洋画

映画『アラジン』高画質動画を無料フル視聴!ディズニーアニメ実写化の話題作|字幕/吹替

このページでは、映画『アラジン』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『アラジン』は「千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)」の「アラジンと魔法のランプ」をもとに、1992年に作られたディズニーの長編アニメ映画の実写版作品です。

アグラバーという国の貧しい青年アラジンが魔法のランプを手に入れ、現れた魔人の力を借りて大冒険する、歌あり、ダンスあり、アクションあり、そして今回はHIP HOPのラップまである(出演者にウィル・スミスがいるので、そこはお手の物)という、超一級エンターテイメント作品になっています。

ディズニーデラックス

映画『アラジン』動画をディズニープラスで無料フル視聴する方法

\映画『アラジン』は/
\ディズニープラスで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料動画でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』動画も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間動画が無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベルの人気作品動画が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 会員限定の動画配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
ディズニープラス なし 770円 31日間
U-NEXT × 440円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV × 400円/2日 932円 30日間
dTV × 400円~/2日 550円 31日間
TELASA × 500円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
Amazonプライム × 399円 500円〜 30日間

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

ディズニープラスで視聴可能な関連作品

などなど

Disney+(ディズニープラス)で視聴可能なおすすめ作品ディズニープラスで視聴可能なディズニーアニメ くまのプーさん/みんなのクリスマス ドナルド劇場: ミッキーマウス!クリス...
ディズニープラスの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

ディズニープラスの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『アラジン』の映画情報

映画『アラジン』あらすじ

アラジンはサルの相棒アブーとともにアグラバーという国で暮らす貧しい青年です。その貧しさゆえ市場で盗みを繰り返す毎日を送っていました。

そんなある日、空腹の子供にパンを与えたことで泥棒呼ばわりされてしまう女性と出会います。実は彼女は変装して町に出てきたアグラバーの王女ジャスミンでした。

彼女の母親の形見である腕輪を使ってなんとかその場をしのいだアラジンでしたが、ジャスミンに返すはずだった腕輪をアブーが盗んだために、侍女のフリをしていた彼女をひどく怒らせることになってしまいます。

アラジンは何とか腕輪を返そうとして王宮に忍び込み、無事にジャスミンと会うことができますが王宮の衛兵に捕まってしまい、国務大臣のジャファーのもとへ連れていかれます。

そこでアラジンは侍女だと思っていたジャスミンが王女であることを教えらます。ジャファーはアラジンにチャンスを与えると告げ、魔法の洞窟へ行き、そこから魔法のランプを取ってくるように命じます。

アラジンはアブーとともに洞窟に入り、そこで岩に挟まれていた意志を持つ魔法の絨毯を助けて、無事にランプを手にすることに成功します。

しかし、掟を破ったアブーがランプ以外の宝物に触れたため洞窟の中に閉じ込められてしまいます。

困り果てていたところ、助けた絨毯にランプをこすってみるように指示され、その通りにするとランプの中から魔人ジーニーが現れ、アラジンにランプをこすって願い事を言えば3つかなえると言うのでした。

アラジンはジーニーの力を利用して洞窟からの脱出に成功すると、初めの願い事としてデタラメな国「アバブア」の王子、アリとなって名と衣装を変えてジャスミンに会いに行きます。

 

元になっている1992年の長編アニメ版『アラジン』ではランプの魔人ジーニー役を故ロビン・ウィリアムズが声優として演じています。

そのコミカルなキャラクターは大人気になり、作品自体もアメリカで1993年のビデオ販売数が2400万本と年間1位となりました。

また、魔法の絨毯で旅をする場面で流れる、映画の主題歌でもある「ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)- 新しい世界 」と作中で、ジーニーが歌う「フレンド・ライク・ミー(Friend like me)- 僕みたいな友達」は1993年の第65回アカデミー賞で歌曲賞を受賞しました。

今回の実写版『アラジン』でジーニーを演じたウィル・スミスは1992年のアニメ版『アラジン』のロビン・ウィリアムズに敬意を払うとともに、今作では「30年のキャリアで培ってきた力を全て注いだ。」というほどの熱意をもって演じたことを来日した際に語っていて、新たなジーニーを創り出せたことに誇りを持っているようです。

さらに、今作、実写版『アラジン』にはもう一つの楽しみがあります!

それは、吹き替えです。

なんと今回、主人公アラジンの吹き替えを演じたのは人気俳優の「中村倫也」さんです!!

それからアグラバーの大臣で悪役の、ジャファーという人物がいるのですが、こちらの吹き替えも人気俳優の「北村一輝」さんです!

それだけでも観る価値(聴く価値?)ありですが、さらにもう一人、なくてはならない存在の人がいます。

それは、ジーニーの吹き替えを演じた大人気声優の「山寺宏一」さんです!!

1992年のアニメ版『アラジン』の大好評に引き続きということで、今回もやっぱりこの人でなくてはなりません!

字幕版で視聴した後に(先に吹き替えでもOKですが)さらにもう一回、吹き替え版で視聴することをお勧めしたいです!

人気俳優と天才声優との感激の視聴体験をすることができます!!

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『アラジン』キャスト・出演者

  • アラジン:メナ・マスード(中村倫也)
  • ジャスミン:ナオミ・スコット(木下晴香)
  • ジーニー:ウィル・スミス(山寺宏一)
  • ジャファー:マーワン・ケンザリ(北村一輝)
  • サルタン:ナヴィド・ネガーバン(菅生隆之)
  • ダリア:ナシム・ペドラド(沢城みゆき)
  • アンダース王子:ビリー・マグヌッセン(平川大輔)
  • イアーゴ:アラン・テュディック(多田野曜平)
  • ハキーム:ヌーマン・アジャル(宮内敦士)
  • オマール:ジョーダン・A・ナッシュ(鈴木柊真)
  • リアン:タリア・ブレア(稲葉菜月)
  • ジャマル:アミール・ブートゥロス(山本兼平)
  • 魔法の洞窟:フランク・ウェルカー(掛川裕彦)

主役のアラジン役:メナ・マスード、ヒロインのジャスミン役:ナオミ・スコット、二人とも今作になくてはならない存在ですが、なんといっても注目なのはランプの魔人、ジーニーを演じたウィル・スミスだと思います。

彼なしでは今回の『アラジン』は成立しません。上述した通り「30年のキャリアで培った力を全て注いだ。」というのに納得の演技です。

歌あり、ダンスあり、アクションあり、ラップありのジーニーは彼が創り出してきたキャラクターの中でもトップにランクするものだと言えるでしょう。

彼が今作、実写版『アラジン』にかけた情熱は、来日した際に語った通り誇らしく思えるほどのものに違いありません。

また、ディズニー・スタジオの制作環境にも言及していて、そのクリエイティビティあふれる現場の話は日本ならず、世界中の制作関係者が憧れるものだといえるでしょう。

彼曰く、「撮影スタジオのすぐ近くに特殊効果、衣装、ダンススタジオなどの各部屋が隣接していて、リアルタイムで組織的に創造性あふれるものが生み出せる環境だった。」ということでした。

映画『アラジン』スタッフ

監督

ガイ・リッチー

脚本

ジョン・オーガスト
ガイ・リッチー

制作

ダン・リン
ジョナサン・アイリック

制作総指揮

マーク・プラット
ケヴィン・デラノイ

撮影監督

アラン・スチュワート

プロダクション・デザイン

ジェマ・ジャクソン

編集

ジェームズ・ハーバート

衣装デザイン

マイケル・ウィルキンソン

歌・音楽

アラン・メンケン

作詞

ハワード・アシュマン
ティム・ライス

新曲作詞

ベンジ・パセック
ジャスティン・ポール

作曲

アラン・メンケン

\ディズニー動画が31日間無料視聴可能/
今すぐ無料で動画視聴へ

映画『アラジン』感想や口コミ評価

女性
女性
『アラジン』は公開が2000年を過ぎている、ディズニーのアニメ映画の中でも比較的新しい作品です。それの実写化ということでわくわくしながら観に行ってきました。
まず、ジャスミンやアラジンなどのキャラクターのビジュアルがしっかりはまっていてよかったです。ウィル・スミスさん演じるジーニーも、予告では違和感があったものの、いざ見始めるとその素晴らしい演技力でジーニーにしか見えなくなってきました。豪華絢爛な王宮も見る価値ありです。
ストーリーはほとんど変化がありません。しかし、ディズニーがお得意とする「時代の流れを汲む」という技が十分に発揮されており、この映画ではジャスミンによる「女性の意思表示」という点において表現されていました。実写映画限定のジャスミンによる『スピーチレス』は力強い歌声でとてもかっこよかったです。
そして、やはり見どころは『フレンド・ライク・ミー』ですね。序盤の曲ではありますが、ジーニーのユーモアあふれる魔法による迫力ある映像と、アラジンによるノリノリのダンスは落ち込んでいるときに励まされているような心地になります。
男性
男性
アニメが大好きで何度も見ていたので魔法の絨毯やアラジンの動き、ジーニーの魔法などなどアニメならではの動きがどの様に再現されるのかとても楽しみにしていました。
アラジンは夢のある作品なので実写化する事で夢が壊されてしまわないか少し心配していましたが映画の技術の高さでアニメの様な夢のある世界が感じられました!
実写化と言っても原作そのままというよりは変わってるところが結構あってアニメが大好きな分物足りなさも少し感じましたが実写版ならではの面白さも感じられました。
アラジンが日本で公開されて話題になっていたSpeechlessはジャスミンの女王としての悲痛な心の叫びが綺麗な歌声と共に迫力のあるシーンです。吹き替え版でジャスミンの声を担当している木下春香さんの美しい歌声は何度も聞きたくなります!
アラジンがジャスミンにアバブワの場所を聞かれて地図のどこにあるか教えてあげるシーンではジーニーが近くにいないのにどうやってピンチを切り抜けるのか?とどきどきしましたが、ジーニーの魔法の力でアバブワ王国を地図上に存在させたのは面白かったです。
アニメ通りだと思うとちょっと違和感があるかもしれませんが実写版ならではのちょっとした笑いがある映画です!
男性
男性
アニメーション版を過去に何度も視聴していて、期待とともに観たこの実写版アラジン。やっぱりディズニーは期待を裏切らないです。大人になった今でも惹かれてしまうこの魅力は何なのでしょうか。ジーニーの魔法やパレードなどを実写でやってのけてしまうのには本当に脱帽です。ジーニーをウィル・スミスで観るか、山ちゃんで観るか、迷っちゃいますね笑。基本的にはオリジナルとストーリーは同じなのですが、アニメ版にて疑問とされていた部分が実写版では改善されて脚本がなされています。アニメ版を観て「あれ?これ駄目じゃない?笑」と思った方、ぜひ実写版を観てください。きっと納得してもらえると思います。とはいえ実写版とは違い、アニメの世界ではある程度矛盾が生じてもそれが味のような気はしますが…。またミュージカル映画としても楽しめる作品です。今回の実写版のために収録されたSpeechlessという曲はジャスミンの力強さを存分に感じることのできる一曲です。近年のジェンダー問題に力を入れようとしているディズニーの意識が感じ取れます。今後このような作品がもっとディズニーが発信してくれることを願っています。さぁさぁ聞きたくなってきましたね。「アラビアンナ~…
女性
女性
まず、映像がとても綺麗で美しいです。ディズニー実写映画史上最高だと思います。特に、有名な、絨毯に乗ってホールニューワールドを歌うシーンの映像が素晴らしいです。アラジン役とジャスミン役の俳優さんも美しくて、目に良い映画です。アニメ版ではなかった、スピーチレスという歌をジャスミンが歌うシーンは、一番感動しました。アラジンでなくなんて思っていませんでしたが、友達も一緒に泣いてしまいました。まず曲自体がホールニューワールドに負けないくらいとてもいいです。今まで女だからと押さえつけられていたジャスミン が、力強く歌うのが歌詞とともに心に響きました。ジャファーからランプを取り返したり、追いかけられたりするシーンはとてもハラハラしましたが、アブーとアラジンの連携がとても面白く、見入ってしいます。見どころの一つだと思います。ハッピーエンドで終わるので、心臓にも優しい映画です。
女性
女性
ディズニーアニメ、アラジンの実写版。最初はジーニーの姿やアニメ版より大人なアラジンやジャスミンに違和感があるかもしれませんが、映像も美しく、歌も素晴らしいのでぜひ見ていただきたい映画です。実写版のジャスミンはアニメより大人で強い印象で、実写版のオリジナル曲であるスピーチレスはとても素敵な曲です。陽気なジーニーはとても楽しい気分にさせてくれますし、ちょっと悪くて不器用で優しいアラジンはキュンとさせてくれます。あんなアラジンに「信じて」と言われたら、迷わず信じてしまうでしょう。ジーニーとアラジンの友情、ジャスミンとアラジンのラブストーリーは子どもはもちろん大人も楽しめる映画です。見終わった後は、きっと知らぬ間にホールニューワールドを口ずさんでいると思います。
女性
女性
これは2回みました。まずはじめに1回目は冒頭部分でずいぶん軽く動かないアラジンだなと思いました。アニメの方をしっているがゆえに軽々とした動きを想像していたからです。でも、いざ見始めていきウィル・スミスのジーニーが出た瞬間、この重厚感とCGだけれども人間味のある動きがたまらなくよくなりました。実写版アラジンの音楽もアラビアンでよく俳優にうまく混ざりこんでいました。ですが、何かしっくりくるようなこないような感じでおわったので2回目をみることにしました。2回目を見たら、これはウィル・スミスのジーニーの話ではないかと!完璧に主役になっていることに気が付きました。このジーニー物語としてみた瞬間この映画の面白さがなん百倍にも心に入ってきました。
女性
女性
有名なディズニー作品を実写化ということで、ジーニーをどう表現するんだろう??などと心配な点もありましたが、全く心配は無用でした。映像がきれいだし、アラビアの世界観をしっかり感じられて、ジーニーもウィルスミスがはまり役で、音楽もよかったです。見どころがたくさんある作品でしたが、私にとってこの作品の一番の魅力はジャスミンだと思います。これまでよくいた「おしとやかで控えめなお姫様」ではなく、芯があってしっかりしていていい王様になろうと努力している強くて美しいお姫様でした。男女平等社会で女性の活躍も求められている現在、ジャスミンのような女性は女性である私にとって憧れる姿でした。こんな女性になりたいと勇気をも与えてくれる素敵な映画です。
女性
女性
多くの人に人気のディズニーアニメ「アラジン」を実写化するということであの独特の世界観が壊れないか心配でしたが、そんな心配は一切いりませんでした。すべてのキャストがまるでアニメの中から飛び出してきたかのように違和感がなく、想像以上でした。

特にアラジン役をしたウィル・スミスのコミカルな演技は彼以外いないといえるくらい適役で、彼が歌い踊れば、一緒に体が動き出しそうになりました。

この映画の一番の見どころは、美しい音楽と映像だと思います。映画を観ていると勝手に体がリズムをとり、一緒に歌いだしたくなるくらい楽しい気持ちになります。また、アラジンとジャスミンが魔法の絨毯で飛んでいるシーンは自分までが空を飛んでいるような感覚にしてくれます。

ここまで映画の世界に入り込み、楽しい気持ちになった映画は初めてでした。その他の楽しみとしては、吹替版の中村倫也さんの歌声もとても素晴らしくて、字幕版を観た後は吹き替え版でもう1回観ると、また違ったアラジンを楽しめるのでおすすめです。

女性
女性
すでにディズニーアニメで何度も観ていたので、実写版だとどんなふうになるのか気になって見てみました。アニメ版が良すぎたので、実写化されたら少し見劣りするだろうなと、マイナスに考えていたのですが、そんなことありませんでした!実写版も見事にアニメ版の世界観を再現していました。アグラバーの街並みもイメージ通りでしたし、アラジンとジャスミンの人物像もアニメと雰囲気がぴったりでした。ただ、筋書きはアニメと違うところがありました。アニメのストーリーに忠実に合わせているわけではないですが、実写版は少し内容が違う部分があるのも新鮮です。一番の見どころはなんといっても、アラジンとジャスミンが魔法の絨毯に乗りながらホールニューワールドを歌うシーンです。私は字幕版を見たのですが、特にジャスミンの歌声が綺麗過ぎてうっとり聴きいってしまいました。アニメ版のジャスミンも透き通る声で曲にぴったりですが、実写版のジャスミンも美しい歌声でホールニューワールドを歌っていました。歌声も素敵なのですが、背景の夜景も美しく、とても癒されました。「アラジン」という映画の独特な雰囲気を楽しめます。また、お城でアラジンが踊りを見せるところも迫力があってかっこよかったです。
女性
女性
多くの人が知っているディズニー作品であり、私自身も大好きなアニメ映画なので、最初は実写化を不安視していました。しかし、それは全くの杞憂でした。ロマンチックなラブストーリーはもちろんのこと、冒険要素もふんだんに取り込まれ、笑いあり涙ありの素晴らしい出来栄えだったと思います。まずすごいと感じたのは、キャラクターの再現度の高さです。アラジンやジャスミンといったメインキャラは、原作と変わることなく、むしろ更に美しさや格好良さを増していました。一番難しかっただろうジーニーについては、ウィル・スミスが実にコミカルかつフランクに演じていて、違和感なく受け入れることができました。ビジュアル面では、ジャファーがイメージとは異なる姿でしたが、「国のトップになる」ことにこだわる彼の内面が丁寧に描かれており、悪役としての魅力が増していたと思います。個人的に最も印象的だったのは、ジャスミンの芯の強い姿でした。国を大事に思う気持ちは誰よりも強いのに、女性故に政治に関わることができないジレンマに悩む様子は、現代社会にも通じるものがあると思います。それでも負けやしない、乗り越えてみせる、と高らかに歌い上げるシーンでは、感動のあまり泣いてしまいました。そして、アラジンもまた、大切なのは地位や名誉でなく、愛であり友情なのだということを、はっきり示してくれます。アラジンとジャスミンのまっすぐな思いが国を救い、ジーニーを解放する展開には、思わず拍手したくなるほどでした。映画を見終えると、冒頭場面の意味がより一層理解でき、感慨深くなります。アラジン好きの人には、特に見てほしい一作です。

映画『アラジン』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はディズニープラスホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス