アニメ映画

実写映画『シンデレラ』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やディズニーアニメキャスト

このページでは、映画『シンデレラ(実写版)』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料で視聴可能/今すぐ無料で動画視聴

映画『シンデレラ』といえば、シャルル・ペローの童話をもとにディズニーによって作られた、長編アニメーション作品が有名ですが、本作は、スケール感の大きさはそのまま、実写化に成功した作品となります。

アニメからさらにパワーアップした豪華な衣装が評価され、第88回アカデミー賞をはじめとして、複数の衣装デザイン賞を受賞しました。

主演にリリー・ジェームズを迎え、2015年に作成された『シンデレラ』は、内容も現代にも通用するような脚本のアップデートも行われおり、大変見応えのある作品となっています。

ディズニーデラックス

映画『シンデレラ』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\実写映画『シンデレラ』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『シンデレラ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA × 200円 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円 500円〜 31日間

\ディズニー動画が31日間無料で視聴可能/今すぐ無料で動画視聴

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

ディズニープラスでは、ディズニープリンセスアニメシリーズ作品が見放題動画作品なので、全作無料で一気見が可能です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー動画が31日間無料で視聴可能/今すぐ無料で動画視聴

映画『シンデレラ』の映画情報

映画『シンデレラ(実写版)』あらすじ

1950年に公開されたアニメーション版から、見所はおさえつつも、細かい設定は練り直されています。今回は、そんな実写版のあらすじをご紹介します。

遠い昔の話です。

物語は、お金持ちの家に一人の女の赤ちゃんが生まれたところから始まります。

その女の子は「エラ」と名付けられ、両親にたくさんの愛情を注がれて大切に育てられました。

父親と母親の期待に答えるように、エラはとても美しく、かつ聡明でとても心の優しい娘へと成長しました。

しかし、病によって母親は亡くなってしまいます。死の間際、母親は娘のエラに「勇気と優しさを忘れないで」、「優しさは魔法の力」と優しく語りかけました。

そして、母親の死後、エラ(リリー・ジェームズ)の将来を心配した父親は、しかし、母親がいないことをひどく心配した父親は、シンデレラのために、トレメイン夫人(ケイト・ブランシェット)を新しい母親として迎えることを決めました。

トレメイン夫人には、連れ子となる娘のアナスタシア(ホリデイ・グレインジャー)とドリゼラ(ソフィー・マクシェラ)がいました。彼女たちはシンデレラより歳上、つまりは義理の姉にあたる存在でした。

家族が増えたことを心から喜ぶエラでしたが、ある日、父親が仕事ででかけた旅先で病気にかかって帰らぬ人となってしまったのでした。

父親がいなくなると同時に、継母であるトレメイン夫人は再婚相手に取り入るために隠していた本性を表しました。義理の娘であるシンデレラに強くあたるようになり、自分の実の娘たち、ドリゼラとアナスタシアだけを可愛がるようになってしまったのでした。

裕福だった家も、継母とその娘たちが財産を浪費していき、だんだんと荒れ果てていくようになったのでした。たくさんいた使用人たちも雇うことができなくなり、ついにはエラを召使いのように扱いはじめました。

広い屋敷を一人で雑巾掛けをするよう押し付けられたり、洗濯や食事の世話までを押しつけられ、挙げ句の果てには狭い屋敷の屋根裏部屋に住まわされるようになりました。

絶望のなかでも、実の母親の言葉を思い出し、「いつか夢は叶う」と希望を忘れることはありませんでした。

しかし、ひどく寒い屋根裏部屋で暖炉の側で生活するエラはいつも灰にまみれていました。そんなエラをいじわるな義姉たちは「灰かぶりのエラ」という意味の「シンデレラ」と呼んで笑いました。

日々繰り返される意地悪に耐えられなくなったエラは、馬に乗って泣きながら屋敷を飛び出してしまいます。

エラがあてもなく森の中をさまよっていると、一人の若者が話しかけてきました。キットと名乗るその青年は、実は従者と鹿狩りに来ていた王子様だったのでした。

しかし、エラには身分を隠して、城に雇われた猟師であると説明しました。エラとキットはわずかな時間を森の中で過ごすうちに、お互いにその魅力に惹かれていきました。

キット王子は、お城に戻ってもエラのことを忘れることができません。病気の父王から結婚を急がされていたこともあり、エラこそが自分の花嫁であると確信します。

そして、エラを探すために、国中の若い娘たちを招待し、舞踏会を開催したのでした。

もちろん、エラの家にも招待状が人数分届きます。義理の姉たちは、プリンセスになることを夢見て、心を躍らせながら大急ぎでドレスを選びはじめます。

エラも舞踏会に出席することを夢見て、継母に尋ねたところ、全ての掃除や洗濯、仕事を終わらせ、かつドレスを用意することができるのならば参加しても良いと答えたのでした。

エラは実の母親のドレスを手直しして着て行こうとしますが、いじわるな継母と義理の姉たちによって、いつも以上にたくさんの仕事を押し付けられてしまいます。

しかし、エラたちの仲間であるネズミたちの手を借りてなんとか母親のドレスを仕立て直して準備をしますが、それも彼女たちの意地悪によって破かれてしまうのでした。

舞踏会に行く夢も破れ、あまりの悲しさに温室で泣くエラ。

すると、突然、泣いているエラのもとに、妖精のおばあちゃん、フェアリー・ゴッドマザーが姿を現したのでした。

エラを励ますように、「ビビディ・バビディ・ブー」と魔法の言葉を唱えると、きらきらした妖精の粉とともに、庭のかぼちゃが馬車になり、トカゲとガチョウは人間の従者と御者に、そしてネズミたちは白くて立派な馬に変身を遂げたのでした。

そして、妖精はエラに向かっても魔法をかけました。

途端に、びりびりに引き裂かれたドレスはあっという間に綺麗で豪華なドレスに代わりました。最後にガラスの靴をプレゼントされ、「12時になったら魔法は解けてしまう」と忠告を受け、馬車に乗って舞踏会の開かれるお城へと急ぎました。

さて、ここからエラとキット王子の出会いが待っています。

しかし、アニメ版とは異なり、エラとキット王子の結婚を阻止するために、継母や義姉とお城側の人間である大公が手を組んでしまいます。

エラとキットは、自分たちの力で結婚を果たすことができるのでしょうか…?

\ディズニー動画が31日間無料で視聴可能/今すぐ無料で動画視聴

現代版にアップデートされた、見応えのある物語を、ぜひともご覧ください!

映画『シンデレラ』キャスト・出演者

  • エラ/シンデレラ:リリー・ジェームズ(高畑充希)
  • キット王子:リチャード・マッデン(城田優)
  • トレメイン夫人:ケイト・ブランシェット(塩田朋子)
  • フェアリー・ゴッドマザー:ヘレナ・ボナム=カーター(朴璐美)
  • 大公:ステラン・スカルスガルド(広瀬彰勇)
  • ドリゼラ・トレメイン:ソフィー・マクシェラ(新谷真弓)
  • アナスタシア・トレメイン:ホリデイ・グレインジャー(加藤忍)

主人公のエラ(シンデレラ)は『ベイビー・ドライバー』や『マンマ・ミーア! ヒア・ウィ・ゴー』、『イエスタデイ』で活躍する実力派俳優のリリー・ジェームズが務めました。

そして、日本語吹き替え版も高畑充希さんや城田優さんなど、実力派の俳優が起用されていることでも注目されました。

そして、本編中の舞踏会のシーンなど、ディズニー・プリンセスたちを彷彿とさせる衣装が見れたり、ディズニーアニメファンも大喜びの要素がたくさんつまっている部分も見所です!

映画『シンデレラ』スタッフ

監督

ケネス・ブラナー

脚本

クリス・ワイツ

製作

サイモン・キンバーグ
アリソン・シェアマー
デヴィッド・バロン

音楽

パトリック・ドイル

興行収入

57.3億円

\ディズニー動画が31日間無料で視聴可能/今すぐ無料で動画視聴

映画『シンデレラ』の感想

女性
女性
なにより、映像がすごく綺麗で素敵です!ディズニー映画はだいすきで、アニメ版も実写版もほぼすべて見ていますが、特にこの実写版シンデレラは画面に映るドレス、お城の様子、細かな装飾品など小さなものまで美しく、再現レベルが高いものになっていました。アニメ版ももちろん見ていますが、やはり目に映る美しさは実写版が圧倒的で、今までの実写版ディズニー映画の中でも私は一番素敵だと思いました。
ストーリーとしてはみんなが知る、いわゆるアニメ版のシンデレラと少し違い、現代により合わせたものになっていました。見ていてあれ?こんなところあったかな?と思うところもありますが、また別物として楽しむことができました。
あとディズニー映画で良いところは、音楽も美しいところです。今の映画館では少し音響にこだわった劇場もあると思うので、若干お値段は高くなりますが、ぜひそちらで見ていただくことをお勧めします!昔から聞いていたアニメでの単調な音楽が、大きな画面の劇場で深みのある音で聴くことができ、そちらにも大変感動しました。ディズニー好きの方と一緒に観れば、映像や音楽など、語り尽くせること間違いなしです。王子様の登場で人生が一変するのは女性の憧れでもあると思いますが、実写版のシンデレラはそれだけではない面白さがあるのでカップルはもちろん、ご友人と見ても楽しめる作品だとです。
男性
男性
私はアニメの「シンデレラ」が大好きだったので実写化されたときには喜んで映画館へ向かいました。映画館で見られて本当に良かったです!もちろんその後DVDも購入しました。
この作品は感動の嵐で、アニメとは少し変わっている部分があります。主人公「エラ」は明るく無邪気なお嬢さんという感じです。幼くして母親を亡くしていますが、母からの「やさしさと勇気を忘れずに」という言葉を守って成長します。大人の女性でありながらとても純粋で魅力的でした。そして父親と暮らしていたエラのもとにやってきた継母と2人の義姉。登場したときからなんともいえない威圧感です。実写ならではの雰囲気が出ているのだなと感じました。そのころから生活に変化が出始めており、暗雲が立ち込めるとはこういうことなのだなと思わせられます。
そして父が亡くなり、さらにひどい状況へ変わっていくのですが母の言葉を一心に守るエラはとても健気でした。
召使のような生活が続く中でつけられたあだ名が灰かぶりのエラ=「シンデレラ」でした。ひどいあだ名と扱いにとても心が痛くなります。それでも前を向いている彼女の強さは本当に美しかったです。王子様との出会いや恋愛模様もアニメとは少し違うのですが、より魅力的なものになっていました!シンデレラのイメージをいい意味で一変させています。
そしてシンデレラと言えば欠かせないのが美しいドレスとガラスの靴です。ブルーの美しいドレスに心奪われること間違いなしです。
アニメでもガラスの靴は片方割られてしまうのですが、実写でも割られてしまいました。やめて!!と叫びたくなるシーンです。
ここまででも感動させらえるのですが、やはり1番感動するのは最後の王子様とエラのやりとりです。エラは王子様に敢えて「シンデレラ」と名乗るのです。その意味深さを何度も何度も考えました。シンデレラと言えば相手が誰だか知らずに恋に落ちることが特徴の一つだと思うのですが、実写化された映画ではそれが色濃く出ていたと思います。本当に愛し合っていれば、そこにあなたがいてくれればいいと思えるのかもしれません。ぜひカップルで見てほしい!とオススメしたくなる映画です。

女性
女性
アニメでも見ていたシンデレラが実写すると聞いて観るのが楽しみだった。意地悪なお姉さま方ももちろん出てきますが、それ以上にお母さんがの意地悪がひどいと思ってみていました。物語のおおよその内容は知っていましたが、ところどころ違う部分もありました。そのためアニメとの違いを比べてみることができとても面白い感じがしました。そして一番感動するシーンはやはりドレスに着替えるところ。とてもきれいな青いドレス。細かいところまで気を配り、女性のあこがれを表した姿。そのシーンをみて「きれい。。。」と言葉がついつい出てしまうほど。もちろんガラスの靴も実際に履いてみたくなるほど、あこがれが詰まっています!素敵な王子様とのダンスシーンもドレスの可愛さやキレイさをよく表しています。クライマックスはシンデレラを王子が見つけるところは、なんだか自分もうれしくなり少しウルっとしてしまいました。苦労もあるけど、必ず最後は報われる。そんな時代を強く生きた女性はやはり素敵だと感じます。 アニメのシンデレラにも憧れていたけど、実写版のキレイなドレスは一味違うところに注目してみてほしいです。そして辛い日常だけじゃない、幸せになることができると自分を信じさせてくれる大好きな作品です。
女性
女性
幼いころ、私はプリンセスになる夢を見てアニメ版のシンデレラにめっきりハマっていました。ディズニーランドでもシンボル的存在のシンデレラ城。ディズニープリンセスは、シンデレラを外しては語れません。そんなシンデレラが実写化されるとあって、キャストも豪華。セットも豪華。こんなに原作を忠実に再現されているとは、思ってもいないほどの出来栄えでした。
私は、日本語吹き替えで視聴。シンデレラを高畑充希さん、キット王子を城田優さんが熱演しており、2人とも作品にぴったりマッチしていますよ。マッチしすぎて、エンドロールでお2人の名前を見るまでは、誰だかわからないほどでした。
シンデレラといえば舞踏会で華やかに踊るシーンでの煌びやかな衣装の数々が印象に残っている人も多いのではないでしょうか?
もちろん、舞踏会のシーンも素敵なのですが、私が心打たれたのは背景になっている森です。木々のひとつひとつが美しく、動物たちも本当に素敵な描写になっています。つい、背景にうっとりしちゃいました。ぜひ、2人のゆく故だけでなく、背景にも注目して見てください。
そんな森の中でシンデレラのドレスに魔法をかけられるシーンは、女性なら誰しもうらやむほどの美しさですよ。
女性
女性
何度も観たくなる素敵な映画です。
キャスト、映像、ストーリー、どれを取っても完璧です。まだ観ていない方にぜひおすすめします。
見どころはなんといっても、ため息がでるほど美しいドレスの数々です。シンデレラ役リリー・ジェームズのブルーのドレスにキラキラなガラスの靴。とても脇役と思えないほどの妖艶さを醸しだす継母、ケイト・ブランシェットが着るビビッドな衣装も観ていて楽しかったです。
シンデレラに魔法をかけるフェアリーゴッドマザーのヘレナボナム=カーターもかなりハマり役でした!ハリーポッターにも出演している有名な女優さんです。
そしてハンサムな王子が、出会いから終始シンデレラにゾッコンなのも、観ていてキュンとしちゃいます。どんな境遇でも「勇気と優しさ」を忘れずひたむきに生きて、幸せをつかむシンデレラに、信じ続けることの大切さを教えてもらえました。
女性
女性
映画の中盤、みすぼらしい姿でじっと我慢の日々を送っていたシンデレラが、魔法使いのおばあさんの力を借りて、お城の舞踏会に着ていけるような素敵なドレス姿に変身するシーンが最高です。
特に、娘を持つ親の目線でこのシーンを見てしまうと、まるでシンデレラの亡き両親の思いが観る者の心の中に入り込んできてしまうようで、どうにも抗いがたいほどに感極まってしまうシーンです。
シンデレラと言えば誰もが知り尽くしたストーリーであるだけに、大人が見るには少々退屈になっても仕方がないはず。それなのに、まるで観る者までも魔法にかけてしまうかのように、映画の世界の中にぐいぐい引き込んでいく不思議な力を持った作品ではないかと思います。
女性
女性
ストーリーも映像もとても素敵な作品でした。

小さいころに見たシンデレラで記憶に残っているストーリーは、いじめられていても頑張って耐えていたら助けてくれる人や迎えに来てくれる人がいて、素敵な未来が待っている、のようなものでした。言ってしまえばラッキーで受動的な主人公。憧れつつもあり得ないよなと思ってしまう夢物語。

でもこの映画はより現実的だったと思います。シンデレラがいじめに耐えている理由が「今まで幸せに暮らしていた家を守る」ことだったり、王子様もただキラキラした人ではなく政略結婚や肩書だけで寄ってくる人といったしがらみに悩んでいたり、そのキャラクターの背景が描かれていることで、より一層リアルさもあり物語に入り込むことができました。

予告映像に「本当の魔法は、あなたの勇気。」とありましたが、これは父を亡くしたりいじめられたりという現実に立ち向かう勇気だけでなく、その人のありのままを受け入れる勇気でもあるのかなと物語全体からのメッセージを感じました。
また、さすがディズニーといったところで、映像がとても綺麗でした。特にフェアリーゴッドマザーの魔法によるいろいろなものが返信するところ。大画面で見たことも相まって画面に吸い込まれるような感覚になり、小さいころに戻ったかのように純粋にワクワクしました。ドレスの装飾など細かいところまで美しいのもまた、女性の心をくすぐりますね。

基本的なストーリーは元のディズニーアニメと変わらないので、子供でも分かりやすく楽しめますし、大人はより深いメッセージを読み取ることができ、どの世代も一緒に楽しんでみることができる素敵な映画です。

女性
女性
日本語版、英語版、両方で見ました。特に日本語版の高畑充希ちゃんの声がきれいで儚くて、とても心地よかったです。シンデレラとか舞踏会があるような時代の話はすごく好きです。キャストたちが着ている洋服、ドレスが現代では考えられないくらいゴージャスで、スケールが大きいので、あの時代に生まれていたらこういう楽しい世界もあるのだなあと、いろいろ妄想しながら物語を楽しむこともできます。あとやっぱり、不幸が重なって心に深い傷を負っている女の子が、一国の王子に見初められて幸せになるというストーリーは女の子たちの憧れですよね。オススメのシーンはたくさんあるのですが、フェアリー・ゴッドマザーが現れて、魔法でみすぼらしい姿からシンデレラに変身させてあげるところです。一気に華やかになって、こんな変身したい!と思わせてくれるし、思い切って舞踏会に行ってこい!と送り出したい気持ちになります。
女性
女性
この映画をオススメする理由は、ストーリーや衣装、映像演出において魅力が沢山つまっているからです。まず、ストーリーにおいては、童話のシンデレラの物語を忠実に再現していて、何の違和感もなく入ってきました。王子様と森で出会うシーンは、お互い身分を知らない中で心を通わせ合い、また会いたいと願う存在へとつながるエピソードとして描かれていて、物語の繋がりがより良くなっていたように思います。衣装においては、シンデレラが舞踏会へ着ていったブルーのドレスがとても綺麗です。舞踏会にシンデレラが登場し階段を降りてくるシーンは、映画の中でも人々の注目を集めるシーンとして描かれていますが、観ている私も思わずみとれてしまいました。ゆったりかつ壮大な音楽もあいまって、とても印象的なシーンとなりました。映像演出については、魔法の演出がきらびやかで華やかに表現されていました。特に、12時の鐘がなり慌ててカボチャの馬車で家に向かうシーンは、少しずつ魔法が解けていく様子が緊迫感の中に丁寧に表現されていて、とても引き込まれました。ストーリーを一貫したテーマとして“勇気と優しさを忘れない”というものがあり、シンデレラの言葉や行動に常に現れていて、そこがこの主人公シンデレラの魅力だと思います。それまでシンデレラに対して酷い扱いをしていた継母を前に、凛とした表情で“あなたを許します”と伝えるシーンは、シンデレラの心の強さと優しさを象徴するシーンでした。シンデレラと王子様がお城で皆に祝福されているラストシーンは、二人のこれからの幸せを感じさせる温かな締めくくりでした。何度みてもシンデレラの人間性に引き込まれ、観ると心が温かくなる作品としてオススメします。
女性
女性
この作品を選んだのは、数あるディズニーアニメーションの実写作品の中でも好きな作品だからです。アニメーション作品としては結構昔に制作されていた「シンデレラ」の実写版ですが、世界観が忠実に再現されていて映像美が圧巻でした。見所としては、各登場人物の心情がアニメーションよりも深く掘り下げられていたところでしょうか。アニメーションでは悪役としてしか描かれなかったシンデレラの継母の心の葛藤や人間らしさがこの実写映画ではアニメーションの方よりも深く掘り下げられていて、継母がただの意地悪な悪役で終わらず良かったと思います。また王子とシンデレラの出会いも、ただ舞踏会で一目惚れという訳ではなく、互いが恋に落ちるまでの過程が丁寧に描かれていました。映像の美しさに関しても、衣装の細かさ、魔法のエフェクトなどが特に全体を華やかに彩っていたと思います。最も印象に残っているのは、王子とシンデレラが舞踏会の中裏庭で二人きりで過ごすシーンです。ただブランコに乗ってはしゃいだりお互いの事を話したりするこの場面で二人はお互いの素の表情を見せ合い、恋に落ちていくことはやはり必然だったのだなと思わせてくれるシーンです。

映画好きの方なら、月額費用も770円(税込)と安めの値段設定なので、他のVODとディズニープラスを両方契約するのもお勧めですよ。

ひとまず、無料視聴期間で見たい映画の動画を見て、気に入らなければ、解約すれば一切費用はかかりません。

映画『シンデレラ』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス