ケイジとケンジ:所轄と地検の24時

ドラマ『ケイジとケンジ』動画1話見逃し配信&ネタバレあらすじ!全話無料フル視聴方法

2020年1月16日からは、桐谷健太さんと東出昌大さんW主演の新ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』がスタートします!

このページでは、ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』の第1話〜見逃し配信と全話動画を無料で視聴する方法についてまとめてみました。

もくじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』の動画を見る

ドラマ『ケイジとケンジ』の
動画がU-NEXT全話試聴可能

【U-NEXTなら】
31日間の無料視聴期間
映画やバラエティなど他の動画も見放題!

『ケイジとケンジ』を
無料視聴する

  • 無料お試し期間でも600P貰える!
  • ポイント利用で映画館で最新映画や、最新作品も視聴可能!
  • 『アベンジャーズ エンドゲーム』も無料で視聴可能!
  • 初回の31日間は無料見放題作品(14万本)を視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも利用可能!
  • 最大4アカウントで利用可能!
  • 日本最大級のエンタメサイト!
  • 大人の動画も見放題で・・・

※記載の情報は2020年1月時点のものです。最新の情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』見逃し配信動画

VOD 動画配信
動画 月額(税抜)
TVer 最新話のみ 0円
TBS FREE 最新話のみ 0円
Paravi 1話〜最終回 925円
U-NEXT × × 1,990円
Hulu × × 933円
TSUTAYA TV
× × 933円
dTV × × 500円
FOD × × 562円
Netflix × × 800円〜
Amazonプライム × × 4900円/年間

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』フル動画を無料で視聴する

ドラマ放送終了後、1週間以上経ってしまうとTverなど無料の見逃し配信動画では視聴できなくなります。

放送終了後から1週間以上経ってしまったという方や、最新話より前の話も見たいという方はU-NEXTで視聴が可能です。

U-NEXTではドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』がポイントを利用すれば視聴可能な動画配信作品となっています!

※2020年1月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXTでは、無料お試し視聴期間が31日間もあります。

その無料視聴期間のみの利用であれば費用は1円もかかりません

(最新映画に使える600ポイントももらえます!)

 

  1. U-NEXTに登録する
  2. お試し登録で貰える600Pでドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』動画を視聴する
  3. 見放題作品の映画やドラマ、アニメなども視聴可能!
  4. さらに、U-NEXTの他のコンテンツ(雑誌、漫画、ライトノベルなど)も利用可能!
  5. 無料視聴期間(31日間)のうちに、解約手続きをする

これで掛かる費用=0円!

 

 

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』
動画を無料視聴する

U-NEXTで視聴可能な作品

U-NEXTで視聴可能なドラマ作品(2020年1月現在)

ポイント不要で見放題のドラマ動画

  • CHEATチート〜詐欺師の皆さん、ご注意ください〜(本田翼、風間俊介、上杉柊平、福原遥、金子大地)
  • 死亡フラグが立ちました!(小関裕太、塚地武雅)
  • 名もなき復讐者 ZEGEN
  • Re:フォロワー

ポイント利用で視聴可能な2019年ドラマ動画

  • まだ結婚できない男
  • ドクターX
  • 死役所
  • 時効警察はじめました
  • 相棒18
  • 科捜研の女
  • ハル〜総合商社の女〜
  • 特命刑事カクホの女2
  • いだてん
  • スカーレット

U-NEXTで視聴可能な映画動画(2020年1月現在)

ポイント不要で見放題の映画やアニメ動画

  • 鬼滅の刃
  • Dr.STONE
  • ダークナイト
  • 超人高校生たちは異世界でも余裕で生き抜くようです!
  • 七つの大罪 神々の逆鱗
  • 娼年
  • ソードアート・オンライン
  • アリシゼーション War of Underworld
  • アサシンズプライド
  • HUNTER×HUNTER
  • ウォーキング・デッド シーズン10
  • ブラッククローバー
  • 炎炎ノ消防隊
  • ピーチガール

ポイント利用で視聴可能な映画動画

  • アラジン
  • メン・イン・ブラック:インターナショナル
  • X-MEN: ダーク・フェニックス
  • アベンジャーズ/エンドゲーム
  • アリータ
  • トイ・ストーリー4
  • シャザム

無料視聴期間の申し込みでも、600Pももらえるので有料の動画も試聴可能!

このポイントがもらえる無料視聴期間も、いつまであるキャンペーンかはわからないので気になった方はすぐに利用されるのがおすすめです。

無料動画投稿配信サイトのメリット・デメリット

YouTubeや、Dailymotion、Pandora、9tsuなどの動画アップロードサイトでも、日本の民放ドラマが何者かの手によって、アップロードされていることがあります。

しかし、これらは全て違法のアップロード動画です。

これらの違法動画を視聴していて、パソコンやスマホがウィルスに感染したり個人情報が抜き取られたという声もあります。

個人で視聴するには個人責任となりますので、何か損害や被害があっても自己責任で対応するしかありません。

これらで視聴される場合は、自己責任でご視聴ください。

  • テレビ番組は放送局に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法

参考:日本民間放送連盟

\今すぐ無料お試しで動画を視聴する/

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』番組情報

番組名 ケイジとケンジ:所轄と地検の24時
放送時間 1月14日夜9時スタート
脚本 福田靖
主題歌 『ハレルヤ』
宮本浩次
(ユニバーサル シグマ)
スタッフ チーフプロデューサー
黒田徹也(テレビ朝日)プロデューサー
服部宣之(テレビ朝日)
飯田サヤカ(テレビ朝日)
菊池誠(アズバーズ)
松野千鶴子(アズバーズ)
岡美鶴(アズバーズ)演出
本橋圭太(アズバーズ)
及川拓郎
公式サイト・SNS 公式HPTwitterInstagram

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』相関図・キャスト

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』相関図

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』相関図

  • 仲井戸豪太 役/ 桐谷健太
  • 真島修平 役/ 東出昌大
  • 仲井戸みなみ 役/ 比嘉愛未
  • 目黒元気 役/ 磯村勇斗
  • 毛利ひかる 役/ 今田美桜
  • 日下直樹 役/ 渋谷謙人
  • 森岡奈緒子 役/ 奥山かずさ
  • 多胡永吉 役/ 矢柴俊博
  • 桂二郎 役/ 菅原大吉
  • 持丸栄 役/ 峯村リエ
  • 亀ヶ谷徹 役/ 西村元貴
  • 宮沢かほり 役/ 八木亜希子
  • 樫村武男 役/ 柳葉敏郎
  • 大貫誠一郎 役/ 風間杜夫

『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』あらすじ

学歴も身分も収入も資格も捜査方針もまったく違う、
決して交わらない“二人の男”が、
一つの事件をきっかけに交わりだす
志(こころざし)も身長も!
木ドラ史上最高の《ビッグ・バディ》誕生!!
愛すべきニコイチ・バディが
仲良く衝突しながら事件に挑む!

中途採用の情熱刑事×頭でっかちなエリート検事!? 桐谷健太と東出昌大がW主演で異色バディ結成

令和初の新春が訪れると同時に、ドラマ界にも新時代の到来を予感させる、やたらめったら気になる新バディが誕生…!? 2020年1月期、テレビ朝日が毎週木曜にお届けするオリジナルドラマ『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』で、“刑事”と“検事”という“日本のドラマではあまり類を見ない組み合わせの男たち”がタッグを組み、港町・横浜を舞台に人間臭さ全開で大暴れします。

この新バディを演じるのは、もはや説明はいらないほど縦横無尽な大活躍を続ける桐谷健太と東出昌大。桐谷が昔ながらの気質(!?)で走り出したら止まらない“元体育教師の異色な刑事”に、東出が頭脳明晰すぎて逆にズレている(!?)“東大卒の頭でっかちな超エリート検事”に扮し、仲良くケンカしながら難事件に挑む2人組を体現することに!

「この人間くさくて愛らしいキャラクターにしっかりと血を通わせて、東出君との魅力的なやりとりを楽しみたいです。共に全身全霊で切磋琢磨していきたい」という桐谷。かたや「本当に魅力的で大好きな先輩なので、“これから一緒に戦っていく仲間”としても心強いです。そんな桐谷さんに頼りながらも、僕自身も向こうを張れるように全力でぶつかっていきたいです!」という東出。彼らが時にふっと笑っちゃうほど軽やかに、時にグッとくるほど真剣に――。映画『GONIN サーガ』(2015年)でも共演し、互いをよく知る2人が《W主演》という新タッグ体制のもと、絶妙コンビネーションで“半人前同士だからこそ可能性は底知れない2人”を演じます。

所轄と地検の24時…その知られざる世界を、サスペンスとユーモアで軽快に描く!

『ケイジとケンジ』は桐谷演じる神奈川県警の刑事・仲井戸豪太と、東出演じる横浜地方検察庁の検事・真島修平の異色バディが紡ぐ物語です。仲井戸は今という時代に重視されるコンプライアンスなんて「?」状態で、「とにかく犯人を逮捕して、被害者に感謝されたい」と躍起になる男。一方、真島は「犯罪者を裁くための一番の社会正義は、起訴すること。そのために証拠を集める刑事は、検事の“駒”である」と考える男です。そんな“ツッコミどころだらけの発展途上”な2人は共に、“個々の正義感”をたぎらせながら数々の事件に立ち向かうことに…!
命がけで被疑者を逮捕しても70%は不起訴となり、正義が報われないことの多い刑事…。そして、刑事事件は99%以上の確率で有罪となるため、有罪を勝ち取ることがすべての検事…。これまで日本のドラマでは描かれなかった真実を大前提に、葛藤を抱え未完全だからこそ逆にのびしろのある仲井戸と真島は、ぶつかり合いながらも共鳴していくことに。その先に生まれるものとは一体…!?

半人前な2人の“もうバカだなぁ…”と微笑ましくなる軽妙なやりとりをベースに、《正義とは何か》も問いかけながら、コミカルに展開していく『ケイジとケンジ』。ニュータイプの事件解決バディものが、刑事モノというドラマの定番ジャンルに、思わずニヤリとする新風を吹き込みます!

『まんぷく』以来初! ヒットメーカーの脚本家・福田靖氏が放つ令和初オリジナル作品

完全オリジナルストーリーとなる『ケイジとケンジ 所轄と地検の24時』の脚本を手掛けるのは、『HERO』(2001年~)や『ガリレオ』シリーズ(2007年~)、テレビ朝日系で放送された『DOCTORS~最強の名医~』(2011年~)など、大ヒットドラマを多数生み出してきた福田靖氏。今回は高視聴率を獲得したNHK連続テレビ小説『まんぷく』(2018年10月~2019年3月)の執筆後に“初めて手掛ける連続ドラマ作品”であり、“自身にとって令和初のオリジナル作品”となります。もちろん、今回も福田氏らしいユーモアやコミカルなタッチが炸裂! 老若男女を問わずクスッと笑えて楽しめる“大人の群像コメディー”を創出します。

引用:『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』公式HPより

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』ネタバレあらすじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第1話ネタバレあらすじ

 体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務している仲井戸豪太(桐谷健太)はある日、商店街で包丁を振り回していた暴漢を現行犯逮捕。県警本部長から表彰される。しかも、勢いづいた豪太はその場で本部長に直訴し、横浜桜木署の捜査課へ異動! 強行犯係に配属され、ずっと憧れていた刑事として新スタートを切る。

さらに異動初日から、豪太の勢いは止まらない。一昨年末から世間を騒がせている連続空き巣犯を早く捕まえろ、と市民が苦言を呈していると知るや発奮。強行犯係の管轄外にもかかわらず、自分が犯人を捕まえると宣言し、地道な捜査を開始したのだ。ところが…ついに犯人を逮捕した豪太は、その顔を見てがく然とする。なんと連続空き巣犯は元教え子・滑川秀幸(馬場徹)だったのだ…!

一方、横浜地検みなと支部の検事・真島修平(東出昌大)は、片思い中の立会事務官・仲井戸みなみ(比嘉愛未)の気を引こうと猛アプローチするも、ピントがズレまくりで全然刺さらない日々。何より、検事になって5年目だというのに大事件を任せてもらえず、焦りが募っていた。

そんなとき、修平は送検されてきた滑川を担当。余罪を追及すると、1年前に空き巣目的で入った家で、年老いた家人と鉢合わせになり、突き飛ばして逃げていたことが判明する。しかも、修平が桜木署に問い合わせると、その老人は直後に亡くなった状態で発見されていた、というではないか! これは強盗致死、あるいは強盗殺人の可能性もある――そう考えた修平は功名心から、自分が立証すると名乗りを上げ…!?

引用:ドラマ『ケイジとケンジ』HPより

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第1話ネタバレあらすじ

ケイジとケンジの出会い

体育教師から警察官に転職し、横浜の交番に勤務する仲井戸豪太(桐谷健太)は、正義感の強い男です。

ある日豪太は、商店街で包丁を振り回し暴れる暴漢を捕まえ、現行犯逮捕します。

 

県警本部長から表彰され、勢いづいた豪太は、「街の平和を脅かす凶悪な犯罪者どもを根こそぎ、この仲井戸豪太の手で!とっ捕まえさせてください!!!」と、本部長に直訴します。

お調子者で正義感の溢れる人物なんですね。序盤の数分でわかります。何かやってくれそうだな、という期待感があおられるシーンですね。

 

一方、横浜地検みなと支部の真島修平(東出昌大)は、立会事務次官の仲井戸みなみ(比嘉愛未)に片思いをしていました。

食事へ誘い、アプローチするも、頭脳明晰すぎて逆にズレた発言で、なかなか会話が弾みません。

 

ある朝、修平は外国語教材をイヤホンで聴きながら通勤していると、向かいから豪太が走ってきて、勢いよくぶつかってしまいます。

これが、容疑者を逮捕し送検する警察と、被疑者を起訴し裁判にかける検察、決定的に立場も正義も違うふたりの、出会いなのでした。

 

桜木署の最重要事件

憧れの刑事として、強行犯係に配属された初日、豪太は派手なリバーシブルのジャンパーを着て行きます。

署長・大貫誠一郎(風間杜夫)と、課長であり配属される強行犯係の係長でもある多胡永吉(矢柴俊博)から歓迎されながらも、服装に関して注意を受けてしまいます。

 

スーツを着てくるようにと注意されているにも関わらず、張り込みが必要な刑事にはリバーシブルのジャンパーがいいと主張する豪太。

上司に誠意を見せながらも、人の話を聞かないという、猪突猛進な人間性が垣間見えます。

悪いやつじゃないんだけど、世間の常識からずれてるよな~なんて思われそうなタイプですね。愛されキャラです。

 

一方修平は、落書き犯を取り調べ、堂々と証拠を突き付けて自白させることに成功します。

タッグを組むみなみをちらっと見て、ガッツポーズをするも、みなみは苦笑いです。

 

豪太は多胡に連れられ、捜査課強行犯係の面々と挨拶をする。

桂二郎(菅原大吉)に「遅咲きの新人」といじられたり、年下である目黒元気(磯村勇斗)にジャンパーが派手だと指摘されたり、昔のあだ名の話をしたりと、和気あいあいとした部署である印象を受けますね。

 

その中で唯一の女性、毛利ひかる(今田美桜)は、クレームの電話を切り、自己紹介をするなり、「コーヒーは自分で汲んでくださいね」とぴしゃり。

あだ名で呼ぶのも、お茶汲みの女の子も、時代遅れなのです。

 

毛利が受けていたクレームは、連続空き巣犯を早く捕まえろというものでした。

この事件は、盗犯係の管轄であるものの、管内では最重要案件となっていました。

それを聞き、自分が犯人を捕まえると意気込む豪太。

しかし強行犯係の管轄ではないと、皆、豪太をなだめますが、「桜木署の最重要事件なんだろう!?」と、課内に聞こえるほど大声で告げ、奮起します。

 

連続空き巣犯の正体

修平は支部長・樫村武男(柳葉敏郎)に器物損壊事件の決裁をしてもらいに行くも、「自白は刑事訴訟を円滑に進めるためのものではない。いい加減理解しろ」と注意されてしまいます。

 

そんな中、部下でありライバルでもある日下直樹(渋谷謙人)は、殺人未遂事件に手こずっていました。修平はまだ大事件を任せてもらえていないため、日下の話を聞き、顔が引きつってしまいます。

日下とタッグを組む立会事務次官の森岡奈緒子(奥山かずさ)も、気まずそうに苦笑いです。

「支部長に任されたから」「なんたって殺人未遂だから」と強調する日下。嫌味なやつです。

支部長に怒られた後にこれは、きついですよね。

 

立会事務次官同士、仲の良いみなみとかずさは、修平の噂話をしていました。

みなみは修平を恋愛対象にするには、ちょっと抵抗があります。別の惑星の住人、と感じてしまうのです。

 

そんなみなみは、実は豪太の妹です。

豪太は桜木署に通勤するのに便利だからと、みなみの家に転がり込み、同棲しているのです。

 

さて、豪太は連続空き巣犯の捜査に乗り出します。まずは自分が勤務していた交番から。

刑事であることをさりげなく自慢しまくる豪太。うっとうしいやつです(笑)。

 

目黒と共に、車でアンパン片手に張り込む豪太。アンパンって…どこまでも形にこだわりますね。

そこで豪太は、体育教師から転職したきっかけを語ります。

 

豪太が赴任していた高校は、素行の悪い生徒が多い高校でした。横浜の半グレの連中が誘い、生徒が悪の道に染まってしまうのです。

豪太は悪い大人を撲滅させなければ、生徒にまっとうな道を歩ませられないと思い、警察官になったのでした。

 

と、そんな話をしていると、暗がりから怪しい光が。

豪太たちに見られて、家に忍び込もうとしていた怪しい人物は逃げ出します。

豪太が捕まえ、現行犯逮捕を宣言します。

顔を見ると、その人物はなんと…元教え子・滑川秀幸(馬場徹)でした。

 

余罪

元教え子が連続空き巣犯だったことが発覚し、豪太は多胡に、自ら取り調べがしたいと申し出ます。

しかし、被疑者と個人的に面識がある捜査員というのはよくありません。

後ろから見ているだけでいいと懇願する豪太。多胡は願いを聞き入れますが、決してでしゃばらないようにとくぎを刺します。

 

このシーンは多胡と目黒が演技をして再現するのですが、変に似ていて、わざとらしく熱が入っているところが楽しいシーンです。

毛利には、「無駄な小芝居」と言われてしまいますが。

 

取調室での取り調べで、罪を認める滑川に、豪太はつかみかかります。

中華料理の料理人になり、店を持つことが夢だった滑川。料理人になるも仕事がつらくて辞めてしまい、金がなくなり、罪を犯してしまったのです。

 

一方、この連続空き巣犯についての取り調べを任された修平。

日下の殺人未遂に対して小さな案件だと感じた修平は不満を漏らすも、樫村に今の仕事をしっかりこなすよう言われてしまいます。

 

強行犯係の飲み会にて、意気消沈する豪太。

豪太の歓迎会兼、連続空き巣犯の送検祝いです。ここで立ち止まっては立派な刑事になれないと、奮起し直す豪太なのでした。

 

その夜みなみとの会話で、滑川の担当検事がみなみとタッグを組む修平であることが発覚します。滑川には罪を償わなきゃいけないから、厳しくやってくれと泣きながらみなみに告げる修平。

本当はいいやつだからとか言うのかと思いきや…本当に正義感に溢れた人物です。

 

検察の取り調べで、修平は滑川の余罪を追及します。すると滑川は、何も盗まずに逃げたことがあると告白します。

現金も何もなくてそのまま出ていこうとすると、おじいさんが家にいて驚いて突き飛ばして逃げたということでした。おじいさんが大丈夫だったかどうかを心配する滑川ですが、修平はそこを追求していきます。

 

修平は強行犯係に、1年前の出来事について詳しく知りたいと電話をします。滑川が入った家と同じ町で起こった、老人が亡くなった事件です。

その時は事件にはならず、処理されましたが、何か関係があるということなのでしょう。

 

豪太は自ら、その老人の死体見分調書を修平に渡しに行きます。修平は、事件性がないと判断し司法解剖しなかった警察を責めます。

 

滑川は老人を突き飛ばし逃げましたが、その老人は1年前に亡くなった老人と同じかもしれず、滑川によって亡くなった可能性があるのです。

その場合、滑川の罪は強盗致死になってしまいます。滑川に殺意があれば強盗殺人です。

いずれにしても、滑川は死刑、もしくは無期懲役。

滑川とは関係ないかもしれないと主張する豪太ですが、刑事が被疑者をかばうのかと修平を諭します。

 

修平に物証を調べろと言われ、いらだつ豪太。修平は修平で、大きな事件を担当したいという思いがあります。

検察が上、警察が下という態度に、怒りをあらわにする豪太ですが、みなみはそういう立場なんだからと諭します。

どっちの味方なのかと豪太は怒りますが、この怒り方は豪太が悪いですね…。刑事になりたての豪太を心配しているみなみがかわいそうです。板挟みですしね。

 

修平は、連続空き巣事件を強盗致死もしくは強盗殺人に切り替えて捜査する意向を樫村に伝えます。

お手柄だと褒める樫村。

「強盗殺人」大きな事件の響きに、日下は非常に悔しがります。

この人たちは事件の大きさでしか仕事を判断しないのか?と思ってしまいます。

 

実は兄妹でした

1年前に亡くなった老人の家を調べることになった、強行犯係。

鑑識を送り、豪太も同行します。先日の修平とみなみの言葉を思い出し、いらだつ豪太。

修平とみなみも老人の家にやってきます。修平にこびへつらう桂を見てさらにイライラはマックスに。

「物証なんてそう簡単に見つかりませんよ」と嫌味を言うのでした。

 

鑑識により、老人宅からは、滑川の髪の毛が採取されました。

これで、滑川が侵入した家が、この老人の家だったという裏付けは取れました。樫村はこの報告を受け、何か腑に落ちない様子です。

 

取り調べに向かう滑川に、豪太は「本当に突き飛ばしたのか?どうしてそんなことしたんだよ!」と声をかけます。

すると、滑川は、取り調べで「覚えてない」と黙秘。

滑川は豪太の一言に、これ以上話すとまずいと察したのです。

 

修平は豪太を責め立てます。

そしてぼそっとつぶやきます。「こんないい事件、めったにないチャンスなのに」

聞き逃しならない豪太は、修平に怒りをぶつけます。

自分の手柄になるからと言って、事件を立証しようとすることが許せないのです。

 

それに対し、殺人事件をそのままにはしておけないと反論する修平。

検察が送致された被疑者を起訴する割合は3割。あとの7割はおとがめなしです。しかし、起訴された被疑者が有罪判決を受ける確率はほぼ10割。

検事と警察では責任の重さが違うと修平は語ります。

 

「あなた方警察は捜査官。検事は法律家。捜査上のパートナーかもしれないが、あなたと僕では決定的に立場が違う。」

そう語る修平と、同調するみなみに、豪太は大阪弁むき出しの感情むき出しで反論します。

「悪いやつ捕まえんのにな、上も下も立場が違うとかそんなもんあるかい!」

 

さらにここで豪太がみなみのことを呼び捨てにし、みなみが豪太の妹であることが修平にばれるのです。

修平はショックのあまり、たじたじです。

 

そのまま修平は、検事を怒鳴りつけたということを多胡に報告します。

修平は、修平が豪太にとった態度を、みなみが怒っているのではと心配するがそんなことはないとわかり、安堵します。恋人でもないのに何をそんなに心配しているんですかね。

 

一番大切なこと

豪太は、修平に怒った経緯を、署長に説明します。

上とか下とか思っていないということについて同意する署長ですが、大事なことを豪太に伝えようとします。

検事と警察の上下関係ではなく、滑川のことでもなく、今一番考えるべきことは、被害者のことなのです。

 

豪太は被害者の家へ向かい、被害者の奥さんに話を聞きます。

滑川が突き飛ばしたことが原因なら、重い罰を望むかと尋ねますが、被害者の奥さんは「わかりません。どうしたってもう、主人は帰ってこないんですから」と、涙ぐみます。

その姿を見て、豪太は今までの自分の行いを反省し、被害者の気持ちを深く考えるのでした。

 

修平は、滑川の取り調べを進めます。

殺意があったのではと問いかける修平。「違います!」と言うも、滑川は具体的に否定することができません。

 

その夜豪太は、自らの思いをみなみに語ります。

一番かわいそうなのは、被害者と、その奥さん。だけど、滑川に重い罪を負わせたくはない。

自分は刑事には向いてないのでは?と、悩みます。

 

「みなみ、俺は刑事失格なんか?」

問いかける豪太に、みなみは答えます。

「ため息ついてるのは、お兄ちゃんだけじゃない。真島さんだって、悩んでるよ。」

 

同じとき、調書を作成する修平は、悩みながらも「強盗致死」の文字を打ち込みます。

そして、樫村の元へ向かい、決裁を頼みます。

滑川を、起訴することに決めたのです。

 

小料理屋「OKAZU-YA」に、夕飯を食べに来た豪太とみなみ。女将の宮沢かほり(奥貫薫)は、元裁判官です。

そこへ、修平が鉢合わせます。

 

自然と、話題は滑川の話に。宮沢は気を利かせ、席をはずします。

起訴の罪名を豪太が尋ねると、その場に緊張感のある空気が流れます。

 

「窃盗罪及び…住居侵入罪」

 

驚きを隠せない豪太と、みなみ。

滑川が老人を突き飛ばしたことに関して物証がないことと、突き飛ばしたことと老人の死亡に因果関係が今となっては証明できないことから、この結論に至ったのです。

 

修平は、期待に応えられなかったことを樫村に謝罪しますが、樫村は語ります。

「俺はな、滑川を強盗殺人犯にすることを期待したわけじゃない。法と証拠に基づいて判断すると、当然こうなる。」

その上で、警察の調書を見て事件の見通しができないようじゃまだ半人前と、諭すのです。

仕事をやらせて、実際に自分でわからせる。とてもいい上司ですね。

 

さすがに滑川がかわいそうになったのかと煽る豪太。

あほですね、ここで大人しくしておけばいいのに、本当にすぐ調子に乗る。

それに対し、最初から窃盗罪にする予定だったと言う修平。

これまたいじっぱりですね、そんなわけないのに。

 

不毛な言い争いをするも、女将が仲裁します。

「神のみぞ知る。そこでいったい何が起こったか、それは誰にもわからない。証拠がなければ、どうしようもない。この議論は無意味。」

修平も、みなみも、豪太も、その通りだと認めるのでした。

 

一段落ついた後も、2人の不毛な言い争いは続きます。

来週からも恐らく、このやり取りが行われるのでしょうね。

 

まとめ

刑事ものではありますが、とても痛快で爽やかなストーリーのドラマです。

何より登場人物のキャラクターがいいです。

豪太はやる気満々で正義感が強く、素直で、義理人情に厚いですが、我が強く、自分が甲と思ったら違うものに反発するところがあります。

反対に修平は、東大卒のエリートで切れ者ですが、頭でっかちで、コミュニケーションがどこかズレています。

だけど、豪太は人の話を聞き入れて、深く人の気持ちに寄り添う思いやりがあるし、修平は物事の良しあしをきちんと理性的に考えられる良さがあります。

ふたりとも人間味があり、不完全なところが逆に好ましい、愛すべきキャラクターなのです。

修平は、途中まではなかなか好きになれないですが、小料理屋でのやり取りや、樫村とのやり取りで、「あ、昇進だけを考えてるやつじゃなくて、仕事に真面目に向き合ってるんだな」と感じ、非常に好感が持てます。

 

また、彼らを取り巻く登場人物たちも、ユーモラスで人間性ある人たちばかりで、ハラハラする展開でも安心して見守ることができます。

特に、上司がいいですね。

大貫、樫村、多胡、熱く部下思いな彼らのおかげで、色々と考えさせられるドラマになっています。

次週もこのチームのやり取りが見れると思うと、とても楽しみです。

どんな事件にぶつかっていくのでしょうか。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第2話ネタバレあらすじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第2話ネタバレあらすじ

ドラマ放送終了後に更新します。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第3話ネタバレあらすじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第3話ネタバレあらすじ

ドラマ放送終了後に更新します。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第4話ネタバレあらすじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第4話ネタバレあらすじ

ドラマ放送終了後に更新します。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第5話ネタバレあらすじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第5話ネタバレあらすじ

※ドラマスタート後に更新していきます。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第6話ネタバレあらすじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第6話ネタバレあらすじ

※ドラマスタート後に更新していきます。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第7話ネタバレあらすじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第7話ネタバレあらすじ

※ドラマスタート後に更新していきます。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第8話ネタバレあらすじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第8話ネタバレあらすじ

※ドラマスタート後に更新していきます。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第9話ネタバレあらすじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第9話ネタバレあらすじ

※ドラマスタート後に更新していきます。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第10話ネタバレあらすじ

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第10話ネタバレあらすじ

※ドラマスタート後に更新していきます。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第1話〜視聴率

放送回 視聴率
第1話(1月14日) %
第2話(1月21日)
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話

(ビデオリサーチ調べ:関東地区平均視聴率)

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』第1話〜最新話の見逃し配信動画&全話無料で視聴する方法まとめ

見逃し配信なら、1週間以内はTverとテレ朝キャッチアップで視聴可能です。

Tverで『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』
見逃し配信を見る

テレ朝キャッチアップで
『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』
見逃し配信を見る

最初から全話見たい場合は、U-NEXTで無料お試し期間にもらえるポイントを利用しての視聴がおすすめですよ。

無料アップロードの配信サイトもありますが、認識がないままにウィルスに感染する可能性もあります。何かあった際には、自己責任となりますのでお気をつけください。

動画を安心して高画質で見るのであれば、公式の配信サイトであるU-NEXTが安心です。

ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』全話フル動画をU-NEXTで視聴する

見放題対象作品ではありませんが、ポイントを使えば動画の視聴が可能です。

  • 月額費用が1,990円(税抜)
  • 毎月1,200Pがチャージされる!
  • ポイントは映画館でも利用可能!
  • 無料視聴期間が31日間もある
  • 無料トライアル申し込みで600ポイントもらえる!
  • 無料視聴期間中に解約しても費用は一切かからない!
  • 広告やCMが入らない!
  • 大人の動画も見放題!

そのため、ドラマ『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』の動画を無料で見るなら、無料視聴期間にもらえるポイントを利用してU-NEXTで視聴するのがオススメです。

『ケイジとケンジ:所轄と地検の24時』
動画を無料視聴する