アニメ映画

アニメ映画『美女と野獣』高画質動画を無料フル視聴!あらすじやディズニー声優キャスト

このページでは、映画『美女と野獣』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『美女と野獣』といえば、フランスに伝わる民話『美女と野獣』を元に1991年に、制作された長編アニメーション映画作品です。ちなみに、日本で公開されたのは公開された1年後の1992年です。

また、続編にあたる映画『美女と野獣 ベルの素敵なプレゼント』と映画『美女と野獣 ベルのファンタジーワールド』も公開されています。

ディズニーデラックス

映画『美女と野獣』動画を無料でフル視聴する方法

\アニメ映画『美女と野獣』は/\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料で動画視聴

無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『美女と野獣』動画配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA × 300円/3日 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円 500円〜 31日間
Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『美女と野獣』の映画情報

映画『美女と野獣』あらすじ

昔々、森の奥のお城にそれはそれは美しい王子様が住んでいました。

しかし、その王子様はとっても我儘で傲慢な性格をしていました。そんな王子様の元にある日、老いぼれた醜いお婆さんがやって来て、一輪のバラを宿代として

「泊めてはくれないか」

と頼んできました。しかし、王子様は「お婆さんが醜いから」という理由でその頼みを断ってしまいます。

それを聞いたお婆さんは「見た目だけで人を判断していると、心の奥底の真実が見えなくなってしまうよ」と王子様に忠告をしました。

しかし、王子様は聞く耳を持たずに再びお婆さんを追い返してしまいました。

すると、その瞬間、醜いお婆さんは本来の姿に戻り、《美しい心を持たないで、人のことを見た目だけで判断する王子様》と《王子様をそのように育てた召し使いたち》、更には《城全体》に魔法をかけました。

すると、《王子様》は恐ろしい野獣の姿に、《召し使いたち》は家財道具の姿になってしまいました。そう、醜いお婆さんは実はとっても『美しい魔女』だったのです。

そして、魔女はどんなものでも映し出す鏡と、最初に見せた一輪のバラだけを置いて姿を消してしまいました。

「そのバラの花びらが全て散ってしまう前までに、王子が心から人を愛し、その人に愛される。

言わば、『真実の愛』というものを見つけなければ、王子たちにかけられてしまった魔法が解けることは絶対にない。」

王子様は自分の醜い姿を恥じてずっと城の中にこもり、絶望と失意のうちに十年という長い時間が過ぎていました。

とある街に、街で1番の美貌を持っている『ベル』という若い女性が住んでいました。彼女は空想と読書が大好きで、お父さん思いの優しい娘でした。

ベルはそんな夢見がちな自分の性格を「風変わり」だと思っている街の人達とも馴染めずにいました。

さらに、街で1番イケメンだと騒がれ、人気者だが「乱暴で」「下品な」一言で言えば「ナルシスト」なガストンから求婚され、苦労していました。

そんなある日、ベルの父親が発明会に出かけました。しかし、まだそんなに時間も経っていないのに、愛馬が父親を乗せていない状態で戻ってきたのを見てベルは

「お父様になんかあったんだわ」

と思い、愛馬と共に父とはぐれたお城(王子様が住んでいるお城)へとやってきました。

その頃、父は森で道に迷った上に狼たちに襲われて愛馬とはぐれてしまい、辿り着いたお城で一夜の宿を頼むました。

すると、それを見かねた元召し使いの『ルミエール』と『ポット夫人』は彼をもてなそうとしてくれました。

しかし、お城に咲いているバラを1輪無断で折ってしまい、怒ったお城の野獣に捕らえられてしまい、牢獄に繋がれていました。

そんな父の姿を見たベルは「お父様を解放する代わりに、私がお城に残るわ」と自ら野獣に申し出ました。

野獣はそれを受け入れベルをお城に残しました。そして、父を解放し、ベルの申し出に対してまだ反対している父を強引に街へと追い返しました。

そして、自分で申し出た事だとはいえ、ベルはお城に残ることに対して凄く怯え、嫌がっていました。

そんなベルを励まそうと、ポット夫人やルミエール、『コグスワース』など召し使たちは快く受け入れ、とっても丁寧に持てなしてくれました。

そして、ベルは次第に元気を取り戻し、自らお城の生活に馴染もうと努力しました。しかし、礼儀知らずで、我儘で、傲慢な野獣の乱暴な振る舞いに愛想を尽かしてしまい、お城を飛び出してしまいます。

その後、吹雪の中で野生の狼に襲われてしまいそうになってしまいますが、ギリギリの所で駆けつけてきた野獣に救われ、そのことをきっかけに、ベルは醜く乱暴な野獣の心の中にも、

「誰も気づいていない優しさがある」

という事に気づきました。また、野獣もベルの優しさに触れて、お互いに心を通わせるようなっていきました。

そして、長い間をともに過ごしていく中で、野獣は徐々に人間の心を取り戻していきながら、ベルに対して想いを寄せるようにもなっていきました。

また、ベルも野獣と同じように、徐々に野獣に惹かれていきました。

しかし、二人の前に町から人々が化け物を退治しようと、武器を持ってやってきます。。。。

果たして、ベルと野獣は結ばれる運命なのでしょうか?

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『美女と野獣』キャスト・出演者

  • ベル:ペイジ・オハラ/伊東恵里
  • 野獣(ビースト):ロビー・ベンソン/山寺宏一
  • ガストン:リチャード・ホワイト/松本宰二
  • ルミエール:ジェリー・オーバック/江原正士/歌:若江準威知
  • コグスワース:デヴィッド・オグデン・スティアーズ/熊倉一雄
  • ナレーター:デヴィッド・オグデン・スティアーズ/鈴木瑞穂
  • ポット夫人:アンジェラ・ランズベリー/福田公子/歌:ポプラ
  • チップ:ブラッドリー・ピアース/山口淳史
  • モーリス:レックス・エヴァーハート/あずさ欣平
  • ル・フウ:ジェシー・コーティ/中丸新将

『美女と野獣』はいつの時代でも男女問わず人気の高いお話ですよね。そんな『美女と野獣』は、数多くの国で映画が制作され、公開されています。その中でも今回紹介するのは、みんなに1番馴染みのある『美女と野獣』です。

是非、子供の頃の気持ちを思い出しながら映画『美女と野獣』を見てみてください!

映画『美女と野獣』スタッフ

監督

ゲーリー・トゥルースデイル
カーク・ワイズ

音楽

アラン・メンケン

脚本

リンダ・ウールヴァートン

製作

ドン・ハーン

興行収入

$377,350,553

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『美女と野獣』感想や評判

男性
男性
「美女と野獣」主人公のベルは聡明で常識にとらわれず夢を見ているところに魅力を感じました。ベル自身がとても魅力的であり、周囲に流されない様子から、村娘でありながら一味違うものを感じます。そしてはっきりとした性格や行動力のある彼女はとても強い女性に見えます。そんな彼女が夢を見ていることによって村では浮いていますが、その夢をかなえそうな雰囲気も漂っています。しかしそんな彼女にも悩みがあります。それは周囲から「変わっている」と言われたり、友達と呼ぶことのできる相手もいないこと。
ベルは人を見る時、外見ではなく中身で判断します。そのため村の人たちは平凡に見えていたのでしょう。
野獣の城へ迷い込んだ父を探しに行き、父親の代わりに野獣の捕まることを選んだベル。彼女は変わり者かもしれませんが、とても情が深く勇気ある女性だとわかる瞬間でした。
そして彼女の魅力は野獣の城で発揮されます。出会ったときは外見も性格も恐ろしかった野獣に、自分の意思をはっきりと伝え臆することなく挑む姿勢は一見怖いもの知らずにも見えます。しかし、心優しいベルが涙を流すときには女性らしさも感じられ、男性の心を虜にするのも理解できます。
そして彼女と恋に落ちることに野獣ですが、登場シーンでは恐怖を体現したようなキャラでした。特にベルの父親をとらえるシーンでは、人間味というものはありませんでした。そんな野獣ですがベルと出会うことで少しずつ変わっていきます。そしてベルに拒絶されているときには傷つき悲しんでいるようにも見え、孤独な雰囲気に胸が痛くなりました。
私が1番好きなシーンはベルと野獣が2人で雪の積もった庭に出ているシーンです。「愛の芽生え」という曲が挿入されているのですが、2人の心情の変化がわかりこれから2人の幸せが始まるような感じがします。また野獣の冷めきった心をベルが溶かしたように思い、雪がいろいろな想像をさせてくれました。
2人の紆余曲折の恋愛模様は深い愛を作り出しているのだと、何度見ても泣ける名作です。
女性
女性
『美女と野獣』の主人公・ベルは本を読むことが大好きで、少し夢見がちな性格をしています。そんなだから町の人たちからは変わった子、という評価を受けているのですがベルはお構いなし。それが冒頭シーンの『朝の風景』で表現されています。これがまた楽しい曲で、ちょっと危ないのですがベルが歩きながら本を読みつつ、間違いなしです。いや、歩き読書は良くないんですけどね。
『美女と野獣』はこういった劇中歌がすべて素晴らしく、その一つ一つが印象深いです。私が好きなのはやはりベルと城の仲間による晩餐シーン、『ひとりぼっちの晩餐会/Be Our Guest』です。柱時計やティーポッド、ろうそくなどの城の備品を人に見立ててキャラクター化しているだけでも発想が素晴らしいと感じるのに、そのキャラクターたちが歌い、踊りながら晩餐会の用意をしている様子は一緒に踊りだしたくなるほど素敵です。
一方野獣は、呪いが解ける条件である「真実の愛」をすっかりあきらめてしまっているので、初めは「反抗期か?」と思うぐらいベルに対してツンツンしているのですが、その態度がどんどん軟化していく様子は甘酸っぱくてにっこりしてしまいました。
女性
女性
ディズニー映画の中でこれほど愛を描いた作品は他にないと思います。誰もが恐れる野獣が本当は心優しい人だと気づき、一緒に過ごして行くうちに自然と惹かれて行くという王道のラブストーリーがすごくよかったと思います。最初はベルに対しても威圧的な態度だった野獣が、ベルにたくさんの本をプレゼントしたり、雪の積もる庭で小鳥と戯れている姿は、ベルと出会うまでは絶対見られない姿だったのだと思います。野獣が優しく変わっていく様子がとても素敵でした。そして、なんといっても2人だけの舞踏会のシーンはディズニー映画史上でもトップに入る名シーンです。この時のシーンは本当に美しく、幸せしかない時間でした。ずっとこの幸せが続いて欲しいと思わせられる一時でした。本当の美しさは見た目ではなく心なのだと教えてくれる名映画です。
女性
女性
プリンセスシリーズのでも一番好きです何回見ても不思議と飽きず、ストーリーがミュージカルの要素があって歌で話が進んでいく展開が好きです。
中でもベルが野獣に囚われて一人で食事をするシーンで魔法によって時計やローソクに替えられたお城の使いの人たちがディナーショーの様に歌って踊る場面を気に入っています。曲がビー・アワ・ゲストで歌詞とセリフとして「ようこそ 大事なだお客様 」と歌い始めると何回聞いてもワクワクする。
そしてなんといっても絵が洋風な為家具のキャラクターがかわいい
ダントツでポット婦人とティーカップの子供のセットが家の飾りとしても置いています。
ハッピーエンドの時に男の子が「僕はまだ食器棚でねるの?」がとても可愛らしく記憶に残りました。
女性
女性
