アニメ映画

映画『ふしぎの国のアリス』高画質動画を無料フル視聴!ディズニーアニメ映画字幕&吹替やあらすじキャスト

このページでは、ディズニーアニメ映画『ふしぎの国のアリス』の高画質動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\31日お試しで動画無料/今すぐ動画を無料視聴

世界中の人々から愛されるディズニーアニメーション。

その中でも人気が高い映画『ふしぎの国のアリス』は原作ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」を題材に1951年7月に公開されました。前作で人気が高かったシンデレラの様な作品を期待していたディズニーファンから当初は酷評を受けたそうですが、その後1970年にリバイバル上映されるとシュールな映像が再評価されて人気を得ました。

このディズニーアニメ映画『ふしぎの国のアリス』の原作は、ルイス・キャロル自身が自分の子供達に物語をせがまれてその場で作ったお話だそうです。

ディズニーデラックス

映画『ふしぎの国のアリス』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『ふしぎの国のアリス』動画/
\ディズニープラスで無料視聴可能/今すぐ無料で動画視聴する無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の動画多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で動画見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気動画が無料で見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴可能!
  • 会員限定の配信動画やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年8月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『ふしぎの国のアリス』が視聴可能なVOD

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 400円 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA × × なし 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 299円〜 500円 31日間

ディズニープラスで視聴可能な関連作動画品

ディズニープラスでは、ディズニーアニメの映画シリーズ作品が見放題です!

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...

『キャサリン・ボーモント』関連作品の動画

  • 映画『ハウス・オブ・マウス』
  • 映画『ピーターパン』
  • 映画『キングダムハーツ』

『クライド・ジェロミニ』監督関連の動画

  • 映画『三人の騎士』
  • 映画『シンデレラ』
  • 映画『眠れる森の美女』

\31日お試しで動画無料/今すぐ無料で動画視聴する

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

映画『ふしぎの国のアリス』の映画情報

映画『ふしぎの国のアリス』あらすじ

良いお天気の昼下がり。

野原の木陰で本を朗読する一人の女性がいます。木の上にはもう一人女の子がいて、女性の朗読をつまらなさそうに聞いていました。女性は女の子に歴史の本を読んであげているようです。

その内、女の子が真面目に聞いていない事に気がついた女性は女の子に怒ります。

無邪気に笑うその子の名前はアリス。楽しい事が大好きで想像力が豊かな彼女は怒る女性に「ごめんなさい、でも挿絵の一枚も無い本なんて退屈だわ」と言います。そして飼い猫のダイナに「私の世界には退屈なんて事は無いわ」と言いました。

想像力が豊かなアリスにとってはヘンテコな事を考えるのは朝飯前でした。

ダイナと共に川縁で寛いでいると、服を着たウサギが懐中時計を持って大慌てで走り去って行くのが目に入ります。驚いたアリスは急いで後を追いかけました。ウサギは「大変!遅刻しちゃうよ!」と大慌てで木の根本にある穴の中へ入って行きました。

後を追ったアリスは足を滑らせて穴の中に転がり落ちてしまいます。

真っ逆さまに落ちていく事を予想したアリスでしたが、体はふわふわと浮きながらゆっくり落ちて行きます。アリスの周りには本棚や地球儀、机にテーブルと様々な物が浮いていました。下まで降りるとウサギが小さなドアの中に入って行くのが見えました。

ドアノブを回すとドアノブが悲鳴を上げます。

「お嬢さんは大き過ぎて通れないよ」とドアノブは言いました。するとアリスの目の前に小瓶が現れました。ラベルには「私をお飲み」と書かれています。

アリスは中身が毒ではないかと疑いましたが一口飲むとチェリーパイの味がしました。

二口のむとまた違う味に変わりました。そして気がつくと小瓶の方が大きくなっていたのです。アリスの背はドアを通れる位の大きさまで縮んでいました。

これなら通れると喜んだアリスにドアノブは「すまんね、鍵がかかってるんだ」。

すると今度はテーブルと共に鍵があらわれます。しかし、小さくなり過ぎてしまったアリスはテーブルの上に登る事ができません。すると今度はクッキーが現れます。

クッキーには「私を食べて」と書かれていました。

クッキーを食べたアリスの体は部屋いっぱいの大きさになってしまいました。きっとこのまま元に戻れないのだと悲観したアリスは泣き出します。アリスの涙は部屋いっぱいに溜まってしまいました。

このままではいけないと流れてきた小瓶の液体を飲み干します。

すると今度は体が小さくなり、空の小瓶の中に入ってしまい、そのまま涙の海をチャプチャプ浮かんでいました。「このままどうなるんだろう」と不安そうに呟くアリス。アリスを乗せた小瓶はドアノブの口を通ってドアの外に出ました。

海岸に流れ着いたアリスは不思議な団体に出会います。

パイプを蒸すドードー鳥を中心に様々な動物達がグルグルと回っています。アリスが様子を見ているとどうやら海で濡れた体を乾かす為に走っているようです。そんな事で服が乾くのかしら?とアリスは疑問に思いましたが、ウサギを見つけてその場を後にしました。

「うさぎさん待って!」と呼び止めますが余程急いでいるのかウサギは行ってしまいます。

追いかけるアリスが次に出会ったのは双子のトゥイードル・ダムとトゥイードル・ディーです。双子はアリスが気付くと嬉しそうにセイウチと大工の話をしてくれました。話を聞いたアリスは再びウサギを追いかけます。

ウサギの家に到着するとウサギがアリスを召使のメアリー・アンと勘違いして「手袋を取ってきてくれ」と頼まれます。

ウサギの家に入ったアリスは手袋を探すついでに見つけたクッキーを食べました。するとアリスの体は家から飛び出す程に大きくなってしまいました。驚いたウサギはドードー鳥に助けを求めました。

ドードー鳥は近くを通りかかったトカゲのビルに怪物退治を依頼。

可哀想なビルはアリスのくしゃみで遠くに飛ばされてしまいました。次にドードー鳥は家を燃やしてしまおうと言いました。慌てたアリスは何か食べなくてはと庭の畑にあった人参を齧りました。

途端に小さくなる体。

アリスが居なくなったことに気が付いていないドードー鳥はまだウサギの家を燃やそうとしています。ウサギは懐中時計を見てこうしちゃいられないと大慌てでどこかに消えてしまいました。

小さくなって後を追ったアリスはキノコの上に座って水タバコを蒸す芋虫に出会いました。

芋虫はアリスにヘンテコな話をした後蝶になってどこかに飛んで行ってしまいました。

去り際に芋虫は体の大きさを変えることができるキノコの食べ方をアリスに教えて行きました。アリスはキノコで丁度いい大きさになるとポケットにキノコをしまって再びウサギを追います。

道中、姿を消せるチェシャ猫に出会い、イカレ帽子屋と三月ウサギのお茶会に行くと良いと言われて早速向かいました。

お茶会ではヘンテコな「生まれない日」のお祝いが行われています。

アリスは帽子屋達に生まれない日を祝ってもらいました。するとそのお茶会に再びウサギが現れました。再び後を追うアリスはそのまま傲慢でわがままなハートの女王が支配するトランプの王国に入って行きます。

そこにはアリスがさらに驚く不思議な出来事が溢れているのでした。

\31日お試しで動画無料/今すぐ無料で動画視聴する

映画『ふしぎの国のアリス』キャスト・出演者

  • アリス:キャサリン・ボーモント
  • 白うさぎ:ビル・トンプソン
  • ハートの女王:ヴェルナ・フェルトン
  • いかれ帽子屋:エド・ウィン
  • 三月うさぎ:ジェリー・コロンナ
  • チェシャ猫:スターリング・ホロウェイ

映画『ふしぎの国のアリス』スタッフ

監督

クライド・ジェロニミ
ハミルトン・ラスク
ウィルフレッド・ジャクソン

音楽

オリバー・ウォレス

脚本

ウィンストン・ヒブラー
ビル・ピート
ジョー・リナルディ
ウィリアム・コトレル
ジョー・グラント
デル・コネル
テッド・シアーズ
アードマン・ペナー
ミルト・バンタ
ディック・ケルシー
ディック・ヒューマー
トム・オレブ
ジョン・ウォルブリッジ

製作

ウォルト・ディズニー
ロイ・O・ディズニー

興行収入

560万ドル

映画『ふしぎの国のアリス』の感想や口コミ

女性
女性
ふしぎの国のアリスは、ルイスキャロル原作の「不思議の国のアリス」をアニメ化した作品で、1951年に公開されました。ディズニーの数ある作品の中でも有名ともいえるこの作品は終始へんてこな世界が続いていきます。なぜか時計を持って急いでいる服を着たウサギを追いかけていくところから始まります。そして大きくなったり小さくなったり、喋る動物、お花、トランプ兵、ハートの女王などタイトル通りすべてが不思議な世界にアリスが翻弄されていきます。1951年に公開されて作品のため、手描きのアニメーションです。今のアニメとはまた違った柔らかさやレトロ感があり、不気味といえば、不気味だし、不思議だけど可愛い世界観が表現されています。アリスのリアクションも可愛く、ずっと不思議な困難がアリスに降りかかってきますが、アリスはめげずに立ち向かっていきます。結果、これはアリスの夢の中の世界だということに気づきますが、こういう現実的だけどところどころgへんてこな部分がある夢は誰しもが見たことあるのではないでしょうか。また、様々な可愛い歌やキャラクターが次々登場するので、好きなシーンが見つかると思います。少し、不気味なシーンもあり、子供の頃トラウマになってしまったという方もいると思いますが、もう1度見返してみると新たな発見があったり、楽しみ方がすると思うのでぜひ観てほしいです。
女性
女性
元々ルイス・キャロルの原作の物語が大好きで最初から期待大で鑑賞したのですが、映画『ふしぎの国のアリス』は期待通りのディズニーアニメ映画でした。なんと言っても映画『ふしぎの国のアリス』出てくる可愛らしいキャラクターと世界観がたまりません!

 

今すぐ無料視聴

※記載の情報は2020年8月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス