映画

映画『ここは退屈迎えに来て』高画質動画を無料フル視聴!あらすじストーリーやキャスト

このページでは、映画『ここは退屈迎えに来て』の動画を無料で安全に視聴する方法についてまとめています。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ここは退屈迎えに来て』と言えば、同世代の女子から圧倒的共感を呼んだ、山内マリ子原作小説の映画化ですよね。主演の橋本愛が田舎に出戻った、気怠いアラサー女子を演じます。

共演には今をときめく成田凌、門脇麦が名を連ねます。映画『ここは退屈迎えに来て』を見てキラキラしたあの頃の思い出に浸りたい人も多いはず!

ディズニーデラックス

映画『ここは退屈迎えに来て』動画を無料でフル視聴する方法

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

『ここは退屈迎えに来て』を
無料視聴する

  • 無料お試しで動画視聴に使える600Pが貰える!
  • ポイントで映画館の最新映画や、最新作動画も無料視聴可能!
  • 『アナ雪2』動画も無料で!
  • 初回の31日間無料で見放題動画作品(14万本)が視聴可能!
  • 雑誌や漫画なども無料で読めるコンテンツが豊富!
  • スマホやパソコン、テレビなど複数のデバイスでも動画視聴できる!
  • 最大4アカウントで高画質動画の視聴可能!
  • 日本最大級の高画質エンタメ動画配信サービス!
  • 大人の動画も高画質&見放題で・・・

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

映画『ここは退屈迎えに来て』動画の配信状況

VOD配信
(字幕/吹替)
見放題追加料金月額(税込)無料視聴期間
U-NEXTなし2,189円31日間
Hulu××なし1,026円2週間
TSUTAYA TV
×550円1,026円31日間
dTVなし550円31日間
TELASAなし572円31日間
Netflix××なし800円〜なし
FODプレミアム
××なし976円1ヶ月
Amazonプライム××なし550円〜31日間

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

U-NEXTで見れる『橋本愛』関連作品

  • 映画『桐島、部活やめるってよ』の動画見放題
  • ドラマ『あまちゃん』の動画ポイント利用作品
  • 映画『渇き。』の動画見放題
  • 映画『寄生獣』の動画見放題
  • 映画『寄生獣 完結編』の動画見放題

U-NEXTで見れる『廣木隆一』監督関連作品

  • 映画『ラマン』の動画見放題
  • 映画『さよなら歌舞伎町』の動画見放題
  • 映画『娚の一生』の動画見放題
  • 映画『ストロボ・エッジ』の動画見放題
  • 映画『PとJK』の動画見放題

※2020年5月時点での配信状況なので、念の為U-NEXTのホームページでもご確認くださいね。

U-NEXT 5月の視聴ランキング2020年5月 U-NEXTの視聴数ランキング 総合 アナと雪の女王2 コンテイジョン 鬼滅の刃(アニメ) ...
  • 映画動画やテレビ動画は製作者・配信元に著作権がある
  • 個人が勝手にドラマ動画をアップロードするのは違法で刑罰がある
  • 公衆送信権等の侵害
  • 動画を違法にアップロードされた物と知って動画のダウンロードも違法
  • ウィルスに感染するリスクがある
  • 個人情報漏洩のリスクがある
  • 何か被害にあっても全て自己責任

参考:日本民間放送連盟

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ここは退屈迎えに来て』の映画情報





映画『ここは退屈迎えに来て』あらすじ

2013年。

27歳になった主人公の私は、東京から地元に出戻り、タウン誌のライターをしています。

オードリー・ヘップバーンを引き合いに出し、冴えない自分の身の上と比べ気怠い表情の私。

相棒は、地元のタウン誌をメインに活動する40代の須賀。須賀も、かつて東京に憧れ上京し、今でも東京への未練が断ち切れない様子です。

地元のラーメン店の取材を終えると、私は同級生のサツキと、かつて憧れの存在であった椎名に会いに行くと話します。

須賀も同行し、サツキを車で拾い、椎名が働く教習所へ向かう事になりました。

東京に行った事のないサツキは、二人に東京に対する憧れを話します。一方、東京生活の何でもなさをボヤく須賀と私。

3人は、椎名との思い出があるゲームセンターに立ち寄ります。

私とサツキは、見覚えがある後ろ姿の男に声をかけると、同級生の新保でした。新保は、椎名がこのゲームセンターで働いていた事、その時はやさぐれていた様子だった事を話します。

サツキが椎名に一緒に会いに行くかと聞くと、新保は「まだここにいると思われたくない」と話し、再びゲーム機に戻ります。

2004年。

高校時代、新保はチンポというあだ名でからかわれていました。

椎名は新保をからかいながらも、フードコートに誘い仲睦まじく将来の話しをます。将来を悲観的に話す新保に対して、どうにかなると気楽な椎名。

椎名は友人達に呼ばれ、輪の中に入っていき、新保はその姿を見つめています。

 

中年男・皆川の運転する車で、同級生のなっちゃんは無邪気にはしゃいでいます。

学校での様子を聞く皆川に、椎名という男子はいつも仲間が周りにいて、はしゃいでいるが、そんな事に自分は興味がないと話すなっちゃん。そのまま、二人はラブホテルへ。

2008年。

書店でのバイトが終わり、同級生・遠藤の車に乗る22歳の「あたし」。意気揚々と笑顔で話しをする遠藤と裏腹に、「あたし」は気怠気です。

椎名の事や、ご飯をどこにするかと話しながら、到着したのはラブホテル。

 

2010年。

南とあかねは、バイト帰りにファミレスでたわいもない話しで盛り上がっています。あかねは、10代の頃、東京でアイドルとして活躍していました。

結婚でもして、早く落ち着きたいとボヤくあかね。一方の南は、マイペースな様子。

 

2004年。

部屋で勉強をしているまなみ先生と朝子。

休憩中、朝子が一冊の写真集の事を尋ねると「東京に行ったら」と言われます。

親に反対されたと言う朝子に、まなみ先生は、後悔しない為に行きたいなら行った方がいいと話します。朝子は、絶対に東京に行くと宣言するのでした。

ある日、朝子は学校で、兄である椎名へのラブレターを友人から預かります。嫌々ながらも高校時代の「あたし」と寄り添っている椎名に、手紙を渡す朝子。

 

2010年。

相変わらずファミレスで話をしているあかねと南。

彼氏のできた様子のあかねは、南も早く相手を見つけた方が良いと急かします。

 

2004年。

私とサツキが廊下を歩いていると、「ゲーセン行かない?」と椎名に誘われます。

ゲームセンターで椎名の男友達に混じり、はしゃいだ様子の私とサツキ。一方、サエない様子でゲーム機に向かう新保の姿が。

私は、ジュースを飲みながら椎名と将来の話をしていました。

「何ものかになるのが私の夢」と話す私に、椎名は「ずっと高校生のままがいい」と言います。

椎名達と過ごす時間は、私にとって、とても刺激的で有意義な時間でした。

その後、プール掃除をしている時に、新保から「椎名と付き合っているのか」と聞かれ、「付き合ってないけど、そう見えたなら良かった」と私は答えます。

2008年。

遠藤と「あたし」は、ラブホテルの部屋にいます。

事が終わり、「あたし」は椎名の事を引き合いに出し「あんたは彼氏ではなくて、ただの遠藤」と素っ気ない態度を貫きます。

過去の、椎名との夜ドライブを思い出す「あたし」。

「あたし」は、車がなくても椎名がいるから大丈夫だと言います。一方、自分がどこかに行ったら、追いかける車があった方が便利だと皮肉を話す椎名。

椎名との思い出を振り返り、遠藤の寝顔を見た途端に、必死でホテルを抜け出す「あたし」。

後ろから車で追いかけてくる遠藤に、「あたしまだ好きなんだ!」と叫び、一人道路を歩き続けます。

 

2013年。

ファミレスでパフェを食べながら、結婚後の愚痴をこぼすあかね。

あかねが南の彼氏に会わせて欲しいというと、南は薬指の指輪を見せます。南はすでに結婚しており相手は、椎名でした。あかねが、どんな人?と聞くと「つまんない男」と答える南。

 

教習所に向かう私、サツキ、須賀の3人。期待する私の前に現れたのは、なんでもないおじさんになった椎名の姿でした。

退屈な日々でも、何もかもが輝いていた高校時代。その中心にはいつも椎名がいました。

髭面の冴えない椎名は、私に「名前なんだっけ」と聞きます。戸惑い、苦笑いを返す私。

新保は、椎名への思いを断ち切れないまま、一人原付を走らせています。

私は、あの頃のキラキラを思い出しながら、再び現実の何でもなさを感じています。「何より大事なのは人生を楽しむ事」そう思い直しながら。

大人になった朝子は、スカイツリーの見える屋上にいます。「超楽しい」とつぶやき、夕焼けの空を見つめるのでした。

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ここは退屈迎えに来て』キャスト・出演者

  • 私:橋本愛
  • あたし:門脇麦
  • 椎名くん:成田凌
  • 新保くん:渡辺大知
  • 山下南:岸井ゆきの
  • 森繁あかね:内田理央
  • さつき:柳ゆり菜
  • まなみ先生:瀬内公美
  • 皆川光司:マキタスポーツ
  • 須賀さん:村上淳

主演の橋本愛は、朝ドラ『あまちゃん』の大ヒットで一躍人気女優へと駆け上がり、この映画『ここは退屈迎えに来て』では田舎に出戻ったアラサー女子とその高校生時代を好演しています。

今や多くの日本映画に出演する橋本愛。話題となった『桐島、部活やめるってよ』にも東原かすみ役で出演しています。最新出演作『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇』が2020年2月から公開中です。

映画『ここは退屈迎えに来て』スタッフ

監督

廣木隆一

音楽

フジファブリック

脚本

櫻井智行

製作

斎藤剛、高橋章、瀬井哲也、佐野真之、宮前泰志、板倉均、佐竹一美

\無料お試しが31日間/
今すぐ無料で動画視聴

[U-NEXTのサービス詳細・口コミはこちら]

映画『ここは退屈迎えに来て』感想や口コミ評価

女性
女性
この映画の見どころは、「理想と現実とのギャップに葛藤しながら生きる女性たちの姿」と「高校時代のきらきらした思い出の数々」です。
まず、理想と現実とのギャップに葛藤しながら生きる女性たちの姿についてです。この映画では、ある男性と過去に出会ったという共通項を持つ女性たちが、ある男性と過ごした日々を思い返しながら一歩踏み出そうとする姿が描かれます。女性たちは、学生時代に夢見た日々を手に入れようと毎日懸命に生きていました。しかし、現実は厳しくそれぞれやりきれない気持ちを抱えています。そんな女性たちがある男性との再会を夢見ながら自分の過去を振り返り、なんとか自分を変えようとする姿が美しく、時に共感しつつ勇気づけられながら観ていました。
次に、高校時代のきらきらした思い出の数々についてです。女性たちが過去を振り返る中で高校時代の描写が度々登場します。希望に満ち溢れた未来があると信じ、恋や友情に熱くなって過ごしていた日々が、透明感あふれる輝きを放っていて、懐かしさや切なさなど様々な感情が沸き上がってきて目が離せずにいました。また、高校時代から大人になった現在へと切り替わる場面では、大人になった女性たちの表情から言葉にできない様々な感情があることが感じられて、胸が締め付けられるような気持ちで観ていました。
女性
女性
橋本愛ちゃんに門脇麦ちゃん、岸井ゆきのちゃんと注目の女優さんたちがたくさん出てくるのに惹かれて見ました。朝ドラでも活躍していて人気の三人が一つの映画に集まるのはすごいです。原作はあるようですが時間軸が行ったり来たりするので人間関係や時系列に混乱してしまいましたが話は繋がっていて、でも個々の人間ドラマ、オムニバスみたいなものと思えば楽しめる作品です。男性陣も成田凌くん、渡辺大知くんなど映画界になくてはならない若手の中でも演技が上手いメンツが揃っています。特にイケメンとは個人的には思わないけどどこにでもいそうな男の人を演じるのにはいい役者さんたちだと思います。マキタスポーツさんの情けなくて枯れた感じのおっさんもたまらなく好きです。哀愁漂っていて。若者たち中心に擦れた心がひしめき合っていてそれぞれ違う事情でモヤモヤしている感が伝わってきます。過去に引きずられつつも現実を見て過去は過去、今は今、と少しずつわかって前に進んでいく。モヤモヤして前が見えないときに少しでも希望が湧いたらいいなと勇気と元気を分けてもらえる映画です。フジファブリックさんの歌も映画に邪魔することなく穏やかに彩ってくれています。
男性
男性
2018年に公開された日本の映画です。山内マリコさんの小説を橋本愛さんと門脇麦のダブル主演で映画化したものです。この映画は、地方都市に住む二人の女性と一人の男性の馴れ初めを周囲の人々の時を超えた群像劇とともに、描き上げた見ていて刹那くなってしまうことが青春映画です。この映画では、青春時代のほろ苦さを時代を交錯して見せることで、うまく表現していると感心しました。東京に憧れた経験が過去に一度でもある人にとっては、上京当時のいろいろな感情を思い出せてくれて、感慨深い作品と言えるのではないでしょうか。田舎の風景と人物をリアルに描写しているところが素晴らしいと思いました。特に、「愛がなんだ」を見ている自分にとっては、岸井ゆきのと成田凌が結ばれてとても心温まりました。
女性
女性
門脇さんも橋本愛さんも雰囲気似てませんか?二人とも大好きな女優さんでこれからも期待できると思ったんで、観てみました。ストーリーどいうこうよりも、いやいや、キャスト豪華すぎるだろうと思います。成田凌君まで出てるし。個人的な好みですが、この3人は最強だと思います。美男美女過ぎます。しかもストーリーもそこそこ良かったですね。最後結局どうなるんだろう!って、先が読めませんでした。椎名君に会いに行った主人公は、高校時代の思い出がブワっとあふれ出るんですよね。椎名君は元カレだったわけです。フリーターとして暮らしている「あたし」は、元カレの遠藤と腐れ縁のような関係を続けているものの、心は彼といた時の青春を大事にしていて…。なんか女性ってこういうの分かります。元カレとの複雑な関係や、昔付き合っていた人が今でも忘れられないとか、よくあるあるですね。でもそのシンプルで切ない気持ちが大人になってもまとわりつく感じ。共感できる部分がたくさんありました。社会人になりたての新米の頃は、特に昔を美化して懐かしく感じるシーンは多いと思う。ふとしたことで思い出したり、学校生活最高だったなーって、その時は思わなくても社会人になってから気づいたり。若い頃のそういう収集つかない気持ちに、共感しながら観ていました。

【U-NEXTなら】
31日無料お試しで高画質な動画が視聴可能
映画やバラエティ、ドラマなど他の動画も見放題!

今すぐ無料視聴する

※記載の情報は2020年5月時点のものです。最新の動画情報はU-NEXTホームページにてご確認ください。

ディズニーデラックス
ディズニーデラックス