洋画

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替や実話あらすじキャスト

このページでは、映画『ダラス・バイヤーズクラブ』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』と言えば、ロン・ウッドルーフという実在の人物がもとになっている、2013年アメリカのドラマ映画です。

HIVに侵され余命宣告された男を演じた主演のマシュー・マコノヒーと、同じくHIV患者の相棒を演じたジャレッド・レトは、ともに第86回アカデミー賞の主演男優賞と助演男優賞を受賞しています。

俳優たちの迫真の演技に胸が熱くなり、見終わった後に勇気のでる素晴らしい作品となっています!

ディズニーデラックス

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『ダラス・バイヤーズクラブ』の動画/
\U-NEXTで31日間無料で視聴/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT ○/× なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 933円 31日間
dTV ○/× なし 500円 31日間
ビデオパス × × なし 562円 31日間
Netflix ○/× なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × なし 500円〜 31日間

 

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『マシュー・マコノヒーの出演作品』

  • 映画『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』見放題動画作品
  • 映画『KUBO クボ 二本の弦の秘密』(声優出演)見放題動画作品
  • 映画『追憶の森』見放題動画作品
  • 映画『インター・ステラー』ポイント利用
  • 映画『SING』(声優出演)ポイント利用

U-NEXTでは、映画『マシュー・マコノヒー』のの出演作品も楽しむことができます!

※2020年7月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』の映画情報

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』あらすじ

舞台は、1985年、アメリカ合衆国テキサス州のダラスという土地で始まります。

電気技師として働くロン・ウッドルーフ(マシュー・マコノヒー)、ロデオ・カウボーイで賭け事を行い、負けると掛け金を持って逃亡し、仲間の警察に助けてもらったりなど自由奔放な毎日を暮らしていました。

ここ最近、長引く咳や倦怠感に違和感を持ちながらも、お酒やタバコ、コカイン、そして大の女好きであるロンは、仲間たちとともに無茶苦茶な生活を続けていました。

しかし、ある日、電気技師として働いている最中、感電をおこして失神し、病院に運び込まれます。
彼が意識を取り戻したとき、担当した医師がロンに衝撃的な事実を伝えました。それは、ロンが「HIV(後天性免疫不全症候群)、通称エイズ」にかかっていて、しかも「余命が30日」だというショッキングな内容でした。

1985年当時は、まだHIVに関しての研究は現在ほど進んでおらず、詳細を知らない市民たちには「ゲイがかかる病気」だと思い込まれていました。

ゲイに対して偏見的な考えをもつロンは、自分は女好きであることを理由に、その診断結果を頑なに受け入れようとせず、最終的には担当した医者に激昂して勝手に病院を抜け出してしまいました。

しかし、自分の体がだんだんと弱まっていくことを実感したロンは、半信半疑ながらも図書館に通いつめてHIVについて本や論文を読みあさりました。

そのなかで「異性との、避妊をしない生行為をした場合にも感染の可能性が見られる」という報告を見つけたロンは、自分もそのケースに当たり、HIVに感染していることを認めざるを得ない状況に追いやられてしまったのでした。

絶望しながらも、これまで通りの生活を続けようとするロンでしたが、「ロンがHIVに感染した」という情報はまことしやかに仲間内でひろがり、自分が今までしてきたように非常に差別的な態度をとられるようになってしまいました。

そんななか、当時、臨床試験が開始されたばかりだった治療薬「AZT」の存在を知ります。藁にもすがる思いで、主治医のイヴ・サックス(ジェニファー・ガーナー)に処方を頼みますが、「まだ安全性が確認されていない薬は出すことができない」と断られてしまいました。

アメリカでのHIVの認可治療薬は大変少なく、「AZT」は HIV患者にとっては希望の星のような存在でした。

しかし、執念でなんとか病院に勤務する清掃員とつながりをもち、「AZT」を横流ししてもらうことに成功したのでした。

安心して、薬を飲み続けるロンでしたが、状況は悪くなる一方で、ついには病院のゴミ捨場で倒れてしまいました。

主治医のイヴに助けられたロンは、再び病室のベットで目が覚めます。実用に向けての臨床試験に協力しているトランスジェンダーのレイヨン(ジャレッド・レト)に病院で出会ったロンは、必死に頼み込み、薬を買い取らせてほしいと希望しましたが、断られてしまいました。

相変わらず自分への差別が続く現状に心が弱まり、一時は自殺を考え車を走らせたものの、結局、最後の頼みの綱として、ロンは以前、清掃員に教えてもらったメキシコの医者のもとへ向かったのでした。

ボロボロになったロンが訪れたメキシコの病室は質素でした。

しかし、免許を剥奪されたという医師の腕は確かで、「AZT」に頼るのではなく免疫回復のためにビタミン剤と亜鉛を投与されたのでした。

3ヶ月後、宣告された余命を過ぎても、ロンはメキシコで体調を戻しつつありました。メキシコでの闘病生活のなかで、ロンは「AZT」が製薬会社の利権によって導入された効果の薄い薬であると憤ります。

そして、アメリカでは認可されていないものの、「AZT」と似ていながら、それよりも毒性の低い「ペプチドT」というタンパク質を販売することを思いつきました。

車で詰めるだけの「ペプチドT」乗せて、アメリカに向かったロン。そこから、HIV患者に向けて薬の販売が始まったのでした。

そのなかで、「AZT」の臨床試験を抜け出したレイヨンと手を組み、未承認の治療薬を国外から密輸して、アメリカで販売する「ダラス・バイヤーズクラブ」を立ち上げました。

会員たちは安い月額料金で新しい薬を手にすることができ、クラブはアングラ組織としてどんどん成長していきます。

しかし、そんなロンたちに司法の手が迫りはじめます…。

いつ消えてしまうかわからない命を抱えながらも、製薬会社と戦うロンは、このあと一体どうなってしまうのでしょうか…?

続きは、是非とも本編でお楽しみください!

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』キャスト・出演者

  • ロン・ウッドルーフ:マシュー・マコノヒー
  • イブ・サックス:ジェニファー・ガーナー
  • レイヨン:ジャレッド・レト
  • タッカー:スティーヴ・ザーン
  • デイヴィッド・ウェイン:ダラス・ロバーツ

主演のマシュー・マコノヒーは、第86回アカデミー賞を始め、ゴールデングローブ賞やハリウッド映画賞など、数々の主演男優賞を獲得しました。

HIV患者役ということで、マシューは役作りのためになんと体重を21キロも落としたそうです。

落ち窪んだ目や、骨ばった薄い体は、なんとも言えない迫力をもって、映画の中で存在感を発揮しています。

トランスジェンダーの役を演じた、ジェニファー・ガーナーの妖艶な立ち振る舞いにも、ぜひとも注目してください!

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』スタッフ

監督

ジャン=マルク・ヴァレ

脚本

クレイグ・ボーテン
メリッサ・ウォーラック

製作

ロビー・ブレナー
レイチェル・ウィンター

製作総指揮

デヴィッド・L・ブシェル

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』感想や口コミ評価

男性
男性
映画『ダラス・バイヤーズクラブ』は、保守的な男がHIVに感染したことで未認可の薬を手に入れるため奔走する話です。マシュー・マコノヒーが大減量してほぼ皮と骨状態になっていて見た目の衝撃がすごいです。彼が演じるロンという男はもう嫌なやつです。彼はレイシストでホモフォビアという正直どうしようもない人間ですが当時エイズのせいで一段と立場が悪くなったセクシャルマイノリティの状況を目の当たりにし人間として成長を遂げていく過程は感動します。ロンは病気にかかったことで初めは自分のために薬を手に入れようとしていたのが同じ病気に苦しむ人を助けようと嫌っていたゲイの人間にも手を差し伸べようとしていくのです。ジャレッド・レトとののしりあいながらも友情を育んでいく様子がこの映画を表しています。事実を基にしているので当時の背景がわからないと少し辛いところがあるのですが1985年のアメリカではエイズ患者に対して何の救済もしようとしなかったという認識でいいです。保守反動でLGBTへの理解や共感などが一切ない社会でロンというまさにその時代を反映したような人が自らと一番遠い存在だったセクシャルマイノリティと交流を深めていくというドラマは普通の人にもわかりやすくとっつきやすいと思います。
男性
男性
映画『ダラス・バイヤーズクラブ』は、差別や偏見問題について世界が変化の時期を迎えている今だからこそ、見て欲しい映画です。映画『ダラス・バイヤーズクラブ』のあらすじを簡単にご紹介します。主役のマシューマコノヒーは、ストレートながらもエイズにかかり余命宣告をされます。1980年、エイズや同性愛者への偏見が根強いアメリカの田舎街。エイズはホモセクシュアルがかかるものだ偏った情報が飛び交っていたため、主人公は仲間からも差別をうけます。またアメリカではエイズに有効的な治療薬もなく、有効な薬を手に入れるために奮闘しビジネスをしていくことに…。この映画『ダラス・バイヤーズクラブ』の見所は、エイズ役の役者の徹底した役作りとストーリーです。映画『ダラス・バイヤーズクラブ』の主役の2人ともアカデミーの男優賞を受賞しています。主役のマシューマコノヒーは、4ヶ月で21kgの減量、トランスジェンダー役のジャレットも13kgの減量をしたそうです。映画『ダラス・バイヤーズクラブ』劇中でも場面毎に、俳優陣が体型調整しててリアルなんですよ。エイズに体を蝕まれているのが見てわかる。いやー、本当に凄いの一言…。ジャレットも本当に、女装している姿が艶かしくて美しい!また映画『ダラス・バイヤーズクラブ』は、実話を基にしたストーリーとのこと。HIV,差別,LGBT,ドラッグ,医療問題などずーんと重いテーマではあるのですが、不思議と重さを感じさせずに観ることが出来ました。おそらく、主人公の人のキャラのおかげだと思います。主人公も今まで色眼鏡で見ていたLGBTの方と協力していくところとか、決して諦めず自分の信念を突き通していく姿が本当にかっこいい!!余命宣告されたら死の恐怖に怯えて過ごすのが普通だと思うのですが、この主人公は状況を変えるべく自ら行動し、自分や仲間の命のために奮闘して行くんですよね。この人が実在していたのが本当に凄い、、。
諦めないことや自分の選択を信じる大切さを教えてくれます。映画『ダラス・バイヤーズクラブ』は、人生に悩んでる人や差別偏見についてもっと知りたいと思っている人に、オススメの映画です。

映画『ダラス・バイヤーズクラブ』の
動画を無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス