2020年冬ドラマ

ドラマ『ゆるキャン△』無料動画1話〜最終回12話見逃し配信と実写ネタバレあらすじ感想!

5

もくじ

ドラマ『ゆるキャン△』動画配信状況

ドラマ『ゆるキャン△』の動画が
Amazonプライムビデオ
全話配信予定

【Amazonプライムなら】
無料視聴期間の30日間
動画が無料で見放題

\アニメ『ゆるキャン△』も/
\全話無料で視聴可能!/

Amazonでの買い物にも
プライム特典が利用可能!

プライムリーディングで
雑誌や漫画・書籍も読める!

ドラマ『ゆるキャン△』見逃し配信動画

VOD 動画配信
動画 月額(税込)
TVer 最新話のみ 0円
ネットもテレ東 最新話のみ 0円
Paravi × × 1,017円
U-NEXT × × 2,189円
Hulu × × 1,026円
TSUTAYA TV
× × 1,026円
dTV × × 594円
FOD × × 976円
Netflix × × 880円〜
Amazonプライム 1話〜最終回 5,390円/年間

 

ドラマ『ゆるキャン△』キャスト

  • 志摩リン 役/ 福原遥
  • 各務原なでしこ 役/ 大原優乃
  • 大垣千明 役/ 田辺桃子
  • 犬山あおい 役/ 箭内夢菜
  • 斉藤恵那(えな) 役/ 志田彩良
  • 各務原桜 役/ 柳ゆり菜
  • 鳥羽美波 役/ 土村芳
  • ちくわ 役/ 山口チョコ

ドラマ『ゆるキャン△』番組情報

番組名 木ドラ25「ゆるキャン△」
放送日時 テレビ東京 テレビ大阪 テレビ愛知
2020年1月9日スタート
毎週木曜深夜1時~1時30分
BSテレ東
2020年1月14日スタート
毎週火曜深夜0時~0時30分
原作 「ゆるキャン△」あfろ(芳文社)
脚本 北川亜矢子
主題歌・OPソング 主題歌:LONGMAN「Replay」
(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)
オープニング:H△G「瞬きもせずに」
(ドリーミュージック)
公式サイト・SNS 公式HPTwitterInstagram

世の中は、空前のキャンプブームが到来しています。数々のキャンプ場では、週末には定員一杯になり、色とりどりのテントが張り巡らされています。そんなキャンプブームを牽引しているといっても過言ではないのが、250万部突破の大人気コミック「ゆるキャン△」。

テレビ東京の2020年1月クール木ドラ25枠(毎週木曜 深夜1時)は、キャンプブームの火付け役となった「ゆるキャン△」を実写化します。2018年に放送され、大好評となったTVアニメに続いて、多くの視聴者の皆様に愛されるような実写ドラマを目指します。

キャンプを通じて、緩やかに変わりゆく女子高校生たち。
見た人すべてが癒やされるゆるゆる系ガールズキャンプドラマ!

静かにキャンプを楽しみたいソロキャンパーの主人公・志摩リン役に福原遥が決定。『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ)などでの好演や、歌手としても活躍するなど注目を集めている福原はこの度、テレビ東京初主演となります。

リンと出会ったことでキャンプに惹かれていく女子高生・各務原(かがみはら)なでしこ役に大原優乃、高校の同好会「野外活動サークル」(通称:野クル)の部長・大垣千明役に田辺桃子、野クルの一員・犬山あおい役に箭内夢菜、リンの友人・斉藤恵那(えな)役に志田彩良が決定しました。

本作は原作コミックに可能な限り忠実に、ロケ場所にもこだわりながら撮影を行います。ドラマを見るとキャンプに行きたくなる。行かなくても行った気分になる。原作コミックで描かれた絶景を、実際に映像としてお届けします。キャンプの魅力とキャンプを満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描いた、新感覚ゆるゆる系キャンプドラマにご期待ください!

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/yurucamp/intro/

ドラマ『ゆるキャン△』第1話〜ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第1話ネタバレあらすじ(1月9日)

ソロキャンプが趣味の女子高生、志摩リン(福原遥)は、今日もひとりでキャンプへ向かう。本栖湖の浩庵キャンプ場へとやってきたリンは、湖畔にテントをテキパキ準備し始める。まったりと一人の時間を過ごすリンはトイレへ向かうと、富士山を見に来て迷子になった女子高生、各務原なでしこ(大原優乃)から助けを求められる。戸惑うリンだったが、お腹が減ったというなでしこのためにカレー麺を用意することに。
二人で焚き火を囲みながら他愛もない会話をしていると、目の前にはある光景が…

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/yurucamp/story/index.html

ドラマ『ゆるキャン△』第1話ネタバレあらすじ

はじまり

ソロキャンプが好きな女子高校生、志摩リン(福原遥)は今日も自転車に荷物を積み、ソロキャンプへと出かけます。

自転車で移動途中、本栖湖公衆トイレ前のベンチで各務原なでしこ(大原優乃)が寝ているのを目撃します。

志摩リン(福原遥)は、「すごいところで寝ているな~。絶対風邪をひくだろうな。」と思ったものの、声をかけることなく通り過ぎます。

キャンプ場に到着した志摩リン(福原遥)は、受付を済ませ、ソロキャンプを開始します。

ソロキャンプ開始

志摩リン(福原遥)は、一人で手際よくキャンプの準備を進めていきます。

準備が終わると、お湯を沸かしコーンスープを飲みながら大好きな本を読んでゆったりとした時間を満喫します。

すると、高校の友達である斎藤恵那(志田彩良)から「今日はどこでソロキャンプ?」と連絡が来ました。

志摩リン(福原遥)は、「本栖湖の浩庵キャンプ場だよ。寒い。」と返信をしました。

斎藤恵那(志田彩良)は、「そりゃそうだろ。」と返信を見て笑います。

気温5℃のキャンプ場で、カイロのぬくもりを頼りに本を読んでいたがさすがに耐えられなくなってきた志摩リン(福原遥)は、焚火を準備することにした。

焚火に使えそうなマツボックリや細い枝を探します。探し終えると、次はお水を汲みに本栖湖公衆トイレまで行きます。

すると、キャンプ場に到着する前にベンチで寝ていた各務原なでしこ(大原優乃)が少し移動した位置でまだ寝ているのを発見します。

志摩リン(福原遥)は、「よくこんなところで寝れるよな~。私なら寒くて・・・死ねる。」と思ったものの、またもや声をかけることなく通り過ぎます。

キャンプ地に戻った志摩リン(福原遥)は、焚火の準備を手際よく始めます。

「煙臭くなるし,肌乾燥するし、火の粉飛んで服に穴あきがちだと分かっていても、この暖かさには勝てない。」とほっこりする志摩リン(福原遥)でした。

そして、焚火でまったりしながら暗くなるまで読書をしました。

 

新たな出会い!?

暗くなってきたし、トイレに行っておこうと思った志摩リン(福原遥)は、本栖湖公衆トイレに向かいます。

本栖湖公衆トイレからキャンプ地へ向かおうとするが、ベンチで寝ていた各務原なでしこ(大原優乃)のことを思い出しました。

しかし、その姿はなく「さすがにもういないか。」と志摩リン(福原遥)が思い、振り返った後ろには泣きじゃくる各務原なでしこ(大原優乃)がいました。

志摩リン(福原遥)は、びっくりして逃げ出してしまいます。その後を、各務原なでしこ(大原優乃)が追いかけてきました。

キャンプ地に着き、追いかけてきた各務原なでしこ(大原優乃)の話を聞いてみると「今日、山梨県に引っ越してきて自転車で富士山を見に来たけど、疲れて横になったらいつの間にか夜になっていた。」と話します。

話を聞いた志摩リン(福原遥)は、「坂道を下っていけば、下まですぐだと思うけど。」と話す。

しかし、各務原なでしこ(大原優乃)は、「無理無理!怖いから無理!」と断ります。

さらに、志摩リン(福原遥)は、「家に連絡して迎えに来てもらえば?」と提案するが、各務原なでしこ(大原優乃)のポケットから出てきたのはスマホ!ではなく、トランプでした。

このようなやり取りをしているうちに、各務原なでしこ(大原優乃)はお腹が空いてきました。

志摩リン(福原遥)は、自分の持ってきていたカレー麺を作ってあげることにしました。

次第に各務原なでしこ(大原優乃)は「この人一人でキャンプしているのかな?」、志摩リン(福原遥)は「誰かとキャンプするのってこんな感じなのかな?」とお互い考え始める。

カレー麺をおいしそうに食べる各務原なでしこ(大原優乃)を見て、嬉しくなる志摩リン(福原遥)でした。

お互い話をするうちにだんだん打ち解けてくる。すると、曇っていて見えなかった月と富士山がきれいに見えました。

 

別れと再び出会い!?

各務原なでしこ(大原優乃)の姉である各務原桜(柳ゆり菜)が迎えに来て、お別れすることになりました。

しかし、帰る直前に各務原なでしこ(大原優乃)がカレー麺のお礼にキウイを渡し、「連絡先を交換してください」と言い、志摩リン(福原遥)と連絡先を交換しました。

そして、各務原なでしこ(大原優乃)が「今度一緒にキャンプやろうね!」と言い残し、帰っていった。

志摩リン(福原遥)は、各務原なでしこ(大原優乃)のことを「変なやつだったな~。」と思いながらも、連絡を送りました。

各務原なでしこ(大原優乃)は、この出来事がきっかけでキャンプに興味を持ち始めることになりました。

その後、なんと各務原なでしこ(大原優乃)が志摩リン(福原遥)と同じ高校に転校してきました。

廊下ですれ違ったものの、まだお互いが同じ高校だということに気づいていません。

今後、2人の関係はどうなっていくのでしょうか。

そして、他のキャストも次回から登場してきます。

今後の展開をお楽しみに!!!

ドラマ『ゆるキャン△』第2話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第2話ネタバレあらすじ

ようこそ!!新入部員!?

各務原なでしこ(大原優乃)は志摩リン(福原遥)とキャンプをしたことが忘れられなかったようです。

あの日以来、キャンプに興味をもった各務原なでしこ(大原優乃)は、野外活動サークルに入部するため、部室を探します。

やっと部室を見つけ、扉を開けてみますが、中はとても狭い物置倉庫のような場所でした。

中に入ってみると、薪やマツボックリ、キャンプの本、非常食などがたくさんありました。

その時!部長の大垣千明(田辺桃子)と部員の犬山あおい(箭内夢菜)が部室に入ってきました。

大垣千明(田辺桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)の二人は、部室にいる各務原なでしこ(大原優乃)に驚き、開けた扉を閉めてしまいます。

各務原なでしこ(大原優乃)は、大垣千明(田辺桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)の二人に野外活動サークルに入りたい理由を説明します。

しかし、大垣千明(田辺桃子)は、「うち部活は部員を募集していない。」と断ります。

それを、犬山あおい(箭内夢菜)が「いっぱい部員に入部してもらえば部室が広くなるよ。」と大垣千明(田辺桃子)を説得します。

説得に応じた大垣千明(田辺桃子)は、各務原なでしこ(大原優乃)を新入部員として迎え入れることになりました。

野外活動サークルってどんな活動をするの?

大垣千明(田辺桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)の二人は、新入部員の各務原なでしこ(大原優乃)に野外活動サークルの説明を行います。

「いつもはどんな活動をしてるの?」と興味津々の各務原なでしこ(大原優乃)。

大垣千明(田辺桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)の二人は、「いつも校内に落ちてる落ち葉を拾って焚火をして、コーヒーを飲んでいる。」と説明します。

「他にはどんなことするの?」とさらに興味を示す各務原なでしこ(大原優乃)ですが、大垣千明(田辺桃子)は、「枯れ木を集めて焚火!」と答えます。

すると、各務原なでしこ(大原優乃)は、焚火ばかりで落ち込んでしまう。

そこで、大垣千明(田辺桃子)は、夏に買って一度も使っていなかったテントがあったことを思い出します。

各務原なでしこ(大原優乃)も、テントに興味津々です。

大垣千明(田辺桃子)は、テントの説明を行い、実際にテントを組み立てることになります。

はじめてのテント組み立てに挑戦!

各務原なでしこ(大原優乃)と大垣千明(田辺桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)の三人は、運動場でテントを組み立てることになります。

三人で協力して苦戦しながらもテントを立て進めていきます。

その様子を、図書室の窓から志摩リン(福原遥)と斎藤恵那(志田彩良)が見ていました。

志摩リン(福原遥)は、外でテントを組み立てている三人の中に各務原なでしこ(大原優乃)がいることに気づきます。

志摩リン(福原遥)は外の様子が気になるものの、斎藤恵那(志田彩良)に「気になるの?リン(福原遥)ああいうの得意じゃん!」といわれるが、気にならないと言い張ります。

各務原なでしこ(大原優乃)と大垣千明(田辺桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)の三人は、あともう少しでテントが完成する!というときに、大垣千明(田辺桃子)がポールを折ってしまいます。

三人は、悲しみのあまり大騒ぎします。

その様子を見ていた斎藤恵那(志田彩良)が「あ!折れたね。あの場合ってどうするの?買い替え?」と志摩リン(福原遥)に聞きます。

志摩リン(福原遥)は、「メーカーに修理に出すか、ポール専用のパイプがあれば応急処置することもできるけど。」と答えました。

すると、志摩リン(福原遥)は、登山部が落としていったパイプがあることを思い出します。

斎藤恵那(志田彩良)が「持って行ってきてあげたら?」と進めるが、志摩リン(福原遥)は嫌そうな顔をします。

代わりに、斎藤恵那(志田彩良)がパイプを持っていき、応急処置をします。

大垣千明(田辺桃子)が感謝をしていると、斎藤恵那(志田彩良)は志摩リン(福原遥)のおかげだと説明します。

すると、各務原なでしこ(大原優乃)が走り出し、志摩リン(福原遥)に「同じ学校だったんだね!私たちと一緒に野外活動サークルに入らない?」と誘いました。

今日もソロキャンプのはずが、、、

志摩リン(福原遥)は今日もソロキャンプをします。

今日のキャンプ場は、とても人気の場所でふもとっぱらキャンプ場というところです。

いつも通りキャンプの用意を手際よくはじめ、あっという間に準備が終わります。

はじめてきたキャンプ場だったため、準備がおわった志摩リン(福原遥)は少し散歩します。

ふと、一人になった志摩リン(福原遥)は、各務原なでしこ(大原優乃)に「私たちと一緒に野外活動サークルに入らない?」と誘われたが、嫌な顔をしてしまったことを後悔し始めます。

そのとき!!目の前にはここにいるはずのない各務原なでしこ(大原優乃)がいました。

なんと、斎藤恵那(志田彩良)が各務原なでしこ(大原優乃)に「志摩リン(福原遥)が今日ふもとっぱらキャンプ場でソロキャンしてるらしいよ。」と連絡をしたようです。

そして、各務原なでしこ(大原優乃)は「晩御飯食べた?まだなら一緒に鍋しない?」と誘ってきました。

次週、志摩リン(福原遥)と各務原なでしこ(大原優乃)は一緒にキャンプを楽しむことになるのでしょうか?

お楽しみに!!

ドラマ『ゆるキャン△』第3話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第3話ネタバレあらすじ

まったりお鍋キャンプ!

前回、リン(福原遥)は、なでしこ(大原優乃)に「私たちと一緒に野外活動サークルやろうよ!」と誘われたが、週末の楽しみである1人キャンプの時間が脅かされると思い嫌な顔をしてしまいました。

ソロキャンプ中に、そのときのことを思い出し、反省していたリン(福原遥)は、なでしこ(大原優乃)がリン(福原遥)の名前を読んでいる幻聴が聞こえます。

すると、本当に目の前になでしこ(大原優乃)が!!!

なでしこ(大原優乃)は、「リンちゃん!お鍋しよ!」と鍋を持って現れたのです。

リン(福原遥)は、びっくりしましたが、一緒に鍋をすることになります。

なでしこ(大原優乃)は、ルンルンで鍋を作り始めます。

リン(福原遥)は、「何か手伝おうか?」と言いますが、なでしこ(大原優乃)は、「前、帰り道が分からなくなった時にカレー食べさせてくれて助けてもらったお礼だから!」と言います。

リン(福原遥)は、不安ながらも鍋ができるのを待つことにします。

鍋ができるまでの間、リン(福原遥)は、なでしこ(大原優乃)にどうやってきたのか聞きます。

なでしこ(大原優乃)は、「お姉ちゃんの車に乗せてもらってきたよ。私も今日は朝までキャンプするんだ!あ、でも、車中泊だとちゃんとキャンプじゃないのかな。」と話します。

リン(福原遥)は、「オートキャンプだと、車中泊の人も居てるよ。」と教えます。このようなたわいもない話をしながら、鍋ができるのを待っていました。

日も落ちて、だんだん暗くなってきた頃、鍋が完成しました。

鍋を開けると、真っ赤になっていて、リン(福原遥)はビックリしました。なでしこ(大原優乃)は、「坦々鍋だよ!」と説明し、具材をよそってくれます。

リン(福原遥)は、一口食べて「美味しい!」とビックリします。

なでしこ(大原優乃)も、リン(福原遥)に喜んでもらえたのが嬉しくて、笑顔になりました。

そうして、2人は美味しく鍋を食べ、体の芯から温まりました。

ごめんねと謝る

鍋を食べて2人はあったまり、一息ついた頃です。

リン(福原遥)は、なでしこ(大原優乃)にこの間、嫌な顔をしてしまったことについて謝ります。

しかし、なでしこ(大原優乃)は、全く気にしていませんでした。

すると、なでしこ(大原優乃)が、「私こそ、テンション上がっちゃってごめんなさい。リンちゃん(福原遥)は、みんなでワイワイするより、1人で静かにキャンプする方が好きなんだと思うよ。ってあおいちゃん(箭内夢菜)に言われたんだ!」と話しました。

さらに、なでしこ(大原優乃)が、「でも、またやろうね!まったりお鍋キャンプ!そして、気が向いたらみんなでキャンプしよ。」と話しました。

朝日をみれる?!

リン(福原遥)が、「この辺は明け方に霧がでるから、朝は幻想的な富士山が見られるらしいよ。」と話すと、なでしこ(大原優乃)が、「朝起きて一緒にみよう!」と言います。

しかし、リン(福原遥)は、「私は寝てるから起こさないで。」と言いました。

仕方なく、なでしこ(大原優乃)は1人で起きて見ることにします。

無事に幻想的な富士山を見ることができたなでしこ(大原優乃)は、とても感動しました。

そして、リン(福原遥)が目覚めた頃には、なぜかテントの中でなでしこ(大原優乃)が寝ていましたが、無事に富士山を見ることができたんだと分かり、もう一度寝ました。

楽しかった思い出

学校に登校したなでしこ(大原優乃)は、楽しかったキャンプの思い出を野外活動サークルの桃子(大垣千明)とあおい(箭内夢菜)に話します。

そして、買ってきた富士山スキー。が書いている富士山Tシャツと富士山マスコットを嬉しそうに自慢します。

リン(福原遥)もその頃、図書室で1人昨日のことを思い出し、楽しくて、面白くて、つい笑ってしまいます。

すると、そこに訪れた斎藤恵那(志田彩良)が「そんなにニヤニヤして何かあった?」と聞いてきます。

リン(福原遥)は、「何もないよ。」と言いますが、恵那(志田彩良)が何かあったんだと感じます。

恵那(志田彩良)と別れたあと、リン(福原遥)は長野の方向をみて、来週キャンプへ行く気持ちが高まります。

しかし、霧もすごいし、クマが出る道もあるという情報を聞き、少し怖くなってきます。

そのとき、なでしこ(大原優乃)から前のキャンプの写真が届きます。

とても楽しかったリン(福原遥)は、嬉しくなりました。

次週、リン(福原遥)は、長野へキャンプに行きます!

なでしこ(大原優乃)たち野外活動サークルも活動開始します。

お楽しみに!

ドラマ『ゆるキャン△』第4話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第4話ネタバレあらすじ

それぞれの冬キャン始まる

部長の田辺桃子(大垣千明)を筆頭に野外活動サークルに所属している各務原なでしこ(大原優乃)と犬山あおい(箭内夢菜)は,ついに冬キャンに向けて動き出します。

なでしこは,やっと野外活動サークルで冬キャンができることをうれしく思い,部長の桃子に質問をしまくります。

しかし,まだ何も決まっていないため,3人で冬キャンの準備物から決めていくことになりました。

あおいが,「メモを取るから持っていくものを挙げていってー。」と言うが,なでしこと桃子は,好き勝手に必要なものを言っていきます。

なかなかまとまらず,あおいが「何を持って行こうかは自由やけど,最低限必要なものから言っていこうか。」とみんなをまとめます。

そこで,必要最低限準備するものに挙がったのが,テント・シュラフ・着替え・洗面用具・レジャーシート・調理道具・食器・焚火道具・ゴミ袋・トイレットペーパー・救急セット・ランプ類・サンダルでした。

テント・ランタン・カセットコンロはあるが,シュラフが夏用しかないことに気が付きました。

なでしこは,「夏用シュラフでいいんじゃない?」というが,桃子が「なめるんじゃない!凍死するぞ!」と引き止めます。

その頃,志摩リン(福原遥)は,斎藤恵那(志田彩良)と図書室で話をしていました。

今週末にソロキャンで行く長野にクマが出ないかリンが心配をしていると,なでしこから野外活動サークルで冬キャンに向けた準備をしている写真が送ってこられました。

リンは,何をしているんだ?と思いながらも,連絡がきたことを嬉しそうにしていました。

ついに冬キャン!!

リンは,長野へソロキャンに出発します。

そして,野外活動サークルの3人も冬キャンへ出発します。

なでしこは,「今日泊まるところはどんなところなの?」とワクワクしています。

桃子が,「温泉が近くて,夜景がきれいなところ!」と答えると,なでしことあおいはテンションが上がります。

「夕飯は私に任せて!」となでしこも準備万端です。

野外活動サークルの3人は,キャンプ場に向けて4 kmの道のりを歩きだします。

長い距離を,なでしこは元気に走っていきます。

その頃,リンはクマに怯えながらもキャンプ場へ向かっていました。

ご褒美の食べ物!

野外活動サークルの3人は,ついにキャンプ場の近くまで到着します。

疲れ切っている桃子とあおいに対して,なでしこはとても元気です。

夜になると綺麗な夜景が見れるスポットで3人の写真を撮ります。

そして,近くのお店でスイーツが食べられるとなでしこが言うと,桃子とあおいは猛ダッシュしてお店へ向かいます。

美味しいデザートを食べて,3人はまったり過ごします。

その後は,温泉に行くことになりました。

その頃,リンも休憩をするため,途中で見つけた良さそうなカフェでご飯を食べることになりました。

暖炉があり,まったり落ち着いた空間が気に入ったリンはお昼ご飯を食べることにします。

メニューを見るとボルシチセットが1350円!!

いつもだとお金を節約しているが,今日はバイト代が入ったばかりのため,奮発することにしました。

料理を待っている間,なでしこから写真が送られてきます。

楽しそうな写真をみて,なでしこに渡すお土産を何にしようか考えていました。

そうこうしていると,料理が完成し,食事を始めます。

口の中でとろけるお肉が美味しくて,思わずなでしこに写真を送ります。

なでしこからのボルシチおいしそうという返信を見て,お土産は食べ物にしようと決めます。

温泉の前に!?

野外活動サークルの3人は,温泉に到着します。

温泉に入る前に休憩スペースに荷物を置きにきましたが,まったりスペースでくつろいでしまいます。

休憩スペースで休憩をしていると,リンから今日はここにソロキャンしてるよとライブカメラで手を振っている映像が送られてきます。

3人は,リンが手を振っている映像を観ながらその映像に向かって手を振っています。

次週,本格的にそれぞれの冬キャンについて放送されます。

ぜひ,お楽しみに!!

ドラマ『ゆるキャン△』第5話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第5話ネタバレあらすじ

寄り道で癒される

各務原なでしこ(大原優乃)と大垣千明(田鍋桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)の野外活動サークルの3人は、目的地であるキャンプ場までの寄り道で温泉に来ていました。

温泉から見える景色がとても綺麗で癒されます。

キャンプ場のチェックインがお昼過ぎなので、ゆっくりここで休憩することになります。

温泉から上がった3人は、お腹が空いてきます。

しかし、千明が「今ここで食べてしまうと、キャンプ飯が食べれなくなってしまう。我慢するんだ!」となでしことあおいに注意します。

それでも、温玉あげの揚げたてというお店の呼び込みに負けてしまい、3人は温玉あげを食べることにします。

休憩所で温玉あげを堪能した3人は、リラックスしてしまいそのまま寝てしまいます。

その頃、志摩リン(福原遥)も長野県にあるキャンプ場へ向かっているのですが、途中でとても綺麗な景色がみられる『高ボッチ高原』で寄り道をしていくことにします。

しかし、曇っていて景色が良くありません。

さらに、なでしこから温泉に入るという話を聞いて、リンも温泉に入ろうと行きますが、まさかのメンテナンス中で入れません。

気分が落ち込んだリンは、さらに上ったところにある『高ボッチ山頂』で、景色を見ることにしました。

すると、とても綺麗な景色が広がっています。

この景色を見たリンは、温泉は明日はいればいいや!と気分が晴れます。

キャンプ場に到着

キャンプ場についたリンは、さっそくキャンプ飯をつくることにします。

今回作ったキャンプ飯は、ゆで汁の出ないスープパスタです。

これを食べたリンは、思わずおいしすぎてなでしこに写真を送ります。

写真をみたなでしこは、おいしそうと思ったが、時間を見てびっくり!

とっくにお昼を過ぎていることに気が付きます。

急いで、千明とあおいを起こし、キャンプ場に向かいますなでしこと千明とあおいの3人は、ようやくキャンプ場に到着します。

千明の提案で、暗くなる前にテントを張り、キャンプ飯を作ることになります。

出来上がったキャンプ飯は、煮込みカレーです。

なでしこが作る煮込みカレーが、とってもおいしくて千明とあおいが感激します。

良い景色を見ながら、キャンプ飯というキャンプの醍醐味を3人は楽しむのでした。

夜の夜景は綺麗です

リンとなでしこたちは、それぞれご飯を食べ終わり、テントで寝ています。

すると、なでしこがリンのキャンプが気になり、連絡することにします。

お互い寒くて芋虫状態になっていることや、冬用シュラフがあったかい話をします。

そして、なでしこから「リンちゃん、しばらく待ってて!」と連絡が入ります。

リンは、なんだろうと思いながらも少し待っておくことにします。

その間に、なでしこは夜景がきれいに見えるスポットに移動します。

そして、その夜景を写真に撮り、リンに送りました。

リンは、その夜景の写真を見ると、なでしこに「ちょっと待ってて!」と返信します。

その間に、リンも夜景がきれいに見えるスポットへ移動し、その夜景の写真をなでしこに送りました。

2人は、離れていても連絡を取り合い、お互いのことを考えながらキャンプを楽しんでいます。

いつか、みんなでキャンプができる日を夢見て、、、

次回、再びなでしことキャンプをすることになります。

お見逃しなく!!!

ドラマ『ゆるキャン△』第6話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第6話ネタバレあらすじ

新しい道具

志摩リン(福原遥)は、今日も図書当番で図書室のカウンター係をしています。

そろそろ戸締りをして帰宅する時間ですが、外は寒くてなかなか帰る気になれません。

ふと、各務原なでしこ(大原優乃)に長野へキャンプに行った時のお土産を渡しそびれていたことに気が付きます。

そして、一緒にカバンの中に入っていた小堤を思い出します。

朝、家を出るときに母に渡され、何が入っているのか気になり開けてみます。

すると、待ちに待っていた焼肉を焼くことができるコンパクト焚火グリルが入っていました。

嬉しくて、組み立ててみることに!

完成すると思っていたより小さかったが、これで焚火禁止のキャンプ場で炭火焼肉ができると思うとニヤケが止まりません。

その様子を窓の外から見ていた斎藤恵那(志田彩良)が、図書室に入ってきました。

コンパクト焚火グリルを見て、恵那は「なにこれ!メタル賽銭箱?!」と言います。

その発言に、リンは「違うよ。」と驚いた様子です。

コンパクト焚火グリルの説明を受けた恵那は、「焚火ってこういうのでやるんだ!」と興味津々です。

コンパクト焚火グリルで一人焼き肉ができるという話になり、「焼肉は何から焼くタイプ?」と二人の妄想は膨らんでいきます。

そんな中、恵那は「あれ?お土産まだなでしこちゃんに渡してないの?」とリンに聞きます。

リンは、「いや、今日は合うタイミングなかったから。」と言います。

すると恵那が、「野外活動サークルの部室に行けば会えるんじゃない?」と進めますが、リンはあまり気が進みません。

恵那が、そろそろ帰ると帰宅します。

少しすると、図書室の中で寝ているなでしこを発見します。

なでしこは、リンと恵那があまりにも楽しそうに話していたのでなかなか入ってきにくかったそうです。

リンは、なでしこにお土産を渡します。すると、なでしこは大喜びです。

ちょっと食べてみてもいい?とその場で食べ始めます。

そして、なでしこもコンパクト焚火グリルを見て「なにこれ!メタル賽銭箱?」と聞きます。

リンは、また説明しますが、「あのさ、今度これで肉焼いてみない?」と誘います。するとなでしこは、嬉しくて「やる!!焼肉キャンプ!!」と大はしゃぎです。

そうして二人は週末にキャンプへ行くことになりました。

いざ!焼肉キャンプへ!

週末、なでしこのお姉ちゃんの運転でキャンプ場へ行きます。

リンは、「なでしこのお姉ちゃん、本当に美人だな~!」と思いながら、スーパーへ向かいます。スーパーに着いて、二人は何の肉を買うかワクワクしながら話します。

しかし、肉売り場に着くと、バラとカルビしか種類がありません。

落ち込む二人ですが、なでしこが串焼きもあることに気が付き何とか気持ちを上げていきます。

すると、スーパーでバイト中の犬山あおい(箭内夢菜)に遭遇します。あおいに「二人とも趣味旅行楽しんでな~!」と言われ、嬉しくなります。

買い物を終えた二人は、再びなでしこのお姉ちゃんの運転で、キャンプ場へ向かいます。

ふと、リンが「そういえば、なでしこ、よく四尾連湖キャンプ場なんて知ってたね。」と言います。

すると、なでしこは、「大垣千明(田鍋桃子)に教えてもらって、現地調査を頼まれたんだ。」と言います。

そんな話をしていると、ついにキャンプ場へ到着しました。そこは、きれいな湖と景色が広がっていました。

キャンプを行う場所までは、車が入れないため、なでしこのお姉ちゃんとは入り口でお別れです。

明日の昼頃、迎えに来てもらう約束をして別れます。リンとなでしこは、キャンプ場まで荷物を歩いて運ぶことにします。

歩いていると、リンが「そういえばここって、有名な言い伝えがあるんだって。」と言います。

なでしこが、「どんな?」と興味を示します。

すると、リンが「牛のお化けが出るらしい。」と伝えると、なでしこは怖がって、放心状態になります。

リンが慌てて追いかけ、二人の楽しい?恐怖な?キャンプがスタートするのでした。

次回、リンとなでしこのどんな焼肉キャンプが待ち受けておるのか、お楽しみに!!!

ドラマ『ゆるキャン△』第7話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第7話ネタバレあらすじ

焼肉キャンプの始まり

志摩リン(福原遥)は、前回、念願のコンパクト焚火グリルを購入し、妄想しながら使用する日を楽しみにしていました。

そして、各務原なでしこ(大原優乃)を誘って焼肉キャンプへ行くことになります。

リンとなでしこは、四尾連湖キャンプ場に到着し、ここのキャンプ場には牛のお化けが出るという話をしながらテントを張るところを探します。

テントを張り終えたなでしこは、「ちょっとひと眠りしようかな。」と言います。

しかし、リンが「今寝ると、丑三つ時に目が覚めるぞ!」と言うと、なでしこは怖がり、寝るのをやめます。

そして、ココアを飲み、2人はゆったりと過ごします。

なでしこは、リンに今まで気になっていたキャンプをいつから始めたのか質問をします。

リンは、「中1の冬かな。アウトドア好きのおじいちゃんからキャンプ道具のおさがりをもらってから。それから何となく始めたって感じかな。」と答えます。

なでしこは、田舎のおばあちゃんのものまねをしながら、「人生のきっかけなんぞ、だいたいなんとなくなんじゃよ。」などと言いながら場がほっこりします。

それから、なでしこは辺りを散策し、写真を撮りに行きます。

すると、お隣さんにベテランキャンパー姉妹が美味しそうな料理を作っていました。

なでしこは、それを見つけるなり、「写真を撮らせていただいてもいいですか?」と嬉しそうに撮ります。

そんな中、リンは明るいうちにコンパクト焚火グリルの火を起こそうとして、着火剤を使い火がつくまでまったりします。

しかし、中々火がつかず、着火剤も全部使ってしまい、落ち込んでいると写真を撮りに行っていたなでしこが帰ってきます。

それを見たなでしこが、お隣のベテランキャンパーさんを呼びに行き、アドバイスをもらいます。

お隣さんは、火が付かない様子を見て、「炭に火が上手くつかなかったんだね。備長炭は、普通の炭より火が付きにくいんだよね。」と言い、火のつきやすい成型炭を分けてくれました。

さらに、火のつけ方まで教えてもらい、無事に火をつけることができました。

リンとなでしこは、とてもできるキャンパーさんだなーと感心します。

ついに!コンパクト焚火グリルで調理!

リンとなでしこは、暗くなる前に料理を始めます。

リンは、コンパクト焚火グリルで串焼きを調理し、なでしこはスープを作ります。

完成した料理をリンは、火をつけてもらったベテランキャンパーさんにお礼をするため届けることにします。

すると、お返しにジャンバラヤをもらい、仲良くなります。

リンとなでしこは、キャンプ地に戻り、作った料理を食べることにします。

一口食べると美味しくて、美味しくて、さらに食べ進めます。

そして、豚串を麦飯の上においた丼「豚串麦飯」を食べ、感動します。

すっかり暗くなり、焚火であったまっていると、リンが「なでしこは引っ越してくる前までどこに住んでいたの?」と質問します。

なでしこは、「浜松の端っこの町!浜名湖の近く。天気がいいときは、あそこからでも富士山が見えるんだよ。小さいけどね。だから、初めてオトス湖でおっきな富士山見れて感動したなー。」と答えます。

リンは、「でも、山梨来るときに、清水あたりで大きな富士山見れなかった?」と言います。

なでしこは、「車で寝ちゃってたんだよね。だから、自転車で頑張って見に行ったんだ。」と言うと、リンは「もし、なでしこが車で富士山を見ていたら、出会えてなかったのかな。」と少し寂しい気持ちになります。

 

恐怖の夜の始まり

もうすっかり遅い時間になり、2人は寝ることにします。

すると、なでしこが「牛のお化けが出るから、怖くて一人で眠れない。一緒に寝よ。」と言います。

しかし、リンは「テントが狭いから断る。」と言い、追い出します。

テント越しに、リンは「キャンプ誘ってくれてありがとう。今度は、私から誘うよ。」と言います。

なでしこは、嬉しくて笑顔になります。

そして、2人は寝たのですが、リンはトイレで起きます。

トイレからの帰り道、ベテランキャンパーさんの姉が酔っぱらって吐きそうになり、唸っている声を聞き、リンは牛のお化けだと思い怖くて逃げだします。

朝、目が覚めたなでしこは、隣にリンが寝ていることに気づき、怖くなったのかなと思い笑います。

そして、リンにくっつき、また寝たのでした。

次回は、みんなでクリスマスキャンプ?!

そして、なでしこはバイトをする?!

お見逃しなく!!!

ドラマ『ゆるキャン△』第8話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第8話ネタバレあらすじ

テストが終われば!!!

前回、焼肉キャンプを楽しんだ志摩リン(福原遥)と各務原なでしこ(大原優乃)には、もうすぐ学校のテストが迫っていました。

そんな中、大垣千明(田鍋桃子)が「昨日アップされたヒロシさんの動画観たか?」と言いました。

犬山あおい(箭内夢菜)は、「うちは、テストが終わるまでは観れへんわー。」と答えます。

なでしこは、「ヒロシさんって?」と言うと、千明が「ヒロシさんを知らないのか。」と驚きます。

「ヒロシさんとはネットでソロキャンプ動画をアップしている芸人さんのことなんよ。」とあおいが説明してくれます。

千明が、「ヒロシさんの動画を観ていると、キャンプに行った気分になれるんだ。」と嬉しそうに話します。

しかし、3人は明日からのテストで落ち込んでいます。

そのとき、千明が「テストが終わったら、次の野外活動サークルのキャンプを企画しないとな。」と2人に話します。

すると、なでしこが「その件なのですが、各務原なでしこからご提案があります。」と嬉しそうに話します。

千明とあおいは、何々?とワクワクしています。

なでしこは、「みんなでクリスマスキャンプをやりませんか?」と提案します。

2人は「良い提案!!!」とノリノリです。

しかし、寝袋の下に敷くマットが必要だということに気が付きます。

そのため、テストが終わったらマットを買いに行くことになります。

すると、あおいが「甲府にあるELKというキャンプ道具のショップに行く??」と提案します。

千明が「でもあそこ遠いんじゃない?」と言うと、なでしこが「おねえちゃんにお願いしたら送ってもらえるかも!」と提案します。

すると、斎藤恵那(志田彩良)が話しかけてきます。

あおいが、「よかったら斎藤さんもクリキャン一緒にどう?」と誘います。

恵那は、「楽しそうだな~。テスト終わってから返事してもいい?」と答えます。

みんな、クリキャンを楽しみにしています。

いざ!アウトドアショップへ!

テストが終わり、なでしこ・千明・あおいの3人は念願のアウトドアショップELKへ!!

入店する前に千明がなでしこに「ここは危険地帯だ!広告商品がズラーっと並んでいる。やばいと思ったら、すぐに店の外に出て外の空気を吸うんだ!」と忠告します。

入店すると、なでしこのテンションは最高潮です。

店内を駆け回ります。

お目当てのマットを見つけると、いろんな種類があることに驚きます。

すると、千明が大まかに3種類のマットがあることを説明してくれます。

1つ目は、ウレタンとかでできたフォームタイプ。

2つ目は、空気で膨らませるエアタイプ。

3つ目は、エアータイプのマットで中にスポンジが入っているのがインフレータブルタイプ。

しかし、あおいが「私たちの予算では、どのみち600円の銀マットしか買われへんけどな。」と言います。

一通り店内を見た3人は、キャンプイスでまったりします。

千明が「私、バイト代入ったらキャンプイス買うんだ!」と言います。

なでしこが、「千明ちゃんってどこでバイトしているの?」と質問します。

すると、千明が「あおいがバイトしている隣の酒屋!あ!バイトで思い出した。産休で代わりに来ている鳥羽先生が、いつもバイト先で夕方になるとビール6缶パックをかってかえるらしい。」と話します。

人は見かけによらないもんだなあと3人は、考えました。

なでしこは、心の中で「あの先生、どっかで見たことあるんだよなあ」と1人考えていました。

その頃、リンはバイトへ出かけようとしていると、なでしこから「ELKなう!!」という写真が送られてきました。

それを見てリンは、なでしこにキャンプ今度は私から誘うと言ったことを思い出し、「11日12日でキャンプへ行かない?」となでしこを誘います。

すると、なでしこからすぐに「行く!」という返事がきます。

なでしこはキャンプ楽しみだなあと思いながら、ELKの店内を散策していると、とてもかわいいガスランプを見つけます。

店員さんが実際に火をつけてくれましたが、5980円の値段を見て思わず目を隠してしまいました。

「わたしもバイトをしたら買えるのかな。」となでしこは思うのでした。

 

なでしこバイト宣言

おねえちゃんに、身延駅まで送ってもらい、3人は散策してから帰ることにします。

身延駅に初めて来たなでしこは、レトロな街並みに感激します。

そして、みのぶまんじゅうの看板を見つけるとお店に一直線!

10個も買って3人で食べることにします。

なでしこは、みのぶまんじゅうのおいしさに「よし!決めた!わたしバイトする!!そしてキャンプ道具とみのぶまんじゅうを買う!」と宣言します。

千明とあおいに「いいじゃん。」と応援してもらいます。

 

リンは再びソロキャン

リンは週末にまたソロキャンをします。

恵那から「今日はどこに行くの?」と連絡が来ます。

リンは「ソロで長野の上伊那。」と返信すると、恵那から「ソロって1人なの?なでしこちゃんとキャンプって言ってなかったっけ?」と連絡が来ます。

実は、なでしこは前日に熱が出てキャンプに行けなくなったのでした。

そのため、リンは1人でキャンプに行くことになったのです。

バイクで峠を超えて、ショートカットをしていこうと考えていたリンだったのですが、まさかの通行止め!

落ち込みながらも、近くの休憩所で休憩することにしました。

すると、登山客の女性が話しかけてくれました。

帰り際に、夜は冷えるのでとほうじ茶をくれました。

リンは「これも行き当たりばったりも旅の楽しみ方だな。」と思ったのでした。

次回、リンのソロキャンはどうなったの??

そして、なぜか千明がなでしこ宅で放蕩をつくっている!!

次回お楽しみに!

ドラマ『ゆるキャン△』第9話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第9話ネタバレあらすじ

二人キャンプがやはりソロキャンプ!?

志摩リン(福原遥)は、週末に各務原なでしこ(大原優乃)を誘い二人キャンプへ行く予定でした。

しかし、前日になでしこから連絡があり、「ごめん!リンちゃん、風邪ひいたー。」と今にも泣きそうな声でキャンセルの申し出があった。

そのため、仕方なく1人でリンは長野のキャンプへ行くことにします。

なでしこは、リンがキャンプを楽しめているか心配で、ちょくちょく連絡を送ってきます。

そこで、なでしこは良いことを思いつきます。それは、「リンちゃんが道に迷わないように、ここからは私がナビをします!」ということでした。

しかし、リンは「スマホのナビがあるから大丈夫!」と断ります。

すると、なでしこは「一緒にキャンプへ行っている気分になれて良いと思ったんだけどなぁ。」と残念そうにします。

リンは仕方なく、「じゃあ、伊那と駒ケ根の観光スポット調べてナビしてよ。」と提案します。

なでしこは嬉しくなり、すぐに調べ始めます。

おすすめスポットをいくつか紹介してくれたなでしこだったが、途中で文面からなでしことは別の人が送っていることに、リンは気が付きます。

実は、なでしこのお見舞いに来ていた大垣千明(田鍋桃子)が連絡をしてきていたのでした。

千明から写真付きで「なでしこを返してほしければ、言うとおりに旅を続けるんだな。」という連絡が入ります。

リンは、「大垣千明、、、なんだか苦手なんだよな。」と思いながらも、なでしこが教えてくれたわんこが祀られているお寺に行くことにします。

 

千明の絶品ほうとう鍋

千明は、なでしこへのお見舞いにほうとう鍋のセットを持ってきました。

「体調がもう少しよくなったら、お母さんに作ってもらいな。」と言うつもりで持ってきたのだが、なでしこは千明が作った鍋が食べたいと言い出します。

仕方なく、千明がほうとう鍋を作ることになります。

台所で、料理の準備をしていると、なでしこのお母さんが帰宅します。

なでしこは、「生粋の梨っ子のあきちゃんが、本物のほうとう鍋を作ってくれるんだって。」と説明します。

すると、なでしこのお母さんが「ちょうど私もお腹ペコペコだったの。楽しみだわ。」とお母さんの分も作ることになります。

少し時間がたつと、お父さんが帰宅し、「生粋の梨っ子のあきちゃんが、絶品のほうとう鍋を作ってくれるの?最高じゃないか。」とお父さんの分まで作ることになります。

ハードルがどんどん上がっていく中、実際にほうとう鍋を作ったことがない千明は、ネットで調べ、作ることにします。

さらに時間がたつと、お姉ちゃんが帰宅し、なでしこが「一流ホテルの認めた至高のほうとう鍋を作ってくれているんだ。」と説明すると、お姉ちゃんの分まで作らないといけなくなりました。

結局一家全員分のほうとう鍋を作ることになった千明だが、とても不安そうに完成したものを食べてもらいます。

すると、みんな美味しいと食べてくれ、ホッとします。お姉ちゃんに関しては、「レシピ教えて!」と褒めてくれ、一安心しました。

一方、リンはわんこのお寺に到着します。お寺でお線香をあげたり、まったり過ごします。

すると、かわいい犬のおみくじ付き置物を見つけます。

しかし、1つ500円の少し高めの値段で買うか迷ったが、結局購入することにします。

そして、次はなでしこが見つけてくれたおすすめの温泉へ行くことにします。

 

そしてまた通行止めなう

リンは、こまくさの湯に到着しました。

温泉と御飯がセットで1100円というとてもリーズナブルなセットを購入します。

温泉でまったり過ごした後に、ミニソースカツ丼を食べます。

お腹いっぱいになったリンは、少し休憩のつもりが起きたら17時を過ぎていました。

急いでキャンプ場へ向かうことにします。

真っ暗の中、気を付けながら移動しているとまたしても通行止めの表示が!!!

リンは落胆してしまいます。

次回、通行止めでキャンプ場へ向かうことができないリンはどうなるのでしょうか。

そしてついに、野外活動サークルにリンも参加する!?

お楽しみに!!!

ドラマ『ゆるキャン△』第10話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第10話ネタバレあらすじ

通行止めなうパート2

志摩リン(福原遥)は、長野県にあるキャンプ場へ向かう途中、温泉に入り一息ついているとそのまま寝てしまい、起きると辺りが真っ暗になっていました。

急いで、キャンプ場へ向かうと、まさかの途中でまたしても通行止めに合います。

途方に暮れたリンは、各務原なでしこ(大原優乃)と大垣千明(田鍋桃子)に助けを求めます。

2人は、リンに電話で「その道、通行止めの看板が置いたままになっているだけで、そのまま通れると思うよ。通れなかったとしても10分ぐらいのロスだし、騙されたと思って行ってみな!」と言いました。

リンは、その言葉を信じ、そのまま進んでみることにします。すると、本当に通ることができ、無事キャンプ場へ着くことができました。

急いでキャンプの準備を行い、展望台へ向かいます。とても綺麗な景色が広がっていて、思わず写真を撮ってしまうほどでした。

しかし、とても寒く、戻って晩御飯にすることにします。

メニューは、ずっと前からやりたかった焼き肉まんとあったかいほうじ茶です。

 

クリスマスキャンプ一緒にしない?

少し落ち着き、今日は通行止めにあったり、寝過ごしてしまったり、旅下手だなあと落ち込んでいると、なでしこと千明から電話がかかってきます。

リンは、千明に「なんでさっきは通行止めの看板があったのに、通れるって知ってたの?」と尋ねます。

千明は、「あー、前に家族で旅行に行ったときに、同じようなことがあったんだ。」と教えてくれます。

リンは、「本当に助かった。ありがとう。」とお礼を言います。

すると、千明が「いいってことよ。それより今度、野外活動サークルでクリスマスキャンプをするんだけど、一緒に来ない?たまには、グルキャンも楽しいと思うよ!」と思い切って誘ってみます。

リンは、「それは遠慮しとく。」と断られます。

なでしこと千明は、「やっぱり断られた-、、、」と落ち込むのでした。

今度は、斎藤恵那(志田彩良)がリンに「クリスマスに野外活動サークルの子たちとキャンプに行くことにしたよ!」と連絡をしてきました。

リンは、行きたい気持ちと、野外活動サークルのメンバーが苦手な気持ちと色々悩んでしまい千明に「やっぱりキャンプ考えとく!」と連絡をします。

千明はその連絡を見て、嬉しくなりました。

 

体験入隊!?

千明が「このたび、斎藤隊員がこの探検隊に体験入隊することになった。斎藤隊員、この探検隊は甘くはないぞ!覚悟はあるか?」と尋ねます。

斎藤は、「おっす!!!」と元気に返事をします。

千明が「これからクリスマスキャンプの打ち合わせをはじめまーす。犬山隊員、後の説明はお願いします。」と言います。

あおいは、「斎藤さんは、着替えとタオルもってきてね。」と説明します。

なでしこが、「でも、斎藤さん泊りで良かったの?寝袋ないって言ってたけど。」と尋ねます。

斎藤は、「泊りの方が楽しそうだから、実は休みの間に注文しちゃったんだー。お父さんが、アウトドアはいい経験になるからってお金を出してくれたんだ。」と言いました。

注文した寝袋の画面を見せると、なんと5万円の文字が!!??

なでしこと千明、あおいの3人は驚いてしまいます。

そして、斎藤が「キャンプ飯は何作るの?」と尋ねると、あおいが「実は、A5ランク黒毛和牛肩ロース肉があたりました!」とみんなに発表します。

するとみんな大喜びです。

クリキャンがさらに楽しみになってきたのでした。

その頃、リンはいつも通り図書室で図書係の仕事をこなしていました。

すると千明から、「野外活動サークルで焚き火台買ったぞ!!クリキャンでこれ使おうぜ!」と誘います。

リンは、「完全に行くことになってるじゃん。」と思いながらもオッケーと返信を送ります。

すると、図書室で話している2人の先生が居ました。

リンは、そのうちの1人鳥羽先生(土村芳)をどこかで見たことあるなー。と思いながら眺めていました。

 

鳥羽先生の正体とは?!

鳥羽先生は、部活の顧問を持つよう他の先生に進められましたが、土日をゆっくり家でビール飲みながら過ごしたいけど、、、そんなわけにはいかないよねと悩んでいました。

ふと窓の外をみると、焚火をしている野外活動サークルの4人がいました。

校庭で焚火なんて危ない!と思い、慌てて注意しに行くと千明が「ちゃんと顧問に許可をもらっていますよ!」と言います。

顧問は、「きちんと指導しているから大丈夫ですよ!」と言い張るが、やはり危ないのでは?と鳥羽先生が言います。

すると、「鳥羽先生が顧問をして、監督してくれればいいのでは?」と提案され、千明たちは新しい顧問ができたと大喜びです。

鳥羽先生は、戸惑いますが話が進んでしまいそのまま顧問を引き受けることになってしまいます。

鳥羽先生にコーヒーを渡し、野外活動サークルについて色々話していると、なでしこがあることに気が付きます。

コーヒーを飲んでいる姿を写真に撮り、落書きをしてリンに送りました。

リンは、写真を見ると、そこには鳥羽先生が以前キャンプで出会ったベテランキャンパーの酔っぱらいのお姉さんだということが書かれていました。

正体がばれた鳥羽先生は、次回どうなるのでしょうか。

そして、クリスマスキャンプは無事成功するのでしょうか。

次回もお楽しみに!!!

ドラマ『ゆるキャン△』第11話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』第11話ネタバレあらすじ

ついにクリキャン始まる!!

野外活動サークルの各務原なでしこ(大原優乃)と大垣千明(田鍋桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)の3人は、志摩リン(福原遥)と斎藤恵那(志田彩良)を誘い、クリスマスキャンプを行うことにしました。

前回、野外活動サークルの顧問になった鳥羽先生(土村芳)も一緒に行くことになり、千明とあおいは、車に乗せてもらうことにします。

先にキャンプ場についた3人は、先に受付を済ませることにします。

千明とあおいは、鳥羽先生が休日に付き添ってくれていることを気にして、「先生は私たちのことを気にせず、キャンプを楽しんでくださいね。」と言います。

鳥羽先生は、いい子たちだなぁと嬉しくなります。

千明とあおいが受付を済ませてくれている間に、鳥羽先生は先に準備を始めます。

2人が帰ってくると、鳥羽先生は、来る途中に買ってきた大きなベーコンを焼きながらビールを飲み、1人でキャンプを始めていました。

その頃、リンもキャンプ場に到着します。

しかし、先に着いているはずの千明とあおいが見当たらず、連絡しても返事がないため、テントを張って1人まったりしていました。

すると、向こうの方からなでしこの「おーい!!リンちゃーん!!」と呼ぶ大きな声が聞こえます。

リンは、元気な奴がやってきた。と嬉しそうです。

千明とあおいから、近くの牧場でアイスを食べていると連絡が来ます。

リンは「一緒に食べに行こうか。」と言うが、なでしこは「今月のおこずかい結構使ってしまったから我慢する」と言います。

しかし、なでしこのお腹の音が鳴り、リンは仕方なく持ってきていたマシュマロをチョコビスケットで挟んだスモアというキャンプおやつをつくってあげることにします。

なでしこは、スモアの美味しさに感動します。

 

まさかの遭遇でビックリ!

ゆったり、休憩していた2人は、向こうから走ってくるウサギ・・・ではなく、ウサギの形をした犬(恵那の飼い犬、ちくわ)が向かってきます。

恵那も合流し、ちくわのおやつをなでしこに渡し、「全力ダッシュ!!」という言葉に反応し、なでしこが走っていきます。

なでしこは、遠くまで走ってしまい、どこにいるのか分からなくなってしまいます。

しかも、木が生い茂っている方向からカサカサと音がします。

なでしこは、クマが出たと思い、恐る恐る様子を見に行くとまさかのソロキャンパーヒロシさんに会うのでした。

その頃、なでしこ以外はキャンプの準備を始めます。

そして、恵那の5万円のシュラフを見て、リンと千明とあおいの3人はうらやましくなります。

恵那が、「リンのキャンプ道具も見せてよ!」と言います。

リンのキャンプ道具も、暗闇でも簡単に設営できるテントや軽くて丈夫なイス等が揃っていて、千明とあおいと恵那がうらやましくなります。

お互いのキャンプ道具を見せ合っていると、なでしこがちくわを抱えて戻ってきます。

なでしこが、「ソロキャンパーのヒロシさんに会ったよ。」と話すと、みんな驚きます。

大ファンの千明に、みんなが「会いに行かなくていいの?」と言いますが、ソロキャンパーは孤独を楽しむものだから邪魔をしないということで、会いに行くのをやめます。

そんな話をしながら、ゆったり過ごしていると、お酒を飲みすぎて寝てしまっていた鳥羽先生が起きてきます。

鳥羽先生にココアを渡すと、「ココアには意外とラム酒が合うのよ。」といいながらドバドバ大量にお酒を混ぜます。

その様子を見て、みんなびっくりします。

そして、恵那が夕日できれいな富士山に気が付きます。

みんなで見る富士山はさらに綺麗に見えて、ほっこりしました。

次回、夜はまだまだ長い!クリキャンを楽しむぞ!!です。

そして、リンはみんなとのキャンプを無事楽しむことができるのか。

お楽しみに!!!

ドラマ『ゆるキャン△』最終回第12話ネタバレあらすじ

ドラマ『ゆるキャン△』最終回第12話ネタバレあらすじ

クリキャンのお楽しみは、、、

野外活動サークルの各務原なでしこ(大原優乃)と大垣千明(田鍋桃子)と犬山あおい(箭内夢菜)の提案で、クリスマスキャンプにみんなで来ていました。

夜になり、待ちに待ったA5ランクのお肉ディナーです。

晩御飯担当のあおいが、「今日はクリスマスということで、すき焼きや。」と言うと、みんな驚きます。

あおいがすき焼きを作ると、みんな想像以上のおいしさで堪能して食べていきます。

すると、野外活動サークルの顧問である鳥羽先生(土村芳)が泣き出します。

あおいが、「先生、どうしたんですか?」と聞くと、鳥羽先生は「すき焼きに合う日本酒を持ってくるの忘れてしまった。」と言います。

そして、千明がずっと気になっていた「なぜ、すき焼きなのか。」についてあおいに質問をします。

あおいは、「おばあちゃんに、すき焼きは特別な日にみんなで美味しくいただくものやから、すすめられたんよ。」と答えます。

すると、なでしこが「なるほど!クリスマスは特別な日だからだね。」と言い、みんなすき焼きだったことに納得します。

そんな話をしていると、斎藤恵那(志田彩良)が「そうだ!私、クリスマスっぽいものもってきたんやった!」と言い、みんなでサンタのコスプレに着替えます。

すき焼きを食べ終わると、あおいが「じゃあそろそろ、次のターンにいこか!こいつでお色直しや!」と言い、トマトをみんなに見せます。

何ができるのかみんなワクワクしてみていると、トマトすき焼きの完成です。

一口食べると、美味しくてみんな感動します。

志摩リン(福原遥)もおいしすぎてびっくりします。

そして、またもや鳥羽先生が泣き出します。

恵那が、「先生、次はどうしたんですか。」と聞くと、鳥羽先生は「ワインが、、、ワインが合うのに、、、忘れた。」と答えます。

それを聞いたみんなは、「さすが首ねえ(鳥羽先生のあだ名)」とつぶやきます。

そして、最後の締めに、あおいが「チーズパスタがまだ残っているよ。」と言い、作り始めますが、ガスがなくなってしまいます。

なでしこや鳥羽先生に、替えのガスボンベを持っていないか聞きますが、だれも持っていません。

そして、なでしこも替えのガスボンベがないと、明日の朝ご飯を作れないことに気が付き、焦ります。

すると、リンが「今からコンビニまでガスボンベ買いに行ってくるよ。」と言います。

出発する前に、リンは「コンビニまで片道20分か、、、。」と考えます。

しかし、恵那に言われた「リンは1人キャンプの方が好きかもだけど、みんなでするキャンプには違うジャンルの楽しさがあると思うよ。」という言葉を思い出しました。

リンは、少し笑顔になり、「わかったわかった。」とみんなでするキャンプの楽しさに気が付きます。

最後は温泉でまったり

鳥羽先生に焚火の番を頼み、みんなで温泉に入りに行きます。

冷えた体をあっためることができ、まったりしているうちに温泉から出たくなくなります。

千明が、「おまえら、こんないい場所を探してくれた志摩リンさんにお礼をいっとけ!」と言い、小1みたいな言い方で声をそろえて「ありがとうございました。」とみんなでお礼を言いました。

温泉を出た後は、鳥羽先生と交代し、暖かい飲み物でホカホカしています。

すると、温泉から帰ってきた鳥羽先生の手にはビールが、、、。

みんな、まだ飲むのかとびっくりします。

そして、すっかり夜中になり、リンとなでしこはテントの中で話しながら寝る準備をします。

なでしこは、「リンちゃん、来年もキャンプいっぱいしようね。」と話します。その言葉を聞いたリンは、とてもうれしく思いました。

朝になり、リンとなでしこは朝ご飯を作り始めます。みんなも起きてきて一緒に朝ご飯を食べます。

もちろん鳥羽先生は、二日酔いです。朝ご飯を食べていると、リンが綺麗な朝日に気が付きます。

みんな綺麗な朝日をみて、感動しています。

とても楽しい、クリスマスキャンプを無事に終えることができたのでした。

 

これからもキャンプを続けます

後日、年が明け、学校の日常がまたやってきます。

千明率いる野外活動サークルは、「今年こそ部に昇格できるよう頑張ろう!」と目標を掲げます。

なでしこが、「正式な部に昇格するためには部員は何人以上必要なのでしょうか?」と質問します。

千明は、「4人以上だ。しかし、斎藤には断られた。」と答えます。

しかし、みんなで頑張っていこうではないか!という意気込みで、みんなを励まします。

なでしことあおいも、一緒に頑張ろうと賛同します。

その様子を図書室の窓から見ていたリンは、いつも通り「あいつら何してるんだ?」と見ています。

そして、週末になり、リンとなでしこはまた2人でキャンプへ行きます。

これからどんなキャンプ物語が2人を待っているのでしょうか。

まだまだ、それそれのキャンプは続くのでした。

ドラマ『ゆるキャン△』SNSの反応

ドラマ『ゆるキャン△』視聴者のSNSでの反応

ドラマ『ゆるキャン△』無料動画1話〜8話見逃し配信とネタバレあらすじ感想まとめ

ドラマ『ゆるキャン△』は深夜ドラマということもあり、放送しているエリアや時間もバラバラです。

SNSでも話題になっているので、途中からドラマ『ゆるキャン△』に興味がではじめた人も多いのではないでしょうか?

最初から全話見たい場合は、
Amazonプライムビデオで
無料お試し期間を利用しての
視聴がお得です。

\アニメ『ゆるキャン△』も/
\全話無料で視聴可能!/

5