アニメ映画

映画『バグズライフ』動画を無料フル視聴!あらすじやキャスト字幕&吹替

このページでは、映画『バグズ・ライフ』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

映画『バグズ・ライフ』はピクサー・アニメーション・スタジオ制作の3DCG長編アニメーション映画。1998年公開。全編を通して虫のキャラクターのみが登場し、人間は出てこない作品です。

映画『バグズ・ライフ』
動画を無料で見る

ディズニーデラックス

映画『バグズ・ライフ』動画をDisney DELUXEで無料フル視聴する方法

\『バグズ・ライフ』は/
\Disney DELUXEで見放題/

今すぐ無料お試し無料お試し期間の31日間なら
費用は1円もかかりません!

  • 月額770円(税込)で全ての動画が見放題!
  • 他のVODでは有料作品でも見放題の作品が多数!
  • 『アナと雪の女王2』も見放題で無料視聴が可能!
  • 初回の31日間は無料で見放題
  • ディズニー&ピクサー&マーベル作品の人気作品が見放題!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 会員限定配信やオリジナルグッズも多数!

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はDisney DELUXEホームページにてご確認ください。

映画『バグズ・ライフ』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
Disney DELUXE なし 770円 31日間
U-NEXT × 330円/2日 1,990円 31日間
Hulu × × なし 932円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 932円 30日間
dTV × × なし 550円 31日間
TELASA ×/○ × 300円/3日 572円 30日間
Netflix × × なし 800円〜 30日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム ×/○ × 199円/2日 500円〜 30日間

https://tsuiokunomori.jp/disneydeluxe-lineup/

Disney DELUXEの登録・解約方法の詳細はこちらをタップ

Disney DELUXEの入会・登録方法

ドコモのケータイをご利用の方

ドコモ以外のケータイをご利用の方

ディズニーデラックスの解約はこちらから

  • 映画やテレビは製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

映画『バグズ・ライフ』の映画情報

映画『バグズ・ライフ』あらすじ

舞台は虫達が暮らす島、多くのアリ達が食糧を集めて秋に備えていました。

アリはとても臆病で慎重、列をなして食糧を運ぶ時も間に木の葉が落ちてきただけで列を見失ったと大騒ぎします。

アリ族のアッタ姫はバッタ族の襲来を前にして不安で一杯です。アリ族はバッタ族のために食糧を集めさせられていたのです。

ある日、アリ族の一員であるフリックは発明したエサの収穫機で食糧を集めていました。

しかし、その収穫機は食糧を取った後に、その植物の枝を後方に飛ばすという危険なものでした。

周りに迷惑な物を発明するフリックは皆から厄介者扱いをされていましたが、そんな彼を幼いアッタ姫の妹、ドット姫は慕っていました。

役に立たないものを発明するフリックは「まだ飛ぶことが出来ない」というドット姫を励まし、二人は仲良しになります。

そんな時、危険を知らせる合図が鳴り響きます。バッタ族の襲来です。

アリ達はバッタ族のための食糧を保管場所に置き、急いで巣穴に隠れます。

そこでフリックは収穫機ごと保管場所に食糧を放り投げますが、運悪く収穫機が保管場所の葉を支えていた石に当たってしまいます。

葉は崩れ落ちて食糧は水たまりの中へ落ちて無くなってしまいます。

貢物の食糧が無いことに腹を立てたバッタ族はアリの巣の天井を蹴り崩し中へ押し入ってきます。

バッタ族の長、ホッパーはアッタ姫に詰め寄り、生態系について語ります。「太陽が食糧を育て、アリが収穫し、バッタがそれを食べる。」

ホッパーは雨期までの数ヶ月間で今までの2倍の食糧を集めておくように命令し、バッタ族は去っていきます。

フリックは「悪気はなかった。役に立ちたかった」といいますが、許されません。アッタ姫は一ヶ月の穴掘りを命じようとしますが、一族の中にいてはまた何か厄介事をしでかすのではないかという意見がでます。

処分について決まらず、考え込むアリ達にフリックは「街へ出て助っ人を探し、バッタ族を追い払ってもらう」と申し出ます。

アリ達は厄介者のフリックが助っ人探しに行っている間に邪魔されず食糧を集めようという計画にし、彼の申し出を認めます。

フリックはたんぽぽの綿毛に乗り、島から出て助っ人探しの旅に出発します。

誰もフリックの計画が成功するとは思っていませんでしたが、ドット姫だけは「必ずフリックはやり遂げる」と信じていました。

一方、ある所で虫のサーカス団が公演を行っていました。観客はハエ。公演の内容はあまりいいものではなく、ハエからはブーイング。

段取りを間違えて団長のノミが黒焦げになるとハエ達は大喜びしますが、団長は腹を立て、関わった団員をクビにしてしまします。

その頃、街に到着したフリックは助っ人探しを開始し、バーに立ち寄ります。

そこはでは、サーカスをクビになった虫たちが話をしていました。ハエに絡まれたてんとう虫のフランシス達が「俺たちは戦士だ」と言って追い払おうとします。

それを見たフリックは彼らを本当の戦士と勘違いして勧誘します。団員たちもサーカスのスカウトだと勘違いして詳しい話を聞かずにフリックの頼みを聞き入れてしまいます。

勘違いをしたままのフリックと団員たちはアリ達が住む島へ向かいます。2倍の食糧を集めるように命じられたアリ達は疲れ果てていました。

そこへ助っ人を連れてきたので、アリ達は大喜びします。

しかし、団員達を迎える催しで、バッタを倒すために連れてこられたことを知った彼らはフリックに自分たちがサーカス団であることを明かし、立ち去ろうとします。

フリックは彼らを引き留めようと追いすがりますが、その最中に天敵である鳥の巣の目の前に出てしまいます。

様子がおかしいことに疑問をもったアッタ姫達が見守る中で、フリックを追ってきたドット姫が鳥の標的になりそうになり、それを助けたことでアリ達は団員たちが本当の戦士であると全員が勘違いして大歓声がおこります。

歓声に気を良くした彼らですが、バッタ族と戦うつもりはありませんでした。

そこでフリックがあるアイデアを思いつきます。団員たちに戦わなくてもいいというのです。

フリックとサーカスの団員達はバッタ族をどうやって追い払おうとするのか。

映画『バグズ・ライフ』キャスト・出演者

  • フリック:デイヴ・フォーリー(宮本充)
  • ホッパー:ケヴィン・スペイシー(壌晴彦)
  • アッタ姫:ジュリア・ルイス=ドレイファス(土井美加)
  • ドット姫:ヘイデン・パネッティーア(須藤祐実)
  • フランシス:デニス・リアリー(田中正彦)
  • スリム:デヴィッド・ハイド・ピアース(伊藤和晃)
  • ハイムリック:ジョー・ランフト(島香裕)
  • マニー:ジョナサン・ハリス(小山武宏)
  • ジプシー:マデリーン・カーン(相沢恵子)
  • ロージー:ボニー・ハント(林佳代子)

映画『バグズ・ライフ』スタッフ

監督

ジョン・ラセター
アンドリュー・スタントン

脚本

アンドリュー・スタントン
ドナルド・マッケネリー
ボブ・ショウ

音楽

ランディ・ニューマン

編集

リー・アンクリッチ

製作

ダーラ・K・アンダーソン
ケヴィン・リバー

映画『バグズ・ライフ』感想や口コミ評価

男性
男性
まずまだ見ていないという方、大丈夫です。虫ワールドですが、そこまで怖くありません!というのも元のストーリーは「アリとキリギリス」。アリさんは真面目にせっせと働いて冬ごもりの準備、逆にキリギリスさん達(作中ではバッタとされています)はアリ達の努力を横取りしようとするお話。確かにハイムリックは芋虫ですし、ロージーは蜘蛛ですが、どのキャラクターも個性的で愛嬌があります。

このバグズ・ライフ、私は何度見ても面白いと思うのがバグズ・ライフを通して考えることができる現在社会と政治についてです。私もそこまで政治については詳しくありませんが、この映画には三種類の立場のキャラクター達が存在します。まずせっせと働くアリ達、つまり労働者です。またアリ達を管理し、利益を得るバッタ達、つまり資本家です。最後に、この二つに属さない外部、サーカスの一団とその他出演者達。アリ達が毎年蓄えた食べ物をバッタ達が徴収していることから、この食べ物=税金と考えることができます。最終的にアリ国の主人公フリックが圧政に耐え兼ね、アリ国全員に働きかけ暴動を起こします。日本の歴史にもこのような過去があり、各地で地主に対する一揆が起きている時もありましたね。こう見てみるととても奥が深いバグズ・ライフ。これは勿論全体における個人的見解なのですが、それ以外にも〚食物連鎖〛〚自然の摂理〛〚雇用者と従業員の関係〛〚王族〛、またサーカス団長のノミの名前はあのグレイテストショーマンP.T.バーナムを彷彿とさせる「P.T.フリー」、それなら〚人種差別〛や〚マイノリティーグループ〛についての話題が出てきてもおかしくはなく、様々な角度から考察できる映画として、大学などでも取り上げてみると面白いのではないかと思ったりもします。

因みに私のお気に入りは、みんなで一緒にはりぼて鳥を作るシーン!自然界にある木や葉が形を変えていく様は、モノづくりが好きな人には堪らないはず!また小学校の時の自由工作も思い出されて見ていて楽しくなってきます。バグズ・ライフはPIXARの中でも序盤の作品、また虫がテーマということで嫌煙する方が多いかもしれませんが、生物として私達人間に近いからこそ、自分達に置き換えて考えることができる物語とも思います。特に小さなお子様といるご家庭、また経済学、政治学、心理学、哲学に興味のある方にもおすすめです!是非一度見てみてください!

映画『バグズ・ライフ』を
無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の情報はDisney DELUXEホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス