洋画

映画『アメリカンスナイパー』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじキャスト

このページでは、映画『アメリカンスナイパー』の高画質動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アメリカンスナイパー』は2015年公開。アメリカ軍の狙撃手、クリス・カイルの自伝「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」が原作。クリント・イーストウッドが監督を務めました。

ディズニーデラックス

映画『アメリカンスナイパー』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『アメリカンスナイパー』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『アメリカンスナイパー』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税込) 無料視聴期間
U-NEXT なし 1,990円 31日間
Hulu なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × 300円 932円 31日間
dTV × 300円 550円 31日間
TELASA ×/○ なし 572円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 なし
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × 199円 500円〜 31日間

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる『ブラッドリー・クーパー』関連作品

  • 映画『イエスマン “YES”は人生のパスワード』の動画見放題
  • 映画『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』の動画見放題
  • 映画『ハングオーバー!!史上最悪の二日酔い、国境を越える』の動画見放題
  • 映画『ハングオーバー!!!最後の反省会』の動画見放題
  • 映画『ジョーカー』の動画ポイント利用作品

U-NEXTで見れる『クリント・イーストウッド』監督関連作品

  • 映画『パーフェクトワールド』の動画見放題
  • 映画『マディソン郡の橋』の動画見放題
  • 映画『硫黄島からの手紙』の動画見放題
  • 映画『父親たちの星条旗』の動画見放題
  • 映画『リチャード・ジュエル』の動画ポイント利用作品

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アメリカンスナイパー』の映画情報

映画『アメリカンスナイパー』あらすじ

主人公、クリス・カイルはテキサス州生まれ、両親、弟のジェフとの4人暮らし。幼いころから狩猟を教わり、一流のハンターになれると言われます。

父親はクリスとジェフに人間には3種類いると教えます。

一つ目は世の中に悪などいないと信じ、いざ悪と遭遇すると身を守れない者、「羊」。

二つ目は弱者を力で餌食にする捕食者、「狼」。

三つ目は群れを守るため強力な力を発揮する類まれなる者、「番犬」。

 

父親は二人を「羊」に育てる気はなく、「狼」だった場合は退治すると告げます。

大人になったクリスは弟と毎週末ロデオに参加する生活を送っていました。

ある日、タンザニアとケニアのアメリカ大使館爆破事件をテレビで知ったクリスは自分にも何かできないかと考え、弟とともに海軍に入隊します。それまでクリスは牧場の使用人でした。

30歳近くになってからの入隊を教官に揶揄されたりしますが、能力を認められ、海軍特殊部隊(ネイビー・シールズ)に所属します。

訓練は過酷なものでしたがクリスは基礎訓練を終え、射撃訓練で優秀な成績をあげます。

ある時、訓練をしていたクリスは教官と対立します。射撃の際にスコープに集中するため片目を閉じるように指示されますが、クリスは不測の事態に備えるため開けておきたいと主張します。

教官は反抗したクリスに罰を言い渡しますが、遠く離れた標的横のヘビを撃ったことで彼の主張は認められます。

2001年、クリスはバーで出会った女性、タヤに一目ぼれします。姉がネイビー・シールズの隊員と付き合っていたことがあったタヤは初めはクリスとの交際に消極的でしたが、次第に惹かれるようになり、2002年に二人は結婚します。

結婚式の日、クリスは挙式の直後に派兵されることになります。2001年に起きた9.11同時多発テロがきっかけとなりイラク戦争が始まっていました。

第一回派遣。

イラクの暑さと砂埃の中でクリスはスコープを覗き、敵の動きを監視していました。

女性と少年が屋外に出てきて、女性は少年に対戦車手榴弾を渡します。クリスは本部に無線連絡しますが、その場の判断に任されます。もし誤って一般人を射殺した場合は刑務所行きです。

ギリギリの選択をせまられたクリスは走り寄って戦車に近づいた少年を撃ち殺します。さらに女性が手榴弾を手にして近づいたのでクリスはやむをえず女性も撃ちます。

味方を守った功績を認められたクリスでしたが、「最初がこんなことだとは思わなかった」ともらします。

さらに爆弾を積んで暴走する車の運転手、対戦車手榴弾をしかける少年、武器を持って部隊に近づく男など、クリスは次々と狙撃していきます。

当時、部隊の最重要標的はイラク・アルカイダのNo.2とされるザルカウィという男でした。

カイルは監視だけではなく、海兵隊とともにザルカウィの捜索任務にも同行します。

部隊は彼の右腕とされる”虐殺者”(アミール・ハラフ・ファヌス)の情報を避難区域にいた長老(シャイフ)から得ます。正体が不明だった”虐殺者”の名前が明らかになったことは前進でした。

本部は長老に会うことにしますが、作戦中に狙撃され、”虐殺者”に長老とその息子が殺されてしまいます。クリスも狙われ、動きがとれませんでした。

相手は300m先から狙撃していて、噂ではオリンピックに出場した経験のあるムスタファという人物とのことでした。

クリスは部隊の安全が守れなかったことを悔います。

帰国したクリスは身重のタヤと過ごします。

ある日、彼女と病院に行った際に血圧を測られます。帰国してから外に出ようとしないクリスをタヤが心配して頼んだのでした。

数値は170/110。

何もせず座っていただけとは思えない異常な数値でした。

帰りの道中、クリスの健康について話している時にタヤが産気づき病院に引き返して出産、息子のコルトンが生まれます。

喜ぶ二人でしたが、クリスの心は戦場にありました。詳しいことを話さないクリスに対しタヤは「想像するのは辛い。」「心も戻ってきてほしい。」と言うのでした。

戦場での経験が徐々に精神に影響をあたえる中、クリスは全四回の派遣に参加します。

限界に近づいてしまった彼は果たしてどうなるのか。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アメリカンスナイパー』キャスト・出演者

  • クリス・カイル:ブラッドリー・クーパー
  • タヤ・カイル:シエナ・ミラー
  • ムスタファ:サミー・シーク
  • ライアン・“ビグルス”・ジョブ: ジェイク・マクドーマン
  • ウェイン・カイル:ベン・リード

映画『アメリカンスナイパー』スタッフ

監督

クリント・イーストウッド

脚本

ジェイソン・ホール

撮影

トム・スターン

編集

ジョエル・コックス

原作

クリス・カイル「ネイビー・シールズ最強の狙撃手」

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『アメリカンスナイパー』感想や口コミ評価

男性
男性
映画『アメリカンスナイパー』の監督クリント・イーストウッドは長身・大柄の俳優でもありました。わたしがイーストウッドの作品と出会ったのははるかに50年近く前のことです。犯罪者を.44口径の大型リヴォルバー・マグナム44で容赦無く射殺する荒くれ刑事を演じた『ダーティー・ハリー』(1971年制作)の主演者としてです。「悪を暴力で裁く。力こそ正義!」という当時の米国のマッチョな世界観を体現するかのごとき傲慢でふてぶてしい役者でした。そのイーストウッドは好戦的な米国共和党支持であることは変わらないものの、ブッシュ政権が大義を掲げて遂行したイラク戦争には終始反対し、米海軍のエリート特殊部隊SEALSの、生え抜きの狙撃手(スナイパー)であるクリス・カイルの心の傷を追うほどに繊細な映画監督へと変化を遂げたのは、わたしにとっては驚きでした。イラクに侵攻した米軍は、地元民兵などのゲリラに悩まされる泥沼戦争に足を踏み入れていました。特殊部隊の狙撃兵クリス・カイル(演ブラッドリー・クーパー)は大型の狙撃銃で現地を鎮圧する米兵を襲撃するイラク人を射殺する特殊任務に身を挺しています。ところがイラク側は子供や女性をも動員して、圧倒的な勢力の米軍に非対称戦争を仕掛けて米軍に損害を強いていました。クリスは軍務のためとはいえ、女子供を射殺する役目に嫌気がさして遂に除隊を申し出ます。映画監督イーストウッドは、クリス・カイルの心に負った傷(トラウマ/PTSD)を丁寧に描き込んでいるのです。
男性
男性
これは、2014年に公開されたアメリカの映画です。もとアメリカ軍の伝説の狙撃手であるクリス・カイルの自叙伝がもとになっていて、興味深く視聴できました。クリントイーストウッドが、映画化したもので、アメリカ戦争映画としては最大のヒットとなりました。これは、入れ具戦争に4度従事したクリスの波乱の生涯を、過酷な戦場体験をもとにして、彼が発症したPTSDの苦悩を交えて描いてくれています。戦争映画としては「プライベート・ライアン」を初めて超えた市場最高の興行収入を獲得しています。この映画では、クリスの心情がよく描かれていて、反戦映画としては良い仕上がりだと思います。また、戦争に子どもが巻き込まれるなどリアリティーも感じます。しかし、ラストでクリスが殺されてしまうシーンはとても悲しくなりました。
男性
男性
この作品のCMがかなり印象的でしたので映画館に足を運びました。CMの中にもあった銃を構えるシーンをはじめ、全体的には特にかなり緊張感があります。日本人には「軍」「戦争」はなじみがありません。それでも終始ドキドキしながら鑑賞できました。この作品のために主演のブラッドリー・クーパーはトレーニングや食事制限をしたそうですがそういった意気込みが伝わり、リアリティもありました。こんなにドキドキし続けた映画は時初めてです。伝説の狙撃手でありながら、良き父、良き夫でもあり、立派な1人の人間の心がむしばまれていく報われない姿は、言葉でうまく表現できないほど複雑な感情を持たせました。重いテーマ、内容ではありましたが見終わった後に考えさせることが多々ありました。見るのに意気込みは必要かもしれませんが、のん気に生きる日本人もぜひ見てほしい知ってほしい映画です。
女性
女性
この映画を見終わってみて、まずこの映画が実話だという事実に驚いた。多少脚色は施しているだろうが、最後のテロップが流れるまでは、この驚異的な戦績を誇るスナイパーの物語が、実際にそれも十年ほど前に活躍した軍人の話だと信じられなかった。また、イラク戦争が映画の舞台になっていて、戦闘も現代の戦争に近いため、個人的には他の戦争映画よりも、より身近でリアルに感じられた。鑑賞中は常に気を張り詰める展開が続き、鑑賞後は何とも言えない気分と脱力感に襲われた。戦争から家族の下に帰還した後も精神的に苦しめられていく主人公を見て、あまりこれまでの戦争映画では触れられてこなかった、戦争の悲惨さの新たな側面を目にした気がした。
男性
男性
この映画の予告動画はとてもインパクトがありました。さらに、なんの前情報もなくこの映画を見たのでラストの結末にとても驚きました。クリント・イーストウッド監督は本当に人の心を描くのが上手な監督だと思います。決して娯楽大作のような映画ではありませんが、心に残る素晴らしいメッセージ性のある映画だと思います。戦争はやっぱり良くないよ。この作品の主人公も、凄腕のスナイパーでありながら、いやだからこそ戦場に取り憑かれてしまったようなシーンもありました。アメリカに戻れば平穏な日々もあり、子供や妻もいるのに何度も戦場へ戻っていく姿を見ながら、心がギュッと締め付けられました。この主人公クリス・カイルを演じたブラッドリー・クーパーもここ数年素晴らしい演技の作品が多いと思います。『ハングオーバー』のようなコメディ映画から、『特攻野郎Aチーム』のようなアクション大作、そしてこの作品のようなシリアスのヒューマンドラマまで、幅広い役柄を演じられる役者さんだと思います。最近だと、レディーガガが主演を果たした『アリー/スター誕生』では、出演と監督を務めるなどさらに活躍の場を広げていますね。間違いなく、この『アメリカンスナイパー』もブラッドリー・クーパーの代表作となる一作だと思います。
女性
女性
戦争映画は数多くありますが、その中でも胸に突き刺さり、なかなか忘れることのできない作品です。実話を基にしている分、リアリティがあります。さらに、イーストウッド監督の鋭い視点から描かれたストーリーには、静かながら戦争に対する虚しさや哀しみを感じました。主人公のクリスは、イラク戦争において狙撃手として従軍します。戦争当時はあまり実感していませんでしたが、本当に多くの人が戦場へ行き、亡くなっていたのだと思い知らされます。同時に、イラク国民も戦争に巻き込まれ、罪もないのに命を落としていたことが改めて辛く感じられました。戦争の中で、自分や仲間が生き残るためには、敵を撃つしかないという切迫した状況が、とても現実味を帯びて画面から伝わってきました。アメリカ軍にとっては、クリスは英雄扱いされますが、イラク軍にとっては脅威の存在でしかありません。命を狙われる極限の環境から生き延びて帰ってきても、大きなトラウマが残ってしまうのは当然だと思わずにいられませんでした。一方で、クリスには妻子がおり、ごく普通の夫・父親の顔を持っています。兵士としての自分と、一般人としての自分の境目がどこにあるのか、私が彼だったとしても、わからなくなってしまうのではないかと思います。人間の在り方を歪めてしまうのが、戦争というものなのだと感じました。エンディングで使用された実際の映像が、なによりも痛切に「戦争のおそろしさ」を物語っており、衝撃的でした。
男性
男性
2015年アカデミー賞で作品賞、主演男優賞を含む6部門にノミネートされた作品。イラク戦争で160人以上を射殺し、アメリカ最強とうたわれたクリス・カイルの自伝をクリントイーストウッドが映画化。軍人役ということもあってか、いつもはナイスガイというイメージのブラッドリー・クーパーが筋肉隆々でがっちりとして男らしい姿となっていてかっこいい!!クリスの妻タヤ・カイル役はシエナ・ミラー。「二つ星の料理人」と同じブラッドリー・クーパー×シエナ・ミラーのコンビだ!と思ったら、「アメリカンスナイパー」が先なんですね。この映画で一番印象的なのはやはり主人公クリスが爆弾を持っている子供を射殺するところ。スコープ越しに女性から何かを渡され、自分たちの部隊のほうに向かってくる少年を撃つかどうかためらうシーンはものすごく緊迫感があり、自分の引き金に命が任されているという重さが伝わります。戦場へ行く回数を重ねるにつれ、だんだんと変わっていくクリスに恐怖。銃声や爆発音が耳鳴りのように頭の中で鳴り響き、感情的になることが増えていく姿は序盤の頃の姿とは違って見えます。実際にアメリカで問題となっている帰還兵のPTSDの問題を知ることができます。
女性
女性
クリント・イーストウッドが監督だし、主役は私の好きなブラッドリー・クーパーだったので見ました。しかもヒロインはシエナ・ミラーで、この二人よく共演しているなーと思いました。主役のクリスはまさに戦場のヒーローですね!どんな過酷でも仲間を守る!というこだわりを見事に守り抜きます。実際戦争という余裕のない舞台で仲間を助けてる余裕あるか!とツッコミたくなるのですが、彼の仲間思いな姿勢は素晴らしいですね。現代は自分だけ都合よければそれでいいという自己中な人も多いので…。でもクリスは出る杭は打たれるで、あまりに腕が良すぎて目を付ければ、反乱兵のターゲットにされてしまうのですね。それが何ともむごいというか理不尽というか、やるせなかったです。クリスには大事な家族もいて、家族もクリスの命の無事を願っています。平穏な生活にクリスが一刻も早く帰れますように…!と、視聴者も心から応援してしまいます。しかし戦争は終わりがなく、クリスは家族にずっと会えずに戦場、戦場…。休む暇がなく極限状態でクリスのメンタルもだんだん危機的状況になっていくんです。レジェンドといわれた戦士・クリスがどのような運命をたどっていくのか、最後は生き残って家族と再会できるのか…。とても悲しい結末が待っていますが、見ごたえたっぷりです。
女性
女性
本作は自伝を元にあの巨匠、クリント・イーストウッドが監督をつとめた実話になります。主人公のクリスは父親から狩猟を教わり、その腕前は褒められるほど銃の扱いが上手でした。牧場で平和に過ごしているとテレビで放送されていた事件を見て、アメリカ海軍へ入隊することになります。アメリカのために何か出来るのではないかと思える正義感が本当に立派だと私は感じました。戦場に行かなくてはいいなら、立候補してまで行こうとはなかなか思えません。クリスの腕前は海軍でも認められアメリカ海軍の特殊部隊であるネイビー・シールズへの所属が決まります。生きている的なら撃てるは本当に名言だと思います。この間にクリスは運命の女性と出会い、結婚。ですがすぐにイラクへの派遣が決まり、戦車に向かって不審な動きをする女性と子供に対して何もしないでくれと祈るように呟きますが、これが戦場…手榴弾を持っていた女性と子供を撃ち殺すことになります。このシーンは本当に見ている側も何もしないでと思いたくなるほど緊張感に溢れるシーンになります。クリスは戦場で大きな功績を残し、家族の反対を押しきりライバルの狙撃手を倒すために何度も戦場へ向かいます。退役するころにはPTSDに苦しもやはり家族の支えが何よりの薬。立ち直ったクリスは今度は自分が仲間を助けるために行動するようになりますが、セラピーのために一緒にいた元海兵隊員に射殺されこの世を去ってしまいます。この終わりは決して納得できるものではありませんが、これが現実なのかもしれません。戦争が何を奪い何を生み出すのかを本当に考えてなければいけないと思える作品です。

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス