洋画

映画『ブラッククランズマン』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替とキャストや実話あらすじ

このページでは、映画『ブラック・クランズマン』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ブラック・クランズマン』は2018年公開のスパイク・リー監督作品。主演はデンゼル・ワシントンの長男、ジョン・デヴィッド・ワシントン。原作はロン・ストールワースの2014年の『ブラック・クランズマン』。カンヌ映画祭で審査員特別賞を受賞。

ディズニーデラックス

映画『ブラック・クランズマン』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『ブラック・クランズマン』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

U-NEXTで見れる『スパイク・リー』監督関連作品

  • 映画『ドゥ・ザ・ライト・シング』見放題動画作品
  • 映画『ラストゲーム』ポイント利用作品
  • 映画『25時』見放題動画作品
  • 映画『インサイド・マン』見放題動画作品
  • 映画『オールド・ボーイ』見放題動画作品
  • 映画『ブラック・クランズマン』ポイント利用作品

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

映画『ブラック・クランズマン』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT × 400円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × 400円~/2日 550円 31日間
TELASA 500円/2日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム なし 500円〜 30日間

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

 

映画『ブラック・クランズマン』の映画情報

映画『ブラック・クランズマン』あらすじ

主人公、黒人のロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)はコロラド・スプリングス警察のマイノリティー歓迎の求人募集を見て警察官に応募します。

面接で先入観たっぷりの質問を受けます。「侮辱をうけても我慢できるか」と聞かれ、戸惑いながらもロンは「必要ならそうします」と答えます。

そして彼は、黒人として初の警察官になります。

資料室勤務になったロンは仕事内容に納得がいかず、「潜入捜査官になりたい」と所長に申し出ます。

所長の答えは「資料室は新人にはいい場所だ。」

黒人の資料を求めに来る他の警察官は、ロンの前で堂々と黒人を蔑称で呼びます。ロンはそんなことにも何とか耐えていました。

そんな彼に潜入捜査の任務が言い渡されます。

元ブラック・パンサー党の幹部、クワメ・トゥーレ(コーリー・ホーキンズ)の演説会に行き、演説の反応を見てくるようにと言われます。

隠しマイクを仕込んでクワメの演説会に潜入します。クワメは「差別と戦うブラック・パワー」について熱く語ります。

そんな中、ロンはクワメを招いた黒人学生自治会の会長、パトリスと出会います。

パトリスに好意をもったロンは彼女を飲みに誘います。

待ち合わせの店、レッド・ランタンに遅れてやって来たパトリスはクワメを送る途中で白人警官に止められ、差別的な職務質問をうけたことに腹を立てていました。

翌日、署長の元で捜査の結果を報告するロン。署長はクワメが「武装しろ」と言ったことを気にかけますが、ロンは「革命などおこさない。皆、冷静だった」と報告します。

捜査報告の後で署長に呼ばれたロンは情報部への転属を言い渡されます。

情報部に配属になったロンは新聞に載っていたKKK(クー・クラックス・クラン)の広告を見つけ、電話をかけます。留守番電話に伝言を残すと直ぐに電話がかかってきます。

「団体」(KKK)のウォルターからでした。「何があったか話をしてくれ」と言う彼にロンは「妹が黒人に声をかけられた。とんでもないことだ。黒人もユダヤ人も大嫌いだ」と言います。

ウォルターは「求めていた人材だ。」と答え、金曜日に会う約束をします。

署長に捜査について聞かれたロンは「自分は純正英語と黒人英語の両方を流暢に話せる」電話は自分で、別に白人警官を用意してその人物が「団体」の人間と会うことにするのはどうかと提案します。

そこで捜査チームが組まれることになり、ユダヤ人のフィリップ・”フリップ”・ジマーマン(アダム・ドライバー)がロンの代わりに「団体」の人間と会う役を演じることになります。二人一役です。

フリップが初めて会った「団体」の人間はフェリックス・ケンドリックソン(ヤスペル・ペーコネン)でした。

車に乗って移動する最中、フリップはKKKのことを「クラン」と呼びますが、フェリックスに「その言葉はつかうな。団体と呼べ」と言われます。KKKの会員は自身の組織を「団体」と呼び、密かに行動していました。

支部のたまり場に着き、フリップは支部長のウォルターと会員のアイヴァンホーに会います。

彼らと黒人について喋ったときアイヴァンホーが気になることを言います、「今年はすごい年になる。ドカン、花火だ。」

また、多くの質問をするフリップに対してフェリックスが「お前は潜入か?」と言ってきます。彼はフリップを疑っているようでした。

それでもウォルターはフリップに「合格だ」と言い、入会手続きをします。「団体」の”帝国税”は年10ドル、支部費は15ドル、ローブと覆面代は別途とのことでした。

ロンとフリップは警察の上司に報告、アイヴァンホーが口にした爆破計画について話し、全面的な支援を求めます。認められて、本格的に捜査が始まることになりました。

フェリックスの家に行き会員に紹介されたフリップですが、フェリックスに見せたいものがあると言われ、ついていくとそこにはうそ発見器がありました。

さらに銃を突きつけ割礼の痕がないか局部を見せるように迫られるフリップ。

ロンはとっさの判断でフェリックスの家に石を投げて窓を割り、気をそらします。

上司にうそ発見器や銃を突きつけられたことを話すとあまりに危険な捜査に叱責されます。

フリップはロンに「お前には聖戦かもしれないが、自分にとってはただの仕事だ。」と言いますが、ロンは「団体」の会員証を手に入れ、もっと深く捜査を進めていくといいかえします。

「団体」上層部に連絡をしたロンは支部のイベントに出るため、会員証を早く送ってほしいと頼みます。電話にでたのは全国の「団体」の指導者であるデビッド・デュークでした。

ロンは電話でデビッドに上手く取り入って好印象を与えることに成功します。

そんな時、住所を調べたフェリックスがロンの家に訪れます。そこはフリップの家ではなく、黒人のロンの住所。さらに運のわるいことに学生自治会の会長、パトリスが部屋にいるときでした。

フェリックスはフリップにさらに大きな疑いをもつようになります。

ロンとフリップは「団体」の計画を突きとめ、阻止するができるのか?

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ブラック・クランズマン』キャスト・出演者

  • ロン・ストールワース:ジョン・デヴィッド・ワシントン
  • フィリップ・”フリップ”・ジマーマン:アダム・ドライバー
  • パトリス・デュマス:ローラ・ハリアー
  • デビッド・デューク:トファー・グレイス
  • フェリックス・ケンドリックソン:ヤスペル・ペーコネン
  • クワメ・トゥーレ:コーリー・ホーキンズ

映画『ブラック・クランズマン』スタッフ

監督

スパイク・リー

脚本

スパイク・リー
デヴィッド・ラビノウィッツ
ケヴィン・ウィルモット
チャーリー・ワクテル

音楽

テレンス・ブランチャード

撮影

チェイス・アーヴィン

編集

バリー・アレクサンダー・ブラウン

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ブラック・クランズマン』原作小説

映画『ブラック・クランズマン』感想や口コミ評価

男性
男性
ブラックライブズマター!と長年叫んできたスパイク・リーが送るというより突き付けてきたものがブラッククランズマンです。KKKに黒人警官が潜入捜査する前代未聞の任務の顛末をクールにブラックカルチャーと人権運動を交え描いていきます。主演のジョンデイヴィッドワシントンはあのデンゼル・ワシントンの息子です。彼の立っているだけで絵になる超絶イケメンっぷりにしびれます。相棒にはダークサイドから抜けて白くなったレン君アダム・ドライバーが控えておりKKKに実際に潜入するユダヤ系の警官を熱演しています。彼らの素性がばれるかばれないのかというサスペンスはドキドキして潜入ものの醍醐味が堪能できます。KKKの面々はアクの濃い奴らしかいないのもいいです。ポールウォルターハウザーがああこういう馬鹿いるうってなってからの地獄のような関係性のフェリックス夫妻をヤスペル・ペーコネンとアシュリー・アトキンソンがおぞましさを振りまいていきます。賢い妻に劣等感と男特有の威圧でしか威厳を保てないフェリックスと彼に尽くすためという名分で露悪的になるコニーは見ていて啞然とします。私的にはクワメ・トゥーレの演説が心に刺さる点です。彼の投げかけるメッセージには誰でも熱くなるものがあると思います。
男性
男性
アメリカに強く根付いている人種差別という問題を正面から捉えつつ、皮肉たっぷりにここまでコミカルに描いた作品は見たことなかった。黒人ロンとユダヤ人フリップが二人一役として白人至上主義団体であるKKKに潜入し、周囲を欺きながらもその実態を暴いていく展開はスリリングで、かなり見ごたえがあり面白い。だが最も注目すべきは、ラストのドキュメンタリー映像にある。バージニア州シャーロッツビルにて、極右集会に抗議する集団に向けて一台の自動車が突っ込んでくる。逃げ惑い、泣き叫ぶ人々。そして力強く演説するトランプ大統領が映る。そう、それは現代のアメリカの姿だ。先ほどまで見ていた、70年代のアメリカを描いたエンタメ性に富んだ映画とはまるで違う世界のよう。映画は、白黒のアメリカ国旗を写して終わる。そこまでを含めて「ブラック・クランズマン」という一つの作品だ。「ブラック・クランズマン」はエンタメ映画でもあり、世界を変える力を持つ映画でもある。スパイク・リー監督が映画に込めた想いを強く感じる。
男性
男性
この映画は黒人として初めて警察官になったロンという男性の物語です。面接の時点で先入観たっぷりの質問をされます。屈辱的なことを言われても我慢はできるか?これに対して彼は必要であればそうしますと答えます。実際彼は周りの警察官に黒人であることを馬鹿にするよう接されるようになるのです。僕から言わせてみれば黒人だから白人だからって色の違いで差別するのは本当に醜いことです。なぜ黒人が差別される対象になってしまうのでしょうか?白人だって黒人の人からしたら違うのです。ですが差別されるのは毎回黒人ばかり。黒人だから悪なのですか?いいえ違いますよね。差別をする人が悪なのです。この間違った知識は大人で止めなければいけません。自分の子供に差別意識を植え付けてしまったら中々取り除くことはできませんし子供達はそれを正しいことだと誤った認識してしまうのです。でもこの主人公は強いです。差別がどうのこうのじゃなく資料室という環境で働くのは嫌だと言うのです。自分は潜入捜査官になりたいのだと。どんだけ肝が座っているんでしょうか?入りたての新人がそんな無謀な意見を言えるものでしょうか?それに潜入捜査とは命の危険が伴います。日本では違法捜査扱いになってしまいます。日本で思い出しましたがこの国では黒人差別などしないのでいい国ですね。誇りに思います。

映画『ブラック・クランズマン』の
動画を無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス