2019年秋ドラマ

ドラマ『同期のサクラ』第1話〜最新話見逃し配信動画&ネタバレあらすじ!全話無料フル視聴方法

高畑充希さん主演のドラマ『同期のサクラ』が10月9日からスタートです。

忖度できない、ただひたすら純粋で真っ直ぐな北野桜が、東京の大手ゼネコンに就職するところから物語がスタートします。

忖度できないサクラが、どのように大きな会社の中で自分の夢を叶えていくのか?ユーモラスの中に、何か感じさせられるようなドラマになりそうです。

ドラマ『同期のサクラ』動画配信状況

ドラマ『同期のサクラ』の
動画がHulu全話見放題

【Huluなら】
30日の無料視聴期間
映画やバラエティなど他の動画も見放題!

『同期のサクラ』を
無料視聴する

※記載の情報は2019年10月時点のものです。最新の情報はHuluホームページにてご確認ください。

ドラマ『同期のサクラ』見逃し配信動画

ドラマ『同期のサクラ』は、民放提携の見逃し配信サービスTver、日テレ無料TADAなどの見逃し動画配信サイトで動画の視聴可能です。

 

Tverで『同期のサクラ』
見逃し配信を見る

日テレ無料TADAで『同期のサクラ』
見逃し配信を見る

ドラマ『同期のサクラ』見逃し配信動画をHuluで無料フル視聴する方法

Huluでは、無料お試し視聴期間が14日間もあります。その無料視聴期間のみの利用であれば費用は1円もかかりません。
その期間は、Huluで配信されている作品は全て試聴可能です!

『同期のサクラ』以外の、『ニッポンノワール』や『俺の話は長い』などのドラマも試聴可能!

  1. Huluに登録する
  2. ドラマ『同期のサクラ』動画を視聴する
  3. 無料お試し期間で、他のドラマも視聴可能!
    (ニッポンノワール、俺の話は長い、あなたの番です。、3年A組など)
  4. Huluの他のコンテンツ(ドラマ、雑誌、漫画、ライトノベルなど)も利用可能!
  5. 無料視聴期間(14日間)のうちに、解約手続きをする

これで掛かる費用=0円!

 

『同期のサクラ』を
無料視聴する

ドラマ『同期のサクラ』キャスト

キャストも出そろい始めましたね!

  • 北野桜(きたのさくら) 高畑充希
  • 月村百合(つきむらゆり)  橋本 愛
  • 木島葵(きじまあおい) 新田真剣佑
  • 清水菊夫(しみずきくお) 竜星涼
  • 土井蓮太郎(どいれんたろう) 岡山天音
  • 火野すみれ(ひのすみれ) 相武紗季
  • 黒川森雄(くろかわもりお) 椎名桔平
  • 隣人のカップル 草川拓弥・大野いと
  • サクラの祖父 津嘉山正種

 

『同期のサクラ』あらすじ

北の離島から上京し、大手ゼネコンに入社した北野サクラ。
会社の入社式で、社長に「私の夢は、故郷と本土を結ぶ橋を架けること!」と宣言する。

入社早々、新人研修中に社長の理不尽な行動に忖度できないサクラ。

引用:

ドラマ『同期のサクラ』は、主人公である北野サクラとその会社の同期の10年間の物語が描かれる予定です。

さらに、ドラマ1話で1年間を描き、毎話1年ずつ話が進んでいくということなので、毎回の話の進展が早そうですね。

ドラマ『同期のサクラ』あらすじ

ドラマ『同期のサクラ』第1話のあらすじ

物語の始まりは主人公のサクラが脳挫傷で病院のベッドに眠っています。

その病院に、サクラの会社の同期4人が駆けつけてきます。

月島はサクラが重い脳挫傷のため目を覚ます可能性が低いことを涙ながらに他の3人に伝えます。

その病院へと駆けつけてきたのが、百合(橋本愛)、葵(真田真剣佑)、菊夫(竜星涼)、蓮太郎(岡山天音)の同期の4名でした。

現在はそれぞれが別の場所で生きている4人。4人はサクラとともに花村建設に入社した10年前を思い出します。

百合「私があなたを最初に傷つける人になってしまった」

「どんな仕事にも妥協することはなかった」

「新人研修で同じ班になっただけの俺たちを、仲間だと信じて疑わなかった」

「サクラのいない世界で生きていきたくない」

 

5人が出会ったのは、10年前の2009年、東京の大手ゼネコン会社・花村建設の入社式でのことでした。

北野サクラは(高岡充希)は、新潟の田舎の島から上京してきたばかり。

桜は、どんなことでも妥協しない正直な性格です。

表情は無表情で固く、淡々と理路整然に物を言い、周りを驚かせます。

しかし、一方で建造物等などを見ると時間を忘れるほど見入って、写真を撮ったりと周りが見えなくなる所があり、入社式にも遅刻ギリギリで着くありさまでした。

入社式で社長のスピーチをしっかりとメモをとりながら聞く桜は、社長のスピーチに対して、手を挙げて発言しだしました。

社長の話は長くて、せっかく良いことを言っているのに伝わりづらいとか、数字の間違いも指摘し、場の雰囲気を凍らせるような発言をしました。

機転を利かせた人事部長の黒川のおかげでその場は丸く収まりましたが、桜は完全に変わった、面倒くさい奴だと皆の印象に残りました。

お題は、日本の未来に残したい建造物の模型作りでした。

班に分かれ課題に取り組み、リーダーは資料の名簿に印がついているとのことだったが、桜の所に印がついていました。

入社式が終わり一斉に帰る新入社員達の中、大きな声で自分の班のメンバーの名前を桜は呼びます。

自分の名前が呼ばれ、振り返るメンバー達、そこには、あの社長に発言していた変な同期の桜がいて、リーダーになりましたと自己紹介され驚きます。

お互いを知りたいので話をしたいという桜に若干、困惑しながらも親睦を深めようと食事をしながら話をすることになりました。

綺麗な女性で事務系、広報など希望の百合、設計志望の蓮太郎、応援部出身でサポートできる仕事がしたい菊夫、社長を目指し、都市開発部に入りたい葵と皆それぞれに配属先の希望などを話します。

リーダーとなったサクラの夢は、故郷の離島に橋を架ける仕事に関わることでした。

5人はテーマを話し合い、サクラの故郷である島に花村建設が建設する予定の橋の模型を作ることに決定します。

親睦を深める飲み会で、5人はそれぞれ希望の部署について話します。広報や設計などそれぞれの目標を語る中、サクラは土木部への配属を強く希望していました。

それぞれの発言に感銘を受けたような桜、自分の志望は?と聞かれ、土木部と答え皆を驚かせる。

 

不思議に思う一同にサクラは話し始めます。

実はサクラの両親は亡くなっており、

その島に橋があればサクラの両親は死ぬことはなかったかもしれない、だからその橋を架ける土木を希望しているのだと。

自分は離島出身で橋を架けるのが夢だった、そのきっかけは、母が病気で病院に連れて行かないといけない時に天候不良で船が休航になり、自分達の船で両親が海に出たことで亡くなってしまった過去があること、そしておじいちゃんに育てられたことを語りました。

自分の島に架かる橋を花村建設が工事することを知り、どうしてもここに入りたかったと桜は言いました。

そして、同期で記念写真を撮りたいと言い、撮ったらすぐに帰ってしまいました。

残された4人はあっけにとられます。

 

翌日サクラは橋のデザインを描いてきます。

しかし絵が下手なサクラのデザインはひどいものでした。それを見かねた設計希望の土井がデザインを描きなおします。

 

すごい!と土井をほめたたえて笑顔になるサクラ。

しかし、気になる点を指摘せずにはいられないサクラはできあがったデザインに何度ももう少し、もう少しと注文をつけます。

 

飽きれながらも手直しをしたデザインが完成し、模型作りに取り掛かります。

模型作りでもサクラは妥協ができず、完成した橋の模型を見て、街と島を作りたいと言いだします。

サクラの勢いに押され、5人は休日に集まって模型の材料を買い出しに行くことに。

初めての都会での買い物やみんなとのお茶の時間に嬉しくなるサクラ。離島育ちのサクラにとって4人は東京でできた初めての仲間だと話すのです。

翌日買ってきた材料で、町と離島を作りついに模型が完成します。

ようやく完成した!!!っと喜ぶメンバー。

ここでまたサクラが言い出します。

「スーーーっ」

「どうかした?」

「耐荷重が足りない、この橋は雪の重さに耐えられず壊れてしまうかも知れない」

順調に進んでいたのですが、拘りの強すぎるサクラへの不満がついに噴出し、百合が強くあたります。

百合は「私たちはあんたのこと仲間だと思ってないから」と、つい勢いに任せて言ってしまいます。

妥協できないサクラと、そんなところまで求められてないでしょうという同期四人。

 

その場では、同期4人の言う通りに素直に従ったように見えたサクラでしたが、

帰り際の挨拶がいつもの「じゃあ、また明日!」ではなく、

「失礼します。」であったことからもショックを受けているのが感じられます。

 

帰り道にお肉屋さんでコロッケを買って帰るサクラ。

家でじいちゃんにFAXを送ります。

 

じいちゃん、体の具合はどうら?

初任給が出たからおぐるで

じぃちゃんの作ったコロッケが食べてぇ

 

その日の夜中、じぃちゃんからFAXのFAXを受信します。

サクラが好きだ

だってお前には

自分にしかできないことがある

達筆な字で書かれた言葉に、

サクラの今の不安な気持ちを察したかのようなメッセージが送られてきます。

 

それをマジマジと見るサクラ。

 

翌日の模型審査会。

サクラはその場にいませんでした。

 

昨日言いすぎたかなと心配する同期をヨソに、審査が始まっていきます。

人事部の黒川は橋を見て賞賛してくれます。

「良いコンセプトですね〜」

「デザインも素晴らしいし!」

「耐荷重ももちろん考えているんだよね?」

 

「も、もちろん・・・」

ヤバイと思ったとその時に、

サクラが新しい模型を持って走ってきます。

 

「遅くなってすいません。これは仮の模型なので、新しいものと交換してもよろしいでしょうか?」

それは対荷重まで計算された模型でした。

 

そして、サクラの手は傷だらけだったのです。

 

審査の結果は、社長賞は商業施設の模型を作った別の班でした。

その発表直後、「なぜあの商業施設の模型が社長賞だったのでしょうか?」と尋ねるサクラ。

どうしてあの模型が社長賞なのか、あの模型は社長が10年前に手がけて成功したプロジェクトとそっくりで、それを作れば社長が喜ぶという狙いがあったのかもしれませんと発言しました。

人事部長の黒川は、

「ダメだよ。自分たちが作ったものが選ばれなかったからと言って、イチャモンは。」

 

そう言うと、サクラはまた別の班が作った

私は幼稚園の模型が社長賞にふさわしいと思いました。」と言います。

会社に意を唱えると言うことは、本採用を取り消しになってもおかしくないことだと黒川がいいます。

そして、その意見はグループとしての意見か、サクラ個人の意見なのか?と問いただしますが、他のメンバーはバツが悪そうに顔を背けます。

サクラは、「あくまで私個人の意見です」と答えました。

黒川部長はわかったと言い離れました。

 

そして後日、配属先の発表が行われました。

他のメンバー4人は希望の部署へ配属が決まりホッとします。

 

しかし、桜は採用取り消しにしないが人事部で預かることにすると言われます。希望の土木部に配属されなかった桜を心配し、他の4人が追いかけて声をかけます。

 

でも、桜は自分には夢がある、諦めない、自分にしか出来ない事をやると話して、また明日と言って去っていきます。

 

人事部預かりになった桜は、これからどう道を切り開いていくのか、忖度せずに意見を言い続けられるのか、実は桜を採用したのは黒川部長なので桜を育てていってくれるのか、これからの奮闘が楽しみです。

 

第2話のみどころ

融通のきかないマイペースなサクラが人事部預かりになりました。

人の喜ぶ姿が嬉しい菊夫は、営業数値を稼げないなりにがんばろうとして、サービス残業三昧になりそうです。

それで体調を崩して、入院してしまいます。

正論を行っても認められないだろうから皆は諦めていますが、サクラはサービス残業させるのはいけないと真っ向からぶつかっていきそうです。

 

信頼しあえる仲間を作ることもサクラの夢であり、仲間である菊夫を全力で守っていこうとすると思います。

希望の土木課に入れなくても、腐らずに、人事部になり、今自分ができることを一生懸命に取組むサクラの姿に感銘を受けそうです。

同期4人はサクラと違って、希望の部署に配属されました。サクラの頑張りを見て、それぞれの場所で奮起していくと思います。

諦めて正しいことをしないのは罪であると、気付かされる話になりそうです。

ドラマ『同期のサクラ』第2話のあらすじ

ドラマ『同期のサクラ』第2話のネタバレあらすじ

第2話は入社2年目になります。今回の話は、営業部配属された菊夫とサクラのお話。

 

サクラも人事部2年目になり、周りにもマイペースなキャラクターが浸透してきました。エレベーターの中で電話している人にも1言注意したり、気になる建造物があると写真を撮ってしまうところ。

仕事早くて、丁寧であるが、納得いかないと「すっ〜」とリアクションをする。

同期の皆も、それぞれの場所で頑張っています。

都市開発部の葵は、社長への道に邁進中。広報部の百合は、女だから責任のある仕事を任せてもらえないよう。設計部の蓮太郎は、美咲島橋にかかる、橋のデザインや、色に言及しても、2年目のため相手にされてないよう。

そして今回は営業部の菊夫が主役。大学の先輩である桑原部長に、可愛がるという名目でのパワハラを受けてました。

桑原は、「俺が後輩に厳しくするのは、期待しているからである」といい、上にはいい顔をして、下には工期を1ヶ月早めろなど、無理難題を押し付けます。

サクラも、菊夫の上司・桑原部長が評判が悪い上司だとわかりました。菊夫が90時間以上残業していてストレスをためているのに、気付いてはいても何もでぎすもどかしさを感じておりました。

上からの命令で、全社で残業時間削減運動が始まりました。営業部以外は残業時間を減らしているが、営業部だけ相変わらず変わりません。

むしろ、2,3年目の残業時間が増えているという事態。菊夫はヘトヘトに疲れ仕事終わって家についても、桑原部長から呼び出され、接待に付き合わされます。

そこでも、ゴルフやれ、車買え、応援団を歌えなどパワハラ三昧。

 

会社のみんなが気持ちよく働けるようにするのが、人事の仕事。
サクラはその思いで、桑原部長に意見します。

サクラは、桑原部長に自らの夢を宣言します。

ふるさとに橋をかけること。
一生信じ合える仲間を作ること。
その仲間とたくさんの人を幸せにする建物をつくること。

だから菊夫が体調を崩して会社を辞められては困るというサクラに、桑原部長からどっちの言うことを聞くのか問われます。

大学の先輩の繋がりが大事、桑原さんのおかげで会社も入社できたと恩義を感じ、菊夫は桑原部長を選びます。

サクラは、よく大人になれと言われるが、それがどういうことかわからずじっちゃんにFAXを送ります。

 

大人になれと、サクラは周りの人によく言われんだが

大人になれば、同期を助けられるのか?大人になるってどういうことら?

サクラにはわかんねぇ

おじいちゃんのコロッケが又食べてぇ

 

すると3枚のFAXが返信されてきました。

 

大人になるとは

自分の弱さを認めること

と思うが!自信はない

 

そしてついに菊夫が倒れてしまい、入院してしまいました。

お見舞いにいったサクラは、菊夫が手掛けている図書館の設計図をみて、非常にいいと、褒めまくります。

相変わらずマイペースなサクラですが、希望の土木課になれなくても、人事部に配属されてよかったと思っている。すべての人たちと接することができ、会社全員で建物を作っていると感じれたから。

菊夫が泣きながら相談するが会社のみんなを応援したいと思う菊夫はすごい、ずっと持ち続けてほしい。1番応援すべきなのは、菊夫くん自分自身だとアドバイスするサクラなのでした。

エレベーターで同期4人が一緒になり、菊夫が桑原部長と戦う所を応援にいきす。
菊夫のケツを叩くサクラ。

勇気を注入。

病み上がりの菊夫に、また工期を早めるように支持する桑原部長。
しかし菊夫は部長の言われた通りに動けない、自分がやっている仕事にちゃんと向き合っていない。

自分がやっている建物を愛していない。自分にしかできないやり方で、自分がやりたい。
と宣言。工事現場のトラブルも自分で対応していきます。

このおかげで、菊夫は自分のやりたいことを誇りを持って取り組めるようになりました。

その後桑原は異動になり、菊夫は救われました。

しかし、その桑原がサクラが希望する部署である土木部の役員になりました。

桑原は、俺の目の黒いうちは、サクラを希望の土木課には異動させないと言い放ちます。

それでも、めげずに自分にしかできない仕事に邁進するサクラなのでした。

【気になったシーン】
第2話は、よりサクラがマイペースであり、人と違う感性を持っていることが描かれてきました。
人は言われた言葉の裏の意味を考えたりしますが、サクラは額面通りに読み取ります。

しかし、それがまた痛快であり、ハッとさせられることがありました。

エレベーターの中で人の迷惑を考えず、大声で電話している桑原部長に遭遇します。桑原は自分に自信があるため、誰にも言わせない圧力があります。

そのため、サクラが電話は他の人がいないところでして欲しいと注意すると、

桑原は「俺のこと誰だと思ってるの?」と圧力をかけます。

サクラ「同じ会社で働く仲間です。」

という返しは痛快でした。まさにその通り。

だからサクラは忖度などせず、一直線に仕事に取り組んでいるのだと感じました。

その後も、「上が決めたことは、正しいとは限らない。」残業時間削減運動があっても、「仕事があれば、いくらでもやりたい。」など、サクラ節が次々と飛び出します。

桑原部長との直接対決はまさに見ものでした。

桑原「お前は、何様なんだよ」

サクラ「北野サクラ、同期の北野サクラ。忙しいとは、心を無くすこと。いい仕事ができない。」

などと正論でぶつかります。

最後は桑原がサクラがもっとも嫌がる、土木部へは俺の目の黒いうちは絶対異動させないからな!と言い放ちました。

しかしサクラは、エレベーターから降りると一気に息を吐き、桑原部長のオーデコロンの匂いが強すぎると伝えます。

「打ち合わせなどの際にお相手に迷惑がかかるかもしれませんので、もう少し控えた方が良いかと思います。」と

一蹴する痛快さがありました。

次回のサクラにも期待が高まります。

ドラマ『同期のサクラ』第3話の見どころ

次は3話目は、3年目のお話。次は広報部の百合さんのがフューチャーされる回です。

寿退社しようとしている百合に対して、サクラは本当にそれでいいのか、夢は何があるのかなど、追求していきます。

夢々うるさい、気持ち悪い、それ以上いったら突き落とすなど、ケンカシーンが増えそうです。橋本愛が出演していることで、演技がうまい、高畑充希より主演がいいなど、ネットで話題になってます。

このぶつかり合いも楽しみです。

ドラマ『同期のサクラ』第3話のあらすじ
※ドラマスタート後に更新していきます。
ドラマ『同期のサクラ』第4話のあらすじ
※ドラマスタート後に更新していきます。
ドラマ『同期のサクラ』第5話のあらすじ
※ドラマスタート後に更新していきます。
ドラマ『同期のサクラ』第6話のあらすじ
※ドラマスタート後に更新していきます。
ドラマ『同期のサクラ』第7話のあらすじ
※ドラマスタート後に更新していきます。
ドラマ『同期のサクラ』第8話のあらすじ
※ドラマスタート後に更新していきます。
ドラマ『同期のサクラ』第9話のあらすじ
※ドラマスタート後に更新していきます。
ドラマ『同期のサクラ』第10話のあらすじ
※ドラマスタート後に更新していきます。

ドラマ『同期のサクラ』見逃し配信や動画を全話無料で視聴する方法を紹介まとめ

この記事では、ドラマ『同期のサクラ』の見逃し配信動画の視聴方法を調査しました。

ドラマ『同期のサクラ』に原作はなく、ドラマオリジナルのストーリーですね。

ドラマ『同期のサクラ』脚本は、『女王の教室』や『GTO』、『家政婦のミタ』、『過保護のカホコ』などの遊川和彦さん。

過保護のカホコでは、高畑充希さんとタッグを組まれていたので、再タッグとなりますね。

ドラマ『同期のサクラ』の見逃し配信動画は、1週間以内はTverと日テレ無料TADAで視聴可能です。

Tverで『同期のサクラ』
見逃し配信を見る

日テレ無料TADAで『同期のサクラ』
見逃し配信を見る

最初から全話見たい場合は、Huluで無料お試し期間を利用しての視聴がお得ですよ。

         

  • 月額費用はたったの1,026円(税込)
  •      

  • 14日間のお試し視聴期間がある
  •      

  • 無料お試しトライアル期間中に解約すれば費用はゼロ!
  •      

  • 広告やCMが入らず高画質&高音質
  •      

  • 日テレのドラマやアニメ、バラエティなど見れる動画が豊富!