

ニモは彼らから、魚を乱暴に扱い殺してしまうという歯科医師フィリップの姪・ダーラの話しを聞きます。ニモは彼女の誕生日プレゼントとして、捕まったのでした。

同じく海から水槽に来た大きな傷のあるギルは、ニモの歓迎会をし、5日後に迫るダーラの誕生日までに全員で脱出する方法を画策します。

それは水槽のフィルターにニモが小石をつめてポンプを止め、水槽を汚し、フィリップが清掃に来て、自分達が袋に入れられている間に、窓から逃げ出し、海を目指すと言うものでした。

ゴーグルの中で眠り、目覚めたドリーとマーリンは、今度はチョウチンアンコウに襲われていました。

なんとか、ゴーグルの文字を読み取りたいマーリンは、アンコウの明かりを使い、ドリーに読ませ、「ワラビー通り42 シドニー」と書いてある事が分かります。

ドリーの計らいで、イワシの群れから「シドニー」の行き方を聞き出し、シドニーを目指すマーリン達。

先へ進むと今度は、クラゲの大群の中に迷い込み、二人はクラゲの毒で気を失ってしまいます。

ニモ達は、水槽を汚すために画策していました。しかし、ニモが排水溝に吸い込まれそうになり、作戦は中止した方が良いと言う仲間達。

目を覚ましたマーリンは、ウミガメのクラッシュの甲羅の上に乗っていました。マーリンの事情を聞いたクラッシュは、海流に乗せてシドニーを目指してくれました。

ニモを危ない目に合わせたギルは、落ち込んでいました。

そこへ、ペリカンのナイジェルが飛んできてマーリンが、様々な困難を乗り越えシドニーに向かっている事を伝えます。

それを聞き、ニモは再び脱出作戦に挑むのでした。

海流を降りると再び道に迷ってしまうマーリン達。

ドリーは誰かに助けてもらおうと、クジラに話しかけますが、誤ってそのクジラに飲み込まれてしまいます。

ニモ達は水槽が汚れてきて、いよいよ作戦が決行されようとしていました。

しかし、水槽の掃除は自動で行われ、作戦は失敗。そこへフィリップが現れ、ニモを袋の中に入れてしまいます。

マーリン達はなんとかクジラ語を使い、クジラの潮吹きでシドニーの港に到着します。

港に着くとペリカンのナイジェルが、二匹を口の中に入れ、ニモの居るフィリップ歯科診療所まで連れて行ってくれました。

診療所に着くと、ダーラの手から逃れる為、死んだふりをしていたニモ。それを見て勘違いし、マーリンは落胆します。

海へ戻ったマーリンは、「ニモが死んだのは自分のせいだ」と言い、慰めるドリーを振り払い、一人海へ戻り家へと泳いで行きます。

ニモはダーラの手に捕まり、絶体絶命のピンチを、ギルの計らいで排水溝から海へ送り出されました。

海へ出たニモは、そこでドリーに出会い、一緒にマーリンを探す事に。

やっとの思いで再開できた、ニモとマーリン。しかし、追いついた途端にドリーが漁船の網にかかってしまいますが、ニモの作戦で脱出に成功します。

グレートバリアリーフに戻り、平和な日常を取り戻したニモとマーリン。

旅を通して明るい性格になったマーリンは、仲間達と楽しく談笑しています。少し成長した様子のニモはマーリンに「大好き」と言い、海遊へ出かけるのでした。

\31日間の無料お試しで動画視聴/今すぐ無料お試し

映画『ファインディング・ニモ』キャスト・出演者

  • マーリン:アルバート・ブルックス/木梨憲武
  • ドリー:エレン・デジェネレス/室井滋
  • ニモ:アレクサンダー・グールド/宮谷恵多
  • ギル:ウィレム・デフォー/山路和弘
  • ガーグル:オースティン・ペンドルドン/津田寛治
  • ブロート:ブラッド・ギャレット/乃村健次
  • ピーチ:アリソン・ジャネイ/定岡小百合
  • バブルス:スティーブン・ルート/清水明彦
  • デブ&フロー:ヴィッキー・ルイス/森崎めぐみ
  • ジャック:ジョー・ランフト/斎藤志郎
  • クラッシュ:アンドリュー・スタントン/小山力也

日本語吹き替え版で主役のマーリンを演じた木梨憲武さんは、映画『いぬやしき』で実写映画の主演を務めるなど、俳優としても活躍をされています。この映画『ファインディング・ニモ』シリーズでは、子供を心配する優しいお父さん役を好演されていますよね。

ドリー役は室井滋さんが、吹き替えを担当。個性的なドリーのキャラクターにピッタリです!続編の『ファインディング・ドリー』では、ドリーが主人公となって活躍します。こちらも合わせて楽しみたいですね。

映画『ファインディング・ニモ』スタッフ

監督

アンドリュー・スタントン

音楽

トーマス・ニューマン

脚本

アンドリュー・スタントン

製作

ジョン・ラセター

\31日間の無料お試しで動画視聴/今すぐ無料お試し

映画『ファインディングニモ』の感想や口コミ

女性
女性
映画『ファインディングニモ』では、小さな小魚であるニモの冒険が描かれています。ニモは海の中で家族や仲間たち、他の海洋生物と暮らしていますが、大海で過ごす生き物の生態が面白く描かれています。学校や遊び場があり、人間の世界と同じようなシーンがでてくるので親しみがあります。子供ならではの冒険心で人間に捕らえられてしまうので、ニモからみると人間が悪者になっています。映画を見ているとニモを応援してしまうので、普段なら気にならない人間の嫌な行動に気づかされてしまいます。ニモを救うために海や空の生き物が協力しあうところが面白いです。本来なら絶望しても仕方がない状況ですが、偶然や機転を利かせて困難を乗り越えていくところは、子供だけではなく大人がみても楽しむことができます。水槽に捕らえられてときは万事休すかと思いますが、意外などんでん返しがあり、わくわくすることができます。この映画『ファインディングニモ』は続編も作られているので、人気があった作品といえます。映画『ファインディングニモ』の主人公であるニモは、カクレクマノミという魚ですが、映画公開時には大人気になったことを今でも覚えています。
女性
女性
映画『ファインディングニモ』が公開された当時、ディズニー、ピクサー映画はあまり見たことがありませんでした。しばらく経ち、学校の授業の一環で、ファインディングニモを鑑賞する機会がありました。
普段見ない映画だったので、どのような作品なのかワクワクしていたのを覚えています。映画『ファインディングニモ』の第一印象は、キャラクターが可愛い!でした。目がくりくりしていて、愛くるしい性格で、とてもいい印象でした。また、海の中の映像がとてもキレイで、それも印象に残っています。映画『ファインディングニモ』の見どころは、2つあります。まず、1つ目の映画『ファインディングニモ』の見どころは、ニモが人間に連れ去られたあと、水槽の中で仲間たちとどのようにして脱出するのかを考え、挑戦していくところです。ニモは生まれつきヒレが小さく、うまく泳ぐことができません。それでも、仲間たちの期待に応えようと水を循環させる機械に石をつまらせようと頑張る姿に心を掴まれました。2つ目の映画『ファインディングニモ』の見どころは、マーリンとドリーがニモを探して旅に出るところです。ドリーは記憶障害を持っていて、すぐに忘れてしまいます。子どものときは「なんですぐに忘れるの!」とイライラしてしまったこともありました。大人になり、障がいを持つ人たちと関わり、人にはそれぞれ個性、特性があるとこを理解しました。マーリンは、ドリーを鬱陶しく感じることもありましたが、字が読めること、マーリンが会話をできない生き物たちと会話ができることを知り、その特性を生かして共にニモを探すことにしました。今となっては、とても勉強になるシーンで、人との関わりを考えさせられます。映画『ファインディングニモ』は、親子の絆、人との関わりを感じることができる映画で、とても大好きな作品です。
男性
男性
映画『ファインディングニモ』の中で、おすすめのシーンはドリーとニモのお父さんが会ってチョウチンアンコウに追いかけられるシーンです。このときに、シドニーワラビー通り42ピーシャーマンというセリフが好きすぎてこのシーンがとてもお気に入りなのです。響きもいいですし、そこからシドニーまで向かうところも良いです。道の途中でかめのクラッシュたちに会って海流に乗りながらおしゃべりをするシーンも好きです。おしゃべりをしながら海流から抜けたり危ないことだらけでしたがとても良いシーンです。次に、歯を矯正している少女がいる歯医者ににもが入れられて、まさに死が迫ってたときにニモの頭をフル回転させて脱出したとこが感心しました。そのあとでニモと魚たちが一網打尽で量子に釣られようとしたときにみんなで下に泳いでその機器を乗り切れたところも好きです。
男性
男性
この映画『ファインディングニモ』の見どころと言ったら、一番は広い海の映像です。海の中で泳いでいる魚のかわいらしさから、海藻の動き、波の動き、とてもきれいに描かれているアニメーションなので実際にスキューバダイビングをしている気分になってしまいます。その広い海でとっても小さいニモを探しにパパが探しに行く。ニモも冒険しながら海の世界はどうなっているのかを勉強しながら成長していくこの作品は子供を大切に育てすぎている親にも見てもらいたい作品だと思います。子供は宝物ともいえるので方見放さず危ないことはさせない、なんでもやってあげる。親がすべてやってあげていれば危険な思いをする心配はありませんよね。ですがいざその成長で大人社会に巣立ったとしたら絶対といっていいくらい何もできない子になって社会では生きていけないと思います。危険にさらされるかもしれないですがニモのように冒険させて色々経験を積み大きく成長した方が絶対に社会に出たときに役に立つと思います。そういう意味でもこの映画『ファインディングニモ』をみることで何事も経験させるべきなんだ。という感情が生まれ子供の育て方をもう一度考えてみよう。というきっかけにもなるのではないかと私は思いますし、思わさせられました。
女性
女性
映画『ファインディングニモ』は、ディズニーの映画の中でもおすすめ。何回みてもあきないこの映画『ファインディングニモ』。暗い中でみると自分もまるで海の中にいるように錯覚してしまうほど。やはり細かいところまでこだわりをもって作っていることがよく分かる。この映画はマーリンの子どもニモが連れ去られ、救出する感動的な話。ニモを探す途中で出会う忘れっぽいドリーと会い2匹でニモを探す。途中色んな試練がたくさんあるが2匹で乗り越えていこうとするシーンは感動してしまう。ケンカをしても仲直りする大切さに気付くことができた。そんな当たり前のことに気づかせてくれるディズニー映画は本当に大好きです。また、映画『ファインディングニモ』の中ではずっと魚目線であることも観ていて楽しい。人間の私たちからは見えない魚ならではの視点がよりこの映画作品を楽しくしてくれているように感じた。冒険の中でしか経験できないことを知ったマーリンが最後にニモに見せる愛情。ここは家族で見てほしいと思います。ニモがすることを「危ない」とケガをさせないように過保護のようなマーリンだったが、最後に見せる本当の父親らしさに注目してみてほしい。子どものことを信じて、時には温かく見守り、叱り。映画『ファインディングニモ』は、私たちに大事なことを教えてくれる映画。最後まで目が離せない。
女性
女性
映画『ファインディングニモ』は、おかしくて笑っちゃうところがたくさんあります。でも感動する場面もあって、とてもいい映画です。映画『ファインディングニモ』の内容的には、人間に捕まえられたニモを、父のマーリンとドリーと一緒に探すというシンプルなものです。しかし二匹がとてもユニークなコンビで、ボケとツッコミみたいなんですよね。まるでコントしながらニモを探しているようで、笑えるところが結構あります。ドリーは物忘れが激しく、マーリンの存在すら忘れてしまうところがあって笑えるんです。サメのトリオに出会ってしまった二匹は、サメの会議にも参加することになり、おかしなことになります。ニモもニモで、人間界でさまざまなトラブルに遭い、なかなかマーリン達と会えませんし、海に帰っていけません。ドリーとマーリンが何度も危機を抜け切ってもなかなかニモに会えないところは、見ているこちらももどかしいですがどんどん映画に引き込まれてしまいます。ニモが死んだフリをしていたからマーリンが本当にニモは死んだと勘違いするシーンももどかしかったですが、次の展開をさらに面白くしてくれました。最終的にはニモもマーリンもドリーも無事で一件落着になるのですが、家族愛にも感動するし、ニモが究極に可愛くて癒されます。
女性
女性
映画『ファインディングニモ』は、2003年に公開されたアメリカの映画です。カクレクマノミがテーマとなったニモという可愛らしい熱帯魚が登場し子ども達の心を捉えています。あらすじは、カクレクマノミのマーリンは妻のコーラルと400個の卵を育てていましたが、他の魚に襲われて無くしてしまいます。ただ一つ残った卵から生まれて子がニモでした。かつての経験から、マーリンはニモを過保護に育てます。学校のデビューの時にはにもはマーリンの目の前でダイバーに捕らえられてしまいます。マーリンはニモを取り戻すために旅に出ます。陽気ですが物忘れが激しいドリーと一緒に旅するマーリンは、トリーと一緒にシドニー湾に到着し、水槽にいたニモも脱出に成功し親子はめでたく再開します。この映画では、海の中の描写がとても綺麗で、ロマンティックな雰囲気を感じました。特に、映画『ファインディングニモ』の中でも、クラゲたちが出てくるシーンは感動する程の美しさでした。
女性
女性
映画『ファインディングニモ』の簡単なストーリー。少し過保護な父・マーリンが大切に育ててきたニモですが、学校に行ったのに気になって付いてきたマーリンに小言を言われ、離れて泳いでいってしまうと、帰り道がわからなくなり迷っているうちに人間に捕まってしまいました。マーリンはニモを探すために旅にでます。途中で出会ったドリーもいっしょに、ニモを連れ去った船を追いかけるのですが、ドリーがまたお騒がせで、サメに追いかけられたり、クラゲの群れに巻き込まれたり、いろんなトラブルを何とか乗り越えながらニモを乗せた船が向かったというシドニーへ。ニモは歯科医院の水槽に入れられていました。水槽のそうじのタイミングで逃げ出すことができ、親子は再会しました。ニモはかわいいし、ドリーはとぼけたキャラで笑わせてもらいました。マーリンは過保護過ぎましたが、妻と他の卵たちを失った経緯を考えると、心配性になる気持ちもわかります。ニモも父マーリンの愛情が沁みたと思いますし、マーリンも過保護で守りすぎるよりも信頼して任せることも学んだと思います。また、きれいで個性的でかわいい魚たちと海の中が美しくて、癒されました。
女性
女性
この映画『ファインディングニモ』が公開されてからしばらくしたとき、当時通っていた学校のアクティビティで初めて出逢いました。私が期待していた以上にこの映画『ファインディングニモ』の面白さに引込まれ、学校にお願いして映画『ファインディングニモ』のDVDをしばらく借りていたほどです。映画『ファインディングニモ』最初のシーンで出てくる主人公ニモのお母さんが、まだ卵の中で眠っていた彼と兄弟たちを自身の命かけて守るその勇気と母親の愛情の深さに思わず涙します。その後、やんちゃなおちびニモがお父さんマーリンの言いつけに反抗し、アクシデントで離ればなれの生活になってしまった中、新しくできたお友達と過ごす中で強くたくましく成長していく姿は、本当に立派でした。お父さんのマーリンにも見せて挙げたいくらいです。一方、行方不明になったニモを必死で探すマーリンは、その度の途中数々の出逢いがあり、事件があり、それでも諦めず愛する息子ニモを探し求めます。そのマーリンの姿は、父子家庭である苦労をものともせず、ただひたすらお母さんコーラルの分まで愛情たっぷりにニモを育てているのだなと感動しました。映画『ファインディングニモ』のシーンはほぼ海の中で描かれており、深海の深さを感じるダークなカラーリング、珊瑚礁が広がる鮮やかなカラーリングの美しさ、今すぐにでもスキューバーダイビングに行きたくなるほど素晴らしい海の世界が観られます。実際にこんなにキュートなカクレクマノミの親子に出逢えたら幸せです。

\31日間の無料お試しで動画視聴/今すぐ無料で動画視聴

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス