邦画

映画『アルキメデスの大戦』高画質動画を無料フル視聴!あらすじ&実話や史実も含んだ作品

このページでは、映画『アルキメデスの大戦』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アルキメデスの大戦』と言えば、戦艦大和の建造秘話を題材にした作品ですよね。「ALWAYS 三丁目の夕日」を手掛けた山崎貴監督の作品とあって期待されています。

「日本人を語るうえで、ゼロ戦と大和だけはその象徴としてどうしても撮りたかった」映画を作る上の一種のスターではないかと語る彼の意気込みが伝わってくるようです!

ディズニーデラックス

映画『アルキメデスの大戦』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『アルキメデスの大戦』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『アルキメデスの大戦』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT × 550円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× 500円 932円 31日間
dTV × 400円 550円 31日間
TELASA × 500円/2日 572円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× 500円 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 400円 500円〜 31日間

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

『菅田将暉』出演作品

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アルキメデスの大戦』の映画情報

映画『アルキメデスの大戦』あらすじ

昭和20年4月7日、鹿児島県沖にて投下される魚雷と爆弾に集中砲火を浴びなすすべなく転覆していく戦艦「大和」。

そしてその後、爆発炎上、沈没しました。この時失われた人の数3,000人余り。世界の主戦力が航空機へと移り行く最中の誤算だとの意見もありました。

何故、戦艦「大和」が作られたのか。この謎が1933年にありました。

1933年、国際連盟脱退以降の日本は国力と戦力の増大を狙っていました。そして、日本の国力の象徴ともいえる、海軍の新造艦を巡り2つの派閥に分かれていました。

これからは航空戦力が中心になるという海軍少将 山本五十六・中将 永野修身ら。

対して大艦巨砲主義を主張し世界を驚かせる戦艦をつくるべきだという海軍少将 嶋田繁太郎・中将 平山忠道ら一派です。

どちらをつくるかという議論は、白熱して感情論に発展。結局2週間の猶予を与えられて再度検討という形になることに。

その夜、料亭にて今後の作戦を練っていた山本らは議論が行き詰まり、若芸者衆を呼び楽しもうとしていました。

しかし、1人の客が独占しており芸者が来られない事態になっていると言われます。山本達は何人か話を付けて譲ってもらおうと部屋を訪ねます。

そこにいたのは1人の青年で、軍人が大嫌いだと言います。

この青年は尾崎財閥の力で数学科に進学していたそうですが、あることをきっかけとして退学させられたそうです。

鬱憤を晴らすため、もらった大金を使ってしまおうと芸者達を呼び遊んでいた彼は、山本達を追い返してしまいます。

アメリカ・プリンストン大学へと留学するのだというその青年の名は櫂直。山本はそのセンスを見込んである提案を持ち掛けることに。

軍人嫌いの自己理想は変えられるものではなく当然断る櫂。しかし、山本の一言で態度が変わることになります。

「このままではアメリカと戦争になる」この山本の言葉は櫂に衝撃を与えました。

当時の日露戦争で劇的な勝利を誤解した流れが主流となっており、冷静な精神論で客観視できる者が日本にいなかったからです。

アメリカ行きの船に乗り込もうとした櫂には、燃える国土と無理やり別れさせられた京子の姿がありました。

船から降りた櫂は山本の申し出を受ける事になりました。こうして嶋田らの推す巨大戦艦の闇を暴くための心にが始まったのです。

しかし、そうは言っても調べようにもその図面・資料が全て機密情報として扱われていて簡単には調べられない金庫に保管されていました。

「資料が無いなら、実際に軍艦を見にいくのだ!」ととにかく小さなことでもメモし計ってゆく櫂に心を動かされる副官・田中少尉。

孤立無援、間に合わないか___?と思われた時、ある人物から思わぬ協力を得る事になります。

鏡子です。鏡子は父により無理やり別れさせられた櫂が、どうしているかと気にして大阪へと来ていました。

そして、鏡子の協力もあり大里の協力を得る事になった櫂。

過去の資料が置いてある倉庫へと案内される櫂達はあと、1週間でこれらを検証すれば平山中将らの闇を暴けると喜びます。

ここで1つの疑問が残ります。

なぜ尾崎造船が大損を覚悟してまでこの平山案の戦艦造船を引き受けるのかということです。

そしてその問に対して、他の巡洋艦と抱き合わせで受注するのだ・そのようにして大きくなっていった会社であることを大里の口から語られます。

その時電報が入ります。決定会議が明日の午前11時から急遽、明日の昼に変更になったというのです。

当初二週間の猶予があったはずですが間に合いそうもありません。東京に戻るためには一時間後の夜行列車に乗る必要がありました。

櫂らは書き写せる最小限の情報のみを手にして列車に飛び乗り、計算をし続けます。手分けして最小限の資料から平山中将らに対抗するべくデータを徹夜で解析する櫂ら。

櫂と田中は会議室にギリギリで入ったもののまだ計算は終わっていませんでした。懸命に時間を稼ぐ櫂___。

果たして櫂が編み出した賭けとは何か。また、何のために戦艦「大和」が作られたのかなど謎も明らかになっていきます。

CGは安定のクオリティで邦画では最高峰の迫力があり、戦闘がメインではないこの作品では意外性のあるラストとなっています。

冒頭で大和が沈没するシーン、ラストのあと思い返すと180度物の見方が変わるという点が見ものです。

今作品の見どころは、迫力のある映像だけではありません。

一機撃ち落として喜ぶ大和の機関砲手たちの目の前で、一機の飛行艇が着水し、そのパイロットを助けて飛び去るシーンも個人的には見てほしい箇所になります。

後が無くてこんなにも必死な日本に対してのアメリカ軍の余裕というのは見ていて胸が締め付けられるシーンでした。

国力の差が大きいことを残酷にも表したシーンとも言えます。

映像美も美しい、アルキメデスの大戦を是非皆さんにも見て欲しい作品です!

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アルキメデスの大戦』キャスト・出演者

  • 櫂直:菅田将暉
  • 山本五十六:舘ひろし
  • 田中正二郎:柄本佑
  • 尾崎鏡子:浜辺美波
  • 大里清:笑福亭鶴瓶
  • 大角岑生:小林克也
  • 宇野積蔵:小日向文世
  • 永野修身:國村隼
  • 平山忠道:田中泯
  • 嶋田繁太郎:橋爪功

主演の菅田将暉さんは作中で複雑な数式を頭に入れ、板書しながら早口の長ぜりふを言うシーンが3回もあったそう。

監督はハラハラしながらメーキング映像を見たそうで、やり切った菅田さんによくぞやってくれた・負担が大きければそれだけの成果を出す男と賞賛していたそうですよ!

映画『アルキメデスの大戦』スタッフ

監督

山崎貴

音楽

佐藤直紀

脚本

山崎貴

製作

市川南

興行収入

19.3億円

受賞歴

第32回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アルキメデスの大戦』感想や口コミ評価

女性
女性
この映画の見どころは、「平和のために国家と戦う主人公の姿」と「戦艦同士の激しいぶつかり合い」です。
まず、平和のために国家と戦う主人公の姿についてです。この映画では、天才数学者の主人公が、戦艦に欠陥があることを発見し戦艦の開発を止めようと奮闘する姿が描かれます。主人公は、数学を愛し美しいと思ったものは何でも計測したくなってしまう風変わりな人物です。数学以外には興味がないため、国家から戦艦の開発に数学の知識を活かして欲しいと依頼されても全く興味を示しません。しかし、戦艦の開発の危険性を知った主人公は、数学の知識を使いなりふり構わず平和のために動き出します。国家という巨大な権力さえも恐れずに正面から戦艦の開発を止めようと挑んでいく姿から、平和への強い気持ちが感じられて、胸が熱くなりました。
次に、戦艦同士の激しいぶつかり合いについてです。この映画は戦時中の日本を舞台にしているため、戦争のシーンが数多く登場します。その中でも、戦艦を使った戦闘シーンも多くどれほどの犠牲者が出てしまうのかと思うほど激しいぶつかり合いが行われます。その臨場感ある戦艦同士の戦いに圧倒されるとともに、これが現在の世界で繰り広げられたらどうなってしまうのだろうと恐怖心を抱きながら観ていました。
男性
男性
2019年の日本映画『アルキメデスの大戦』は、旧大日本帝国海軍・航空戦派の山本五十六を軸に若い技術少尉らの尽力を描いた、娯楽作的なテイストもありながらの反戦映画です。
大日本帝国海軍は太平洋戦争の開戦劈頭、米国領ハワイ島の真珠湾を空母高速機動部隊搭載の艦載機による奇襲攻撃を敢行し、全世界の耳目を驚かせました。真珠湾に鎮座する米国海軍の旧式戦艦群は、日本海軍機の乱舞に抗する術もなく大爆発炎上するのみでした。次世代の戦争は大艦巨砲よりも航空機主体に移行したことは明らかっだのですが、空母機動部隊を擁した大日本帝国海軍自体が大艦巨砲主義に束縛されていたという歴史の皮肉(事実です)をベースに、原作者や監督が想像力を膨らませて、若い技術士官の青春ドラマも絡めてドラマを造形しています。
映画の中では、理想に燃える技術士官たちの行動を阻むズル賢い守旧派の、いかにも憎たらしいオトナたちとして描かれているー人物描写がカリカチュアライズ(戯画化)されているのは、ストーリー性を明確にするための監督・脚本(『ALLWAYS三丁目の夕日』の山崎貴)の手腕のなせる技なのだと思います。ちなみに、山崎貴は監督として百田直樹の『永遠のゼロ』の映画化にも携わっており、こちらでは帝国海軍の零戦が太平洋戦争を通じて活躍する、その栄光と悲劇をも映像化しています。
男性
男性
選んだ理由は、これも最近見た映画で記憶に残っているからです。お勧めのシーンはやはり海軍少将の山本五十六役の舘ひろしさんが他の隊員と一緒に戦艦の上で立っている姿です。見どころは架空の話なのですが、この時代に数学を生かして、戦艦を作り上げたことです。また、戦艦の建造賛成派と反対派がいたのですが、それをどうやって、収拾したのかも見どころです。また、戦艦を作るために色々な協力者がいたことも見どころです。出演者にドラマの「3年A組_今から皆さんは、人質です」で高い評価を受けた菅田将暉さんが主演で、ドラマの「知らなくていいコト」や「心の傷を癒やすということ」で高い評価を受けた柄本佑(たすく)さんが出ています。
女性
女性
2019年に公開された日本の映画です。菅田将暉さんが主演を務めたことで話題となりました。あらすじは、新造艦会議で巨大戦艦を設計する嶋田と、航空母艦を設計する山本五十六が対立します。戦艦の建造費用が安すぎると踏んだ山本五十六は、帝大数学科を中退した天才数学者の櫂に計算を頼みます。櫂は見積もりを出し、会議では航空母艦が採択されました。櫂の力を認めた平山中将が協力を得て、戦艦大和が作られるというストーリーです。この作品では、菅田将暉が見せてくれる天才っぷりが見ていて痛快でした。また、実在した山本五十六がいることも興味深いです。真実とフィクションをうまく融合して作られた作品だと思います。軍人を嫌っていた櫂が、海軍の内部に入って徐々に軍隊に染まっていく様子は、考え深いものがありました。
男性
男性
私が選んだ「アルキメデスの大戦」は第2次世界大戦の時代に大日本帝国海軍が世界最大級の戦艦大和を設計する物語です。主演は菅田将暉演じる櫂少佐が海軍内で、飛行機を中心にして、戦う空母を建造主張派と大きな大砲を中心とする戦艦建造派に分かれていました。舘ひろし演じる山本五十六は何としても空母を建造を進めるために、帝国大学生の数学の天才櫂を抜擢して、戦艦設計者の数字の誤魔化しがないかを確認するために、櫂は天才的な計算スピードを持って、難問の計算に挑む姿がこの映画の見どころです。
後は、CGのクオリティーも凄くリアルに当時の軍艦や建物を再現していて、特に戦艦大和の映像クオリティーは驚くばかりで、オススメシーンです。
全体的に若い方でも楽しめる歴史的な映画なので、見てほしい映画です。
男性
男性
巨大戦艦大和の建造に関する海軍内の対立を描いた物語です。
戦闘シーンは冒頭の大和の沈没のシーンのみで、大半は巨大戦艦の建造を
推進しようとする一派に対して時代に流れはあくまで航空戦だと空母建設を推進する山本五十六。
映画の主な展開は山本五十六に協力する数学の天才櫂直の活躍を描いています。
櫂は持ち前の数学的なセンスはあるものの、大和建造推進派により様々な妨害を受けます。
そもそも大和建造にかかるデーターが入手できず、関係者からの協力も得られません。
映画の見どころは櫂という才能ある青年が、海軍で唯一の部下である田中という人物と時に考えの相違などでぶつかりながらも最後は信頼すべきチームとして
大和建造にかかる建設費についての隠された闇に迫っていく所が最大の見どころでしょう。
また映画のラストに近い部分で建造推進派の平山中将が意外な事を櫂に話をするシーンは正直驚きました。
映画を見た人だれしもそうだったのかと納得できる平山中将の想いはこの映画のお勧めシーンといえます。
男性
男性
戦艦大和が米海軍空母搭載機の襲撃を受けて鹿児島県坊の岬沖で沈没するまでの過程のCGが出色の出来上がりで、少し前の『男たちの YAMATO』に見られた作り物まがいのCGよりも格段の進歩を遂げている点に戦争映画ファンとして驚きと喜びを隠せません。特に雷撃を行うTBFアベンジャー機が低空で戦艦大和の舷側に接近して魚雷投下のための兵器倉の扉を開く場面ではあまりの本物らしさに第二次大戦機マニアとしてのけぞりました。この戦闘シーンに戦争という巨悪の虚しさが集約されているような気がして悲しくなります。『男たちのYAMATO』では散りゆく桜のリリシズムが映画のイメージに被せられて戦死を美化する趣向がなきにしもあらずでしたが、本作は破壊されゆく鉄塊としての大和に感傷を覚えることはありません。映画の筋としては、階級社会だった軍人の世界で、任官したての少尉とか一介の海軍少佐が将官級のデシジョンメイキングを覆す、などという荒唐無稽の筋立てに強烈な違和感を感じました。ただ、戦艦大和に象徴される大艦巨砲主義が時代の先端である航空機に敗れ去るという歴史の趨勢は、無理筋のドラマ仕立ての中にも貫かれており、一本の骨太な歴史劇を見る思いがしました。大艦巨砲主義の愚かさは即戦争の愚かさであり、この根本的なテーマを外していないので、娯楽的な反戦映画と評価することができると思います。
女性
女性
歴史的ドラマを超大作映画にしたもので、キャストも豪華なのが見どころです。舘ひろしさんと菅田将暉さんの共演が楽しめます。菅田将暉さんは天才数学者の役なんですが、自身も数学が学校で大好きだったようです。しかもこの映画のために毎日数学の先生に数学を教わり、数学にのめり込む天才数学者の役作りに生かそうとしたんですよね。菅田将暉さんは徹底した役作りをすることでも有名なので、とことん演技にこだわった数学者ぶりはいかに!という観点も見どころです。実際見てみた感想は、鳥肌が立つくらい菅田将暉さんの演技がすごかったです。特に、わけのわからない数式を黒板に書きながら説明していくシーンです。セリフの量も多いし早口だし、チョークでカッカッ計算式をスラスラ書いていく姿は卓越しているというか、演技やり過ぎでは?!というくらい説得力がすごかったです。それだけ演技が素晴らしいです。キャストの演技も見どころですが、ストーリー的にも悪くなかったです。大和艦隊が横転するシーンや海面に叩きつけられるシーンは映画ならではのスケールがあったし、印象に残りました。私は映画館では見てないんですが、シネマで見ていたらもっと迫力があっただろうなと思います。

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『アルキメデスの大戦』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス