アニメ映画

実写映画『美女と野獣』動画の無料フル視聴方法!字幕&吹替やキャスト

このページでは、映画『美女と野獣(実写版)』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『美女と野獣』といえば、1991年に公開されたディズニーの長編アニメーション作品が有名ですが、本作はその本家のディズニーが製作した完全リメイク実写版となっています。

主役のベルをエマ・ワトソンが演じたことでも話題になっていましたね。

最終的な興行収入は124億円となり、これまでに日本国内で公開されたミュージカル映画部門では、なんと歴代1位を記録した大ヒット映画です!

映画『美女と野獣』
動画を無料で見る

ディズニーデラックス

映画『美女と野獣』動画をDisney DELUXEで無料フル視聴する方法

\Disney DELUXEの無料お試し期間で/
\実写映画『美女と野獣』を無料視聴/

映画『美女と野獣』を
無料視聴
無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料作品でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 会員限定配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はDisney DELUXEホームページにてご確認ください。

映画『美女と野獣』の動画配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
Disney DELUXE なし 770円 31日間
U-NEXT × 385円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA × 350円 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 299円 500円〜 31日間

Disney DELUXEでしか見放題作品になっていない映画もたくさんあります!

そういった、他のサービスや使いやすさ、コンテンツの豊富さから考えても、Disney DELUXEでの視聴が最もおすすめです。

Disney DELUXEで視聴可能な関連作品

などなど

Disney DELUXEでは、ディズニーの作品が見放題!

https://tsuiokunomori.jp/disneydeluxe-lineup/

Disney DELUXEの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

Disney DELUXEの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

映画『美女と野獣』の映画情報

映画『美女と野獣(実写版)』あらすじ

ロココ時代のフランスが舞台です。

ある日、王子(ダン・スティーヴンス)が主催する舞踏会に一人の乞食が現れ「嵐で道に迷ったので、一晩だけお城に泊めて欲しい」と頼み込み、王子に一輪の薔薇を差し出しました。

しかし、この王子はひどく傲慢な性格の持ち主で、乞食を助けるどころか、その醜さを嘲笑い頼みを断ってしまいます。

しかし、実はこの乞食は魔女が変身した姿でした。魔女は王子と、その家来たちに呪いをかけてしまいます。

王子は醜い野獣に、そして家来たちはロウソクや時計、食器などの家具に姿を変えられてしまいました。

魔女は「薔薇の花びらが全て落ちるまでに、愛し愛されることを学ばなければ、呪いは永遠に解けない」と王子に告げ、人々から王子たちの記憶を消し去ってしまいました。

数年後、城の近くにあるヴィルヌーブ村では、ベル(エマ・ワトソン)という美しく聡明な女性が父親のモーリス(ケヴィン・クライン)ともに暮らしていました。

街の女性達が強い男性との結婚を夢見るなか、ベルは本のなかの物語に熱中し、自分自身で冒険に出ることを空想し胸を膨らますような女性でした。村の人々は、そんなベルを少し変わった目で見ていました。

そんなベルの外見の美しさだけに惹かれた、村の英雄ガストン(ルーク・エヴァンス)は、彼女に結婚を申し込みます。村の娘達はガストンとの結婚に憧れていますが、ベルはその野蛮さに嫌気がさし、あっさり求婚を断って追い出してしまいました。

その翌朝、オルゴール職人である父親のモーリスは、パリに商品を売りに出かけますが、その途中の森で道に迷ってしまいます。さらに狼の襲撃を受けたモーリスは命からがら逃げ回り、野獣がいるお城にたどり着きます。

城の中で休憩をしていましたが、喋るティーカップを見て、驚いて城から逃げました。その際に、娘のベルに薔薇をお土産に頼まれていたことを思い出して、庭にある一輪の薔薇を積んでしまいます。

しかし、そこで運悪く野獣に見つかってしまい、モーリスは城に監禁されてしまいました。

その頃、ベルが父親の帰りを待つ村には、モーリスの愛馬だけが戻ってきます。父親の危険を察知したベルは、そのまま愛馬に乗り、村を飛び出し城へと向かいました。

城にたどり着いたベルは、牢屋に入れられているモーリスと再会します。しかし、そこでも野獣が現れ、父親は薔薇を盗んだ罪で終身刑になったことをベルに伝えます。

ベルは、父親モーリスの代わりに、自分が牢屋に入ることを申し出ました。

野獣の家来で燭台に変えられたルミエールは、ベルが呪いを解くための女性に違いないと感じて、ベルを罪人ではなく客人として丁寧に迎えました。そして、牢獄から解放し、歓迎の晩餐会をベルのために開催しました。

晩餐会のあと、ベルは立ち入り禁止の西の塔を訪れます。そこで魔女から与えられた一輪の薔薇を発見します。勝手に部屋に入ったことが野獣に見つかってしまいます。

乱暴に部屋から追い出されたベルは、野獣の横暴な態度にうんざりして、城から飛び出してしまいました。

しかし、森の中で狼に見つかり襲われそうになります。そこでベルを助けたのは、追いかけてきた野獣でした。

自分をかばうことで傷をおった野獣を見て、ベルは逃げるのをやめて一緒に城に帰ります。

それから、ベルは野獣が傲慢な性格にならざるを得なかった過去を家来から教えられます。

自分と野獣の境遇に重なる部分を見つけたベルは、次第に野獣に興味を持つようになり、野獣も自分の姿形ではなく内面を見ようとしてくれるベルに惹かれていきます。

お互いがお互いを知ろうと距離を縮めているなか、村では娘を奪われたモーリスが村人達に野獣を襲撃するように頼み込んでおり、ベルとの結婚を諦めていないガストンが名乗りをあげます。

城で愛を育むふたりに、刻一刻と武装した村人達が近づいてきます。

…このあと、薔薇の花びらが落ちる前に野獣達は魔法を解くことができるのでしょうか?

…そしてベルと野獣は本当の愛を見つけることができるのでしょうか?

不屈の名作を完全実写化した本作を、ぜひとも最後までお楽しみください!

映画『美女と野獣』キャスト・出演者

  • ベル:エマ・ワトソン
  • 野獣:ダン・スティーヴンス
  • ガストン:ルーク・エヴァンス
  • モーリス:ケヴィン・クライン
  • ル・フウ:ジョシュ・ギャッド
  • ルミエール(燭台):ユアン・マクレガー
  • コグスワース(時計):イアン・マッケラン

主人公のベルは『ハリーポッター』シリーズで一躍有名となったエマ・ワトソンが大抜てきされました。聡明な雰囲気が、これまで築かれてきたベル像とぴったりです。

『美女と野獣』は、ミュージカル映画でもあり、代表曲となる「美女と野獣」、「ひとりぼっちの晩餐会」など、その豊かなミュージック・ナンバーでも人気を博しています。

本作品でも、人気の代表作は残りつつ、かつ新しい楽曲も盛り込まれているので、アニメーションファンにも舞台ミュージカルファンにも必見の作品となっています!

映画『美女と野獣』スタッフ

監督

ビル・コンドン

脚本

スティーヴン・チョボスキー
エヴァン・スピリオトポウロス

製作

デヴィッド・ホバーマン
トッド・リーバーマン

音楽

アラン・メンケン

興行収入

124億円

映画『美女と野獣』感想や口コミ

女性
女性
美女と野獣はディズニー作品の中で一番大好きなお話です。
アニメでは何度も見ていて実写版は最近になってようやく見たのですが、あまりのクオリティの高さに驚きました。
衣装や演出がアニメと一緒ですごいと思ったし、なによりベル役のエマ・ワトソ\ンさんがあまりにしっくりとハマっていて、本当にベルが実在しているかのようでした。
歌も上手いし、演技も完璧で、初めて鑑賞した時はただただベルばかり見ていたような気がします。
一番大好きなシーンはやはりダンスのシーンです。黄色いドレスを纏ったベルは本当に綺麗だったし、野獣と心通わせるシーンは何度見ても心打たれます。
演出が最初から最後まですごく凝っていて素敵なシーンが満載です。アニメで何度も見ている方も多いと思いますが実写版もかなりおすすめです。アニメとはまた違った美女と野獣の世界を堪能してほしいです。
女性
女性
主人公のベルを演じたエマ・ワトソンがとてもはまり役だったと思いました。ベルのイメージにぴったりでした。街で暮らしていた時代は、冒険を夢見ながらも素朴に暮らしていた女性でしたが、野獣と出会い、最初は恐れながらもどんどん野獣を愛するようになっていくという移り変わりをとても素晴らしい演技で表現されていました。街でガストンに迫られていたときは、ガストンに対して嫌悪感を抱いていたこともあり、強い女性のように思えましたが、野獣を愛するようになってからは、とても女性らしく愛情あふれた女性になっていったように見えました。ベルと野獣がダンスを踊るシーンは特に印象的で、ずっと観ていたくなるほど美しいシーンでした。
女性
女性
正直すべてのシーンがオススメで選べないくらい素敵な映画でした。はじめから素敵な歌とダンスで魅了されました。その中でも好きなシーンは、ベルが野獣と心を通わせていくシーンです。召使たちがベルを可愛がって、野獣ももうベルを閉じ込めることなく本を読んだりして、楽しく過ごしているシーンが可愛かったです。そして、本を見て過去を旅して、父親の元へ帰りたいといったときに、いいよと帰そうとする野獣の優しい顔にきゅんとしました。ガストンがお城に攻めに行って、どうなるかと思いましたが格闘シーンの迫力もすごかったし、何と言っても野獣が王子に戻る瞬間の美しさは言葉では表せないほどでした。家具になっていたみんなも人間に戻って、家族と再会できたときは涙がとまりませんでした。
女性
女性
人気のディズニーが遂に実写化され、ベルに選ばれたのはハリーポッターシリーズでお馴染みのエマ・ワトソンです。
私のオススメのシーンは、3つあります。
1、朝の風景
ミュージカル風になっており、エマ・ワトソンが実際に歌っています。このためにボイトレを数か月も行ったとか!
テンポよく、題名通りすがすがしい気持ちで見る事ができます。
小さい村に生まれてしまったから、「変わり者」扱いされてしまうベルに同情してしまいました。
2、ひとりぼっちの晩餐会
道具にされてしまった召使いたちが、歌い踊るシーン。
こちらもミュージカルになっており、歌って踊るシーンです。人間ではなく、道具たちがパフォーマンスしているところがとてもキュートです。
3、ベルと野獣のダンスシーン
なんといっても、エマ・ワトソンの美しさ、映像の美しさがこれでもかと表現されています。
ベルの黄色いドレスが映えます。
魔女に言われた「外見に騙されてはいけない。美は内面に宿るのだから」という言葉が思い出されるようなシーン。

アニメを実写化するとどうしても「残念」な感じになりがちですが、美女と野獣は期待を裏切らない!オススメの映画です。

女性
女性
ディズニーアニメの「美女と野獣」なら何十回も観ていたのですが、実写版は初めて見ました。内容が少しアニメと違う部分がありましたが、およその筋書きはアニメと一緒で、それぞれのキャラクターの雰囲気もキャストにぴったり合っていました。特にベルを演じるエマ・ワトソンはとても素敵です!映画の中で、エマ・ワトソンの美しさも見どころの一つです。とても綺麗な声で歌もうまいです。決して裕福な家庭ではないので地味な暮らしをしていますが、父を探しに野獣の城に行くと、そこで素敵なドレスを着るようになります。エマ・ワトソンのドレス姿がとても美しく、特に名シーンのベルと野獣がダンスホールで踊るシーンのエマは、息を飲むほど美しいです。アニメでもベルは黄色のドレスを身につけていますが、映画でも同じでとても忠実に再現しています。アニメ版のベルも素敵ですが、実写版でエマ演じるベルも素敵です。実写版でも好きなシーンがたくさんありますが、特に好きなのはベルと野獣がだんだん仲良くなっていくところです。ベルは野獣を憎んでいたはずですが、彼の優しさに触れ、一緒に本を読んだり食事したりと、ベルの方からも距離を縮めていくんですよね。二人で踊るシーンも幻想的で、とてもロマンチックでした。
女性
女性
アニメ版から大幅にスケールアップして、より豪奢で華やかになったスクリーンからずっと目が離せませんでした。
この映画ではCG等の技術の進化にただただ圧倒されます。
お城の使用人たちは、より細やかな装飾が施され、生身の人間と同じようになめらかに動きます。ひとりぼっちの晩餐会のシーンや、ベルのドレスが作られるシーンではその美しさが遺憾なく発揮されていて、とても目を惹かれました。
でも、それ以上に惹かれたのは主演のエマ・ワトソンです。
ベルはアニメ版が制作された当時のディズニープリンセスの中では珍しい、かなり独立した女性でどちらかと言えば現代のプリンセスに近い人だと思うのですが、エマはそんなベルの女性らしい美しさもありつつ、気が強くて少し頑固なところを見事に演じていて、ハリーポッターシリーズのハーマイオニーを演じていた彼女しか知らなかった私はとても驚きました。
物語序盤、家に訪ねてきたガストンが帰った後、彼に対して嫌悪感をあらわにするシーンではアニメ版以上に嫌そうな顔や声をしているのがお気に入りです。初めて聞いたエマの澄んだ歌声にも驚かされました。
実写映画オリジナルのシーンや楽曲もあって、ストーリーを知っていても新しい気持ちで楽しむことが出来ました。

映画『美女と野獣』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はDisney DELUXEホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス