洋画

映画『アベンジャーズ』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替の配信状況やあらすじキャスト情報

このページでは、映画『アベンジャーズ』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー&マーベル作品が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料お試しへ

映画『アベンジャーズ』は、ロバートダウニーJr.演じるアイアンマンことトニー・スタークを中心に、キャプテン・アメリカ、ハルク、ブラックウィドウ、ホークアイなどアメリカの大人気スーパーヒーローがオールスターで総出演する超大作です。

マーベルスタジオが誇るスーパーヒーローのキャラクターがそれぞれの映画を超えて、同じ世界観を共有するというMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の一つの集大成となった映画ですね。

ディズニーデラックス

映画『アベンジャーズ』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『アベンジャーズ』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料作品でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 会員限定配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『アベンジャーズ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 220円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円 932円 30日間
dTV × 200円 550円 31日間
TELASA × 200円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
Amazonプライム × 199円 500円〜 30日間

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のシリーズ作品順番

フェーズ1

  1. アイアンマン 2008年
  2. インクレディブル・ハルク 2008年
  3. アイアンマン2 2010年
  4. マイティ・ソー 2011年
  5. キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー 2011年
  6. アベンジャーズ 2012年

フェーズ2

  1. アイアンマン3 2013年
  2. マイティ・ソー/ダーク・ワールド 2013年
  3. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー 2014年
  4. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー 2014年
  5. アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン 2015年
  6. アントマン 2015年

フェーズ3

  1. シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ 2016年
  2. ドクター・ストレンジ 2016年
  3. ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス 2017年
  4. スパイダーマン:ホームカミング 2017年
  5. マイティ・ソー バトルロイヤル 2017年
  6. ブラックパンサー 2018年
  7. アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 2018年
  8. アントマン&ワスプ 2018年
  9. キャプテン・マーベル 2019年
  10. アベンジャーズ/エンドゲーム 2019年
  11. スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム 2019年

フェーズ4

  1. ブラック・ウィドウ 2020年7月
  2. ジ・エターナルズ 2020年11月
  3. Shang-Chi and the Legend of the Ten Rings 2021年2月
  4. Doctor Strange in the Multiverse of Madness 2021年7月
  5. Spider-Man 3 2021年7月
  6. Thor: Love and Thunder 2021年11月
Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

映画『アベンジャーズ』の映画情報

映画『アベンジャーズ』あらすじ

アスガルドから追放されたソーの弟、ロキは宇宙空間で宇宙人チタウリのリーダーであるジ・アザーと出会い地球を侵略するために手を組む。

地球では、シールドの研究施設で異常事態が起きていた。

四次元キューブが突如、暴走し始めてコントロールしようと必死になっていた。しかし、そこにワームホールでロキが現れる。

ロキは杖セプターでドクター・セルヴィクとホークアイ(クリント・バートン)の心を操り、四次元キューブを盗んでしまう。

シールドの長官であるニック・フューリーは、地球滅亡の危機だと感じアベンジャーズの結成を決める。

ハルク(ブルース・バナー)、アイアンマン(トニー・スターク)、キャプテン・アメリカ(スティーブ・ロジャース)が集まり、ロキから四次元キューブとバートンを取り返すために力を合わせる。

ロキは、キューブを安定させるためのイリジウムをバートンに盗ませ、自分はヘリキャリアの独房に捕まってしまう。

ロキを助けにきた、チタウリとバートンはヘリキャリアを急襲しロキを開放しにくるが、ナターシャとの激しい格闘戦の末、破れてロキからのマインドコントロールからも解放される。

脱出を図るロキを止めようと、ソーが現れ説得するも逆に独房に閉じ込められてしまい、上空高くから独房ごと突き落とされてしまう。そして、そこへロキの脱走を止めに来たフィル・コールソンはロキに殺されてしまう。

ロキは、キューブの力を使ってドクターセルヴィグに巨大なワームホールを作る装置を作らせた。

アベンジャーズは、様々な衝突でメンバーがバラバラになりつつあったが、コールソンの死で再び力を結集する。

スターク・タワーの上空には巨大なワームホールが出現し、チタウリの軍団が地球へと押し寄せてきた。

アベンジャーズは、ロキとチタウリ軍団から地球を守ることができるのか?

そして、チタウリのリーダーであるジ・アザーの主人とは・・・?

映画『アベンジャーズ』キャスト・出演者

  • トニー・スターク(アイアンマン) / ロバート・ダウニー・Jr
  • スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ) / クリス・エヴァンス
  • ブルース・バナー(ハルク) / マーク・ラファロ
  • ソー / クリス・ヘムズワース
  • ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ) / スカーレット・ヨハンソン
  • クリント・バートン(ホークアイ/ローニン) / ジェレミー・レナー
  • ジェームズ・“ローディ”・ローズ(ウォーマシン) / ドン・チードル
  • ロキ / トム・ヒドルストン
  • フィル・コールソン / クラーク・グレッグ
  • マリア・ヒル / コビー・スマルダーズ
  • ヴァージニア・“ペッパー”・ポッツ / グウィネス・パルトロー
  • ニック・フューリー / サミュエル・L・ジャクソン

映画『アベンジャーズ』カメオ出演

  • ジェーン・フォスター役(写真) / ナタリー・ポートマン
  • 警備員役/ハリー・ディーン・スタントン
  • インタビューに答える人役 / スタン・リー
  • アーク・クエスト社長 小松克巳と妻子

映画『アベンジャーズ』スタッフ

監督

ジョス・ウェドン

原案

スタン・リー
ジャック・カービー

原案

ジョス・ウェドン
ザック・ペン

脚本

ジョス・ウェドン

製作

ケヴィン・ファイギ

映画『アベンジャーズ』感想や口コミ評価

男性
男性
マーベル作品は、欠かさず見ていたので、今作のように他の作品から合流する展開は、初めてだったので非常に興奮しました。
アベンジャーズ公開前に上映していたアイアンマン、キャプテン・アメリカ、マイティ・ソーの主役以外の人たちも物語に絡んでおり、ロキにおいては重要人物なので、事前に見ておいて良かったと思いました。
見どころとしては、映画終盤の宇宙からくるチタウリ軍団との決戦です。正直、アイアンマン、ソー、ハルクの強さに対して、キャプテン・アメリカ、ホークアイ、ブラックウィドーは、人間の中では格段に強いのはわかりますが、メンバー内の強さで見ると見劣りしていましたが、それぞれが得意の戦い方で、チタウリ軍団と渡り合っており、安心感と見応えがありました。初めの方は、ホークアイは弓矢で戦い、ブラックウィドーは近接格闘で戦うので、どうやって空を飛び、屈強な宇宙人のチタウリ軍団と戦うのか想像できなかったので、四次元キューブ奪還をするのだろうと思っていましたが、しっかり敵を倒していたので、よく考えて作られているなと感じました。
特にハルクが遅れて登場してくるシーンは、出てきた直後に巨大な生物を一殴りで抑えていたので、それだけで圧倒的な強さが伝わってきました。
個々の映画が面白く、さらに登場人物たちを一つの映画に合流させるやり方を見るのは初めてだったので、マーベル作品好きにはたまらない内容だと思いました。

男性
男性
国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.で保管していた人知を超えたエネルギーを持つコズミック・キューブが、ソーの弟であるロウに奪われてしまう。また、ロウの武器である杖によりホークアイが洗脳されてしまい、敵側として協力してしまう。

S.H.I.E.L.D.の長官ヒューリーは地球危機に立ち向かうため、ヒーロー達を終結させるが、個性派揃いのアメリカンヒーローは全員一筋縄ではいかないため、チームとしては機能しない。そこにロウがドイツに現れ、ロウを捕らえることに成功したが、それはロウの策略で、ロウの目的はヒーローたちの仲間割れとS.H.I.E.L.D.の空中母艦を沈めるためであり、半ば成功してしまった。ただ、ロウが逃げる際にヒーロー達の仲介役としていたS.H.I.E.L.D.スタッフのコールソンがロウに殺されたこと、また、ロウに欺かれたことにより、ヒーローたちはロウを倒すべき目的が共通となり立ち上がった。

ロウの目的は、奪ったコズミック・キューブにより、ロウに手を貸した侵略者と地球を繋げるためのカギ穴を作る目的であり、そして、そのカギ穴を完成してしまった。その鍵穴の地点はアメリカのニューヨークとなり、鍵穴からニューヨークへ宇宙からの侵略者が送られてくる。その侵略者を立ち向かうのが集められたヒーロー達であり、ここにアベンジャーズが結成された。

この映画の上映は8年前となるが、アクションにCG、そして豪華スターが勢ぞろいするところが面白く、また、エンドゲームまでの伏線も復習が出来るので、過去に観ていたとしても飽きない映画である。

男性
男性
アベンジャーズの一番めの作品。ヒーロー達が集まり、最初はぎこちなく、ロキからツエを取り戻そうとしていくうちに段々と仲間意識が生まれ、一人一人の良いところが出てきてやっぱりアベンジャーズの最初のメンバーは最高です。はじめトニースタークは協調性もなく好き勝手にやろうとしてましたが、見てる所はちゃんと見てるし、キャプテンアメリカは、支持が的確で、やっぱりキャプテンという感じでカッコいいです。ニューヨークに空から敵が来た時に警察官に支持を出していたセリフが好きです。また、ナターシャのかっこよさはマネしたくてもできません。綺麗で強くてユーモアもあり大好きです。最後にヒューリーは反対してるのにミサイルを撃ってしまったときにアイアンマンがとった行動の素早さがすごいです。それを持って空の奥の穴に入れあとわずかで閉まりそうな時に落ちてきたアイアンマンをハルクが助けてます。みんなが心配そうに見てる中、キスはしてないよね?とトニースタークがいいます。それもロバートダウニーJr.ならではの感じがます。そして、もっとも見てほしいところは、エンドロールが流れて終わったあと、アベンジャーズのメンバーが疲れきった顔で、ハンバーガーショップで食べたいのか食べたくないのかわからない状態で食べてるシーンで終わります。
ここが個人的には一番好きです。映画館では最後の最後まで席を立たないで見てほしいとおもいます。
女性
女性
言わずと知れた最高傑作「アベンジャーズ」ですが、何がそんなにいいのかを表す時によく使われるのが「ドラえもんとサザエさんとアンパンマンと悟空が一緒に闘う感じ」という表現です。

「日本よこれが映画だ」のキャッチコピーも有名ですが、確かに日本でアべンジャーズを再現するにはアニメのキャラクターを使う他ないほどに、ありえないほど個性の強いキャラクターと、戦闘シーン。そして宇宙を巻き込む壮大なストーリー。

私はマーベル・シネマティックユニバース(MARVEL映画のなかで世界観が繋がった一連の映画のこと)を、「アイアンマン」からいきなり「アベンジャーズ」を見たので、他のキャラクターが誰かわからない状態で見たのですが、見た後の感想は「な、何じゃこりゃ・・何でこんな最高なものを今まで見てなかったんだ・・何で映画館で見なかったんだ!!」と物凄く後悔したと共に、最高な作品に出会えたことを嬉しく思いました。

この出会いは私のこれまでの人生観を大きく変え、後の人生を大き変えることになりました。

見どころはもちろん、最強のヒーローたちが勢揃いして闘うところです。最強のチームワーク映画とも言えると思います。(最初はバラバラですが・・)一人一人は強くて得意なことがある分、苦手なこともあり、人としての欠陥もあります。
そしてそれをまとめられる「リーダー」が必要です。ここが重要になってきます。

有能な人がただ集まっただけでは何の意味もなく、その力が一つの方向に向かって動き出すことで強大な力になるということを示してくれている映画です。

その重要な役割を果たすことができるのは、力の強さではなく「精神力の強さ」と「正義感」です。この部分が突出しているのが「キャプテン・アメリカ」です。

長年眠りについていた「キャプテン・アメリカ」は、近代のことには疎く、力も他のヒーローには劣ります。
ただし「不屈の精神」と「正義感」に関して、彼の右に出るものはいません。彼が「キャプテン」と呼ばれる大きな理由がここにあると思います。

彼は私利私欲がほとんどなく、清廉潔白、自己犠牲の精神と筋肉でできた強化人間です。そして自分の力の弱さをカバーするように戦術にも長けています。

ただし彼の長所であるはずの部分は短所でもあり、頭が硬いところを他のヒーローたちがカバーします。

「アベンジャーズ」から見た私は、なぜキャプテン・アメリカがリーダーなの?と不思議に思いましが、「キャプテン・アメリカ」の一作目「キャプテン・アメリカ/ザ・ファーストアベンジャー」を見てその思いを後悔しました。
彼こそが本物のリーダーだ!!とその時に確信しました。

ほとんどチート的な強さを誇るのが雷神「ソー」と「ハルク」です。この人たちは別格です。強すぎます。その分短所がかなりあるので、その部分をまた他のヒーローが補ってくれます。「ソーとハルクをまとめてね!」と言われたら誰だって嫌がると思うのですが、大丈夫です。「キャプテン・アメリカ」がやってくれます。安心してください。

強いけど性格に難ありなのが「アイアンマン」ことトニー・スタークです。
「キャプテン・アメリカ」のスティーブ・ロジャースと一番そりが合わないのが彼です。
何せ近代が産んだ超天才、最先端技術の革命児とも言えるのがトニー・スタークなので、前時代のスティーブ・ロジャースとはそもそも考え方や価値観が全く違います。

よく二人は喧嘩をするので、そこも見どころの一つです。
(ただしトニーの父がスティーブの盾を作っているので、いろいろ因縁があるところにも注目です。)

そして紅一点「ブラック・ウィドウ」。
「アイアンマン2」で初登場するので、2を見ていない私は「誰これ?」から始まったのですが、
この女性がまた凄いんです!!

人間界では最強と言っても過言ではないほど強く、テクニカル。そして頭がめちゃくちゃいい。その上美貌がとんでもないので、これぞアメコミヒーロー!!と私は思いました。

彼女がいることで、インフレしているヒーローたちの強さが際立ちます。人間の弱さや恐怖を見事に演じているので、「あ、このヒーローってやばいのか」ということがわかりやすくなっています。

人間界最強としてもう一人登場しているのが「ホーク・アイ」ことロバートです。今作では敵に操られてしまう不遇のキャラクターですが、「高いところの方がよく見える」という名言を残していたり、今後の作品でも多くの名シーンや名言を残す注目のキャラクターです。

このような個性的キャラクターが一同に集まり、それぞれが活躍し、見せ場があるという、その時点でもう最高と言えるのですが、世界最高峰、最先端の技術で作られた素晴らしいCGも圧巻です。

特筆したいのが「アイアンマン」のスーツ着脱シーンです。

毎回「アイアンマン」のスーツ着脱シーンは映画の見どころの一つというくらい進化に進化を遂げるのですが、今作で初めて「歩きながらスーツを脱ぐ」というシーンがあり、そのCGの細やかさと美しさに惚れ惚れしました。後から調べたところ、このCGを作ったのが日本人のクリエイターと知り、誇りに思いました。

他にも「アベンジャーズ」には日本人クリエイターが作った箇所が何個も存在しており、世界最高峰に日本人が関わっていることを、もっと知って欲しいという思いがあります。

今作の見どころをまとめますと、
「世界最強のヒーロー大集合、その個性的キャラクターと戦闘シーン」
「複雑に重なり合うストーリー」
「最先端技術と最高峰のクリエイター集団が作り上げた美しいCG」

私の個人的見解ですが、上記以上にただただ「なんか凄い映画見た!!」という興奮と満足感でお腹いっぱいになる単純に楽しめる映画でもありますので、まだ見ていない方には、自分が生まれた時代にこんなに素晴らしい映画あったんだという歴史の目撃者になれるという点でもとてもおすすめです。

男性
男性
2012年に公開されたアメリカの映画です。アメリカンヒーローたちが出てきてワクワクする映画です。簡単なあらすじは、人知を超えるようなエネルギーを持つコズミック・キューブを研究している国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.が、ロキに奪取されてしまいます。それを奪還するために世界中の特殊能力を持った人であるヒーローたちを招集ししロキとロキの背後にいる侵略者に戦いを挑むというストーリーです。この映画は、都市が攻撃される様子などをコンピューターグラフィックスを交えて迫力ある映像に仕上げているところが魅力です。いろいろなヒーローたちが登場するのが面白いですし、悪役のロキについても演技がとても白熱していて見応えがありました。
女性
女性
主役のロバートダウニージュニアが大好きなので、見てみました。ジャンルとしてはSF映画です。キャストが豪華というだけでも見どころがあります。スカーレット・ヨハンスンやクリス・ヘムズワース、クリス・エヴァンズ、グィネス・パルトロー、トム・ヒドルストンといった甘いルックスの美男美女ばかり。一人ひとり個性的なキャラクターで強いんですよね。みんなかっこいいですが、特にかっこよかったのはスカーレット・ヨハンスン演じるナターシャです!世界最強のスパイでもあり、腕がかなりいい優秀な戦士です。訓練をたっぷり受けているから本番に強いし、強敵にも勇敢に立ち向かいます。もともとスカーレットはセクシーな体も武器なので、セクシーな衣装を着てさらに色っぽく見えます。男性に囲まれながら輝く女戦士ですが、単なるお飾りではなく、本当にチームに貢献している欠かせない人物です。ダークな過去を持っていることからも、何気に深いキャラクターです。また、私は個人的にクリス・エヴァンズがイケメンで好きなので、準主役で出番が多かったのもうれしかったです。とにかく超正義感が強くて、その誠実なところがクリスにぴったりでした。リーダー的な部分も強くて頼れる兄貴という感じでした。スカーレットとクリス・エヴァンズはほかの映画でも共演しているので、再び共演作が見られて良かったです。

映画『アベンジャーズ』の
動画がディズニープラス見放題

【ディズニープラスなら】
31日の無料視聴期間
ディズニー・ピクサー・マーベル映画が見放題!

映画『アベンジャーズ』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

男性
男性
ディズニーデラックス
ディズニーデラックス