アニメ映画

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』高画質動画を無料フル視聴!あらすじやシリーズ作品を調査

このページでは、映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで無料試聴可能/
今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』と言えば、テレビ版で放送され、一大ブームを起こしたアニメ、エヴァンゲリオンのリメイク作品として大きな話題となりました。

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の最新シリーズが公開されると発表され、改めてオリジナルの映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を見たいという人も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』動画を無料でフル視聴する方法

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の
シリーズ作品動画も
U-NEXT視聴可能

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を
無料視聴する

  • 無料お試しでも600P貰える!
  • ポイント利用で映画館で最新映画や、最新作品も視聴可能!
  • 『アナ雪2』も無料で視聴可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題作品(14万本)を視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 最大4アカウントで利用可能!
  • 日本最大級のエンタメサイト!
  • 大人の動画も見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』動画の配信状況

VOD 配信 見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT × 509円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV × 463円 932円 31日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA × 463円 572円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム × 463円 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 509円 500円〜 31日間

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで無料試聴可能/
今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『エヴァンゲリオンシリーズ・シリーズ』

U-NEXTでは、映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズ作品も配信中です!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで無料試聴可能/
今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』の映画情報

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』あらすじ

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は90年代にテレビアニメとして放送され、若者を中心に一大ブームを起こしたSFアニメである新世紀エヴァンゲリオンのリメイク作品です。

当時では画期的なオープニングのアニメーションや話の展開、豪華な声優がふんだんに使われていることなど、テレビ放送を終了し、映画化も行われるほど人気が高い作品であり、現在でも年齢を問わずファンが多く存在しています。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は多くのファンが緊張と期待を胸にし、劇場へ足を運んだ作品です。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』のあらすじは、リメイク作品として作られているためアニメ版新世紀エヴァンゲリオンをなぞっていく形になっています。

主人公である14歳の少年、碇シンジは離れて暮らしている父親である碇ゲンドウに数年ぶりに第三東京都市へ呼び出されます。

その途中、シンジは人類の敵とされる使徒と国連軍の戦いに巻き込まれます。その流れでシンジは父親である碇ゲンドウが国連直属の特務機関NERV(ネルフ)の最高司令官であることを知り、使徒と対抗できる秘密兵器、汎用ヒト型決戦兵器、エヴァンゲリオン初号機のパイロットとして使徒と戦うことを命じられます。

シンジはゲンドウの命令に一度は拒否を示しますが、同世代のエヴァンゲリオンパイロットである綾波レイが傷だらけでもエヴァンゲリオン初号機に乗り込もうとする様子を見て、シンジはエヴァンゲリオン初号機のパイロットとしてエヴァンゲリオンに乗り込む意思を固めます。

どうにかエヴァンゲリオンを動かすことに成功したシンジですが、使徒は猛攻を繰り返し、なすすべもなく倒されてしまいます。その時、初号機が突然気絶をしているシンジの意志とは関係なく暴走を始め、使徒を圧倒し自爆へ追い詰め倒します。

エヴァンゲリオン初号機のパイロットとして第三東京都市の学校へ転校し、通うことになります。そこで先日の使徒とシンジの乗っていたエヴァンゲリオン初号機の戦いの最中に妹が怪我を負った同級生、鈴原トウジに恨みをかってしまいまます。

二人が和解する前にも使徒は第三東京都市へ現れ、シンジにはエヴァンゲリオン初号機での出撃命令を出されます。戦闘中、撤退命令を出されているにもかかわらず戦場に居た鈴原トウジを助け、二人は和解し、学校へ馴染むこともできるようになってきます。

私生活では父親である碇ゲンドウとは一緒に暮らすことはなく、特務機関NERV(ネルフ)戦術作戦部作戦局第一課所属で階級は二佐であり、エヴァンゲリオンの戦闘指揮官である葛城ミサトが保護者となり、ミサトとの不思議な同居生活が始まります。

第三東京都市の地下には使徒「リリス」が磔にされており、使徒は「リリス」と接触することでサードインパクトと呼ばれる全地球規模の危機を起こそうと、当たり前のように使徒が現れます。そのたびにシンジは戦うことの辛さ、死の恐怖と戦い、時には逃げ出しそうになるところを葛城ミサトに叱咤激励され、立ち直るシンジ。

ですが、負傷をし、更なる恐怖を覚えエヴァンゲリオン初号機への搭乗を拒否をするシンジにミサトは、地下に磔にされている「リリス」を見せ、使徒の真の目的を説明します。ミサトの話を聞き、再びエヴァンゲリオン初号機に乗り込む決意を固めたシンジは負傷から回復し、作戦へ参加できるようになった綾波レイと共に遠距離にいる使徒へ、第三東京都市の電力をすべて使い狙撃をするヤシマ作戦に参加します。

一度目の狙撃が致命傷にならず、反撃をしてきた使徒に対し恐怖を覚え動けなくなるシンジですが、綾波レイが捨て身でシンジを守り、その気持ちにこたえるようにシンジはもう一度狙撃を行い、使徒を撃破しました。

 

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』は使徒とエヴァンゲリオンの戦いの迫力も見ごたえがありますが、碇シンジを中心とした息子と父親の関係、保護者であるミサトとの同居生活、綾波レイとの複雑な距離感など、人間関係を中心に見ていくとどんどん物語に引き込まれていきます。

この先も使徒は第三東京都市の地下に磔にされている「リリス」を狙い、襲ってきます

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』以降のシンジの心情や綾波レイの行動、ミサトとの同居生活や碇ゲンドウの真の狙いなど、見所が多く存在している映画になっています。

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで無料試聴可能/
今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』声優キャスト

  • 碇シンジ:(声:緒方恵美)
  • 綾波レイ:(声:林原めぐみ)
  • 葛城ミサト:(声:三石琴乃)
  • 赤木リツコ:(声:山口由里子)
  • 碇ゲンドウ:(声:立木文彦)
  • 冬月コウゾウ:(声:清川元夢)
  • 鈴原トウジ:(声:関智一)
  • 相田ケンスケ:(声:岩永哲哉)
  • 洞木ヒカリ:(声:岩男潤子)
  • 渚カヲル:(声:石田彰)

主人公の声優である緒方恵美は女性ながらも中性的な少年の声を持つ声優としてアニメ版であるエヴァンゲリオンの放送開始当初から人気を博した声優の一人です。

そして、ヒロイン役である綾波レイ役を演じている林原めぐみは80年代から様々なアニメでヒロイン役を演じ続けている人気声優のうちの一人であり、その他を固める声優キャスト陣も人気のある声優が多く使われています。

