洋画

映画『バットマン』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やシリーズ公開順番DCコミックス人気作

このページでは、映画『バットマン』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\31日間無料で見放題/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマン』は、ティム・バートン監督のDCコミックスの同名作品の1989年の実写映画です。

後に続くクリストファー・ノーラン監督のバットマンの実写映画『ダークナイト』トリロジーにも大きな影響を与えました。主題歌「Batdance」をプリンスが作ったことでも有名です。

ディズニーデラックス

映画『バットマン』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『バットマン』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『バットマン』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT ○/× なし 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV ○/× なし 932円 30日間
dTV ○/× × 300円~/2日 550円 31日間
TELASA ○/× なし 572円 30日間
Netflix なし 800円〜 なし
Amazonプライム ○/× × 199円/2日 500円〜 30日間

 

\31日間無料で見放題/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

動画で視聴可能なDCEU(DCエクステンデッド・ユニバース)作品

映画『ハーレイクインの華麗なる覚醒』エンドロールクレジット後おまけ映像は?続編や評価感想まとめ2020年3月20日から、DCコミックスの人気ヴィラン(悪役)キャラクターの一人であるハーレイ・クインが主人公となった映画『ハーレイ・ク...

動画で視聴可能なDC映画作品

U-NEXTでは、ティム・バートン監督、マイケル・キートン主演の映画『バットマン』シリーズ2作品とクリストファーノーラン監督のバットマンビギンズが見放題動画作品で、ダークナイトシリーズ2作品がポイントで視聴が可能です!

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\31日間無料で見放題/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマン』の映画情報

映画『バットマン』あらすじ

犯罪が蔓延するゴッサム・シティで変装をして犯罪者達を退治している人物がいました。その異形の姿は都市伝説となっていて、呼び名は「バットマン」、実は巨大企業ウェイン・エンタープライズのオーナーで大富豪のブルース・ウェインでした。

バットマンを追っていたカメラマンのヴィッキー・ベール(キム・ベイシンガー)は周りに冷やかされながらも記者のアレクサンダー・ノックス(ロバート・ウール)とともに彼を調べていきます。そんな中、ヴィッキーはブルースと彼がバットマンであるとは知らずに出会います。そしてその魅力に興味を持ち、二人は次第に惹かれあっていきます。

一方、ゴッサム・シティの市長は新しい検事の就任挨拶の場でマフィアのボス、カール・グリソム(ジャック・パランス)を捕まえると宣言しますがグリソムの部下であるジャック・ネイピア(ジャック・ニコルソン)は「俺が始末してやる」と自信ありげにつぶやきます。

ジャックはグリソムの愛人と関係がありましたが、秘密はばれないとたかをくくっていました。しかしその事実がグリソムに知られて怒りを買います。ジャックは罠にはめられ、取引の材料として警察に売られます。

その時、バットマンと格闘になり、薬品の入ったタンクの中に落下してしまい、一命は取り留めますが薬品の影響で肌は真っ白になり、髪は緑色に変わり、格闘の際の傷のせいで口元が笑い顔で固定されてしまします。

自分の顔を見たジャックは狂ってしまいますが、それは元からの悪の才能と狂気によって犯罪者としての力をより大きく、過激な方向へ変えるのでした。変貌をとげたジャックの顔はまさにジョーカー。自らそう名乗るようになります。

ボスであったグリソムをはじめとするマフィアの大物達を次々と殺害し、とうとうゴッサム・シティを支配する存在となったジョーカー。正義の存在であるバットマンを敵対視し、唯一、関りをもつヴィッキーを誘拐しバットマンをおびき出します。

バットマンは果たしてヴィッキーを救い、ゴッサムに平和をもたらすことができるのか・・・

今作は後に続く『ダークナイト』シリーズやDCEUシリーズのバットマンに強く影響を与えている作品です。バットマンのボディスーツやバットモービル、その他の道具やバットマンの立ち振る舞いは、この『バットマン』があればこそと言えるでしょう。

主役のマイケル・キートンはもともとコメディアン出身であったことから前評判でネガティブな意見が出ていましたが、見事に覆し高評価を得ました。

ジョーカー役のジャック・ニコルソンの演技もその後の作品に強い影響を与えています。バットマン好きなら必見の作品です。

\31日間無料で見放題/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマン』キャスト・出演者

  • バットマン/ブルース・ウェイン:マイケル・キートン
  • ジョーカー/ジャック・ネーピア:ジャック・ニコルソン
  • ヴィッキー・ベール:キム・ベイシンガー
  • ジャームズ・ゴードン:パット・ヒングル
  • アレクサンダー・ノックス:ロバート・ウール
  • カール・グルシム:ジャック・パランス

主人公、バットマン/ブルース・ウェイン役のマイケル・キートンは今作『バットマン』の前年、1988年に同じくティム・バートンが監督した『ビートルジュース』というホラーコメディ作品に主演しました。

この作品は大ヒットを記録し、ティム・バートンは『バットマン』の監督に抜擢され、彼の強い希望でマイケル・キートンがバットマン役を演じることになったといういきさつがあります。

もともとスタンダップコメディアンとしてキャリアをスタートさせたマイケル・キートンは『ビートルジュース』でその才能を見せています。

当初、コメディの印象が強かった彼にバットマン役をキャスティングすることには異議を唱える人も居ましたが上述の通り、作品が公開されるとそのような意見はなくなり、多くのファンに支持されるようになりました。

映画『バットマン』スタッフ

監督

ティム・バートン

脚本

サム・ハム
ウォーレン・スカーレン

音楽

ダニー・エルフマン

主題歌

プリンス「Batdance」

撮影

ロジャー・プラット

編集

レイ・ラヴジョイ

製作

ピーター・グーパー
ジョン・ピーターズ

\31日間無料で見放題/今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『バットマン』感想や口コミ評価

女性
女性
映画『バットマン』。1989年のアメリカ映画です。それ以前にもバットマンは作られていますが、クリストファー・ノーラン監督作のバットマン三部作やジョーカーなど、陳腐な言い方になりますが、全てはこの映画『バットマン』からはじまったのではないでしょうか。監督がティム・バートンというのには驚きました。映画『バットマン』のような作品も撮っていたのですね。マイケル・キートン演ずるところのブルース・ウェイン=バットマンは億万長者ではありますが、非凡な力や能力はあまり持っていないように私には感じられました。そのぶん、とっつきやすいと言えるかもしれません。映画『バットマン』を魅力的な作品たらしめたのはヒロインではなく、ひとえに敵役のジョーカーだと思います。ジャック・ニコルソン出演作は3本ほどしか見ていませんけれども、この人はこういうエキセントリックな役を演じさせると天下一品ですね。映画『バットマン』でもその演技力はいかんなく発揮され、主役を完全に食ってしまっているなと感じました。いつも微笑を顔に貼り付けてとんでもない悪事を企むジョーカーは途轍もなく魅力的でした。あともう一人、ブルースの執事のアルフレッドが私はお気に入りです。賛同して下さる方は意外と多いのでは?
男性
男性
映画『バットマン』では、ジョーカーを演じるジャックニコルソン、バットマンを演じるマイケルキートン、そして何と言っても監督ティム・バートン。最高のキャストで迎えられた作品を小学校の時見た。ジョーカーが悪さをするときにラジカセみたいなのでとにかくでかい音を出すシーンがマジでサイコパスな雰囲気を出している。またバットマンが多彩な武器を使って、相手を翻弄していく姿も見ていて使いです。バットモービルも当時F1が全盛期の頃だったのでしょう、あのデカさで二人乗りというまさかの展開。エンジンがかかったと同時に小さな焚き火のような火が灯され街中をぶっ飛ばしていきます。今映画『バットマン』改めて見るとすげー演出だなと思うし、今も昔もカッコ良いフォルムに感動します。映画『バットマン』の世界観もティムバートンらしさがよく演出されている作品です。
男性
男性
映画『バットマン』全体を流れる勇壮な音楽と共にバットマンの雄姿が印象に残る映画です。豪邸の地下にあるバットマンのスーツやバットマンが愛用するバットモービルは抜群のセンスを見せつけてくれます。両親を自身が見ている前で殺害されてしまい、悪を憎みバットマンとして活躍する富豪の青年であるブルース・ウェイン。実はゴッサムシティを支配するマフィアの一員でありながら、幹部のグリソムの愛人と関係を作りその結果グリソムの罠にはまり化学薬品が原因となりジョーカーという奇妙な顔立ちの男こそ、バットマンの両親の仇であると気が付く場面は印象に残ります。バットマンはゴッサムシティをジョーカーから守りそして自分の両親の無念を晴らすためにもジョーカーとの戦いに挑む場面はこの映画『バットマン』の最大の見せ場になると考えます。
男性
男性
満月にかかるコウモリのシルエットが雲を切り夜の街へと急降下していく、街ではジョーカーが高笑いしながら市民を混乱に陥れている最中だったがそこへバットモービルに乗るバットマンが一騎打ちをかけにいく….この絵を見るだけでも、映画『バットマン』を鑑賞する価値があると断言できます。鬼才と評されるティム・バートンが創り上げたバットマンはヒーロー映画、ドラマがありふれた今でも色あせない魅力があります。マイケル・キートン、ジャック・ニコルソンはもうバットマンとジョーカーにしか見えないです。マイケル・キートンのマスクからのぞく目と流線形でありながらもマッシブさを兼ね備えたバットスーツはアメコミから抜け出したようです。ジャック・ニコルソンの特徴的な狂気的な笑い方と悪役だけれど見ていて愉快かつ恐ろしさを伴った絶妙な演技は彼にしかできない芸当だと思います。バットモービルやガジェットも裏の主人公として要所要所で映画を彩っています。特にバットモービルはスポーツカーにモンスターマシン的なエンジンを搭載した美しいフォルムで忘れようのないデザインで活躍も目覚ましいです。アクションよりもどちらかというと美術が主役な落ち着いた映画ですがだからこそバットマンの様式美に浸れるいい映画です。
男性
男性
父の勧めで映画『バットマン』の視聴を始めましたがなかなかどうして、面白い。バットマンは観たことはなくても名前だけは知っていると言う方は案外多いのではないでしょうか?正義の為に戦い弱気を助けて悪を滅する!という普通のヒーローではありません。完全に自分の正義感で動いているダークヒーローです。自分が悪だと判断すれば容赦なくボコボコにします。ですので、お子さんと見る時はくれぐれも気をつけてあげてください。ヒーロー像が完璧に壊れてしまいます。どちらかと言えば子供が見るよりは少し大人になり始めた高校生ぐらいの子が観る方がいいかなって思ったり。普通に物足らなくなってきた子にもピッタリですね。今作の敵キャラであるジョーカーですが確かに悪者なんですが悪者になった経緯もあるので完全に憎まれキャラっていうわけでもないんです。確かに悪いことをすれば悪になり悪を倒せばヒーローになるのが自然なのですがバットマンではそこを考えさせられます。今までキャラクターの事ばかりを褒めてきましたが物語もしっかり考えられていて内容も分かりやすく楽しめると思います。ある程度の年齢になってきてから観てお父さんが面白いって言っていた意味を理解する事が出来ますが、もし幼い頃にバットマンを観ていたらどんな風に成長していたか少し気になりますね。バットマンを王道のヒーローとして考えたらとても現代のヒーロー達が甘すぎて観ていられないなんて状況になっていたかもしれませんね。
男性
男性
映画『バットマン』で、バットマンは普通のヒーローとは違うダークヒーローと呼ばれる類で、普通のヒーローものは戦う場面はヒーローを応援したり正しい事をしてると思ったりしますが、バットマンはマフィアと戦う場面でもやりすぎでは?と感じたり、若干恐怖に感じてしまうような印象が強いです。また、主人公のバットマンはあくまでも自分が正しいと思って行動しているため、世間体を全く気にしていないところも他のヒーローものと違い面白いです。映画『バットマン』の敵であるジョーカーはかなりイカれた人物であり、非常に面白いキャラです。残虐非道ですがそうなってしまったのは理由があるため少し悲しいキャラでもあります。バットマンはストーリーとしても面白く、キャラも独特で面白いところが見所でオススメです。
男性
男性
映画『バットマン』は、アメリカで大人気のヒーローのバットマンの実写映画です。近未来的なセットを利用しコンピューターグラフィックスなども駆使することで見事にアメリカンヒーローであるバットマンを表現しているところが素晴らしいです。主演はマイケル キートンが演じ、宿敵ジョーカーを名優ジャック・ニコルソンが演じています。この映画は、バットマンが宿敵ジョーカーと戦うというストーリーです。また、バッドマンのスーパーカーである、高性能バッドモービルがとてもカッコ良いです。この作品はバットマンの初代作品で、バットマンがもともと若い大富豪の社長で、彼が幼い頃にギャングに両親を殺された経歴なども紹介されていて興味深い映画に仕上がっていると思います。

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス