洋画

映画『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじ

このページでは、映画『バットマンvsスーパーマン』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\31日お試しで動画無料/ 映画『バットマンvsスーパーマン』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマンvsスーパーマン』はアメリカDCコミックスのキャラクターが登場するDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)作品です。

ディズニーデラックス

映画『バットマンvsスーパーマン』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『バットマンvsスーパーマン』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『バットマンvsスーパーマン』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu なし 932円 2週間
TSUTAYA TV × 300円/2日 932円 30日間
dTV × 300円~/2日 550円 31日間
TELASA × 200円/2日 572円 30日間
Netflix なし 800円〜 なし
Amazonプライム × 199円/2日 500円〜 30日間

\31日お試しで動画無料/ 映画『バットマンvsスーパーマン』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

動画で視聴可能なDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)作品

映画『ハーレイクインの華麗なる覚醒』エンドロールクレジット後おまけ映像は?続編や評価感想まとめ2020年3月20日から、DCコミックスの人気ヴィラン(悪役)キャラクターの一人であるハーレイ・クインが主人公となった映画『ハーレイ・ク...

動画で視聴可能なDC映画作品

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日お試しで動画無料/ 映画『バットマンvsスーパーマン』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマンvsスーパーマン』の映画情報

映画『バットマンvsスーパーマン』あらすじ

スーパーマン/クラーク・ケント役は前作から引き続きヘンリー・カヴィル、恋人のロイス・レイン役をエイミー・アダムス、養母マーサ・ケント役をダイアン・レイン、デイリー・プラネット新聞社の編集長役をローレンス・フィッシュバーンが演じています。

初登場となるのはバットマン/ブルース・ウェイン役のベン・アフレック、ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス役のガル・ガドット、ウェイン家の執事アルフレッド・ペニーワース役のジェレミー・アイアンズなどです。
また、続編で本格的に活躍するフラッシュ(エズラ・ミラー)、アクアマン(ジェイソン・モモア)、サイボーグ(レイ・フィッシャー)が少しだけ登場します。

前作『マン・オブ・スティール』の最後、人類滅亡を企むゾッド将軍とスーパーマンの死闘から物語は始まります。

あまりに強大なパワーを持つ2人の戦いでメトロポリスは甚大な被害を受けました。
そして人類にはどうすることもできないと思われるそのパワーを危険だと考える人が出てきます。上院のジューン・フィンチ議員(ホリー・ハンター)はスーパーマンにその責任を問うべきだと主張します。

一方、先の市街戦で自社のビルに被害を受け、多数の社員を失ったバットマン/ブルース・ウェインもスーパーマンを人間にとって脅威であると考えていました。ブルースはスーパーマンを敵視している悪の天才科学者、レックス・コープ社長レックス・ルーサーのパーティーに潜入してコンピューターからデータを手に入れます。そしてクリプトン人を弱体化する石であるクリプトナイトを盗み出してそれを組み込んだ武器を作り、対スーパーマンに備えます。

レックスはスーパーマンの恋人ロイス・レインを利用して彼をおびき出し、養母であるマーサ・ケントを誘拐したことを告げ、彼女の命と引き換えにバットマンと戦うことを強要します。そしてバットマンとスーパーマンはお互いを誤解したまま戦いを始めてしまいます・・・

監督は前作と続編も手掛けるザック・スナイダーが務めています。特殊効果を巧みに使い、ありえないシーンにリアリティーを持たせる映像作りに定評のある監督です。この人なしではDCEU作品は創り出せなかったでしょう。興行収入は8億7300万ドルを記録、製作費等の費用を考慮すると約1億500万ドルの利益となりました。

2016年3月に公開された今作はDCEUの2作目で1作目はスーパーマンが活躍する『マン・オブ・スティール』、続編は超人が勢ぞろいする『ジャスティス・リーグ』へと続きます。

個人的にはワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス役のガル・ガドットがいいアクションを見せているので注目してほしいのですが、あくまで主役はバットマンとスーパーマンなので二人の戦闘シーンがおススメです!

神ともいえる力を持つスーパーマンとスーツの下は普通の人間であるバットマンは白熱したバトルを繰り広げます。また、上述した通り続編で本格的に登場するメタヒューマン(人間を越えた能力を持つ超人)のフラッシュ、アクアマン、サイボーグのチラ見せシーンもおススメです。続編も期待したいと思われた方は注目しておくと面白いですよ。

\31日お試しで動画無料/ 映画『バットマンvsスーパーマン』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマンvsスーパーマン』キャスト・出演者

  • バットマン/ブルース・ウェイン:ベン・アフレック
  • スーパーマン/クラーク・ケント:ヘンリー・カヴィル
  • ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンス:ガル・ガドット
  • レックス・ルーサー:ジェシー・アイゼンバーグ
  • ロイス・レイン:エイミー・アダムス
  • ペリー・ホワイト:ローレンス・フィッシュバーン
  • ジューン・フィンチ:ホリー・ハンター
  • マーサ・ケント:ダイアン・レイン
  • アルフレッド・ペニーワース:ジェレミー・アイアンズ

主人公の一人バットマンを演じるベン・アフレックは俳優だけでなく、脚本家、監督、プロデューサーとしても有名です。1998年『グッドウィル・ハンティング / 旅立ち』でマット・デイモンと共同で執筆した脚本でアカデミー脚本賞を受賞しています。二人は映画にも出演して一気に知名度をあげました。

今作で初登場するキャラクターの一人、ワンダーウーマン/ダイアナ・プリンスを演じたガル・ガドットはイスラエル出身です。

イスラエルは兵役義務がある国で、彼女は2年間、国防軍で戦闘トレーナーをした経歴があります。今回、その経験が大いに役に立ったと語っています。2004年のミス・イスラエルで、2009年の『ワイルド・スピード MAX』で映画デビューし、今作で注目された彼女は2017年に『ワンダーウーマン』で初主演を果たし、続編も予定されています。

映画『バットマンvsスーパーマン』スタッフ

監督

ザック・スナイダー

脚本

クリス・テリオ
デヴィッド・S・ゴイヤー

音楽

ハンス・ジマー
ジャンキーXL

撮影

ラリー・フォン

編集

デヴィッド・ブレナー

製作

チャールズ・ローヴェン
デボラ・スナイダー

原案

ザック・スナイダー
デヴィッド・S・ゴイヤー

\31日お試しで動画無料/ 映画『バットマンvsスーパーマン』
動画を無料で見る

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマンvsスーパーマン』感想や口コミ評価

女性
女性
どうして正義の味方同士が戦わなければならないの? と不思議でならなかったのが映画『バットマンvsスーパーマン』です。それのみならずワンダーウーマンも出てきますし、DCコミックスやマーベルがそれぞれ作っている各作品の登場人物たちを一堂に会した映画はアメコミ初心者の私には何が何だか訳が分からない部分がものすごく多いです。それでも、分からないながらも結構面白く見てしまうのが何ともはや……。映画『バットマンvsスーパーマン』は二人とも、私が覚えているのとは違うコスチュームを身にまとっています。バットマンは理由があるようですが、スーパーマンは今ふうに変化させたのでしょうか? 昔、ちょっとはスーパーマンを見たことがあるのですが、彼が地球人ではなくクリプトン人だということは全く知りませんでした。だから空を飛べたり目からビームを出したりできるのですね。ベン・アフレックによるバットマンもヘンリー・カヴィルによるスーパーマンも、どちらも役によく合っていたと思います。映画『バットマンvsスーパーマン』はローレンス・フィッシュバーンとホリー・ハンターが出演しているのが嬉しかったです。けれど、それを上回る嬉しさがあったのはアルフレッド役のジェレミー・アイアンズでした。あのダンディさには良い年をして、ときめきを覚えました。映画『バットマンvsスーパーマン』でスーパーマンは殺されてしまいます。彼が今後、生き返ることはあるのか……私は復活を遂げてほしいと願います。なぜならクラーク・ケントは「スーパー」マンなのですから。
男性
男性
まっさらの善、明るい世界での正義のヒーローと言えばこの人、スーパーマンです。対しては、ダークナイトシリーズでダークナイトとも呼ばれた闇の世界での正義のヒーローバットマンです。元から能力を持っているスーパーマンに対してハイテク技術を要するも元は一般の人間バットマンと言う対比も面白味の一つです。その二人が対決することになるなんて想像もしていなかったので、タイトルだけですぐに見たくなった作品です。ストーリーとしてもスーパーマンの能力を世界的に危険視する事で、スーパーマンが悪役になってしまうのも斬新で面白かったです。シーンとしては二人が相対するアクションシーンが圧巻の一言でした。スーパーマンは圧倒的な力でバットマンを吹き飛ばすわ、投げ飛ばすわで強すぎて引くくらいでした。まあただの人間にスーパーマンが本気出したら勝てる訳がないのです。その中でも起死回生を狙うバットマンに次第に情が沸き、応援したくなりました。なんとかスーパーマンを止めて本当の黒幕との対決です。そこでワンダーウーマンが出てきたのも衝撃でした。ワンダーウーマンが強いし、美しいし、かっこいいしで、スーパーマン、バットマンより存在があり、少ない出演でも一気に虜になってしまいました。ワンダーウーマンの映画が一気に見たくなりました。
男性
男性
映画『バットマンvsスーパーマン』では、人間であるバットマンと宇宙人であるスーパーマンが戦う設定が最大の見どころになっています。バットマンは億万長者である青年が科学の粋を集めて、車や戦闘服を準備しています。スーパーマンは自分が生まれた惑星では普通の能力ですが、地球では空を飛ぶことや銃弾を跳ね返す能力として生かすことができます。どちらも地球を守る目的のヒーローですが、スーパーマンは敵を倒すために街を破壊してしますため、一般人からは孤立してしまいます。一方バットマンも荒れた町を救うために、町のボスとの戦いを繰り広げています。その両者が平和を守るために戦うことになるのは皮肉だともいえます。映画『バットマンvsスーパーマン』の中で、戦うシーンはスーパーマンとの圧倒的能力の差を見せつけられます。殴られるとバットマンはビルにたたきつけられます。モビールスーツを着ていなければ一般の人では息絶えてしまいます。当然勝ち目はありませんが、スーパーマンの唯一の弱点であるクリプトン星の成分により力が弱まります。この映画では両者の戦いだけではなく、巨大な力を持つ生物が登場します。映画『バットマンvsスーパーマン』最後は別のヒーロー(ヒロイン)も登場するので目が離せません。
男性
男性
まず、映画『バットマンvsスーパーマン』見る際は、スーパーマンの「マン・オブ・スティール」を見て、バットマンについても少し知っておかないとストーリーついていくのが、厳しい作品になっております。もっと言えば、ワンダーウーマンについても少し知っているればベストです。自分は、ワンダーウーマンを知らなかったので、終始なんだあの人物は?という違和感がありました。映画『バットマンvsスーパーマン』の見どころとしては、空を飛べる、銃弾が効かない、目からレーザーが出る超人のスーパーマンに普通の人間であるバットマンがいかにして、対等に戦っていくのかというところになります。普通に考えれば、兵器も効かないスーパーマンに勝てる術はないのですが、バットマンが財力と執念でスーパーマンの弱体化させる方法を編み出したことで、物語が一気に予測できなくなり、途中から一変してハラハラする展開で見応えがありました。映画『バットマンvsスーパーマン』の終盤は、ワンダーウーマンも含めたスーパーマンとの攻防や最終的に出てくる悪役との攻防は、より迫力が増し、夢中で見てしまいました。映画『バットマンvsスーパーマン』で一番衝撃的だったのは、スーパーマンがまさかの死んでしまう事態に、この先大丈夫か?という不安がありましたが、映画の最後にスーパーマンに対して何かを示唆するシーンがあったので、生きていることを期待して続編を待ちます。
男性
男性
映画『バットマンvsスーパーマン』は、贅沢にも、アメリカンヒーローの代表的な存在である、バットマンとスーパーマンが登場する映画です。バットマン役をベン・アフレック、スーパーマン役をヘンリー・カヴィルが演じています。映画『バットマンvsスーパーマン』のあらすじは、レックス・ルーサーがバットマンとスーパーマンを戦わせようと画策するところから始まります。スーパーマンが異星人であるため、バットマンはレックスの思惑通りに戦います。レックスはクリプトナイトを使用して、ドゥームズデイという怪物を作り、スーパーマンが相討ちになり、ワンダーウーマンとバットマンが手を組みスーパーマンと戦うというものです。随所にコンピューターグラフィックスが使用されていて、完成度の高い映像が魅力です。この映画『バットマンvsスーパーマン』は、あらかじめバットマンとスーパーマンを見てから、試聴するとより楽しめると思います。
女性
女性
映画『バットマンvsスーパーマン』は、前作、マンオブスティール同様にダークな雰囲気が終始漂っていました。スーパーマンとバットマン、二大ヒーローの対決とタイトルに掲げていますが内容的には前作に続いて彼らの内面の葛藤が強く描かれています。彼らが何を思って活動をしているのか、何を信念とするのかということを描こうとしているので暗い印象になるのかなと思いました。この映画『バットマンvsスーパーマン』単体で観るよりは、ある程度予備知識を仕入れてからの方が楽しめるかもしれません。映画『バットマンvsスーパーマン』では、前半から重く暗いストーリーや映像が続きますが、ワンダーウーマンが加わってから画面が華やかになったと思いました。映画『バットマンvsスーパーマン』を観る前に『ワンダーウーマン』を鑑賞していたので、彼女が出てきたときは気持ち盛り上がりました。男性陣に全く引けを取らない、力強い戦いを見せる彼女を登場させたのは映像的にも物語的にもかなりアタリだったのではないかと思いました。バットマンの戦闘スタイルについてはバットマンの登場する他作品(ダークナイトなど)を観ていると、少し新しいなと感じるところがありましたが、装備品や武器のデザインの一つ一つがかっこよくて胸が躍りました。超人的なパワーを持つ二人に挟まれ、パワーでは少し劣るバットマンですが、そういった点では二人に全く引けをとらないし、そこが彼の魅力だなと改めて思いました。

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス