2019年秋ドラマ

ドラマ『G線上のあなたと私』動画|1話〜最終回見逃し無料配信&ネタバレあらすじ2話3話4話5話6話7話8話9話

もくじ

ドラマ『G線上のあなたと私』動画配信状況

ドラマ『G線上のあなたと私』の
動画がParavi全話見放題

【Paraviなら】
30日の無料視聴期間
映画やバラエティなど他の動画も見放題!

『G線上のあなたと私』を
無料視聴する

※記載の情報は2019年11月時点のものです。最新の情報はParaviホームページにてご確認ください。

ドラマ『G線上のあなたと私』再放送の予定

残念ながらTBSのドラマ『G線上のあなたと私』の再放送予定は、今の所発表されていません。

しかし、ドラマ『G線上のあなたと私』を見逃したという方は、最新話であれば放送終了後の1週間以内の無料視聴や動画配信サービスで無料視聴することができます。

ドラマ『G線上のあなたと私』見逃し配信動画

ドラマ『G線上のあなたと私』は、民放提携の見逃し配信サービスTver、TBSFREE、などの見逃し動画配信サイトで動画の視聴可能です。

 

Tverで『G線上のあなたと私』
見逃し配信を見る

TBSFREEで『G線上のあなたと私』
見逃し配信を見る

ドラマ『G線上のあなたと私』動画を第1話から全話視聴する

Paravi(パラビ)では、無料お試し視聴期間が30日間もあります。

ドラマ『G線上のあなたと私』はParaviでは見放題のコンテンツなので、その無料視聴期間のみの利用であれば費用は1円もかかりません。

無料視聴期間であれば、他のドラマやバラエティなど見放題の作品もたくさんのう動画が視聴可能です。

ドラマ『G線上のあなたと私』をParaviで無料視聴する方法
  1. Paravi(パラビ)に登録する
  2. ドラマ『G線上のあなたと私』の動画を視聴する
  3. 他の最新作ドラマやバラエティ番組も視聴可能!
    (4分間のマリーゴールド、グランメゾン東京、ハル〜総合商社の女〜など)
  4. Paraviの他のコンテンツも利用可能!
  5. 無料視聴期間(30日間)のうちに、解約手続きをする

これで掛かる費用=0円!

\今すぐ無料お試しで動画を視聴する/

ドラマ『G線上のあなたと私』の動画は、TVerやTBS FREEでの見逃し配信が終わるとParavi(パラビ)でしか配信がありません。

そのため、Paravi(パラビ)で無料お試し期間を利用して視聴するのがおすすめです。

他の動画配信サービスで配信される可能性があるとすれば、U-NEXTで配信される可能性はあります。

しかし、今のところ予定はなくドラマ『G線上のあなたと私』を動画配信で見るにはParavi(パラビ)で視聴するしか方法はありません

2019年11月時点で、Paravi(パラビ)は無料お試し視聴期間が30日もあります。しかし、この無料お試し視聴期間もいつまであるかわかりません

気になっている方は、Paravi(パラビ)で視聴することをお勧めします。

ドラマ『G線上のあなたと私』は無料アップロードサイトで視聴可能?

YouTubeなど、無料のアップロードサイトでドラマ動画がアップされていることがありますよね。

海外のサイトでも動画をアップロードできるサービスが増えてきており、違法のアップロード動画が問題となっています。

違法アップロード動画は、アップすれば削除されるのも時間の問題でありアップされている動画の画質や音質もあまり良くありません。

  • テレビ番組は放送局に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 違法にアップロードされた物と知ってダウンロードも違法

参考:日本民間放送連盟

\今すぐ無料お試しで動画を視聴する/

 

ドラマ『G線上のあなたと私』キャスト

  • 小暮也映子 波瑠
  • 加瀬理人 中川大志
  • 久住眞於 桜井ユキ
  • 加瀬侑人 鈴木伸之
  • 渡辺晴香 真魚
  • 加瀬芙美 滝沢カレン
  • 北河幸恵 松下由樹

主要キャスト以外も徐々に発表されてきましたね。

加瀬理人の兄であり、バイオリン教室の先生である久住眞於の元婚約者、加瀬侑人役には鈴木伸之さんが演じられるようですね。

そして、加瀬侑人の妻役に滝沢カレンさん!!

滝沢カレンさんの演技、、、

どのような演技をされるのか、非常に興味がありますねw

『G線上のあなたと私』あらすじ

TBSでは、10月期の火曜ドラマ枠(毎週火曜よる10時)で『G線上のあなたと私』を放送する。

主人公・小暮也映子(こぐれ・やえこ)を演じるのは、2017年放送の火曜ドラマ『あなたのことはそれほど』以来2年ぶりの同枠出演となる波瑠。也映子がたまたま興味を持ち通い始めた大人のバイオリン教室で出会うイケメン大学生・加瀬理人(かせ・りひと)役には中川大志。そして、もうひとりのバイオリン教室仲間の主婦・北河幸恵(きたがわ・ゆきえ)を松下由樹が演じる。

也映子は寿退社間近に婚約破棄され、仕事も結婚も失う。そんな日にたまたま聞いた「G線上のアリア」の生演奏をきっかけに、大人のバイオリン教室に通い始める。優雅な趣味と思いきや、そこにはバイオリンのように一筋縄ではいかない恋愛、仕事、家族などで様々な問題を抱える人たちが集まっていた。そんな悩める大人が通うバイオリン教室を舞台に繰り広げられる恋と友情の物語だ。

引用:『G線上のあなたと私』公式HPより

ドラマ『G線上のあなたと私』第1話〜最新話ネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』第1話のネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』第1話のネタバレあらすじ

波留主演&いくえみ綾先生原作ドラマ第二弾『G線上のあなたと私』(コミック原題まま)
いよいよ始まりましたね。

「あなそれ(あなたのことはそれほど)」以来2作目のいくえみ作品主演となる波留。

個人的には「あなそれ」の時の無節操なヒロインのイメージより本作のほうが波留のイメージに近いかも、と期待大です。

さて今度はどんなヒロインを見せてくれるのでしょうか。

第一回目は15分拡大版でした。

とあるショッピングモールで美人バイオリニストの演奏に聞き入る買い物中の主婦と、花束をわしづかみにして仁王立ちしているOL。

そして食い入るようにバイオリニストを見つめる若いイケメン。

演奏が終わったバイオリニストに感動したOLは自らの花束を差し出すのでした。

その手はこぶしが赤くはれていました。

われを忘れて聴き入ったその曲名は「G線上のアリア」。

その演奏は、大人の音楽教室の宣伝を兼ねていたのでした。

大人の音楽教室…世の中にこれほど無駄なものがあるだろうか。
今から音楽を習ったところで何者になれるでもなし…

そう自問しながら”藁をもつかむ思い”でOL小暮也映子(波瑠)はその門をたたくのでした。

偶然にもそこには先日の買い物帰りの主婦・北河幸恵(松下由樹)そして、若いイケメン・加瀬理人(中川大志)もまた体験レッスンに訪れていました。

年齢も立場も違う3人のグループレッスンの始まりでした。

そのレッスンの帰り道、教室に入った動機について、主婦幸恵は娘のピアノと合わせたくて、と答えます。

男子大学生理人は自分の兄と先生が「たまたま」知り合いだったからだと。

そして也映子は?答えに困って思わず「酔狂で」と答えます。

その次のレッスン、幸恵は休みだったので理人と也映子だけでした。
並んだ二人を見て意味ありげにほほ笑む久住先生(桜井ユキ)。

「二人お似合いに見えますね」と先生。

それを聞いて理人はあからさまに機嫌が悪くなってしまい、レッスンの帰り也映子のバイオリンの音色に悪態をついてしまいます。

むっとした也映子もまた理人のバイオリンを「おならみたいな音」と応酬してしまいます。

気まずい理人は次のレッスンに来ないかと思いきや、遅れてちゃんとやってきたのでした。

そのレッスンの帰り。なかなか自宅では近所迷惑で音が出せない悩みを打ち明ける也映子と幸恵に「カラオケボックスなら音出し放題ですよ」というナイスアイデアを提案する理人。

威勢よくなぜか3人連れ立ってカラオケボックスにむかうことに。

が、練習はすぐには始まらず…。

そこはカラオケボックス、唄にお酒に食事に…おまけに少しだけ練習。

すっかり?打ち解けた女性2人は厚かましく理人と先生との関係を聞き出そうとします。

するとなんと理人の兄と久住先生(桜井ユキ)は以前婚約していたのですが、兄にほかに好きな女性ができたうえ、子供までできたので先生を振った過去があったのです。

それを聞いた也映子は自分と先生を重ねて言葉を失い…

加瀬の兄を「人間の屑」呼ばわりした挙句、自分の身の上話を始めます。

実は也映子も元婚約者(森岡龍)に好きな女性ができたと別れを告げられ、怒りに任せてその場でグーで婚約者をぶんなぐってしまったことを告白します。

職場にも破談を告げられず寿退職した日、偶然あの演奏を聴いてからバイオリンを弾けるようになりたいその一心で教室に入ったのだと。

そんなことがあった次の教室では定例発表会の出場について也映子と幸恵が相談をしていました。

「もし今日加瀬君が花柄の服を着てきたら出てみようか」と冗談めかす二人の前に花柄の服を着て現れた理人。思わず顔を見合わせる二人。

その日のレッスンは先生の風邪で止む無くお休み。

仕方なく女二人はいつものカラオケボックスに。

そのころ加瀬は…一人先生を見舞っていました。

体調を気遣う理人に「インフルエンザかもしれないから会えない」と突き放す久住先生。兄と先生の関係を二人に話してしまったことを詫びる理人。

「あなたと私は生徒と先生。ただそれだけ」

取り付く島もない先生に 理人は黙って見舞いの袋をドアノブにかけてその場を立ち去るしかありませんでした。

カラオケボックスでは理人と先生の関係を妄想する二人。

先生が好きなのが見え見えだと大いに盛り上がっているところにどんよりした理人が入ってきて凍り付く二人。

理人は久住先生に個人レッスンを希望しますが、自分の個人レッスンには空きがないと言われてしまいます。

それを聴いた也映子は、先生の個人レッスンでなければこのグループレッスンを抜ける意味はあるのか問いただしてしまいます。

そんな也映子に理人は高ぶる感情のままに

「おれはここにバイオリンを習いに来ている!」と息まくのでした。

その勢いに理人の憤りを感じ、からかったことを反省する二人。

こんな別れは嫌だ。

意を決して理人の家まで訪ねていきます。

也映子は自宅まで来たことに驚く理人に頭を下げて謝るのでした。

そしてまた一緒にレッスンを続けようと、3人の出会いは不思議な縁であり、奇跡だと思う。

そして婚約破棄された自分と先生は同じ運命を感じると打ち明けます。

そんなやえ子に怒り冷めやらぬ理人は、也映子と先生は全然違う、好きってもっとじたばたするものじゃないのか、あなたは婚約者のことを本当に好きだったのか?と言い放ちます。

それを聞いて言い返せない也映子。

そんな二人を偶然見かけた理人の兄侑人(鈴木伸之)は弟がバンドではなくバイオリンを習っていると勘付き、弟の自分の元カノへの気持ちに気づいてしまうのでした。

幸恵もまた嫁姑問題に煩わされていました。

嫁のあることないことご近所に触れ回る憎き姑(夏樹陽子)。夫弘章(小木博明)は浮気した過去まであるようです。

也映子はある決意をもって、理人と幸恵の二人をレッスン前に呼び出しました。

二人に発表会に一緒に出てほしいと。

何か目標がないと自分には何もない。空っぽになったときにあの曲を弾いてみたいと思ったその感情以外に今の自分には何もない、と。

アラサーの自分探しに巻き込むなと反発する理人に発表会に出たいと断言する幸恵。

二人の熱意に半ばため息交じりに猛特訓を条件に承諾する理人。

その決意を先生に告げると先生は大喜びしながら、曲名は?と問いかけます。

発表する曲は3人を結びつけたあの曲しかありません。

そう、「G線上のアリア」で一致。

何者になれるわけでもない楽しいだけの大人の音楽教室に、共通の目標ができた瞬間でした。

全く接点も共通点もない3人が同じ曲、同じ楽器を通してどこまでつながれるのでしょうか。

主人公也映子のキャラが初回では少し「薄い」ような気もしましたが、随所にふっと笑ってしまったり、言葉に聞き入ってしまう場面があったりで3人の演技力を感じずにいられません。

発表会に向けてこのまま順調に上達していくのか?
理人の想いは?

そしてカラオケボックスでちゃんと練習するのか?3人…

ドラマ『G線上のあなたと私』第2話のネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』第2話のネタバレあらすじ

初めての発表会

大人の音楽教室で偶然出会った年齢も境遇も違う三人。

音楽教室の久住先生(桜井ユキ)へ恋心が駄々洩れしてしまった加瀬理人(中川大志)。

婚約者に寿退職寸前に振られたことを告白した小暮也映子(波瑠)。

姑との息の詰まる生活と夫との関係もギクシャクしている専業主婦の北河幸恵(松下由樹)。

少しお互いのことを知った3人はなぜか也映子の提案で教室の発表会に出ることになったのでした。

3人が選んだ曲は「G線上のアリア」これだけはすぐに一致したのでした。
なぜかって?

それは3人が教室に通うきっかけになった曲だったからでした。

何者になるわけでもない贅沢な大人の音楽教室でどんなストーリーが繰り広げられるのでしょうか。

そして少しは上達するでしょうかね?

にこやかに息をそろえて「星に願いを」を弾いている3人。
その音色はお世辞にも上手とは言い難いものですが久住先生は手をたたいてほめてくれるのでした。

そして褒めたその同じ口で「G線上のアリア」はまだまだ実力が足りない、とはっきりというのでした。

仕方なく曲名を変更して3週間後、発表会当日。

結婚式の二次会で着るはずだったドレスで舞台に立つ也映子。
その服を着て舞台に立つことを躊躇する也映子の背中を憎たらしいながらも
押したのは理人でした。

習いたての「星に願いを」は…散々たるものでした。

北河幸恵の自宅で練習会

練習の成果を思い存分発揮できず落ち込む3人。

しかし幸恵は立ち直りが早い性格なのか、「次は」もっと練習してきっと「G線上のアリア」を弾こう。
と二人を励ますのでした。

幸恵の一言で気を取り直した二人。そんな二人に幸恵は今度姑が温泉旅行に出かけた日に自宅で練習しましょうと誘うのでした。

元婚約者(森岡龍)と選んだ思い出の服はネットで売ることに。

幸恵の自宅での練習当日、「まさか本当に来るとは思わなかった」という也映子に「練習したいから」と理人はむすっと答えるのでした。

お土産のたこ焼きが焼けるのを待つ間、也映子が理人の手のケガのことを聞いたのをきっかけに(手のケガは兄ともめた際に負ったものでした)

理人が15歳の時、真央が初めて兄(鈴木伸之)に連れられて理人の家に来た日のこと、すっかりなついて兄のデートに同行し、釣りを教わった日の思い出。

兄と真央が別れた後、理人の携帯の待ち受けがバイオリンなのを見つけて、理人の気持ちに気づいた兄が「合わないよ、”お前”にも」といわれたこと。

理人の話を聞いて也映子は思わず「なぜ自分のことを話してくれたの?ひょっとしてずっと話したかった?」と聞くとわれに返ったのかムスッとして「よく知らない相手だから」と憎々しげに答えるのでした。

幸恵の自宅に着くと娘の多実(矢崎由紗)が二人にいろいろ質問してきます。
どうやら幸恵は2人の事情をすっかり話している様子なのです。

そんなおませな多実のピアノの伴奏で「G線上のアリア」の練習を始めますが也映子と幸恵はすぐについていけなくなってしまいます。一人演奏を続ける理人をただ見つめるのでした。

すると玄関がなんだか賑やかに。なんと温泉旅行に行ったはずの姑の由実子(夏樹陽子)が帰宅するのでした。

「帰宅は明日のはずじゃ?」と焦る幸恵に「予定を切り上げて帰宅した」と平然と答える姑。

由実子に挨拶する也映子と理人にせっかくだから演奏を聞かせてほしいと練習の邪魔をするのでした。

帰り際、也映子と理人に謝る幸恵。

(急な帰宅は)わざとだと悔しそうに言い出す幸恵。

「そういう人なの!今日すごく楽しみにしていたのに…」と泣き出す幸恵に「楽しかったですよ」という理人。

「多実ちゃんは生意気だし、自分の演奏に妙に聞き入ってる2人も面白かったし、泣いちゃだめだ、楽しく終わろう」幸恵を励まします。

「わざとだとしても楽しくしていればこっちの勝ちだ」、と。

そうね、と笑ってお礼をいう幸恵と理人の姿になぜか置いてけぼりを食らったような感覚を覚える也映子。

名前呼びの距離感と嫉妬

ある日、いつまでも仕事もしない也映子は母親(池谷のぶえ)に「いつまでも悲劇のヒロインではいられない」といわれ、落ち込んでいると

「兄に子供が生まれた」と理人からラインが。
そう、何もかも立ち止まってはいないのだ。

バイオリン教室では幸恵が「理人君」と名前呼びになっていた。
些細なことでも疎外感を覚える也映子 。

教室の帰り、理人のバイト先の居酒屋を聞き出し、今度行こうなどと雑談していると理人が唐突に「メールの返信が2週間以上来ないのは、返信する気がないのでしょうか?」
と質問してきました。

なんと理人は久住先生に「兄の子供が生まれました」とメールを送ったというのです。

「だって、教えてほしいといわれたから」、とムキに言い訳しますが、唖然とする二人を見て自分の無神経さに気づき、二人を後にしてさっさと帰ってしまうのでした。

後日教えてもらった理人のバイト先に訪れる二人。

理人のメール問題で大いに盛り上がる二人に「理人のことをばかにしています?」
と突然詰め寄るバイト仲間の清水(小西はる)。

「応援しているの」とあたふたと答える二人。

清水が去ると、「きっと理人君のことを好きなのかな?うらやましい」幸恵がというと
「北河さんのことが羨ましかったと」言い出す也映子 。

幸恵と理人二人の距離が縮まった感じがしたのだというのです。

婚約破棄から立ち直ろうとバイオリンを始めたものの、自分は同じところで立ち止まっている気がすると。

「普段暗い青年が、あんないい顔でいいこと言うなんてきゅんと来るでしょう!」と力説しているところに理人が注文の品をもって立っていました。

立ち聞きされて恥ずかしい也映子 は「勘違いしないでね」というと
「勘違いしようがないでしょ」とクールに返されてしまいます。

店から出て、也映子は「自分と北河さんとでは(理人)の態度が違う」と愚痴ると、きっとそれは自分は理人と也映子とは同じフィールドにいないからだと謙遜しながらも也映子 の嫉妬に喜ぶ幸恵。

「こんな平凡な主婦が也映子ちゃんに19歳の青年のことでやきもちを妬かれるなんて!」と笑い出します。そんな幸恵の言葉に何か気持ちがほぐれる也映子。

練習の帰りカラオケボックスで3人での練習。

幸恵が不在の中、理人が唐突に「どうやって別れた男のことを忘れた?」と質問するのでした。

聞きづらいことをストレートに聞いてくる理人の若さに半ばあきれ顔の也映子 。

まっすぐな理人に也映子は「本気で好きかどうかわからないので参考になるかどうか」と以前理人に言われた言葉を借りて前置きしながら

「もっとちゃんと相手と向き合っていればよかった。もっとぶつかっておけばよかった」と自分のことを振り返る。

そして「加瀬君も一度ちゃんと向き合って振られるのがいいと思う」と理人にアドバイスします。

「ふられるの前提?」とあっけにとられながらもそのアドバイスを受け止め
「今度の発表会で告白します。振られたら教室は止めます」と決心するのでした。

「泥沼のような場所に立ち止まっているより前に進めたほうがいい」という理人の言葉に引っかかったのか

「嘘です。振られたからって前にも後ろにも勧めません。」と言い出す也映子。

「向き合ってたよ、自分なりに。本気で好きってなに?好きなところ100個言えたら?好きってメジャーで測れるの?
あなたに私の好きの何がわかるの!」と詰め寄ります。

「何ぶちまけてんですか、引きますよ。」と戸惑う理人。

「言いやすいのよね、ろくに知りもしない相手だから。」と言い残して一人帰ってしまうのでした。

翌日、也映子は以前の職場に退職書類を受け取りに行きました。そこで偶然元婚約者を見かけます。

その元気そうな姿を見て複雑な也映子。

その日の夜、子供の名前を考えながら幸せそうな兄を複雑にみている理人に也映子から電話がかかってきます。

先日感情をぶちまけたことを謝る也映子。それ以上会話も続かず切ろうとすると「結局俺は気持ち伝えたほうがいいですか?」と改めて聞きました。

也映子は今日偶然元婚約者を見たこと、元気そうで仕事も充実してそうでキラキラしていたと話します。

返事に窮する理人。

「困るよね。いつまでもじめっとしていると困るよね?

しんどいけど自分を動かせるのは自分しかいない。
人間停まってたらダメなんです。

だから気持ちは伝えたほうがいい、それで次のステップに進めるなら。

可能性は低いかもしれないけど、がんばれ」と励まします。

静かに聞いていた理人は

「模範解答ですよ。」と答えます。

その真央は友人と食事しながら元彼の弟が生徒としてきていることを打ち明けています。

驚く友人に真央は「兄に子供が生まれた」とかメールがくること、「でもしょうがないよね。生徒は選べないから。」と
迷惑だといわんばかりにそういうのでした。

理人の初恋やいかに?っていうか、望みないっすよね、このラスト。

バイオリンはちっとも上達しない代わりに3人は距離を縮めていっているようです。

不愛想な初恋こじらせ青年、イケメンではあるんですが実際結構面倒くさいと思うんです。

年上の女性にかかれば、また違う面がぽろぽろ出てきたりしてかわいく見えてくるもんですね。

人は多面体で見る角度で違った性格が垣間見えるのかもしれません。

理人はアドバイス通り思いを告げ、也映子は…仕事探しなさいよ。前に進めますかね。

ドラマ『G線上のあなたと私』第3話のネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』第3話のネタバレあらすじ

大人の音楽教室で出会った年齢差も境遇も違う3人。

寿退職したにも関わらず「寿」とは程遠い小暮也映子(波瑠)と初恋こじらせ大学生加瀬理人(中川大志)、平凡な主婦だが家庭に若干難ありの北河幸恵(松下由樹)

理人の初恋の行方

初発表会に納得のいかない3人は次の発表会を目指すことを決意。

発表会まで3週間を迎え、レッスン前にカラオケボックスで猛練習する3人。理人は練習用のマニュアルを自ら作成して也映子と幸恵にスパルタ指導するのでした。

教室に向かうと、いつの間に入ったのか金髪のバンドマンが眞於(桜井ユキ)に個人レッスンを受けていました。

妙に眞於に馴れ馴れしい金髪野郎に理人はわかりやすく不機嫌になってしまいます。彼の心はスケルトン…

理人の嫉妬を察してか珍しく理人にだけ厳しい眞於。

そんな眞於をみて、幸恵はレッスンの帰り道で

「理人君、こないだ私のことを元気づけてくれたからお礼の意味を込めて言うね。」と思い切ったように切り出し、「先生とバイオリンを通じてつながるのやめたほうがいい。」と厳しくいうのでした。

「先生はさっきの金髪君にも理人君にもやさしい、だってそれは生徒だから」と。理人が生徒でいる限り望みがないというのです。

複雑な面持ちで聞いていた理人は

「あと3週間で気持ちを伝えます。それでだめだったらバイオリンを止めます、それまで付き合ってください」と幸恵に告げます。

先生に告白する、という言葉を聞いて驚いた幸恵は「もちろん付き合うよ!」と理人に掛け合うのでした。

そんな二人を見ながら 「居心地のいい場所を持っていなさい、それが救いとなる」そんなどこかで聞いた言葉を思い出す也映子 でした。

今の也映子にとって3人でいる時間は何物にも代えがたくなっていたのです。

理人がくれたマニュアルの中から理人の学校の学園祭の書類を見つけた也映子。そのことを知らせるためにメールする際、幸恵に言われたことを気にしていないか聞いてみる也映子。

送信してすぐに、メールしたことを悔やんでいると理人からメールが返ってきました。

実は理人は体験レッスンの日、死ぬほど悩んで行ったのでしたが理人を見た瞬間、眞於の笑顔がほんの一瞬、凍り付いたのをみてとり、自分には一ミリも可能性がないことは本当は悟っていたと。

けれど、バイオリンでつながらなければ、今後眞於の顔が見れなくなることのほうが怖かったと。

理人の真剣な思いを改めて知った也映子は今まで理人の恋を面白半分でからかったりしたことを激しく反省するのでした。

幸恵もまた理人に強くいってしまったことを気にしていました。

いつも優しい先生が理人に厳しかった日、眞於が理人にイラついているんじゃないか、と思ったのだと也映子と話すのでした。

次の週、理人は学園祭の準備で、幸恵は娘の学校のことでレッスンに欠席。

レッスンは也映子一人だけでした。

 

無職だから暇なのは自分だけだと自虐気味にいう也映子に

「いいじゃないですか。そんな時に出会うんですよね。音楽。毎週きちんと来てくれてうれしいと話します。」と優しい眞於。

どうしても弾きたい音がある、と打ち明ける也映子に要望に応えて眞於は丁寧に指導してくれます。

理人が眞於を好きになったことを理解する也映子でした。

その次の週もレッスンに来れない理人と幸恵。

発表会まで練習不足を心配する3人はカラオケボックスで音合わせをすることにします。

熱心に練習した発表会当日。

なんと幸恵は姑(夏樹陽子)が脳梗塞の発作を起こしてしまい、発表会を欠場することになってしまいました。

仕方ないとはいえ幸恵不在に落胆する二人。

会場にはなぜか理人の兄の侑人(鈴木伸之)が来ていました。

何しに来たんだと兄に詰め寄る理人に「俺も(眞於に対して)何も感じていないわけじゃない」と打ちあける兄。

それを見ていた也映子は「お兄さんにいいとこ見せてあげようよ」と理人を励ますのでした。

幸恵の義母は大事には至りませんでした。自分の欠けた発表会の二人をおもんぱかる幸恵。

発表を前に二人は緊張していました。

いよいよ出番がやってきました。

 

舞台に立つ二人の演奏に合わせるかのように病院の片隅でエアーで弾く幸恵。

3人の思いは会場でつながっていました。今までの練習の成果を発揮した二人、思わず笑みがこぼれます。

演奏後、絶賛してくれる眞於に向かって、「好きです」と速攻で告白する理人に若干驚きを見せた眞於ですが、

「時間をむだにすることになります」と即答で振るのでした。

 

予想していたとはいえ、打ちのめされた表情の理人…也映子に「打ち上げしよう」と会場を後にします。

一方、眞於と顔を合わせた兄は深々と眞於に頭を下げます。

固い表情で挨拶を交わす二人。

近況を話しながら、幸せそうな兄を見て、眞於はつい、自分も付き合おうと思っている人はいる、と侑人に話します。

もしや理人?と聞く侑人に眞於は厳しい表情で

「そんなことできるわけないじゃないですか」と侑人を黙らせてしまいます。

新展開?!

居酒屋で打ち上げる二人。

発表会の間、二人と一緒に舞台に幸恵がいる、というイメージで弾いていたと盛り上がる二人。

理人はつい最近20歳を迎えアルコールが飲めるようになっていました。

泥酔した理人は、自分が思い切りよく振られて也映子の気持ちがわかる、と神妙な顔で言うのです。

そして以前、彼氏のことを本気ですきだったのか、などと言ってしまったことを詫びるのでした。

それを聞いて泣き出す也映子。

也映子はさっきの眞於のセリフを思い出しており、今までの理人の努力をちっとも知らないどころか全否定するような冷たい言い方だと号泣するのでした。

けれど、あれ以上の振り方もないと思う、と。

「バイオリン続けようよ」。也映子はこのままこの3人の居心地の良い場所を失いたくないと強く思うのでした。

也映子の本気の泣き顔を見て思わず泣き笑いする理人。

店を出てしばらくして、理人がバイオリンを忘れたことに気づき「ここで待ってて」と慌てて店に取りに戻りました。

するとそこへ幸恵から電話が。

二人の今日の演奏のこと、そして理人と眞於のことが気になっている幸恵に也映子は理人が振られたことを話せず、理人本人から聞いてほしいとだけ伝えます。

そして幸恵が来れなかった今日の代わりに3人で発表会をやろうと提案します。

そこへ走って戻ってきた理人は人ごみの中で也映子を探し、幸恵との電話を代わろうとする也映子に壁ドン!

そして真顔で

「焦った、ナンパされてどっか行っちゃったかと思った、だって今日すごくかわいいから」

「だって今日すごくかわいいから」

「!!!」驚く也映子。もちろん幸恵にもその言葉は聞こえていて…

第3話の感想

おお、なんというラストの急展開。

理人を一途に思う清水さんをして、「”メガネ”は圏外」と言わしめた也映子がまさかの壁ドン…

いや、しかし彼は慣れないお酒で酔ってたし…ねえ?

さてさて、どんな展開になりますやら。

ところで”G線上のアリア”の演奏本当に本人が弾いてたんでしょうか?

素人にしては、ちゃんと音になってたと思うんですが。

3人での発表会、叶うといいですね。

ドラマ『G線上のあなたと私』第4話のネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』第4話のネタバレあらすじ

大人の音楽教室で出会った年齢差も境遇も違う3人。

初恋こじらせ→大失恋へ進展?した大学生加瀬理人(中川大志)は酔っぱらった勢いで也映子(波瑠)に迫った前回。
姑(夏樹陽子)の脳梗塞で発表会に出られなかった北河幸恵(松下由樹)。

3人は也映子の提案で3人だけの発表会を開くのでしょうか。也映子と理人の仲は変化するの?

あの夜のその後

音楽関係の会社面接にいそしむ也映子。

幸恵とお茶をしながら姑の体調を案しますが、レッスンにはまだ出られそうにありません。

幸恵は当たり障りない話をしながら、実は理人と也映子のこないだの続きを聞きたくてたまらないのです。

「なんかあるわけない、それよりいいことを思いついた。3人でコンサートをしよう」と話をはぐらかす也映子。

幸恵は義母のこともあり迷います。
発表会に出られなかったのは心残りなのですが…

理人は年内はバイオリン教室の授業料を払っているのでそれまでは続ける予定でした。

しかし、その日のレッスンは理人も来ません。

教室で眞於(桜井ユキ)と二人きりになった也映子は、初めて眞於の「G線上のアリア」を聞いた日のことを話します。

婚約者に振られてズタボロだった日に聞いた曲だったことを。

そして、いつのまにかあの曲を弾いても、もう胸は痛くなくなっていた、と。

けれど、理人は無理だ、(眞於の振り方では)あれでは立ち直れないと理人の気持ちを代弁します。

静かに聞いていた眞於は顔を上げて、もっと優しく振ればよかったのか、自分がそうしなければならなかったと言いたいのか、と也映子に返します。

黙るしかない也映子。

「人を好きになるってことは暴力だ。」眞於はそう言い放ちます。

そこへ理人が遅れてやってきました。
本人曰く「だって年内は金払ってるから」

也映子は理人にも3人のコンサートの提案をします。

理人は年内で教室をやめることを理由に渋りますが。

「理人がいないのは嫌だ」と素直に思いをぶつける也映子に思わず「保留」する理人。

そして急に話を変えて

「ねえ、”こないだ”俺なんか言った?」と聞いてきました。

なんと、理人は酔っぱらって壁ドンや「かわいい」も何も覚えていないというのです。

「何も…普通だったよ」と理人が覚えていないことにホッとする也映子。

何もなかったことになってしまいました。

トリオ解散の危機

幸恵の義母は身体に不自由がありつつも、無事退院して帰宅してきました。

すっかり気弱になった義母はかなり僻みっぽくなっていて…これからの介護のこともあり
幸恵は不安でいっぱいです。

一方ハローワークでは「音楽関係」にこだわって職探しをする也映子に、担当者はかなり厳しい。

落ち込む也映子にいとこ渡辺春香(真魚)が双子を身ごもったと連絡してきました。

予想外のことに動揺する春香。

春香は美容師という好きな仕事に戻れないかも、と涙を流します。

教室に行くと眞於から幸恵が家の事情で退会したと知らされます。

驚いた也映子が幸恵に電話すると、幸恵は義母の介護を理由に3人のコンサートも白紙に戻してほしいと告げます。

也映子は諦めきれずに「できることは何でも手伝う、幸恵さんと弾きたい」と食い下がりますが、

「今それどころじゃないのよ!」
と幸恵に強く言われ、慌てて電話を切られていしまいます。

理人と二人でカラオケボックスに行き、落ち込む也映子は理人を相手に幸恵の境遇も顧みず強引に誘った自分を反省します。

「自虐的な反省なら”そんなことないですよ”と慰めますが…」と憎らし気に前置きし、也映子の話は飛躍的だと冷静に指摘する理人。

也映子は、双子を妊娠して好きな仕事に戻れないのでは、と不安ないとこの話や、家族が大事だとう幸恵を比べて、自分は希望する音楽の仕事を無理だと言われた話をします。

「大事なもの、目指すものがある人が羨ましい」と支離滅裂な也映子。

入れ込めるものがないのに生きていかなければならない自分を卑下します。

理人は「それが普通であり、妥当なとこで手を打つ」のが大人だ、27歳の也映子に二十歳の理人が説教します。

挙句、友達いないのか、と毒づきます。

「年取ると友達は減る」と居直る也映子。

その夜、自分の勝手さを詫びるメールを幸恵に送ります。

大学では理人を好きな清水(小西はる)が理人に話しかけてきました。

適当にかわしていると「私と話すのウザイ?」と見抜かれ、答えられない理人。

清水は理人が眞於のことを好きなのを知っていて、バイオリンを聞きにいったこと、帰りに兄侑人(鈴木伸之)と眞於の会話を聞いていた清水は「仕方ないよ、ほかに好きな人がいるんじゃ」と理人に漏らします。

それを聞いて激しく動揺する理人。

理人の家では子供にめろめろな兄。

その兄に眞於のことを聞くと侑人は肯定します。

最後のレッスン

幸恵と理人の最後のレッスンの日、無理は承知で幸恵を誘いますが、やはり来ることは難しいとかえって来ます。

それどころか最後のレッスンに理人もこないと…

思わず理人の家にまで迎えに行く也映子。

理人の不貞腐れた顔を見て

「何かあった?わかりやすいなー素直か」と怒ります。

理人は眞於に好きな人がいると分かった途端、振られたという事実を突き付けられたようで、顔を見るといろいろ詮索しそうで、ウザがられるに決まっていると打ち明けます。

挙句の果てにバイオリンで眞於をつながろうとした自分がバカだったのだと悔やむのでした。

うだうだと話す理人に也映子は

「(振られて)引きずるのは当たり前で、前にも後ろにも進めないもんだ」と言い、

諦められないなら諦めなければいい、また先生を誘ってみろと吹っ掛けます。

自分なんてこないだ婚活サイトにも登録した、と威張るのでした。

也映子の言葉を聞いて「也映子さんはすごいな…」と理人は呆れるやら感心するやら。

そんな理人を無理やり教室に連れて行くと、なんと来れないはずの幸恵が二人に会いに来ていました。

娘の多実がおばありゃんを見てるから、と言って教室に来させてくれたのです。

「ごめんあさいね」と也映子に謝る幸恵。

幸恵は半年前、(夫の浮気が発覚したことがきっかけだとは話しませんが)いろいろあってバイオリン教室に入ったこと、二人に出会えてどうでもいいことをたくさん話して眞於にバイオリンを教わって、本当に楽しかったことを心を込めて3人に話します。

感極まったように黙って聞く3人。

「ここで救われました、いつになるかわからないが絶対戻ってきます」と言い残して教室を去って行きました。

帰り道、幸恵との出会いを、さっきの別れの話など、二人で他愛もない話をしながら歩いていると突然理人が手をつないできます。

驚きながらも也映子もその手を振りほどかず、当たり前のようにそのまましばし、クリスマスの街を二人で歩くのでしが。

やがて別れ道。

「がんばってね」とお互い励ましあいながら、憎まれ口を叩きあいながら、名残惜し気に別れる二人…

背中を向けて歩き出す也映子の頭の中にはG線が流れています。

バイオリンなんか習うんじゃなかった、という理人のセリフが頭をかすめる也映子。

違う、バイオリンのことを、この半年のことをそんな風に思ってほしくない…振り向けばもうそこに理人はいませんでした。

それから2か月後、地に足をつけて就活する也映子。もう音楽関係の仕事は探していません。

ちゃんと生きよう。

相変わらずバイオリン教室には通っています。

眞於に理人のことを聞くとたまに連絡は来ます、という返事が。

也映子はあれから理人とは連絡を取っていませんでした。

春が来る。街はいつのまにか卒業生であふれています。

季節は進んでいる…自分も進まなければ、と前を向こうとする也映子は元婚約者とばったり出会い声をかけられます…彼のことはもう忘れた、と思っていたけど…?

第4話の感想

理人と也映子の距離はケンカするごとにぐんぐん縮まっていくようです。

それぞれ違う境遇や事情を抱えていても、「何者になるわけでもない贅沢な音楽教室」は、いつしか3人にとってかけがえのないものになっている姿が印象的でした。

共通の時間と空間を失くした3人はまた集うことがあるのでしょうか。

ドラマ『G線上のあなたと私』第5話のネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』第5話のネタバレあらすじ

大人のバイオリン教室で知り合った年齢も境遇も違う3人が唯一共有する「教室での時間」を失い、それぞれ元の生活に…

その距離を縮めつつあった也映子(波留)と理人(中川大志)は?

3人のそれから

也映子の元婚約者・村野智史(森岡龍)との偶然の再会。

こういったシチュエーションを妄想しないわけではなかったけれど、いざ実際会ってみると

妄想とは全く違っていて…

「知ってた?也映子に殴られた日、俺親知らずが抜けたんだ」という間抜けな会話から始まりました。

拍子抜けな再会は、元彼に誘われるまま回転ずしへ。

あれからのことをずけずけと聞いてくる智史(仕事もせずに毎日何やってるの?的な)にむっとしつつも、彼の父親の具合がよくないこと、「結婚寸前におやじが倒れて延期になってる」という話を親身に聞いてしまいます。

ビール半額クーポンでごちそうになり、そのまま別れますが、結局「結婚まで考えた男のことは嫌いになれない」という結論に至りました。

そんな也映子は婚活パーティーへと出かけます。が、なかなかカップルにはなれません。

「メガネのせいか」と電話で幸恵(松下由紀)に相談しますが。

結婚なんてそんないいもんじゃない、姑は口うるさいし夫は浮気するし…と漏らす幸恵。也映子は驚いてどうやって幸恵が夫を許せたのかと問います。

幸恵は浮気した夫は憎いし許せない。

しかし夫婦の時間の中では憎めない部分も確かにある。そういう”時間の積み重ね”があるから許せたのだと思う、というようなことを言うのですが…

未婚の也映子にはいまいち理解できませんでした。

眼鏡をやめて眼科にコンタクトを取りに来た也映子は、ばったり理人の兄侑人(鈴木伸之)に出くわします。

(どうも侑人はコンタクトの営業マン?「うちのでどうでしょう?」と薦めるのです)

ただの顔見知り程度の二人は、自然と共通の知人である理人と眞於の話に。也映子から理人と眞於の二人が連絡を取り合ってると聞いた侑人は心中穏やかではありません。

眞於の真実

兄弟で外で会おうと待ち合わせた兄弟。

兄が家の外で話したいことは眞於のことだと察した理人は「眞於とは会ってるが付き合ってはいない」と不愛想に打ち明けます。

そして眞於が留学をやめて帰ってきた理由を侑人に話すのでした。

眞於は理人に理人の通う大学のゼミの先生で、音楽療法で有名な先生を紹介してもらっていました。

なぜなら、眞於は留学直後に局所性ジストニアという手や足が思うように動かなくなる症状のせいでバイオリニストの道をあきらめ、帰国したというのです。

すべての夢と希望を失ったときに婚約者にまで裏切られて…と兄を責める理人。

侑人は眞於が自分に話さなかったことにショックを受けます。

侑人は、辛い経験を自分に話そうとしなかった眞於を理解しきれなかったことをあげて、やっぱり眞於とは結婚しなくてよかったと理人に言い、怒った理人は「じゃあ結婚しようなんて言うなよ」と兄をおいて店を出ていくのでした。

なかなか理解しあえない兄弟の溝

コンタクトに切り替えて9回目の婚活パーティーに挑む也映子。

思わしくない結果に終わった様子のその帰り、一人カラオケでやはり一人で来ている理人にばったり出くわします。

コンタクトの也映子を見て婚活だとすぐに言い当てる理人。

兄との言い合いでむしゃくしゃしている理人は、也映子になぜ結婚したいのか、と唐突に聞くのでした。

即答できず考え込む也映子。

「也映子さんにはメガネがあったほうがいい」と言って3か月ぶりの再会にも関わらず、あっさり去っていきました。

婚活の行方

メガネに戻って再びパーティに臨んだ也映子は白鳥(えなりかずき)という青年とついにカップルになりました。

その話で両親といとこの春香(真魚)は盛り上がっていて。

なぜかちょっと冷めている也映子は、双子の妊娠で不安を抱えて泣いていた春香を気遣うと、春香は彼女の夫の他愛ない励ましの言葉で元気を取り戻したようです。

「バカでも気持ちを軽くしてくれる人っていいな~」と失礼にうらやむ也映子。

幸恵は身体の自由が効かない姑(夏樹陽子)を励ましてリハビリに連れ添う日々です。

自暴自棄な姑に化粧を施し、かいがいしく世話を焼く幸恵に姑は「幸恵さん、あなたバイオリンやめたの?」と聞くのでした。

理人と也映子に突然幸恵からメールが来ました。

姑からバイオリンを勧められた幸恵がカラオケボックスで一緒に練習しようと誘ってきたのです。

嬉しくて練習に向かう也映子ですが、実はカップルになった白鳥との初めてのデートの日だと聞いた幸恵は、ぜひそちらに行くべきだと也映子を焚きつけます。

気の進まない也映子ですが、幸恵の勧めるまま、渋々デートに向かうのでした。

少し面白くなさそうな理人。

白鳥はいきなり新居となる物件をリストアップしてきていました。先走っていろいろと結婚生活を計画する白鳥に也映子はドン引き。

残った理人と幸恵たちは3か月ぶりの練習に励みますが、幸恵どころか理人まですっかり腕がなまっていてがっかりします。

そんな幸恵に「3人でコンサートしよう」と以前の也映子の計画を提案する理人。

目標ができて「いいね」と幸恵も応じます。

その日、なぜか理人のバイトする居酒屋でデートしている也映子と白鳥。

理人は驚きますが、也映子はちっとも楽しそうに見えません。

白鳥と別れた也映子はバイト帰りの理人を焼き鳥屋に誘います。

 

「今日分かったことがある。時間を無駄にした。あのまま3人でバイオリンの練習をしていれば良かった」という也映子。

「ひでえな」と呆れる理人

自分で選んだ人に良くしてもらってそんなことを思う自分は失礼だと也映子も否定しません。

「時間を無駄にする」というフレーズに敏感に反応する理人に也映子は

「自分の今の言葉と眞於が理人に言ったのとは種類が違う。眞於のそれは優しさだ」と、理人の大切な時間を無駄にさせたくないという事だと理人に言うのでした。

誰のために時間を割きたいか…そういう誰かが本当の大事な人だと。

 

今日一緒に過ごしたかったのは幸恵と理人であり、白鳥ではなかったと。

新居リストを作ってきたり、理人の店の割引クーポンを取り出して理人の店に連れていかれたのがとても嫌だったとおぞまし気に話すのでした。

「かわいそうに、白鳥さん」と言っていた理人ですが、それを聞いて

「それは生理的に無理だろ?ちゃんと断ったのか?」

酔っている也映子はもらった新居リストを片手に「今から言ってくる」と店を出て行ってしまいます。

バイオリンが恋しくて

「酔っぱらった勢いで断るのは卑怯だ」

と止められ、確かにそうだとまたまた自分を責める也映子。

そんな也映子を見ながら、なんで結婚したかったのかと尋ねる理人。

 

そう聞かれて改めて考えますが…

「相手を見つけてから思うもんだろ、結婚したいって。」

そういうやつが見つかんないなら結婚しなくたっていい、と也映子に断言します。

 

それを聞いた也映子は何か吹っ切れたように、

「私は猛烈にバイオンリが弾きたい!!だって今私が一番練習してて上手だから!」と叫びます。

そして「白鳥さんね”メガネ”に萌えるんだって。」といたずらっぽく言うと、

「そいつ今から行ってサクッと振っていい」とさっきと違うことを真顔で言う理人がかわいい。

星空を見上げながら、初めて3人で弾いた”星に願いを”を口ずさみ、バイオリンの音色が恋しい夜なのでした。

ドラマ『G線上のあなたと私』第5話の感想

それぞれ今まで抱えていた結婚、嫁姑、初恋こじらせ、というそれぞれの課題がこの3か月という時間をかけて消化されていったかのようです。

 

それらを乗り越えて、改めて「何者になれるはずもない大人の音楽教室」は本当の意味で3人の生きがいへと変わっていってるように思えます。

発表会は開かれるのでしょうか。

ドラマ『G線上のあなたと私』第6話のネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』第6話のネタバレあらすじ

婚活終了

平成最後の婚活パーティーと銘打ったパーティーの前で立ち止まる也映子(波留)

と、なぜか突風が吹き…気づけば婚活ならぬとんかつ屋に入ってしまい、そこで婚活サイトからも退会するのでした。

正式に治療に専念することになったと理人(中山大志)に報告する眞於(桜井ユキ)。

もう、眞於とつながるものがないと寂しそうな理人。

そんな理人に眞於は「人間関係は恋とか愛とかだけじゃない」とにっこり笑いながら優しく言います。

眞於の言葉にかすかな望みをつなごうとする理人…

カラオケボックスで集まり「3人でコンサート」略して「三コン」の相談をしている時に也映子に話すと、也映子曰くそれは「人間愛」だとアドバイス?

そこへ理人からメールが来て「一人増えてもいいですか?」と。

理人のことが大好きな清水(小西はる)のが合流しました。

なんとか理人に地下図工とバイオリンに興味を示すふりを見せるいじらしい清水に理人も清水の手を取り優しく手ほどきしてやるのでした。

若い二人を見ていて也映子はなんだかいたたまれません。

 

母からの他愛ないメールを「のっぴきならない用事ができた」と口実を作ってその場を逃げ出します。

実はその日は、也映子の誕生日だったのでした。

母親とお祝い鍋をつつきながら、母は元婚約者智史の母親と事情があって連絡を取った話をはじめました。

智史の父親が入院していることをしり、也映子に一緒に見舞いに行こうと話します。破談から1年という歳月を経て二人の気持ちはいつしか和らいでいました。

幸恵(松下由紀)は杖を突きながらも外出できるようになった姑(夏樹陽子)に付き添う日々。

よくなってきたとはいえ、完全に元には戻らない老いたわが身を嘆く姑。はつらつとした若者を眺めては「ああ、若返りたい…」と切ないため息を漏らします。

「若返りませんよ」無情な幸恵の一言…

 

理人は侑人(鈴木伸之)から眞於と二人で会ってきたことを聞いて動揺します。

眞於のことをほっとけなかった…という兄の言葉に、理人は兄貴はそれで自分の気持ちが楽になっただけだと、責めます。

二人の和やかな再会が面白くない理人。

そんな理人を見て侑人は「お前がまだ本気で眞於のこと好きなら応援する」というのでした。

也映子と理人の変化

幸恵は姑の病院で実習に来ていた理人にばったり出くわします。「三コン」の練習も休みがちな幸恵と理人はしばし歓談。

幸恵から也映子が元婚約者の父親の見舞いに行ったことを聞き、驚きを隠せない理人。あんなつらい思いをしたのに…理解できない様子です。

そんな理人に「ずっと許せない、と思い続けることはしんどいものだ。」と幸恵は言いますが、「簡単ですね」とつっけんどんな理人。

久しぶりの3人揃った練習の日、またついてきた清水と娘の多実が観客として同席しました。

いろんなことを乗り越えた3か月の時を過ぎて久しぶりの3人の音合わせ。感慨にふける也映子は思わず手が止まります。

しかし、理人は也映子に元彼を思い出していると勘違いしてしまい。

「結局許せちゃうんだ」と也映子に突っかかってしまいます。

「(相手の父親が)病気なんだからほっとけない」という也映子に兄の同じセリフを思い出し、さらに機嫌が悪くなる理人。

也映子も腹を立て、理人も先生を忘れられないといいながら清水とのことは何なんだ、と問い詰めてしまいます。

学生の恋愛に口出すな!と反発する理人。

話はエスカレートしていき、教室に通わなくなったのになぜ理人は「三コン」の練習を続けるのか?と聞いた也映子に「あなたが続けたいと泣いたから!」と怒る理人。

あの日のことを覚えてた?

「覚えていないはずじゃ…」と驚く也映子。

そしてついに「あなたに何もないからって、俺たちに執着するのやめてもらえませんか」と吐き出して去ってしまいます。

二人の様子を陰で見ていた幸恵はうっかり也映子が見舞いに行った話などを理人に話してしまったことが原因だとひどく反省します。

反省しながらもぶつかり合う二人を思い出し、「なんか、あの二人いいなあ…」と遠い目をしながら思わず「若返りたい…」とため息を漏らします。

すかさず「無理よ、若返るなんて」と今度は姑の非情な一言…

私って?

理人と也映子が2人で練習する日、理人は予定を忘れて寝すごしてしまいました。そこへ也映子からメールが。

来れないなら連絡のひとつも寄こせ、という怒り調子のメールに理人は返すことができませんでした。

也映子は一人カラオケボックスで練習しながら、あの壁ドンの日のことを覚えていないといっていたのに、実は覚えていたことに焦っていました。

理人が来ないので仕方なくお腹の大きないとこの春香(真魚)をカラオケに誘い憂さ晴らしすることに。

気を許せる春香に、也映子は周りから一人でも大丈夫、と思われてるかもしれないが、人に執着することはある、と話しだします。

すると春香から、也映子はごく常識的な普通の子、と評され、也映子にはそれが意外なのでした。

そうか、自分は自分で殻を作ってそれでしんどくなっていた、と気づく也映子。

その帰り、約束をすっぽかしてショッピングモールで大学の友人たちと楽し気な理人を見かけます。

也映子と目が合っても無視して通り過ぎてしまいました。

バイオリン教室では生徒の金髪と同僚からプレゼントをもらう眞於に自分の誕生日と比べて少し面白くなさそうな也映子。

眞於に実は自分もこないだ誕生日だったと打ち明けると、二人は星座も血液型も一緒と判明。そこへ眞於に理人から「誕生日おめでとう」メールが届きます。

「理人くんて意外と躊躇しない」と嬉しそうな眞於。

そんな眞於を見て、也映子は自分と眞於は全然違うとますます落ち込みます。

眞於は一生周りの人から「ほっとけない」と言われる人。

それに比べて自分はちっともそんなことを言われたことがないが、かといって、君はほっといても大丈夫、と言われるようなキャラでもない、なのに結構ひどいことも言われる…と眞於の前でいじけだします。

誰からも気にしてもらえないのはきつい…と漏らしますが。

冷めた様子で聞いていた眞於は「だったらそう言えばいい」と言い放ちます。

「自分からアピールしないで察してくれというのはわがまま」だと。

挙句に「年齢も血液型も星座も同じでも私たちは全然違う」とにっこり笑って也映子にいうのでした。

魔性の女おそるべし…

深まる友情

幸恵もまた落ち込んでいました。

夫が突然幸恵の誕生日だからと、サプライズでナイトクルーズのチケットを目の前に差し出しても、「こんなことでごまかされない」と口走ってしまったのです。

「私はやさしくないな」と凹む幸恵。

そこへ也映子から電話が。二人は「会って話そう」と外で待ち合わせることに。

まるで付き合いたてのカップルのように「会いたかった」幸恵と也映子。

也映子はこれまでのこと、「三コン」は自分の執着で始まったと幸恵に詫びます。

幸恵は「三コン」は理人が言い出したのだと也映子に言います。

「”あの人”がやりたがっていたから」と優しい顔で理人が言ったのだと。

自分たちの関係は緩いがそれが合っていると思う…と。

それって「人間愛?」笑いあう二人。

也映子に執着だなんて思っていない、三コンがんばろうといって励まします。

ある日、也映子が楽器店の前で預金通帳とバイオリンを見比べていると偶然理人に出会います。こないだのケンカのせいで気まずい二人。

何を買いに来たのかとお互い訊ねます。

理人はバイオリンは眞於に対する執着だったが、壊れた弓は可哀想だと…だから新しいものを買いに来たのです。

突然也映子は誕生日に何ももらわなかったことを思い出し、高価なバイオリンは諦めて、せめて高価な弓を買おうと思い立ちます。

也映子の立ち直りの速さに呆れる理人。仲直りした二人は高い弓を楽器店のスタジオを借りて試します。

理人に弾かせて音を試す也映子。理人はそれは上手にある曲を弾きます。自分で弾いたのでは音がわかりずらいと、理人に弾かせます。

そのバイオリンの音は也映子の耳にしみわたるように入ってきます。

うっとり聴き入っている也映子の顔を見ながら「好きかも…」と思わず漏らした理人は「あ、バイオリン。やっぱり好きかも」と慌てて言い直します。

そして「あと…」何かを言いかけたところへ店員が入ってきてその先は聞けませんでした。

也映子は張り込んで高価な弓を買い、自分の弓を理人にあげることにしました。すると突然お返しに「誕生日プレゼント」と言って包みを差し出す理人。中身は松脂でした。

ちょうどなくなりかけていたことを知っていた理人に心が動く也映子。

話をそらしてさっきの曲名を理人に聞きます。

「Someone to watch over me」

それは「私を見ていてくれる人」という意味だと教えてくれました。

「私を見ていてくれる人」…

その言葉は也映子の弱った心に触れたように、突然感極まって泣き出してしまいます。

酔っぱらってもいないのに街中で突然泣き出す也映子にまるで自分が悪いことしてるみたいだと慌てた理人は、也映子の手を引いて足早に歩きだします。

と、そこへ清水が立っていました。

3人の「人間愛」はどこへ向かうのか…

ドラマ『G線上のあなたと私』第6話の感想

理人と也映子は年齢差を超えて本気でケンカしますが、そのたびに距離が縮まり…

也映子と幸恵は年齢差を超えて本気で友情を育み…

幸恵と理人はまるで親子…いえ、年の離れた姉弟のようです。

「三コン」も楽しみですが、理人と也映子の関係性も見逃せませんね。

ドラマ『G線上のあなたと私』第7話のネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』第7話のネタバレあらすじ

「何もない私」から何かを見出そうと必死にもがくアラサーの也映子(波留)、

見事に打ち砕かれた初恋からほんの少し光明が差しだした?理人(中川大志)

そんな二人はその距離は少しずつ近づいて…

「3コン」は遠く…

泣き出した也映子と手をつないでいるところを、清水(小西はる)に見られた二人。

也映子は自分の「情緒不安定」のせいだと慌ててその手を振りほどいてその場を去ります。

しかし清水は納得していなくて。

姑の世話にさらに娘の多実の受験と幸恵(松下由紀)は多忙を極めていました。理人も大学の臨床実習で忙しく…

なかなか練習時間を取れない二人に也映子は「3コン」の開催時期の延長を申し出ます。

耳栓レベルと清水に言われた理人は少し自信をなくしていましたが、自分たちのレベルはそんなもんだろうと、也映子は笑い飛ばします。

自分たちに執着していた也映子がすっかり逞しくなり、自分たち不在でも意外と元気そうで、理人は少し物足りなさを感じます…。

也映子もなんとか就職が決まり、弓をもらう約束を思い出した理人がメールを送っても返すこともできないほど忙しく。

どんどん練習時間を取るのが難しくなっていました。

気づくと3人はすっかり疎遠に。

偶然理人と蕎麦屋で出くわした眞於(桜井ユキ)は治療の成果が表れ、演奏会に出ることを決意したことを嬉しそうに話します。

眞於の回復を理人は素直に喜び、臨床技師を目指す者として何か役に立てるなら、昔馴染みとして…と励まします。

それから3か月ほど間があき、也映子はようやく弓を渡そうとカラオケボックスに向かいますが、理人は実習で来れなくなってしまします。

その次の週、今度は也映子が仕事でドタキャン。

すれ違ってばかりの二人。

 

そんな時、理人は突然清水に「理人がすき」とコクられます。

理人は「気持ちに応えられない」と謝ります。

「清水との時間を大切にしてくれる人と過ごしたほうがいい」と。理人も”痛さ”を知って成長したのです。

理人の気持ち

也映子は忘れ物を取りに行った教室で、眞於の演奏を偶然聞きます。

先生のバイオリンの音はやっぱりいい、と感想を述べるのでした。

実は眞於は3人のことを羨ましく思っていたと話しだしました。

「なんのしがらみもない、3人がだんだん仲良くなっていって。私もただ普通に出会っていれば…」と思いつめたように話す眞於。

それは理人とのことだろうと考える也映子。

理人のもとへなかなか会えない也映子から弓が届きました。教室から出ようとする也映子に理人から弓のことで電話がかかってきます。

弓を直接渡すのではなく、送りつけてきた也映子に腹を立てている様子。「今から会えませんか」という理人に先ほどの眞於の言葉もあってか即答できない也映子。

実は理人は教室の前まで也映子に会いに来ていたのです。

しかし「会いたい」と答えてくれない也映子に業を煮やして踵を返してしまいます。

あと0.5秒早く答えられたら…也映子の28歳の夏が終わろうとしていました。

家事と子育てに毎日手一杯の幸恵は、がんばりすぎる母を反抗期ながらも案じている多実からもっと自分の好きなようにすればいいと言われます。

もう母の手を借りなくても自分で何でもできるんだと。

驚きながらも子供の成長をかみしめる幸恵。

姑(夏樹陽子)からも「家族のためにがんばっている」感がにじみ出ていて返って”負担”だと憎らしくも彼女らしいねぎらい?のセリフが。

少し肩の荷が軽くなった幸恵は、姑を友人たちと待ち合わせているコンサートホールまで送っていきます。

急に自分の時間ができた幸恵はそのホールの別の会場で眞於が演奏するのを偶然見つけ、眞於の演奏を聴きにいくのですが…

眞於の挫折

バイオリン教室では、也映子に自分のバイオリンを差し出し、良かったら使ってほしいと

話す眞於。先日の演奏会でうまく弾けたので演奏家として再起するつもりだと眞於は也映子に告げます。

そんな眞於はある日、思いつめた様子で侑人(鈴木伸之)の自宅の前まで行きます。

しかし訊ねるのをやめて素通りする姿を偶然見かけた侑人は、眞於が理人に会いに来たのでは、と弟に連絡します。

そして眞於に会って話してやってほしいと頼みます。

けれど、理人はもう眞於にしてやれることはないと断るのでした。

「俺、もう違うんだわ」理人は也映子のことを考えていました。

教室に突然戻ってきた幸恵を見て大喜びする也映子。

しかし二人は教室のスタッフ庄野(永野宗典)から眞於が辞めたと告げられます。なんでも急に連絡が取れなくなったと心配する庄野。

実はあの日、眞於は演奏ができませんでした。病気は完治しておらず指が動かなかったのです…

心配した二人の連絡を受けて教室にきた理人に幸恵は「先生、手が悪いの?」と。

眞於を思うと何とも言えない理人。

 

バイオリンを也映子に譲ろうとしたこともあり、眞於はバイオリンをやめるつもりでは、と推測した3人は眞於のことが気がかりで自宅に向かおうとします。

しかし、也映子はこんな辛いときに3人で行くと眞於は「先生の顔」になってしまうに違いない。

理人一人で行くべきだと言い出します。

眞於のことは吹っ切れて今は也映子を思う理人は「今は違う」と也映子に言いかけますが。

その言葉を遮るように「”人間愛”だよ。人間関係は愛とか恋ばかりじゃないよ」「ラブ&ピースだよ」という也映子に「ふざけるな!」と理人は怒ります。

也映子は「嫌だよ、君の人生の半分思っていた人を助けに行けない理人君であってほしくない」と理人を説得して眞於のもとに送ります。

也映子の本音

也映子と幸恵二人きりのカラオケボックスで。

幸恵は也映子に改めて理人のことをどう思っているのか問いかけます。

也映子は28歳の自分が20歳のきらきらした理人と付き合えるチャンスがあるなら、迷わず付き合う、と即答します。

じゃあ、なぜ眞於の元へ?

「暗くて口悪くて痛いところもある理人」だが。

自分のことをよく見ていてくれて、めちゃめちゃ優しくて、弱っている人を見捨てられない。そんなところを失くしてほしくないからだと。

「痛い」と、胸を押さえて苦しみだす也映子。

心筋梗塞?と笑い泣きしながら「苦しい」と理人を行かせた後悔の思いで泣き出す也映子を幸恵はただ抱きしめて「ばかだね」と慰めてやるしかありませんでした。

そんな理人は眞於のマンションに駆けつけ、部屋の戸を叩きます。

暗い部屋で一人膝を抱えていた眞於は、戸を開いて理人を部屋に招き入れ…

 

第7話の感想

侑人の子供が歩き出すほどに月日は流れ。理人はずいぶん成長しました。

也映子もすっかり立ち直り、二人の関係性はより”シンプル”に進展しそうですが…

眞於の出方が心配です。なんせ”魔性の女”ですから。

 

ドラマ『G線上のあなたと私』第8話のネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』第8話のネタバレあらすじ

失意の眞於(桜井ユキ)のもとへ理人(中川大志)を送ってしまったことで苦しむことになる也映子(波留)。慰めるしかない幸恵(松下由紀)。

眞於、也映子、理人の恋の行方は?そして「3コン」は??

理人の本心

眞於の部屋に入った理人は「話を聞くっていったでしょう」と眞於に真正面から向き合います。それはもう憧れの初恋の人としてではなく…

眞於もそれを察して少しだけ理人の胸を借りて涙を流します。

眞於のことは大事な人に変わりはない、そこは変わらなくていいんだとわかった理人。

そんな理人に眞於は自分の手のこと、今後のことを理人に率直に話します。

眞於の部屋を出た理人は也映子たちが待つカラオケボックスに向かうと…

すっかり酔っぱらった也映子はソファーの上で金爆を熱唱していました。

理人の「眞於はもう大丈夫」と報告を聞いた也映子は何度もうなずき、「あとは自力で立ち直るしかない」というつぶやきには妙に説得力がありました。

久しぶりに3人で打ち解け、改めて3コンに向けて持ちがまとまるのでした。

3コンへの思い

翌日、二日酔いの理人にノー天気な義姉(滝沢カレン)は”失恋の相”があるので、告るのは11月24日以降にするように、とアドバイスします。その日は3コンの日でした。

ばかばかしい、と思いつつもレッスンに向かう也映子と出くわしても、義姉のアドバイスが頭をよぎり、也映子に何も言い出せません。

それをまたまた陰から見ていた幸恵は、理人のまどろっこしさを指摘して焚きつけようとしかけますが。

いやまて、また必要以上に立ち入ってかき混ぜてはいけない…と静かに見守ることに。幸恵も学習したのです。

3コンを前にカラオケボックスでの理人の指導は厳しさを増していました。

おまけにパンフレットまで自作してやる気満々。

なのに、せっかくのパンフレットを二人は「地味」だと…

残り1週間を迎え、仕上げは上々とはいかず、理人はますますいらだちます。

そんな時やはり緩和剤は幸恵です。

ぎすぎすしがちな空気を和らげてくれるのです。

公演のこそ連(こそっと練習)にさりげなく付き合い弟を見守る侑人(鈴木伸之)。

いよいよ本番

3コン当日。

身内ばかりですがギャラリーが集まってくれました。

それぞれ家族といろいろありました。

それでもみんな3人のために集まってくれたのです。

最年長の幸恵の挨拶から和やかにコンサートは始まりました。

出だしは初めて3人が発表会で弾いた「星に願いを」。幸恵の娘、多実が伴奏してくれます。

理人の演奏で也映子が号泣したサムワン…練習不足もなんのその。見事に弾きこなします。

最後の曲の前、家族に感謝の思いを伝える幸恵。この1年半のバイオリンを通じて3人の出会い、家族との葛藤。姑や娘への感謝の思いを伝えますが、なぜか夫にだけは何も告げずに…

そして也映子は。

「ここに来られなかった”私たちの先生”」の話をするのでした。

理人はこっそり忍ばせたボイスレコーダーの録音ボタンを押しました。

いよいよ最後の「G線上のアリア」

なにもかもこの曲が始まりだったのです。

曲に対する思いもひとしおです。

感謝の気持ち

眞於が教室をやめる日。

教室の同僚庄野(永野宗典)から理人から預かったというボイスレコーダーを渡されます。それは3コンでの也映子のスピーチから始まったもので理人が録音していたものでした。

「大人の音楽教室…それは生活に必須ではない。しかし、真っ暗な海に投げ出された浮き輪のようで。そんな時に音楽に出会うものだと眞於が教えてくれた。

 

今、眞於が苦しい時間の中にいるかもしれない。

だけど、自分は眞於のバイオリンのおかげで音楽の楽しさに出会い、救われた」と。

そういって眞於に感謝の言葉を述べていたのでした。

神妙な面持ちで聞いている侑人やその家族の前で…

そして、そこには眞於の教え子である3人の「G線上のアリア」も録音されていました。

也映子がボロボロだった時に聞いたあの曲。

期せずして眞於が救った、3人を引き合わせたあの曲…

年齢も立場も始めたきっかけも違う3人。

ここまで来るのにいろいろあって…よぎる思い出を胸に3人は今ある力を出し切り、大切な人たちの前で弾くことができたのでした。

コンサートには出席できなかったものの、理人の気配りで3人の演奏を聞くことができた眞於。

「3人のバイオリンに救われた、最高だった」…と言い残して去っていきました。

眞於は晴れやかな笑顔を取り戻していました。

いよいよ理人の告白?

3コンの打ち上げ。

也映子と理人は幸恵が夫にだけ感謝の言葉を述べなかったことに疑問を抱きますが、幸恵ははぐらかします。

理人は誕生日を迎え21歳になっていました。

気を利かせた幸恵が席を外すと何となく気まずい二人。

バイオリンを続けるかどうかの話から「もうバイオリンでつながってる場合ではない」と思わせぶりはセリフで也映子に気を持たせた後で、酒の勢いを借りてさあ!

「いや、やっぱり酒の勢いはよくない。明日会えますか?」と。力の抜ける也映子。

真っ暗な海から救い出された先は…天国か地獄か?神様は”ドS”なのか?

ドラマ『G線上のあなたと私』第8話の感想

ついに実現した3人のコンサート。

3人に思いがついに実現して感無量。

思えばショッピングモールで何気に聞いた眞於のバイオリンが3人を導き、この日を迎えたのです。

残念ながら眞於は来れませんでしたが、理人のおかげで演奏は聞けました。

かつて自分が3人を惹きつけたあの曲に今日は眞於が勇気づけられ、新しい一歩を踏み出すことができたのなら素敵ですね。

いやあ、音楽ってほんっと素晴らしいですね!

ってか、理人はちゃんと告れるんでしょうかね。年齢差のある二人ですが”ドSな神様”に翻弄されませんように、と祈るばかりです。

ドラマ『G線上のあなたと私』第9話のネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』第9話のネタバレあらすじ

ドラマ『G線上のあなたと私』見逃し配信や動画を全話無料で視聴する方法を紹介まとめ

この記事では、ドラマ『G線上のあなたと私』の見逃し配信動画の視聴方法を調査しました。

ドラマ『G線上のあなたと私』の原作は、いくえみ綾さん原作の漫画コミックスです。大人の通う音楽教室でバイオリンを習い始めた3人の物語ですね。

キャストも、滝沢カレンさんや『カメラは止めるな!』の真魚さんなど、新鮮なメンバーも加わり楽しみなメンバーとなりましたね。

 

見逃し配信なら、1週間以内はTverとTBSFREEで視聴可能です。

Tverで『G線上のあなたと私』
見逃し配信を見る

TBSFREEで『G線上のあなたと私』
見逃し配信を見る

最初から全話見たい場合は、Paraviで無料お試し期間を利用しての視聴がお得ですよ。