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』スタッフ

監督

庵野秀明(総監督)
摩砂雪
鶴巻和哉

音楽

鷺巣詩郎

脚本

庵野秀明

原作

庵野秀明

製作総指揮

大月俊倫

\無料お試し期間にもらえる/
\600Pで無料試聴可能/
今すぐ無料お試し

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』感想や口コミ評価

男性
男性
新劇場版シリーズ全4部作の1作目。この映画は主人公、碇シンジの覚悟の物語です。疎遠になっていた父親から「来い」と言われて、行ったら行ったでなんかよくわからない巨大ロボ(正確には、汎用人型決戦兵器・人造人間なのでロボットではない)を見せられ、動揺しているのに「それに乗れ」といきなり言われて、乗れるわけないじゃないですか。少なくとも僕だったら冗談言うなよって思います。そう。ヱヴァンゲリヲン新劇場版では、シンジは『ヱヴァンゲリヲンになんか乗りたくない』という大前提があるので、僕はシンジにすんなりと感情移入できてしまいました。しかし、シンジの感情などお構いなしに謎の巨大生命体・使徒はやってきます。否応なしにヱヴァに乗るシンジですが、そのやる気の無さが痛いほどよくわかってしまって、見ていて苦しくなってしまうほどでした。僕の個人的なおすすめポイントは、やはり綾波レイでしょう。シンジがヱヴァに乗るように導いてゆく謎の少女。綾波のためなら、と思ってヱヴァに乗るシンジですが、まぁ僕でも乗りますね。そりゃ。自分のためではなく、綾波のために、みんなのために。難解な会話や難解なアイテムがこれでもかと出てきますが、この映画は主人公の碇シンジが戦う理由が見つけるための、ボーイミーツガールな映画です。
男性
男性
綾波レイは自分が造られた存在であり、利用される目的も、自分の行動の意味も、何もかもを知ってしまっていながらも生き続けなければならないことを十分に分かっていると私は思います。代わりがいる存在であり、『生きる』という意志に乏しいように思うのです。
そんな彼女がシンジに感情移入し、自分を大事にしてくれる碇司令とシンジの仲を取り持とうと、彼女にしては大変珍しく自発的に他人のために動こうとする本作は、彼女のシンジへの想いを彼女の奥底にあるものの存在を感じさせつつ、明確に描いています。
『私は人形じゃない』という彼女の言葉の意味が、本作で色濃く表現されていると思います。あまりにシンジを思いやるがために、やはり自分自身の存在意義の希薄さから自己犠牲に走ってしまう場面を見てしまったとき、喩えようもない切なさと悲しみで胸が苦しくなりました。
男性
男性
今や知らない人はいない、アニメ版「新世紀エヴァンゲリオン」を劇場版4部作にてリメイクした作品になります。新劇場版・序はテレビ版で言う第3使徒サキエルから第六使徒ラミエルまでの内容を新規書下ろし、大幅な追加が行われています。私はアニメ版をもちろん見ていますすし、正直ただのリメイク版と軽い気持ちで思っていました。が、その思いはいい意味で大きく裏切られました。テレビ版を大筋な設定はそのままに、エヴァや使徒、キャラクター設定がテレビ版と異なる部分があり、設定やキャラクターがテレビ版より受け入れやすく変更されていたり、原作を知っている方なら思わず「あれ、ここでこう来る?」という部分が多々あったり、なにより良かったのはキャラの内面の描写が細かく表されていて、原作ファンも思わず唸る作品、なおかつ次回作に期待が持てる良い作品になっていると感じました。個人的な一番のおすすめポイントは、ヤシマ作戦時の使徒との攻防でのテレビ版ではなかった主人公碇シンジの描写がおすすめです。テレビ版では正直あまり好感が持てなかった主人公でしたが、新劇場版ではちゃんとカッコいい!!これだけでも見る価値がある。と思わされたシーンでした。
テレビ版では終盤でしか登場しなかったキャラクターも登場し、それも衝撃だったのを覚えています。
原作を知っている方はもちろん、新劇場にて新しく「エヴァ」に触れる方でも非常に観やすく、自信をもっておすすめできる作品だと思います。
男性
男性
1995年にアニメシリーズが放送されてから、根強いファンを獲得し続けている「エヴァ」シリーズ。その噂は聞いてはいたものの、アラサーの自分はリアルタイムで見たことはなかったので、エヴァはこれが初視聴。息をつかせぬ怒涛の展開で、みるみる引き込まれていきました。
エヴァを観る前に、同じ庵野監督作品の邦画『シン・ゴジラ』を先に見ていたので、ところどころ既視感を覚える部分があり、庵野監督の持ち味を感じることができたのも、楽しみの一つでした。なかでも特筆すべきはかの有名な「ヤシマ作戦」のシーン。日本全土にわたる停電によって電力を「エヴァ」に供給させ、敵と戦うシーンです。『シン・ゴジラ』の中に出てきた「ヤシオリ作戦」のシーンでも使われた「デンデンデンデン!ドンドン♪」という印象的なBGMで場面を盛り上げます。このシーンはかなりテンションが上がりました!
テレビ版放映当初から賛否両論あった作品ということからもわかるように、主人公のシンジの性格がかなり内向的で、主人公に似つかわしくないウジウジした言動を繰り返すことで、見ていてもどかしい思いをすることもあるかもしれません。しかしちょうどシンジと同じくらいの年代の思春期の時、かなり内向的だった自分は、シンジの言動を「わかる」と思ってしまいました。同じような性格ではなかった人も大丈夫、他にもかなり癖のあるキャラが登場します。魅力的なキャラクターたちに感情移入しながら、物語を楽しむことができるはずです。
女性
女性
旧作の方も鑑賞済みで、ワクワクしながら新劇場版も鑑賞しました。やはりエヴァに乗るシーンは改めて感動しますね!ただ、新劇場版では少しストーリーがカットされていたり変更が加えられていたりするので、感情の流れとしては若干物足りない感じにはなってしまうところが勿体無いですが…。それでもストーリーに矛盾なくまとめ上げているのは、さすがです。特に第6使徒との戦闘シーンはとてもよかったです。画の感じが違うからなのか、使徒もより不気味で圧倒的な感じを醸し出しており、とんでもないものに挑むシンジとレイの緊張感が一層引き立ったいました。何よりもラストのカヲルの登場には大興奮でした!!「会えるときが楽しみだよ」のセリフを聞いて、今後の展開への期待と妄想に胸がやられました(笑)
男性
男性
日本にて大ヒットした、エヴァンゲリオンシリーズの映画です。新世紀エヴァンゲリオンの劇場版の一作目の作品です。人類の的である「使徒」と戦うために、人型兵器の「エヴァンゲリオン」のパイロットになった14歳の少年と少女太刀を取り巻く人々の心の葛藤や、戦闘の様子を描いた作品です。この作品は、アニメシリーズにてよくえがれていた「ヤシマ作戦」をベースとしたストーリー展開ですが、テレビアニメに対して画をもう一度書き直したことで、とても美しい世界が描かれていると思います。戦闘シーンでは、使徒を倒すためにたくさんの作戦車両がつぎつぎと出てくる様子はとてもワクワクしました。また、信じの心の葛藤と、成長が見所だと思います。

 

【U-NEXTなら】
31日の無料視聴期間
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス