洋画

映画『007/カジノロワイヤル』高画質動画を無料フル視聴!字幕&吹替やあらすじキャスト

このページでは、映画『007/カジノロワイヤル』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『007/カジノロワイヤル』といえば、スパイ映画ではもう代名詞と言ってもいいほどの名作シリーズ『007』の最新シリーズです。新たに、青い目のジェームズ・ボンドとしてダニエル・クレイグが起用されました。

キャスティングの発表当初は賛否両論ありましたが、蓋を開けてみれば歴代最高の興行収入を叩き出すなど、大ヒットシリーズとなりました。

ディズニーデラックス

映画『007/カジノロワイヤル』動画をU-NEXTで無料フル視聴する方法

\『007/カジノロワイヤル』は/
\U-NEXTで配信中/

今すぐ無料お試し無料お試し視聴期間が31日間
無料視聴期間のみの利用なら
費用は1円もかかりません。

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『007/カジノロワイヤル』動画の配信状況

VOD 配信
(字幕/吹替)
見放題 追加料金 月額(税抜) 無料視聴期間
U-NEXT × 330円 1,990円 31日間
Hulu × × なし 933円 2週間
TSUTAYA TV
× × なし 933円 31日間
dTV × × なし 500円 31日間
TELASA × 400円 562円 31日間
Netflix × × なし 800円〜 31日間
FODプレミアム
× × なし 888円 1ヶ月
Amazonプライム × × なし 500円〜 31日間

 

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる映画『007シリーズ』

U-NEXTでは、映画『007』シリーズ作品も配信中です!

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『007/カジノロワイヤル』の映画情報

映画『007/カジノロワイヤル』あらすじ

裏切りの上司を殺害したことにより、007として活動を始めたジェームズ・ボンド。

新人として初めて得た任務は、国際的爆弾犯罪組織を倒すこと。そこで組織の要人モロカを捕らえるべく、ボンドは追跡を始めます。

生け捕りにして情報を聞き出す予定でしたが、ボンドはモロカを射殺してしまいました。幸いモロカの携帯に残っていた情報から仲間の居場所を突き止めます。

向かったのはバハマ。突き止めた男の名前は武器商人ディミトリオスという人物で、彼の狙いはマイアミ国際空港から初飛行する大型旅客機を爆破することでした。

ボンドの活躍でなんとか爆破を防ぐことができ、さらにこの犯罪組織に資金調達をしているのはクワンタムという組織の一員ル・シッフルでした。

計画を阻止されたル・シッフルは資金獲得・汚名返上のため、モンテネグロのカジノロワイヤルで開催されるポーカーゲームに参加します。

ボンドの次なる目的は財務省の監視役ヴェスパーとともにこのポーカーゲームに参加し、ル・シッフルを破産させることでした。

ボンドは初日、ル・シッフルのクセを見抜くためわざと負け越します。そして二日目になりボンドは仕掛けます。ル・シッフルのクセを利用して勝つつもりでしたが、すでに見ぬかれていました。

結局2日連続負けてしまい、持ち金はゼロに。

ヴェスパーに追加の掛け金を要求しますが、信頼はされず断られました。

すると彼の前に現れたのはCIAのフェリックス。勝つことを条件に資金提供を受けたボンドは、ル・シッフルとの再戦に臨みます。

絶対に負けられないボンドは徐々に勝ちはじめます。焦ったル・シッフルはボンドの飲み物に毒を入れます。

自身の体の異変に気付いたボンドは、意識が朦朧とし絶体絶命のピンチでした。生死の狭間を彷徨う中、ヴェスパーはボンドのもとに駆けつけ応急処置をします。

間一髪のところで意識を取り戻したボンドは、いよいよル・シッフルとの最終決戦に挑みます。

お互いに全財産をかけ合い、勝利したのはボンドでした。

任務完了の知らせをおこなう最中、ル・シッフルはヴェスパーを拉致します。

ボンドは急いでヴェスパーを助けようとし車に乗って追跡を始めました。するといきなり道中に横たわるヴェスパーを発見します。

あまりにも急だったためボンドはブレーキを踏み切れず横転してしまいます。

結果、二人は拉致されボンドはル・シフルから拷問を受けます。ル・シフルの目的は当然ボンドの獲得した賞金の銀行のパスワードでしたが、ボンドはなかなか口を割りません。

再度訪れるピンチ。するとル・シフルの前に一人の男が登場します。次の瞬間、男はル・シフルを撃ち殺してしまいます。

気を失ったボンドは気がつくと入院をしていました。ヴェスパーとの再会を果たし、やがてボンドは苦楽をともにしたヴェスパーを愛していました。

やがて二人は暮らしはじめました。

しかし平穏な日常は長く訪れませんでした。

事件の始まりは、カジノで得た資金の未振込問題でした。ことの真相を確かめるべくボンドは銀行にいくと、そこにはヴェスパーと男が揉めていました。

ボンドの存在に気付いた男は、ヴェスパーを連れ去ります。男は建物内へと逃げ込み、激しい銃撃戦のすえヴェスパーのもとにたどり着きます。

しかし建物は倒壊し始め、浸水してしまいました。ヴェスパーはエレベーターの中に閉じ込められ、そこで溺死しました。

果たしてヴェスパーはなぜこのような結末を迎えてしまったのか…

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『007/カジノロワイヤル』キャスト・出演者

  • ジェームズ・ボンド:ダニエル・クレイグ
  • ヴェスパー・リンド:エヴァ・グリーン
  • ル・シッフル:マッツ・ミケルセン
  • M:ジュディ・デンチ
  • フェッリックス・ライター:ジェフリー・ライト
  • ミスター・ホワイト:イェスパー・クリステンセン
  • モロカ:セバスチャン・フォーカン

主演のダニエル・クレイグは、映画『007』シリーズの6代目のジェームズ・ボンドとなり、人気俳優となりました。

最初は批判があったものの蓋を開けて見れば、出演第1作目でシリーズ最高記録の興業収入を樹立しました。

映画『007/カジノロワイヤル』スタッフ

監督

マーティン・キャンベル

音楽

デヴィッド・アーノルド

脚本

ニール・パーヴィス
ロバート・ウェイド
ポール・ハギス

製作

マイケル・G・ウィルソン
バーバラ・ブロッコリ

\U-NEXTで31日間動画無料/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『007/カジノロワイヤル』感想や口コミ評価

男性
男性
映画『007/カジノロワイヤル』は、ダニエルクレイグ版ジェームズ・ボンドの一作目であり、007の歴史を引き継ぎながらもどこか初々しさが感じられる作品です。マンネリ化していた007シリーズに新たな風を生み出すきっかけとなりました。ジェームズ・ボンドが007としての殺しのライセンスを獲得するまでが描かれ、人を殺すことや女性との本気の恋など、スパイらしからぬ人間らしさにどこか親しみを覚えられたのが印象的でした。映画『007/カジノロワイヤル』のボンドガールのヴェスパー役のエヴァ・グリーンの役柄も、ただきらびやかで豪華な女性というわけではありません。最初はボンドに不信感を抱いていたヴェスパーが、次第にボンドを信用するようになっていく過程も描かれ、ボンドとの初恋のような関係性がストーリーに複雑に関わってきます。バスルームでの2人のシーンは切なく印象的なシーンでしょう。何より、物語の最後に訪れる2人の別れのシーンには胸を引き裂かれるような思いになりました。登場人物の関係性やストーリーが理解しやすく、その分007の世界観に引き込まれるため、初めて007シリーズを見る方にもピッタリの作品です。また、007ではお馴染みの高級スーツやアクションシーン、悪党との駆け引きなどの伝統的な要素も盛り込まれています。ボンドがカクテルを頼むときのお決まりの「ウォッカ・マティーニを。ステアではなくシェイクで」というセリフは、いつかバーで試してみたくなるような大人の余裕を感じさせます。映画『007/カジノロワイヤル』は、スパイ映画でありながら、心を揺さぶる心理描写や映像があり、ダニエル・クレイグの007作品の中でも何度も見たいと思える作品でした。
男性
男性
元々007シリーズが好きなので今回の映画『007/カジノロワイヤル』での新しいボンドをとても楽しみにしていました。映画『007/カジノロワイヤル』は、周りで批判も多かったですが私は今回のボンド役のダニエル・クレイグさんはとても好きです。何より男性の色気が凄い!声と言いあの筋肉質な体付きやキレイな目の色は女性はみな好きになってしまうのではないでしょうか?(笑)現に私はこの一作目を見てからすぐダニエル・クレイグさんの画像ばかり検索していました。映画『007/カジノロワイヤル』本編ではこのオープニングの音楽からもう、きたー!という感じでウキウキします。そして始まりからキレのあるアクションに引き込まれました。全てスタイリッシュで恰好良いですし今回のボンドガール役のエバーグリーンが本当に綺麗で個人的にはボンドガールで一番好きです。妖艶という言葉がピッタリです。
男性
男性
007シリーズの映画『007/カジノロワイヤル』はわたしのようなオールドファンにとっては1967年のカジノロワイヤルのパロディ的な作品を想起してしまいますが、2006年の公開の007作品も堂々のサスペンス・アクション作品に仕上がっています。ちなみに原作者である作家イアン・フレミングにとっては『カジノロワイヤル』が記念すべき007セブンシリーズの第1作。また、2006年の映画『007/カジノロワイヤル』では、俳優ダニエル・クレイグが第6代目のジェームズ・ボンドを演じきったことでも記念碑となる作品です。ダニエル・クレイグといえば、1998年のBBC制作の『愛の悪魔/フランシス・ベイコンの歪んだ肖像』(Love Is the Devil: Study for a Portrait of Francis Bacon)で画家の同性愛のパートナーであるコソ泥を演じる癖のある役者を思い浮かべましたが、本作(『カジノロワイヤル』(2006))では演じるのはスタイリッシュなボンドです。ターンブル&アッサーのシャツにブリオーニのスーツを着こなし、ペルソールのサングラスで決めています。それでいて、寡黙でタフなボンドを演じてみせました。英国の大衆紙『サン』は「ショーン・コネリー以来の最高のボンド」と称しました。ジェームズ・ボンド役の変遷に興味のあるコアな『007』シリーズファン、俳優ダニエル・クレイグの成長・変貌を追い続けるファンにとっては快心の一作です。
男性
男性
映画『007/カジノロワイヤル』は、2006年に公開されたイギリスの映画です。大人気スパイ映画の007シリーズの21作品目です。6代目ボンド役としてダニエル・クレイグが演じた初めての作品で、シリーズとしては初の「金髪ボンド」として注目を集めました。また、ストーリーとしても再出発をした作品で、野性味溢れるジェームズ・ボンドが活躍しています。この映画の中では、ジェームズがポーカーにどこを飲まされて死にかけながら脂汗を流すシーンや、殺人のあとで洗面所で渋い表情で血を洗い流すシーンなどが、新しいボンドがカッコよくのを実感でしました。アクションシーンでも、映画『007/カジノロワイヤル』はこれまでの007シリーズよりも激しい演技が行われて良かったと思います。映画『007/カジノロワイヤル』中盤での空港の爆弾魔を退治するシーンの決着の付け方も良かったです。
男性
男性
映画『007/カジノロワイヤル』は、007シリーズの中で最も素晴らしい映画だと友達から勧められて観ました。半端なく大金を賭けていく大人たち、そのプレッシャーに負けずに勝ち続けていいく主人公ジェームス・ボンド。タキシードが似合っていて、格好よかったです。これほど頭の切れる人は、現在の世の中には果たしているのだろうかと思われるほど、スマートな男性だと感じました。敵の男性に毒を盛られ、命を落としかけても身体の関係を持った女性に助けられ、そしてその後裏切られながらも、彼女の命を救おうと諦めず水の中戦い続け、残念ながら成功できなくて涙する人情深いシーンもよかったです。ただ、女性と身体の関係を持ち続けるジェームス・ボンドのイメージが壊されたいい意味で素晴らしい印象を受けました。
男性
男性
映画『007/カジノロワイヤル』は1954年にテレビ番組として製作され、その後1967年に007シリーズを外れた作品として映画としても製作された名作・異色作です。今回作(2006年)はどのように仕上がっているのかドキドキ、わくわくの期待作でした。イオンプロダクションが1999年にカジノロワイヤルの権利を取得したときから往年の名作が如何に再映像化されるのか、わたしの期待感はいやまして高まりました。2004年の3月には、ニール・ピュルビスとロバート・ウェイドがボンド役をピアース・ブロズナンが演じるという前提で脚本を書きました。イアン・フレミングのオリジナルのジェイムズ・ボンドの小説のテイストに戻すことを目的としていたようで、わたしはこの情報を耳にしたときに原作者イアン・フレミングの原書を読んだときの感動が脳裏にアリアリと蘇りましたが、その期待感はすぐに裏切られました。ポール・ヘイギスは映画のクライマックスを書き換えたからです。初稿はきわめて忠実に原作をなぞっただけのものといささかネガティブに評価されたからです。製作者のブロッコリとウィルソンは『ダイ・アナザーデイ』が幻想的な作品になり過ぎたので、次回作はよりリアルな作品にすることを狙っていたのだそうです。わたしの期待がしぼんで失望に変わりました。映画『007/カジノロワイヤル』製作の裏話として盛り上がるのは、監督にクエンティン・タランティーノが名乗りをあげたけれどもイオンは興味を示さなかったことです。タランティーノの主張によれば、イアン・フレミングの遺族と一緒に運動をして、映画会社がカジノロワイヤルの再映画化の決断をしてのだ、と。また、タランティーノ曰く、カジノロワイヤルの舞台を1960年代にして、ピアース・ブロズナンにボンドを演じさせるつもりであった、と。

リアルタイムでその情報を追っていたわたしにとってまたもや失望が待ち構えていたのですが。2005年2月にはマーティン・キャンベルが映画の監督を務めると発表されました。2005年後半、SonyはMGMを買収したコンソシーシアムを率いることになり、Sonyが映画の配給権を握りました。配給権については、わたしにはどうでもいい情報なのですが。

イオンの信じるところによれば、最近の007作品、特に『ダイ・アナザーデイ』はCG画像効果に頼り過ぎであったので、同プロダクションはカジノロワイヤルを古き時代のスタントで仕上げることに熱心であったようです。リアリズム志向のその製作方針に沿うかたちで、脚本家のピュルヴィス、ウェイド、ヘイギスは原作の1953年の小説に可能な限り密着して話しの筋を展開させることに執心し、フレミングによる陰鬱なストーリーラインとボンドのパーソナリティを踏襲しました。こうして、失望ばかりだったわたしに期待を膨らませるファクターが現れたのです。

2.キャスティングで一悶着
2005年5月に英国人の俳優ダニエル・クレイグが、MGMとプロデューサーのミカエル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリが彼にボンドの役を保証したと発表しました。マシュー・ヴォーンは、MGMが新作の監督の機会をオファーしてきたとレポーターたちに語りました。しかし、イオンプロダクションはその時点では両名のどちらにもアプローチをしていませんでした。わたしにとって興味深かったのは以下のエピソードがあったことです。その一年ほど前にクレイグは007シリーズがマンネリに陥っていることを理由にボンド役へのキャスティングを蹴っていたのです。脚本を読んでから、彼は興味を示し始めました。クレイグはフレミングの全小説を読破して、さらに英国の秘密情報機関員とイスラエルの秘密情報機関員の言葉を引用しました。彼らは『ミュンヘン』の舞台セットにアドバイザーとして参加していたのです。「ボンドは機関出身で殺し屋だ。殺し屋の目で状況を見て即座に認識する。彼は殺し屋なのだ。こいつは部屋に入るなり、入念に脱出路を確認する。これが演じたかったことなのだ。」

2005年10月14日、イオンプロダクション、ソニーピクチャーエンタテインメント、MGMは記者会見で、クレイグがジェイムズ・ボンドを演じる第6代目の俳優になることを発表しました。この製作・配給側の決断に対して即座に議論の嵐が巻き起こりました。一部の批評家やファンはプロデューサらが適切な判断をくだしたのか否かについて疑問を露わにしました。製作期間を通して、「danielcraigisnotbond.com」のようなインターネット・キャンペーンは不満を垂れ流し、抗議のために映画をボイコットすると脅しました。抗議者たちは、クレイグのことを背がたく、黒髪で、ハンサムでカリスマ的なボンドのイメージに以前の俳優たちのようにピッタリくるとは考えられなかったのです。『デイリー・ミラー』紙の第一面にはクレイグに批判的なニュースが掲載され、その見出しの文言は「その名はブランドージャームス・ブランドだ」でした。
ダニエル・クレイグがジェイムズ・ボンドになるまでにこんなにもの紆余曲折があったのですね。その分、クレイグは作中でファンや批評家の期待に添えるように入念な準備をして演技に臨んでいます。その意味で、『007/カジノロワイヤル』は単なるドンパチ物ではなくて大人の鑑賞に耐える人物劇に仕上がっています。

男性
男性
ジェームズ・ボンド役をピアース・ブロスナンからダニエル・クレイグに交代した第一作。
ピアース・ブロスナンの007が好きだった自分としては「ピアース・ブロスナン以外のジェームズ・ボンドなんて認めない!」と息巻いて映画館に観に行ったものの、最初のオープニングで完全にノックアウト、いや、ワルサーP99でハートを撃ち抜かれてしまいました。今までのジェームズ・ボンド像を覆すも、ボンドに求められるスマートさや男らしさはしっかり踏襲するという離れ業をダニエル・クレイグは完璧にやってのけていました。新しくなったジェームズ・ボンドと同様に、映画『007/カジノロワイヤル』自体も007映画というジャンルを極上の一級品に引き上げられています。映画『007/カジノロワイヤル』の見どころはタイトル後の、パルクールを使う敵とジェームズ・ボンドのチェイスシーンです。ダニエル・クレイグの身体能力の高さが存分に発揮され、「このボンドこそ最高のボンドだ!」と確信させてくれるシーンでした。また、映画『007/カジノ・ロワイヤル』はまだジェームズ・ボンドが「殺しのライセンス」と呼ばれる「00(ダブルオー)」の称号を得たばかりの物語ですが、ボンド自身もまだスパイとして完璧ではないところが映画『007/カジノロワイヤル』の魅力の一つです。焦って自棄を起こしそうになったり、本気で女性と恋に落ちたり(そして悩みます)。ボンドが伝説の完璧スパイ007になる前の、前日譚を観るような楽しさがありました。また、007の隠し味的なお楽しみの一つでもあるボンドガール、エヴァ・グリーンの息を飲むほどの美しさ!まさにザ・女優といった感じで見とれてしまいます。映画『007/カジノロワイヤル』は、骨太な本格スパイアクションが好きな方や、とにかくゴージャスな映画が好きな方には文句なしにオススメの一本です。

 

映画『007/カジノロワイヤル』の
動画を無料視聴する

※記載の情報は2020年7月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス