アニメ映画

映画『101匹わんちゃん』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替配信あらすじやキャスト

このページでは、映画『101匹わんちゃん』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\31日間無料で見放題/今すぐ無料で動画視聴

映画『101匹わんちゃん』といえば、1961年に公開された99匹のダルメシアンをめぐる物語で、人気ヴィラン(悪役)のクルエラをはじめ、ディズニーを代表する有名な作品ですね。

本作は、 ウォルトディズニーが亡くなってから公開された、最初のディズニー映画となっています。

50年以上の前の作品と思えないくらい滑らかに動く綺麗なアニメーションは、当時は衝撃的なクオリティの高さだったと言われています。

そんな「101匹わんちゃん」は、1996年に「101」として実写映画されたり、2000年にも「102」というオリジナルストーリーが作製されたりと、今も衰えない人気を発揮しています。

ディズニーデラックス

映画『101匹わんちゃん』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\『101匹わんちゃん』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

映画『101匹わんちゃん』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× 300円 933円 31日間
dTV × 300円 500円 31日間
TELASA × 300円 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 300円 500円〜 31日間

 

\31日間無料で見放題/今すぐ無料で動画視聴

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

  • 映画『101匹わんちゃん』
  • アニメ作品『101匹わんちゃんⅡ~パッチのはじめての冒険』
  • 映画『101』
  • 映画『102』

ディズニープラスでは、ディズニーアニメシリーズ作品が見放題作品なので、全作無料で一気見が可能です!

https://tsuiokunomori.jp/disneydeluxe-lineup/

ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

 

\31日間無料で見放題/今すぐ無料で動画視聴

映画『101匹わんちゃん』の映画情報

映画『101匹わんちゃん』あらすじ

舞台はロンドン、1匹のダルメシアンのボンゴと、飼い主のロジャーが主人公です。

ボンゴの飼い主のロジャーの仕事は作曲家でした。しかし、なかなか芽の出ない毎日で、カツカツの日々を送っています。

音楽が大好きなロジャーは、その日もピアノに向かって作曲活動に集中していました。仕事に熱心な飼い主はいいことですが、ボンゴは遊んでくれる人がおらず退屈していました。

飼い主のロジャーに恋人の1人でも見つけてやるかとアパートの部屋から通りを見下ろしていたところ、自分と同じダルメシアンが女性の飼い主と散歩しているところを見つけました。

ボンゴは、そのメスのダルメシアンの美しさに一目惚れしてしまいます。

この機会を逃したくないと思ったボンゴは、急いで作曲中のロジャーを散歩へ引っ張り出しました。一生懸命にメスのダルメシアンに追いつくと、ボンゴは興味を持って彼女に近づきました。

メスのダルメシアンも、ボンゴに関心を抱きました。お互いがお互いを知ろうと、ぐるぐると見つめ合いながら歩き回ったため、お互いのリードが飼い主を絡めてしまいました。

2匹のリードが絡みついてしまったロジャーと女性の飼い主は、ついにはバランスを崩して近くの噴水へ落ちてしまったのです!

女性の名前は、アニータと言い、その飼い犬のダルメシアンはパディーダという名前がつけられていました。

噴水事件がきっかけで、飼い主2人は急激に仲を深めていきました。そしてついには、交際をするようになり、最終的には結婚にまで至ったのです。そして、もちろん、飼い犬のボンゴとパディータも夫婦として結ばれました。

新居に引っ越した2人と2匹のもとに、アニータの旧友であるクルエラ・ド・ヴィルという女性が訪れてきます。どこから噂を聞いたのか、飼い犬の2匹のダルメシアンを見て、子犬が生まれたらぜひとも自分に知らせてほしい」と言い残して帰っていきます。

さらに、幸せは次々に訪れました。なんとダルメシアンカップルの間に、可愛い子犬が生まれたのです!それもなんと、黒と白の模様がなんともキュートな15匹兄弟です。

しかし、またもや突如としてクルエラがロジャーとアニータの元へ現れたのです。

彼女は実は、様々な動物の毛皮を集めていたのでした。そして今度の狙いは「ダルメシアンの毛で作った毛皮」です。それが目当てで、ボンゴとパーディダの15匹の子供たちを譲ってもらおうとやってきたのです。

もちろん、2匹の犬だけでなく、飼い主のロジャーも子犬を殺すことに大反対です。きっぱりとクルエラの頼みを断って追い出しました。クルエラはそんな態度が面白くありません。

ロジャーはしばらくの間、クルエラの再来に警戒していましたが、それ以降、クルエラからの接触は全くありませんでした。そして、数ヶ月間のうちに、15匹の子犬たちはすくすくと成長を遂げていました。

子犬たちが無事に大きくなったこともあり、久しぶりにロジャー夫婦と犬のボンゴ夫婦は2人と2匹で夜のお散歩で出かけました。家では家政婦が子犬たちと留守番をしています。

すると、そこに突然、電気会社を名乗った男2人組がロジャーの家を訪ねてきました。防災に関する新しい法律が成立したため、電気の配線を早急に点検させてほしいとのことでした。

怪しげに思った家政婦は、2人が家に上がるのを断りましたが、制止をふりきって男たちは家に入ってきたのです。

そう、その男たちは、ダルメシアンを狙うクルエラの手下、ジャスパーとホーレスで、ロジャーたちの留守を狙って家に侵入し、まんまと15匹の子犬たちをさらっていってしまったのです!

散歩から帰ってきたボンゴとパディーダは子供たちがいなくなったことを知り驚きます。そして、子供たちを取り返すべく、急いで遠吠えを通して仲間たちに状況を伝えました。

ボンゴたちのSOSは、ロンドン中の動物に伝わりました。そしてさらに情報は拡散し、ロンドンよりもはるか遠くの田舎に暮らす野良猫のチブス軍曹と犬の大佐も届きました。

2匹は、急いで調査を進め、外れにある空き家『ド・ヴィル屋敷』に15匹の子犬が誘拐されれたことと、さらにダルメシアンの子犬はボンゴたちの子供を合わせて、なんと99匹もいることを確認しました。

話を聞いたボンゴとパーディダは、99匹の子犬を助けに、クルエラが身をひそめる屋敷へと向かいました。

…果たして、ボンゴたちはクルエラの手から子犬たちを助け出すことができるのでしょうか?

続きは本編でお楽しみください!

 

\31日間無料で見放題/今すぐ無料で動画視聴

映画『101匹わんちゃん』キャスト・出演者

  • ポンゴ:ロッド・テイラー
  • パーディタ:ケイト・バウアー
  • ロジャー・ラドクリフ:(台詞)ベン・ライト、(歌)ビル・リー
  • アニータ・ラドクリフ:リサ・デイヴィス
  • クルエラ・ド・ビル/ミセス・バードウェル:ベティ・ルー・ガーソン

101匹のダルメシアンの吼え声は、動物の鳴き声ではないのをご存知ですか?

実は、あの有名なドナルド・ダックの声優、クラレンス・ナッシュが全ての犬の鳴き声を担当したそうです!100匹を超える犬たちを1人で担当したなんて考えられないですね。

その声色を、本編で確認して見てください!

映画『101匹わんちゃん』スタッフ

監督

ウォルフガング・ライザーマン
ハミルトン・ラスク
クライド・ジェロニミ

音楽

ジョージ・ブランズ

脚本

ビル・ピート

原作

ドディー・スミス

製作

ウォルト・ディズニー
ロイ・O・ディズニー

 

\31日間無料で見放題/今すぐ無料で動画視聴

映画『101匹わんちゃん』感想や口コミ評価

男性
男性
「101匹わんちゃん」は動物好きにはたまらない作品だと思います。私は初めて見たときに「犬を飼いたい!」という願望にかられました。この作品は冒頭から主人公であるダルメシアンの「ポンゴ」と飼い主の「ロジャー」の関係性の良さに心が温まります。直接言葉を交わすことはできなくてもお互いを大切にしていることが伝わってきます。また、ポンゴが自分とロジャーのパートナーを探すことから始まるのですが、2人は好みまでぴったり。本当に息が合っています。ポンゴの可愛らしい策略により出会い結ばれたのが「パーディ」と「アニータ」です。しっかり者で落ち着き上品な2人にポンゴたちが惹かれるのも納得です。そして新しい生活がスタートし、「ナニー」という家政婦さんまで登場し幸せを絵にかいたような生活に見えます。そんな時にパーディが妊娠したことを聞きつけ登場する悪役が「クルエラ」です。ディズニーの作品と言えば悪役も魅力的なことが多いのですが、クルエラは人間らしい悪役だと思います。彼女は魔法も使いませんし、特別美しくもありません。見た目だけでいうと骸骨みたいだなと思いました。そんな彼女を振り回すのは物欲です。毛皮のコートに目がない彼女は、ダルメシアンの毛皮に目を付けます。知人のペットで毛皮のコートを作ろうという恐ろしい発想にぞっとします。しかも彼女が目を付けたのは生まれてくる子犬たち。小さな子犬を可愛がるのではなく、毛皮を剥ごうとするとは本当に悪魔のようです。子犬たちがさらわれたときには早く助けないと大変なことになる!と画面越しにドキドキしていました。そして人間には任せておけないと立ち上がった動物たち。この救出劇にはとてもわくわくさせられました。子犬たちはまだまだ幼いこともあり、緊急事態で逃げているにも関わらずとんでもない行動にでることがあるのです。そしてクルエラとその手下たちと追いかけっこのようになるのですが、クルエラの目を欺くためさまざまな工夫をするポンゴ。のんびりと穏やかな雰囲気の印象がある彼ですが、とても父親らしく男らしかったです。普段はそんな空気を見せないのに、大切な時にその力を発揮できるポンゴはとても素敵でした。この作品は古い作品のため絵が独特なところも魅力の一つだとも思います。最期の展開も含め退屈することのない作品ですのでぜひ大切なご家族さんと見ていてください!
女性
女性
『101匹わんちゃん』では主人公がなんと犬!ヒロインも犬!犬だらけの犬好きにはたまらない映画なのではないでしょうか。主人公の犬(犬種:ダルメシアン)ポンゴは、ある日散歩中に同じダルメシアンのパーディタに一目惚れします。ポンゴの主人もパーディタの飼い主に一目惚れし、飼い主同士、犬同士で結婚することになりました…ってすごいですよね。飼い主も飼い犬もカップル成立って現実でもなかなか無いことな気がします。こうして15匹の子犬が産まれました。これがめちゃくちゃ可愛いんです。コロコロ転がりながら子犬同士でじゃれあっているシーンは、ディズニーが動物の描写を得意としていることもあって、非常にリアリティを保ちつつもアニメらしい愛らしさがあります。しかしそんな可愛い子犬たちを、今回のヴィラン、クルエラが狙い始めます。
このクルエラが取る手段がなかなか姑息で、プリンセスシリーズのヴィランたちが大いに力をふるっていたことを思うと、舞台も含め現代よりだなあと思っていました。
見どころはやはりラストシーン、101匹のわんちゃんが道路をいっせいに走ってくるシーンですね。数が数なだけあってものすごい迫力ですし、展開上の爽快感に笑いが止まりませんでした。犬好きの方、絶対楽しめると思いますのでどうぞご覧になってみてください。
女性
女性
1962年に公開されたアメリカのアニメ映画です。ウォルトディズニーが制作した長編作品です。あらすじは、ロンドンのはずれに住むダルメシアンのボンゴは、パーディタという雌犬に一目惚れします。2匹は結ばれ15匹の子犬を授かります。その後、飼い主の旧友のクルエラは、子犬たちを誘拐してしまいます。誘拐された子犬たちは、馬小屋に閉じ込められていました。そこには、合計99匹の子犬が誘拐されていました。ボンゴとパーディダは、子犬たちの救出に馬小屋に向かいます。無事救出しますが、その帰り道クルエラに見つかり大ピンチとなります。しかし、クルエラの車は手下の車と衝突し、ダルメシアンたちは助かります。ロジャーとアニータは、ロンドンにて合計101匹の犬たちと暮らすことを決意するという話です。この映画は、コンピュータグラフィックスがない頃の作品なので、今見ると、逆に新鮮な映像が描かれていると思います。映画の中では、99匹もの犬が描写されていて、迫力のある映像でもありました。可愛らしいシーンがたくさんあるので、子どもにおすすめしたい作品です。
女性
女性
犬好きにはたまらない映画です。今でも月に一度は必ず見返しています。犬が主人公の視点での映画はなかなかないので普段見る映画とは違った視点が味わえるので面白いです。映画中盤からの展開が特に面白く奪われた自分の子供たちを親犬自らが犬独自のネットワークを駆使して助け出しに行くシーンが特にお気に入りです。子犬1匹1匹にも特徴があり誘拐犯の二人に勇敢に立ち向かっていく子犬がいたりはじめから終わりまでずっと空腹を訴え続ける子犬などがいます。同じダルメシアンでもやはり性格はちがうものだとわかるのが割と現実世界にもあり得るところです。最終的に誘拐された15匹とお金と交換で買われた84匹全員が車から降りて家の中に向かうのは実際見ているとすごいことになりそうだなと見るたび思います。
女性
女性
「101匹わんちゃん」の見どころは何といっても子犬たちの冒険です!幸せな家庭に生まれた子犬たち。自分の毛皮にしてしまおうと子犬たちを狙う悪役「クルエラ」。クルエラのずる賢い魔の手を人間ではなかなか止められず、動物たちのネットワークで子犬たちを救い出します。先頭を切るのはさらわれた子犬たちの母「パディータ」と父「ポンゴ」。人間と暮らすペットという立場にいますが、人間顔負けの頭のよさや行動力、子供たちを絶対に助けるという親子愛には感動です。子供と一緒に見ていると、子供を抱きしめたくなるような愛があふれる作品です。また、子犬たちも個性的でそれぞれのキャラクターがはっきりとしているので、お気に入りの一匹が見つかるかもしれません。
女性
女性
101はディズニーの名作に1つで、何は最高って!登場人物といい、ストーリーといい本当に最高なんです。中でも特に最高なのが主人公ポンゴの飼い主である、ロジャーが物語のラストにクルエラが誘拐した101匹の犬たちもすべて受け入れちゃうんです!その心の広さといい、乗りの良さ!本当に素敵で、私の1番お気に入りのキャラクターです。また、他にもいろいろな種類のワンちゃんたちはもちろんですが、この作品には、馬や牛、猫なども登場し種類の垣根を越えて、力を合わせて犬たちを救出するんです…なにって!本当に出てくる動物たちが優しくて…人間も見習わなきゃなと…大人も子供も一緒に見てほしい心が温まる素敵な作品だな。と思いました。
女性
女性
絵本でも読んだことがあったので親しみがありました。アニメでもダルメシアンの象徴的な模様がたくさん出てきて、ダルメシアンワールドです。私は犬を飼っていませんし、それほど犬が好きというわけではないのですが、犬好きでなくても楽しめる映画だと思います。家族愛やワンちゃんの賢さがたくさん詰まっています。悪役のクルエラの悪女っぷりも作品にメリハリがついて楽しかったです。幸せな犬の家庭だからこそ、悪役を入れてピリッとさせた方がとてもバランスがとれると思いました。クルエラは生後間もない子犬を買おうとするんですよね。ダルメシアンの毛でコートを作ってビジネスに使うつもりだったんです。このクルエラが結構しぶとくと、ようやく諦めたかなと思っても手下を使ってワンちゃんを奪おうとするんです。もちろん最後は悪をやっつけてわんちゃんは無事に助かるわけです。最後、「素敵なクリスマスだな!」というところは、視聴者も幸せな気持ちにあふれて感動しました。画像が少しレトロなのも見どころだと思います。古い時代にできたアニメだからでしょうが、そんなに古臭くて遅れた感じはしませんでした。
女性
女性
わんちゃんによるわんちゃん救出劇が楽しめる、ディズニー映画です。ポンゴとパーディタの間に生まれた、15匹のダルメシアンの赤ちゃんは本当に可愛く、それぞれ個性もあって、見ているだけで癒されます。おうちに可愛いわんちゃんがたくさんいるなんて、犬好きの人は特にたまらない環境だろうと思います。仲良し夫婦とわんちゃんたち、という幸せな家族のもとに、クルエラがやってきて、大変なことをしでかします。ダルメシアンの子犬を集めて毛皮のコートをつくる、という残酷で勝手な理由で、わんちゃんたちを狙ってくるところが恐ろしいです。世界征服や王国の乗っ取りなど、他のディズニーヴィランズたちの悪事とは規模こそ違うものの、ひどいと思わずにはいられませんでした。クルエラの手下たちが間抜けでなかったら、わんちゃんたちは逃げきれなかったかもしれないと思います。詰めの甘いコンビのおかげで、ポンゴとパーディタは子どもたちと他の子犬もあわせて助けることができました。犬同士のネットワークを使い、周りに助けられながら、子どもたちのため奔走するポンゴとパーディタに、深い親の愛情を感じます。人間も犬も関係なく、子どもに対する愛は偉大だと感動しました。それだけに、クルエラと部下コンビの自滅っぷりは、自業自得としか言えないです。毛皮のコートよりもよっぽど素敵なものを手に入れたポンゴたちの、賑やかな生活を思い、心が暖かくなりました。
女性
女性
101匹わんちゃんは、最初と最後は幸せな気分にさせてくれます。中間は、怖い駆け引きがあり、目が離せませんでした。
面白さと命が狙われる恐怖が重なった映画で、笑いあり、ドキドキありの楽しいストーリーです。

この映画は、1961年に公開したディズニー映画で、2匹の犬(犬種:ダルメシアン)が夫婦になり、15匹の子供がうまれて
幸せな生活から始まり、犬の毛皮を作ろうとする人間の欲望が生んだ恐怖の事件に子犬が巻き込まれ、仲間たち助けを借り
ながら子犬を救出する、だが助け出した子犬が99匹になって帰ってくるというストーリーになります。

ここで特におススメするシーン5選を紹介!

1、主人公の犬(ポンゴ)が一目惚れした雌犬(パーディタ)を追いかけトラブルを起こす
アパートの窓から外をみていると散歩中の雌犬に目が行くポンゴ、その中で一匹の犬(パーディタ)に一目惚れして
飼い主を連れて散歩という形で近づきトラブルを引き起こし夫婦になるのですが、このトラブルは面白いです。

2、ポンゴの飼い主(ロジャー)が歌う
ロジャーは売れない作曲家です。妻(アニータ)の旧友(クルエラ)が家に来ると聞いて、いきなり歌いだします。
この歌は、クルエラの本性を歌った歌なので、一度は聞いてほしいです。

3、子犬が誘拐される
誘拐を依頼された二人の悪者が、業者と称して家に入り子犬をさらっていきます。ここでは、お手伝いさんが抵抗する
姿がとてもかわいらしいです。

4、子犬を殺そうとする人間の手から脱走し家に帰る
子犬は家に帰ろうと手助けされながら必死に悪い人間から逃げています。もちろん、大人の動物たちが誘導しているの
ですが逃げる側、追う側の駆け引きがドキドキさせます。

5、無事助かった子犬の行方はどうなる
無事、家に辿りつきましたが、ロジャーとアニータはビックリします。帰ってきたのは15匹ではなく、99匹だったから
です。さて、この子犬たちの行方はどうなるか気になります。

映画『101匹わんちゃん』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス