2019年秋ドラマ

ドラマ『ブラック校則』第1話〜最新話見逃し配信動画を全話無料フル視聴&Huluあらすじ

ドラマ『ブラック校則』動画配信状況

ドラマ『ブラック校則』の
動画がHulu全話見放題

【Huluなら】
14日の無料視聴期間
映画やバラエティなど他の動画も見放題!

『ブラック校則』を
無料視聴する

  • 登録・解約手続きも迷わず簡単!
  • 14日間の無料お試し視聴期間がある!
  • 無料お試し視聴期間にドラマ、映画も見放題の作品が盛り沢山!
  • 無料お試し期間内に解約すれば、無料で視聴が可能!

※記載の情報は2019年10月時点のものです。最新の情報はHuluホームページにてご確認ください。

ドラマ『ブラック校則』見逃し配信動画

ドラマ『ブラック校則』は、民放提携の見逃し配信サービスTver、日テレ無料TADAなどの見逃し動画配信サイトで動画の視聴が可能です。

 

Tverで『ブラック校則』
見逃し配信を見る

日テレ無料TADAで『ブラック校則』
見逃し配信を見る

見逃し配信動画は、視聴期間が1週間に限られています。

途中でCMが入るため、飛ばしたり戻したりするときに多少ストレスはありますが、無料での視聴が可能です!

ドラマ『ブラック校則』見逃し配信動画をHuluで無料フル視聴する方法

Huluでは、無料お試し視聴期間が14日間もあります。その無料視聴期間のみの利用であれば費用は1円もかかりません。

その期間は、Huluで配信されている作品は全て試聴可能です!

『ブラック校則』以外の、『ニッポンノワール』や『同期のサクラ』などのドラマも試聴可能!

  1. Huluに登録する
  2. ドラマ『ブラック校則』動画を視聴する
  3. 無料お試し期間で、他のドラマも視聴可能!
    (ニッポンノワール、俺の話は長い、あなたの番です。、3年A組など)
  4. Huluの他のコンテンツ(ドラマ、バラエティ、映画など)も利用可能!
  5. 無料視聴期間(14日間)のうちに、解約手続きをする

これで掛かる費用=0円!

 

『ブラック校則』を
無料視聴する

\今すぐ無料お試しで動画を視聴する/

ドラマ『俺の話は長い』の動画は、TVerや日テレ無料TADAでの見逃し配信が終わるとHulu(フールー)でしか配信がありません

そのため、Hulu(フールー)で無料お試し期間を利用して視聴するのがおすすめです。

他の動画配信サービスで配信される可能性は低いです。

しかし、今のところ予定はなくドラマ『俺の話は長い』を動画配信で見るにはHulu(フールー)で視聴するしか方法はありません

2019年11月時点で、Huluは無料お試し視聴期間が14日あります。しかし、この無料お試し視聴期間もいつまであるかわかりません

気になっている方は、Huluで視聴することをお勧めします。

ドラマ『ブラック校則』キャスト・出演者

  • 小野田創楽 役 / 佐藤勝利(Sexy Zone)
  • 月岡中弥 役 / 高橋海人(King & Prince)
  • 町田希央 役 / モトーラ世理奈
  • 町田マリ 役 / 坂井真紀
  • 松本ミチロウ 役 / 田中樹(sixTONEs)
  • 東詩音 役 / 達磨
  • 三池琴音 役 / 堀田真由
  • 上坂樹羅凛 役 / 箭内夢菜
  • 法月士郎 役 / でんでん
  • 手代木豊 役 / 星田英利
  • 太田和美那子 役 / 片山友希

ドラマ『ブラック校則』登場人物相関図

ドラマ『ブラック校則』第1話〜最新話 あらすじ

ドラマ『ブラック校則』第1話のネタバレあらすじはこちら

ドラマ『ブラック校則』ネタバレ第1話あらすじ

小野田創楽(佐藤勝利)と月岡中弥(高橋海人)の二人は海辺で座っている。

「僕たちは、まるで真っ黒いヌーの群れだ」

そう言う創楽(そら)は、学校の様々な校則に対して不満を話し始める。

毎朝学校の校門では、投稿してくる生徒が校則違反をしていないのかチェックに目を光らせている。

  • 髪の毛は黒いか
  • 髪の長さは適切か
  • スカート丈は短くないか
  • カバンは学校指定のものか

などなど、厳しい校則から違反使用ものなら、すぐに叱責されて処罰の対象となる。

そんな中で、町田希央(モトーラ世理奈)は、生まれつき栗色の髪をした髪の毛について太多和美那子(片山友希)から注意される。

町田希央は、髪を黒く染めるか地毛の証明書を持ってくるように言う太多和美那子の手を振り解き、校門から出て行ってしまう。

小野田創楽は、その町田希央の姿を見て一目惚れをしてしまったのだった。

小野田創楽は町田希央を救おうと、担任の森有人(吉田靖直)や、生徒会長の上坂樹羅凛(箭内夢菜)に相談するも相手にしてくれる人はいません。

他の生徒たちも、校則に不満はあるものの何か行動を起こすことはない。

そんなある日、町田希央は髪を黒く染めて学校へ登校してくる。すると、それを見た他の女子生徒は、「やっぱり地毛じゃなかったんだ」と陰口を叩く。

しかし、小野田創楽は黒い髪の毛の町田希央に違和感を感じ、余計に使命感に駆られてしまう。

そこで、用務員のヴァージニアウルフ(薬師丸ひろ子)と呼ばれる掃除のおばさんに、意見を投書する意見箱を設置したいと相談する。

すると、明くる日には意見箱を作る材料と工具などが全て取り揃えられていた。

意見ボックスを置き、生徒たちからの声を集めようとするも投書する人もおらず、生徒会の副会長であり柔道部でもある松本ミチロウ(田中樹)から目をつけられてしまう。

校則で生徒たちを縛り付けている生徒会も、小野田創楽の行為が面白くないのであった。

意見ボックスがある場所で、ボックスに近づこうとする者がいれば威嚇をしているミチロウの手下たち。

 

小野田創楽が意見ボックスを回収しようとすると、松本ミチロウが「生徒会に提出するなら副会長の俺が持っていってやる」と言う。

意見ボックスを奪われまいとする小野田創楽と、松本ミチロウのイザコザを見つけた担任の森有人が仲裁に入り、いったん意見ボックスを預かることに。

創楽が職員室へ意見ボックスを返してもらいに行くと、森先生はすでに生徒会長である上坂樹羅凛に渡してしまったと言う。

 

自宅に帰宅すると、鞄の中に自分が入れた署名のカードが入っていることに気づく。

そのカードを見ると、裏面にURLと「集え5人の反逆者たち」というメッセージが書かれていた。

恐る恐るそのURLを打ち込み、スマホでアクセスしてみると

ようこそ!コーツ高校レジスタンス部へ

と書かれたサイトにつながるのです。

創楽は、自分のアバターに『S・ラモーン』というハンドルネームをつけてアクセスしはじめる。

教室の画面に、アバターが表示されており間もなくすると「あまおう」というハンドルネームのアバターが登場します。

その後、「白雪姫」「太郎」「X」という名のアバターも現れる。

勝手がわからずに、お互いの素性を探りつつも本名は打ち込まずにいた方が良さそうだと思いながら会話をする。

あまおうが「存在感が薄くて友達も少ない、数学な得意なやつが革命家の特徴なんだ。」と言い出します。

「チェ・ゲバラもそう。お前しかいない。立ち上がれ」と創楽をけしかけます。

それを真に受けて、やる気になった創楽。

翌朝、登校時に創楽は養蜂家が被る蜂除けの帽子とネットを被って行く。

すると、柔道部の顧問である手代木豊(星田英利)に見つかり、注意されます。

「過去に鉢に刺されたことがあるから、アナフィラキシーショックになると困るから」と言い訳をするが聞いてもらえません。

そのまま職員室へと連れて行かれてしまいます。

[/chat]
30代女性かっつ
30代女性かっつ
2話で取り扱うブラック校則は「ポニーテールは禁止とする」というものです。1話の黒髪以外は禁止という校則につづき、2話も髪の毛に関する問題です。

校則で定められているとはいえ、どこまで良くて、何がだめなのか、またそれはどのような理由にもとづいているのか、創楽や中弥は疑問を持ち学校に反対姿勢を取り続けます。

視聴者のなかには、学校に理不尽だと感じる校則があった人も少なくないでしょう。学生なら、リアルタイムでその理不尽さと戦っている人もいるかもしれません。

昔から根付くルールを変えるのは簡単なことではありませんが、二人のやり方を見ながら、どのように向き合っていけば良いのか学ぶべき部分もあるでしょう。

また、huluでは地上波放送のドラマに加え、オリジナルストーリーも放送中です。映画やドラマと合わせて楽しみたい方はぜひこちらも御覧くださいね!

 

[/su_spoiler]
ドラマ『ブラック校則』第2話のネタバレあらすじはこちら

ドラマ『ブラック校則』第2話あらすじ

第2話のブラック校則は「ポニーテールは禁止する」です。海辺で学校のことを話す創楽(佐藤勝利)と中弥(高橋海人)は、校則で禁止されているポニーテールの話になります。

真面目で模範的な生徒である生徒会長・樹羅凛(きらり、箭内夢菜)のことを話しだします。ある日、希央 (まお、モトーラ世理奈) はブラック校則に縛られながら学生生活を送っている樹羅凛に大いなる実験を始めることにしました。

生徒会長から、積極的に校則を破ろうというのです。まずは、生徒会長がポニーテールでスカート丈も短くして登校してみます。すると、生徒会長は模範であるという教師の思い込みから、教師による厳しい校則チェックを難なく通過してしまうのです。

創楽と中弥は、ポニーテールは「男子生徒が欲情するきっかけになる」からだと考えているようですが、ポニーテールがダメな理由は、実のところ明確ではありません。それにも関わらず、校則で決められています。

そこで創楽と中弥は、いかにも「ダメ」そうなことでありながら、校則に書いていないことを挑戦してみることにしました。それが流しそうめんです。

もちろんすぐに教師が止めに入るのですが、校則には書かれていないという反論に教師は言葉を返すことができませんでした。クラスのなかでは、クールなランチとして人気でした。

ドラマ『ブラック校則』hulu2話のあらすじ

テレビで放送されるドラマと平行して、huluオリジナルストーリーもあります。

学校の非常階段で漆戸 (うるしど、水沢林太郎) が男子生徒を殴りつけていました。偶然通りかかった中弥 (髙橋海人) は仲裁に入り、「カブトムシが喧嘩していても止めに入るよ、俺は」と明るく言い放ちます。

そんな中弥を奥で見ていたミチロウ (田中樹) が、『お前の親父、過労死だってな』と言い放ち、中弥のことを責め立てます。すると中弥の表情が急変し、温和で中立的な立場を取る中弥がミチロウに殴りかかろうとしてしまいます。なんとか中弥も直前のところで思いとどまりました。

一方、創楽 (佐藤勝利) は相変わらず希央 (モトーラ世理奈) が橋の上でハグをしていたことにショックを受けていました。

そのことを中弥に相談するのですが、バイトがあるからという理由で相手にしてもらえません。いつも明るく、ひょうひょうとしていますが、どこか捉えどころのないのが中弥です。そんな中弥の隠された過去が明かされることになりました。

中弥の父が死んだ理由は過労死ですが、会社はそのことを隠蔽しようとしていたのです。その話を聞いてしまい、「殺してしまおうと思った」というほど怒りに満ちた中弥にも、人には話したくない過去があったということです。

ドラマ『ブラック校則』3話の予告

第3話のブラック校則は「アルバイトは禁止とする」です。アルバイトに熱心になる中弥にも、校則の規制がふりかかるかもしれません。ハロウィンを目前にしたサプライズ的ストーリーの展開もあるかもしれませんね。

次回3話も見逃せません!

ドラマ『ブラック校則』第3話のネタバレあらすじはこちら

ドラマ『ブラック校則』第3話ネタバレあらすじ

3話のブラック校則は、「アルバイトは禁止とする」です。

これまでと同様、中弥 (高橋海人) と創楽 (佐藤勝利) が話すシーンからはじまります。そこで中弥は、家族の話をはじめました。父親に「だれだって嘘はつくけど、人に嘘つかせる人になっちゃだめだぞ」と言い聞かせられ、しつけを受けていたと話します。

そこで二人は、「恐怖や圧力によって守らされるルール」はどこまで有効なのか、意味があるのかという話をはじめました。

パン屋でアルバイトをする中弥 (高橋海人) ですが、ある日学校にバレてしまいます。そんななか、中弥は創楽 (佐藤勝利) に『逆ハロウィン』の話をはじめます。

生徒指導の手代木 (てしろぎ、星田英利)、大多和 (おおたわ、片山友希) に呼び出され問い詰められるも、「やっていない」と言い張る中弥。大多和がバイト先へ向かうことに。果たして中弥の運命は? 中弥を救うためにやってきた救世主は、なんとブロッコリーさんでした。

現実にあらわれたブロッコリーさんは、創楽 (佐藤勝利) が扮していました。全身を緑色にし、グリーンのもじゃもじゃのカツラをかぶり、片手にモンブランを持つというシュールさです。「100円ショップで揃えて、公園で着替えた」と話していました。

そして、アルバイトに関して嘘をついた中弥は、最後に食べた当たり付きのアイスクリームで、「はずれ」を引き当てます。「やっぱり嘘つきは当たらないんだな」とつぶやき両親の教えを改めて実感したようでした。

4話あらすじ

4話のブラック校則は、「自転車通学を禁止とする」です。来年1月にグループデビューが決まっているSixTONESの田中樹も本格的にドラマに登場し、佐藤勝利や高橋海人らと関わりを持ち始める様子です。

ジャニーズの俳優が三つ巴となってそれぞれの立場でブラック校則について考えるドラマが動き出しそうですね。

ドラマ『ブラック校則』第4話のネタバレあらすじはこちら

ドラマ『ブラック校則』第4話ネタバレあらすじ

4つめのブラック校則は「自転車通学は禁止とする」です。

創楽(佐藤勝利)と中弥(高橋海人)は、どう行動することで校則を変えられるようになるのか、話し合っています。すると中弥は、クラスメートの七浦(葵揚)が徒歩40分もかけて登校していることを知ったと話し始めます。ローファでの徒歩通学によって靴ずれがひどく、野球部での活動にも支障が出ているとのことです。

七浦は、無意味な校則を強いる手代木先生のもとに、自転車通学を認めてもらうか、せめて登下校のときだけでもスニーカーを履かせてほしいとお願いにいくも、認めてもらえません。

その手代木が生徒に暴力を振るっている動画を持っていることで、学校を牛耳っているミチロウ(田中樹)。ミチロウは、創楽に対し、体育の授業での3000m走で自分に勝てば、手代木の動画を渡すと話します。

3連休の休みでトータル72歩しか歩かなかった創楽は全力疾走で勝とうとすると、ミチロウの手下となっている生徒に邪魔されてしまいます。

ミチロウの手下で唯一足が遅く、創楽が勝てる可能性があったのが、七浦でした。しかし、創楽が七浦に勝ってしまうと、ミチロウに殴られて不遇な扱いを受けると考え、創楽は勝ち切ることができません。

結局、自転車通学を認めてもらうためにも、創楽は校則を無視して自転車通学を試みますが、当然のように手代木に止められてしまいました。

ドラマ『ブラック校則』第5話のあらすじは?

11月1日より映画『ブラック校則』が公開中です。映画を観れば、キャラクターにも親しみを覚えるはずです。ドラマに登場する人物の性格もよく理解できるようになります。

さて、5話のブラック校則は「制服での寄り道を禁止する」です。
ドラマと映画がどんなふうに連動してくるのかこれからも楽しみにしていましょう。

 

ドラマ『ブラック校則』第5話のネタバレあらすじはこちら

ドラマ『ブラック校則』第5話あらすじ

第5話のブラック校則は「制服での寄り道を禁止とする」です。作品で重要なキャラクターとなるラップが得意な工場で働く人たちのことが描かれています。

King & Princeの高橋海人が冒頭からラップを披露。なめらかな言葉運びで慣れた様子でした。アイドルとしても新たな方向性を見せつけています。

創楽(佐藤勝利)と中弥(高橋海人)は、希央(モトーラ世理奈)と、ラップができる工場で働く人たちとの出会いを話します。希央の家から「故郷の匂いがする」と話すひとりが、希央の家に招き入れられたことで、家族ぐるみで工場の人たちと関わり合うようになりました。やまないラップに希央も笑顔です。

また中弥はクラスメートの東はラップができることを知ります。普段の会話では吃音症で悩んでいながら、ラップならすらすらと言葉が出るようになり、言葉に力がこもります。そんな東を見て、中弥は工場で働く人たちと出会わせることにしました。そして、自分の言葉を発することができるようになり、関わりを持つようになります。

映画では、工場で働くひとたちと、東の出会いが描かれていませんでしたが、今回のドラマでそれが明かされることになりました。学校で居場所がない人たちにも、出会いによって人間関係を築けるということでしょう。

一方で、そんな工場で働くひとたちも、「外国人だから」、「日本語がうまく話せないから」などの理由で不遇な状況に置かれていることが描かれています。最低賃金を下回り、残業代も出ない劣悪な状況で働いていて、彼らもまた、一面では居場所のない人たちなのでした。

ドラマ『ブラック校則』第6話のあらすじ

第6話のブラック校則は「SNSの使用は禁止とする」です。これまでドラマでは、オンライン上でクラスメートが会話しあう場面が描かれていますが、これも関係してくるのでしょうか。

また、映画に登場した成海璃子さん演じる教師の過去の恋なども描かれるかもしれません。

ドラマ『ブラック校則』第6話のネタバレあらすじはこちら

ドラマ『ブラック校則』第6話あらすじ

ドラマ『ブラック校則』見逃し配信や動画を全話無料で視聴する方法を紹介まとめ

この記事では、ドラマ『ブラック校則』の見逃し配信動画の視聴方法を調査しました。

ドラマ『ブラック校則』に原作はなく、完全にドラマがオリジナルのストーリーですね。
11月には映画も公開されるということなので、映画で結末がどうなるのか判明するということなのでしょうか。

ドラマ『ブラック校則』の見逃し配信動画は、1週間以内はTverと日テレ無料TADAで視聴可能です。

Tverで『ブラック校則』
見逃し配信を見る

日テレ無料TADAで『ブラック校則』
見逃し配信を見る

最初から全話見たい場合は、Huluで無料お試し期間を利用しての視聴がお得ですよ。

 

  • 月額費用はたったの1,026円(税込)
  • 14日間のお試し視聴期間がある
  • 無料お試しトライアル期間中に解約すれば費用はゼロ!
  • 広告やCMが入らず高画質&高音質
  • 日テレのドラマやアニメ、バラエティなど見れる動画が豊富!