ベルと、野獣が心から惹かれるストーリーが好きです。一般的にモテてるガストンには、興味を持たず、コンプレックスを抱いてひっそり暮らしている野獣に対して心を寄せていくベルの姿が素敵です。城を一人で飛び出したベルが、森の中で狼に襲われ野獣が助けるシーンでは野獣の逞しさを感じます。その後二人で城に戻り、ベルが傷の手当てをし謝る。それに対して野獣が「いいんだ」と言うセリフが大好きで印象的です。その時から2人が急接近していきます。それまでは、素直になれない2人にもどかしさを感じましたが、心の距離が近づいたらお互いに意見をぶつけ合い、相手の気持ちに気付きより強い関係となる2人の姿に憧れます。勿論、城のスタッフであるポット婦人達の歌やダンスも魅了されます。一緒に歌いたくなります。
女性
女性
様々な壁にも打ち勝っていく純粋な愛で、心がとても温かくなるストーリー、日々の生活で薄汚れた気持ちを全て綺麗にしてくれるようなおすすめの作品です。ベルを無理やり捕らえ、横暴で心無い言葉ばかりを浴びせる野獣が次第にベルと心通わせ、ベルの願いを叶えるため城から解放するシーンは特に視聴者の心を惹き付けます。野獣を変えたベルの優しい心がとても温かい気持ちにさせてくれると同時に、野獣のベルのことを思い、自分を犠牲にしようとする行動にとても心が締め付けられます。また、なぜベルを解放してしまったのかというお城の家来たちからの質問に、野獣が「しかたなかった、愛しているから」というたった一言のセリフがとても切なくはありますが、野獣の心の成長には感慨深いものがあります。現実からはなれ、ただただ純粋な愛の力に癒され、心温まるストーリ、優しい気持ちを教えてくれる作品です。
女性
女性
美女と野獣は、私がディズニーアニメの中で一番好きな作品です。街一番の美女なのに読書ばしまうのですかりしているベルが、朝のパリで歌い始めます。あまりにこのシーンが好きなので、よく私も真似して歌っていました。最初はベルだけが歌っているのですが、だんだん街の人たちも加わってきて大合唱になります。歌を聴いていると、ベルは本が好きで風変わりな子、ガストンがベルをお嫁さんにしたがっていることが分かります。また、ベルはなんとなく自分の生活に物足りなさを感じていて、本の中の出来事のように素敵な人との出会いや、素晴らしい冒険を夢見ているような気がしました。そんな矢先に父が行方不明になり、野獣のいる城に入ってしまい、本当にスリルある冒険になるのですが…。見どころの一つはやはり、ベルと野獣が躍るシーンです。二人が躍っている時、「美女と野獣」のテーマソングがかかるのですが、その歌と舞踏会のシーンがよくマッチしていて素晴らしいのです!野獣が住んでいる城も本当に豪華で、ダンスホールの天井も高くて天使の壁画もうっとりしてしまいます。お城の神聖な雰囲気も大好きです。ベルが着ている黄色のドレスもとても素敵で、目を奪われてしまいます。もう一つの見どころは最後、野獣が王子に姿を変えるシーンです。ベルもびっくりしていて、王子に戻った姿でベルと向かい合うシーンは、とても感動して泣きました。
女性
女性
音楽とともに歌い出して踊り出したくなるような素敵な始まりでした。
ベル役のエマ・ワトソンさんが本当に美しくてこの役にぴったりだと思います。
ベルは少し変わっているけれど心が豊かで、そんなところに現れたガストンの申し出をすっと断るところがかっこいいと思いました。
そして野獣との出会い、お父さんが薔薇を盗んだのはダメだけどそんなに怒ることかな?と少し思ってしまいました。閉じ込めると言いながら自由に過ごして、野獣と心を通わせていく様子は素敵でした。
そして、食器たちのアシストもすごくて、可愛くて、でも魔法の真相をベルには伝えないところが素敵な人たちだと思いました。もう薔薇が散ってしまいそうで、ああ、もうダメかと思ったけれどキスをして身体がパーっと浮いた時、涙が出てきました。素敵な王子様がそこにはいて、ベルが王子様だと知らずに野獣を好きになったと考えるとそれは本当に真実の愛なのだろうと思いました。
そして、食器や家具にされていた人たちも人間に戻って、感動の再会を皆んながしているシーンではもう涙が止まりませんでした。全部が素敵なシーンで音楽も良くて、楽しく観られる映画です。
音楽もすごく素敵なので、観終わってからも余韻でサウンドトラックをずっと聞いていしまうほど心に残る映画です。
女性
女性
ディズニープリンセスはみんな大好きなのですが、特にベルは心惹かれるキャラクターです。美しくて思慮深く、しっかり自分というものを持っている彼女に、とても憧れます。本を愛し、父を大切に思うベルは、本当に優しくて素晴らしい女性です。ガストンはベルの美しさに惚れ込んで求婚していましたが、彼女の魅力はそこだけではないのに、と思わずにいられません。ベルの内面を理解して愛するようになった野獣の方が、よほど見る目があります。それだけ、ベルとのやり取りを通して、野獣の心が救われた面もあると思います。孤独と絶望を抱え、捻くれてしまった野獣が、だんだん穏やかになっていく様子には心打たれるものがありました。一緒に食事をし、会話をし、お互いのことを知るほどに信頼関係が生まれていく展開は、見ていて幸せな気持ちになれます。出会った頃は恐ろしいだけだった野獣が、ベルのことを思いやるまでに心の成長をみせたからこそ、二人の間に奇跡が起きたのだと思います。ガストンのように、人の表面だけに捉われていては、本当の愛を知ることは出来ないのだな、と感じました。末永く幸せに暮らしましたとさ、という一文にふさわしい、王子様とお姫様の物語だと思います。

【ディズニープラスなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
ディズニー・ピクサー・マーベルの高画質動画が見放題!

映画『美女と野獣』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス